auひかりの評判や口コミ!メリットデメリットなど全情報を大公開!

最終更新日:2021年06月11日
「auひかりの評判について」のアイキャッチ
藤本

大手プロバイダで営業を経験した後に、インターネットに特化したライターに転向した。専門的な内容を分かりやすく解説することが得意。

auひかりの回線速度は速いのか?料金はどれくらいなのか?など、選ぶべきか判断できる評判や口コミ、メリット・デメリットなどの情報をたっぷり掲載しています!

結論、auひかりはauのスマホユーザーにおすすめの光回線です。

auひかりがおすすめな人
  • ・回線速度にこだわりがある
  • ・auのスマホを使っている
  • ・他社からの乗り換えを検討している
  • ・引っ越しの頻度が少ない

ただし、auひかりには注意すべきデメリットが複数存在するのも事実です。メリットとデメリット双方を正しく理解しないと、契約後に後悔してしまう可能性があります。

そこで、本記事では、料金や速度といった項目ごとに、auひかりの特徴を分かりやすく解説していきます。auひかりと契約するか迷っている人はぜひ参考にしてください!

藤本さん
藤本

基本情報だけでなく、キャンペーン内容や、auひかりを最もお得に契約する方法について、どこよりも分かりやすく解説しています!

おすすめ人気記事

▶auひかりのキャンペーン徹底比較!代理店15社のキャッシュバック特典を解説!
▶auひかりのおすすめプロバイダは?全8社を徹底比較!【選び方】
おすすめの光回線7選!

auひかりとは

auひかり

auひかりはKDDIが提供している光回線サービスでありauのスマホユーザーにとっておすすめの光回線です。

auのスマホとセットで契約することで、毎月のスマホ代が安くなる「auスマートバリュー」という割引が使えるからです。スマホ1台につき、最大1,100円の割引が受けられます。

また、他にもKDDI独自の回線網を利用したサービスのため回線速度が速いという特徴があります。

独自の回線網とは、NTTのフレッツ光を利用していない光回線のことです。同じ回線の利用者が少ないため、速度の遅延が発生しにくいという強みがあります。

マンション月額 3,740~
5,720円
戸建て月額 1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
セット割対象 auユーザー
工事費 マンション:33,000円
戸建て:41,250円
※実質無料
最大速度 1Gbps
平均速度 369Mbps
プロバイダ 最大8社から選択
提供エリア マンション:全国
戸建て:一部地域
1番お得な
キャンペーンサイト
NNコミュニケーションズ
▶こちらをタップ

ただし、auひかりにはサービス提供エリアが狭く、契約できる地域が少ないというデメリットがあります。また、解約時にかかる費用が高額になりやすい点にも注意が必要です。

藤本さん藤本

auスマホとのセット割が使える光回線は他にもありますが、その中でも、auひかりは「回線速度」「月額料金」「キャンペーン」の3つを総合して、最も優れています。

auのスマホユーザーで、auひかりの提供エリア内に住んでいるのであれば、イチオシの光回線です。

auひかりの1番お得な申し込み窓口

auひかりは、代理店のNNコミュニケーションズから申し込むのが1番お得です。

NNコミュニケーションズのメリット

  • 最大52,000円のキャッシュバックが貰える
  • ②他社から乗り換えでキャッシュバック追加
  • ③他社の違約金を30,000円負担してくれる
  • ④開通工事費が実質無料になる

NNコミュニケーションズでの申し込みがお得な理由は、代理店の特典だけでなく、auひかり公式とプロバイダのキャンペーンも合わせて適用できるからです。

高額キャッシュバックに加え、他社の解約違約金を負担してもらえたり、開通工事費が無料になったりします。

また、NNコミュニケーションズは、利用者からの評判がとても良い代理店です。400人以上からレビューを投稿されており5点満点中4.7点の評価がついています。

auひかりの代理店NNコミュニケーションズのユーザーレビュー

評価が高い理由は、キャッシュバックの手続きが明解で、分かりやすいためです。auひかりを申し込むタイミングで口座情報を伝えるだけで、最短2ヶ月後にキャッシュバックが振り込まれます。

Webサイトに「開通したお客さまのキャッシュバック率100%」と載せているほど信頼できる代理店なので、おすすめです。

\52,000円キャッシュバック!/
NNコミュニケーションズの窓口

auひかりは評判が良いおすすめの光回線

口コミをする人たちのイラスト

auひかりの評判や口コミは非常に良い内容が多いです。また、当サイト「ヒカリク」が実施した独自評価においても5点満点中4.5点の高評価です。

総合評価
総合評価は良い

料金、回線速度、キャンペーン、開通までの流れの4項目でも評価しました!

料金の評価 料金は少し安い
回線速度の評価 回線速度は少し速い
キャンペーンの評価 キャンペーンの質は良い
開通までの流れの評価 開通までの流れはやや簡単

ただし、上述の総合評価は4項目の平均点ではないです。「スマホ割」や「サポートの良し悪し」といった、4項目以外の点も総合評価に含めています。

また、実際にauひかりの評判や口コミを調査した結果、auひかりには5つのメリットと4つのデメリットがあることが分かりました。

5つのメリット
  • ・独自回線のため回線速度が速い
  • ・auのスマホ料金が安くなる
  • ・乗り換え時に他社の違約金を負担してくれる
  • ・キャッシュバックが高額
  • ・プロバイダが8社から選べる
4つのデメリット
  • ・サービスを利用できるエリアが限定的
  • ・解約時の負担金額が多い
  • ・マンションは速度が遅い場合がある
  • ・プロバイダの変更ができない

ユーザーから高く評価されていたのは「速度が速い」「キャンペーンがお得」「スマホとのセット割が使える」という点です。

一方、ユーザからの不満は「提供エリアが狭い」「解約時の負担が多すぎる」という点に集中していました。

一言でまとめると、auひかりは、回線速度や料金といった基本サービスが高水準な反面、明確なデメリットも存在する光回線と言えます。

藤本さん 藤本

auひかりへの不満は、契約時と解約時に集中している一方で、料金や回線速度に対する不満はほとんどないです。

つまり、継続して利用し続けるのであれば、デメリットは発生しないとも言えそうです!

以下では、auひかりの回線速度や料金、キャンペーン内容について、項目ごとに詳しく解説していきます。

auひかりは回線速度の速さが魅力

PCゲームをやっている人のイラスト

auひかりは、光回線の中でもトップクラスの高速通信が期待できる光回線です。ユーザーからの回線速度に対する評価はとても高く、利用者の平均速度もかなり速いです。

下表は「みんなのネット回線速度」という、利用者の実際の回線速度を収集しているサイトを参考に、主な光回線ごとの平均速度を比べたものです。

同サイトのランキングでは、auひかりは光回線57社中5位の速さであり、非常に優秀です。

主要な光回線で比較した場合、上り、下り、応答速度の3項目でも、NURO光に次ぐ数値です。NURO光には及びませんが、auひかりは評判通り回線速度に優れていると言えます。

平均速度
(下り)
平均速度
(上り)
応答速度
auひかり 369Mbps 315Mbps 17.7ms
NURO光 459Mbps 436Mbps 12.0ms
ソフト
バンク光
242Mbps 170Mbps 19.9ms
ドコモ光 217Mbps 182Mbps 22.6ms
フレッツ光 220Mbps 187Mbps 22.6ms

※2021年1月5日時点で、直近3ヶ月で計測されたサンプルの平均値を紹介しています。

通信速度の「bps」とは

「bps」とは、1秒間に送信できるデータ量を表した値です。数値が大きいほど通信速度が速いです。

応答速度の「ms」とは

「ms」とは、1回のデータの送受信にかかる時間を表した値です。数値が低いほど応答が速いです。

光回線の「下り」「上り」とは

通信の向きを表す用語です。「下り=ダウンロード」「上り=アップロード」を意味しています。

関連記事

▶auひかりの回線速度や他回線との比較

速さの理由はKDDI独自の回線網を利用しているから

独自回線 VS NTT回線 なイラスト

auひかりの回線速度が速いのは、KDDIが独自の回線網を構築しサービスを提供しているからです。

光回線業者には、独立した回線を使っている「独自回線タイプ」と、NTT(フレッツ光)の回線網を使っている「光コラボタイプ」の2種類があります。

例えば、ドコモ光やソフトバンク光は光コラボタイプで、複数の会社で同じ回線網を使っています。回線業者の数が多い分、利用者が多く混雑しやすいため、速度が遅延しやすいです。

