ドコモのホームルーターhome5Gの評判口コミは?メリットデメリットを徹底解説!

最終更新日:2021年09月17日
ドコモ ホームルーター 5G 評判のアイキャッチ

2021年8月から提供が始まった、ドコモのhome5Gについてわかりやすく解説します!「home5Gは契約すべき?」「他社サービスとの違いは?」といった疑問にお答えします。

結論、ドコモのhome5Gは工事不要で始められるため、すぐにネット環境を整えたい人に向いています!

しかし、なかにはhome5Gを契約すべきでない人もいます。

ドコモのhome5Gがおすすめな人
  • ・引っ越し後などWi-Fi環境を1日で整えたい
  • ・光回線の工事ができない
  • ・ドコモのスマホを使っている
  • ・通信速度にこだわらない
  • ・ごちゃごちゃした配線がイヤ
ドコモのhome5Gがおすすめでない人
  • ・ドコモ以外のスマホを使っている
  • ・複数人でネットを利用する
  • ・速いインターネット回線を使いたい
  • ・大容量のオンラインゲームを遊ぶ
  • ・動画配信サービスを頻繁に利用する
  • ・自分で動画配信をする
  • ・自宅の電波状況が悪い

この記事では、ドコモのhome5Gについて詳しく解説し、さらに、最もお得に契約できる方法などを紹介します。

ドコモのhome5Gの利用が向いていない人のために、おすすめの光回線もあわせてご紹介しています。

三瓶

当サイト「ヒカリク」の管理人。大手家電量販店で約4年間ほど光回線を担当。最適なプランがすぐに分かる。

おすすめ人気記事
ドコモhome5Gの購入、申し込み方法は?のアイキャッチ
ドコモhome5Gの一番お得なキャッシュバック窓口!購入・申し込み方法は?
記事を読む
ドコモhome5Gの通信制限についてのアイキャッチ
ドコモhome5Gは3日間で通信制限される?実際に使ってみた人の結果まとめ
記事を読む
ドコモhome5G auホームルーター5G どっちがおすすめ?のアイキャッチ
ドコモhome5Gとauホームルーター5Gはどっちがおすすめ?メリットデメリットを徹底比較!
記事を読む

ドコモhome5Gとは

ドコモhome5Gロゴマーク

ドコモのhome5Gとは、2021年8月27日に提供が始まった、5G通信に対応したホームルーターサービスです。

料金プランや回線速度などの情報を下表にまとめました。

運営会社 NTTドコモ
5G最大速度 下り4.2Gbps
上り218Mbps
4G最大速度 下り1.7Gbps
上り131.3Mbps
Wi-Fi(無線接続)の
最大速度
1,201Mbps
有線接続の最大速度 1,000Mbps
(1Gbps)
平均速度 153Mbps
データ容量 無制限
月間の速度制限有無 なし
直近3日の速度制限有無 不明
月額料金 4,950円
端末代金 39,600円
(オープン価格)
契約事務手数料 3,300円
スマホセット割 ドコモ
最大-1,100円
最低利用期間 なし
違約金 なし
提供エリア 全国
(5G対応は一部エリア)
オプション home5Gパック
ケータイ補償サービス
ネットワークセキュリティ
一番お得な
キャンペーンサイト
15,000円キャッシュバック
39,600円の端末代実質無料
▶こちらをタップ

ドコモのhome5Gは、電源コードをコンセントに挿すだけでWi-Fi環境が整います。光回線と違い、開通工事が不要な点が大きな魅力です。面倒な機器設定もいりません。

また、ドコモのhome5Gは理論値で下り4.2Gbpsの速度が出ます。これまで主流だったホームルーターは最大約1Gbpsなので、かなり速いです。

ただし、最大4.2Gbpsが出るのは、5G利用可能エリアに限ります。 現在、5Gを利用できるエリアは少ないため、だれでも高品質な通信ができるわけではありません。

ドコモのhome5Gは光回線とは違い、少し癖のあるサービスです。これからメリット・デメリットを挙げて詳しく解説していきます。

ドコモhome5Gの一番お得な窓口

ドコモのhome5G対応ホームルーターHR01の見た目

ドコモのホームルーターhome5Gは、代理店のアイティーエックスから申し込むのが一番お得です。

ドコモの公式サイトで申し込むと用途が限定されたdポイントの付与しかされませんが、アイティーエックスなら15,000円のキャッシュバックがもらえます。

しかも、キャッシュバックをもらうためにオプション加入はいっさい必要ないです!

キャッシュバック金額 15,000円(現金)
申し込み特典 端末代実質無料
オプション条件 なし
手続き 電話で振込口座を伝える
振込月 最短翌々月末
(9月開通なら11月末を目途)

キャッシュバックをもらうための手続きは、home5Gの申し込み後にかかってくる電話にて、振込先の口座番号を伝えるだけです。

手続き方法がとても簡単なので、キャッシュバックをもらい忘れる心配はありません!

home5Gをお得に使いたいなら、代理店のアイティーエックスから申し込みましょう!

