お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

賃貸審査で借金があると落ちる?入居審査で保証会社にバレるの?

賃貸契約で借金があると審査は落ちる?のイメージイラスト

「借金があると賃貸の入居審査は落ちる?」
「賃貸審査で借金があることはバレる?」

一般的にお部屋を借りるときは、家賃の支払い能力や人柄をチェックする「入居審査」に通る必要があります。

しかし、借金がある人やクレジットカードを滞納したことがある人は審査に落ちてしまうのでは?と不安になりますよね…。

この記事では宅地建物取引士の豊田さんに監修のもと、借金があると審査に落ちるのか?借金がバレるとどうなるのかを解説していきます!

審査に落ちやすい人の特徴や通りやすくする方法も掲載しています。万が一審査に落ちたときの対処法も紹介しているので、審査に不安な人は参考にしてください。

監修 豊田 明
不動産屋「家AGENT」の営業マン
宅地建物取引士

賃貸の仲介会社「家AGENT」の現役の営業マン。宅地建物取引士の資格を取得している。営業マンとしての経験と専門知識を活かして、お部屋探しや入居審査についての不安や疑問を解決しています。

借金の有無が理由で賃貸審査に落ちることは少ない

家賃を毎月しっかり支払えると判断されるかどうかが鍵

賃貸の入居審査において、借金があるかどうか自体は判断ポイントにはなっていません

ただし、借金があることで「毎月の家賃を支払ってもらえなさそう」と判断された場合は審査に落ちる可能性があります。

返済しながらでも払える範囲の家賃であれば落ちる可能性は低い

借金を返済しながらでも「毎月家賃を滞りなく払ってくれそう」と判断される範囲の家賃であれば、借金が理由で落ちる可能性は低いです。

例えば手取り23万円で毎月の返済が3万円の場合、残り20万円で生活できる範囲でお部屋を選びましょう。

一般的に家賃は手取りの3分の1以下と言われていますが、借金がある場合は手取りの4分の1以下に収めるべきです。20万円の場合は、5万円以下で探してみてください。

審査で借金があることはバレる?

「信販系」の保証会社ならバレます。クレジットカード会社のグループ企業で、信用情報を調べられるからです。

「独立系」の保証会社ならバレることはありません。以下で、保証会社について詳しく解説していきます。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める

信販系の保証会社は借金があると審査に落ちやすい

保証会社は主に3種類に分けられる

一般的に保証会社は「信販系」「LICC系」「独立系」の3つに分かれています。保証会社は物件ごとに決まっており自分では選べません。

それぞれ審査の難易度が異なるため、入居審査をしている家賃保証会社によっては借金があると審査に落ちやすくなります。

信販系は審査がもっとも厳しい

「信販系」と呼ばれる保証会社は、クレジットカード会社のグループ企業です。信用情報を調べられるので、借金があると審査に落ちやすいです。

信販系の保証会社の例を挙げると、株式会社オリコフォレントインシュアやエポスカードの家賃保証サービス「ROOM iD」が有名です。

LICC系は過去の家賃滞納や申込内容を共有している

LICCとは全国賃貸保証業協会の略称です。協会に加入している企業間で「過去の家賃滞納歴」や「トラブル情報」を共有しています。

信用情報は調べられないため、借金があっても問題ありません。ただし、過去にLICC系の保証会社で家賃滞納や退去時の費用などで揉めた経験がある人は要注意です。

例えば「ジェイリース」で審査にマイナスな情報が記録されていると、同じ協会である「エルズサポート」の審査にも影響が出る可能性があります。

特に問題を起こしていない場合、収入に見合う家賃のお部屋を選べば審査に落ちることは少ないです。

独立系は審査が甘くて通りやすい

「独立系」の保証会社は、もっとも審査が甘く通りやすいです。信用情報や過去の家賃滞納などのトラブルについて、他社と情報共有していないからです。

審査する時点の収入や職業で審査してくれるので、過去に同じ保証会社でトラブルを起こしていなければほとんどの人が審査に通ります。

入居審査に落ちやすい人の特徴

  • ・家賃やクレジットカードの滞納歴がある
  • ・無職(働く意志がない)
  • ・フリーターや個人事業主
  • ・過去5年以内に自己破産している
  • ・收入に対して借りたいお部屋の家賃が高すぎる
  • ・犯罪履歴がある
  • ・態度や人柄に問題がある
  • ・引っ越しの理由があいまい

