auひかりの回線速度の速さは?みんなの平均通信速度は遅い?速い?

最終更新日:2021年09月17日
「auひかりの速度について」のアイキャッチ

auひかりの回線速度について解説します!

「auひかりは速いのか、遅いのか」「実際はどのくらいの速度が出るのか?」といった疑問を解決します。

auひかりの最大通信速度は「1Gbps」です。他の光回線と比べると、以下のとおりです。

最大通信速度
(下り)
最大通信速度
(上り)
auひかり 1Gbps 1Gbps
NURO光 2Gbps 1Gbps
ソフトバンク光 1Gbps 1Gbps
ドコモ光 1Gbps 1Gbps
フレッツ光 1Gbps 1Gbps

ただし、上表の最大通信速度はあくまで理論上の数字であり、実際にこの速度が出るわけではありません。利用者の「平均速度」を比べてみると、下表のような差があります。

平均速度
(下り)
平均速度
(上り)
auひかり 375Mbps 268Mbps
NURO光 478Mbps 413Mbps
ソフトバンク光 299Mbps 192Mbps
ドコモ光 243Mbps 185Mbps
フレッツ光 249Mbps 187Mbps

実際の速度が最大通信速度より遅くなるのは、住んでいる建物や、使っている機器、プロバイダの処理能力、利用者数といった影響を受けるからです。

光回線の速さを知りたい場合は「利用者からの評判・口コミ」と「平均速度」から判断することが重要です。

本記事では、実際にauひかりを契約している人の評判や口コミを調査したうえで、計測された平均速度を交えながら詳しく解説していきます!

柿本

インターネット回線の障害オペレーターを4年経験。光電話やサポートサービス、IPv6接続などのオプションの仕組みについて詳しい。

おすすめ人気記事
「auひかり キャンペーン」のアイキャッチ
auひかりのキャンペーン比較!代理店15社のキャッシュバック特典を徹底解説!
記事を読む
auひかり×プロバイダのアイキャッチ
auひかりのおすすめプロバイダは?全8社を徹底比較!
記事を読む
「auひかりの評判について」のアイキャッチ
auひかりの評判口コミなど全情報まとめ
記事を読む
おすすめ人気記事
「ドコモ光-キャンペーン」のアイキャッチ
】auひかりのおすすめキャンペーン比較!代理店15社のキャッシュバック特典を徹底解説!
記事を読む
ドコモ光のおすすめプロバイダのアイキャッチ
auひかりのおすすめプロバイダは?全8社を徹底比較!【選び方も掲載】
記事を読む
ドコモ光の評判や口コミのアイキャッチ
auひかりの評判口コミなど全情報まとめ
記事を読む

auひかりの回線速度は速い

口コミをする人たちのイラスト

auひかりの回線速度は、利用者から高く評価されています!

実際の利用者から収集した評判・口コミを調査した結果、利用者の約7割が「回線速度が速い」と評価していました。具体的な調査結果については、下表をご覧ください。

ちなみに、口コミや評判は「Twitter」「当サイトによる独自アンケート」「価格.com」の3つの媒体から収集し、調査をしています。

速い 遅い
合計 171件 63件
Twitter 120件 47件
アンケート回答 29件 10件
価格.com 23件 2件

なお、今回の調査は「2020年7月~2021年2月の間に新しく投稿された評判・口コミ」を対象に実施しています。

その中から、内容を「速い」「遅い」に分類し、それぞれの件数をカウントしました。

共通点として、どの調査ルートでも「回線速度が速い」という内容が圧倒的に多いです。以下では、実際に収集した評判や口コミを、それぞれ紹介します!

