お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

シングルマザーの生活費は平均いくら?年間収入や理想の支出割合についても解説

困っているシングルマザーのイラスト

シングルマザーの生活費は平均いくら?
母子家庭の年間収入はどのくらい?

様々な事情でシングルマザーになった人は多いです。子どもに苦労を見せずに、少しでも気楽に成長してほしいと願いますよね。

しかし、お金が足りずに生活費が苦しい、上手くやりくりできない!と嘆く人が多いのも正直なところです…。

そこで当記事では、統計データを基に母子家庭の1ヶ月の平均生活費を徹底解説します。年間収入や家賃目安、理想の支出割合や支援制度についてもあります。ぜひ参考にしてください。

監修 岩井 勇太
ファイナンシャル・プランナー
宅地建物取引士

日本FP協会認定のFP。お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。

シングルマザーの平均生活費【統計データ】

母子家庭の1ヶ月の生活費は約23~24万円

20歳未満の
子どもの世帯
18歳未満の
子どもの世帯
食費 55,728円 55,146円
住居(持ち家含む) 29,136円 31,410円
水道光熱費 16,986円 16,272円
家具・家事用品 9,255円 9,480円
被服代 10,228円 9,553円
保険医療代 7,782円 8,553円
交通費 22,607円 20,246円
通信費 12,394円 11,931円
教育費 22,983円 16,885円
娯楽費 18,732円 19,171円
その他雑費 31,008円 30,264円
合計支出 236,839円 228,912円

※統計データのため合計に差異あり

総務省統計局公表の「2021年度 家計調査 世帯類型別(表3-6)」によると、シングルマザーの1ヶ月の平均生活費は約23~24万円です。

ですが、住居形態や住む場所、子どもの年齢や人数によって生活費は変動します。冠婚葬祭などの急な出費や、貯金についても統計データに記載はありません。

実際は、プラスで費用を捻出しておいた方が安心です。

統計データの子どもの人数は1~2人想定

統計データの世帯人数の平均は2.93人となります。大人1人、子ども1~2人の世帯で生活費の統計がおこなわれていることがわかります。

子どもの人数が3人以上の場合は、家計調査の平均金額だと足りません。後ほど、子どもの人数別に生活費をシミュレーションするので、そちらを参考にしてください。

食費は子どもの年齢によって変動しやすい

新生児・乳児 5,000~10,000円
小学生~中学生未満 10,000~15,000円
中学生以上 20,000~27,000円

上記は、子どもの年齢別に1人あたりの平均食費をまとめたものです。子どもが大きくなるにつれ、食費が高くなります。

食費を削りすぎると、子どもの成長の妨げになります。節約するにしても、量を削るのではなくコスパの良い食材で自炊をしてください。

東京都内の賃貸物件で暮らすならプラス3万円は必要

ワンルーム 1K・1DK 1LDK・2K・2DK
葛飾区 約5.38円 約6.22円 約7.12円
板橋区 約5.60円 約6.29円 約8.31円
練馬区 約5.66円 約6.56円 約9.53円
江戸川区 約5.71円 約6.17円 約7.94円
足立区 約5.77円 約6.30円 約7.44円

全国宅地建物取引業協会連合会が毎日更新している「家賃相場:東京都(2022年8月30日更新)」を参考に、家賃相場が低い5区をまとめました。

東京近郊や、名古屋大阪などの物価が高い都心部で生活する場合は、家賃6万円ほど必要です。

家計調査のデータでは、住居費が約3万円なのでプラス3万円はかかると認識しておいた方が良いです。

東京の賃貸物件で暮らすなら、シングルマザーの1ヶ月の生活費は約26~27万円が目安です。

預金残高は50万円未満の世帯が多い

シングルマザーの預貯金額の円グラフ

平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果報告」によると、シングルマザーの預貯金額は50万円未満が全体の39.7%と最も多いという結果でした。

ほとんどのシングルマザーが、経済的理由で貯金できていないことが想定できます。

子どもの保育園代や小中学校の学費のことを考えると、最低でも最低月1.5~2万円ほどの貯金が理想的です。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める

