光回線おすすめ6選!失敗しない選び方や主要20社の徹底比較【インターネット回線】

最終更新日:2021年07月28日
おすすめの光回線6選
三瓶

当サイト「ヒカリク」の管理人。大手家電量販店で約4年間ほど光回線を担当。最適なプランがすぐに分かる。

人気の光回線6選
人気の光回線6選

現在、世の中には光回線やモバイルWiFiといった多くのインターネット回線が存在します。ですが、料金の仕組みや回線速度が違うので、何を選んだら良いか迷ってしまう人も多いです。

そこで、本記事では初めてインターネット回線を契約する人でも、乗り換えを検討している人でも迷わないように、おすすめの光回線をまとめています。

初心者向けの光回線の選び方や、各光回線の料金プランや特徴などを徹底的に解説していくので、ぜひ参考にしてください!

お知らせ

2021年7月に変更された各回線の料金プランやキャンペーン内容を全て反映し、最新の情報で比較しております。

光回線おすすめ6選

おすすめする女の子

時点、おすすめの光回線は以下6つです。マンションと戸建てのどちらの場合も同じです。

下表の光回線のロゴをタップしていただければ各回線の詳しい解説に移動できます。

※光回線ごとの詳しい解説は、記事の途中で順番に掲載しています。

光回線 おすすめ理由
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーなら最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
無条件で2万円のキャッシュバック
解約費用の補助がある(最大2万円)
一番お得なキャンペーン窓口
NURO光のロゴ ソフトバンクなら最安クラスの光回線
ソフトバンクのセット割が使えてお得
最大速度2Gbpsで他の光回線より速い
一番お得なキャンペーン窓口
auひかりのロゴ auユーザーなら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
最大52,000円のキャッシュバック
一番お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ ソフトバンクでNURO光の次におすすめ
ソフトバンクのセット割が使えてお得
ワイモバイルの料金も安くなる
一番お得なキャンペーン窓口
eo光のロゴ auで関西地方なら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
1年目の月額料金が約3,000円
一番お得なキャンペーン窓口
コミュファ光のロゴ auで東海地方なら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
回線速度がトップクラスに速い
一番お得なキャンペーン窓口
三瓶さん 三瓶
基本的にはスマホのキャリアに合わせた光回線を選ぶことが 現在では最適と言えます。

格安スマホやahamo・povo・LINEMOユーザーにおすすめの光回線

格安スマホやahamo、povo、LINEMOを利用している場合、おすすめの光回線は以下の4社です。住んでいる地域や建物によって、おすすめ先が変わります。

格安スマホユーザーにおすすめの光回線

三瓶さん 三瓶

3大キャリア以外のユーザーの場合、おすすめの光回線が変わります。おすすめ先が変わる理由は「格安スマホユーザーにおすすめの光回線」で詳しく解説していきます!

オリコンの顧客満足度ランキングでもおすすめ6社が高く評価されている

オリコン顧客満足度ランキング

ご紹介したおすすめ6社は、オリコンが発表している「顧客満足度ランキング」でも高く評価されています。

オリコンでは、実際の回線利用者を対象にアンケートを実施し、速度や料金を含めた7項目の総合評価をもとに順位をつけています。

以下、全国版の光回線ランキングの上位5社を記載します。回線名を押すと各回線の詳細解説に移動できます。

点数 回線名
1位 65.1点 NURO光
2位 63.9点 ドコモ光
3位 62.4点 auひかり
4位 61.5点 楽天ひかり
5位 60.2点 ソフトバンク光

見てみると、ランキングの上位5社のうち4社は当サイトがおすすめする光回線と同じです。

残りのコミュファ光とeo光は地域限定の光回線のため、全国版ランキングの対象外になっています。ただし、それぞれ東海と近畿のランキングで上位3社以内に入っています。

地域別の顧客満足度ランキング

全国8つの地域ごとの顧客満足度ランキングをご紹介します。

以下の地域名を押すと、該当のランキングに移動できるので、ぜひ活用してください

インターネット回線 北海道

点数 回線名
1位 63.1点 auひかり
2位 62.7点 ドコモ光
3位 60.0点 ソフトバンク光

インターネット回線 東北

基準である60点を超える点数を獲得した企業が3社未満だったため、発表見送り。

インターネット回線 関東

点数 回線名
1位 65.7点 NURO光
2位 63.9点 ドコモ光
3位 62.6点 auひかり
4位 60.2点 J:COM NET

インターネット回線 甲信越・北陸

点数 回線名
1位 62.7点 ドコモ光
2位 60.6点 ソフトバンク光
3位 60.3点 auひかり

インターネット回線 東海

点数 回線名
1位 64.0点 NURO光
2位 63.1点 ドコモ光
3位 61.6点 コミュファ光
4位 60.5点 CCNet

インターネット回線 近畿

点数 回線名
1位 66.8点 eo光
2位 65.4点 ドコモ光
3位 63.7点 NURO光
4位 61.6点 ソフトバンク光
5位 60.7点 J:COM NET

インターネット回線 中国・四国

点数 回線名
1位 67.3点 ピカラ光
2位 64.6点 ドコモ光
3位 64.3点 メガエッグ光
4位 62.4点 ソフトバンク光

インターネット回線 九州・沖縄

点数 回線名
1位 65.0点 BBIQ光
2位 64.9点 ドコモ光
3位 62.9点 auひかり
5位 60.9点 ソフトバンク光
三瓶さん 三瓶
おすすめの6社は各ランキングで上位に位置しており、顧客からの評価がかなり高いと言えます。例えば、ドコモ光は全ての地域において2位以上の評価を受けています。

主要20社の光回線比較一覧表

どの光回線がお得なのか分かりやすくするために、主要20社の「実質料金」を算出のうえ、基本情報を徹底的に比較してみました。

「実質料金=月額料金+初期費用-キャッシュバック等」の解説

比較条件

  • ・3年間の実質料金で比較
  • セット割を1台分適用した金額で計算
  • ・光電話の契約が必要なら総額に含める
  • ・最もお得な窓口から申し込んだ場合で算出

実質料金と一緒に、提供エリアや平均速度といった情報もまとめているので、光回線ごとにどのような違いがあるか比べてみてください。

比較一覧表はタブを切り替えるとスマホキャリアに合わせた実質料金に変わります。また、一覧表はそれぞれ横にスクロール可能です。

おすすめ6社の比較一覧表

光回線 3年実質料金
(マンション)
3年実質料金
(戸建て)
提供エリア セット割
対象キャリア
平均速度 工事費 キャッシュ
バック
最大速度 プロバイダ 回線網
ドコモ光のロゴ 100,100円 147,620円 全国 ドコモ 243Mbps 無料 20,000円 1Gbps 24社から選べる NTT回線
(光コラボ)
NURO光のロゴ 145,500円 145,500円 北海道・関東・関西・
東海・中国・九州
ソフトバンク 478Mbps 無料 45,000円 下り:2Gbps
上り:1Gbps
So-net 独自回線
auひかりのロゴ 101,780円 149,300円 関西・東海以外
※マンションは全国
au 375Mbps 無料 52,000円 1Gbps 8社から選べる 独自回線
ソフトバンク光のロゴ 135,248円 190,688円 全国 ソフトバンク
ワイモバイル
299Mbps 無料 37,000円 1Gbps Yahoo!BB NTT回線
(光コラボ)
eo光のロゴ 126,636円 163,028円 関西地方・福井 au 452Mbps 無料 10,000円 1Gbps eo 独自回線
コミュファ光のロゴ 91,560円 132,920円 東海地方・長野 au 474Mbps 無料 35,000円 1Gbps 11社から選べる 独自回線
光回線 3年実質料金
(マンション)
3年実質料金
(戸建て)
提供エリア セット割
対象キャリア
平均速度 工事費 キャッシュ
バック
最大速度 プロバイダ 回線網
ドコモ光のロゴ 100,100円 147,620円 全国 ドコモ 243Mbps 無料 20,000円 1Gbps 24社から選べる NTT回線
(光コラボ)
NURO光のロゴ 145,500円 145,500円 北海道・関東・関西・
東海・中国・九州
ソフトバンク 478Mbps 無料 45,000円 下り:2Gbps
上り:1Gbps
So-net 独自回線
auひかりのロゴ 101,780円 149,300円 関西・東海以外
※マンションは全国
au 375Mbps 無料 52,000円 1Gbps 8社から選べる 独自回線
ソフトバンク光のロゴ 135,248円 190,688円 全国 ソフトバンク
ワイモバイル
299Mbps 無料 37,000円 1Gbps Yahoo!BB NTT回線
(光コラボ)
eo光のロゴ 126,636円 163,028円 関西地方・福井 au 452Mbps 無料 10,000円 1Gbps eo 独自回線
コミュファ光のロゴ 91,560円 132,920円 東海地方・長野 au 474Mbps 無料 35,000円 1Gbps 11社から選べる 独自回線
光回線 3年実質料金
(マンション)
3年実質料金
(戸建て)
提供エリア セット割
対象キャリア
平均速度 工事費 キャッシュ
バック
最大速度 プロバイダ 回線網
ドコモ光のロゴ 139,700円 187,220円 全国 ドコモ 243Mbps 無料 20,000円 1Gbps 24社から選べる NTT回線
(光コラボ)
NURO光のロゴ 145,500円 145,500円 北海道・関東・関西・
東海・中国・九州
ソフトバンク 478Mbps 無料 45,000円 下り:2Gbps
上り:1Gbps
So-net 独自回線
auひかりのロゴ 81,980円 129,500円 関西・東海以外
※マンションは全国
au 375Mbps 無料 52,000円 1Gbps 8社から選べる 独自回線
ソフトバンク光のロゴ 135,248円 190,688円 全国 ソフトバンク
ワイモバイル
299Mbps 無料 37,000円 1Gbps Yahoo!BB NTT回線
(光コラボ)
eo光のロゴ 98,340円 134,732円 関西地方・福井 au 452Mbps 無料 10,000円 1Gbps eo 独自回線
コミュファ光のロゴ 63,840円 105,200円 東海地方・長野 au 474Mbps 無料 35,000円 1Gbps 11社から選べる 独自回線
光回線 3年実質料金
(マンション)
3年実質料金
(戸建て)
提供エリア セット割
対象キャリア
平均速度 工事費 キャッシュ
バック
最大速度 プロバイダ 回線網
ドコモ光のロゴ 139,700円 187,220円 全国 ドコモ 243Mbps 無料 20,000円 1Gbps 24社から選べる NTT回線
(光コラボ)
NURO光のロゴ 145,500円 145,500円 北海道・関東・関西・
東海・中国・九州
ソフトバンク 478Mbps 無料 45,000円 下り:2Gbps
上り:1Gbps
So-net 独自回線
auひかりのロゴ 81,980円 129,500円 関西・東海以外
※マンションは全国
au 375Mbps 無料 52,000円 1Gbps 8社から選べる 独自回線
ソフトバンク光のロゴ 135,248円 190,688円 全国 ソフトバンク
ワイモバイル
299Mbps 無料 37,000円 1Gbps Yahoo!BB NTT回線
(光コラボ)
eo光のロゴ 98,340円 134,732円 関西地方・福井 au 452Mbps 無料 10,000円 1Gbps eo 独自回線
コミュファ光のロゴ 63,840円 105,200円 東海地方・長野 au 474Mbps 無料 35,000円 1Gbps 11社から選べる 独自回線
光回線 3年実質料金
(マンション)
3年実質料金
(戸建て)
提供エリア セット割
対象キャリア
平均速度 工事費 キャッシュ
バック
最大速度 プロバイダ 回線網
ドコモ光のロゴ 139,700円 187,220円 全国 ドコモ 243Mbps 無料 20,000円 1Gbps 24社から選べる NTT回線
(光コラボ)
NURO光のロゴ 125,700円 125,700円 北海道・関東・関西・
東海・中国・九州
ソフトバンク 478Mbps 無料 45,000円 下り:2Gbps
上り:1Gbps
So-net 独自回線
auひかりのロゴ 101,780円 149,300円 関西・東海以外
※マンションは全国
au 375Mbps 無料 52,000円 1Gbps 8社から選べる 独自回線
ソフトバンク光のロゴ 96,980円 152,420円 全国 ソフトバンク
ワイモバイル
299Mbps 無料 37,000円 1Gbps Yahoo!BB NTT回線
(光コラボ)
eo光のロゴ 126,636円 163,028円 関西地方・福井 au 452Mbps 無料 10,000円 1Gbps eo 独自回線
コミュファ光のロゴ 91,560円 132,920円 東海地方・長野 au 474Mbps 無料 35,000円 1Gbps 11社から選べる 独自回線
光回線 3年実質料金
(マンション)
3年実質料金
(戸建て)
提供エリア セット割
対象キャリア
平均速度 工事費 キャッシュ
バック
最大速度 プロバイダ 回線網
ドコモ光のロゴ 139,700円 187,220円 全国 ドコモ 243Mbps 無料 20,000円 1Gbps 24社から選べる NTT回線
(光コラボ)
NURO光のロゴ 125,700円 125,700円 北海道・関東・関西・
東海・中国・九州
ソフトバンク 478Mbps 無料 45,000円 下り:2Gbps
上り:1Gbps
So-net 独自回線
auひかりのロゴ 101,780円 149,300円 関西・東海以外
※マンションは全国
au 375Mbps 無料 52,000円 1Gbps 8社から選べる 独自回線
ソフトバンク光のロゴ 96,980円 152,420円 全国 ソフトバンク
ワイモバイル
299Mbps 無料 37,000円 1Gbps Yahoo!BB NTT回線
(光コラボ)
eo光のロゴ 126,636円 163,028円 関西地方・福井 au 452Mbps 無料 10,000円 1Gbps eo 独自回線
コミュファ光のロゴ 91,560円 132,920円 東海地方・長野 au 474Mbps 無料 35,000円 1Gbps 11社から選べる 独自回線
光回線 3年実質料金
(マンション)
3年実質料金
(戸建て)
提供エリア セット割
対象キャリア
平均速度 工事費 キャッシュ
バック
最大速度 プロバイダ 回線網
ドコモ光のロゴ 139,700円 187,220円 全国 ドコモ 243Mbps 無料 20,000円 1Gbps 24社から選べる NTT回線
(光コラボ)
NURO光のロゴ 145,500円 145,500円 北海道・関東・関西・
東海・中国・九州
ソフトバンク 478Mbps 無料 45,000円 下り:2Gbps
上り:1Gbps
So-net 独自回線
auひかりのロゴ 101,780円 149,300円 関西・東海以外
※マンションは全国
au 375Mbps 無料 52,000円 1Gbps 8社から選べる 独自回線
ソフトバンク光のロゴ 135,248円 190,688円 全国 ソフトバンク
ワイモバイル
299Mbps 無料 37,000円 1Gbps Yahoo!BB NTT回線
(光コラボ)
eo光のロゴ 126,636円 163,028円 関西地方・福井 au 452Mbps 無料 10,000円 1Gbps eo 独自回線
コミュファ光のロゴ 91,560円 132,920円 東海地方・長野 au 474Mbps 無料 35,000円 1Gbps 11社から選べる 独自回線
光回線 3年実質料金
(マンション)
3年実質料金
(戸建て)
提供エリア セット割
対象キャリア
平均速度 工事費 キャッシュ
バック
最大速度 プロバイダ 回線網
ドコモ光のロゴ 139,700円 187,220円 全国 ドコモ 243Mbps 無料 20,000円 1Gbps 24社から選べる NTT回線
(光コラボ)
NURO光のロゴ 145,500円 145,500円 北海道・関東・関西・
東海・中国・九州
ソフトバンク 478Mbps 無料 45,000円 下り:2Gbps
上り:1Gbps
So-net 独自回線
auひかりのロゴ 101,780円 149,300円 関西・東海以外
※マンションは全国
au 375Mbps 無料 52,000円 1Gbps 8社から選べる 独自回線
ソフトバンク光のロゴ 135,248円 190,688円 全国 ソフトバンク
ワイモバイル
299Mbps 無料 37,000円 1Gbps Yahoo!BB NTT回線
(光コラボ)
eo光のロゴ 126,636円 163,028円 関西地方・福井 au 452Mbps 無料 10,000円 1Gbps eo 独自回線
コミュファ光のロゴ 91,560円 132,920円 東海地方・長野 au 474Mbps 無料 35,000円 1Gbps 11社から選べる 独自回線

