お部屋探しのコツや知識まとめブログ|イエプラコラム
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

入居審査はブラックリストでも通る?賃貸契約に影響する?通過するコツを解説!

入居審査に通るか不安な人のイラスト

入居審査はブラックリストでも通る?
賃貸保証会社は信用情報の傷に厳しい?

賃貸の入居審査は、ブラックリストの人でも通過できます!しかし、審査前には対策が必須です。対策なしでは、入居審査に落ちて賃貸契約できません。

当記事では、ブラックリストが入居審査に通るコツや、落ちたときの対処法を解説します。ブラックでも借りられる賃貸の探し方もまとめています。

なお、審査が不安な人は、当サイトが運営する「イエプラ」がおすすめです。審査に強い営業マンが多数在籍しており、ブラックリストの人でも保証会社の審査に通過しています。

イエプラなら初期費用が10万円安くなる!?

イエプラは、仲介手数料基本0円で物件を提案するネット上の不動産屋サービスです。

一部のお部屋ではキャッシュバックが可能な場合もあります。また、上場企業が運営しているので、安心してご利用いただけます。

入居審査におけるブラックリストとは?

個人信用情報に悪い情報が登録されている人を指す

入居審査におけるブラックリストとは、個人信用情報に悪い情報が登録されている人を指します。クレジットカード会社や消費者金融で支払い事故を起こした人などです。

滞納などの悪い履歴は、信用情報機関に登録されます。クレカ関係ならシー・アイ・シー(CIC)が、消費者金融に関するものは日本信用情報機構(JICC)が記録します。

「信販系」と呼ばれる保証会社は、入居審査のときに個人信用情報を調べます。滞納や自己破産したことが発覚したら、高確率で審査に落ちます。

「ブラックリスト」という名簿はない

厳密に言えば「ブラックリスト」という名簿は存在しません。個人信用機関に悪い情報が載っている場合、一般的に「ブラックリストに登録された」と言われます。

家賃の滞納歴がある人もブラックリスト扱いされることがある

家賃の滞納歴がある人もブラックリスト扱いされることがあります。滞納した当時の保証会社が、自社のデータベースに悪い情報を記録している可能性が高いからです。

全国賃貸保証業協会(LICC)に所属する保証会社は、加盟店同士で家賃の滞納歴を共有しています。審査を受けるのが滞納当時とは別の保証会社でも、落ちる可能性があります。

不動産業者に関しても横の繋がりが非常に強いです。業者間で情報が共有しているケースもあるので注意です。

ブラックリストの履歴は5~10年残る

ブラックリストの履歴は、滞納や自己破産したときから5~10年残ります。傷が付いた原因によって、記録が残る期間の長さが変わります。

支払いの遅延であれば5年で消えるケースが多いです。自己破産などの深刻な原因だと、最大10年間残ります。

ブラックリストに当てはまる人の特徴

  • ・クレジットカードの支払いを遅延
  • ・車のローンの滞納
  • ・学生ローンや奨学金の滞納
  • ・携帯の本体代金やショッピングの滞納
  • ・分割払いの滞納全般
  • ・債務整理(自己破産など)
  • ・借り入れが複数(多重債務)
  • ・家賃滞納による代位弁済 など

ブラックリストに当てはまる人の特徴を表にまとめました。借金だけではブラックリストになりませんが、支払い期限に遅れると信用情報に傷が付きます。

自己破産といった債務整理でもブラックリストに登録されます。5~10年以内でお金に関するトラブルを起こした人は、審査前の対策が不可欠です。

ブラックリストか不安な人は不動産屋に相談しておくと良い

ブラックリストかどうか不安な人は、不動産屋に相談しておくとスムーズです。最初から審査の緩い保証会社に絞って、お部屋を紹介してもらえます。

当サイト運営の不動産屋「イエプラ」は、審査に強い営業マンが多数在籍しています。ブラックリストでも入居審査に通過できるお部屋に絞って提案します。

問い合わせはチャットやLINEからできます。「ブラックリストでも審査に通る?」「審査の緩い保証会社を教えて」と送るだけでOKです。来店不要で、気軽に問い合わせできます。

