お部屋探しのコツや知識まとめブログ|イエプラコラム
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

クレデンスの審査は厳しい?通過の基準や落ちたときの対策を不動産屋が解説!

クレデンスの審査は厳しい?のアイキャッチイラスト

クレデンスの審査は厳しい?ゆるい?
保証会社の審査に落ちたらどうする?

クレデンスは東京や大阪を中心に展開している家賃保証会社です。保証サービスを利用すれば、連帯保証人が立てられない人でもお部屋をスムーズに借りられます。

しかし、クレデンスの保証サービスを受けるためには審査があります。審査基準を知らず対策なしで申し込むと、審査に落ちてお部屋探しの時間を無駄にしてしまうことも…。

そこで当記事では、クレデンスの審査基準や必要書類、落ちたときの対策などをわかりやすく解説しています!ぜひ参考にしてください。

監修 豊田 明
不動産屋「家AGENT」の営業マン
宅地建物取引士

賃貸の仲介会社「家AGENT」の現役の営業マン。宅地建物取引士の資格を取得している。営業マンとしての経験と専門知識を活かして、お部屋探しや入居審査についての不安や疑問を解決しています。

クレデンスの審査は厳しい?ゆるい?

クレデンスのロゴ

クレデンスの審査はゆるい

賃貸保証会社の分類とクレデンスの審査難易度の図解

クレデンスの審査は、保証会社の中でもトップクラスでゆるいです。収入に対して家賃が妥当で、過去にクレデンスで家賃滞納などの問題がなければ基本的に通過できます。

保証会社を大きく分けると「信販系」「LICC系」「独立系」の3つあり、クレデンスはもっとも審査の難易度が低い独立系に分類されます。

他社の滞納まで詳しく調べず、会社独自の審査基準で判断してくれます。求職中や外国籍など一般的に入居審査で不利な人や、信販系やLICC系に落ちた人でも通りやすいです。

豊田さんのアイコン 豊田
信販系の保証会社は、クレジットカードの事故や借金歴がわかる「信用情報」に傷があると通りません。LICC系の保証会社は他社の滞納歴があると審査に落ちる場合があります。

信用情報を見られるプランがあるが審査は通りやすい

クレデンスの保証サービスの中には、信販系保証会社でもあるアプラスと提携した「スケットアルファプラス」というプランがあります。

審査が2段階あり、第1段階でアプラスに信用情報に基づいた審査をされます。第1段階で落ちても、第2段階でクレデンスの審査に通過できれば保証サービスは受けられます。

クレデンスはどんな保証会社?

社名 株式会社クレデンス
設立 2005年3月
資本金 9,000万円
本社所在地 東京都千代田区飯田橋1-3-2
曙杉館(しょさんかん)ビル3F
拠点 大阪・福岡・仙台・札幌

参考:クレデンス公式ホームページ(2023年5月)

クレデンスは2005年から続く家賃の保証会社です。東京本社の他に大阪、福岡、仙台、札幌に拠点があり、都市部の賃貸物件で審査に関わる機会が多いです。

信販系やLICC系の保証会社に落ちたときに、再チャレンジの手段として提案されるパターンもあります。

クレデンスの審査に通過できる人の特徴

  • ・信用情報に傷がある(ブラックリスト)
  • ・クレジットカードの審査に落ちた
  • ・過去に支払いを滞納したことがある
  • ・年収が家賃の36倍以下
  • ・勤続年数が1年未満
  • ・非正規雇用などで不安定
  • ・水商売などの夜職
  • ・家賃を払わず無断で退去した
  • ・ネット検索でネガティブな情報が出てくる
  • ・連帯保証人が立てられない

表にまとめた内容が1つでも当てはまる人は、不動産屋に早めに相談してください。多くの保証会社で審査に落ちやすい状況なので、通常よりお部屋探しに時間がかかるからです。

当サイト運営のチャット不動産屋「イエプラ」なら、来店不要でチャットやLINEで気軽に不動産屋に相談できます。

不動産屋だけが見れる更新が早いデータベースから、クレデンスなどの審査に通りやすい保証会社が使える物件や、家賃が安くても住みやすいお部屋を紹介してもらえます!