おすすめ以外の14社の比較一覧表

光回線 3年実質料金
(マンション)
3年実質料金
(戸建て)
提供エリア セット割
対象キャリア
平均速度 工事費 キャッシュ
バック
最大速度 プロバイダ 回線網
フレッツ光のロゴ 197,680円 254,680円 全国 なし 249Mbps 有料 なし 1Gbps 自由に選べる NTT回線
ぷらら光のロゴ 159,060円 213,180円 全国 なし 229Mbps 有料 なし 1Gbps ぷらら NTT回線(光コラボ)
ソネット光プラスのロゴ 125,532円 166,572円 全国 au 283Mbps 無料 なし 1Gbps So-net NTT回線(光コラボ)
DTI光 130,140円 178,960円 全国 au 246Mbps 無料 19,000円 1Gbps DTI NTT回線(光コラボ)
ビッグローブ光のロゴ 111,108円 150,708円 全国 au
BIGLOBE
UQモバイル
238Mbps 無料 30,000円 1Gbps BIGLOBE NTT回線(光コラボ)
OCN光のロゴ 162,360円 225,060円 全国 OCNモバイル 250Mbps 有料 なし 1Gbps OCN NTT回線(光コラボ)
メガエッグ光のロゴ 90,220円 129,820円 中国地方のみ au 374Mbps 無料 20,000円 1Gbps メガエッグ 独自回線
ピカラ光のロゴ 101,720円 149,240円 四国地方のみ au 344Mbps 無料 25,000円 1Gbps ピカラ 独自回線
BBIQのロゴ 154,960円 146,000円 九州地方のみ au 317Mbps 有料 30,000円 1Gbps BBIQ 独自回線
@nifty光のロゴ 110,630円 157,600円 全国 au 193Mbps 無料 25,000円 1Gbps @nifty NTT回線(光コラボ)
楽天ひかりのロゴ 117,700円 147,400円 全国 楽天モバイル 189Mbps 無料 なし 1Gbps 楽天
ブロードバンド
NTT回線(光コラボ)
エキサイトMEC光のロゴ 136,032円 175,296円 全国 なし 326Mbps 無料 なし 1Gbps BB.excite NTT回線(光コラボ)
IIJmioひかりのロゴ 158,260円 200,860円 全国 IIJmio 295Mbps 有料 なし 1Gbps IIJmio NTT回線(光コラボ)
enひかりのロゴ 146,520円 186,420円 全国 ahamo
UQモバイル
308Mbps 有料 なし 1Gbps en NTT回線(光コラボ)
光回線 3年実質料金
(マンション)
3年実質料金
(戸建て)
提供エリア セット割
対象キャリア
平均速度 工事費 キャッシュ
バック
最大速度 プロバイダ 回線網
フレッツ光のロゴ 197,680円 254,680円 全国 なし 249Mbps 有料 なし 1Gbps 自由に選べる NTT回線
ぷらら光のロゴ 159,060円 213,180円 全国 なし 229Mbps 有料 なし 1Gbps ぷらら NTT回線
(光コラボ)
ソネット光プラスのロゴ 125,532円 166,572円 全国 au 283Mbps 無料 なし 1Gbps So-net NTT回線
(光コラボ)
DTI光 130,140円 178,960円 全国 au 246Mbps 無料 19,000円 1Gbps DTI NTT回線
(光コラボ)
ビッグローブ光のロゴ 111,108円 150,708円 全国 au
BIGLOBE
UQモバイル
238Mbps 無料 30,000円 1Gbps BIGLOBE NTT回線
(光コラボ)
OCN光のロゴ 162,360円 225,060円 全国 OCNモバイル 250Mbps 有料 なし 1Gbps OCN NTT回線
(光コラボ)
メガエッグ光のロゴ 90,220円 129,820円 中国地方のみ au 374Mbps 無料 20,000円 1Gbps メガエッグ 独自回線
ピカラ光のロゴ 101,720円 149,240円 四国地方のみ au 344Mbps 無料 25,000円 1Gbps ピカラ 独自回線
BBIQのロゴ 154,960円 146,000円 九州地方のみ au 317Mbps 有料 30,000円 1Gbps BBIQ 独自回線
@nifty光のロゴ 110,630円 157,600円 全国 au 193Mbps 無料 27,000円 1Gbps @nifty NTT回線
(光コラボ)
楽天ひかりのロゴ 117,700円 147,400円 全国 楽天モバイル 189Mbps 無料 なし 1Gbps 楽天
ブロードバンド
NTT回線
(光コラボ)
エキサイトMEC光のロゴ 136,032円 175,296円 全国 なし 326Mbps 無料 なし 1Gbps BB.excite NTT回線
(光コラボ)
IIJmioひかりのロゴ 158,260円 200,860円 全国 IIJmio 295Mbps 有料 なし 1Gbps IIJmio NTT回線
(光コラボ)
enひかりのロゴ 146,520円 186,420円 全国 ahamo
UQモバイル
308Mbps 有料 なし 1Gbps en NTT回線
(光コラボ)
三瓶さん 三瓶

比べてみると、おすすめ6社とそれ以外では実質料金に大きな差があることが分かります。速度や対応エリアも変わるため、自身にとってどこが最適なのか選ぶのも一苦労ですね。

そこで、次の項目ではどのような基準で光回線を選べばよいか、具体的な方法を解説していきます!

先におすすめの光回線6社の詳細を見たい場合は、下表にある光回線のロゴをタップしてください。詳しい解説に移動できます。

ドコモ光のロゴ NURO光のロゴ auひかりのロゴ
ソフトバンク光のロゴ eo光のロゴ コミュファ光のロゴ

光回線の選び方や抑えておくべき条件

注目ポイントを挙げている女の子

光回線の最もおすすめの選び方は、以下の5つを軸に決めることです。

光回線の選び方

  • ①スマホに合わせた光回線を選ぶ
  • ②最大速度ではなく実測値で比べる
  • ③キャッシュバックや工事費を比べる
  • ④地域によってお得な光回線を知る
  • ⑤実績のある大手の会社が運営している

選び方の詳細を解説する前に、上記5つの内容を踏まえた、おすすめの光回線6社をフローチャート式でご紹介します。

おすすめの光回線は使っているスマホキャリアで変わる

おすすめの光回線は使っているスマホキャリアで変わる

①スマホに合わせた光回線を選ぶ

光回線を選ぶ際に最も重要なのはスマホのキャリアに合わせた光回線を選ぶことです。

スマホのキャリアに合った光回線を選べば、セット割というサービスが適用されるからです。

セット割とは、特定の光回線とスマホをセット契約することで、スマホ料金が割引される優れたサービスです。

特に、ドコモ・au・ソフトバンクユーザーにとってメリットが大きく、最大で毎月1,100円安くなります。

また、家族のスマホも割引対象になるので、3人家族で全員が対象だと、毎月3,300円も出費が抑えられます。

光回線の多くは2年契約なので、24ヶ月で計算すると3,300×24=79,200円もお得です!

3人家族でスマホセット割を適用した場合の2年間の割引額

ドコモやau、ソフトバンクのセット割は永年割引です。割引が消える心配もないので、存分に活用しましょう!

格安スマホならセット割を考慮しなくてよい

格安スマホや3大キャリアの新プランであるahamo、povo、LINEMOのユーザーなら、光回線選びでスマホセット割を考慮する必要はありません。

格安スマホの場合、3大キャリアと比べてセット割の割引額が少ないからです。割引が使える光回線よりも、ほかの光回線との組み合わせのほうが安く利用できます。

ahamo、povo、LINEMOの場合、3大キャリアのセット割が対象外になるからです。そもそもの基本料金が安くなる代わりに、各種割引が適用されなくなります。

格安スマホユーザーにおすすめの光回線は、記事の後半でご紹介します。先に詳細を知りたい場合は、以下のリンクを押してください。

記事内リンク

▼格安スマホユーザーにおすすめの光回線

②最大速度ではなく実測値で比べる

天秤にかけて比較している人のイラスト 

光回線の回線速度に注目する時は、最大速度ではなく実測値で比べるべきです。光回線業者が示している最大速度はあくまで理論値で、実際にはもっと遅い速度しか出ないからです。

例えば、おすすめ光回線6社の中で、NURO光以外の最大速度は同じ1Gbpsです。しかし、利用者の平均速度は下表のように違います。

(下表は「みんなのネット回線速度」という、スピードテストの結果をまとめたサイトを参考に作成しています。2021年7月6日付けで、過去3ヶ月間の平均速度を掲載しています)

最大速度 実測値
(平均速度)
ドコモ光 1Gbps 243Mbps
NURO光 2Gbps 478Mbps
auひかり 1Gbps 375Mbps
ソフトバンク光 1Gbps 299Mbps
eo光 1Gbps 452Mbps
コミュファ光 1Gbps 474Mbps

「〇bps」とは、1秒間にどのくらいのデータをやり取りできるかの指標です。「1Gbps=1,000Mbps」なので、最大速度の2~3割まで実測値が下がっていることが分かります。

利用時の速度が最大速度よりも下がるのは、住んでいる建物や、使っている機器・ケーブル、プロバイダの処理能力、利用者の数といった影響を受けるからです。

三瓶さん 三瓶
光回線会社が公表している最大速度をもとに判断すると、思いがけず、品質の悪いネットを契約する危険があります。必ず、実測値(平均速度)を調べましょう。

実測値はIPv6接続に対応しているかによって大きく変わる

光回線の実測値は「IPv6接続」に対応しているかによって大きく変わります。

IPv6接続とは、回線の混雑する箇所を自動的に回避する接続方式のことです。速度遅延の原因である混雑を避けられるので、時間帯を問わず高速通信が可能になります。

ちなみに、おすすめの光回線6社は、全てIPv6接続に対応しています。

同じ光回線でも契約したプロバイダによって実測値は変わる

同じ光回線を利用する場合でも、契約したプロバイダによって実測値が大きく変わる可能性があります。

例えば、おすすめ6社のうち、ドコモ光では最大24社からプロバイダを選択可能です。

その中で、最も速い「GMOとくとくBB」が公表する実測値は、2021年6月末時点で347Mbpsです。先ほど紹介した、ドコモ光全体の実測値を100Mbps以上も上回っています。

反対に、最も遅いプロバイダの実測値は100Mbps程度しかありません。

このように速度差が大きいので、プロバイダを選択できる場合は、実測値の速い会社を選ぶようにしましょう。

快適な回線速度の目安

快適な回線速度の目安は「ネットで何をするか?」によって異なります。

ただし、おすすめの光回線なら、どのような用途でも十分な速度が出るため、日常生活で不便を感じることはないです。

Googleのヘルプページ」の内容をもとに、必要な回線速度の目安をまとめました。

100Mbps以上 ・複数端末で同時に4K動画を再生可能
・対人のオンラインゲームを楽しめる
・複数人でビデオ会議が可能
50~100Mbps ・ビデオ会議が可能
・非対人のオンラインゲームが遊べる
30~50Mbps ・同時に複数端末でHD動画を再生可能
10~30Mbps ・複数のYouTube動画を同時再生可能
5~10Mbps ・YouTube動画を再生可能
3Mbps ・Webサイトを閲覧できる
・LINEやSNSの利用できる

日常的なネットの使い方では100Mbpsもあれば十分な速度ということが分かります。

おすすめの6社なら、どれも200Mbps以上の速度が期待できます。「ファイルをダウンロードできない」「動画の再生がカクつく」「ビデオ通話が上手くいかない」ということは、基本的に起きません。

③キャッシュバックや工事費を比べる

光回線ごとに実施しているキャンペーン内容を確認することも重要です。スマホセット割とキャンペーンの有無により、実質料金が3年間で最大20万円ほど変わってしまう可能性があるからです。

下表では、キャンペーンの中でもメリットが大きい「キャッシュバック」と「工事費負担」の有無について、おすすめ6社の内容を比較しています。

実質料金を抑えるためには、スマホセット割の次に重視すべき項目なので、ぜひ参考にしてください。

光回線 キャッシュバック 工事費
ドコモ光のロゴ 20,000円
+
2,000pt
(dポイント)
完全無料
NURO光のロゴ 45,000円 実質無料
auひかりのロゴ 52,000円 実質無料
ソフトバンク光のロゴ 37,000円 実質無料
eo光のロゴ 商品券
10,000円分
実質無料
コミュファ光のロゴ マンション
35,000円
実質無料
戸建て
30,000円

④地域によってお得な光回線を知る

日本地図

お住まいの地域によってお得な光回線が変わることも把握しておきましょう。全国対応していない光回線もあるからです。

全国対応している光回線

  • ・フレッツ光(東日本・西日本で分担)
  • ・光コラボ全般(フレッツ光と同じ回線網)