なお、イエプラは仲介手数料が基本無料です。家賃によっては、10万円以上も初期費用が安くなります。費用を抑えて引っ越したい人にもおすすめです。

入居審査ではブラックリストだと不利になる

入居審査でブラックリストが不利になる理由
  • ・家賃の支払い能力が認められない
  • ・社会的信用がないと判断される
  • ・金銭トラブルを心配されやすい

賃貸の入居審査を受ける際、ブラックリストの人は非常に不利です。以降では、不利に見られる3つの理由を解説します。

家賃の支払い能力が認められない

入居審査でブラックリストが不利になる理由は、家賃の支払い能力が認められないからです。個人信用情報に傷があると、安定して家賃を払えるのか不安視されます。

賃貸契約するには、大家さんの審査にも通過する必要があります。保証会社の審査をクリアできても、ブラックリストが原因で大家さんから入居を断られることがあります。

社会的信用がないと判断される

入居審査でブラックリストが不利になるのは、社会的信用がないと判断されるためです。滞納歴がある人は「お金にルーズな人」という印象を持たれます。

解説した通り、個人信用情報の滞納歴は5~10年消えません。確実に入居したいのであれば、悪い履歴が消えたあとが好ましいです。

金銭トラブルを心配されやすい

ブラックリストが入居審査する際、金銭トラブルを心配されやすいです。「更新料や退去費用の支払いで揉める恐れがある」と思われるからです。

賃貸契約するには、高額な初期費用も用意しなければいけません。費用トラブルを嫌う大家さんだった場合は、入居を断られます。

おすすめ記事
入居審査に落ちる理由や落ちたときの対処法を解説!のアイキャッチ
入居審査に落ちる理由や落ちたときの対処法を解説!
記事を読む ▶

ブラックリストで入居審査するなら独立系保証会社を選ぶ

保証会社の審査難易度が分かる図表

独立系保証会社は個人信用情報や他社の滞納歴を確認しない

ブラックリストで入居審査するなら「独立系」の保証会社が使えるお部屋を選ぶべきです。基本的に、個人信用情報や他社での家賃滞納歴を見ないからです。

独立系の保証会社は、独自の審査基準で本人の支払い能力をチェックします。収入が家賃の36倍以上あったり、自社での滞納歴がなければほぼ通過できます。

家賃6万円のお部屋で審査する際、通過しやすい年収目安は216万円以上、月収で言うと18万円以上です。

関連記事
審査が甘い家賃保証会社ランキングTOP10!のアイキャッチ
審査が甘い家賃保証会社ランキングTOP10!
記事を読む ▶
入居審査に必要な年収基準は?家賃ごとの目安を解説のアイキャッチ
入居審査に必要な年収基準は?家賃ごとの目安を解説
記事を読む ▶

保証会社は自分で好きに選べない

入居審査を受ける保証会社は自分で好きに選べません。物件ごとに指定されているからです。

当サイト運営の「イエプラ」は、審査の緩い保証会社を絞ってお部屋を提案できます!使える保証会社が限られるブラックリストの人にピッタリです。

LINE等でやり取りするので、わざわざ来店する必要はありません。「数年前にクレカの支払いを滞納した」など、対面では言いにくいことも気軽に相談できます。

なお、イエプラは仲介手数料が基本無料です。家賃によっては、10万円以上も初期費用が安くなります。費用を抑えて引っ越したい人にもおすすめです。

ブラックリストが入居審査に通る8つのコツ

  • ・事前に自分の信用情報を調べておく
  • ・家賃は手取りの3分の1以下に抑える
  • ・お部屋の条件はできる限り妥協する
  • ・収入のある連帯保証人を立てる
  • ・申込書の項目は全て記入する
  • ・必要書類を事前に揃えておく
  • ・預貯金の残高で入居審査してもらう
  • ・同居人の名義で審査する

事前に自分の信用情報を調べておく

照会できる情報
シー・アイ・シー(CIC) クレジットカードの滞納情報
リボ払いの返済状況
日本信用情報機構(JICC) 消費者金融での借金歴
全国銀行個人信用情報センター(JBA) 銀行からの借り入れ状況