クレデンスの審査で見られる5つのポイントと通すコツ

  1. クレデンスでの家賃滞納歴
  2. 収入に対して家賃が高すぎないか
  3. 雇用形態や勤続年数などの属性
  4. 申込書の内容にウソはないか
  5. 人柄に問題がないか

クレデンスの審査でチェックされるポイントと、通過するためのコツを弊社「家AGENT 池袋店」の営業マン30名に聞いてみました。

意見が多かったコツを5つ紹介します。審査に通った実例をもとにしたアドバイスなので、ぜひ参考にしてください。

①クレデンスでの家賃滞納歴

滞納歴がある人

クレデンスの審査基準がゆるくても、過去にクレデンスで家賃を滞納していると審査に落ちやすいです。

更新時や退去時の費用を払わずに揉めたときも要注意です。再び金銭的なトラブルが起きると思われるためです。

豊田さんのアイコン 豊田
過去に保証会社や管理会社と揉めた経験がある人は不動産屋に伝えておきましょう。次の引っ越しで同じようなトラブルが起きないように考えて物件を紹介してもらえます。

②収入に対して家賃が高すぎないか

審査に通る家賃の目安
手取り15万円 約50,000円
手取り16万円 約53,000円
手取り17万円 約56,000円
手取り18万円 約60,000円
手取り19万円 約63,000円
手取り20万円 約66,000円
手取り21万円 約70,000円
手取り22万円 約73,000円
手取り23万円 約76,000円
手取り24万円 約80,000円
手取り25万円 約83,000円

収入に対して家賃が高いと審査に落ちやすくなります。表のように「月の手取り3分の1」まで家賃を抑えると高確率で審査に通過できます。

手取りとは、税金や社会保険料を差し引いて手元に残るお金のことです。生活費にいくら回せるか把握するためにも、家賃は手取りを基準に考えましょう。

鈴木さんのアイコン 鈴木
家賃は「月の手取り4分の1」まで抑えられると理想的です。大家さんや管理会社の審査が厳しくても通りやすく、貯金する余裕が作れます。

③雇用形態や勤続年数などの属性

職業などの属性のイラスト

審査で厳しく見られやすい属性
  • ・無職、生活保護受給者
  • ・就職予定のない学生
  • ・未成年、高齢者
  • ・外国籍
  • ・水商売、夜職
  • ・アルバイト、派遣社員、契約社員
  • ・個人事業主、フリーランス

家賃の支払い能力は、収入の他に職業などの属性をふまえて審査されます。表にまとめた状況に当てはまる人は、正社員や公務員より厳しく審査されます。

厳しく見られやすい属性の人は家賃をできるだけ抑えましょう。審査基準ギリギリだと、クレデンスの審査に通っても管理会社や大家さんの審査に落ちやすくなります。

村野さんのアイコン 村野
管理会社や大家さんによっても審査の厳しさが変わります。職業などの属性が不利にならない物件もあるので、審査が心配なら不動産屋に気軽に相談してみてください。

④申込書の内容にウソはないか

正直に申込書を書く人

申込書にはすべて本当のことを書きましょう。収入を多めに書いたり、勤続年数を長く書いたのがバレると審査に落ちてしまいます。

ウソかどうかは、本人確認の電話での受け答えや、収入証明書などの書類に記載されている内容からバレるケースが多いです。

クレデンスの申し込みに必要な情報

申込者の情報
  • ・氏名、現住所、性別、生年月日
  • ・電話番号、メールアドレス、保険証の種類
  • ・家族構成、現住所の詳細、引っ越し理由
  • ・職場情報(業種、職種、住所、電話番号など)
  • ・税込年収、税込月収、勤続年数
  • ・配偶者の有無、入居者全員の情報
緊急連絡先(連帯保証人)の情報
  • ・氏名、現住所、性別、生年月日、電話番号
  • ・申込者との関係性(続柄)
  • ・職場情報など(連帯保証人を立てる場合)