一方、auひかりは回線を共同利用していない独自回線タイプです。回線を利用できるのはauひかりの契約者だけなので、光コラボタイプのような回線混雑が発生しにくいです。

利用者数の違いは、日本における光回線契約のシェアを見れば一目瞭然です。

総務省」および「MM総研」の調査によれば、光回線契約のシェアは、NTT回線が約70%を占めています。この中にはドコモ光やソフトバンク光など、光コラボの利用者も含まれています。

光回線業者のシェア率

一方、auひかりのシェアは13%程度です。NTT回線と比べて、圧倒的にユーザー数が少なく回線が混雑しません。

速度遅延の原因である回線の混雑が発生しにくいので、常に快適な速度が期待できます。

auひかりのIPv6は回線速度には影響を与えない

auひかりでは、最新の接続方式であるIPv6に標準対応しています。ただし、auひかりの回線速度はIPv6を利用しても変わりません。

IPv6にすると速くなると言われる理由は、回線の混雑箇所を回避した通信方法を適用できるからです。つまり、独自回線で混雑しにくいauひかりには効果がないということです。

IPv6で速度が改善するのは、利用者が多く回線が混雑しやすい光コラボに限った話です。

先ほど説明したように、光コラボはNTTの回線設備を共同で利用しているので、回線の混雑が起こりやすいです。そのため、IPv6を使うと、速度が低下しなくなります。

関連記事

▶auひかりはIPv6が標準搭載!どんなメリットがあるか解説

藤本さん 藤本
評判や口コミだけでなく、実際の速度でもauひかりは優秀な光回線です。回線速度を求める人で、NURO光が提供エリア外だった場合にも、auひかりはおすすめできます!

auひかりの月額料金は他社と同水準

電卓を持った女の子のイラスト

auひかりの月額料金は、他の光回線と比べても平均的な金額です。メインの料金プランなら、戸建てが5,610円、マンションが4,455円で利用できます。

auひかりの月額料金を、ドコモ光・ソフトバンク光・フレッツ光といった大手回線業者と比べて、表にまとめました。各社ともに、金額に大きな差がないことが分かります。

マンション 戸建て
auひかり 4,455円 5,610円
ドコモ光 4,400円 5,720円
ソフトバンク光 4,180円 5,720円
NURO光 5,217円
フレッツ光
(プロバイダ料込)
4,708円 7,106円

基本料金に差はないですが、携帯の3大キャリアは、それぞれでスマホ料金が安くなる「セット割」を提供しています。

月々の支払いを抑えたい場合は、自分の使っているスマホと同じ回線業者を選ぶのがおすすめです。

他と比べて戸建て料金が安いNURO光は、提供エリアが狭い、対応しているマンションが少ないといったデメリットがありますが、回線速度には定評があります。

関連記事

▶auひかりの料金プランを詳しく解説!お得に契約する方法も紹介

戸建てのプランで1番おすすめなのはずっとギガ得プラン

戸建ての料金プランは、契約年数に応じて「ずっとギガ得プラン」「ギガ得プラン」「標準プラン」の3種類に分かれます。

3つの中でおすすめなのは月額料金が1番安いずっとギガ得プランです。下表に、ずっとギガ得プランの詳細をまとめてみました。

契約年数 違約金 月額料金
ずっと
ギガ得
プラン
3年 16,500円 1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目以降:5,390円

プランごとの違いは、契約年数、違約金、月額料金です。

ずっとギガ得プランは、契約年数が3年と長く、途中解約の違約金が16,500円と高額ですが、ずっと使い続ける分にはデメリットがありません。

また、契約年数に応じて月額料金が110円ずつ下がるのも特徴です。契約更新を経た4年目以降も220円の割引は継続し、月額料金は5,390円のままです。

ちなみに、auひかりの更新月は、契約満了の翌月と翌々月です。3年契約のずっとギガ得プランの場合は、37ヶ月目と38ヶ月目です。

ギガ得プランは2年契約で料金がずっと変わらない

ギガ得プランは、ずっとギガ得プランよりも月額料金が高い分、契約年数が2年と短く、途中解約の違約金も10,450円とやや安くなるプランです。

契約年数 違約金 月額料金
ギガ得
プラン
2年 10,450円 5,720円

標準プランにすると1,000円以上高くなる

標準プランは、契約年数の縛りや途中解約の違約金が発生しない唯一のプランです。しかし、ほかの2つのプランに比べて、月額料金が1,000円以上高くなります。

契約年数 違約金 月額料金
標準
プラン
なし なし 6,930円
藤本さん 藤本

ずっとギガ得プランの3年目以降の料金で比較すると、ドコモ光やソフトバンク光よりも約300円安くなります。

僅かな違いに見えますが、年間で3,600円近く変わってくるので、長期的に見ればかなりお得になります。

auひかりのマンションタイプは建物によって速度と料金が変わる

マンションに注目しているイラスト

auひかりをマンションで利用する場合、住んでいる建物の規模や設備によって最大速度と月額料金が変動します。

下表に、タイプごとの違いをまとめてみました。一見すると複雑ですが、どのタイプになるかは建物ごとにあらかじめ決まっているので、契約時に迷う心配はありません。

最大速度 月額料金
マンション・ギガ 下り:1Gbps
上り:1Gbps
4,455円
マンション・ミニギガ 下り:1Gbps
上り:1Gbps
5,500円
タイプG
(16契約以上)
下り:664Mbps
上り:166Mbps
4,180円
タイプG
(8契約以上)
4,510円
タイプV
(16契約以上)
下り:100Mbps
上り:35Mbps
4,180円
タイプV
(8契約以上)
4,510円
タイプE
(16契約以上)
下り:100Mbps
上り:100Mbps
3,740円
タイプE
(8契約以上)
4,070円
タイプF 4,290円
都市機構 4,180円
都市機構G 下り:664Mbps
上り:166Mbps
4,180円

住んでいる建物がどのタイプに該当するかは、公式サイトの「提供エリアの検索」から確認できます。

住所情報を入力すると、最終的に下図のようにタイプ名が表示されます。気になる場合は、契約前に確認しておきましょう。

auひかり提供エリア検索マンション対応エリアだった場合

速度や料金に差が出るのはマンション内の接続方式が違うから

マンション内の配線方式の図

最大速度や月額料金に差が出るのは、マンション内の接続方式が建物によって違うからです。接続方式は、大きく4種類に分けられます。

配線方式 最大速度
(上下)
特徴
光配線方式
(ギガ/ミニギガ)
1Gbps 最も速い方式。各戸まで光ファイバーケーブルでつなげる。
G.fast方式
(タイプG/都市機構G)
664Mbps
166Mbps
VDSL方式より速く、光配線方式より遅い。最新のモデムを使っている。
LAN配線方式
(タイプE)
100Mbps
100Mbps
建物の入り口から各戸までをLANケーブルでつないでいる。
VDSL方式
(タイプV/都市機構)
100Mbps
35Mbps
建物の入り口から各戸までを電話回線でつないでいる。