ブラックリストの懸念があれば、入居審査の前に個人信用情報を調べておきましょう。傷の有無で、審査通過への対策が異なるからです。

現在も悪い情報が残っていたら、独立系の保証会社が使えるお部屋に絞ります。傷が消えているなら、保証会社の種類を気にせず物件を選べます。

個人信用情報を調べる際は、心当たりのある窓口に問い合わせてください。クレカやリボ払いに関する履歴は、シー・アイ・シーが窓口です。

カードが手元にあれば、スマホから情報の開示請求が可能です。約千円の手数料で調べられます。

おすすめ記事
入居審査はクレジットカードの滞納があると通らないの?のアイキャッチ
入居審査はクレジットカードの滞納があると通らないの?
記事を読む ▶

家賃は手取りの3分の1以下に抑える

3分の1までの家賃 4分の1までの家賃
手取り12万円 約40,000円 約30,000円
手取り13万円 約43,000円 約32,500円
手取り14万円 約46,000円 約35,000円
手取り15万円 約50,000円 約37,500円
手取り16万円 約53,000円 約40,000円
手取り17万円 約56,000円 約42,500円
手取り18万円 約60,000円 約45,000円
手取り19万円 約63,000円 約47,500円
手取り20万円 約66,000円 約50,000円
手取り21~30万円の家賃目安はこちら
手取り21万円 約70,000円 約52,500円
手取り22万円 約73,000円 約55,000円
手取り23万円 約76,000円 約57,500円
手取り24万円 約80,000円 約60,000円
手取り25万円 約83,000円 約62,500円
26万円 約86,000円 約65,000円
手取り27万円 約90,000円 約67,500円
手取り28万円 約93,000円 約70,000円
手取り29万円 約96,000円 約72,500円
手取り30万円 約100,000円 約75,000円

ブラックリストが入居審査に挑むとき、家賃は手取りの3分の1に抑えてください。収入面の審査基準を簡単にクリアできます。手取り16万円の家賃目安は5.3万円までです。

通過率を上げたい人なら、手取りの4分の1まで下げるのも手です。家賃が低いほど、審査に通りやすくなります。

おすすめ記事
一人暮らしの家賃目安はいくら?手取り金額ごとに解説!のアイキャッチ
一人暮らしの家賃目安はいくら?手取り金額ごとに解説!
記事を読む ▶

お部屋の条件はできる限り妥協する

希望条件を減らす人のイメージイラスト

ブラックリストで入居審査するなら、お部屋の条件はできる限り妥協すると良いです。こだわり条件が少ないほど、家賃が安いお部屋を見つけられます。

妥協すべき条件例は、駅徒歩・築年数・設備です。駅徒歩は15分ほど、築年数は30年以上で探します。設備は、エアコン・キッチン・トイレなど必要最低限のものだけ選んでください。

どうしても譲れない条件があるなら、探すエリアを変えてみてください。2~3駅離すだけで、安くて条件の良いお部屋が見つかることがあります。

おすすめ記事
安い賃貸の効率的な探し方!理想の格安物件を探すコツのアイキャッチ
安い賃貸の効率的な探し方!理想の格安物件を探すコツ
記事を読む ▶
こだわり条件ランキング!優先順位の付け方も解説のアイキャッチ
こだわり条件ランキング!優先順位の付け方も解説
記事を読む ▶

預貯金の残高で入居審査してもらう

ブラックリストで入居審査をする際、預貯金審査で進めるのも手です。収入ではなく、貯金額で支払い能力を見てもらう方法です。

用意する貯金額の目安は家賃2年分です。家賃6万円なら144万円以上を事前に準備しておきましょう。審査時には、口座残高が分かるページのコピーを提出します。

おすすめ記事
無職は賃貸の預貯金審査にいくら必要?目安金額を解説のアイキャッチ
無職は賃貸の預貯金審査にいくら必要?目安金額を解説
記事を読む ▶

収入のある連帯保証人を立てる

連帯保証人になる父親のイラスト
入居審査をブラックリストが通過するには、収入のある連帯保証人を立てるのが効果的です。家賃滞納リスクが下がって、審査に通りやすくなります。