家賃やクレジットカードの滞納歴がある

過去に家賃やクレジットカード、スマートフォンの利用料金などの滞納歴があると審査に落ちやすいです。

ハガキなどで1回催促されたくらいならそれほど問題にはなりませんが、2回目の催促期限を過ぎたことがある人は要注意です。

無職(働く意志がない)

無職の人は収入がないため、家賃が支払えないと判断され審査に落ちる可能性が高いです。

しかし、現状は無職でも企業からすでに内定をもらっている人や多額の貯金がある人は審査に通るかもしれません。

内定をもらっているなら「内定通知書を」持っていく

内定をもらっている場合は「内定通知書」を不動産屋に持って行くと審査がスムーズです。

電話連絡のみで内定通知書が手元にない場合は、採用担当者に問い合わせてみてください。

貯金があるなら「預貯金審査」を検討する

貯金がある人は通帳の残高を見せて審査する「預貯金審査」がおすすめです。

一般的には、2年分の家賃の残高があれば預貯金審査で賃貸契約できるとされています。金額が多いほど入居審査に通りやすくなります。

預貯金審査できるかどうかは物件によるので、不動産屋に確認してみましょう。

フリーターや個人事業主

フリーターや個人事業主など、収入が不安定な人は審査に落ちやすいです。企業側の都合で雇用が継続されない可能性や、昇給やボーナスが少なく収入面で不安が残るためです。

また、審査に入る前から断られることもあります。保証会社によっては入居条件として「正社員で働いていること」など、ルールが決まっていることがあるからです。

過去5年以内に自己破産している

過去5年以内に自己破産している人は、審査に通る可能性が低いです。自己破産から5年以上経過している場合は信用情報のデータベースから削除され、審査に通る可能性があります。

信用情報は「JICC」や「CIC」などの情報機関に開示請求をすることで確認可能です。

開示請求はインターネットや郵送で受け付けています。手数料は500~1,000円です。心配な人は確認しておくと良いでしょう。

複数社から借り入れしている

複数社から借り入れしていると審査に落ちやすくなる可能性があります。

借り入れ件数が2件以上あると、借金を借金で返すいわゆる「多重債務」に陥る危険があると判断されるからです。

収入に対して借りたいお部屋の家賃が高すぎる

収入に対して借りたいお部屋の家賃が高すぎると審査に落ちやすいです。目安としては手取りの3分の1以上だと、家賃が高すぎると判断されます。

お部屋の条件を緩和して、手取りの3分の1以下に収まるお部屋を選びましょう。

犯罪履歴がある

犯罪履歴がある人は入居審査に落ちやすいです。お部屋で問題行動を起こしたり、近隣住民とのトラブルになる可能性があるからです。

特に重罪を犯した人やネット上で名前が出てきてしまうような人は、審査に落ちることがほとんどです。

態度や人柄に問題がある

不動産屋に対して高圧的な態度を取る人や、見た目に問題がある人は審査に落ちやすいです。犯罪履歴がある人と同様に、近隣住民とのトラブルになる可能性が高いからです。

丁寧な対応を心がけ、審査に通るように工夫しましょう。

引っ越しの理由があいまい

「なんとなく」のように引っ越し理由があいまいだと審査に落ちやすくなることがあります。入居したとしてもすぐに退去される可能性があるからです。

しかし、家賃の支払い能力や人柄に問題がなければそれほど重要視されません。

賃貸審査でチェックしているポイント

  • ・収入
  • ・雇用形態
  • ・勤務先
  • ・勤続年数
  • ・年齢
  • ・連帯保証人の有無
  • ・話し方や雰囲気
  • ・服装などの身だしなみ