全国対応ではない光回線

  • ・独自回線(auひかり、NURO光など)
  • ・CATV系

NTTの設備を使っているフレッツ光と光コラボは、全国のほとんどの地域で利用可能です。

しかし、独自の設備を使っている独自回線とCATV系は、提供エリアが限られています。

大手の中でエリアが限定的なのは、auひかりやNURO光などです。どちらも知名度が高く評判も良いですが、提供エリア外では代わりの回線を選ぶ必要があります。

スムーズに契約するためにも、光回線を選ぶ際は事前に提供エリアを確認しておきましょう。

光回線別の提供エリア一覧

光回線別の提供エリアをまとめると、以下のようになります。

提供エリア
フレッツ光 全国(東日本・西日本で分かれる)
ドコモ光 全国
ソフトバンク光
ソネット光プラス
ビッグローブ光
@nifty光
DTI光
楽天ひかり
エキサイトMEC光
OCN光
ぷらら光
IIJmioひかり
enひかり
auひかり 関西・東海以外
※マンションは全国対応
NURO光 北海道・関東・関西・東海・中国・九州
eo光 関西地方・福井県
コミュファ光 東海地方・長野県
メガエッグ光 中国地方のみ
ピカラ光 四国地方のみ
BBIQ光 九州地方のみ

上記の表は、各社の公式サイトに記載の情報をまとめた大雑把なものです。実際には、提供エリア内であっても地形や建物の問題で工事ができず、契約を断られることもあります。

建物別の正確な提供状況は、公式サイトで検索できます。申し込みを検討している人は、必ず公式サイトにアクセスして確認しましょう。

関連記事

▶NURO光の詳しい提供エリアと検索方法
▶auひかりの詳しい提供エリアと検索方法
▶eo光の詳しい提供エリアと検索方法
▶コミュファ光の詳しい提供エリアと検索方法

⑤実績のある大手の会社が運営している

世の中には100社を超える光回線があるため、中には劣悪なサービスを提供するところや、サポート体制が不十分なところもあります。

そういった光回線を契約した場合、回線速度が遅くて満足に通信ができなかったり、トラブルが発生した際に問い合わせても全くつながらなかったりします。

契約して後悔しないためにも、大手で運営実績のある会社が提供する光回線を選びましょう。

以下、大手の会社が運営する代表的な光回線をいくつかご紹介します。

光回線名 運営会社
ドコモ光 NTTドコモ
フレッツ光 NTT東日本/西日本
auひかり KDDI
ソフトバンク光 ソフトバンク
NURO光 ソニー
ソネット光プラス
ビッグローブ光 BIGLOBE
楽天ひかり 楽天
コミュファ光 中部テレコミュニケーション
(KDDI系列)
eo光 オプテージ
(関西電力系列)
三瓶さん 三瓶
サービス品質やサポート以外にも、大手のほうが各種割引やキャンペーンがより充実しています。先ほどご紹介したスマホセット割は、その最たる例と言えます。

次の項目では、どの光回線がお得なのか、実際に支払う料金の総額を分かりやすくまとめています。ぜひ参考にしてください。

主要20社の実質料金一覧

電卓を持った女の子のイラスト

本項目では、マンションと戸建てに分けて、主要20社の3年間の実質料金を改めて比較していきます。

実質料金とは「実際に契約した時に支払う費用」を分かりやすく示したものです。金額を比べることで、どこが本当に安い光回線なのかを判断できます。

比較してみると、おすすめの光回線6社はセット割やキャンペーンがお得なため、実質料金が安くなっていることがわかります。

マンションの実質料金比較

光回線 マンション3年間総額
ドコモ光のロゴ 実質料金:100,100円
実質月額:2,781円
セット割:ドコモ
比較解説:ドコモなら最も安い
NURO光のロゴ 実質料金:125,700円
実質月額:3,492円
セット割:ソフトバンク
比較解説:ソフトバンクなら安い
auひかりのロゴ 実質料金:81,980円
実質月額:2,277円
セット割:au
比較解説:auで東海以外なら最も安い
ソフトバンク光のロゴ 実質料金:96,980円
実質月額:2,694円
セット割:ソフトバンク
比較解説:ソフトバンクなら安い
eo光のロゴ 実質料金:98,340円
実質月額:2,732円
セット割:au
比較解説:関西ならauひかりの次に安い
コミュファ光のロゴ 実質料金:63,840円
実質月額:1,773円
セット割:au
比較解説:auで東海エリアなら最も安い
ビッグローブ光のロゴ 実質料金:111,108円
実質月額:3,086円
セット割:au
比較解説:auひかり/eo光/コミュファ光のエリア外なら最も安い
ソネット光プラスのロゴ 実質料金:125,532円
実質月額:3,487円
セット割:au
比較解説:auひかりより高い
フレッツ光のロゴ 実質料金:197,680円
実質月額:5,491円
セット割:なし
比較解説:セット割がないので高い
ぷらら光のロゴ 実質料金:159,060円
実質月額:4,418円
セット割:なし
比較解説:セット割がないので高い
DTI光 実質料金:130,140円
実質月額:2,781円
セット割:au
比較解説:セット割があっても高い
OCN光のロゴ 実質料金:162,360円
実質月額:4,510円
セット割:OCNモバイル
比較解説:セット割があっても高い
メガエッグ光のロゴ 実質料金:90,220円
実質月額:2,506円
セット割:au
比較解説:auひかりより高い
ピカラ光のロゴ 実質料金:101,720円
実質月額:2,826円
セット割:au
比較解説:auひかりより高い
BBIQのロゴ 実質料金:154,960円
実質月額:4,304円
セット割:au
比較解説:auひかりより高い
@nifty光のロゴ 実質料金:110,630円
実質月額:3,073円
セット割:au
比較解説:auひかりより高い
楽天ひかりのロゴ 実質料金:117,700円
実質月額:3,269円
セット割:楽天モバイル
比較解説:楽天モバイルと併用なら安い
エキサイトMEC光のロゴ 実質料金:136,032円
実質月額:3,779円
セット割:なし
比較解説:セット割がないので高い
IIJmioひかりのロゴ 実質料金:158,260円
実質月額:4,396円
セット割:IIJmio
比較解説:セット割があっても高い
enひかりのロゴ 実質料金:146,520円
実質月額:4,070円
セット割:ahamo/UQ
比較解説:セット割があっても高い
三瓶さん 三瓶

ドコモとソフトバンクユーザーで料金を重視するなら、それぞれドコモ光とNURO光がおすすめです!

一方、auユーザーは住んでいる地域によって最安の光回線が変わります。

戸建ての実質料金比較

光回線 戸建て3年間総額
ドコモ光のロゴ 実質料金:147,620円
実質月額:4,101円
セット割:ドコモ
比較解説:ドコモなら最も安い
NURO光のロゴ 実質料金:125,700円
実質月額:3,492円
セット割:ソフトバンク
比較解説:ソフトバンクなら最も安い
auひかりのロゴ 実質料金:129,500円
実質月額:3,597円
セット割:au
比較解説:auでエリア内なら最も安い
ソフトバンク光のロゴ 実質料金:152,420円
実質月額:4,234円
セット割:ソフトバンク
比較解説:NURO光の次に安い
eo光のロゴ 実質料金:134,732円
実質月額:3,743円
セット割:au
比較解説:auで関西エリアなら最も安い
コミュファ光のロゴ 実質料金:105,200円
実質月額:2,922円
セット割:au
比較解説:auで東海エリアなら最も安い
ビッグローブ光のロゴ 実質料金:150,708円
実質月額:4,186円
セット割:au
比較解説:auひかり/eo光/コミュファ光のエリア外なら最も安い
ソネット光プラスのロゴ 実質料金:166,572円
実質月額:4,627円
セット割:au
比較解説:auひかりより高い
フレッツ光のロゴ 実質料金:254,680円
実質月額:7,074円
セット割:なし
比較解説:セット割がないので高い
ぷらら光のロゴ 実質料金:213,180円
実質月額:5,922円
セット割:なし
比較解説:セット割がないので高い
DTI光 実質料金:178,960円
実質月額:4,971円
セット割:au
比較解説:auひかりより高い
OCN光のロゴ 実質料金:225,060円
実質月額:6,252円
セット割:OCNモバイル
比較解説:セット割があっても高い
メガエッグ光のロゴ 実質料金:129,820円
実質月額:3,606円
セット割:au
比較解説:auひかりより高い
ピカラ光のロゴ 実質料金:149,240円
実質月額:4,146円
セット割:au
比較解説:auひかりより高い
BBIQのロゴ 実質料金:146,000円
実質月額:4,056円
セット割:au
比較解説:auひかりより高い
@nifty光のロゴ 実質料金:157,600円
実質月額:4,378円
セット割:au
比較解説:auひかりより高い
楽天ひかりのロゴ 実質料金:147,400円
実質月額:4,094円
セット割:楽天モバイル
比較解説:楽天モバイルと併用なら安い
エキサイトMEC光のロゴ 実質料金:175,296円
実質月額:4,869円
セット割:なし
比較解説:セット割がないので高い
IIJmioひかりのロゴ 実質料金:200,860円
実質月額:5,579円
セット割:IIJmio
比較解説:セット割があっても高い
enひかりのロゴ 実質料金:186,420円
実質月額:5,178円
セット割:ahamo/UQ
比較解説:セット割があっても高い
三瓶さん 三瓶

3大キャリアのスマホセット割を適用すると、3年間で約4万円も出費が抑えられます。

負担が大きく変わるので、3大キャリアのユーザーは必ずセット割が適用できる光回線を選びましょう!

ここからは、より細かい目的別におすすめできる光回線をご紹介したのち、冒頭に記載したおすすめ6社の詳細を個別に解説していきます。

各社の魅力を分かりやすく解説していくので、光回線選びの参考になれば幸いです。

先におすすめ6社の情報を見たい場合は、下表にあるロゴをタップすると各回線の詳しい解説に移動できます。ぜひご利用ください。

光回線 おすすめ理由
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーにとって最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
無条件で2万円のキャッシュバック
解約費用の補助がある(最大2万円)
一番お得なキャンペーン窓口
NURO光のロゴ ソフトバンクなら最安クラスの光回線
ソフトバンクのセット割が使えてお得
最大速度2Gbpsで他の光回線より速い
一番お得なキャンペーン窓口
auひかりのロゴ auユーザーなら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
最大52,000円のキャッシュバック
一番お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ ソフトバンクでNURO光の次におすすめ
ソフトバンクのセット割が使えてお得
ワイモバイルの料金も安くなる
一番お得なキャンペーン窓口
eo光のロゴ auで関西地方なら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
1年目の月額料金が約3,000円
一番お得なキャンペーン窓口
コミュファ光のロゴ auで東海地方なら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
回線速度がトップクラスに速い
一番お得なキャンペーン窓口

目的別のおすすめ光回線

選択肢がたくさんあるイラスト

スマホセット割以外に、もっと細かい目的別に合わせたおすすめの光回線をご紹介します。(下表のロゴから各回線の解説に移動できます)

目的 おすすめ光回線
オンラインゲームを
快適に遊びたい
NURO光のロゴ
楽天サービスの愛用者 楽天ひかりのロゴ
引っ越しが多い ビッグローブ光のロゴ
一人暮らし おすすめ6社
(スマホキャリアで決まる)
テレワーク

それぞれについて、詳しく解説していきます。

オンラインゲームを遊ぶならNURO光

PCゲームをやっている人のイラスト

オンラインゲームを快適に遊びたいならNURO光がおすすめです。最大速度が2Gbpsで、他の光回線と比べて2倍のスペックがあります。

また、オンラインゲームを遊ぶ場合には、下り・上りの回線速度のほかに、Pingと呼ばれる数値も気にする必要があります。

Pingとは、データの送受信における応答速度を表した数値です。「〇ms」で示されて数値が低いほどラグが発生しにくいです。

光回線ごとの平均速度と応答速度を表にまとめたので、参考にしてください。

下り
平均速度
上り
平均速度
応答速度
Ping
NURO光 478Mbps 413Mbps 12.6ms
ドコモ光 243Mbps 185Mbps 21.6ms
auひかり 375Mbps 268Mbps 19.5ms
ソフトバンク光 299Mbps 192Mbps 18.0ms
eo光 452Mbps 297Mbps 18.3ms
コミュファ光 474Mbps 317Mbps 17.7ms
フレッツ光 249Mbps 187Mbps 21.6ms

比べてみると、NURO光のPing値が他の光回線より優れているのが分かります。eo光やコミュファ光も平均速度は速いですが、応答速度は平均的です。

平均速度のうち、下りはダウンロード、上りはアップロードの速さを表しています。オンラインゲームはデータの送受信を繰り返すため、両方の速度が求められます。

ただ遊ぶだけであれば200Mbpsほどの速さがあればプレイ可能ですが、数値が高いほど快適です。

\オプション不要!45,000円キャッシュバック/

楽天サービスの愛用者なら楽天ひかり

楽天のサービスをたくさん使っているイラスト

楽天市場・楽天カード・楽天モバイルといったサービスを愛用している人には、楽天ひかりがおすすめです。

楽天ひかりは、楽天ポイントの還元率が上がるSPU(スーパーポイントアッププログラム)の対象サービスだからです。楽天ひかりを利用していると、楽天ポイントの付与率が1%アップします。

SPUとは、楽天が提供するサービスを使えば使うほど、楽天市場の買い物で貯まるポイント倍率が上がるシステムです。

通常は10,000円の買い物で100ptが還元されますが、楽天ひかりを契約すると還元率が1倍加算されます。そのため、同じ購入額でも200pt還元されるようになります。

ちなみに「楽天グループ」のサービスを併用すれば、ポイントの還元倍率は最大15倍まで上昇します。

SPU対象のサービス一覧

SPUの対象となる楽天のサービスを一覧にまとめました。全てのサービスを網羅すれば還元率は15倍になります。

ポイント倍率
楽天ひかり 1倍
楽天モバイル 1倍
楽天カード 2倍
楽天プレミアムカード
楽天ゴールドカード
2倍
楽天銀行+楽天カード 1倍
楽天保険+楽天カード 1倍
楽天証券 1倍
楽天トラベル 1倍
楽天モバイルキャリア決済 0.5倍
楽天市場 0.5倍
楽天ブックス 0.5倍
楽天kobo 0.5倍
楽天Pasha 0.5倍
RakutenFashion 0.5倍
楽天TV・NBARakuten 1倍
楽天ビューティー 1倍
三瓶さん 三瓶

いわゆる「楽天経済圏」をフル活用している人には楽天ひかりがおすすめです。ただし、楽天ひかりには3大キャリアのセット割はないです。

ドコモ・au・ソフトバンクのスマホユーザーは、お買い物で還元される楽天ポイントを計算してみて、セット割が使える回線とどちらがお得か比べてみましょう。

\楽天モバイルユーザーは1年間無料!/

引っ越し頻度が多いならビッグローブ光

引っ越しのイラスト

仕事の都合といった理由で頻繁に引っ越すことが多いなら、ビッグローブ光がおすすめです。全国対応の光回線であり、引っ越し費用が何度でも無料だからです。

地域限定の光回線の場合、引っ越し先が提供エリアから外れてしまうと、解約するしかないです。解約すると、違約金や工事費の残債が一括で請求され、かなりの負担が発生します。

一方、全国対応の光回線であれば、引っ越し先でも継続利用できる可能性が高いです。いちいち解約する必要がないので、解約費用の負担がありません。

中でも、ビッグローブ光は引っ越し先の工事費用が何度でも無料です。正に、引っ越しが多い人にとってぴったりの光回線です。

申し込みはキャッシュバックの貰えるNNコミュニケーションズがお得です。

\7月限定!キャッシュバック3,000円上乗せ!/

一人暮らしやテレワークにおすすめの光回線はスマホキャリアで決まる

一人暮らしの人や、テレワーク用に契約するなら、冒頭ご紹介した「光回線おすすめ6選」や「格安スマホユーザーにおすすめの光回線」の中から、自身のスマホキャリアに合わせて選ぶのがおすすめです。

なぜなら、本記事でおすすめする光回線なら、料金が安いだけでなく、あらゆる用途でも問題ない回線速度が期待できるからです。一人暮らしやテレワーク用にも最適と言えます。

ドコモユーザーならドコモ光一択

光回線 ドコモ光

ドコモのスマホを使っている人には、絶対にドコモ光がおすすめです!