クレデンスの申込書に記入が必要な情報は一般的な内容です。連帯保証人は原則不要ですが、状況によっては必要になる場合があります。

石塚さんのアイコン 石塚
入居申込書はできるだけ丁寧に漏れなく記入しましょう。空欄や誤りが多いと、確認のために審査がストップすることがあります。

⑤人柄に問題がないか

言動や見た目が好印象な人

審査では入居者の人柄も見られています。家賃の支払い能力があっても、入居後のトラブルを心配されると審査には通過できません。

保証会社から本人確認の電話があったときは、物腰柔らかに対応しましょう。高圧的な態度を取ったり、適当に対応していると審査に落ちてしまいます。

不動産屋への接し方も同様です。入居希望者がどんな人かは、不動産屋が管理会社や大家さんに伝える流れになっています。

阿部さんのアイコン 阿部
名前をエゴサーチするとネットに犯罪歴などのネガティブな情報が出てくる人も審査に落ちやすいです。少しでも不安要素があれば、不動産屋に気軽に相談してみてください。

保証会社は自分で自由には選べない

審査に通りやすい保証会社を使いたいなら不動産屋に相談しましょう。使える保証会社は物件ごとに決まっていて、自分で自由には選べないからです。

当サイト運営のチャット不動産屋「イエプラ」なら、来店不要でお部屋探しを始められます。「審査に通る良い物件はある?」「家賃の滞納歴があって心配」など何でも相談できます。

不動産屋とチャットやLINEでやりとりできるので、対面だと相談しづらいことでも話しやすいです。ネットに掲載されない未公開物件も紹介してもらえます!

クレデンスの審査と契約に必要な書類

クレデンスの審査に必要な書類

本人確認書類
  • ・運転免許証
  • ・健康保険証
  • ・在留カード、特別永住者証明書(外国籍)
  • ・学生証(学生)

クレデンスの審査は、不動産屋から渡される申込書と本人確認書類があれば申し込めます。審査の状況に応じて、申込後に追加で書類を求められることもあります。

健康保険証を提出するときは数ヶ所マスキング処理が必要です。提出方法や追加で必要な書類があるときは不動産屋から案内されます。

豊田さんのアイコン 豊田
本人確認書類は基本的に入居者全員分が必要です。直近の源泉徴収票や給与明細3ヶ月分など、収入証明書も用意しておくとスムーズです。

職業などで追加書類を求められる

書類の内容
未成年 親権者同意書
自営業者 確定申告書、納税証明書など
内定者・転職者 内定通知書
生活保護受給者 保護決定通知書(受給額がわかるもの)
年金受給者 年金受給証明書(受給額がわかるもの)
無職 通帳コピー
夜職 通帳コピー

職業などの属性によっては追加で書類を求められます。申込時にない場合、2~3日以内の期日内に画像データで提出する流れが多いです。

期日を過ぎたり提出できない書類があると審査に落ちる確率が上がります。必要書類は管理会社によって違うので、候補物件が決まった段階で不動産屋に確認してください。

クレデンスの契約に必要な書類

申込者(借主)の必要書類
  • ・審査時に提出した書類のコピー
  • ・印鑑(認印、実印、銀行届出印など)
  • ・住民票の写し(取得3ヶ月以内の原本)
  • ・印鑑登録証明書(取得3ヶ月以内の原本)
  • ・車検証(駐車場を借りる場合)
  • ・予防接種の証明書(ペットを飼う場合) など
連帯保証人の必要書類(必要な場合)
  • ・本人確認書類(免許証、保険証など)
  • ・収入証明書(直近の源泉徴収票など)
  • ・実印(印鑑登録の印鑑)
  • ・印鑑登録証明書(取得3ヶ月以内の原本)
  • ・住民票の写し(取得3ヶ月以内の原本) など