\オプション不要!15,000円キャッシュバック/

ドコモhome5Gの評判口コミ・レビュー

口コミをする人たちのイラスト

ドコモhome5Gの総合評価は5点満点中4点です!当サイト「ヒカリク」の収集したデータと、実際に利用している人のアンケート回答をもとに判断しています。

総合評価
ドコモhome5Gの総合評価はやや良い

ドコモhome5Gはまだまだ利用者の口コミが少なく、情報が不足している状況です。

良いレビューとしては「5Gで600Mbps以上の速度が出た」「ソフトバンクエアーの8倍速い」といった意見が見られます。

ただし、なかには「期待していたほどの速度は出なかった」「雨の日に不安定になる」といった不満の声もあります。

以下では、当サイトが独自に収集したhome5Gのレビューをご紹介します!評判口コミが気になっている人は、ぜひ参考にしてください!

口コミや評価の収集方法について
【調査方法】
クラウドソーシングサービス
【調査期間】
2020年8月~
【取得方法と掲載作業について】
・実際にドコモhome5Gを利用している人の回答に限定しています。
・事実と異なる口コミが反映されないよう、当管理人が内容を確認したうえで使用しています。
・誤字や脱字があった場合は、回答者の意見に影響がない範囲で修正しています。

男性のアイコン
home5Gに変えて600Mbps以上出たので大満足です!30代男性 / 東京都
90点 / 100点
30代男性
東京都
90点 / 100点
主な用途動画視聴
利用人数2人
スマホドコモ
建物の種類マンション
料金
home5Gの料金は安い
回線速度
home5Gの回線速度はとても速い
キャンペーン
home5Gのキャンペーンの質は良い
開通まで流れ
home5Gの開通までの流れはスムーズ
電波
5G
通信速度
617Mbps
契約して良かったと思う点
過去、NURO光を契約しようとして、工事内容で管理会社NGでした。home5Gは工事なく高速通信できると聞き、契約しました。home5Gは実測で下り617Mbps出ました。予想外に速く、大満足です。
契約して不満に思っている点
今は満足ですが、利用者増加によるサービス改悪だけが不安です。直近3日で50GB以上利用していますが、速度制限されている様子はありません。WiMAXは過去にサービス改悪していたのでそうならないように祈るばかりです。
2021年09月08日
女性のアイコン
光回線が契約できない地域でも問題なく利用できました40代男性 / 岐阜県
70点 / 100点
40代女性
岐阜県
70点 / 100点
主な用途Web閲覧
利用人数6人
スマホドコモ
建物の種類戸建て
料金
home5Gの料金は安い
回線速度
home5Gの回線速度は速い
キャンペーン
home5Gのキャンペーンの質は良い
開通まで流れ
home5Gの開通までの流れはあまりスムーズではない
電波
4G
通信速度
55Mbps
契約して良かったと思う点
光回線が契約できないのでADSL回線を利用していましたが、今後廃止されると聞き、home5Gを契約。ADSLより20Mbps以上速くなり、我が家のインターネット問題が解決しました。
契約して不満に思っている点
home5G契約後に開通処理が必要なことを知らず、少し戸惑いました。結果的に、電話で手続きできたのですが、少しまぎらわしいと感じました。
2021年09月08日
男性のアイコン
ソフトバンクエアーから乗り換えして大正解!30代男性 / 大分県
80点 / 100点
30代男性
大分県
80点 / 100点
主な用途仕事
利用人数4人
スマホソフトバンク
建物の種類戸建て
料金
home5Gの料金は良い
回線速度
home5Gの回線速度はとても速い
キャンペーン
home5Gのキャンペーンの質は良い
開通まで流れ
home5Gの開通までの流れは平均的
電波
4G
通信速度
164Mbps
契約して良かったと思う点
ソフトバンクエアーと比較して、home5Gは非常に速い。4Gでも下り160Mbps出たので約8倍違う。スマホ割を組めなくなったのは残念だが、それ以上に速度のインパクトが大きい。また、室内のWi-Fi接続性能も意外に良い。home5G本体を2階に置いて、1階のリビングでも高速で通信できている。
契約して不満に思っている点
強いていうなら、上りが遅いこと。上りの速度は17Mbpsだった。たまにリモートワークで大きなデータをアップロードするが、体感でソフトバンクエアーより速くなったとは感じない。
2021年09月08日
男性のアイコン
速くはなったが期待以上の速度は出なかった20代男性 / 兵庫県
50点 / 100点
20代男性
兵庫県
50点 / 100点
主な用途ゲーム
利用人数1人
スマホau
建物の種類マンション
料金
home5Gの料金は平均的
回線速度
home5Gの回線速度は平均的
キャンペーン
home5Gのキャンペーンの質は平均的
開通まで流れ
home5Gの開通までの流れは一般的
電波
4G
通信速度
45Mbps
契約して良かったと思う点
ちょうどWiMAXの更新期間になったタイミングで、home5Gに乗り換えることができた。月額料金はやや高くなったが、WiMAXより速度が速くなったので、まずまず。home5G変えてよかったと感じる。インターネット利用時、ゲームプレイ時のストレスは明らかに減った。
契約して不満に思っている点
home5Gに変えて速度は速くなったが、期待していたほどの速度は出なかった。下りで45Mbps程度。100Mbps程度出てほしかった。2022年1月には5G対応エリアになる予定なので今後に期待。
2021年09月08日
男性のアイコン
スマホセット割引が使えて意外に速度が速い30代男性 / 北海道
70点 / 100点
30代男性
北海道
70点 / 100点
主な用途動画視聴
利用人数3人
スマホドコモ
建物の種類戸建て
料金
home5Gの料金は良い
回線速度
home5Gの回線速度はとても速い
キャンペーン
home5Gのキャンペーンの質は平均的
開通まで流れ
home5Gの開通までの流れは一般的
電波
5G
通信速度
243Mbps
契約して良かったと思う点
別居している両親とhome5Gセット割が組めるので、それを狙って契約しました。速度はそれほど期待していませんでしたが、home5Gで速度を測ると243Mbpsでびっくり。家族3人なので、シェアして使えそうです。
契約して不満に思っている点
電波なので速度が不安定なときがあります。速度が遅いと感じた雨の日に、ホームルーターのランプでアンテナレベルの低下を何度か確認しました。また、電波レベルは低くないのに、通信速度が急に遅くなるときがあります。対処法として4G通信固定にしていますが、どうしても少し速度が落ちます。
2021年09月08日