「ドコモ光セット割」を適用することで、使っているスマホ・タブレットの1回線につき、最大1,100円の割引を受けられるからです。

また、 時点ではドコモユーザー向けのセット割を提供しているのはドコモ光だけです。

おすすめ度評価 総合評価はとても良い
マンション月額料金 4,400円
戸建て月額料金 5,720円
スマホセット割 ドコモ
最大速度 下り:1Gbps
上り:1Gbps
平均速度 下り:243Mbps
上り:185Mbps
対応エリア 全国
特徴 ・ドコモユーザーなら最安
・工事費完全無料
・キャッシュバック特典あり
1番お得な
キャンペーンサイト
(GMOとくとくBB)
当サイト限定!
オプション不要で20,000円キャッシュバック
抽選で毎月20名にAmazonギフト券10,000円分プレゼント
▶こちらをタップ
関連記事 ▶ドコモ光の評判を詳しく見る
▶ドコモ光のキャンペーン情報

ドコモ光は、フレッツ光と同じ回線網を使っている光コラボです。2021年2月に契約数が700万件を突破した、人気のある回線サービスです。サポート体制がしっかりしており、信頼性が高いです。

ドコモ光はNTTの設備を使っているため、全国のほとんどの地域で利用できます。とにかくエリアが広いので、引っ越し時にも困りません。

また、 開通工事費用が完全無料になるキャンペーンを実施しています。

セット割でスマホ料金が毎月1,100円お得

ドコモ光は、ドコモのスマホやタブレットを使っていると「ドコモ光セット割」という割引を受けられます。光回線ではなく、スマホやタブレットの利用料金が安くなる制度です。

割引額は、スマホ・タブレットの1回線ごとに550~1,100円です。「ギガホプレミア」や「5Gギガホプレミア」といったスタンダードなプランの場合は、1,100円割引されます。

上記ツイートのように、セット割の割引額を踏まえると、ドコモ光はかなり割安で使える光回線です。

また、家族の使っているドコモのスマホ回線もセット割の対象に含まれます。

両親・子ども・祖父母といった3親等以内の家族であれば、離れて暮らしていても割引されます。(最大20回線まで)

ただし、2021年3月から始まった新料金プラン「ahamo」は、セット割の対象外です。計算を間違えないよう注意しましょう。

公式キャンペーンで工事費が完全無料

ドコモ光は新規工事量が完全無料

、ドコモ光は工事費が完全無料になる公式キャンペーンを実施しています。

ほかの光回線と違って「実質無料」ではありません。急な解約が必要になった場合でも、あとから請求される心配がないです。

ドコモ光の工事費無料キャンペーンは不定期開催です。年に2ヶ月ほど実施しない期間があるので、早めに申し込みましょう。

ドコモ光の1番お得なキャンペーン窓口は?

ドコモ光に申し込むならプロバイダのGMOとくとくBBを窓口にするのがおすすめです。

実際に契約したユーザーからの評価が非常に高く、20,000円のキャッシュバックを筆頭に、様々なメリットを受けられるからです。

ドコモ光×GMOとくとくBBがおすすめな理由

  • ・利用者からの評価が極めて高い
  • 2万円キャッシュバックが無条件で貰える
  • ・抽選で1万円分のAmazonギフト券が貰える
  • ・プロバイダ24社の中で最も回線速度が速い
  • ・高性能Wi-Fiルーターが無料レンタルできる
  • ・開通工事費が無料になる
  • ・セキュリティソフトが1年間無料
  • ・開通するまでモバイルWi-Fiが無料で使える

ただし、通常だとオプション加入なしの場合は5,500円のキャッシュバックしかありません。

ですが当サイト限定のキャンペーンページから申し込めば、オプション不要でキャッシュバックが最高額の20,000円に上がります!

これは、他の代理店や、ドコモ光の公式サイトと比べて最もお得なキャンペーンです!

\当サイト限定!オプション無しで20,000円!/

利用者からの評価が極めて高い

GMOとくとくBBは、実際の利用者から高く評価されています。その証拠に、2019~2020年の「オリコン顧客満足度ランキング」のプロバイダ部門において第1位を獲得しています。

GMOとくとくBBはオリコンで2年連続総合1位

オリコンでは、回線速度、料金、サポートといった様々な評価項目について、約2万人の利用者から意見を収集して順位を決めています。

特に「通信速度・安定性」に関する評価が高いです。実際、ドコモ光のプロバイダの実測値を比べると、GMOとくとくBBが1番速いです。

プロバイダ名 利用者の平均速度
1位 GMOとくとくBB 273Mbps
2位 BIGLOBE 249Mbps
3位 ドコモnet 228Mbps
4位 OCN 211Mbps
5位 タイガースネット 209Mbps

キャッシュバックが多いだけでなく、GMOとくとくBBのサービス自体が高品質なため、とてもおすすめです!

\当サイト限定!オプション無しで20,000円!/

【ヒカリク限定】抽選で毎月20名様にAmazonギフト券10,000円分プレゼント

【ヒカリク限定】抽選で毎月20名様にAmazonギフト券10,000円分プレゼント

当サイトを経由してGMOとくとくBBに申し込んだ人のうち、抽選で毎月20名様にAmazonギフト券10,000円分がプレゼントされるキャンペーンを実施中です!

応募方法は、GMOとくとくBBのページからドコモ光に申し込んだ後の確認電話で「ヒカリクを見た」と伝えるだけです。

他のサイトでは実施していないヒカリク限定のキャンペーンです!キャッシュバックと合わせると合計30,000円還元のチャンスなので、ぜひとも活用してください!

キャッシュバック Amazon
ギフト券
還元額合計
GMO
とくとくBB
20,000円 10,000円 30,000円
@nifty 18,000円 なし 18,000円
ぷらら 15,000円 なし 15,000円
ネットナビ 15,000円 なし 15,000円
ドコモnet なし なし なし
\当サイト限定!オプション無しで20,000円!/

ソフトバンクユーザーならNURO光

光回線 NURO光

ソフトバンクのスマホを使っているならNURO光がおすすめです。ソフトバンクのスマホ料金が安くなる「おうち割光セット」という割引に対応しているからです。

しかも、NURO光は最大速度が2Gbpsで、平均速度も478Mbpsとかなり速いです。さらに月額料金の割引や、高額なキャッシュバックなども実施しているため、実はソフトバンク光よりもおすすめです。

おすすめ度評価 総合評価は良い
マンション月額料金 基本は5,200円
まれに2,090~2,750円
戸建て月額料金 5,200円
スマホセット割 ソフトバンク
最大速度 下り:2Gbps
上り:1Gbps
平均速度 下り:478Mbps
上り:413Mbps
対応エリア 北海道・関東・関西・
東海・中国・九州
特徴 ・回線速度が最速レベル
・工事費実質無料
・キャッシュバック特典あり
関連記事 ▶NURO光の評判を詳しく見る
▶NURO光のキャンペーン情報

また、NURO光はセット割が使えないユーザーで、戸建てに住んでいる場合にもおすすめの光回線です。戸建ての月額料金が相場より安く、高額キャッシュバックがもらえるからです。

NURO光の欠点は、提供エリアがかなり限定的という点です。「ダークファイバー」という特殊な回線を使っているため、開通前に特殊な工事が必要で、提供できない地域が多いです。

特にマンション用のプランである「NURO光 for マンション」を契約できるケースはまれです。集合住宅の場合でも、戸建てと同じ月額5,200円の契約になることがほとんどです。

NURO光の対応エリア
残念ながら、NURO光は全国対応の光回線ではありません。 時点での対応エリアは以下のとおりです。

北海道・東北 北海道
関東 東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/栃木/群馬
中部 愛知/静岡/岐阜/三重
関西 大阪/京都/兵庫/滋賀/奈良
中国 広島/岡山
四国
九州 ・沖縄 福岡/佐賀

最大速度が下り2Gbpsの超高速通信

NURO光は、スタンダードな契約プランでも、下りの最大速度が2Gbpsになっている光回線です。ほとんどの光回線は最大速度1Gbpsなので、大きな特徴です。

最大速度だけでなく、実測値(利用者の平均速度)で比べても、NURO光はほかの光回線よりも速いです。

最大速度 平均速度
NURO光 2Gbps 478Mbps
ドコモ光 1Gbps 243Mbps
auひかり 1Gbps 375Mbps
ソフトバンク光 1Gbps 299Mbps
フレッツ光 1Gbps 249Mbps

実際に、478Mbpsの回線速度が必要になるケースは少ないですが「速度の速さを優先したい!」という人にはおすすめの光回線です。

上記のツイートのように、900Mbps近くの速度が出ている人もいます。オンラインゲーム、動画配信、リモートワークといったあらゆる用途に役立ちます。

ソフトバンクのスマホ料金が毎月1,100円割引される

NURO光では、ソフトバンクのスマホ料金が550~1,100円安くなる「おうち割 光セット」を適用できます。

割引の内容は、後述するソフトバンク光と同じで、使っているスマホの契約プランによって変わります。

「データプラン・メリハリ」「データプラン・ミニフィット」「データ定額5GB/20B/50GB」といった契約の場合は1,100円割引です。

「データ定額ミニ」や「パケットし放題フラット for 4G LTE」といったプランだと、550円割引です。

おうち割は、ソフトバンクの1回線ごとに適用されます。家族全員がソフトバンクを使っている場合や、スマホとタブレットの2台持ちしている人は、それぞれの料金が割引されます。

工事が2回あるので利用開始までが長い

NURO光には開通工事が2回あるため利用開始までの待機期間が長いという欠点があります。工事が2回もあるのは、NURO光が独自の設備を使っているからです。

屋外と屋内の工事を別々の日程でするので、申し込みから開通まで2ヶ月ほどかかることもあります。新居への入居とあわせてネット環境を整えたい人は、なるべく早めに申し込んだほうが良いです。

「ネット開通まで長期間待てない!」という人向けには、格安でモバイルWiFiのレンタルもしています。

NURO光の申し込み窓口は公式サイトが1番おすすめ

おすすめする女の子

NURO光に申し込むなら公式のキャンペーンページを窓口にするのが1番おすすめです!

高額キャッシュバックをはじめ、さまざまなメリットを受けられるからです。

NURO光の公式キャンペーンがおすすめな理由

  • ①オプション不要で4.5万円キャッシュバック
  • ②44,000円分の工事費が実質無料になる
  • ③ネットや光電話の設定サポートが無料
  • ④申し込みと同時に工事日を選択できる
  • ⑤高速無線LAN機能が無料で利用可能

代理店を通すよりも高額な45,000円キャッシュバックがもらえること、また、仲介業者がいないことで開通工事までの期間を短くできることは、とくに大きなメリットです!

\オプション不要!45,000円キャッシュバック/
NURO光の公式サイトはこちら

45,000円のキャッシュバックを無条件でもらえる

NURO光の45,000円キャッシュバック

NURO光のキャンペーンページを窓口にすると、無条件で45,000円のキャッシュバックをもらえます!

しかも、追加オプションの加入といった条件は、一切ありません!

適用条件 キャッシュバック
公式サイト なし 45,000円
価格.com 41,370円
ライフサポート 36,000円
アウンカンパニー 光電話オプション加入 35,000円

ほかの窓口から申し込むと、キャッシュバックのためにオプション加入が必要だったり、そもそもの還元額が低かったりします。

公式キャンペーンの45,000円という金額は、NURO光で貰えるキャッシュバックの最高額です!絶対に損をしない特典なので、ぜひ活用しましょう!

\オプション不要!45,000円キャッシュバック/
NURO光の公式サイトはこちら

44,000円の工事費が実質無料になる

「工事費無料」なイラスト

NURO光は、公式サイトのキャンペーンページから申し込むことで、開通工事費が実質無料になります!

本来ならば、NURO光の工事費は44,000円と高額です。3年契約の場合は1,222円の36回払い、2年契約は1,833円の24回払いです。

キャンペーンを利用することで負担をゼロにできるのは、大きなメリットです。

\オプション不要!45,000円キャッシュバック/
NURO光の公式サイトはこちら

開通工事までの待機期間を最短にできる

カレンダーを見て期間を待っているイラスト

NURO光は、公式サイトから申し込むことで開通までの待期期間を最も短くできます!

公式のキャンペーンページなら、申し込みと同時に工事日を指定できるからです。

代理店をとおしてNURO光に申し込んでしまうと、仲介業者があいだに入るため、工事日の決定に余計な手間がかかってしまいます。

NURO光は開通までの期間が長い光回線です。しかし、公式の窓口から申し込めば、待期期間を最短にできます!