収入

安定した収入が毎月あるかどうか、家賃の金額が収入に見合っているかをチェックします。一般的に、審査に通るには「家賃の36倍以上の年収」が必要です。

雇用形態

雇用形態が正社員や公務員だと審査に有利です。解雇されにくく、収入が安定している人は信用性が高いからです。

目安として、勤続3年以上の正社員や公務員なら、安定した職業と判断されます。

勤務先

勤務先が上場しているかどうか、資本金がいくらなのかどもチェックされています。上場企業など有名な会社は信用性が高いと判断されるからです。

医師や弁護士などの専門職も審査に有利になることが多いです。

勤続年数

勤続年数が長いと「長期的に安定した収入を得ている」と判断され、審査に通りやすいです。

一方で1年未満のように短いと「この人は仕事が続けられるのか?」と不安に思われて不利になります。

年齢

22~55歳の「現役世代」と呼ばれる年齢層は審査に通りやすいです。健康的に働き続けられる可能性が高く、収入が安定していると判断されるからです。

22歳以下の学生や若い人は収入が少ないため不利になります。高齢者の場合は事故や孤独死のリスク、年金生活による金銭面の不安から審査に落ちるケースがあります。

連帯保証人の有無

安定した収入がある連帯保証人を立てると審査が通りやすくなります。滞納された時に肩代わりする人がいれば、家賃を回収できなくなるリスクが低いからです。

連帯保証人は、基本的に両親や兄弟など自分に近い親族しかなれません。連帯保証人をお願いする人には前もって相談しておきましょう。

話し方や雰囲気

近隣住民とトラブルを起こさないかを見るために、話し方や雰囲気をチェックしています。

契約前に大家さんや管理会社と会うことはほぼありませんが、不動産屋のスタッフに良い印象を与えると「信頼できそうな人」と伝えてもらえます。

服装などの身だしなみ

服装や、髪・体臭などの身だしなみもチェックしています。だらしない人や不衛生な人はお部屋を乱雑に使われそうと判断され、審査に落ちやすくなります。

借金があっても審査に通りやすくする方法

  • ・借金があることを不動産屋に隠さず伝える
  • ・独立系保証会社のお部屋を選ぶ
  • ・できる限り家賃を抑える
  • ・預貯金審査をしてもらう
  • ・来店時は身だしなみや話し方に注意する
  • ・収入が安定している連帯保証人を立てる

借金があることを不動産屋に伝える

借金があっても、毎月の返済に問題がなければ入居審査に影響はありません。

しかし、不動産屋に伝えておくことでお部屋探しの際に考慮してもらったり、アドバイスをもらえたりとメリットが多いです。

スムーズにお部屋探しするためにも、事前に伝えておくことをおすすめします。

返済が遅れている、返済していないという場合は必ず伝えましょう。入居審査に影響出て引っ越しスケジュールが狂う可能性があります。

ネット上の不動産屋なら悩みを伝えやすい

借金や収入に関しての悩みを他人に言いづらいという人は、ネット上の不動産屋「イエプラ」がおすすめです。

対面ではなくチャットやLINEでやり取りするので、スタッフ以外の人に個人情報を聞かれることがありません。

深夜0時までプロのスタッフが親身に相談に乗ってくれます。対応してくれるのはほぼ女性スタッフなので、気軽に話しやすいです。

お部屋探しに関することならなんでも相談可能です。登録も簡単なので気軽に使ってみてください。

イエプラボタンバナー

独立系保証会社のお部屋を選ぶ

独立系は、他の保証会社と比べて最も審査が優しいです。会社独自の項目で審査するため、借金の有無は一切影響しません。

無職やフリーターでも、家賃を支払えると判断されれば入居できるほどです。

豊田さんのアイコン 豊田
とくに「フォーシーズ」と「日本セーフティ」は、審査通過率が約98%とダントツで高いです。不動産業界の中でも、審査が不安な人にはこの2つの保証会社のお部屋を紹介することが多いです。

できる限り家賃を抑える

手取りの3分の1 手取りの4分の1
手取り17万円 約57,000円 約42,500円
手取り18万円 約60,000円 約45,000円
手取り19万円 約63,000円 約47,500円
手取り20万円 約67,000円 約50,000円
手取り21万円 約70,000円 約52,500円
手取り22万円 約73,000円 約55,000円