home5Gは提供が始まったばかりのサービスなので、状況がまだ不安定な可能性はあります。評価・レビューはあくまで参考程度に留めるのがおすすめです。

ドコモhome5Gに関するTwitter上の評判口コミ

ドコモhome5Gについて、Twitterで投稿されている評判口コミをご紹介します!

Twitterでは「4Gでも下り200Mbps出る」「かなり大きなデータ通信をやったけど問題なかった」など、好意的なレビューが多く見られました。

ただし、なかには「初期不良にあたった」「オンラインゲームには向いていない」といった不満も投稿されています。

▼ home5Gの一番お得なキャンペーンサイト

ドコモhome5Gのメリット・デメリット

注目ポイントを挙げている女の子

ドコモのhome5Gには、知っておくべき5つのメリットと6つのデメリットがあります。

主なメリットは、即日で最大4.2Gbpsの高速通信が利用できることです。逆に主なデメリットとしては、5G利用可能エリア以外では、高速の5G通信が使えないことです。

以下では、ドコモのhome5Gのメリットとデメリットについて紹介します。

ドコモhome5Gのメリット

ドコモhome5Gには、おもに5つのメリットがあります。

home5Gのメリット
  • 下り最大4.2Gbpsで通信できる
  • 工事不要でコンセントに挿すだけで使える
  • ・ドコモのスマホ利用料が安くなる
  • ・Wi-Fiルーターを設置しなくてよい
  • ・契約期間の縛りがない

以下で、メリットをそれぞれ解説します。

下り最大4.2Gbpsで通信できる

ドコモのhome5Gは最大4.2Gbpsで通信可能です。ソフトバンクエアーや一般的な光回線と比べると4倍速いです。

また、同じ5Gサービスと比較してもドコモのhome5Gは速いです。auホームルーター5GやUQWiMAXは最大で2.7Gbpsです。

以下、ドコモのhome5Gと他社のサービスを比較しました。

最大速度
(下り)
最大速度
(上り)
ドコモ home5G
(HR01)
4.2Gbps 218Mbps
auホームルーター5G
(L11)
2.7Gbps 183Mbps
auスマートポート
(L02)
1,237Mbps 75Mbps
ソフトバンクエアー
(Air ターミナル4)
962Mbps 非公開
UQWiMAXギガ放題プラス
(L11)
2.7Gbps 183Mbps
UQWiMAXギガ放題
(L02)
1,237Mbps 75Mbps

ドコモのhome5Gは、他社のサービスと比べて、下り・上りの両方で最大速度が速いです。

工事不要でコンセントに挿すだけで使える

ドコモのhome5Gは工事不要ですぐにインターネットの環境が整います

光回線のように開通工事が不要なので、まるでスマホを使うのと同じ手軽さで利用できます。

光回線の開通工事ができないマンションに住んでいる人や、すぐにネットを利用したい人に向いています。

ドコモのスマホ利用料が安くなる

ドコモ光セット割の解説イラスト

ドコモのhome5Gとドコモのスマホをいっしょに利用すると「home5G セット割」でドコモのスマホ1台あたり毎月最大1,100円割引されます。

割引の適用条件は、ドコモのhome5Gとドコモスマホの契約者名義を同じにすることです。

最大20台のドコモ回線を対象にできるので、家族でドコモのスマホを使っていると、よりお得です。

ちなみに、ahamoは「home5Gセット割」の対象外です。

Wi-Fiルーターを設置しなくてよい

home5Gを利用する際にWi-Fiルーターは不要です。ホームルーター自体にWi-Fi機能が備わっているからです。

WiFiを使うために、追加の料金や、めんどうな申請も必要ないです。

また、複数の機器を設置する必要がないため、お部屋が散らからないこともメリットです。

契約期間の縛りがない

ドコモのhome5Gには契約期間の制限がないです。いつ解約しても、違約金はかかりません。

auやソフトバンク、UQWiMAXなどが提供している無線通信サービスは、2~3年の定期契約です。更新月以外で解約すると違約金がかかります。

ドコモhome5Gのデメリット

ドコモhome5Gには、おもに6つのデメリットがあります。

home5Gのデメリット
  • ・5G通信は一部エリアのみで利用できる
  • ・室内の通信は下り最速1,201Mbps
  • ・電波が原因で速度が不安定になりうる
  • ・登録住所でしか利用できない
  • ・3日間の通信量に応じて速度制限がある
  • ・オンラインゲームや動画配信に不向き