\オプション不要!45,000円キャッシュバック/
NURO光の公式サイトはこちら

auユーザーにおすすめはauひかり

光回線 auひかり

auのスマホユーザーなら、auひかりがおすすめです。スマホ料金が安くなる「auスマートバリュー」という割引を受けられるからです。

また、回線の品質が良く月額料金も良心的なので、利用者からの評価も高い光回線です。

総合評価 総合評価は良い
マンション月額料金 4,180円
戸建て月額料金 5,610円
スマホセット割 au
最大速度 下り:1Gbps
上り:1Gbps
平均速度 下り:375Mbps
上り:268Mbps
対応エリア 関西・東海以外
※マンションは全国対応
特徴 ・独自回線で回線速度が速い
・工事費実質無料
・キャッシュバック特典あり
関連記事 ▶auひかりの評判を詳しく見る
▶auひかりのキャンペーン情報

auひかりは、キャッシュバック特典がとても豪華です。窓口をきちんと選べば、申し込むだけで5万円以上の現金がもらえます。

回線速度が速いこともauひかりの大きな特徴です。他の光回線は200Mbpsほどしか出ませんが、auひかりは平均300Mbps以上です。

ちなみに、auひかりはセット割が使えないユーザーで、マンションに住んでいる場合にもおすすめの光回線です。マンションの月額料金が相場より安く、高額キャッシュバックがもらえるからです。

ただし、auひかりには、全国対応ではないという欠点があります。主な未提供エリアは、関西・東海地方です。

auひかりの対応エリア
auひかりは全国対応の光回線ではありません。 時点での対応エリアを、下表にまとめました。

北海道・東北 北海道/青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島
関東 東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/栃木/群馬
中部 新潟/富山/石川/山梨/長野/福井
関西
中国 鳥取/島根/岡山/広島/山口
四国 徳島/香川/愛媛/高知
九州 ・沖縄 福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島

auのスマホを使っていて、非対応エリアに住んでいる人は、eo光・コミュファ光・ソネット光プラスがおすすめです。KDDIと提携しているので、スマホセット割が使えます。

記事内リンク

▼関西地方ならeo光がおすすめ
▼東海地方ならコミュファ光がおすすめ
▼その他の地域はビッグローブ光がおすすめ

auスマートバリューでauスマホの料金が最大1,100円割引

auひかりは、「auスマートバリュー」で毎月のスマホ代が最大1,000円引き

auひかりは、auのスマホやタブレットを使っていると、auスマートバリューという割引を受けられます。光回線ではなく、スマホやタブレットの利用料金が安くなる制度です。

割引額は、スマホ・タブレットの1回線ごとに550~1,100円です。契約プランによって変わり、例えば、ピタットプラン5Gなら550円、データMAX5Gでは1,100円の割引です。

同じ家に住んでいる家族のau回線も割引対象です。最大10回線まで割引できるので、ファミリー世帯や、1人で複数持ちしている人は、かなりお得です。

独自回線で回線速度が速い

auひかりの回線速度はかなり速く、下りの平均速度が375Mbpsもあります。ドコモ光やフレッツ光は約240Mbpsなので、auひかりのほうが1.6倍ほど速いです。

速さの要因は、KDDIが独自の回線網を使用していることです。フレッツ光の設備を共同利用している光コラボと違い、利用者の数が限られているため、回線が圧迫されません。

たとえ夜間であっても、混雑することは滅多にないので、快適にネットを利用できます。

最大3万円まで乗り換え費用を負担してくれる

auひかりは他社からの乗り換え時の解約違約金を補助してくれる

auひかりは、乗り換え契約にかかる費用を最大3万円まで負担してくれます。

対象になるのは、乗り換えで生じた違約金や、工事費の残債請求、設備の撤去費用などです。

3万円もあればほとんど請求はカバーできるため、自己負担をかなり減らした状態で乗り換え可能です。

auひかりの1番お得なキャンペーン窓口は?

auひかりの最もお得な申し込み窓口は代理店のNNコミュニケーションズです。

おすすめ理由は、最大52,000円のキャッシュバックが最短2ヶ月後にもらえるからです!また、金額だけでなく、受け取り率も96%と他の代理店より圧倒的に高いのが特徴です。

NNコミュニケーションズのメリット

  • 最大52,000円のキャッシュバックが貰える
  • キャッシュバック率が96%と高い
  • ③最短開通から2ヶ月後に受け取り可能
  • ④余計なオプションに加入が不要
  • ⑤KDDIから12期連続で表彰されている
  • ⑥他社から乗り換えで追加キャッシュバック

もちろん、公式特典も適用できるので、他社の解約違約金を負担してもらえたり、開通工事費が無料になったりします。

また、KDDIから12期連続で表彰されている唯一の代理店でもあります。公式以外で1番信頼できる窓口と言えるので、確実に得をしたいならおすすめです。

\52,000円キャッシュバック!/
NNコミュニケーションズの窓口

以下、主な申し込み窓口ごとのキャッシュバック金額や条件についてまとめてみました。

金額 受け取り時期
NN
コミュニケーションズ
52,000円 1ヶ月後
+
2ヶ月後
GMOとくとくBB 61,000円 12ヶ月後
+
24ヶ月後
BIGLOBE 55,000円 11ヶ月後
+
24ヶ月後
NEXT 52,000円 1ヶ月後
+
2ヶ月後
@TCOM 50,000円 7ヶ月後
アシタクリエイト 45,000円 1ヶ月後
DTI 38,000円 13ヶ月後
@nifty 30,000円 12ヶ月後
+
24ヶ月後
au one net 10,000円 4ヶ月後
So-net なし
Asahiネット なし

金額だけに注目した場合、GMOとくとくBBやBIGLOBEのほうがお得に見えます。しかし、その2社のキャッシュバックは、申し込みから2年経たないと全額もらえません。

また、受け取りまでの期間が長いほど、キャッシュバックをもらい損ねるリスクが高くなります。手続きを忘れたり、必要なメールを見逃したりする可能性が上がるからです。

万が一にも受け取れなかった場合の損失は計り知れません。わずかな金額差のためにリスクを背負うよりも、確実に特典が受けられる窓口を選びましょう!

違約金が発生する場合は更にキャッシュバックが上乗せされる

他社からの乗り換えで違約金が発生する場合、NNコミュニケーションズなら、更にキャッシュバックが上乗せされます。

通常分の52,000円に加えて、マンションなら15,000円、戸建てなら25,000円が追加でもらえます!

破格のキャッシュバックを受けられるので、他社から乗り換えるなら、NNコミュニケーションズから申し込むのが絶対にお得です!

プロバイダは@niftyがおすすめ

NNコミュニケーションズでは、7社のプロバイダから好きな会社を選択できます。

特にこだわりがなければ、@nifty、So-net、ビッグローブの3社から選びましょう。他のプロバイダを選択すると、もらえるキャッシュバック金額が少なくなってしまうからです。

平均速度 キャッシュバック
@nifty 下り:378Mbps
上り:298Mbps
最短2ヶ月
So-net 下り:373Mbps
上り:314Mbps
最短4ヶ月
ビッグローブ 下り:383Mbps
上り:276Mbps
最短3ヶ月

上記の中でも@niftyが最もおすすめです。キャッシュバックが最短2ヶ月で受け取れるからです。

また、肝心の回線速度も、他社と比べて遜色ない速度が出ているので、快適にインターネットが利用できます。

\52,000円キャッシュバック!/

ソフトバンクユーザーでNURO光が契約できないならソフトバンク光

光回線 ソフトバンク光

ソフトバンクのスマホを使っていて、NURO光が契約できない場合はソフトバンク光がおすすめです。

NURO光と同様、ソフトバンクのスマホ料金が安くなる「おうち割光セット」が適用できるからです。また、ソフトバンク光の場合は、ワイモバイルユーザーも割引対象になります。

同じセット割が使えるNURO光に比べて回線速度は劣りますが、提供エリアの広さはソフトバンク光のほうが優れています。

おすすめ度評価 総合評価は良い
マンション月額料金 4,180円
戸建て月額料金 5,720円
スマホセット割 ソフトバンク
ワイモバイル
最大速度 下り:1Gbps
上り:1Gbps
平均速度 下り:299Mbps
上り:192Mbps
対応エリア 全国対応
特徴 ・キャッシュバック特典あり
・工事費実質無料
・他社の違約金補助あり
・ワイモバイルも割引対象
関連記事 ▶ソフトバンク光の評判を見る
▶ソフトバンク光のキャンペーン

ソフトバンク光は、フレッツ光の回線網を使っている光コラボのうちの1つです。全国のほとんどの地域で利用できます。

また、他社から乗り換えで契約する場合には、最大10万円まで違約金を負担してくれます。

セット割でソフトバンクのスマホ料金が最大1,100円割引

ソフトバンク光とNURO光は「おうち割 光セット」で、毎月のスマホ代が最大1,000円割引

ソフトバンク光は、ソフトバンクのスマホを使っているとセット割を受けられます。割引額は1回線あたり月550~1,100円で、スマホのプランによって異なります。

「データプラン・メリハリ」「データプラン・ミニフィット」「データ定額5GB/20B/50GB」といったオーソドックスな契約の場合は1,100円割引です。

「データ定額ミニ」や「パケットし放題フラット for 4G LTE」などの少し前の契約プランでは、550円割引です。

また、同じ家に住んでいる家族のソフトバンク端末も割引対象です。ファミリー世帯や、スマホとタブレットの複数台持ちをしている人は、割引額が大きくなります。

最大10万円まで乗り換え費用を負担してくれる

ソフトバンク光 あんしん乗り換えキャンペーン

ソフトバンク光は、他社の解約にかかった費用を還元してくれる「あんしん乗り換えキャンペーン」を実施しています。

他社の解約で発生した違約金や撤去工事費を、最大10万円までキャッシュバックしてくれます。解約費用が10万円を超えることはまずないので、自己負担なしで乗り換えられます。

還元対象になる費用については、以下にまとめました。

対象になるもの

  • ・回線の違約金(モバイルWiFiも含む)
  • ・プロバイダの違約金
  • ・回線・電話撤去工事費
  • ・フレッツ光以外の開通工事費の残債
  • ・モバイルWiFi端末の割賦残債
  • ・事業者変更承諾番号発行手数料
  • ・アナログ電話復活工事費

見ての通り、ほとんどの解約費用は補助してもらえます。

公式キャンペーンで工事費用が実質無料

ソフトバンク光は、公式のキャンペーンで工事費が実質無料になります。

実質無料とは分割払いの請求額と同じ金額を毎月割引するという仕組みです。ソフトバンク光の場合は、実際の工事費が26,400円の24回払いなので、24ヶ月間にわたって毎月1,100円ずつ割引されます。

別の方法として、普通為替でまとめて受け取ることも可能ですが、普通為替の場合は不課税になるので総額が24,000円になります。

ソフトバンク光の1番お得なキャンペーン窓口は?

ソフトバンク光の最もお得な申し込み窓口は代理店のエヌズカンパニーです。公式の工事費実質無料キャンペーンに加えて、代理店独自のキャッシュバックを受けられるからです。

以下、申し込み窓口ごとのキャッシュバック金額や条件についてまとめてみました。

金額 オプション
加入
受取時期
エヌズ
カンパニー
37,000円 不要 2ヶ月後
ポケット
モバイル
50,000円 6ヶ月後
STORY 80,000円 10ヶ月後
ブロード
バンドナビ
76,000円 8ヶ月後
ライフ
バンク
75,000円 10ヶ月後
公式サイト なし

代理店の中で、エヌズカンパニーがおすすめな理由は以下の通りです。

おすすめ理由

  • ・余計なオプション加入が不要
  • ・最短2ヶ月後に受け取れる

以下、2つの理由について詳しく解説していきます。

余計なオプション加入が不要

エヌズカンパニーの特徴は、余計なオプション加入なしで高額キャッシュバックがもらえることです。申し込むだけで条件を満たせるので、絶対に損をしません。

例えば、金額が最も高いSTORYでは、8万円のキャッシュバックをもらう条件として、8個の有料オプションに加入する必要があります。

さらに、特典がもらえるのは10ヶ月後です。10ヶ月間のオプション費用は45,702円なので、キャッシュバックをもらっても、手元に34,298円しか残りません。

以上の理由から、条件なしでキャッシュバックをもらえる窓口を選ぶことが重要です。

最短2ヶ月後に受け取れる

エヌズカンパニーのキャッシュバックは、ソフトバンク光が開通してから最短2ヶ月後にもらえます。2ヶ月という期間は、代理店の中で最短です。

期間が短いほど、キャッシュバックをもらい損ねるリスクも少なくなるので、良心的な条件と言えます。

また、キャッシュバック申請方法も簡単です。申し込み時に振込口座を伝えるだけなので、手続きを忘れる心配もないです。

ソフトバンク光と契約するなら、代理店のエヌズカンパニーから申し込みましょう。

\オプション不要!37,000円キャッシュバック/

関西地方のauユーザーはeo光

eo光

auひかりのエリア外である関西地方では、代わりの光回線としてeo光がおすすめです。auひかりと同じように、auスマートバリューでスマホ料金を安くできるからです。

おすすめ度評価 総合評価はどちらかというと良い
マンション月額料金 1~2年目:3,326円
3年目以降:3,876円
戸建て月額料金 1年目のみ:3,248円
2年目以降:5,448円
スマホセット割 au
最大速度 下り:1Gbps
上り:1Gbps
平均速度 下り:452Mbps
上り:297Mbps
対応エリア 関西地方
福井県
特徴 ・1~2年目の月額料金が割引
・工事費実質無料
・10,000円の商品券プレゼント
関連記事 ▶eo光の評判を詳しく見る
▶eo光のキャンペーン情報

eo光は、関西電力のグループ会社「オプテージ」が運営している光回線です。独自回線系で回線速度が速いのが特徴で、平均速度は、下り452Mbps、上り297Mbpsもあります。