連帯保証人を頼める条件は、両親や兄弟など1~2親等以内です。本人と同様に収入面の審査があるので、現役で働いている親族が理想です。

おすすめ記事
連帯保証人の条件とは?なれる人・なれない人の違いを解説のアイキャッチ
連帯保証人の条件とは?なれる人・なれない人の違いを解説
記事を読む ▶

申込書の項目は全て記入する

本人の情報
  • ①氏名、性別、生年月日、電話番号、現住所
  • ②転居理由
  • ③職業、年収、勤続年数
  • ④勤務先名称、資本金、従業員数、所在地、電話番号、業種、部署
  • ⑥緊急連絡先の情報
連帯保証人の情報
  • ①氏名、性別、生年月日、電話番号、現住所
  • ②契約者との関係
  • ③住居の情報(持ち家か賃貸か)
  • ④職業、年収、勤続年数、業種
  • ⑤勤務先名称、資本金、従業員数、所在地、電話番号、業種、部署

ブラックリストに限らず、入居審査する際は申込書の項目は全て記入してください。記入漏れがあると「入居意思が薄い」と思われて、審査に落とされるからです。

記入項目の中で空欄になりやすいのは、連帯保証人の情報です。年収や勤務先情報などは、事前にヒアリングしておきましょう。

必要書類を事前に揃えておく

  • ・本人確認書類(運転免許証など)
  • ・健康保険証
  • ・収入証明書(源泉徴収票など)

ブラックリストで入居審査をクリアするために、必要書類は事前に揃えておきましょう。スピーディに提出できれば、大家さんからの印象が良くなるからです。

本人確認書類は、運転免許証やパスポートなど顔写真付きのものが好ましいです。収入証明書は、昨年度の源泉徴収票や直近3ヶ月分の給与明細が提出できます。

収入証明書に関しては、職業などの属性ごとで異なります。不動産屋に聞けば、用意すべき書類を教えてくれます。

おすすめ記事
申し込みから賃貸契約までの必要書類を解説!のアイキャッチ
申し込みから賃貸契約までの必要書類を解説!
記事を読む ▶

同居人の名義で審査する

自分以外の入居者がいるなら、同居人の名義で審査する方法もあります。個人信用情報に傷がなかったり、収入面の審査基準をクリアできるならほぼ通過できます。

同居人もブラックリストだったときは、入居審査が厳しくなります。先ほど解説した通り、独立系の保証会社に絞って探すと良いです。

おすすめ記事
賃貸審査で見られるポイントや通るコツを解説!のアイキャッチ
賃貸審査で見られるポイントや通るコツを解説!
記事を読む ▶

ブラックリストで入居審査に落ちたときの対処法

  • ・独立系保証会社で再審査する
  • ・収入のある親族に代理契約してもらう
  • ・UR賃貸の物件を検討する
  • ・シェアハウスも視野に入れて探す

独立系保証会社で再審査する

ブラックリストが原因で入居審査に落ちたら、独立系保証会社で再チャレンジしてください。審査時に個人信用情報を確認されないからです。

ほとんどの管理会社は、2~3社の保証会社と提携しています。1社目で落ちたら、2社目で再挑戦できる可能性が高いです。

収入のある親族に代理契約してもらう

本人名義の賃貸契約が難しい場合、収入のある親族で代理契約する方法もあります。契約者が変われば、入居者本人の情報は見られません。

代理契約とは、入居者以外の名義で審査・契約することです。依頼できる条件は連帯保証人と同じです。家賃の36倍以上の収入がある人に依頼しましょう。

おすすめ記事
賃貸を代理契約で借りる方法!入居までの流れも紹介のアイキャッチ
賃貸を代理契約で借りる方法!入居までの流れも紹介
記事を読む ▶

UR賃貸の物件を検討する

家賃 基準月収額
単身者 6.25万円未満 家賃額の4倍以上
6.25万円~20万円未満 25万円以上(固定)
20万円以上 40万円以上(固定)
世帯 8.25万円未満 家賃額の4倍以上
8.25万円~20万円未満 33万円以上(固定)
20万円以上 40万円以上(固定)