以下で、デメリットをそれぞれ解説します。

5G通信は一部エリアのみで利用できる

ドコモのhome5Gは最大4.2Gbpsの5Gを一部のエリアでしか使えません。5Gが利用できるエリア以外は4G通信になります。

時点、東京や大阪などの都市部を除けば、多くのエリアは5Gに未対応です。

4G通信しか利用できないエリアに住んでいる場合は、せっかくhome5Gを契約しても、回線速度はあまり速くありません。

つまり、契約しても「期待していたほど速度が出ない」という可能性が高いです。

室内の通信は下り最速1,201Mbps

home5Gの室内通信は下り最速1,201Mbps

ドコモのhome5Gホームルーターからスマホやパソコンまでの室内通信は下り最速1,201Mbpsです。最大速度4,200Mbps(4.2Gbps)の通信はhome5Gのホームルーターまでです。

また、1,201Mbpsで通信するには、スマホやパソコンがWi-Fi6という通信規格に対応している必要があります。スマホやパソコンがWi-Fi6に対応しているか確認しましょう。

ちなみに、ホームルーターとパソコンをケーブル接続する場合は、ホームルーターの仕様で最大速度が1,000Mbps(1Gbps)になります。

電波が原因で速度が不安定になりうる

窓のない部屋や、家の真ん中といった電波の悪い場所にhome5Gを置くと回線速度が不安定になる可能性が高いです。

5Gは、4Gよりも電波がつながりにくいのでホームルーターは電波の良い場所に置きましょう。例えば、建物の少ない方向の窓際がおすすめです。

また、そもそもドコモの電波が入りづらい家では、home5Gの通信も安定しません。

登録住所以外では利用できない

ドコモのhome5Gは登録した住所でしか利用できません。利用場所に制限があるため、home5Gのホームルーターを旅行先に持っていって利用することはできません。

home5Gは、モバイルWi-Fiルーターの代わりになりません。

引っ越しする場合は「My docomo」から住所を変更手続きをすると引っ越し先で利用できるようになります。

3日間で大量のデータ通信すると速度制限される可能性がある

home5Gは直近3日のデータ通信量によって通信制限される可能性がある

ドコモのhome5Gは月間データ通信量は無制限であるものの直近3日のデータ通信量が一定ラインを超えると速度制限される可能性があります。

公式サイトには「直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、通信が遅くなることがある」と記載されているからです。ただし、上限の正確な記載はないです。

ドコモのhome5Gは、テレワークで大きなファイルデータをやりとりする必要がある人や、高画質の動画をたくさん見る人には向いていません。

オンラインゲームや動画配信に不向き

ドコモのhome5Gは上りの最大速度が218Mbpsと遅いです。上りの通信速度は、下り最大通信速度4.2Gbpsに対して約20分の1です。

上り・下りは通信の向きを表していて、上りはアップロード、下りはダウンロードです。

ドコモのhome5Gは、ダウンロードを利用する音楽や動画の視聴に向いていますが、アップロードを利用するオンラインゲームや、動画配信には向いていません。

▼ home5Gの一番お得なキャンペーンサイト

ホームルーターをコンセントに挿すだけで自宅のネット環境が整う

home5Gはコンセントに差すだけでWi-Fi環境が整う のイラスト

ドコモのhome5Gは、ホームルーターの電源コードをコンセントに挿すだけで、すぐにネット環境が整います。

インターネットを利用するのに、難しい設定をする必要はありません。

Wi-Fiルーターの設定がわからない人や、引っ越し当日から自宅でインターネットを利用したい人に向いています。

スマートフォンのWi-Fi接続はQRコードを読み込むだけ

ドコモhome5GはQRコードを読み込むだけでスマホと接続可能です。

スマホのカメラを起動してQRコードを読み取るだけなので、とても簡単です。専用アプリをインストールする必要もありません。

PCのWi-Fi接続はWPS接続対応のボタンを押すだけ

パソコンをドコモhome5GにWi-Fi接続するには、WPS接続対応のボタンを押します。

Wi-Fiのパスワードの入力が不要なので、すぐに利用できます。

WPS接続とは、ルーター本体のボタンを押すだけでスマホやタブレット、PCをWi-Fi接続できる機能のことです。

ドコモhome5Gの月額料金

ドコモhome5Gの月額料金は4,950円です。プランは1種類しかありません。

下表は、home5Gの月額料金を他社サービスと比べたものです。ソフトバンクエアーよりは安いですが、auスマートポートと比べると200円ほど高いです。

月額料金
home5G 4,950円
ソフトバンクエアー 5,368円
auスマートポート 4,721円
auホームルーター5G 5,170円
UQWiMAXギガ放題プラス 4,818円

上記の表のうち、5Gに対応しているホームルーターのサービスは、home5Gとauホームルーター5Gです。

ドコモは4,950円、auが5,170円なので、200円ほど安く5Gを使えます。

関連記事

▶ドコモhome5Gの月額料金や初期費用を解説!