シングルマザーの収入状況

母子家庭の年間収入の平均は約200万円

年収 月の手取り
死別 186万円 12.3万円
離婚 205万円 13.5万円
未婚 177万円 11.7万円
全体平均 200万円 13.2万円

平成28年度全国ひとり親世帯等調査」によると、シングルマザーの平均年収は約200万円です。月の手取りに換算すると約13.2万円です。

離婚の場合は相手が慰謝料や養育費を出していることが多いので、死別や未婚が原因の人よりもやや生活が安定します。

就業形態は正社員とパートが多い

シングルマザーの就業形態

同調査でシングルマザーの就業形態を調べたところ、正社員とパート・アルバイトが全体の8割を占めていました。

この結果から、シングルマザーのほとんどが、何かしらの形で働いていることがわかります。

円グラフに記載がない分の数字は、無職が6.4%、不明が8.8%です。シングルマザーで無職の人は、全体の1割未満です。

シングルマザーの理想の生活費割合【弊社FP解説】

家賃+食費で支出割合を50%以下にすべき

月の支出が22万円の場合で算出
項目 割合 支出額
食費 15% 約33,000円
住居 30% 約66,000円
水道光熱費 8% 約17,600円
家具・家事用品 3% 約6,600円
被覆代 4% 約8,800円
保険医療 3% 約6,600円
交通費 8% 約17,600円
通信費 6% 約13,200円
教育費 10% 約22,000円
娯楽費 6% 約13,200円
その他の支出 7% 約15,400円

家賃と食費は、生活費の中でも大半を占める費用です。2つまとめて支出の50%以内に抑えられれば、生活費の負担が軽減できます。

家賃を優先したいなら食費を抑える、食費を優先したいなら家賃を抑えるなど、ライフスタイルに合わせて上手く調整しましょう。

岩井さんのアイコン 岩井
毎月貯金はしたいという人は、家賃を25%に抑えましょう。毎月1万円(約5%)の予備費を確保できます。何かあった時のために、少額でも良いので貯金しておいた方が良いです。

支出を抑えるなら固定費を見直すと良い

毎月の支出を抑えるなら、固定費である家賃を見直すべきです。予算を1万円下げるだけで、年間12万円の節約に繋がります。

ただし、安いお部屋はそれなりの理由があります。住みづらいお部屋に当たることもあるので、不動産屋に相談したほうが良いです。

ネット上の不動産屋「イエプラ」は、来店不要でチャットやLINEでやりとりをします。子どもから目を離せないという人でも、気軽にお部屋探しができます。

「母子家庭でも住める安いお部屋はある?」「収入が少ないから審査が甘い物件が良い」と伝えるだけで、スタッフがピッタリのお部屋を見つけてくれます!

イエプラボタンバナー

子どもの人数別の生活費シミュレーション

前提条件
  • ・東京近郊の賃貸物件
  • ・1番上の子どもが小学校低学年以下
  • ・予備費や貯蓄、年間学費は含まない

子どもが1人の場合

生活費の計算結果と困るシングルマザーのイラスト

金額
家賃 約50,000円
食費 約30,000円
水道光熱費 約15,000円
日用品購入費 約3,000円
交際費・レジャー費 約10,000円
衣類・化粧品購入費 約5,000円
スマホ代(キッズ携帯含) 約10,000円
給食費 約5,000円
子どもの習い事代 約10,000円
生命保険料(掛け捨て) 約4,000円
医療費 約3,000円
合計 約145,000円

子どもが1人の場合、月の生活費は14.5万円ほどです。

子どもがまだ保育園に通うぐらいの年齢であれば、自分のご飯を多めに作れば事足りるため月3万円ほどまで抑えられます。

また、子どもが中学校に上がるまではスマホを持たせないようにすれば、通信費は7千円ほどで収まります。

岩井さんのアイコン 岩井
家賃や食費、娯楽費などをもう少し削れるという人は、医療費を多めに確保しておくとよいです。乳幼児~小学校低学年までは、怪我や病気が多いです。月3千円は最低ラインと考えておいてください。

子どもが2人の場合

金額
家賃 約60,000円
食費 約40,000円
水道光熱費 約20,000円
日用品購入費 約5,000円
交際費・レジャー費 約18,000円
衣類・化粧品購入費 約8,000円
スマホ代(キッズ携帯含) 約15,000円
給食費 約9,000円
子どもの習い事代 約20,000円
生命保険料(掛け捨て) 約4,000円
医療費 約3,000円
合計 約202,000円