クレデンスとの保証委託契約は、お部屋の契約手続きと同時に書類でおこないます。一般的な賃貸契約を結ぶときの必要書類をまとめたので参考にしてください。

連帯保証人を立てるときは審査の段階から連帯保証人の書類提出を求められます。印鑑証明など役所で取得するような書類は、通常は契約時に揃えれば問題ありません。

物件ごとに確認が必要な部分なので、不動産屋からの案内に沿って対応しましょう。用意が難しい書類があれば、前もって相談しておくと代わりの書類を案内してもらえます。

おすすめ関連記事
契約時の必要書類のイメージイラスト
賃貸契約の必要書類を手続きのステップごとに解説!
記事を読む ▶

クレデンスの審査日数は2~3日

クレデンスの審査は、書類に不備がなくスムーズに進めば2~3日で終わります。早いと即日で審査結果が出ることもあります。

申込書に未記入箇所が多かったり審査に必要な書類が足りないと、対応するまで日数が余計にかかります。

緊急連絡先や職場には電話がかかってくる可能性を伝えておきましょう。電話の本人確認や在籍確認は省略されることもありますが、実施するときは繋がるまで審査がストップします。

クレデンスの審査に通ったら管理会社と大家さんの審査に進みます。一般的な入居審査の流れは以下の記事で詳しく解説しています。

おすすめ関連記事
賃貸審査のイメージイラスト
賃貸の入居審査を通すコツをプロが徹底解説!
記事を読む ▶

クレデンスの保証料はいくら?

  1. 初回保証料
  2. 更新保証料
  3. 月額保証料

①初回保証料

クレデンスは初回保証料が総家賃の50%かかるパターンが多いです。総家賃とは、家賃や管理費(共益費)などの月額費用の合計額です。

初回保証料がいくらかかるのかは必ず物件ごとに確認しましょう。初回保証料が総家賃50%なら相場通りですが、物件によっては相場よりも高く設定されます。

②更新保証料

初回保証料として総家賃50%ほど払うプランでは、1年毎に1万円の更新保証料がかかるケースが多いです。

更新保証料が無料で、代わりに月額保証料が1~2千円かかるプランもあります。引き落とし手数料が毎月数百円かかるプランもあるので、細かい金額まで確認してください。

③月額保証料

月額保証料がかかるプランは長く住むほど負担が増えるので、長期的なコストを考えたほうが良いです。月額保証料が2千円で2年間住むとトータルで4万8千円です。

料金プランは物件や管理会社によって異なります。初期費用だけでなく、入居後にかかる費用まで納得したうえで申し込みましょう。

おすすめ関連記事
保証会社利用料って何?のイメージイラスト
賃貸の保証会社利用料の相場や安くする方法を解説!
記事を読む ▶

クレデンスの審査に落ちたときの5つの対処法

  1. 他の保証会社で再審査してみる
  2. 収入のある連帯保証人を立てる
  3. 親族に代理契約してもらう
  4. 諦めて他の物件に申し込む
  5. 引っ越しの時期を見直す

①他の保証会社で再審査してみる

クレデンスの審査に落ちたときは、他にも独立系の保証会社が使えないか不動産屋に確認してみてください。

他の独立系の保証会社で再チャレンジできれば審査に通る可能性があります。会社ごとに独自の基準で審査しているからです。

豊田さんのアイコン 豊田
家賃が高くないかなど、審査に落ちた原因を考えてお部屋を探し直すのが手っ取り早いです。クレデンスは他の保証会社に落ちたときの最後の砦としている物件が多いからです。