Twitterで収集した速度に関する口コミ

速い 遅い
Twitter 120件 47件

Twitterに投稿された速度に対する評判・口コミは以下の通りです。

内容としては「500Mbps出る」「Wi-Fiでも速い」「乗り換えたら爆速で感動」というように、賞賛する声が圧倒的に多いです。

速度に対するユーザーの満足感の高さが見て取れますね。

当サイトで収集した速度に関する口コミ

アンケートを取っている最中のイラスト

速い 遅い
アンケート回答 29件 10件

当サイトが実施したアンケート結果においても、高評価が多数を占めていました。ただし、中には「期待していたほど速度が出なかった」という声もあります。

しかし、これは「評判の高さの割に遅かった」という内容であり、日常利用に支障がない程度の速度は出ているようです。

男性のアイコン20代男性
噂通りの速度で大満足
回線速度で不満に思ったことはありません!動画、ストリーミング配信サイトをフルに利用していても映像がとぎれることなく快適ですし、オンラインゲームを遊んでいても不便だったことはないです。時間帯による混雑も感じたことがないので、良い回線だと思います。
男性のアイコン40代男性
NURO光以外で最強だと思う
これまで使った回線の中で、NURO光の次に快適な光回線ですね。なんならNURO光と互角かもしれないです。無線も有線も回線が悪くなったことがないし、有線だとダウンロードで800Mbps以上も出ます。限りなく理論値そのものですよね。NURO光がダメならauひかりにしておけば、速度面では間違いないかと。
女性のアイコン30代女性
期待が高すぎたかも…
常時200Mbps以上は出てるんですが、期待していた速度には今一歩足りないなあって感じです。すごく評判が良かったので、自分の中の期待値が高くなりすぎただけかもしれまんが…笑。あと、どうやら住んでいるマンションによって、速度が速いか遅いか決まるみたいなので、これから契約する人は気を付けたほうがいいですよ。

価格.comで収集した速度に関する口コミ

速い 遅い
価格.com 23件 2件

価格.comでは特に高く評価されています。調査期間内に投稿された評判・口コミ32件のうち、速度が遅いと評価した人はわずか2名しかいませんでした。

男性のアイコン30代男性
何一つ問題がない
毎日何時間もネットを利用しますが、回線が遅いと感じることは特にありません。
男性のアイコン50代男性
VDSLにしては、速いほう。
毎分譲マンションでの利用です。開通当初はそんなに速度は出てなかったと思います。直近では、下り70Mbps、上り80Mbps とVDSLにしてはかなり良いほうだと思います。
女性のアイコン50代女性
6年間、特にトラブルもなく
普通に使う分には必要十分!

 

柿本さん 柿本
調査結果を踏まえると、auひかりの回線速度に関する評価は間違いなく高いと言えます。これだけ評価が高ければ、速度面への期待が裏切られることも少ないでしょう。

次の項目では、実際の回線速度について、具体的な数値に基づいて説明していきます。

auひかりは利用者の平均速度もかなり速い

PCゲームをやっている人のイラスト

下表は「みんなのネット回線速度」という、ユーザーの実際の回線速度を収集しているサイトを参考に、主な回線業者ごとの平均速度を比べたものです。

(2021年7月6日のデータで、過去3ヶ月間の平均速度を掲載しています)

平均速度
(下り)
平均速度
(上り)
応答速度
auひかり 375Mbps 268Mbps 17.7ms
NURO光 478Mbps 413Mbps 12.0ms
ソフト
バンク光
299Mbps 192Mbps 19.9ms
ドコモ光 243Mbps 185Mbps 22.6ms
フレッツ光 249Mbps 187Mbps 21.6ms

同サイトのランキングでは、auひかりは光回線57社中9位の速さです。「下り平均速度」「上り平均速度」「応答速度」のすべての項目で優秀です。

auひかりの回線速度が速いのは、ドコモ光やソフトバンク光と違って独自の回線設備を使っているからです。

とても優秀な通信品質なので、動画視聴やオンラインゲーム、テレビ通話など、さまざまなことがストレスなくできます。

通信速度の「bps」とは

「bps」とは、1秒間に送信できるデータ量を表した値です。数値が大きいほど通信速度が速いです。

応答速度の「ms」とは

「ms」とは、1回のデータの送受信にかかる時間を表した値です。数値が低いほど応答が速いです。

光回線の「下り」「上り」とは

通信の向きを表す用語です。「下り=ダウンロード」「上り=アップロード」を意味しています。

関連記事

おすすめの光回線6選を徹底解説

auひかりは契約するプロバイダによって速度が変わる

auひかりの回線速度は、契約する際に選択するプロバイダによって変わります。

以下では「みんなのネット回線速度」を参考に、auひかりで選べるプロバイダ8社の平均速度を比較してみました。

平均速度
DTI 486Mbps
GMOとくとくBB 448Mbps
BIGLOBE 384Mbps
@nifty 381Mbps
So-net 376Mbps
au one net 362Mbps
ASAHIネット 345Mbps
@T COM 257Mbps