ドコモhome5Gの月額料金はプロバイダ利用料込み

ドコモhome5Gの月額料金には、プロバイダ(ISP)の利用料が含まれています。

そもそもドコモhome5Gは、フレッツ光やドコモ光などの光回線と違って、プロバイダの別途契約が必要ないインターネットサービスです。

home5Gの利用にはホームルーターの購入が必要

家電量販店でhome5G対応のルーターを探している女の子

ドコモのhome5Gを利用するためには、ホームルーターの購入が必要です。ホームルーターがなければ、プランを契約していてもサービスを利用できません。

このため、月額利用料の4,950円に加えて、ホームルーター本体の料金がかかります。

home5Gを使うための費用をまとめると、以下のようになります。

月額利用料 4,950円
本体代金(36回分割時) 1,100円
毎月の費用 6,050円

ホームルーターの本体料金を含めると、割引なしで毎月約6,000円です。

ちなみに、ドコモオンラインショップでは本体料金の支払回数は以下の4つから選べます。

一括払い
分割払い 12回
24回
36回

ホームルーターは公式キャンペーンで実質無料になる

ドコモのhome5Gで使えるホームルーターは「月々サポート」を適用すると本体代金が実質無料になります。

「月々サポート」は、36ヶ月間の継続利用を条件に、本体価格が実質無料になる公式キャンペーンです。

実際は、36ヶ月間にわたって、端末の分割払いの請求額と同じ1,100円が割引される制度です。36ヶ月間使うことで、購入費をゼロ円にできます。

ちなみに、競合サービスの「ソフトバンクエアー」や「auホームルーター5G」も、同じように本体代金が実質無料になります。

分割払いの途中で解約すると端末代の残債が一括請求される

もしも「月々サポート」による分割払いが終了する前にhome5Gを解約すると、端末代の残りが一括で請求されます。

請求される残債の金額は、何回払いで契約していたか、どのタイミングで解約したかで変わります。参考までに、利用年数ごとの残債をまとめてみました。

36回払い 24回払い 12回払い
1年目
(12ヵ月目)
26,400円 19,800円 完済
2年目
(24ヵ月目)
13,200円 完済
3年目
(36ヵ月目)
完済

3年以内に解約する可能性がある場合は、残債の状況をしっかりと把握しておきましょう。

▼ home5Gの一番お得なキャンペーンサイト

ドコモhome5Gの最大速度と平均速度

ドコモhome5Gの最大速度は下り4.2Gbps(=4,200Mbps)です。

また、実際の利用者の回線速度を測定している「みんなのネット回線速度」によると平均速度は153Mbpsです。ただし、提供開始直後なので、サンプル数は約300件と少ないです。(2021年9月7日時点のデータ)

auの5G対応ホームルーターや、ソフトバンクエアーと回線速度を比べてみました。

下り最大速度 下り平均速度
ドコモ home5G
(HR01)
4.2Gbps 153Mbps
auホームルーター
(5G対応端末)
2.7Gbps 不明
auスマートポート
(L02)
1,237Mbps 57Mbps
ソフトバンクエアー
(Air ターミナル4)
962Mbps 45Mbps

ドコモのhome5Gは、他社の無線インターネットサービスと比べて、最大速度・平均速度が速いのが分かります。

5G通信を利用できるのは、ドコモhome5Gとauホームルーターだけです。ただし、5G対応のauホームルーターは利用者が少なく、平均速度が調べられませんでした。

ドコモhome5Gは、下記のツイートのように、200Mbps前後出ている人が多いです。

ただし、なかには70Mbpsほどしか出なかった人もいます。それでも、ソフトバンクエアーやWiMAXよりは速いです。

最大速度1Gbps以上は下り通信のみ

性能を詳しく調べているイラスト

ドコモのhome5Gで1Gbpsの速度が出るのは下りの通信のみです。下りは最大4.2Gbpsで速いですが、上りは最大218Mbpsしか出ません。

ただし、他社の無線ネットワークサービスと比べると、多少は速いほうです。

最大速度
(下り)
平均速度
(上り)
ドコモ home5G
(HR01)
4.2Gbps 218Mbps
auホームルーター
(5G対応端末)
2.7Gbps 183Mbps
auスマートポート
(L02)
1,237Mbps 75Mbps
ソフトバンクエアー
(Air ターミナル4)
962Mbps 非公開

回線速度の下りはダウンロード、上りはアップロードを意味します。

音楽や動画の視聴、Webサイトの閲覧であればインターネット上からデータを「ダウンロード」するので下りの通信を使います。

一方で、オンラインゲームや動画配信の場合は、自分のパソコンやスマホからデータを「アップロード」するので上りの通信を使います。

ただし、ふだんの生活で上りの回線速度が重要になることは滅多にありません

関連記事

▶ドコモhome5G利用者の実測値を大公開!遅いときの対処法は?

月間のデータ通信量による速度制限はない

home5Gには、月間データ容量制限がありません。スマホで月間データ通信容量が原因で、速度制限がかかってしまう人でも安心して使えます。

以下表はhome5Gと主な他社サービスの月間データ容量制限を比較したものです。

月間データ容量制限
home5G 制限なし
ソフトバンクエアー 制限なし
auスマートポート 30GB
auホームルーター5G 一部エリアは30GB
UQWiMAXギガ放題プラス 一部エリアは15GB

この表内で1ヶ月間のデータ通信量が無制限なのは「home5G」と「ソフトバンクエアー」だけです。

3日間で大量のデータ通信をすると速度制限される可能性がある

速度制限がかかってウェブページを上手く読み込めないイラスト

ドコモhome5Gは、3日間で大量のデータ通信をすると速度制限される可能性があります。

公式サイトには「当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、通信が遅くなることがある」と記載されています。ただし、明確なデータ上限は示されていないです。

以下は、ドコモhome5Gのデータ通信制限について書かれたTwitterの書き込みです。

上記のツイートのように、さまざまな報告が挙がっています。

3日間で600GB以上通信しても制限がかからない」という人もいれば、家電量販店で「6GB以上通信すると制限される」と説明されたケースもあります。

上記のように「エリアによって通信量の上限は変わる」といった意見も見られます。

結局のところ、現時点では正確な情報はわかりません。ドコモ公式の正式発表がないため、エリアによって上限が違ったり、今後の利用者増加にあわせて制限が強くなったりするリスクもあり得ます。