また「eo暮らしスタート割」という新規契約者向けのキャンペーンを実施しており、1~2年目の月額料金が無条件で割引されるのも大きな特徴です。

1~2年目は月額料金が割引される

eo暮らしスタート割

eo光は、eo暮らしスタート割という公式のキャンペーンを実施しており、1~2年目の月額料金が安いです。

マンションは1~2年目の料金が550円安くなり、戸建ての場合は1年目が2,200円安くなります。

契約年数ごとの月額料金をまとめると、以下のとおりです。

1年目 2年目 3年目以降
マンション 3,326円 3,876円
戸建て 3,248円 5,448円 5,274円

ちなみに光回線の相場は、マンションが約4,500円、戸建てが約5,500円なので、3年目以降の料金も比較的安いことが分かります。

auのスマホ料金が毎月1,100円割引される

eo光では、auひかりと同じように、auスマートバリューというスマホセット割を適用できます。eo光を運営している会社が、KDDIグループと提携しているからです。

auスマートバリューは、auのスマホやタブレットの回線料金が最大1,100円安くなる割引制度です。

割引額はスマホのプランによって変わります。例えば、ピタットプラン5Gなら550円、データMAX5Gでは1,100円割引されます。

また、同じ家に住んでいるなら、家族の使っているau回線も割引対象です。最大10回線まで割引できるので、ファミリー世帯や、1人で複数持ちしている人は、さらにお得です。

回線速度がNURO光と同じくらい速い

eo光は、auひかりと同じくらいに回線速度が速いです。下り(ダウンロード)の速さは、eo光が452Mbps、NURO光は478Mbpsで、ほとんど同じです。

オンラインゲームで遊んだり、4Kの綺麗な動画を見る場合でも、ストレスなくさくさく読み込めます。

eo光の1番お得なキャンペーン窓口は?

eo光は公式サイトから申し込むのが最もおすすめです。公式以外の窓口は代理店のライフイノベーションのみですが、キャンペーン内容が全く同じだからです。

内容が同じなら、公式サイトから直接申し込んだほうが手続きが簡単なので、あえて代理店経由で申し込む必要はないです。

以下、キャンペーン内容をご紹介します。マンションと戸建てで内容が違うので、それぞれ分けて記載します。

公式サイト特典(マンション)

  • ①商品券3,000円分
  • ②他社の解約費用を上限1.5万円まで負担
  • ③開通時の工事費が実質無料になる

公式サイト特典(戸建て)

  • ①商品券1万円分か家電がもらえる
  • ②他社の解約費用を上限5万円まで負担
  • ③開通時の工事費が実質無料になる

特に注目したいのが、他社から乗り換える際にかかる解約費用を負担してくれる特典です。違約金や工事費の残債を負担してくれるので、だいたいの請求をカバーできます。

お得な特典が受けられるので、eo光を契約するなら公式サイトから申し込みましょう。

\工事費実質無料+他社違約金5万円まで還元/

東海地方のauユーザーはコミュファ光

コミュファ光のロゴ

東海地方に住んでいるauユーザーなら、コミュファ光がおすすめです。

auスマートバリューを適用できるので、auひかりと同じようにスマホ料金が最大1,100円割引されるからです。

おすすめ度評価 総合評価はどちらかというと良い
マンション月額料金 1年目:3,380円
2年目以降:4,000円
戸建て月額料金 1年目:3,980円
2年目以降:5,215円
スマホセット割 au
最大速度 下り:1Gbps
上り:1Gbps
平均速度 下り:474Mbps
上り:317Mbps
対応エリア 東海地方
長野県
特徴 ・回線速度がトップクラスに速い
・工事費実質無料
・代理店のキャッシュバックあり
関連記事 ▶コミュファ光の評判を見る
▶コミュファ光の料金詳細を見る

コミュファ光は、KDDIグループの「中部テレコミュニケーション」が運営している光回線です。もともとは中部電力グループだったため、東海地方を中心にサービスを提供しています。

また、新規契約者を対象にした「コミュファ光スタート割」というキャンペーンを実施しており、月額料金が無条件で割引されるのも大きな特徴です。

ちなみに、コミュファ光はセット割が使えないユーザーにもおすすめの光回線です。セット割以外の割引やキャンペーンが豊富にあり、主要20社の中で最も実質料金が安いからです。

回線速度がトップクラスに速い

コミュファ光の最大の魅力は回線速度がトップクラスに速いことです。下りの平均速度が474Mbpsも出るので、業界最速といわれているNURO光と同じくらい速いです。

上記のTwitterのように、速さを評価している口コミはとても多いです。

映画を見たり、オンラインゲームで遊ぶのにもまったくストレスを感じません。また、仕事で大容量のデータをやりとりする人や、高画質で動画を見る人であっても、まったく問題ありません。

月額料金が相場よりも安い

コミュファ光スタート割で月額料金が安くなる

現在、コミュファ光は「コミュファ光スタート割」という公式キャンペーンを展開しているため、月額料金が安いです!

特に1年目の料金が安く、マンションが3,380円、戸建てが3,980円で使えます。

1年目 2年目以降
マンション 3,380円 4,000円
戸建て 3,980円 5,215円

2年目以降も割引は継続されます。割引額は少し下がりますが、それでも光回線の相場より安い料金で利用可能です。

コミュファ光の1番お得なキャンペーン窓口は?

コミュファ光も最もお得な申し込み窓口は代理店のNNコミュニケーションズです。公式キャンペーンの工事費実質無料やギガおトク割などに加えて、代理店独自のキャッシュバックを受けられるからです。

以下、申し込み窓口ごとのキャッシュバック金額や条件についてまとめてみました。

金額 受取時期
NN
コミュニケーションズ
最大35,000円 2ヶ月後
フルコミット 最大35,000円 7ヶ月後
グローバルキャスト 最大30,000円 7ヶ月後
BIGLOBE 5,000円 11ヶ月後

代理店の中で、NNコミュニケーションズがおすすめな理由は以下の通りです。

おすすめ理由

  • ・最大35,000円のキャッシュバック
  • ・最短2ヶ月後に受け取れる

以下、2つの理由について詳しく解説していきます。

最大35,000円のキャッシュバック

NNコミュニケーションズ経由でコミュファ光を契約すると、最大35,000円のキャッシュバックが貰えます。もらえる金額は窓口の中で最も高く、マンションが35,000円、戸建てが30,000円です。

有料オプションへの加入も一切必要ないので、申し込めば誰でももらえるお得なキャンペーンです。

最短2ヶ月後に受け取れる

NNコミュニケーションズから申し込むと、コミュファ光が開通してから最短2ヶ月後にキャッシュバックがもらえます。2ヶ月後という期間は、代理店の中で最短です。

また、キャッシュバック申請方法も簡単です。申し込み時に振込口座を伝えるだけなので、手続きを忘れる心配もないです。

コミュファ光と契約するなら、代理店のNNコミュニケーションズから申し込みましょう。

\オプション不要!最大3.5万円キャッシュバック!/

auひかり・eo光・コミュファ光を契約できないauユーザーはビッグローブ光

ビッグローブ光のロゴ

auひかり・eo光・コミュファ光を契約できないauユーザーなら、ビッグローブ光がおすすめです。

auスマートバリューが適用できる全国対応の光回線の中で3年間の実質料金が最も安いからです。

おすすめ度評価 総合評価はやや良い
マンション月額料金 4,378円
戸建て月額料金 5,478円
スマホセット割 au
BIGLOBEモバイル
UQモバイル
最大速度 下り:1Gbps
上り:1Gbps
平均速度 下り:238Mbps
上り:177Mbps
対応エリア 全国対応
特徴 ・月額料金が比較的安い
・キャッシュバック特典あり
・工事費実質無料
・引っ越し費用が無料
関連記事 ▶ビッグローブ光の評判を見る

ビッグローブ光は、月額料金が比較的安いうえに、キャッシュバックや工事費実質無料といった豊富なキャンペーンが受けられるので、実質料金を安く抑えられます。

そのため、格安スマホユーザーにもおすすめできる光回線です。

引っ越し先の工事費用も無料になる

ビッグローブ光は、新規契約だけでなく、契約後に引っ越しをすることになっても移転先の工事費が無料になります。

ほとんどの光回線で引っ越し費用は有料です。相場として、マンションなら16,500円、戸建てなら19,800円を支払う必要があります。

一方、ビッグローブ光は何度引っ越しても無料です。また、継続利用なので解約に伴う違約金の負担もありません。

転勤頻度が多い人や、引っ越し予定を控えている人でも安心して利用できます。

auスマートバリューでauのスマホ料金が最大1,100円割引

ビッグローブ光は、auのスマホ料金が最大1,100円安くなるauスマートバリューに対応しています。

auひかりやeo光と全く同じで、割引額はスマホの契約プランによって変わります。例えば、ピタットプラン5Gなら550円、データMAX5Gでは1,100円の割引です。

同じ家に住んでいるなら、家族の使っているau回線も割引対象に入ります。最大10回線まで割引できるので、ファミリー世帯や、スマホとタブレットの2台持ちしている人は、割引額が大きくなります。

また、ビッグローブ光は全国対応の光コラボでありながらauスマートバリューを適用できる数少ない光回線です。

auひかりをはじめ、auユーザー向けの光回線はエリアが限定的な独自回線が多いです。「独自回線を希望していたけど、エリアを検索したら提供外だった」という人に、ビッグローブ光はおすすめです。

ビッグローブ光の1番お得なキャンペーン窓口は?

ビッグローブ光は代理店のNNコミュニケーションズから申し込むのが最もお得です。

代理店独自のキャッシュバックに加えて、公式の工事費実質無料キャンペーンを受けられるからです。

下表にて、申し込み窓口ごとのキャッシュバックや工事費負担の有無を比較してみました。

金額 受取時期 工事費
負担
NN
コミュニ
ケーションズ
26,000円 2ヶ月後 なし
NEXT 35,000円 2ヶ月後 あり
エンジン 40,000円 3ヶ月後 あり

比べてみると、NNコミュニケーションズよりキャッシュバックが多い代理店は、工事費の自己負担が発生します。

工事費は、マンションが16,500円、戸建てが19,800円です。この金額を踏まえると、工事費が実質無料になるNNコミュニケーションズのほうがお得になります。

また、キャッシュバックが最短2ヶ月後にもらえる点も優秀です。期間が短いほど、キャッシュバックをもらい損ねるリスクも少なくなるので、良心的な条件と言えます。

加えて、キャッシュバックの申請方法も簡単です。申し込み時に振込口座を伝えるだけで済むので、手続きを忘れる心配もないです。

ビッグローブ光を契約するなら、最もお得な特典が受けられるNNコミュニケーションズから申し込みましょう。

\7月限定!キャッシュバック3,000円上乗せ!/

格安スマホユーザーにおすすめの光回線4選

4つの玉を投げているイラスト

格安スマホやahamo、povo、LINEMOといった3大キャリア以外のユーザーにおすすめの光回線は、以下の4社です。住んでいる地域や建物によって、おすすめ先が変わります。

格安スマホのユーザーにおすすめの光回線

  • ・東海地方に住んでいる ⇒ コミュファ光
  • ・東海以外で戸建て住み ⇒ NURO光
  • ・東海以外でマンション住み ⇒ auひかり
  • ・上記3社が契約不可 ⇒ ビッグローブ光

上記4社がおすすめの理由はセット割がなくても実質料金が安いからです。

以下、セット割を除いた場合の実質料金をランキング形式でご紹介します。マンションと戸建てで、3年間の総額を比較しています。

マンション 戸建て
1位 コミュファ光
実質料金:91,560円
コミュファ光
実質料金:132,920円
2位 auひかり
実質料金:101,780円
NURO光
実質料金:145,500円
3位 ピカラ光
実質料金:109,640円
auひかり
実質料金:149,300円
4位 メガエッグ光
実質料金:110,020円
メガエッグ光
実質料金:149,620円
5位 eo光
実質料金:126,636円
ピカラ光
実質料金:151,880円

比べてみると、建物に関わらずコミュファ光が最も安く利用できることが分かります。

ただし、コミュファ光は東海地方限定の光回線なので、契約できる人が限られます。

そのため、東海地方以外に住んでいるなら、マンションはauひかり、戸建てはNURO光がおすすめです。

各回線の詳細を知りたい場合は、以下のリンクを活用ください。解説箇所に移動できます。

記事内リンク

▲東海在住ならコミュファ光
▲東海以外で戸建ての場合はNURO光
▲東海以外でマンションの場合はauひかり

格安スマホユーザーにおすすめの光コラボはビッグローブ光

先ほど紹介した、コミュファ光、auひかり、NURO光が契約できなかった場合は、ビッグローブ光がおすすめです。全国対応の光回線の中で実質料金が最も安いからです。

ビッグローブ光より実質料金が安い光回線は、全てサービス提供エリアが限定されています。そのため、住んでいる地域によっては契約できない可能性があります。

一方で、ビッグローブ光はフレッツ光の回線網を利用した光コラボです。全国ほとんどの地域で契約できます。

ビッグローブ光の詳細を知りたい場合は、以下のリンクを活用ください。解説箇所に移動できます。

記事内リンク

▲全国対応の光回線でおすすめはビッグローブ光

光回線とは

光回線とはの図

光回線とは、光ファイバーケーブルを使用したインターネット通信サービスです。

電話回線を使うADSLや、モバイルWiFiといったほかのサービスよりも回線速度が速く、安定した通信環境を作れるのが特徴です。

ただし、サービス品質が優れている反面、家の中にケーブルを引き込むための工事が必要なうえ、自宅内でしか利用できないといったデメリットもあります。

以下、光回線の主なメリットとデメリットをまとめたので、ぜひ参考にしてください。

光回線のメリット3つ

  • ・回線速度が速くて安定している
  • ・月額料金が固定
  • ・データ使用量が無制限

光回線のデメリット3つ

  • ・ネット利用のために専用工事が必要
  • ・自宅内でしか利用できない
  • ・ほかの通信サービスよりも少し高い

一部の特殊なプランを除き、光回線の月額料金は固定です。データ通信量の上限もないため、追加料金が発生したり、速度制限にひっかかったりすることもないです。

三瓶さん 三瓶

自宅に光回線を導入して無線LANを設置すれば、スマホやタブレットといった端末でWi-Fi通信が利用できます。

モバイル回線よりも速度が速く、いくら利用しても各端末のパケット通信量を消費しないので、スマホ代を節約することも可能です。

光回線の種類

光回線は、大きく分けて以下の3つに分類されます。最も数が多いのは光コラボで、代表的な光回線はドコモ光やソフトバンク光です。

光回線の種類

  • ①フレッツ光の回線網を借りている光コラボ
  • ②独自の設備で提供している独自回線
  • ③ケーブルテレビ会社が運営するCATV系

光コラボとは、光回線のうち最も数が多く、光コラボレーションと呼ばれるものです。NTTのフレッツ光回線の設備を借りて提供されているため、全国どこでも利用できるのが特徴です。

独自回線とは、NTTに頼らずに自社で設備を管理・運用している光回線です。光コラボに比べて提供エリアが限定されている反面、回線速度に優れているのが特徴です。

例えば、KDDIが運営するauひかりや、関西電力グループのeo光が該当します。

CATV系とは、ケーブルテレビ会社が運営している光回線サービスです。独自回線よりも提供エリアが狭く、速度も遅いため、ネット利用を目的に契約するのはおすすめしません。

代表的なサービスは、JCOM光やイッツコム光です。

三瓶さん 三瓶

2021年現在、ほとんどの光回線は光コラボか、独自回線系に当てはまります。CATV系はマイナーで、設備が十分に整っていないケースもあるため、契約する人は少ないです。

関連記事

▶光回線の種類ごとの特徴や選び方の詳細解説

光回線と他のインターネット回線の違い

光回線と他のインターネット回線の違いについて、下表に整理してみました。それぞれ特徴があるので、ぜひ見比べてみてください。

特徴
光回線 回線速度が安定して速い
キャンペーンが充実している
開通工事が必要
ADSL 回線速度が遅い
開通工事が必要
2024年3月にサービス終了予定
モバイルWiFi 工事不要で利用可能
外出先に持ち運べる
回線速度が遅い
通信制限がある
ホームルーター 工事不要で利用可能
回線速度が遅い
持ち運びできない

現在、自宅にインターネット環境を整えるなら光回線一択です。

他のサービスより回線速度が圧倒的に速く、インターネットが快適に利用できるからです。また、料金も1,000円ほどしか変わりません。

ただし、どうしても工事ができない人や、外出先でもネットを使いたい人は、モバイルWiFiを検討してみましょう。

詳細は「開通工事なしでネットを使うならモバイルWiFi」で解説しています。ぜひ参考にしてください。

光回線に関するよくある8つの質問

「?」のイラスト

光回線におけるよくある質問をまとめました。

三瓶さん 三瓶
元販売員の立場から、初心者にも分かりやすいように解説していきます!分からないことがあれば確認してみてください。

①光回線のプロバイダって何?