自分では選べませんが、auひかりのメリットである回線速度を最大限生かすなら、マンションギガ、ミニギガ、タイプG、都市機構Gが望ましいです。

その他のプランは最大速度が100Mbpsなので、利用者が少ない時間であっても100Mbps以上の速度は出ません。

ただし、もし100Mbpsのプランだったとしても日常利用でストレスを感じるほどの遅さではないです。

対人タイプのオンラインゲームを遊んだり、高画質の動画を再生する場合でも、100Mbpsほどの回線速度があれば十分だからです。

快適な回線速度の目安

快適な回線速度の目安は「ネットで何をするか?」によって異なります。

Googleのヘルプページ」の内容をもとに、必要な回線速度の目安を下表にまとめました。

何をするか 必要な回線速度
LINEやSNS 1Mbps
Webサイトの閲覧 3Mbps
YouTubeなどの動画を1本再生 5~10Mbps
複数のYouTube動画を同時再生 10~30Mbps
同時に複数端末でHD動画を再生 30~50Mbps
オンラインゲームやビデオ会議 50Mbps以上
4K動画再生や対人オンラインゲーム(FPSなど) 100Mbps以上

「LINEでメッセージを送る」「Webサイトを閲覧する」「YouTube動画を視聴する」といった、日常的なネットの使い方では100Mbpsもあれば十分な速度ということが分かります。

料金プランはお得プランかお得プランAを選ぶのがおすすめ

契約するタイプは選べませんが、料金プランは自分で選べます。2年間の契約期間を設ける「お得プラン」「お得プランA」と、期間の定めがない「標準プラン」から選択できます。

マンションタイプによって選べるプランは異なりますが、お得プラン、もしくはお得プランAにするのがおすすめです。2年契約になる代わりに、お得な特典が付くからです。

契約年数 対応タイプ
お得プラン 2年 タイプG
都市機構G
お得プランA 2年 マンション・ギガ
マンション・ミニギガ
タイプV
タイプE
タイプF
都市機構
標準プラン なし 全タイプ

お得プランとお得プランAは、マンションのタイプによってどちらを契約できるかが決まっています。一方、標準プランはどのタイプでも契約可能です。

お得プランとお得プランAの違いについて、さらに個別に解説していきます。

お得プランは月額料金が安くなる

お得プランは、2年間の継続利用を前提に月額料金が割引されるプランです。標準プランに比べて1,210円安くなるのでおすすめです。

ただし、契約更新月以外に解約やプラン変更をした場合、違約金として10,450円が請求されるので注意しましょう。

ちなみに、標準プランのほうがお得になるのは、契約や更新から9ヶ月以内に解約した時だけです。

お得プランAはおうちトラブルサポートが無料で使える

お得プランAは、月額440円の「おうちトラブルサポート」が無料で使えるプランです。

月額料金は標準プランと変わりませんが、本来有料のオプションが無料で使えるのでおすすめです。

おうちトラブルサポートとは、水回りのトラブル、鍵の紛失、エアコンの故障といったトラブルに緊急対応してもらえるサービスです。24時間利用可能で、回数制限もありません。

一方で、2年契約になるので、更新月以外の解約で7,700円の違約金が発生する点には気をつけましょう。

藤本さん 藤本

回線速度にこだわりがなければ、どのタイプになるかはあまり気にしなくていいです。

しかし、速度を理由に契約する場合、居住している建物がどのタイプに該当するか必ず押さえておきましょう。

特に「タイプV」は最大速度が低く、想定を大きく下回る速度しか出ない可能性が高いです。

auスマートバリューでauのスマホ料金が安くなる

auスマートバリューのイメージ画像

auユーザーがauひかりと契約した場合「auスマートバリュー」という割引を利用できます。

auスマートバリューとは、auのスマホやタブレットが、1台あたり毎月最大1,100円安くなる割引サービスです。自分以外の家族も対象となり、最大10回線まで割引が受けられます。

特に、スマホとタブレットを両方持っている、家族全員がauのスマホを使っている、という場合は、月々の負担をより減らせます。

割引額は、契約しているスマホのプランによって以下のように変わります。

割引額
使い放題MAX 5G/4G -1,100円
使い放題MAX 5G/4G
テレビパック
使い放題MAX 5G/4G
Netflixパック(P)
使い放題MAX 5G
ALL STAR パック
使い放題MAX 5G
with Amazonプライム
タブレットプラン20
ピタットプラン 5G
(1~7GB)
-550円
※1GB以下は対象外
ピタットプラン 4G LTE
(1~7GB)
ピタットプラン 5G(s)
(2~20GB)
-550円
※2GB以下は対象外
ピタットプラン 4G LTE(s)
(2~20GB)
過去の契約プランの割引額はこちら
割引額
新auピタットプラン
(1~7GB)
-550円
※1GB以下は対象外
データMAX5G
ALL STARパック(P)
-1,100円
データMAX5G
ALL STARパック
データMAX5G
テレビパック
データMAX5G
with Amazonプライム
データMAX5G
Netflixパック(P)
データMAX5G/4G LTE
Netflixパック
データMAX5G/4G LTE
auデータMAXプラン
Netflixパック
auデータMAXプランPro
auフラットプラン25
NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン
7プラスN
auデータMAXプラン
auフラットプラン30
auフラットプラン25
Netflixパック
auフラットプラン20
タブレットプラン20
auフラットプラン
7プラス
auフラットプラン5
(学割用)
auピタットプランN(s)
(2~20GB)
-1,100円
※2GB以下は-550円
※1GB以下は対象外
auピタットプラン
(2~20GB)
auピタットプラン(s)
(2~20GB)
データ定額1 -1,027円(2年間)
※3年目以降-550円
データ定額2/3 -1,027円
データ定額3cp
ジュニア
スマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp
U18データ定額20 -1,551円
データ定額5/8/20 -1,551円(2年間)
※3年目以降-1,027円
データ定額5cp
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
データ定額10/13/30 -2,200円(2年間)
※3年目以降-1,027円
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i) -1,100円
LTEフラット
for DATA (m)
-1,551円(2年間)
※3年目以降-1,027円
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)

割引の適用条件は、以下の2つです。

適用条件

  • ・auひかり電話に加入する
  • ・サービス利用の申し込みをする

auひかり電話は月額550円の有料オプションですが、加入して損をすることはありません。auスマートバリューを適用すれば、最低550円の割引が受けられるからです。

また、auひかりに申し込むだけでは割引は適用されません。auスマートバリューへの申し込みも必要なので、手続きを忘れないようにしましょう。

手続きする方法はいくつかありますが、WEBの「My au」から手続きするのが簡単でおすすめです。

関連記事

▶auスマートバリューの適用条件や割引額の詳細

Wi-Fiも無料で使えるようになる

auスマートバリューを適用すると、スマホ代が安くなる以外に、Wi-Fi機能(無線LAN)が無料で使えるようになります。

auひかりでWi-Fi機能を利用するには、月額550円の有料オプションに加入するか、市販のルーターを購入する必要があります。

ただし、auスマートバリューを適用することで、オプション代を永年無料にできます。

スマホ料金とは別に、年間の出費を6,600円も抑えられるので、とても嬉しい特典ですね。

藤本さん 藤本

例えば、5人家族で全員がauのスマホを利用している場合、最大で5,500円の割引になります。

Wi-Fi機能の分も合わせると、年間で72,600円も安くなるので、割引によるメリットは非常に大きいですね。

格安プランのpovoは割引対象外

auが2021年3月23日からサービスを開始した「povo」は、残念ながらauスマートバリューの対象外です。

そのため、auからpovoに変更すると、auスマートバリューも自動的に解除されてしまいます。当然ですが、スマホ料金の割引や、Wi-Fiオプションの無料特典がなくなる点に注意しておきましょう。

とはいえ、元々の月額が2,728円という破格の安さので、割引が無くなっても安くなるケースが多いです。

関連記事

▶povoはauスマートバリューが適用されない!おすすめの光回線を解説!