3日間の通信制限に関する他社比較

直近3日間で大量のデータ通信をした場合、通信速度の制限について、他社と比較し、以下にまとめました。

直近3日間の
通信量制限
制限速度
ドコモhome5G 不明 不明
ソフトバンクエアー なし なし
auスマートポート 10GB 1Mbps
(18~2時)
auホームルーター5G 15GB 1Mbps
(18~2時)
UQWiMAX
ギガ放題プラス
15GB 1Mbps
(18~2時)

ドコモhome5Gをはじめとするホームルーターは、直近3日で速度制限があるサービスが主流です。

ソフトバンクエアーは3日間の利用データ量で速度制限をしていませんが、ソフトバンクは自分のデータ利用料に関係なく、夜間帯にユーザー全員に対して速度制限をかけることがあります。

関連記事

▶home5Gには3日間の速度制限がない?実際に使った人の結果まとめ

ドコモのスマホユーザーはセット割で最大1,100円安くなる

電卓を持った女の子のイラスト

ドコモのhome5Gを契約すると「home5Gセット割」でドコモのスマホ1台あたり最大1,100円安くなります。

上記の書き込みからもわかるように、セット割込みで計算すると、home5Gの利用料はかなり安いです。

home5Gセット割の適用条件はhome5Gとドコモスマホの名義人が同一であることです。

home5Gセット割の対象プランは、下表のとおりです。一部のスマホプランは割引対象にならないので、プラン変更して割引を受けるほうが得になる可能性があります。

また、ahamoとギガライトの1GB以下のプランは割引対象外です。

割引額
5Gギガホプレミア -1,100円
ギガホプレミア
5Gギガホ(受付終了)
ギガホ(受付終了)
ギガライト(3GB以上)
ギガライト(~3GB) -550円
ギガライト(~1GB) 割引なし
ahamo

home5Gセット割は、home5G契約者のファミリー割引に入っている人の中で最大20回線まで割引適用できます。

ドコモのファミリー割引の対象は3親等以内で同居・別居問いません。さらに事実婚や同性パートナーも対象です。

home5Gセット割はドコモ光セット割とほとんど同じ割引サービス

home5Gセット割は、ドコモ光で提供されている「ドコモ光セット割」とほぼ同じ割引サービスです。2つの違いは、対象になるスマホプランの数です。

home5Gのセット割対象にならないスマホプラン

  • ・ベーシックパック
  • ・ウルトラデータパック
  • ・ベーシックシェアパック
  • ・ウルトラシェアパック

ドコモ光セット割は、光回線のドコモ光と、ドコモのスマホがセットになることで割引される制度です。

関連記事

▶home5Gセット割に関する詳しい解説

ドコモhome5Gはauやソフトバンクのユーザーでも利用できる

ドコモhome5Gは、auやソフトバンクなどのドコモ以外のユーザーでも利用できます

home5Gは、auホームルーターやソフトバンクエアーと比べて、5G通信を無条件で使えて、通信速度が速いため、ドコモ以外のユーザーにもおすすめです。

ただし、auやソフトバンクのユーザーには、ドコモスマホのセット割は適用されません。

▼ home5Gの一番お得なキャンペーンサイト

5Gと4GLTEに対応しているので利用可能エリアが広い

日本地図

ドコモhome5Gは5G・4GLTE両方の電波に対応しているため利用可能エリアが広いです。

5Gの提供エリアはまだ限られていますが、4Gの電波が届かない地域はほとんどありません。

5G通信は5G対応エリアのみ利用できる

ドコモのhome5Gは、利用場所が5G対応エリアの場合のみ、5Gで通信可能です。利用場所が4Gエリアの場合は4Gで通信します。

このため、利用する自宅の住所によって、最大速度が変わります。

最大通信速度
(下り)
最大通信速度
(上り)
5G通信 4.2Gbps 218Mbps
4G通信 1.7Gbps 131.3Mbps

4G通信の下り最高速度は、5G通信の3分の1程度です。

5G対応エリアの確認方法

ドコモの5G対応エリアは「ドコモ公式のエリア検索ページ」で確認できます。ドコモのhome5Gを契約する前に、自宅が5G対応エリア内か確認しましょう。

検索ページでは「住所で検索」と「都道府県から検索」の2つの方法を使えます。

自宅や施設が5Gエリア内か、ピンポイントで調べたい場合は「住所で検索」を利用しましょう。駅名や施設名、もしくは調べたい住所を入力して虫眼鏡のアイコンをクリックします。