プロバイダとは、パソコンやスマホといった機器とインターネットをつなぐ役割を果たしている存在です。

上表の通り、最も速いプロバイダと遅いプロバイダでは、200Mbps以上の差があります。

ただし、1番遅いプロバイダの平均速度でも250Mbpsは出ているため、ほかの光回線より十分速いと言えるでしょう。

auひかりのプロバイダについては、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

さらに詳しい解説

▶auひかりのプロバイダに関する詳しい解説

最速と最遅の光回線業者との比較

ランキングのイラスト

上記の平均速度を測定したのと同じ期間で、回線速度が1番速い光回線業者と、1番遅い光回線業者も併せてご紹介します。

平均速度
(下り)
平均速度
(上り)
応答速度
auひかり 375Mbps 268Mbps 19.5ms
NURO光 478Mbps 413Mbps 12.6ms
レオネット 53Mbps 65Mbps 27.1ms

実際の回線速度が1番速い回線業者は「NURO光」です。下りの平均速度が478Mbpsもあります。

最も遅いのは、レオパレスで提供されている「レオネット」です。同じ物件内の利用者が多い時間帯は、10Mbpsまで下がることがあります。

柿本さん 柿本

評判の高さを裏付けるように、auひかりは平均速度も優秀です。

「回線速度に不満がある」「もっと速くしたい」と考える人に対して間違いなくおすすめできる光回線です。

快適な回線速度の目安

快適な回線速度の目安は「ネットで何をするか?」によって異なります。下表では「Googleのヘルプページ」を参考に、目的ごとに必要な通信速度の目安を紹介します。

何をするか 必要な通信速度
LINEやSNS 1Mbps
Webサイトの閲覧 3Mbps
YouTubeなどの動画を1本再生 5~10Mbps
複数のYouTube動画を同時再生 10~30Mbps
同時に複数端末でHD動画を再生 30~50Mbps
オンラインゲームやビデオ会議 50Mbps以上
4K動画再生や対人オンラインゲーム(FPSなど) 100Mbps以上

「LINEでメッセージを送る」「Webサイトを閲覧する」「YouTube動画を視聴する」といった、日常的なネットの使い方では100Mbpsもあれば十分な速度ということが分かります。

auひかりの平均速度は、下り375Mbps、上り268Mbpsです。日常生活で「遅い」とストレスを感じることはないでしょう。

auひかりの回線速度が優れている2つの理由

注目ポイントを挙げている女の子

auひかりの回線速度が優れている理由は、以下の2つの内容で説明できます。

  • ①KDDI独自の回線網を使っているから
  • ②デュアルスタック方式を標準採用

特に①が重要な役割を果たしています。以下では、2つの理由についてそれぞれ詳しく解説します。

①KDDI独自の回線網を使っているから

独自回線vsNTT回線のイラスト

1つ目の理由は、auひかりがKDDI独自の回線網を使っているからです。

光回線業者には、独立した回線を使っている「独自回線タイプ」と、NTT(フレッツ光)の回線網を使っている「光コラボタイプ」の2種類があります。

例えば、ドコモ光やソフトバンク光は光コラボタイプで、複数の会社で同じ回線網を使っています。回線業者の数が多い分、利用者が多く混雑しやすいため、速度が遅延しやすいです。

一方、auひかりは回線を共同利用していない独自回線タイプです。回線を利用できるのはauひかりの契約者だけなので、光コラボタイプのような回線混雑が発生しにくいです。