サービス提供エリアが限定的で利用できない場合がある

auひかりのホームタイプの提供エリアの図

回線速度に優れたauひかりですが契約できるエリアが限定されているという大きなデメリットがあります。

エリアについては、契約プランが戸建てかマンションかによって変わります。マンションは全国で契約できますが、戸建ては一部地域しか契約できません。

下表は、auひかりの戸建てプランの提供エリア外地域を一覧にまとめたものです。

関西 大阪/京都/兵庫/和歌山/奈良/滋賀
中部 静岡/愛知/岐阜/三重
沖縄 沖縄

残念ながら、関西、中部地方と沖縄では対応していません。また、たとえエリア内の地域だったとしても、市区町村によっては提供エリア外となる場合があります。

関連記事

▶auひかりの対応エリア一覧

auひかりの提供エリアの確認方法

auひかりの提供エリアを詳しく確認するには、公式サイトにある提供エリアの検索ページを使います。

以下で提供エリアの検索用ページを用意したので活用してください。

提供エリア検索ページ

▶auひかりの提供エリア検索はこちら

上記リンク先では、auひかりが契約できるかどうか調べられます。

エリア外だった時のおすすめ回線

au系列の光回線と日本地図

auひかりがエリア外の場合は、auスマートバリューが使える光回線の中から契約先を選ぶのがおすすめです。セット割の有無で、毎月の出費が大きく変わってしまうからです。

以下、おすすめの回線を地域別にまとめてみました。気になる回線があれば確認してみてください!

※回線名をクリックすると、各回線の解説記事にジャンプします。

回線名 サービス提供地域
ソネット光プラス 日本全国
eo光 関西
(大阪/京都/兵庫/和歌山/奈良/滋賀)
コミュファ光 中部
(静岡/愛知/岐阜/三重)
メガエッグ光 中国
(広島/岡山/山口/島根/鳥取)
ピカラ光 四国
(香川/愛媛/徳島/高知)
BBIQ光 九州
(福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島)
auひかりちゅら 沖縄

上表のうち、ソネット光プラス以外は各社の独自回線を使っています。回線速度を求める場合におすすめできる光回線です。

一方、ソネット光プラスはNTTの回線網を利用した「光コラボ」です。速度は独自回線に劣りますが、全国ほとんどの地域で利用できます。

auひかりちゅらについて

auひかりちゅらは、KDDIグループの沖縄セルラー電話株式会社が提供している沖縄限定の光回線サービスです。

月額料金は、戸建てが5,610円で、マンションが3,630円または4,290円です。auひかりと同様、マンションの料金は住んでいる建物の設備によって決まります。

沖縄に住んでいる場合は、auひかりではなく、auひかりちゅらになるので、auひかりを使いたい場合は検討してみてください。

今後のエリア拡大は見込めない

auひかりの提供エリア外である、関西・中部・沖縄へのエリア拡大は、今後も見込めない可能性が高いです。

見込めない理由は、auひかりを運営するKDDIと、各地方回線のeo光、コミュファ光、auひかりちゅらが業務提携をしているからです。

つまり、提携先との競合を避けるため、auひかりの提供エリアは意図的に限定されているという訳です。

エリア内でも建物によっては契約できない

エリア内の建物でも、auひかりを契約できない場合があります。auひかりはエリア内の全域をカバーしているわけではないからです。

また、マンションやアパートなどの集合住宅は設備が整っていないと契約不可です。

集合住宅に設備がないと、auひかりと契約するのはかなり厳しいです。賃貸物件の設備は、入居者1人の都合では導入できないからです。

ただし、一定の条件を満たせば、戸建て用のプランで契約できる可能性があります。

集合住宅で戸建て用のプランを契約する条件

4戸以下の小さなアパート

集合住宅で、戸建て用のプランを利用するには、以下の3つの条件をクリアする必要があります。

  1. ①3階建て以下の集合住宅であること
  2. ②ホームタイプの提供エリア内であること
  3. ③管理会社や大家から工事の許可がおりること

①②の条件は住んでいる環境により自動的に決定しますが、③は別です。

せっかく導入できる環境が整っていたとしても、このように許可が下りず断念するケースも多いです。

許可が下りない理由としては「建物に傷がつくこと」や「住んでいる他の住人に迷惑がかかること」といった理由が多いようです。

藤本さん 藤本

回線速度の品質が高い分、契約できるエリアが限定されてしまうのが、独自回線タイプのデメリットです。

auひかりは、独自回線タイプの中で最も広いエリアをカバーしていますが、それでも物足りないという印象ですね。

auひかりは解約時の負担金額が多くなる可能性がある

請求額が高い!なイラスト

auひかりは、解約時にかかる費用が高額になる可能性があるため注意が必要です。

具体的には、解約のタイミングや料金プランによって、以下の①~③の総額が一括請求されてしまいます。

解約時の負担内容
  • ①違約金
  • ②開通工事費の残債
  • ③撤去工事費

ただし、このように70,000円もの負担が発生することもあれば、0円で済ませることもできます。言い換えれば、負担が発生する理由をしっかり把握さえすれば、余計な出費は抑えられます。

以下では、①~③が発生する理由と金額について、詳しく解説していきます。

①違約金は更新月以外の解約で発生する

契約の更新月以外に解約する場合、以下の通り7,700~16,500円の違約金が発生します。

プラン 違約金
戸建て ずっと
ギガ得プラン
16,500円
ギガ得プラン 10,450円
マンション お得プラン 10,450円
お得プランA 7,700円

auひかりの契約更新月は、契約期間が終了した後の翌月と翌々月の2ヶ月間です。戸建てなら37~38ヶ月目、マンションなら25~26ヶ月目です。

更新期間は毎月の請求書、もしくは「My au」から確認できるため、更新期間が分からない場合は必ず確認しておきましょう。

②工事費の残債は解約する時期で決まる

auひかりの工事費は、戸建てが41,250円で、マンションが33,000円です。

それぞれ60ヶ月と24ヶ月の分割で支払うため、解約時に支払いが完了していないと残りの支払い回数分の費用が一括で請求されます。

下表に、利用年数ごとの工事費の残債をまとめてみました。

戸建て マンション
1年目
(12ヵ月目)
33,000円 16,500円
2年目
(24ヵ月目)
24,750円 完済
3年目
(36ヵ月目)
16,500円
4年目
(48ヵ月目)
8,250円
5年目
(60ヵ月目)
完済

戸建ての場合は、5年間継続しないと工事費の支払いが終わりません。

キャンペーンによって実質無料となっている場合も残債は請求されます。auひかりを解約する場合は、工事費の残債がそれくらいあるのかしっかり確認しておきましょう。

③撤去工事費は戸建てなら必ず支払う

戸建てプランの「ホームタイプ」のみ解約時に31,680円の撤去工事費が発生します。撤去工事費は①~②とは異なり、解約タイミングに関わらず支払いが発生します。

戸建てプランの契約をする場合、解約時に必ず支払いが発生するため、契約時点であらかじめ認識しておきましょう。

引っ越し先で継続利用するなら負担はかからない

請求額が高い!なイラスト

引っ越し先でもauひかりを継続利用する場合に限り、上述の①~③の負担が実質無料になります。また、移転先の工事費も、新規契約と同様に実質無料になります。

ただし、引っ越し先が提供エリア内であることが免除条件です。

継続して使うには、契約しているプロバイダから移転手続きを実施するだけです。簡単に手続きも終わるため、継続利用したい場合は忘れないようにしましょう。

移転手続き

auひかりの引越し方法は、契約しているプロバイダから手続きをするだけです。プロバイダごとの連絡先を下表にまとめたので、参考にしてください。

連絡先
GMOとくとくBB 0570-045-109
So-net 0120-80-7761
BIGLOBE 0120-86-0962
au one net 0077-7063
@nifty 0570-03-2210
@TCOM 0120-805633
DTI 0570-00-4740
Asahiネット 0120-577-108

どのプロバイダの場合でも、引越し手続きから引っ越し先での利用開始までには時間がかかります。引っ越し日が決まり次第、前もって手続きを済ませておくようにしましょう。

藤本さん 藤本

auひかりの提供エリアは限定的なので、引っ越し頻度が多い場合は、別の光回線を検討するのも1つの手です。

その場合、他社の違約金を負担してくれる光回線に乗り換えるのがおすすめです!例えば、同じau系列なら、eo光やコミュファ光は違約金負担のキャンペーンがあります。

プロバイダが8社から選択できる

プロバイダの役割の解説

auひかりでは、以下の8社から好きなプロバイダを選択できます。

プロバイダ一覧
  • @nifty、So-net、BIGLOBE、GMOとくとくBB、@TCOM、DTI、Asahiネット、au one net

特徴として、どのプロバイダを選んでも料金や基本サービス面に大きな違いはないです。ただし、選んだプロバイダによって、受けられる特典が大きく異なります。

次の項目で詳しく説明しますが、auひかりは申し込み窓口ごとに独自のキャンペーンを開催しています。

どの窓口から申し込むかによって、得られる金額が数万円単位で変わるため、最もお得な窓口から申し込むのが重要です!