ドコモエリア検索で施設名を入力する画面

地名や住所を入力してページを進むと、色のついたマップが表示されます。

エリアマップが表示されたら「エリアマップ選択」で「5G」を選択します。

ドコモエリア検索で新宿駅周辺の5G対応エリアの画面

上記の画像のうち、赤色に染まっているエリアが5Gに対応しています。黄色のエリアは、LTE対応の地域です。

また、緑色や赤色のピンは、ショッピングモールやサッカー競技場のような施設を示しています。5Gの対応エリアとは関係ないので、気にしなくて大丈夫です。

ピンやエリアが示している意味は下記画像のとおりです。

ドコモエリア検索の5G対応エリア凡例

5Gのエリアだけ見たい場合は、ピンを非表示にすると見やすいです。「5G利用可能スポット」をONからOFFに変更すると非表示になります。

ドコモエリア検索で5G利用スポットを非表示にしている画面

実際に5Gを使えるかどうかは、その場所に行ってみないとわかりませんが、エリア検索で大まかに5G対応エリア確認ができます。

関連記事

▶ドコモhome5Gの対応エリアについての解説

5G電波は4GLTEに比べると障害物に弱い

5G電波は山やビルなどの障害物にさえぎられて弱くなりやすい

5Gの電波は、山やビルなどの障害物に弱いです。このため、自宅の端末に届くまでに、回線速度が遅くなる可能性があります。

障害物に弱い理由は、5Gの電波が真っ直ぐに進む性質を持っているからです。電波が真っ直ぐに進むと、何度も障害物に跳ね返り、だんだんと弱くなってしまいます。

一方で、4Gの電波は5Gの電波よりも広がります。広がりやすい電波は、ビルなどの障害物に当たったときに横や後ろに回り込みやすいので電波が届きやすいです。

home5GはPREMIUM4G対応なので5Gエリア外でも速い

home5GはPREMIUM4G対応しているから5Gエリア外でも速い

ドコモhome5Gは5G対応エリア外でも速いです。ドコモhome5GはPREMIUM4Gに対応しているからです。

PREMIUM4Gとは

PREMIUM4Gとは、ドコモが提供する高速4Gサービスのことです。2020年3月から下り最大速度1.7Gbps(1,700Mbps)で提供されています。LTEの電波を束ねるLTE-Advancedという技術を採用し、各電波の通信速度を合算した高速通信を実現しています。

PREMIUM4Gのおかげて、ドコモの4G通信はauやソフトバンクより速いです。

以下、3大キャリアの下りの最大速度と平均速度をまとめました。

下り
最大通信速度
下り平均速度
(Android比較)
ドコモ
(PREMIUM4G)
1,700Mbps 168~299Mbps
ドコモ調査結果
au 1,237Mbps 93~161Mbps
au調査結果
ソフトバンク 838Mbps 97~173Mbps
ソフトバンク
調査結果

比べてみると、ドコモの最大速度は2番目に速いauと比べて450Mbps以上速いです。また、実際の平均速度もドコモが一番速いです。

もし、4G通信しか使えない場合でも、5G通信と遜色ない回線速度が期待できます。

ドコモhome5Gのホームルーターはミリ波非対応

ドコモhome5GのホームルーターHR01はミリ波非対応です。

ミリ波とは

ミリ波とは、5G通信で利用する電波の1つです。5G通信で利用する電波の中で、最も大容量かつ高速通信が可能です。一方で、最も障害物に弱く、電波の届く範囲が狭いという特徴があります。

ミリ波に対応しているかどうかは、home5GのホームルーターHR01のスペックを見れば判断できます。

ドコモのミリ波は、上りの最大速度が480Mbpsで提供されています。しかし、HR01の上りの最大速度は218Mbpsしかないため、ミリ波に非対応だと判断できます。

ただし、ミリ波が使えなくても、home5Gは他社のホームルーターより圧倒的に速いです。業界最速の下り最大4.2Gbpsで利用できるので、対応有無を気にする必要はありません。

登録した住所以外では利用できない

ドコモのhome5Gは、無線通信サービスですが登録住所のみで利用可能です。モバイルWi-Fiのように、持ち運んで利用できません。

「auホームルーター5G」や「ソフトバンクエアー」も同じく、登録住所のみでの利用になっています。

もし、ドコモのhome5Gで、利用する場所を変えたいときは「My docomo」から変更します。登録住所の変更は、原則「月に1回」だけ可能です。

やむを得ない事情で月に2回以上住所を変更する場合は、インフォメーションセンターかドコモショップで手続きが必要です。

ドコモhome5Gの住所変更は原則月に1回だけ可能

上記の画像のように、ドコモの公式サイトで住所変更の回数について問い合わせたところ「やむを得ない理由がある場合はインフォメーションもしくはドコモショップで手続き」という回答がありました。

ドコモのhome5Gは契約期間の縛りがない

ドコモhome5Gには契約期間の縛りがなく、違約金も一切かからない

ドコモのhome5Gは契約年数の縛りがないです。いつ解約しても違約金が請求されません。

契約期間と違約金について、home5Gと他社サービス、一般的な光回線で比較しました。

契約期間 解約違約金
home5G なし 0円
ソフトバンクエアー 2年 10,450円
auスマートポート 2年 1,100円
auホームルーター
プラン 5G
なし 0円
UQWiMAX
ギガ放題プラス
2年 1,100円
光回線 2~3年 10,000円
以上
※光回線による

ソフトバンクエアーは解約違約金が10,450円と高いです。

また、光回線も、解約時の費用が高額になりやすいです。光回線業者によって金額はさまざまですが、なかには30,000円ほどかかる場合もあります。

ホームルーターの分割払いが残っているのに解約すると残債を請求される

ドコモのhome5Gのホームルーターを分割払いにすると、解約時に残りの本体代金を請求されます。

もし、端末代金分を毎月割引するキャンペーンを受けても、払い終える前に解約すると残りのホームルーター本体代金は実費で支払わないといけません。

ホームルーターの本体を一括払い、もしくは分割払いで完済していれば解約時の請求はありません。

ドコモのhome5Gで追加できるオプション

home5Gパックの内容

ドコモhome5Gでは、以下の3つのオプションが提供されています。

オプション名 月額料金 サービス内容
home5G
パック
770円 「ケイタイ保証サービス」と「ネットワークセキュリティ」のセットオプション
ケータイ補償
サービス
550円 故障、水濡れ、盗難、紛失時などに本体交換や修理代金のサポート
ネットワーク
セキュリティ
385円 ウイルスや不正アクセスから保護・対策
(対象はパソコン3台まで)