つまり、遅延の原因である混雑が起こりにくいため、快適なインターネット通信が実現できるというわけです。

②デュアルスタック方式を標準採用

2つ目の理由は、auひかりで選べる全てのプロバイダが「デュアルスタック方式」を標準採用しているからです。

「デュアルスタック方式」とはあらゆる通信で回線速度の向上が見込めるサービスのことで、混雑する回線を避けて通信できる最新の技術が使われています。

混雑を避けることで、時間帯を問わず、常に安定した速度が見込めるというわけです。

他の光回線でも同様の技術が採用されていますが、auひかりのように、標準機能として用意されている会社は少ないです。

auひかりの回線速度の確認方法

auひかり スピードチェック

auひかりを契約したあとは、公式サイトの「スピードチェック(通信速度測定)」で自身の回線速度を確認してみましょう。

計測方法は簡単です。上記のリンク先にある「スピードチェック」というボタンをクリックするだけです。

ここまで、auひかりが評判や口コミ、利用者の平均速度に優れた光回線だと紹介してきました。しかし、重要なのは、自身が契約した際にちゃんと速度が出るのか、ということです。

実際の回線速度は契約してみるまで分からないので、インターネットが使えるようになったら、まず最初に確認してみましょう。

柿本さん 柿本

auひかり以外を契約していて、現時点の回線速度が知りたい、という人は「Fast.com」というサイトで簡単に確認できます。

アクセスすると自動的に計測が始まるので、まずは試してみてください!

光回線の速度に影響を与える3つの要因

メモ帳を持った女の子のイラスト

一般的に、光回線の速度に影響を与える要因は、主に以下の3つがあります。

  • ①NTT回線か独自回線か
  • ②IPoEに対応しているか
  • ③建物の配線方式(集合住宅のみ)

この3つの要素は契約後に利用者側で変更できません。契約前に全て決まるため、回線速度が気になる人は、必ず把握しておきましょう。

以下では、それぞれの項目が速度にどのような影響を与えるのか、詳しく解説します。

①NTT回線か独自回線か

光回線の速度は、使っている回線網が「NTT回線」か「独自回線」かによって大きく差が出ます。具体的には「NTT回線」のほうが「独自回線」よりも速度が遅くなりやすいです。

2つの回線で速度差が出る原因は、回線を利用するユーザーの数が影響しています。

総務省」および「MM総研」によると、日本における光回線契約のシェアは、NTT回線が約70%を占めています。この中には「光コラボ」の利用者も含まれています。

光回線業者のシェア率

つまり、それだけ多くの人が同じNTT回線を利用しているため、回線が混雑して速度が遅延しやすくなります。特に、利用が集中する時間帯にガクッと速度が落ちる可能性が高いです。

一方、独自回線は、最もシェアの多い会社でも13%程度です。NTT回線と比べて、圧倒的にユーザー数が少なく回線が混雑しません。

速度遅延の原因である回線の混雑を回避できるため、常に快適な速度が期待できます。

②IPoEに対応しているか

「IPv6・IPoE」と「IPv4とPPPoE」の説明

光回線が「IPoE」に対応しているかによっても、回線速度は大きく変わります。なぜなら、IPoE通信を利用することで速度遅延の原因である回線の混雑を避けられるからです。

「IPoE」とはIPv6でのみ利用できる新しい接続方式です。一方で、従来のIPv4で使われてきた接続方式は「PPPoE」といいます。

IPoEとPPPoEとの違いは、上図のように道路の幅で表現されることが多いです。

IPoEは道路の幅が広く、回線が混雑しないので高速通信が可能です。

光回線を選ぶ際には、IPoEに対応しているかどうかも必ず確認しましょう。

さらに詳しい解説

▶IPv6とIPoEの詳しい仕組みの解説

③建物の配線方式(集合住宅のみ)