藤本さん 藤本
auひかりをお得に利用できるかは、どの窓口から申し込むかによって決まります。次の項目でどこが1番お得なのか詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください!

auひかりはキャンペーンが豊富で内容もお得

キャッシュバックがもらえて嬉しい女性のイラスト

auひかりのキャンペーン内容は種類が多く、どれも非常にお得です。キャンペーンの中でも、特にメリットの大きなものは、以下の2つです。

キャンペーン内容
  • ・代理店の独自キャッシュバック
  • ・工事費実質無料キャンペーン

特に重要なのは代理店の独自キャッシュバックです。なぜなら、申し込む窓口によって金額や条件が全く異なるからです。

一方で、工事費実質無料キャンペーンは、ほとんどの窓口で適用できます。

以下では、各キャンペーンの内容と、おすすめの申し込み窓口について紹介していきます。

1番おすすめの窓口はNNコミュニケーションズ

auひかりでは、代理店ごとに条件の異なるキャッシュバックを実施しているため、内容をしっかりと比較することが重要です。

結論として、auひかりで1番おすすめの申し込み窓口は、代理店の「NNコミュニケーションズ」です。

おすすめする理由は、キャッシュバック金額が高いだけでなく、受け取りまでも短期間で済むからです。

以下、auひかりの主な窓口のキャッシュバック金額や条件を比較してみました。キャッシュバックが分割でもらえる窓口は、1回目と2回目の受取時期を記載しています。

キャッシュバック 受取時期
NNコミュニ
ケーションズ
52,000円 1ヶ月後
2ヶ月後
GMO
とくとく
BB
61,000円 12ヶ月後
24ヶ月後
BIGLOBE 55,000円 11ヶ月後
24ヶ月後
@TCOM 45,000円 7ヶ月後
アシタクリエイト 45,000円 1ヶ月後
DTI 38,000円 13ヶ月後
@nifty 30,000円 12ヶ月後
24ヶ月後
au one net 10,000円 4ヶ月後
ASAHIネット なし なし

比較してみると、最もキャッシュバックが多いのはプロバイダのGMOとくとくBB、次いでBIGLOBEです。

しかし、どちらもキャッシュバックが全額もらえるまでに2年かかるので、手続きを忘れてしまうリスクがあります。

一方、NNコミュニケーションズでは、最短で申し込みから2ヶ月後に全額もらえます。短期間で受け取れるので、確実にキャッシュバックがもらえます。

NNコミュニケーションズのキャッシュバック率

実際に東京商工リサーチが調査した結果によると、2019年1月~12月の期間内で、NNコミュニケーションズのキャッシュバック率は96.8%と、非常に高い調査結果が出ています。

高額キャッシュバックを確実に受け取りたい場合は、代理店NNコミュニケーションズから申し込みましょう。

プロバイダは@niftyがおすすめ

NNコミュニケーションズから申し込むと、7社のプロバイダから好きな会社を選択できます。

しかし、契約するなら@nifty、So-net、ビッグローブの3社から選びましょう。他のプロバイダを選択すると、もらえるキャッシュバック金額が少なくなってしまうからです。

平均速度 キャッシュバック
@nifty 下り:378Mbps
上り:298Mbps
最短2ヶ月
So-net 下り:373Mbps
上り:314Mbps
最短4ヶ月
ビッグローブ 下り:383Mbps
上り:276Mbps
最短3ヶ月

上記の中でも@niftyが最もおすすめです。キャッシュバックが最短2ヶ月で受け取れるからです。

また、肝心の回線速度も、他社と比べて遜色ない速度が出ているので、快適にインターネットが利用できます。

\52,000円キャッシュバック!/
NNコミュニケーションズの窓口

工事費はほとんどの窓口で無料になる

NNコミュニケーションズを含めて、ほとんどの場合で工事費は実質無料になります。

適用条件も簡単で、マンションならauひかりに申し込めば自動的に適用されます。戸建ての場合は、auひかり電話に申し込むだけです。

窓口の中で、So-netとAsahiネットのみ工事費の自己負担が発生します。この2社にだけは注意しましょう。

藤本さん 藤本

申し込み窓口を決める際は、キャッシュバックの金額だけでなく、いつまでに受け取れるか、手続きは簡単か、といった内容も考慮するのが重要です。

NNコミュニケーションズなら、誰でも確実にキャッシュバックがもらえるので、契約して後悔する可能性もかなり低いです!

他社からauひかりへ乗り換えた際にかかる費用を30,000円まで負担してくれる

プロバイダや代理店が実施しているキャンペーン以外に、auひかりが公式で実施しているキャンペーンもあります。

それが、他社からauひかりに乗り換えた際に発生した費用を還元してくれる「auひかり新スタートサポート」です。

具体的には、違約金や工事費の残債などが最大30,000円までキャッシュバックされます。

また、同時にauスマートバリューを2回線以上新規で適用すると、1回線につき最大10,000円(1,000円×最大10ヵ月)が追加還元されます。

キャンペーン適用に必要な4つの条件

auひかり新スタートサポートの適用条件は、以下の4つです。

  • ・契約から12ヶ月以内に必要書類を送付する
  • ・auひかり電話に加入する
  • ・電話オプションパックに加入する
  • ・一定期間は継続利用する

少々面倒ですが、キャンペーンのメリットは大きいので、頑張って手続きをしましょう。

契約から12ヶ月以内に必要書類を送付する

1つ目の条件は、auひかりの契約から12ヶ月以内に必要書類を送付することです。

必要なのは「スタートサポート共通申請書」と「他社の解約費用が記載された請求書」です。

共通申請書はauひかりの「公式サイト」から入手できるので、印刷して必要事項を記入しましょう。また、請求書は他社回線の解約時に受領してください。

書類が揃ったら、以下に記載の住所に郵送してください。

必要書類の送り先

〒859-3226
長崎県佐世保市崎岡町2720-8
佐世保情報産業プラザ 株式会社KDDIエボルバ気付
KDDI株式会社 KDDI開通センター 行

auひかり電話に加入する

2つ目の条件は、auひかり電話への加入です。

月額550円のオプションですが、様々な特典を受けるための条件になっています。固定電話が不要だとしても、auひかりを契約するなら必ず加入すべきです。

電話オプションパックに加入する

3つ目の条件は、電話オプションパックへの加入です。

電話オプションパックとは、auひかり電話に様々な機能を追加するオプションです。

電話をかけてきた相手の番号を表示する「発信番号表示」機能や、番号の通知/非通知が設定できる「番号通知設定」機能といったサービスが利用できます。

オプション料金は契約プランによって異なります。詳細は以下の通りです。

料金
戸建て 759円
マンション
(タイプG/都市機構G)
マンション
(上記以外)
550円
藤本さん 藤本
固定電話を使わないなら、オプションパックは不要なサービスです。使わないサービスに料金を払う必要はないので、キャッシュバックを受け取ったらすぐに解約しましょう。