一般的に家賃の36倍の年収があれば審査は通りやすいと言われていますが、心配な人はさらに抑えましょう。

目安は「手取りの4分の1」です。借金があっても家賃が支払える、費用を抑えているので確実に払ってもらえると認識してもらえます。

なお、お部屋を探すときは、管理費(共益費)込みの「総家賃」で予算を考えてください。管理費も家賃と合わせて、毎月必ず支払うお金だからです。

預貯金審査をしてもらう

貯金がある人は通帳の残高を見せて審査する「預貯金審査」がおすすめです。

一般的には、2年分の家賃の残高があれば預貯金審査で賃貸契約できるとされています。預貯金が多いほど入居審査に通りやすくなります。

預貯金審査できるかどうかは物件によるので、不動産屋に確認してみましょう。

来店時は身だしなみや話し方に注意する

不動産屋でお部屋を探すときは、身だしなみや話し方に注意しましょう。入居審査では家賃の支払い能力の他に人柄もチェックされているからです。

態度や人柄は保証会社自体は直接確認できませんが、不動産屋来店時の印象がスタッフから保証会社に伝わります。

高圧的な態度をとったり、見た目が派手過ぎる・不衛生だったりする場合は審査に落ちやすくなります。

清潔のある格好を心がけ、受け答えを丁寧にすると良いです。印象が良ければスタッフも「この人にお部屋を借りてほしい」と思い、より親身になってくれるメリットもあります。

収入が安定している連帯保証人を立てる

入居審査では「収入が安定している親」など、審査に有利になる連帯保証人を立てると通りやすくなります。

賃貸契約で言う連帯保証人とは、借主が家賃の滞納などで支払えない時に本人に代わって支払いをする人です。

連帯保証人は申込者と同じく「家賃の36倍以上の年収」が必要です。条件を決めるのは大家さんなので、物件によって違いはあります。

入居審査に落ちた場合の対処方法

  • ・保証会社を変えて再審査してもらう
  • ・収入のある親族に代理契約してもらう
  • ・別の物件を紹介してもらう
  • ・シェアハウスをに入居する

保証会社を変えて再審査してもらう

物件によっては、別の保証会社で再審査できる場合があります。不動産屋に「このお部屋は別の保証会社にも対応していますか?」と確認してみてください。

お部屋によっては、第一候補に信販系、予備として独立系の保証会社を設定していることがあります。

収入のある親族に代理契約してもらう

自分の名義で審査に通らないなら、収入が安定している親兄弟にお部屋を「代理契約」してもらいましょう。

「代理契約」とは、住んでいる人と別の人が契約を結ぶことを言います。原則として3親等以内の親族が対象となります。

代理契約できるお部屋は限られるので、不動産屋によく相談してみてください。

豊田さんのアイコン 豊田
代理契約をした場合、入居者の住民票などの書類が必要です。無断で契約者がほかの人にお部屋を貸した場合は「転貸」「又貸し」という違反行為になります。契約違反とみなされ、違約金が発生したり、強制退去になる恐れがあります。

別の物件を紹介してもらう

契約者や保証会社を変えても審査に通らない場合、諦めて別の物件に申し込みましょう。

ある物件では審査に通らなくても、別の物件では審査に通ったということはよくあります。不動産屋に頼って、審査に通る可能性が高い物件を紹介してもらったほうが良いです。

シェアハウスに入居する

シェアハウスの入居審査は普通の賃貸物件の審査よりもゆるいです。信用情報をチェックせず、他人と共同生活できるかどうかに重点を置いているためです。

借金の有無が関係ないだけでなく、無職やフリーランスの人でも審査に通ります。

家賃も安いので、自然と生活費も抑えられます。借金の返済が苦しいという人は検討してみるのもありです。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
スーモやホームズにない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶

おとり物件が少ないサイト3選のサムネイル
不動産屋の悪質な広告「おとり物件」が少ないサイト3選!
記事を読む ▶

アリバイ会社は使わない方が良い

アリバイ会社で給与明細を偽造したり、勤務先を偽る行為は罪に問われるケースがあるので利用しないようにしましょう。

特にアリバイ会社が勤務先として仲介してくる会社は、各保証会社が把握している可能性が高いので審査に落ちやすいです。

違法な手段を使わなくても借りられる物件はあるので、不安な人は不動産屋のスタッフに相談してください。

入居審査に強いおすすめの不動産屋

審査に強い不動産屋なら、借金や収入に不安がある人でも通る可能性が高いです。審査に通るノウハウを熟知しているからです。

ネット上の不動産屋「イエプラ」は、経験豊富なスタッフが多数在籍しています。借金がある人や水商売など、一般的に審査が不利になりがちな人も通してきた実績が豊富です。

全国の賃貸情報の8割が集約されている業者専用のデータベースから探すので、審査に通りやすい物件に絞って紹介可能です!

イエプラボタンバナー

follow us in feedly
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について