子どもが2人の場合、月の生活費は20.2万円ほどかかります。

毎月の手取りが20.2万円あるのは、年収320万円ほどの人です。正社員として働く20代女性の平均額が同じぐらいなので、定職に就いていれば可能な金額です。

パートや契約社員などで収入が少ない人は、公的支援を活用したり、離婚相手から養育費を受けとるなど、工面しなければいけません。

食費6万円は、子ども2人で大人1人分の食費として計算しています。3食すべてコスパの良い食材で自炊すれば、約4万円まで抑えられます。

岩井さんのアイコン 岩井
子どもの習い事は、小学校や中学校に入るまで我慢することで費用を削れます。どうしても通わせたい場合は、そろばんやサッカークラブなど月謝の安いものを選びましょう。公益法人のボーイスカウト・ガールスカウトに参加させるのも手です。

子どもが3人の場合

金額
家賃 約70,000円
食費 約45,000円
水道光熱費 約25,000円
生活用品費 約8,000円
交際費・レジャー費 約20,000円
衣類・化粧品購入費 約10,000円
スマホ代(キッズ携帯含) 約20,000円
給食費 約13,000円
子どもの習い事代 約30,000円
生命保険料(掛け捨て) 約4,000円
医療費 約3,000円
合計 約248,000円

子どもが3人の場合、1ヶ月の生活費は24.8万円ほどです。就学前の年齢であれば、食費、水道光熱費などはもう少し減らせますが、学校に入ってからは表ぐらいの金額になります。

毎月の手取りが24.8万円になるのは、年収380万円ほどの人です。シングルマザーで稼ぐのは難しい金額なので、公的支援や離婚相手からの養育費が重要になります。

岩井さんのアイコン 岩井
子どもの性別が同じであれば、衣類はおさがりを使うなどして節約したほうが良いです。そのほか、光熱費や娯楽費などの節約も徹底しましょう。子ども3人となると、思わぬ出費が多くなりやすいです。

シングルマザーは家賃6万円以下に抑えると良い

「母子家庭の家賃助成」が使える可能性がある

シングルマザーが賃貸物件に住む場合は、家賃6万円以下に抑えると良いです。

住む場所によっては、自治体独自の「母子家庭の家賃助成」が使える可能性があります。

母子家庭の家賃補助(ひとり親世帯の家賃助成)とは、その名の通りに母子・父子家庭の家賃を一部補助してくれる制度です。

制度がない自治体は、母子家庭用の支援住宅施設や、そのほかの助成金や手当金制度が用意されていたりします。

家賃補助を受けるための主な条件

  • ・母子家庭もしくは父子家庭
  • ・18歳未満の児童を養育中
  • ・賃貸物件に住んでいる
  • 月額家賃が6万円以下の賃貸物件
  • ・居住地の自治体に住民票がある
  • ・前年度の所得が一定額に満たない
  • ・日本国籍または日本の永住資格がある
  • ・家賃や住民税を滞納していない
  • ・生活保護を受けていない

自治体によって条件が違いますが「月額家賃が6万円以下」「居住地の自治体に住民票がある」ことは、ほとんどが必須条件としています。

毎年制度が見直されており、条件が変わっている可能性があります。事前に住む予定の自治体の公式サイトで確認しておくと良いです。

東京で家賃補助がある区まとめ

2022年8月末時点で家賃補助がある自治体
  • ・千代田区
  • ・杉並区
  • ・豊島区
  • ・目黒区

「ファミリー世帯家賃助成」「居住安定支援家賃助成」など、母子家庭が使える家賃補助制度がある区をまとめています。

初回のみの補助か、毎月の補助かは自治体によって違います。各自治体の福祉総務課に電話して、最新情報を聞いた方が確実です。

▶母子家庭の家賃補助制度の詳しい解説

シングルマザーは公的支援制度を利用して負担を減らすべき

利用すべき公的支援制度
  1. 児童手当
  2. 児童扶養手当
  3. 児童育成手当
  4. 特別児童扶養手当
  5. ひとり親家族の医薬費助成制度
  6. 国民年金・国民健康保険の免除
  7. 遺族年金
  8. 交通機関の割引
  9. 保育料の減免

1.児童手当

子ども1人あたりの月額
0~3歳未満 15,000円(一律)
3~小学校修了前 10,000円(第3子以降は15,000円)
中学生 10,000円

児童手当は、母子家庭だけではなく、0歳~15歳の子どもがいる家庭すべてが対象です。ただし、所得制限が設けられており、年間所得が約960万円を超える世帯は減額されます。