一定期間は継続利用する

最後の条件は、戸建てなら3年、マンションなら2年間は継続利用することです。

契約期間満了前に解約した場合、戸建てなら11,000円、マンションなら7,700円のキャンペーン違約金が発生するので気をつけましょう。

キャンペーン違約金は、通常の解約費用とは別に請求されます。そのため、更新月以外で解約するとキャンペーン違約金と解約費用がかかります。

キャンペーン対象外の光回線がある

auひかりで違約金を負担してもらえる回線業者はKDDIと提携していない会社のみです。

以下の光回線から乗り換える場合、auひかり新スタートサポートは使えません。

違約金負担の対象外になる光回線
  • auひかりちゅら、コミュファ光、eo光、ピカラ光、メガエッグ光、BBIQひかり、ビッグローブ光、So-net 光プラス、@nifty光、@TCOMヒカリ、ひかりゆいまーる、エディオンネット

上記のうち、@niftyと@TCOMヒカリは、auスマートバリューが使えるコースでなければ違約金負担を受けられます。

還元金額は契約内容によって異なる

auひかり新スタートサポートのキャッシュバック金額は、auひかりの契約プランやプロバイダによって変動します。下表で金額をまとめたので参考にしてください。

戸建て マンション
GMO
とくとく
BB
最大30,000円 最大10,000円
+
月額割引
1,000円 × 20ヵ月
So-net
BIGLOBE
@TCOM
au one net
@nifty
DTI 最大15,000円
Asahi
ネット

戸建ての場合は、一括で最大30,000円がキャッシュバックされます。

一方、マンションの場合はキャッシュバックと月額料金の割引に分割されます。キャッシュバックの上限は10,000円で、上限を超えた分は月額割引として還元される仕組みです。

藤本さん 藤本

違約金を負担してくれる光回線は少ないので、auひかりに乗り換えをするならぜひ利用しましょう。条件や手続きが少し大変ですが、その分メリットはとても大きいです。

auひかりは解約しない限りプロバイダの変更ができない

auひかりでは、一度契約をしてしまうと、解約しない限りプロバイダの変更ができません。

どうしても変更したい場合は、auひかりを解約したうえで、新規で契約をする必要があります。しかし、契約の更新月以外で解約する場合は、先ほどの違約金が発生します。

解約する際はプロバイダに連絡が必要

auひかりを解約する場合は、契約しているプロバイダに連絡する必要があります。プロバイダを解約すれば、自動的にauひかりも解約になります。

プロバイダごとの連絡先は下表の通りです。

連絡先
GMOとくとくBB 0570-045-109
So-net 0120-80-7761
BIGLOBE 0120-86-0962
au one net 0077-7068
@nifty 0570-03-2210
@TCOM 0120-805633
DTI 0570-004-740
Asahiネット 0120-577-108
藤本さん 藤本

auひかりは、プロバイダによって料金やサービス面の違いがほとんどないため、よっぽどの事情がない限り変更はおすすめしません。

変更に伴い発生する手間と費用は軽くないため、契約時にしっかりとプロバイダも吟味しておきましょう。

auひかりへ申し込む前に知っておきたい4つの注意点

メリットとデメリット以外に、auひかりには申し込む前に知っておきたい4つの注意点があります。

  • ①悪質な代理店がある
  • ②通信障害が発生する
  • ③問い合わせても電話が繋がりにくい
  • ④速度制限がかかる場合がある

「そんなにあるの!?」と驚いたかもしれませんが、この4つはauひかりだけではなくほかの光回線にも共通している内容が多いです。

それでは、4つの注意点について個別に解説していきます。

①悪質な代理店がある

auひかりは代理店間の競争が激しい分、中には悪質な方法で勧誘してくる代理店があります。Twitter上にも、悪質や詐欺まがいの勧誘を受けたという人がチラホラいました。

代表的な手口としては「超高額なキャッシュバック」を謳い文句にしつつ、詳細の説明を省いたり、しれっと有料オプションを付けたりすることがあります。

勧誘がしつこい時の対処方法

あまりにも勧誘電話がしつこいようであれば「勧誘停止登録」をしましょう。

登録方法は、以下に記載の番号に連絡のうえ「電話やネット回線の契約者名」と「営業電話の番号を市外局番から」伝えるだけです。

auひかりの勧誘停止登録窓口

  • ・連絡先:0077-777 または 0120-22-0077
  • ・営業時間:9:00~20:00 (土日祝日も受付)

②通信障害が発生する

回線速度の評判が良いauひかりですが、一方で「通信障害が起きて困る」という声も見受けられます。

主な通信障害の原因は、auひかりやプロバイダの設備故障やケーブルの断線などです。ただし、これらの障害はどの光回線でも発生する可能性があります。

もし、急にネットが使えなくなった場合は「auひかり障害・メンテナンス情報」を確認してみましょう。

藤本さん 藤本
一見すると障害が多い印象を受けますが、大規模なエリアの詳細はほとんどありません。かなり限定された地域で起こることが多いので、あまり気にする必要はないでしょう。

③問い合わせても電話が繋がりにくい

auひかりに対しては「困った時に電話しても繋がらない」という不満も寄せられています。

当然かもしれませんが、土日や営業終了時間の間際、通信障害が発生した時などは、とくに窓口が混み合う傾向にあります。

もし、急ぎの要件でなければ「チャットでの問い合わせ」を利用してみましょう。

利用方法は「auひかりの公式サイト」にアクセスし、画面右側に表示されるチャットのポップアップをクリックするだけです。(下図参照)

auひかりのチャット利用方法

オペレーターと繋がったら、チャットに質問したい内容を入力してください。チャットでのサポート対応時間は、年中無休で10:00~22:00までです。

22時まで対応しているので、夜の遅い時間に何か聞きたいことがあっても安心ですね。

④速度制限がかかる場合がある

auひかりでは「1日あたり30GB以上のデータを継続的に送信している」場合に速度制限の対象となります。

ただし、この制限はあくまでアップロード通信に限った話であり、サイトの閲覧や動画視聴に使うダウンロード通信はいくら利用しても制限の対象ではないです。

公式サイトでは、30GBの使用例として「DVDディスク(4.7GB):6枚以上」「高画質写真(約6MB)を約5,000枚以上」をアップロードした場合を挙げています。

ほとんどの利用者は、30GBを超過するようなことにはならないので安心してください。

藤本さん 藤本
冒頭にも述べましたが、解説した4つの注意点は、ほかの光回線にも当てはまる内容が多いです。auひかりに限った話ではないので、その点は間違えないようにしてください。

NNコミュニケーションズ経由でauひかりに申し込んでから開通するまでの流れ

ここからは、実際にNNコミュニケーションズ経由でauひかりに申し込んでから、回線が開通するまでの流れについて詳しく解説します。

また、キャッシュバックの受け取り手順についても併せて記載しています。

申し込みから開通までの流れ
  1. ①WEBからauひかりに申し込む
  2. ②電話による工事日の調整
  3. ③郵送物の受け取り
  4. ④工事完了後に利用開始
  5. ⑤キャッシュバックの受け取り方法

申し込みからインターネットが開通するまでは、目安として1ヶ月程度かかります。

また、3~4月といった引っ越しシーズンは工事希望が殺到するため、さらに時間がかかる可能性があります。

申し込んだらすぐ使えるわけではないため、利用日が決まっている場合は、早めに申し込んでおくのをおすすめします。

①WEBからauひかりに申し込む

NNコミュニケーションズの「WEBサイト」からauひかりに申し込みます。電話での申し込みも可能なので、好きな方法を選んでください。

WEBサイトから申し込む場合は、画面右上の「WEBで申し込み」ボタンをクリックして申し込み手続きを開始しましょう。

NNコミュニケーションズの申し込み窓口

続いて、申し込みに必要な個人情報・連絡希望日を入力します。

NNコミュニケーションズの申し込み手順①

全ての必須項目が入力出来たら、ページの一番下にある「確認画面へ」という緑のボタンを押してください。

ボタンを押すと、入力した項目の確認画面に移るので、もう一度間違いがないか確認してください。問題がなければ、最下部にある「送信する」というボタンを押しましょう。

以上で、WEBでの手続きは終了です。

②電話による内容確認と工事日の調整

WEBサイトから申し込むと、後日電話がかかってきます。連絡先と日時は申し込む際に指定できます。

注意点として、電話は合計で2回かかってくることを認識しておきましょう。

1回目の電話は、NNコミュニケーションズからかかってきます。

この電話では、入力した契約者情報の確認と、料金プランやキャンペーンの説明があります。サービス面での疑問があればこのタイミングで解決しましょう。

また、キャッシュバックの手続きも同じタイミングで実施します。オペレーターから口座番号を聞かれるので、口頭で番号を伝えましょう。

次に、KDDIから2回目の電話がきます。

2回目の電話の内容は、工事日程の調整です。開通工事には立ち会いが必要なことがあるため、都合の良い日程で調整しましょう。

③郵送物の受け取り

工事日の調整完了から工事日を迎えるまでの間に、KDDIから以下の郵送物が届きます。

  • ・ご利用開始のご案内
  • ・宅内機器(ホームゲートウェイ)