マンションの3つの配線方式についてのイラスト

マンションやアパートなどの集合住宅に限り、各戸までどのような方法で光回線を引いているかによって、回線速度が変わります。

マンションやアパートでの光回線の引き方には、以下の4種類があります。それぞれの場合の最大通信速度への影響とあわせて表にまとめました。

最大速度 特徴
光配線
方式
回線業者の性能のまま 最も速い方式。各戸まで光ファイバーケーブルでつなげる。
G.fast
方式
上り下りの合計で1Gbps VDSL方式より速く、光配線方式より遅い。最新のモデムを使っている。
VDSL
方式
100Mbps 建物の入り口から各戸までを電話回線でつないでいる。
LAN配線
方式
100Mbps 建物の入り口から各戸までをLANケーブルでつないでいる。

最も望ましい光回線の引き方は「光配線方式」です。唯一、回線業者の最大通信速度がそのまま適用される方式だからです。

VDSL方式やLAN配線方式の場合は、最大通信速度が100Mbpsまで下がります。たとえ通信速度の速い回線業者を契約したとしても、意味がありません。

光回線を契約する前には「どの方式で部屋までつなげるのか」を必ず確認しましょう。

さらに詳しい解説

▶配線方式ごとの特徴と実際の回線速度の解説

速度にこだわらないなら料金が安い光回線を選ぶべき

電卓を持った女の子のイラスト

ここまで通信の速さについて様々な角度から解説してきました。ただ「あまり速度にこだわらない」という人は料金の安さを優先すると良いでしょう。

大手の回線業者であれば、速度面でストレスを感じることはほとんどないからです。

auひかりやドコモ光といった大手の光回線業者は、スマホセット割が適用できるので、費用を抑えられます。そのため自分の使っているスマホと同じ光回線にするのがおすすめです。

ただ「回線速度の速さが最重要!」という人は、NURO光を選びましょう。最大通信速度が2Gbpsもあり、実際の平均通信速度も他社より速いです。

ちなみに、NURO光はソフトバンクのスマホセット割にも対応しています。

ソフトバンクのスマホを使っていて、NURO光の対応エリアに住んでいる人は「セット割で安くなるうえに回線速度が最高峰に速い」という黄金パターンを実現できます。

希望条件別のおすすめ光回線まとめ

条件ごとにまとめると、とにかく速さを重視するならNURO光一択です。

月額料金を重視するなら、使っているスマホキャリアに合わせて選択しましょう。キャリアごとのおすすめの光回線は下表にまとめました。

おすすめの光回線
ドコモ ドコモ光
ソフトバンク ソフトバンク光、NURO光
au auひかり

セット割が適用できれば、1端末あたり550~1,100円の割引が受けられます。

それぞれの光回線の評判や口コミについては下記の記事にまとめているので、ぜひ参考にしてください。

関連記事

▶NURO光の評判口コミなど全情報まとめ
▶auひかりの評判口コミなど全情報まとめ
▶ドコモ光の評判口コミなど全情報まとめ
▶ソフトバンク光の評判口コミなど全情報まとめ