年に3回に分けて受け取る手当で、支給の時期は自治体によって違います。例えば6月(2~5月分)、10月(6~9月分)、2月(10月分~1月分)のように分けられます。

児童手当の条件を満たしているかは毎年6月1日に判定されるので、5月中に役所に必要書類を提出しなければいけません。書類の提出を忘れると、手当金を受け取れません。

2.児童扶養手当

子ども1人あたりの月額
1人目 42,500円(一律)
2人目 10,040円(第3子以降は15,000円)
3人目以降 6,020円

児童扶養手当は、母子家庭および父子家庭を対象としている国の制度です。離婚や死別など理由は問われないので、ひとり親の家庭で子どもが0~18歳であれば手当金を受け取れます。

ただし、所得が多い世帯は、一部支給になります。金額は所得によって異なりますが、子どもが1人の場合は約10,000~40,000円ほどです。申請翌月から支給されます。

児童扶養手当は、毎年自分で申請しなければいけないので毎年8月に必要書類を役所に提出してください。

3.児童育成手当

児童育成手当は、東京都が実施している制度で、母子家庭もしくは父子家庭の家に養育費として手当金が支給されます。子どもが18歳になった年の年度末まで至急されます。

支給額は自治体によって多少変動がありますが「子ども1人につき毎月13,000~13,500円ほど」受け取れます。ただし支給方法は年に3回、4ヶ月分ずつに分けてです。

岩井さんのアイコン 岩井
児童育成手当は、初回のみ役所で申請する必要がありますが、継続の場合は毎年6月に郵送されてくる「現況届」という書類の必要箇所を記入し返送しなくてはいけません。

4.特別児童扶養手当

特別児童扶養手当とは、障害を持った児童のいる家庭が受け取れる手当金です。子どもの対象年齢は20歳までで、年3回、4ヶ月分をまとめて支給されます。

障害の度合いによって等級を設けており、1級の場合は51,700円、2級の場合は34,430円が1ヶ月あたりの金額になります。障害者手帳の等級とは違うもので、審査によって認定されます。

5.ひとり親家族の医薬費助成制度

ひとり親家族の医薬費助成制度は、母子家庭(父子家庭)の親子が病院や診療所で診察を受けたときに、負担額の一部を減額する制度です。

国ではなく自治体が実施する制度で、子どもと親の両方が対象です。自治体によって制度の中身は変わりますが、年間の助成額の上限は14万円ほどの場合が多いです。

申請方法は役所に必要書類を提出し、交付された「ひとり親医療証(マル親医療証)」を病院の窓口に提示します。

岩井さんのアイコン 岩井
子どもだけが助成金の対象になる「子どもの医療費助成」を設けている自治体もあります。こちらは、世帯所得に関係なく助成を受けられます。

6.国民年金・国民健康保険の免除

収入が少なくて国民年金や国民健康保険の支払いが難しい場合、申請することで減額や免除を受けられます。

岩井さんのアイコン 岩井
全額免除になる条件は、前年度の給与が127万円以下の場合です。フリーターとして働いていて収入が少ない人は必ず申請しましょう。

7.遺族年金

結婚相手の死亡により母子家庭になった場合は、遺族年金が受給できる場合があります。

亡くなった方が国民年金か厚生年金に加入していたことが条件で、受け取れる金額も人によって変わります。詳しいことは役所で尋ねてください。

8.交通機関の割引

児童扶養手当、児童育成手当、生活保護などを受けている家庭は、各制度と同じ窓口で申請することでJRなどの公共交通機関の割引を受けられる場合があります。

9.保育料の減免

保育所を利用する際の保育料は自治体によって決められていますが、収入の少ない家庭は役所で申請することで割引や免除を受けられる場合があります。

自治体が独自に実施する制度なので、内容はさまざまです。第3子以降は保育料が無料になるなどとしている自治体もあります。

その他、自治体によっては独自の制度を設けています。公式ホームページを確認してみてください。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
スーモやホームズにない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶

おとり物件が少ないサイト3選のサムネイル
不動産屋の悪質な広告「おとり物件」が少ないサイト3選!
記事を読む ▶

生活費が足りない場合は「公的貸付制度」を検討するのもアリ

公的貸付制度は低利子でお金を借りられる

母子福祉資金貸付制度(公的貸付)とは、金融機関ではなく自治体からお金を借りる制度です。借りられる金額や返済期間は、自治体や子どもの年齢によって違います。

保証人を立てられる場合は「無利子」で、立てられない場合は銀行より「低利子」でお金を借りられます。

岩井さんのアイコン 岩井
貸付を利用する際は審査が入りますが、基本的に20歳未満の子どもを扶養していて、子どもに必要なお金であれば審査に通ります。

母子寮や公営住宅を検討するのもアリ

公的貸付でもお金が足りないという人は、普通の賃貸物件ではなく、自治体が運営する「母子寮」や「公営住宅」を検討するのもアリです。

低所得者向けの賃貸となっており、前年度の収入によって家賃が決められますが、都内でも家賃3万円ほどです。条件によっては無料になる場合もあります。

生活保護は最終手段と考えるべき

生活保護は最終手段と考えたほうが良いです。シングルマザー向けの公的制度の大半が、生活保護を受けていないことを条件としているからです。

そもそも生活保護とは「健康で文化的な最低限度の生活」を保障するための国の制度です。月15~18万円ほどの支援を受けられますが、その他一切の財産を所持できません。

岩井さんのアイコン 岩井
一時的に利用するのはアリですが、生活保護を受けている間は貯金ができません。生活の立て直しが困難になりやすいので注意してください。

離婚でシングルマザーになったなら養育費を貰うべき

月5万円ほど受け取れる

養育費に含まれるもの
  • ・子どもの衣食住の費用
  • ・子どもの医療費
  • ・子どもが20歳になるまでの教育費

離婚が原因で母子家庭になった場合は、相手から養育費をもらうべきです。相手の収入によって変動はありますが、上記の3点を含めて月5万円ほどもらえます。

離婚をしていても父親には子どもを育てるための費用を出す義務があります。直接連絡を取って養育費の支払いを求めるだけで、役所での手続きは不要です。

支払いを拒否された場合は、家庭裁判所で調停を申し立てます。調停の申し立てにも応じてくれない場合は「審判」という手続きで裁判所から支払い命令を出してもらえます。

未婚の場合は相手からの認知が必要

未婚のままシングルマザーになった場合は、離婚のケースと違って必ず養育費を受け取れるわけではありません。

子どもの父親であることを相手の男性に認知してもらう必要があります。

親子関係を認めてくれない場合は、家庭裁判所で認知調停をしましょう。調停を通しても関係を認めてくれない場合は、DNA鑑定などをする認知訴訟という裁判で訴えます。

岩井さんのアイコン 岩井
裁判をする場合、弁護士への依頼やDNA鑑定に40万円前後の費用がかかることもあるので、貯金に余裕がない人は親族からお金を工面するなどの準備が必要です。

民法改正で養育費が回収しやすくなった

民法改正により2020年4月1日から「第三者からの情報取得手続」という新しい制度が始まるため、養育費の回収がしやすくなりました。

第三者からの情報取得手続は、裁判所から市町村や年金事務所に照会をして、相手の勤務先や口座が分かります。口座が判明した場合は、裁判所経由で給与を差し押さえられます。

岩井さんのアイコン 岩井
民法169条で「定期給付債権の時効は5年」と定められています。5年前の養育費は回収できないので、早めに手続きをした方が良いです。

子どもを進学させるなら「公立」がおすすめ

公立なら年間学費が安い

公立 私立
幼稚園 22万3,647円 52万7,916円
小学校 32万1,281円 159万8,691円
中学校 48万8,397円 140万6,433円

上記は、文部科学省の「平成30年度の学習費調査」の結果をまとめたものです。すべて年間総額です。

義務教育の間だけでも、公立と私立の学費の差が約250万円もあります。金額を見るだけ、シングルマザーの家庭が公立のほうが良いとわかります。

自治体によっては学費が1部免除になる

公立は、自治体が運営する学校です。自治体によっては、ひとり親支援制度の1つとして、収入に応じて学費が1部免除になる制度を設けている場合があります。

少しでも費用負担を減らしたいと考えるのであれば、公立の学校に入学させるべきです。

岩井さんのアイコン 岩井
自治体によっては、学費の支援制度がない場合があります。事前に公式サイトを確認するが役所に問い合わせておきましょう。
わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

お店に行かなくても「イエプラ」なら、アプリやLINEで希望を伝えてお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです。

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶ 無料でお部屋探しを始める
follow us in feedly
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について