宅内機器は、インターネットを利用するうえで必要不可欠なものです。この機器がないと工事が終わってもインターネットに接続できないので、忘れずに受け取りましょう。

④工事完了後に利用開始

ここまでくれば、あとは調整した工事日を迎えるだけです。開通工事が完了後、受け取った宅内機器を設置すればインターネットが使えます。

なお、auひかりの工事は、屋外・宅内の両方の工事になるため、全部で1~2時間ほどかかります。その間は立会いが必要なので、当日は時間を空けておきましょう。

以上で、開通までの手続きは終了です。

auひかりに関するよくある質問

最後に、auひかりに関してよくある質問をまとめてみました。ここまでで紹介できなかったオプションや、各種連絡先について記載しているので、ぜひ参考にしてください!

  • ・5Gや10Gプランの詳細は?
  • ・auひかりの初期費用ってどれくらい?
  • ・auひかりの電話サービスは?
  • ・auひかりのテレビサービスってどう?
  • ・auひかりで選べるオプションは?
  • ・auひかりの問い合わせ先って?
  • ・速度が遅い時はどうしたらいいの?

5Gや10Gプランの詳細は?

auひかり「ホーム10ギガ」「ホーム5ギガ」のイメージ画像

auひかりには、最大速度が5Gbps・10Gbpsもある超高速プランがあります。関東の一部地域でのみ提供されている戸建て用のプランで、さらに快適な通信環境を用意したい場合におすすめです。

通常の1Gプランと同様に、ずっとギガ得プラン、ギガ得プラン、標準プランの3種類の料金プランがあります。

5G 10G
ずっと
ギガ得プラン
5,390~
5,940円
6,248~
6,798円
ギガ得プラン 6,270円 7,128円
標準プラン 7,480円 8,338円

どちらも通常プランより高額ですが、利用者の速度方向を見る限り、桁違いの回線速度が出るようです。

さらに詳しい情報を知りたい場合は、以下の記事を参考にしてください。

関連記事

▶5G・10Gプランの料金や速度の全情報まとめ

auひかりの初期費用ってどれくらい?

auひかりは、契約時に以下の初期費用がかかります。

マンション 戸建て
契約事務手数料 3,300円
初期費用
(工事費含む)
33,000円 41,250円
合計 36,300円 44,550円

土日休日に工事する場合は、上記に加えて3,300円かかります。

ただし、工事費についてはほとんどのケースで実質無料になります。そのため、初期費用は3,300円で済むことが多いです。

auひかりの電話サービスは?

auひかりには「auひかり電話」という月額550円のオプションがあります。

auひかりに限ったことではないですが、光電話サービスの月額料金は、従来のアナログ電話に比べてかなり安いです。

一般的に、アナログ電話の月額料金は1,700円程度です。そのため、光電話に変えるだけで、毎月約1,150円も安くなります。加えて、通話料金も安くなるというおまけつきです。

また、auひかり電話は、auスマートバリューや工事費無料といったキャンペーンを適用するための条件にもなっています。

固定電話が必要ない人であっても、必ず申し込むようにしましょう。

auひかりのテレビサービスってどう?

auひかりには「auひかりテレビサービス」というオプションがあります。

選べるジャンルは6つあり、合計して47チャンネルが用意されています。CSやスカパーのように、映画・アニメ・ドラマ・スポーツなどの専門チャンネルを視聴できます。

月額料金は、6つのあるジャンルから1つのみを契約する「ジャンルパック」なら1,628円、6つのジャンルがセットになっている「オールジャンルパック」なら2,728円です。

また「TELASA」というオンデマンドサービスも月額618円で利用できます。

地デジやBSは視聴できない

なんと「auひかりテレビサービス」は、地デジやBS放送が視聴できません。地デジやBSを見たい場合は、別途アンテナを立ててテレビに接続する必要があります。

言い換えれば、専門チャンネルを見ないなら、申し込む必要がまったくないサービスです。

↑唐突

auひかりで選べるオプションは?

auひかりには、豊富なオプションサービスがあります。これまでに紹介したオプションも含めて、下表に詳細をまとめてみました。

料金 内容
Wi-Fi機能
(無線LAN)
550円 ホームゲートウェイにWi-Fi機能を追加するサービス。auスマートバリューを適用すれば無料。
auひかり
テレビ
1,628円~ アンテナ不要で様々な専門チャンネルが視聴できるサービス。地デジやBSは視聴できない。
auひかり
電話
550円 従来の固定電話よりも格安料金で利用できる電話サービス。auスマートバリューを始めとした特典の適用条件になっている。
au home 869円~ 専用デバイスを自宅に設置することで、スマホから家電を遠隔操作したり、外出先から自宅内の様子が確認できるようになるサービス。
安心ネット
フィルター
209円 ネット接続時の不正サイトへのアクセスやフィッシング詐欺などをブロックできるサービス。
おまかせ
アドバイザー
無料 専門スタッフがauひかり導入の検討から利用まで無料でサポートするサービス。
おうち
トラブル
サポート
440円~ 水まわりやガス、鍵のトラブルに対応してくれるサービス。マンションで
お得プランAに加入している場合は無料になる。
かけつけ
設定
サポート
内容次第の
都度払い
インターネット利用に必要な機器設定を代行してくれるサービス。

すでに何度か説明していますが、オプションの中でも「auひかり電話」は必ず申し込みましょう。

スマホの料金が安くなる「auスマートバリュー」の適用条件や、キャッシュバックなどの条件に指定されていることが多いからです。

ほかのオプションは、自身の状況に合わせて加入を検討すると良いでしょう。

auひかりの問い合わせ先って?

auひかりは、目的や状況によって問い合わせ先が複数用意されています。

問い合わせ内容 電話番号 営業時間
サービス全般 0077-777
0120-22-0077
9:00~20:00
料金
請求
支払い
0070-7061
登録情報の変更 0077-7063
オプション変更 0077-7064
契約の見直し
解約
0077-7068
インターネット
メール
TV
0077-7076 9:00~23:00
電話 0077-7101 24時間
戸建ての
工事関連
0120-925-641
(関東のみ)
10:00~19:00
0120-921-928
(関東以外)
マンションの
工事関連
0120-911-052
マンション
ミニギガの
工事関連
0120-925-641
その他
お問い合わせ
0077-7079 9:00~23:00

問い合わせ内容に当てはまるものがない場合は、最上段の総合案内に連絡してみましょう。

速度が遅い時はどうしたらいいの?

