お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

【賃貸】入居審査に通る年収を徹底解説!手取りに対する家賃目安や対策を公開!

入居審査に通るために必要な年収のイメージイラスト

賃貸物件の入居審査に通る年収を、宅地建物取引士で現役の賃貸営業をしている豊田さん監修のもと徹底解説します!

手取りに対する家賃目安や、年収が足りない時の6つの対策方法、入居審査で確認される項目や、必要書類、落ちる人の特徴などもあるので、是非参考にしてください。

監修 豊田 明
不動産屋「家AGENT」の営業マン
宅地建物取引士

賃貸の仲介会社「家AGENT」の現役の営業マン。宅地建物取引士の資格を取得している。営業マンとしての経験と専門知識を活かして、お部屋探しや入居審査についての不安や疑問を解決しています。

入居審査に通る年収の目安は家賃の36倍以上

一般的に入居審査に通る年収の目安は家賃の36倍以上と言われています。

家賃の36倍以上の年収があれば、生活費などの支出を引いても、家賃を支払い続けられると判断できるからです。

以下に、家賃に対する年収の目安をまとめました。お部屋探しの際に参考にしてください。

家賃5万円 年収180万円以上
家賃6万円 年収216万円以上
家賃7万円 年収252万円以上
家賃8万円 年収288万円以上
家賃9万円 年収324万円以上

家賃7万円の目安である年収252万円以上は、1ヶ月に換算すると月収21万円以上の人です。

豊田さんのアイコン 豊田
ただし年収や月収は、控除分である年金・保険料・住民税などが差し引かれます。入居後の生活を考えるのであれば、手取りを基準にして考えたほうが良いです。

後ほど、手取りを基準にした家賃目安を紹介します。

グレードが高いお部屋は家賃の40倍以上が目安

デザイナーズマンション、ペット可物件、タワーマンションなど、グレードが高いお部屋は家賃の40倍以上の年収を目安にしてください。

家賃5万円 年収200万円以上
家賃6万円 年収240万円以上
家賃7万円 年収280万円以上
家賃8万円 年収320万円以上
家賃9万円 年収360万円以上

グレードの高いお部屋は、家賃が高めなので滞納があると大家さんの収入がかなり減ります。そのため、入居条件を厳しくしていることが多いです。

豊田さんのアイコン 豊田
一般的な目安の家賃の36倍以上の年収だと、審査に通らないことがあるので多めに見ておいた方が良いです。

団地の場合は月収が家賃の4倍以上

団地の場合は、申込者の月収が家賃の4倍以上必要です。

ただし、申し込む物件の家賃帯によって最低限必要な月収が多少変わります。単身者と世帯申し込み別に目安を紹介します。

単身申し込み基準
家賃6.25万円未満 家賃の4倍
家賃6.25~20万円 月収25万円以上
家賃20万円以上 月収40万円以上
世帯申し込み基準
家賃8.25万円未満 家賃の4倍
家賃8.25~20万円 月収35万円以上
家賃20万円以上 月収40万円以上

上記の基準に満たない場合は「家賃の一時支払い」や「貯蓄基準制度」などを利用することで、特例が認められる場合があります。

団地は審査前の申し込み基準がかなり細かく設定されているので、事前に直営センターで確認したほうが確実です。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める

家賃を手取りの3分の1以内に抑えれば条件をクリアできる

年収だとわかりにくい、月の手取りを基に家賃を計算したいという人は家賃を手取りの3分の1以内に抑えれば良いです。

家賃が手取りの3分の1以内に収まっていれば、審査基準である家賃の36倍以上の年収をクリアできます。

手取り14万円 家賃4.6万円
手取り16万円 家賃5.3万円
手取り18万円 家賃6万円
手取り20万円 家賃6.6万円
手取り22万円 家賃7.3万円

手取りは、住民税や所得税などが差し引かれた実際に使える金額です。家賃を含めて、毎月の生活費を明確に計算しやすいです。

豊田さんのアイコン 豊田
お部屋を探すときは管理費・共益費を含めた「総家賃」で予算を考えましょう。入居審査は家賃のみで判断しますが、管理費・共益費も毎月引き落としが発生します。