光回線について調べていると「プロバイダ」という聞きなれない言葉を見かけることがあります。プロバイダとは、簡単にいうと「インターネットの玄関口」にあたる事業者のことです。

下記のイラストのように、パソコンやスマホから出た通信は、回線網を通ったあとに必ず「プロバイダ」に到達します。その後、プロバイダがインターネットに接続してくれます。

つまりプロバイダがないとインターネットを使えません。

プロバイダの役割の解説

光回線が世の中に出始めたころ、回線サービスを提供する会社と、プロバイダ事業者はまったく別々のものでした。

ネットを契約するには、光回線サービスのフレッツ光に加えて、プロバイダ事業者を追加で契約していたのです。

しかし、この記事でご紹介した光コラボや独自回線系が登場すると光回線サービスとプロバイダサービスはセットで提供されるのが主流になりました。

2021年現在、プロバイダを個別契約する必要があるのは、NTTのフレッツ光だけです。もともと国営だったNTTが市場を独占しないよう、法律で事業を制限しているからです。

②プロバイダは自由に選べるの?

2021年現在、ネット接続に使うプロバイダは自由に選べないことのほうが多いです。光回線はプロバイダサービスがセットになった形で提供されることがほとんどだからです。

例えば、ソフトバンク光は、プロバイダのYahoo!BBを備えた光回線サービスです。自分で「〇〇というプロバイダが良い!」とは指定できません。

最も自由に選べるのは、そもそもプロバイダがセットになっていないフレッツ光です。ただ、2つの契約を別々に結ぶことになるため、月額料金が他の光回線よりも1,000円ほど高くなります。

また、ドコモ光とauひかりは、プロバイダを複数社から選べる珍しい光回線です。契約時に選んだプロバイダに合わせて、オプションやキャッシュバックなどの内容が変わります。

三瓶さん 三瓶

ドコモ光とauひかりにはプロバイダの選択肢がありますが、契約自体は1つです。フレッツ光のように、別々に申し込む必要はありません。

③キャッシュバック特典の注意点は?

光回線の契約でキャッシュバックをもらえる時は、あらかじめ以下の4点を確認しましょう。

  • ・不要なオプションが条件になっていないか?
  • ・申し込み時に特別な手続きが必要ないか?
  • ・受け取りまでの期間は?
  • ・受け取りの際の手順は?

「最高〇万円」というように書かれている場合は、最高額のキャッシュバックを受け取るために光テレビやセキュリティサービスのオプション加入が必要なことが多いです。

キャンペーンページに小さく書かれていることがほとんどなので、申し込み前に隅々まで確認しましょう。

また、申し込みの電話でクーポン番号を伝える必要があったり、受け取りまで6ヶ月以上待たされたりするケースもあります。

利用開始から数ヶ月後に利用者側からキャッシュバックの受け取り申請が必要な場合があるので、手続きを忘れないようにしましょう。

④開通までの期間の目安は?

光回線に申し込んでから利用開始までは2~4週間かかることが多いです。ただ、立ち合い工事が不要の場合は、2週間以内に利用を開始できることも珍しくないです。

当サイト「ヒカリク」で、光回線を利用中の500名にアンケートを取ったところ、以下のような結果になりました。

開通までにかかった期間 該当者
(割合)
2週間以内 171名
(34.2%)
2週間~1ヶ月 198名
(39.6%)
1ヶ月~1ヶ月半 76名
(15.2%)
1ヶ月半~2ヶ月 26名
(5.2%)
2~3ヶ月 21名
(4.2%)
3ヶ月以上 8名
(1.6%)

最も多いのは「2週間~1ヶ月」という回答で、全体の40%近くを占めました。「2週間以内」という回答と合わせると、申し込みから開通まで1ヶ月以内だった人が70%以上です。

ただし、引っ越しシーズンの3~4月に申し込んだ人や、開通工事が2日にわたって必要なNURO光を契約した人は、2ヶ月以上待たされています。

三瓶さん 三瓶
光回線の開通工事は、実際に作業スタッフが現地に行くので、時間がかかることが多いです。なるべく、早めに申し込みましょう!

⑤開通工事なしでも光回線は使える?

電柱から一軒家に光ケーブルを引いている工事の様子のイラスト

原則、光回線の利用開始には開通工事が必要です。自宅に光ファイバーケーブルを引き込む必要があるからです。工事の際には、居住者の立ち合いが必要で、作業時間は1時間ほどです。

ただし、フレッツ光から光コラボに切り替えたり、光コラボ同士で乗り換える場合には、工事は不要です。フレッツ光と光コラボは同じ回線網を使うため、すでにある設備を流用できるからです。

また、マンションやアパートといった賃貸物件では、初めから回線設備が整っている場合もあります。

例えば、下記のイラストのような光コンセントが備わっている物件では、自宅での立ち合い工事が不要な無派遣工事になることがあります。

光コンセントのイラスト

光コンセントがある場合は、光回線業者から送られてきた機器を自分で設置して、ネットに繋げます。さほど難しい作業ではないので、説明書を読みながら機器を繋げましょう。

三瓶さん 三瓶

多くの光回線サービスでは、電話での設定サポートを受けられます。

公式サイトにカスタマーセンターの電話番号が載っているので、機器の設置方法が分からない場合は、問い合わせてみましょう。

⑥新規・転用・事業者変更の違いは?

光回線の申し込みページに書かれている、新規契約・転用・事業者変更には、それぞれ以下のことを指しています。

新規契約 光回線を引いていない人が全く新しく契約すること
転用 フレッツ光を利用している人が光コラボに乗り換えること
事業者変更 光コラボを利用している人が、他の光コラボに乗り換えること

初めて自宅にネットを引く場合は必ず新規契約です。

転用と事業者変更は、フレッツ光や光コラボをすでに使っている場合にだけ適用される、特殊な契約方法です。

フレッツ光と光コラボの設備は互いに流用できるので、解約や開通工事といった手順を踏まずに、契約先を変更できます。

⑦マンションだと速度は遅くなるの?

マンションの3つの配線方式についてのイラスト

マンションやアパートといった集合住宅に限り、共有部分から各戸までの配線方式によって回線速度が大きく変動します。

配線方式には、一般的に「光配線方式」「VDSL方式」「LAN配線方式」の3種類あります。以下で、それぞれの最大速度と特徴をまとめてみました。

最大速度 特徴
光配線方式 回線業者の性能通り
(基本1Gbps)
最も速い方式各戸まで光ファイバーケーブルでつないでいる
VDSL方式 100Mbps マンションで最も多い方式
建物の入り口から各戸までを電話回線でつないでいる
LAN
配線方式
100Mbps 利用者が増える時間帯は遅くなる
建物の入口から各戸までをLANケーブルでつないでいる

最も望ましいのは光配線方式です。光配線方式は、唯一、回線業者の最大速度がそのまま適用されます。一方、VDSL方式やLAN配線方式では、最大速度が100Mbpsまで下がります。

最大速度が低下してしまうと、当然ですが実測値も低くなってしまいます。

三瓶さん 三瓶

住んでいる建物の配線方式は、管理会社や光回線業者に電話をすれば確認できます。

「どの配線方式で導入されているのか知りたい」と伝えれば、調べてもらえるので、気になる場合は契約前に確認しておきましょう。

⑧速度が遅くなった時の解決策は?

速度が出ない時の解決方法は?のイラスト

光回線を契約後に「思ったような速度が出ない!」「急に遅くなった」ということがあれば、以下の方法を試してみてください。

ONUやルーターを再起動する

最も簡単かつ改善が見られる方法は、ONUやルーターの再起動です。

ONUや周りの機器をつないだ図

ONUとは、光回線の開通工事をした時に設置される機器のことです。この機器やルーターのコンセントを抜いて差し直すと、速度が向上することがあります。

1回だけでは改善しないこともあるので、2~3回は試しましょう。

使っていない機器の電源を落とす

使っていないPCやスマホがネットにつながっているのであれば、電源を落とすか、ネット接続をオフにしてください。

複数の端末を同時ににつなぐと、回線に負荷が掛かって速度が遅くなることがあります。なるべく、使いたい端末だけをネットにつなぐようにしてみましょう。

LANケーブルを買い替える

使用中のLANケーブルの性能が悪い場合も、速度低下の原因となります。光回線の性能をフルに生かすためには、ネットワーク機器も高速通信に対応しているものを用意しましょう。

LANケーブルの規格

LANケーブルには、対応する速度に応じて「カテゴリ(CAT)」という区分があります。下表にカテゴリ別の性能を比較してみました。

最大速度
CAT8 40Gbps
CAT7A 10Gbps
CAT7 10Gbps
CAT6A 10Gbps
CAT6e 10Gbps
CAT6 1Gbps
CAT5e 1Gbps
CAT5 100Mbps

光回線の性能を発揮するには「CAT5e」以上のLANケーブルの購入をおすすめします。

モバイルWiFiやホームルーターよりも光回線がおすすめ

PCで調べものしている人のイラスト

ネット環境を整えるなら、光回線以外にもモバイルWiFiやホームルーターという方法があります。

ただし、十分な回線速度が期待できないため、快適にインターネットを利用したいなら光回線との契約をおすすめします。

モバイルWiFiとホームルーターの魅力は、開通工事が不要という点です。光回線よりも導入のハードルが低いため、ドコモ・au・ソフトバンクといったスマホキャリアが積極的に売り出しています。

以下、光回線を含めた3つのインターネット回線の違いを比較してみました。(下表はスクロール可能です)

料金相場 平均速度 開通工事 通信制限 持ち運び
光回線 4,400~
5,500円
243Mbps
(ドコモ光)
必要 なし 不可
モバイルWiFi 3,000~
4,000円
37Mbps
(WiMAX)
不要 あり 可能
ホームルーター 3,000~
4,000円
44Mbps
(ソフトバンクエアー)
不要 なし 不可
料金相場 平均速度 開通工事 通信制限 持ち運び
光回線 4,400~
5,500円
243Mbps
(ドコモ光)
必要 なし 不可
モバイルWiFi 3,000~
4,000円
37Mbps
(WiMAX)
不要 あり 可能
ホームルーター 3,000~
4,000円
44Mbps
(ソフトバンクエアー)
不要 なし 不可

光回線との最大の違いは平均速度にあります。比べてみると、モバイルWiFiとホームルーターの速度は40Mbps前後で光回線の20%にも届かないことが分かります。

一般的に、快適なネット環境に必要な平均速度は100Mbps以上と言われているので、自宅内で快適にインターネットを使いたいなら、光回線のほうが圧倒的におすすめです。

三瓶さん 三瓶
基本的には光回線が安定ですが「自宅に光回線が導入できない」「外出先でもネットを使いたい!」といった理由であれば選択肢に入ります。

次の項目では、モバイルWiFiとホームルーターの特徴やサービス概要について、それぞれ解説していきます。

開通工事なしでインターネット回線を使うならモバイルWiFi

モバイルWiFiなら外出先でもインターネットが使える

光回線の開通工事ができない場合や、自宅より外出先で頻繁にインターネットを利用するならモバイルWiFiもおすすめです。

開通工事が不要なうえに、小型のルーターを持ち運ぶことで、どんな場所でもインターネットが使えるからです。

そもそもモバイルWiFiとは、小型の通信端末を使用したインターネット通信サービスのことです。無線を通してネットに接続するので、回線の引き込み工事をする必要がありません。

光回線と比べて、月額料金が比較的安いというのも魅力の1つです。毎月約4,000円で利用できます。

一方で、有線の光回線と比較して回線速度が遅くて不安定というデメリットがあります。

また、スマホのプランのように、毎月のデータ通信量に上限が設けられているサービスが多いです。上限を超えると極端に速度が遅くなるので、使用頻度が多い場合には注意が必要です。

三瓶さん 三瓶
自宅と外出先の両方でインターネットが利用できるのは、モバイルWiFi独自の強みと言えます。基本的には光回線がおすすめですが、用途や状況によっては契約を検討してみましょう!