代表的な独立系の保証会社一覧

クレデンスと審査基準が同じくらいの、代表的な独立系の保証会社をまとめてみました。月の手取り3分の1までの家賃なら通常は審査に通ります。

審査に不安要素があって引っ越しが遅れると困る状況なら、不動産屋に独立系の保証会社が使える物件を2~3件ピックアップしておいてもらいましょう。

おすすめ関連記事
審査が甘い保証会社のランキングのアイキャッチ
賃貸の家賃保証会社で審査が甘いランキングTOP10!
記事を読む ▶

②収入のある連帯保証人を立てる

保証会社と連帯保証人どちらも必要なときの図解

連帯保証人を頼める親族
  • 1親等:両親、自分の子ども
  • 2親等:祖父母、兄弟・姉妹、孫

物件によっては、連帯保証人を立てる条件で審査に通してもらえます。保証会社を使ったうえで連帯保証人を立てれば、貸す側の滞納リスクは大幅に抑えられるためです。

入居者と同じく、収入面の審査があります。現役世代で収入の安定した1~2親等の親族に引き受けてもらえるように、あらかじめ相談しておきましょう。

豊田さんのアイコン 豊田
管理会社のルールでは、連帯保証人は3親等以内となっていることが多いです。実際は親等が近いほど審査に有利で、3親等離れている親族だと断られやすいです。

③親族に代理契約してもらう

代理契約の仕組み

「代理契約」とは、入居者とは別の人に契約してもらう方法のことです。入居者本人の名義だと審査に通らないときに有効な手段です。

代理契約者になれる条件は連帯保証人とほぼ同じです。大家さんの許可が必要なので、代理契約で進めたいときは不動産屋に必ず相談してください。

おすすめ関連記事
賃貸の代理契約のイメージイラスト
賃貸の代理契約に必要な条件や入居までの流れを解説!
記事を読む ▶

④諦めて他の物件に申し込む

契約者や保証会社を変えても審査に通らないなら、縁がなかったと考えましょう。審査の関係者が変われば、似たような条件の物件でも審査に通る可能性があります。

家賃を下げて探し直したほうが良い場合が多いです。収入に対して家賃が低いほど、審査には通りやすくなります。

アリバイ会社(在籍会社)は使ってはいけない

水商売などで審査に通りにくい人が、お部屋を借りるために「アリバイ会社(在籍会社)」を勧められるケースがあります。

架空の勤務先を用意して、ウソの収入証明書を発行する会社です。使ったのがバレると「虚偽申告」で審査に落ちます。

アリバイ会社の利用は絶対にやめましょう。入居後にバレて退去を求められたり、今後の審査に影響が出る恐れもあります。

おすすめ関連記事
アリバイ会社を使って賃貸契約は危険?のイメージイラスト
入居審査でアリバイ会社を使う危険性を解説!
記事を読む ▶

⑤引っ越しの時期を見直す

引っ越しの時期を見直せるなら6~8月の閑散期にお部屋を探すと良いです。閑散期に空室の物件は、条件を緩めてでも貸したいと思ってもらえる確率が上がります。

繁忙期の1~3月や9~10月は審査が厳しくなりやすいです。貸す側が入居者を厳選しても入居希望者が次々と現れるからです。

引っ越しの時期を変更できないときは、一旦は審査がゆるい物件に引っ越してお部屋探しを続けるのも手です。

おすすめ関連記事
不動産屋の繁忙期と閑散期のイメージイラスト
賃貸の繁忙期と閑散期・時期ごとのポイントを解説!
記事を読む ▶

クレデンスの審査に関するよくあるQ&A

クレデンスの審査は未成年でも通る?

クレデンスの基準を満たせば通ります。

未成年が申し込むときは法定代理人(親権者、後見人など)の同意書が必要です。書類は不動産屋から渡されたものを使いましょう。

最初から親族名義での代理契約を求められるケースが多いです。未成年は家賃滞納のリスクが高いと扱われるためです。

おすすめ関連記事
未成年で一人暮らしってできる?のイメージイラスト
未成年が賃貸で一人暮らしする方法を解説!
記事を読む ▶

▲よくある質問に戻る

クレデンスの審査は外国籍でも通る?