速度が遅いときに試したい3つの方法

ONUや周りの機器をつないだ図

光回線の速度は、自宅内のインターネット利用環境によって大幅に変動します。回線網や通信方式といった要因とは異なり、環境は利用者側で改善ができます。

もし「思ったような速度が出ない!」「急に速度が遅くなった」という場合は、以下の方法を試してみて下さい。

①ルーターを再起動する

ルーターのコンセントを持っている人イラスト

最も簡単かつ改善が見られる方法は、ONUやルーターの再起動です。

ONUとは、光回線の開通工事をしたときに設置された「NTT」と書かれている機器のことです。この機器のコンセントを抜いて差し直すと、速度が向上することがあります。

ONUとルーターの違いがわからない場合は、とにかくつながっている機器のコンセントを全部抜いてみましょう。そして、少し時間をおいてから差し直してみてください。

1回だけでは改善しないこともあるので、2~3回は試しましょう。

②使っていない機器の電源を落とす

使っていないPCやスマホがネットにつながっているのであれば、電源を落とすか、ネット接続をオフにしてください。

複数の端末を同時にネットにつなぐと、回線に負荷が掛かって速度が遅くなることがあります。なるべく、使いたい端末だけをネットにつなぐようにしてみましょう。

③LANケーブルやルーターを買い替える

LANケーブル2つ持って比べているイラスト

使用中の「LANケーブル」や「ルーター」の性能が悪い場合も、速度低下の原因となります。

光回線の性能をフルに生かすためには、ネットワーク機器も高速通信に対応しているものを用意しましょう。

以下の内容を参考に、LANケーブルやルーターの規格を確認してみてください。

LANケーブルの規格

LANケーブルには、対応する速度に応じて「カテゴリ(CAT)」という区分があります。下表にカテゴリ別の性能を比較してみました。

最大速度
CAT8 40Gbps
CAT7A 10Gbps
CAT7 10Gbps
CAT6A 10Gbps
CAT6e 10Gbps
CAT6 1Gbps
CAT5e 1Gbps
CAT5 100Mbps

光回線の性能を発揮するには「CAT5e」以上のLANケーブルの購入をおすすめします。

ルーターの規格

Wi-Fiルーターを使っている場合は、無線LANの規格が重要です。無線LAN規格とそれぞれの最大速度、およびリリース時期について、下表にまとめてみました。

最大速度 リリース
時期
IEEE
802.11ax
9.6Gbps 2019年
IEEE
802.11ad
6.7Gbps 2016年
IEEE
802.11ac
6.9Gbps 2012年
IEEE
802.11n
300Mbps 2009年
IEEE
802.11g
54Mbps 2003年
IEEE
802.11a
54Mbps 1999年
IEEE
802.11b
54Mbps 1999年

光回線の速度を生かしたいなら「IEEE802.11n」以上のWi-Fiルーターを用意しましょう。もし、2008年以前のルーターを使い続けている場合は、買い替えることを強く推奨します。

auひかりの申し込み窓口はNNコミュニケーションズがおすすめ

auひかりに申し込むなら正規代理店のNNコミュニケーションズが一番おすすめです。

NNコミュニケーションズのメリット

  • キャッシュバック率が96%と非常に高い
  • 最大5.2万円キャッシュバック
  • ③利用者からの評価が極めて高い
  • ④工事費が実質無料になる
  • ⑤KDDIから13期連続で表彰されている
  • ⑥キャッシュバック手続きが電話だけで完結

顧客満足度の高さが評価され、KDDIから13期連続で表彰されている実績のある代理店です!

キャッシュバック率が96%で最も高い

東京商工リサーチが調査した結果によると、2019年1月~12月の期間内で、NNコミュニケーションズのキャッシュバック率は96.8%と、非常に高い調査結果が出ています。

NNコミュニケーションズのキャッシュバック率

キャッシュバックの手続きは、申し込み後に折り返しかかってくる電話にて振込先を伝えるだけです。とても簡単なので、ほとんどの人が実際にキャッシュバックを受け取れています!

KDDIから13期連続で表彰されている

NNコミュニケーションズ感謝状

NNコミュニケーションズは、お客様満足度が高いことが評価され、auひかりの提供元であるKDDIから13期連続で表彰されています。

お客様満足度が高い理由は、キャッシュバックの手続きが電話1本でできることや、キャッシュバックの受け取りが最短2ヶ月と短く、受け取り忘れが発生しづらいからです。

\最短2ヶ月!52,000円キャッシュバック!/

プロバイダは@niftyがおすすめ

NNコミュニケーションズでは、auひかりのプロバイダのうち@nifty・So-net・ビッグローブの3社を選べます。一番のおすすめは@niftyです。

平均速度 キャッシュバック
@nifty 下り:378Mbps
上り:298Mbps
最短2ヶ月
So-net 下り:373Mbps
上り:314Mbps
最短4ヶ月
ビッグローブ 下り:383Mbps
上り:276Mbps
最短3ヶ月

選択するプロバイダによって、平均速度や、キャッシュバックの受け取り時期が違います。

NNコミュニケーションズはプロバイダとの合同キャンペーンで高額キャッシュバックを実現しています。So-netやビッグローブを選ぶと、受取期間が延びたり、金額が下がります。

回線速度に関しても、auひかり×@niftyは申し分ないです。他社と比べても遜色ない速度が出ているので、快適にインターネットが利用できます。

3社同時キャンペーンで最大52,000円キャッシュバック実施中

NNコミュニケーションズ

現在、NNコミュニケーションズはプロバイダやKDDIと合同で、3社同時キャンペーンを実施しています!