おすすめのモバイルWiFi3選

以下では、当サイトが厳選したおすすめのモバイルWiFi3社をご紹介します。

下表のロゴをタップすると各回線の詳細解説に移動できるので、ぜひ気になるサービスからご確認ください。

モバイルWiFi 特徴
GMOとくとくBBのロゴ とにかく料金を安くしたい人におすすめ
3年間の実質料金が最も安い
最大29,000円のキャッシュバック
一番お得なキャンペーン窓口
Broad WiMAXのロゴ 他社から乗り換える人におすすめ
他社の違約金を負担して貰える
一番お得なキャンペーン窓口
カシモWiMAXのロゴ 常に同じ料金で利用したい人におすすめ
2ヶ月目以降の料金がずっと変わらない
一番お得なキャンペーン窓口

上記3社は、同じ「WiMAX2+」回線を使用したサービスなので、回線品質に大きな差はありません。そのため、速度よりも料金やキャンペーン内容で比較するのがおすすめです。

WiMAX2+(WiMAX)とは

「WiMAX2+」(ワイマックスツープラス)とは、UQコミュニケーションズが提供する無線通信サービスです。「WiMAX」の後継サービスであり、回線速度が大幅に向上しているのが特徴です。2021年現在、WiMAXと言えばWiMAX2+を指すのが一般的です。

実質料金が最も安いGMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBBのロゴ

3つの中で、最もおすすめのモバイルWiFiは「GMOとくとくBB WiMAX」です。

なぜなら、契約すれば無条件で29,000円のキャッシュバックがもらえるからです。キャッシュバックを考慮すると、3年間の実質料金がおすすめ3社の中で最も安くなります。

月額料金 1~2ヶ月:3,969円
3ヶ月目以降:4,688円
実質料金
(3年間)
138,330円
最大速度 440Mbps
平均速度 30Mbps
月間データ容量 無制限
速度制限条件 直近3日間で10GB以上の利用
対応エリア 全国対応

唯一のデメリットは、キャッシュバックをもらい忘れる可能性があることです。受け取るためには、11ヶ月後に届く案内メールから手続きをする必要があります。

契約してから少し期間が空くので、忘れないようにスマホのスケジュールに登録したり、カレンダーに書き込んだりしておきましょう。

他社の違約金を負担してくれるBroad WiMAX

BroadWiMAXのロゴ

契約中のインターネット回線からの乗り換えを検討しているなら「Broad WiMAX」がおすすめです。

なぜなら、他社から乗り換える際に発生する違約金を、最大19,000円まで負担してくれるキャンペーンを実施しているからです。

月額料金 1~2か月:2,999円
3~24か月:3,753円
25ヶ月以降:4,413円
実質料金
(3年間)
141,520円
最大速度 440Mbps
平均速度 36Mbps
月間データ容量 無制限
速度制限条件 直近3日間で10GB以上の利用
対応エリア 全国対応

違約金負担のキャンペーンは、全てのインターネット回線が対象です。モバイルWiFiからの乗り換えだけでなく、光回線やADSLから乗り換える場合も適用されます。

月額料金が常に一定で変わらないカシモWiMAX

カシモWiMAXのロゴ

契約途中に月額料金が変わるのを避けたいなら「カシモWiMAX」がおすすめです。

なぜなら、契約して2ヶ月目以降は料金がずっと変わらないからです。他社のような割引キャンペーンがない代わりに、常に一定の料金で利用できるのが魅力です。

月額料金 1ヶ月目:1,518円
2ヶ月目以降:3,971円
実質料金
(3年間)
140,503円
最大速度 440Mbps
平均速度 31Mbps
月間データ容量 無制限
速度制限条件 直近3日間で10GB以上の利用
対応エリア 全国対応

また、3年以上の長期間に渡って利用する場合もおすすめです。基本料金が他社より約500円も安いので、利用期間が長いほどお得になるからです。

自宅メインでネットを使うならホームルーター

ホームルーターは基地局の電波でネットに接続するサービス

自宅でのインターネット利用が目的なら、ホームルーターも選択肢の1つです。自宅内に専用端末を設置するだけでネット接続が可能です。

モバイルWiFiと違って通信制限はありません。いくら使っても速度が遅くならないので、通信量を気にすることなくネットを利用できます。

しかし、無線でネットに接続するので、光回線に比べて回線速度の安定性に欠けます。また、持ち運びもできません。

料金相場はモバイルWiFiと変わらないので、利用場所が外出先なのか、自宅内かによって契約するかどうかを判断しましょう。

ホームルーターの中でもおすすめはソフトバンクエアーです。モバレコエアーという窓口経由で申し込めば、月額料金の割引やキャッシュバックといった特典を受けられます。

契約するべきではない光回線の特徴

手でバッテンしている人のイラスト

ここまで、主要光回線20社を比較し、スマホキャリアごとのおすすめ6社をご紹介してきました。おすすめする理由は、実質料金が安く済むからです。

反対に実質料金が高い光回線との契約は絶対に避けるべきです。そこで、この項目では、実質料金が高くなる光回線の特徴を個別に解説していきます。

実質料金が高くなる4つの理由

  • ①3大キャリアのセット割が使えない
  • ②割引やキャッシュバックがない
  • ③工事費が無料にならない
  • ④そもそもの月額料金が高い

ちなみに、おすすめの光回線6社は上記4つの理由に1つも該当しません。一方、実質料金が最も高いフレッツ光は、全てに当てはまっています。

光回線選びで損をしないためにも、ぜひ参考にしてください!

①3大キャリアのセット割が使えない

1つ目の理由は、3大キャリアのセット割が使えないからです。おすすめの光回線6社は、必ず大手キャリアのセット割を適用できます。

記事内でも繰り返し説明していますが、セット割の有無で毎月の負担が大きく変わるので、実質料金が高くなる最大の理由と言えます。

もし、3大キャリアを利用していて、セット割が使えない光回線と契約しているなら、早めに乗り換えることをおすすめします。

セット割は永年割引なので、早く割引を適用するほどお得になるからです。

②割引やキャッシュバックがない

2つ目の理由は、月額料金の割引やキャッシュバックといったキャンペーンがないからです。おすすめの光回線6社は、必ずどちらかのキャンペーンを実施しています。

例えば、auひかりは最大52,000円の高額キャッシュバックを実施しています。3年間で考えた場合、毎月1,400円ほどの割引を受けるのと同じ価値があります。

③工事費が無料にならない

3つ目の理由は、工事費が無料にならないことです。おすすめの光回線6社は工事費無料キャンペーンを実施しているので、自己負担は発生しません。

光回線を新規で契約した場合、原則開通工事と工事費の支払いが発生します。費用の相場は、マンションなら約15,000円、戸建てなら約20,000円です。

単価で言えば光回線に関する費用で最も高額なので、自己負担が必要な場合はかなりの痛手になります。

④そもそもの月額料金が高い

4つ目の理由は、そもそもの月額料金高いからです。当たりまえですが、料金が高いほど月々の負担は多くなります。

料金が高い光回線の代表はフレッツ光です。主要光回線の中でフレッツ光だけがプロバイダ利用料を別途支払う必要があるからです。

参考までに、ドコモ光、auひかり、フレッツ光で、プロバイダを同じGMOとくとくBBにした場合の料金を比較してみました。

マンション 戸建て
ドコモ光 4,400円 5,720円
auひかり 4,180円 5,610円
フレッツ光 5,038円 6,776円

見ての通り、同じ組み合わせでも、フレッツ光のほうが500円以上高いことが分かります。3年間の費用に換算すると、約18,000円の差になります。

その他の光回線14社の評価解説

なにかを調べているイラスト

おすすめの6社を除いた光回線14社について、どのような理由でおすすめできないのかを解説していきます。

下表にある光回線のロゴをタップすると、詳しい解説に移動できます。

光回線 おすすめ度評価
メガエッグ光のロゴ 料金はどちらかというと安い
ピカラ光のロゴ 料金はどちらかというと安い
ビッグローブ光のロゴ 料金はどちらかというと安い
ソネット光プラスのロゴ 料金は平均的
BBIQのロゴ 料金は平均的
@nifty光のロゴ 料金は平均的
DTI光 料金は平均的
楽天ひかりのロゴ 料金は平均的
フレッツ光のロゴ 料金は高い
エキサイトMEC光のロゴ 料金は平均的
OCN光のロゴ 料金は平均的
ぷらら光のロゴ 料金は少し高い
IIJmioひかりのロゴ 料金はどちらかというと高い
enひかりのロゴ 料金はどちらかというと高い

メガエッグ光

メガエッグ光のロゴ

メガエッグ光をおすすめしない理由は、auひかりよりも実質料金が高いからです。提供エリアも重複しているため、auひかりのほうが上位互換と言えます。

マンション 戸建て
メガエッグ光 90,220円 129,820円
auひかり 81,980円 129,500円

ただし、auひかりが契約できない場合は候補に入ります。

ピカラ光

ピカラ光(Pikara光)のロゴ

ピカラ光をおすすめしない理由は、auひかりよりも実質料金が高いからです。提供エリアも重複しているため、auひかりのほうが上位互換と言えます。

マンション 戸建て
ピカラ光 101,720円 149,240円
auひかり 81,980円 129,500円

ただし、auひかりが契約できない場合は候補に入ります。

ビッグローブ光

ビッグローブ光のロゴ

ビッグローブ光をおすすめしない理由は、auひかりやeo光、コミュファ光よりも実質料金が高いからです。

マンション 戸建て
ビッグローブ光 111,108円 150,708円
auひかり 81,980円 129,500円
eo光 98,340円 134,732円
コミュファ光 63,840円 105,200円

ただし、上表の3社が契約できない場合は筆頭候補です。

また、引っ越し時の移転費用が何度でも無料なので、頻繁に引っ越す可能性がある場合も候補に入ります。

ソネット光プラス

光回線 So-net光プラス

ソネット光プラスをおすすめしない理由は、auひかりやビッグローブ光よりも実質料金が高いからです。

マンション 戸建て
ソネット光プラス 125,532円 166,572円
auひかり 81,980円 129,500円
ビッグローブ光 111,108円 150,708円

auひかりが契約できない地域であれば、ビッグローブ光を契約したほうがお得です。

BBIQ光

BBIQ光のロゴ

BBIQ光をおすすめしない理由は、auひかりよりも実質料金が高いからです。提供エリアも重複しているため、auひかりのほうが上位互換と言えます。

マンション 戸建て
BBIQ光 141,430円 132,800円
auひかり 81,980円 129,500円

ただし、auひかりが契約できない場合は候補に入ります。

@nifty光

@nifty光のロゴ

@nifty光をおすすめしない理由は、auひかりやビッグローブ光よりも実質料金が高いからです。

マンション 戸建て
@nifty光 110,630円 157,600円
auひかり 81,980円 129,500円
ビッグローブ光 111,108円 150,708円

auひかりが契約できない地域であれば、ビッグローブ光を契約したほうがお得です。

DTI光

DTI光のロゴ

DTI光をおすすめしない理由は、auひかりやビッグローブ光よりも実質料金が高いからです。

マンション 戸建て
DTI光 130,140円 178,960円
auひかり 81,980円 129,500円
ビッグローブ光 111,108円 150,708円

auひかりが契約できない地域であれば、ビッグローブ光を契約したほうがお得です。

楽天ひかり

楽天ひかりのロゴ

楽天ひかりは、楽天モバイルと併用する場合に限りおすすめできます。なぜなら、スマホと光回線をセットにすることで、1年間無料で利用できるからです。

反対に、楽天モバイル以外のユーザーなら、別の光回線を契約したほうがいいです。

その他の光回線

残りの6社については、3大キャリアのスマホセット割が利用できません。これまでの光回線に比べて更に実質料金が高くなるので、別の光回線との契約を推奨します。

フレッツ光のロゴ エキサイトMEC光のロゴ OCN光のロゴ
ぷらら光のロゴ IIJmioひかりのロゴ enひかりのロゴ

回線速度が速い光回線ランキング

ランキングのイラスト

光回線サービスのうち、利用者の実測値が速い順番でランキングにしました!

下記のランキングは、スピードテストの結果をまとめている「みんなのネット回線速度」を参考にしています。2021年7月6日時点のデータをもとに、過去3ヶ月間の平均速度を比べています。

光回線 実測値
(平均速度)
1位 NURO光 478Mbps
2位 コミュファ光 474Mbps
3位 eo光 452Mbps
4位 ひかりdeネット
(TOKAIケーブルネットワーク)
447Mbps
5位 NCV光 429Mbps
6位 CNS光
(ケーブルネット鈴鹿)
388Mbps
7位 TNCヒカリ 386Mbps
8位 キャッチネクスト 382Mbps
9位 auひかり 375Mbps
10位 メガエッグ光 374Mbps

回線速度の速さでランキングにすると、上位は提供エリアが限定されている独自回線かCATV系が占めています。

例えば、2位のコミュファ光と、4位のひかりdeネットは東海地方でのみ契約できます。3位のeo光は関西限定です。

au系列の光回線と日本地図

独自回線系・CATV系は、利用者の数が光コラボに比べて少なく、混雑しづらいという特徴があります。ただし、エリアが狭いため、対象の地域に住んでいる人しか契約できません。

一方、光コラボは全てランキング外でした。フレッツ光の回線網を共同で利用しているため、回線が混雑しやすいのが原因です。

おすすめの光回線まとめ

メモ帳を持った女の子のイラスト

世の中にはさまざまな光回線がありますが、本当におすすめできるのは、記事の中でご紹介した以下の大手6社です!

使っているスマホのキャリアを基準に、セット割でお得に利用できる光回線を選びましょう!

光回線 おすすめ理由
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーにとって最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
無条件で2万円のキャッシュバック
解約費用の補助がある(最大2万円)
一番お得なキャンペーン窓口
NURO光のロゴ ソフトバンクなら最安クラスの光回線
ソフトバンクのセット割が使えてお得
最大速度2Gbpsで他の光回線より速い
一番お得なキャンペーン窓口
auひかりのロゴ auユーザーなら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
最大52,000円のキャッシュバック
一番お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ ソフトバンクでNURO光の次におすすめ
ソフトバンクのセット割が使えてお得
ワイモバイルの料金も安くなる
一番お得なキャンペーン窓口
eo光のロゴ auで関西地方なら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
1年目の月額料金が約3,000円
一番お得なキャンペーン窓口
コミュファ光のロゴ auで東海地方なら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
回線速度がトップクラスに速い
一番お得なキャンペーン窓口

光回線会社の比較の記事

  •  

  • 一番お得なキャンペーン窓口

    ドコモスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!

    auスマホならスマホ料金も安くなる!NNコミュニケーションズからの申し込みが一番お得!

    ソフトバンクやワイモバイルのスマホ料金が安くなる!エヌズカンパニーからの申し込みが一番お得!

    回線速度の速さを求めるなら1番おすすめ!公式サイトから45,000円キャッシュバック!

    光回線ごとの記事一覧