外国籍でも審査に通過できます。

クレデンスは国籍を問わず申し込みを受付しています。必要書類や緊急連絡先にルールがあるので早めに確認しましょう。

緊急連絡先として、母国の親族連絡先と日本在住の関係が近い人のどちらも必要になる可能性があります。

▲よくある質問に戻る

クレデンスの審査は水商売でも通る?

水商売でも審査に通過できます。

キャバ嬢や風俗嬢、ホストなどのナイトワークは、収入を給与明細などで示せば独立系の保証会社の審査には比較的通りやすいです。

管理会社や大家さんの審査に引っかかるケースが多いです。生活リズムの違いなどで住人同士のトラブルが起きやすいためです。

おすすめ関連記事
水商売の賃貸審査のイメージイラスト
水商売や夜職で家を借りるコツを解説!
記事を読む ▶

▲よくある質問に戻る

クレデンスの審査は無職でも通る?

家賃の支払い能力を示せれば通ります。

無職だと家賃を支払える根拠が薄いので、通帳コピーなどを見せて「預貯金審査」で進めることが多いです。

求職中で仕事が決まる見込みがあったり、年金受給者・生活保護者で収入があれば残高が少なくても審査に通る場合があります。

おすすめ関連記事
「無職で入居審査に通る預貯金はいくら?」のアイキャッチイラスト
無職が賃貸の預貯金審査に通るコツを解説!
記事を読む ▶

▲よくある質問に戻る

クレデンスはブラックリストでも通る?

ブラックリストでも2次審査に通過できる場合があります。

ブラックリストとは、借金などで信用情報に傷がある状態を指します。アプラスと提携したプランでは1次審査に落ちる可能性が高いです。

2次審査があるので、クレデンスと管理会社、大家さんに現在の支払い能力に問題ないと判断してもらえれば審査に通過できます。

おすすめ関連記事
入居審査に通るか不安な人のイラスト
ブラックリストでも入居審査に通るコツを大公開
記事を読む ▶

▲よくある質問に戻る

クレデンスの審査で電話は必ずある?

電話は省略されるケースがあります。

入居者と緊急連絡先(連帯保証人)の本人確認や、職場への在籍確認は省略されるケースがあります。

申込書などの提出書類で確認不要と判断できるときや、収入に対して家賃が高すぎて審査に落ちるときなどです。

▲よくある質問に戻る

クレデンスは落ちた理由を教えてくれる?

落ちた理由は一切教えてもらえません。

審査に落ちたときは、物件の家賃などの状況から落ちた理由を考えてお部屋を探し直す必要があります。

家賃が高めの物件に住みたいときや、過去に揉めた経験があるなど、審査に不安要素がある人は不動産屋に早めに相談しましょう。

おすすめ関連記事
賃貸の審査に通らない人 のアイキャッチ
賃貸の入居審査に落ちる理由を不動産屋が解説!
記事を読む ▶

▲よくある質問に戻る

クレデンスで家賃滞納するとどうなる?

支払いの催促の連絡があります。

滞納するとすぐ電話や郵送で確認があります。支払いが遅れると遅延損害金や手数料がかかるので、家賃は優先的に支払いましょう。

緊急連絡先(連帯保証人)にもすぐ連絡が入り迷惑がかかってしまいます。3ヶ月以上払わないと裁判の後に追い出される場合があります。

▲よくある質問に戻る

クレデンスの取り立ては怖いって本当?

状況と担当者によって変わります。

滞納の回数や長さによって取り立ての厳しさは変わります。1回目の滞納は確認程度でも、2回目以降は怒られる可能性が高いです。

どの保証会社も滞納が続けば対応は似たようなものです。不動産屋には、問題なく払える予算の希望に合う物件を見つけてもらいましょう。

▲よくある質問に戻る

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

お店に行かなくても「イエプラ」なら、チャットやLINEで希望を伝えてお部屋を探せます!

SUUMOやHOME'Sに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです。

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶ 無料でお部屋探しを始める
follow us in feedly
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について