NNコミュニケーションズからのキャッシュバックと、プロバイダを@niftyにした場合のキャッシュバックで最大52,000円のキャッシュバックが受け取れます。

戸建て マンション
NN
コミュニケーションズ
27,000円 32,000円
プロバイダ
(@nifty)
25,000円 20,000円
総額 52,000円 52,000円

違約金が発生する場合は更に25,000円キャッシュバック

他社からの乗り換えで違約金が発生する場合は、auひかり公式が実施しているキャッシュバックキャンペーンも適用できます!

先ほどご紹介した52,000円に上乗せされるので、破格のキャッシュバックを受けられます!追加金額については下表をご確認ください。

戸建て マンション
NN
コミュニケーションズ
27,000円 32,000円
プロバイダ
(@nifty)
25,000円 20,000円
auひかり公式
(追加分)
25,000円 15,000円
総額 77,000円 67,000円

上記キャッシュバックに加えて、工事費無料キャンペーンや、他社からの解約違約金を30,000円まで負担してもらえるキャンペーンも適用できます!

\最短2ヶ月!52,000円キャッシュバック!/

私たちがおすすめしている光回線3選

3人家族でスマホセット割を適用した場合の2年間の割引額

現在、100社以上ある光回線の中で私たちがおすすめしているのは、ドコモ光ソフトバンク光auひかりの3社です。

お使いのスマホキャリアにあった光回線を選ぶことでスマホ料金が1台当たり1,100円安くなります。例えば、家族3人で同じキャリアを使っているなら毎月3,300円、2年間で約8万円の割引です!

また、大手企業が運営しているため、回線速度やサポート体制、キャッシュバック特典なども充実しています!

光回線 おすすめ理由
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーなら最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
無条件で2万円のキャッシュバック
解約費用の補助がある(最大2万円) お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ ソフトバンク・ワイモバイルがセット割
無条件で3.7万円キャッシュバック
乗り換え費用を最大10万円まで還元
回線速度が平均300Mbpsに大幅改善 お得なキャンペーン窓口
auひかりのロゴ auユーザーなら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
最大52,000円のキャッシュバック
独自回線で平均速度が375Mbpsと高速 お得なキャンペーン窓口

回線速度がダントツに良いのはNURO光

光回線 NURO光

快適なネット環境が欲しいならNURO光が断トツでおすすめです!最大回線速度は2Gbpsで、平均速度も459Mbpsと速いです!

YouTubeや映画配信を頻繁に見る人、オンラインゲームを遊びたい人、リモートワークでデータのやり取りが多い人には、とくにおすすめの光回線です。

公式のキャンペーンページから申し込むと45,000円のキャッシュバックをもらえるのも大きな魅力です。

\オプション不要!45,000円キャッシュバック!/

工事なしでネットを使うならhome5G

ドコモhome5Gロゴマーク

光回線の工事なしでインターネットを利用したいならドコモhome5Gがおすすめです。

オンライン申し込みが可能で、ドコモhome5Gが手元に届いた日からすぐにインターネットが使えます。

通信速度も最大4.2Gbpsと、光回線に負けない性能で、契約期間の縛りも一切ありません!

\最大通信速度4.2Gbps!工事不要のホームルーター/

auひかりの記事

  • 一番お得なキャンペーン窓口

    ドコモスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!

    auスマホならスマホ料金も安くなる!NNコミュニケーションズからの申し込みが一番お得!!

    ソフトバンクやワイモバイルのスマホ料金が安くなる!エヌズカンパニーからの申し込みが一番お得!

    回線速度の速さを求めるなら1番おすすめ!公式サイトから45,000円キャッシュバック!

    人気の光回線6選
    人気の光回線6選

    光回線ごとの記事一覧