とくに収入が低い一人暮らしの場合、お金が足りなくなる可能性があるので、事前に支出に含めたほうが良いです。

入居審査が不安なら家賃を抑えるべき

入居審査が不安な人は、家賃をできる限り抑えたほうが良いです。審査で1番確認される項目は「家賃の支払い能力」だからです。

収入が低い、食費や趣味にお金をかけたい、将来のために貯金したいという人は、手取りの4分の1ほどを家賃目安にしましょう。

家賃が手取りの4分の1ほどであれば、審査基準よりかなり下です。収入面が理由で審査に落ちる可能性は少ないです。

安いお部屋は不動産屋に理由を確認すると良い

安すぎるお部屋は、築年数が古すぎる・間取りがいびつ・周辺環境が微妙など住みづらい理由があります。必ず不動産屋に理由を確認したほうが良いです。

ネット上の不動産屋「イエプラ」は、来店不要でチャットやLINEから気軽に相談できます。

「周辺の相場より低い理由は?」「家賃〇万円以内のお部屋はある?」などと伝えるだけで、スタッフが理想のお部屋を探してくれます。

深夜0時まで営業しているので、仕事が忙しくて不動産屋に行く暇がない、移動中や寝る前のスキマ時間を使って効率よくお部屋探しをしたいという人におすすめです。

イエプラボタンバナー

年収が足りないときに効果的な6つの方法

希望物件の家賃に対して、年収が足りない時に効果的な6つの方法を紹介します。

  1. 収入の高い親族を連帯保証人にする
  2. 家賃補助などのプラス情報を伝える
  3. さらに家賃が安いお部屋を選ぶ
  4. 共働きなら合算で審査する
  5. 貯金があることを伝える
  6. 敷金の額を増やす提案をする
  7. 不動産屋に好印象を与える

①収入の高い親族を連帯保証人にする

本人の収入が足りなくても、収入の高い親族を連帯保証人にできると審査に有利です。

保証会社と併用したり、連帯保証人を複数立てると、さらに大家さんの心配が減らせます。

豊田さんのアイコン 豊田
収入がある連帯保証人を立てられると、選べる物件の幅が広がります。不動産屋に自分の収入を伝えるときに、あわせて伝えてください。

②家賃補助などのプラス情報を伝える

勤め先から家賃補助が出る、仕送りをもらっているなど、収入の他に家賃が払える根拠がある人は、不動産屋に伝えましょう。

副業収入なども、プラス情報です。入金を確認できる書類を求められる可能性は高いです。

③さらに家賃が安いお部屋を選ぶ

家賃に対して目安より年収が低い場合は、家賃を安くしてお部屋探ししましょう。

お部屋の希望条件が多いと家賃が高くなりがちです。お部屋の設備や築年数など、希望条件をある程度緩和すれば、家賃を抑えられます。

家賃を抑えれば毎月の出費の負担を減らせるので、生活を圧迫しません。

④共働きなら合算で審査する

同棲する人や夫婦で共働きなら、2人分の収入で合算審査できる場合があります。

予算内で良い物件が見つからないときは、合算審査ができるお部屋を探すのも手です。

ただし、どちらかが仕事を辞めたり、別れて出て行ったりするリスクがあるので、合算で審査できるお部屋は限られます。

⑤貯金があることを伝える

通帳のイラスト

貯金があることを伝えれば、支払い能力があると判断してもらえる可能性が上がります。通帳のコピーは、提出を求められたら出すスタンスで大丈夫です。

「残高審査」と言って、貯金額だけで審査できる物件もあります。ちなみに、無職の人は残高審査が基本です。

家賃2年分(24ヶ月分)以上の貯金が必要だったり、300万円以上必要だったりと、基準は物件によって異なります。

⑥敷金の額を増やす提案をする

「敷金を増やしても良い」と提案すると、大家さんに安心してもらえます。

豊田さんのアイコン 豊田
敷金とは、入居時に大家さんに預けるお金のことです。家賃の滞納や、退去時にかかる費用に充てられます。残金があれば退去後に返金されるので、払っても損はしません。

⑦不動産屋に好印象を与える

不動産屋に良い印象を与えておくと、大家さんや管理会社にプッシュしてくれます。

貸す側が人柄に心配がないと思えば、収入が若干足りなくても、審査に通してもらえる可能性が上がります。

丁寧に接して損はないので、不動産屋との接し方を意識しましょう。

入居審査で確認される項目

そもそも入居審査とは、大家さんや管理会社が「貸しても良いか判断する作業」のことです。

「家賃の支払い能力」の他に「人間性」も審査されます。審査項目を簡潔にまとめると、以下のとおりです。

  • ・家賃の支払い能力
  • ・安定した仕事に就いているか
  • ・収入の充分な連帯保証人は立てられるか
  • ・保証会社の審査に通るか
  • ・入居後にトラブルを起こさないか
  • ・お部屋を大事に扱ってもらえそうか
  • ・長く住んでくれそうか

もっとも重要なのは「家賃の支払い能力」です。大家さんにもローン返済や毎月の固定費があるので、滞納があるとマイナス収支が続いて大変だからです。

滞納しそうかどうかは、収入だけでなく職業の安定性や、連帯保証人の有無などから総合的に判断されます。

豊田さんのアイコン 豊田
勤続年数が3年以上の正社員や公務員は審査に有利です。非正規雇用や自営業だと、収入に波があると思われて厳しめに審査されます。

不動産屋来店時の印象も審査に関わる

不動産屋に来店したときの見た目や言動も、入居審査に関わります。

不動産屋のスタッフから、どういう人物だったのかが保証会社や管理会社に伝わるからです。

派手過ぎる服装は避け、清潔感のある格好をすれば良いです。受け答えも、必要最低限できれば充分です。

▶賃貸の審査について解説した記事はこちら

連帯保証人の収入も審査に影響する

連帯保証人を立てる場合、連帯保証人の年収も家賃の36倍以上ないと審査に通りません。

賃貸物件の連帯保証人とは、借主が家賃の滞納などで支払えない時に本人に代わって支払いをする人です。借主と同じ責任を負うため、収入面も同じ基準となります。

連帯保証人の収入が低い、なってくれる親族がいない人は、保証会社の利用のみで契約できる物件を探しましょう。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
スーモやホームズにない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶

おとり物件が少ないサイト3選のサムネイル
不動産屋の悪質な広告「おとり物件」が少ないサイト3選!
記事を読む ▶

審査に必要な書類

審査に必要なもの

審査に必要な書類は「本人確認書類」と「収入証明書」が基本です。申込書に記入した内容が合っているか、書類で確認されます。

申込者の職業などの属性、管理会社や大家さんの考え方によって必要書類は異なります。

運転免許証か健康保険証と、職業に応じて直近の収入証明書を事前に用意しておきましょう。

収入証明書の種類
給与所得者 源泉徴収票、給与明細3ヶ月分など
自営業者など 確定申告書、納税証明書
内定者 内定通知、採用通知
生活保護受給者 生活保護決定通知書
年金受給者 年金額のわかる受給証明書
無職 預金通帳、残高証明書

勤続年数が短くて今の職場の源泉徴収票がない人や、給料の上がった人は、直近の給与明細で現在の収入を証明できます。

賃貸契約までに求められる書類は「用意できるはずの書類」ばかりです。用意できない書類がある人は、貸す側が納得できる理由を説明できないと、審査に落ちやすいです。

豊田さんのアイコン 豊田
審査途中で追加の証明書類提出をお願いされることがあります。提出を求められた場合は、複数の収入証明や通帳のコピーを提出してください。

入居審査に落ちる人の特徴

手でバッテンをする男性

入居審査に落ちる人には、共通した特徴があります。以下にまとめたので、当てはまる項目がないことを確認してください。

  • ・家賃の36倍の年収がない
  • ・勤続年数が1~2年と短い
  • ・非正規雇用または自営業
  • ・過去に家賃を滞納したことがある
  • ・クレジットカードやローンの滞納履歴がある
  • ・電話対応が適当で折り返さない
  • ・緊急連絡先(連帯保証人)と電話が繋がりにくい
  • ・不動産屋に乱暴なふるまいをしている

上記の特徴はあくまでも一例です。リストアップした内容が当てはまる人も、審査に通らないわけではありません。

ただし、当てはまる項目を審査で重要視されていた場合は落とされやすいです。

豊田さんのアイコン 豊田
過去の滞納歴や連帯保証人と不仲なことを隠していると、審査に落ちる物件を紹介されて時間を無駄にしてしまいます。

大切なのは、審査に関係しそうな情報は不動産屋にすべて伝えて、味方につけることです。

審査が甘い保証会社を選べば落ちにくい

入居審査が不安なら、審査が甘い保証会社の物件を選ぶと良いです。不動産屋に相談すれば、審査に通りやすい物件を案内してくれます。

以下の記事では、審査が甘い保証会社をランキング形式で紹介しています。ランクインした保証会社を使っている物件を探すと良いです。

また、ブラックリストでも審査に通るコツについても解説しているので、ぜひ参考にしてください。

入居審査の関連記事
家賃保証会社の審査が甘いランキングのアイコン
家賃保証会社の審査が甘いランキングTOP5!
記事を読む ▶
ブラックリストでも入居審査に通る8つのコツ!
ブラックリストでも入居審査に通る8つのコツ!
記事を読む ▶

審査に落ちたときの対処方法3選

審査に落ちてしまった場合の対処方法を、3つ紹介します。

  • ・保証会社を変えて再申込する
  • ・別のお部屋を探し直す
  • ・親族に代理契約してもらう

保証会社を変えて再チャレンジ

保証会社に落ちただけなら、別の保証会社に変更して再チャレンジできる可能性が高いです。

ただし、保証会社は大家さんや管理会社が決めています。1社しか指定がない場合は、再チャレンジできない可能性があります。

不動産屋に「独立系保証会社に変更して再審査できませんか?」と確認してみましょう。

▶審査が甘い保証会社ランキングについてはこちら

別のお部屋を探し直す

保証会社を変えられなかった場合は、別のお部屋を探し直しましょう。

豊田さんのアイコン 豊田
審査に落ちた物件よりも家賃が安いところを選び、独立系保証会社が設定されているお部屋にしてください。

保証会社は自分で設定できませんが、あらかじめ不動産屋にお願いすることで、ある程度は絞ってくれます。

親族に代理契約してもらう

自分の名義で審査に通らないなら、親族に「代理契約」してもらう手段があります。代理契約とは、契約者と別の人が住む契約のことです。

無断で契約者と別の人が住むと、契約違反でトラブルになります。親が契約者になってくれる場合は、必ず不動産屋に相談してください。

▶親族に代理契約してもらう手順についてはこちら

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶ 無料でお部屋探しを始める
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について