ONUや周りの機器をつないだ図

auひかりの契約後に「思ったような速度が出ない!」「急に速度が遅くなった」ということがあれば以下の方法を試してみてください。

ルーターを再起動する

最も簡単かつ改善が見られる方法は、ONUやルーターの再起動です。

ONUとは、光回線の開通工事をしたときに設置された「NTT」と書かれている機器のことです。この機器のコンセントを抜いて差し直すと、速度が向上することがあります。

auひかりの場合は「ホームゲートウェイ」がこれに該当します。1回だけでは改善しないこともあるので、2~3回は試しましょう。

使っていない機器の電源を落とす

使っていないPCやスマホがネットにつながっているのであれば、電源を落とすか、ネット接続をオフにしてください。

複数の端末を同時にネットにつなぐと、回線に負荷が掛かって速度が遅くなることがあります。なるべく、使いたい端末だけをネットにつなぐようにしてみましょう。

LANケーブルを買い替える

使用中のLANケーブルの性能が悪い場合も、速度低下の原因となります。光回線の性能をフルに生かすためには、ネットワーク機器も高速通信に対応しているものを用意しましょう。

LANケーブルの規格

LANケーブルには、対応する速度に応じて「カテゴリ(CAT)」という区分があります。下表にカテゴリ別の性能を比較してみました。

最大速度
CAT8 40Gbps
CAT7A 10Gbps
CAT7 10Gbps
CAT6A 10Gbps
CAT6e 10Gbps
CAT6 1Gbps
CAT5e 1Gbps
CAT5 100Mbps

光回線の性能を発揮するには「CAT5e」以上のLANケーブルの購入をおすすめします。

auひかりの評判や口コミ・メリットとデメリットのまとめ

メモ帳を持った女の子のイラスト

auひかりは「回線速度」「キャンペーン内容」に優れた優秀な光回線です。auスマートバリューが使える中で総合的に最も優れているため、auユーザーには特におすすめです。

一方で、サービス提供エリアが限定的なため、そもそも契約ができないというデメリットがあります。また、解約時の費用が高くなりやすい点にも注意が必要です。

しかし、全てのサービスが高水準でまとまっているため、auひかりの提供エリア内に住んでいるなら、ぜひ契約を検討してみてください。

auひかりはNNコミュニケーションズから申し込むのが1番お得

auひかりに申し込むなら、NNコミュニケーションズを窓口にするのがおすすめです。

NNコミュニケーションズは最大52,000円のキャッシュバックが最短2ヶ月でもらえます。

またキャッシュバック率が96%と他の代理店よりも圧倒的に高く、対応に満足しているユーザーの口コミが数多く寄せられています。

顧客満足度の高さが評価され、KDDIから12期連続で表彰されている実績のある代理店です!

NNコミュニケーションズのメリット
  • ・新規で最大52,000円のキャッシュバック
  • ・他社の解約違約金を30,000円まで負担
  • ・工事費が実質無料
  • ・キャッシュバック率が96%と非常に高い
  • ・KDDIから12期連続で表彰されている
  • ・キャッシュバックの手続きが簡単

3社同時キャンペーンで最大52,000円キャッシュバック実施中

NNコミュニケーションズ

NNコミュニケーションズからauひかりを申し込むと、NNコミュニケーションズのキャンペーンに加えて、プロバイダとauひかり公式のキャンペーンが同時に受け取れます!

NNコミュニケーションズからのキャッシュバックと、プロバイダを@niftyにした場合のキャッシュバックで最大52,000円のキャッシュバックが受け取れます。

戸建て マンション
NN
コミュニケーションズ
27,000円 32,000円
プロバイダ
(@nifty)
25,000円 20,000円
総額 52,000円 52,000円

違約金が発生する場合は更に25,000円キャッシュバック

他社からの乗り換えで違約金が発生する場合は、auひかり公式が実施しているキャッシュバックキャンペーンも適用できます!

先ほどご紹介した52,000円に上乗せされるので、破格のキャッシュバックを受けられます!追加金額については下表をご確認ください。

戸建て マンション
NN
コミュニケーションズ
27,000円 32,000円
プロバイダ
(@nifty)
25,000円 20,000円
auひかり公式
(追加分)
25,000円 15,000円
総額 77,000円 67,000円

上記キャッシュバックに加えて、工事費無料キャンペーンや、他社からの解約違約金を30,000円まで負担してもらえるキャンペーンも適用できます!

キャッシュバック率が最も高い

NNコミュニケーションズはauひかりを契約、開通したユーザーの中でキャッシュバックを受け取った人数が最も多い会社です。

NNコミュニケーションズのキャッシュバック率

東京商工リサーチが調査した結果によると、2019年1月~12月の期間内で、NNコミュニケーションズのキャッシュバック率は96.8%と、非常に高い調査結果が出ています。

NNコミュニケーションズはキャッシュバックの手続きが簡単で、キャッシュバックされるまでの期間が短いです。auひかりを開通したほとんどの人がキャッシュバックを受け取れていることがわかります!

KDDIから12期連続で表彰されている

NNコミュニケーションズ感謝状

NNコミュニケーションズは、お客様満足度が高いことが評価され、auひかりを提供しているKDDIから12期連続で表彰されています。

お客様満足度が高い理由は、キャッシュバックの手続きが電話1本でできることや、キャッシュバックの受け取りが最短2ヶ月と短く、受け取り忘れが発生しづらいからです。

プロバイダは@niftyがおすすめ

NNコミュニケーションズで、プロバイダの特典が同時に受けられるのは、@nifty、So-net、ビッグローブの3社です。

平均速度 キャッシュバック
@nifty 下り:378Mbps
上り:298Mbps
最短2ヶ月
So-net 下り:373Mbps
上り:314Mbps
最短4ヶ月
ビッグローブ 下り:383Mbps
上り:276Mbps
最短3ヶ月

中でも、@niftyはNNコミュニケーションズとの合同キャンペーンで、キャッシュバックが最短2ヶ月で受け取れます。

肝心の回線速度に関しても、他社と比べても遜色ない速度が出ているので、快適にインターネットが利用できます。

\52,000円キャッシュバック!/
NNコミュニケーションズの窓口

私たちがおすすめしている光回線7選

現在、100社以上ある光回線の中で、私たちがおすすめしているのは7社です。

お使いのスマホキャリアによって変わるので、どこの光回線にすべきか迷っている方は参考にしてください!

おすすめ光回線の選び方

おすすめ光回線の選び方

三瓶さん 三瓶
基本的にはスマホに合わせた光回線を選んで、以下のようにセット割を適用させるとお得です!

3人家族でスマホセット割を適用した場合の2年間の割引額

光回線ごとで、 最もお得なキャンペーンを展開中の優れた窓口をご紹介します。

とくにドコモ光は新規契約でも乗り換えでも、通常よりかなりお得な還元キャンペーン中です。ぜひ期間中に検討してみてください!

光回線 おすすめ理由
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーにとって最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
20,000円のキャッシュバック
解約費用の補助がある(最大2万円) お得なキャンペーン窓口
auひかりのロゴ auユーザーなら最安クラスの光回線
最大52,000円のキャッシュバック
auのセット割が使えてお得 お得なキャンペーン窓口
eo光のロゴ auで関西地方なら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
1年目の月額料金が約3,000円 お得なキャンペーン窓口
コミュファ光のロゴ auで東海地方なら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
回線速度がトップクラスに速い お得なキャンペーン窓口
NURO光のロゴ ソフトバンクで戸建てなら最安
最大速度2Gbpsで他の光回線より速い
ソフトバンクのセット割が使えてお得 お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ ソフトバンクでマンションなら最安
ソフトバンクのセット割が使えてお得
ワイモバイルの料金も安くなる お得なキャンペーン窓口
ソネット光プラスのロゴ 格安スマホなら最安クラスの光回線
全国対応の光回線で料金が安い
auのセット割にも対応している お得なキャンペーン窓口

auひかりの記事

  •  

  • 一番お得なキャンペーン窓口

    ドコモスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!

    auスマホならスマホ料金も安くなる!NNコミュニケーションズからの申し込みが一番お得!

    ソフトバンクやワイモバイルのスマホ料金が安くなる!エヌズカンパニーからの申し込みが一番お得!

    回線速度の速さを求めるなら1番おすすめ!公式サイトから45,000円キャッシュバック!

    光回線ごとの記事一覧