ブラックリストで入居審査に落ちてしまったら、UR賃貸の物件を検討してみてください。入居時に個人信用情報を参照しないからです。

UR賃貸のお部屋は、収入の基準さえクリアしていれば入居できます。単身者が家賃6万円の物件を申し込む場合、月収24万円以上を求められます。

おすすめ記事
UR賃貸の入居条件は?申込資格の基準を徹底解説!のアイキャッチ
UR賃貸の入居条件は?申込資格の基準を徹底解説!
記事を読む ▶

シェアハウスも視野に入れて探す

ブラックリストが審査に落ちた場合は、シェアハウスに入居するのもアリです。審査がほとんどなくて、緊急連絡先さえいれば入居できます。

初期費用や家賃が、普通の賃貸より安いのもポイントです。入居まで急いでいて、貯蓄が少ない人にはおすすめです。

おすすめ記事
初めてのシェアハウス入門マニュアルを大公開!のアイキャッチ
初めてのシェアハウス入門マニュアルを大公開!
記事を読む ▶
保証会社の審査に通らない場合どうすればいい?対処法を解説のアイキャッチ
保証会社の審査に通らない場合どうすればいい?対処法を解説
記事を読む ▶
仲介手数料基本0円のネット不動産屋
「イエプラ」は
仲介手数料基本0円
イエプラの特徴
  • 仲介手数料が基本0円
  • 上場企業運営で安心
  • 来店不要でお部屋を探せる

ブラックリストと入居審査に関するよくある質問

入居審査ではブラックリストだとバレる?

信販系の保証会社だとバレます。個人信用情報を確認するからです。審査するなら、信用情報を見ない独立系の保証会社を使ってください。

関連記事
審査が甘い家賃保証会社ランキングTOP10!のアイキャッチ
審査が甘い家賃保証会社ランキングTOP10!
記事を読む ▶

▲よくある質問に戻る

ブラックリストはアリバイ会社を使うべき?

絶対に使わないでください。信用情報の履歴は変えられませんし、利用が発覚したら今後のお部屋探しが困難になります。

関連記事
アリバイ会社の利用は審査でバレる!?リスクを解説のアイキャッチ
アリバイ会社の利用は審査でバレる!?リスクを解説
記事を読む ▶

▲よくある質問に戻る

本当にブラックリストは審査を通過できる?

独立系保証会社を利用すれば、ほぼ通過できます。審査に強い不動産屋に相談して、事前の対策を打ち合わせましょう。

▲よくある質問に戻る

契約をキャンセルするとブラックリストになる?

キャンセルだけではブラックリストにはなりません。ただし、同じ管理会社の物件は借りられなくなる恐れがあります。

おすすめ記事
審査後にキャンセルするとブラックリストに載る!?のアイキャッチ
審査後にキャンセルするとブラックリストに載る!?
記事を読む ▶

▲よくある質問に戻る

同居人がブラックリストでも審査は通る?

通ります。同居人の情報はあまり審査に関係ないからです。

関連記事
同居人がブラックリストだと入居審査に影響する?のアイキャッチ
同居人がブラックリストだと入居審査に影響する?
記事を読む ▶

▲よくある質問に戻る

借金はブラックリストに当てはまる?

きちんと返済できているなら当てはまりません。支払いが滞ってしまった場合、ブラックリストになります。

関連記事
賃貸審査は借金があると落ちる?バレるケースを解説のアイキャッチ
賃貸審査は借金があると落ちる?バレるケースを解説
記事を読む ▶

▲よくある質問に戻る

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

当サイト運営の「イエプラ」なら、わざわざお店に行かなくてもLINEで希望を伝えてお部屋を探せます!

さらに、イエプラは仲介手数料が基本0円です。およそ家賃1ヶ月分の初期費用をまるっと節約できます。

家賃によっては10万円以上も安くなるので、浮いたお金で新生活の家具家電を揃えられます。費用を抑えて引っ越したい人は、ぜひ利用してみてください。

仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトはこちら
follow us in feedly
仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトへ
仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトへ
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について