「home5Gパック」は「ケータイ補償サービス」と「ネットワークセキュリティ」がセットになったサービスです。

ケータイ補償サービスは、対応端末の故障や紛失を補償してくれます。

また、ネットワークセキュリティは、ウイルスや不正アクセスからPCを守ってくれます。

home5Gパックは2つのオプションがセットになったサービス

home5Gパックの説明図

ドコモhome5Gのオプションで一番重要なのは月額770円の「home5Gパック」です。

月額550円の「ケータイ補償サービス」と、385円の「ネットワークセキュリティ」がセットになって、165円割引されます。

「ケータイ補償サービス」と「ネットワークセキュリティ」の両方を申し込むと、自動的に「home5Gパック」になります。

ケータイ補償サービスの詳細情報

ケータイ補償サービスとは本体端末の故障・水濡れ・盗難・紛失時に交換機の提供や修理代金のサポートをしてくれるオプションです。

月額料金は550円です。ただし、home5Gでケータイ補償サービスにはじめて加入したときは1ヶ月間無料です。(最大31日間)

ケータイ補償サービスに加入していると、ドコモで故障修理する場合、保証対象外の故障を3,300円以内で修理できます。

ドコモショップで購入するときはhome5G新規契約と同時にオプション追加可能です。そのほかの方法は、当日でも後日でもWebもしくは電話でオプション追加できます。

ただし、機器トラブルが起こる前で、購入日から14日以内である必要はあります。

また補償を受けるときはトラブルが起きた日から30日以内に手続きが必要です。

ネットワークセキュリティの詳細情報

ウイルスから守られているパソコンのイラスト

ネットワークセキュリティとは、パソコン3台までウイルスや不正アクセスから守ってくれるオプションです。

月額料金は385円です。ただし、home5Gでネットワークセキュリティにはじめて加入したときは1ヶ月無料です。(最大31日間)

McAfee(マカフィー)というセキュリティソフトを利用し、ウイルスやスパイウェア、不正アクセスから端末を守ってくれます。また、危険サイトにも対処してくれます。

ただし、スマホはセキュリティサービスの対象外です。

▼ home5Gの一番お得なキャンペーンサイト

home5Gと他社ホームルーターの性能比較

天秤にかけて比較している人のイラスト

ドコモhome5Gと、auとソフトバンクが提供しているホームルーターの性能を比較してみました。

下表では、ドコモhome5G・auホームルーター5G・ソフトバンクエアーそれぞれの基本情報をまとめています。

また、auは5G対応の「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」を、ソフトバンクは「Airターミナル4NEXT」の端末情報をそれぞれ載せています。

ドコモ
home5G
au Softbank
Air
月額料金 4,950円 5,170円 5,368円
通信規格 5G/4G 5G/4G 4G
5Gの
最大速度
4,200Mbps
(4.2Gbps)
2,700Mbps
(2.7Gbps)
4Gの
最大速度
1,700Mbps 1,237Mbps 612Mbps
平均速度 153Mbps
(情報なし)
45Mbps
3日間の
通信制限
不明 あり あり
月間の
通信制限
なし 5G通信は
30GBまで
なし
端末代金 39,600円
※実質無料
39,600円
※実質無料
59,400円
※実質無料
最低
利用期間
なし なし 2年
違約金 なし なし 10,450円

比べてみると、月額料金や回線速度といったさまざまな面で、ドコモhome5Gが優れていることがわかります。

大手キャリアが提供しているホームルーターのうち、5G通信を利用できるのは、ドコモhome5Gとauホームルーターだけです。

しかし、auのホームルーターは「プラスエリアモード」を使わないと5G通信が利用できません。プラスエリアモードには月間30GBの上限があるため、すぐに使えなくなります。

また、ソフトバンクエアーは5G通信に対応していません。利用者の平均速度も45Mbpsと遅く、月額料金も高いため、home5Gのほうがおすすめです。

さらに詳しい解説

▶home5Gとauホームルーター5Gの比較解説
▶home5Gとソフトバンクエアーの比較解説

home5Gホームルーター「HR01」のスペック詳細

home5G ホームルーターHR01の本体

ドコモのhome5Gで利用できるホームルーターは「HR01」です。サービス開始前の情報では、ドコモのhome5Gで利用できるホームルーターは1機種のみです。

以下、ホームルーター「HR01」のスペックについて記載しています。

端末名称(型番) HR01
オンラインショップ
での販売価格
39,600円
製造メーカー シャープ株式会社
5G 最大速度 下り最大4.2Gbps
上り最大218Mbps
4G 最大速度 下り最大1.7Gbps
上り最大131.3Mbps
Wi-Fi(無線接続)
最大速度
1,201Mbps
有線接続
最大速度
1,000Mbps
Wi-Fi(無線接続)
対応規格
IEEE802.11a
IEEE802.11b
IEEE802.11g
IEEE802.11n(Wi-Fi4)
IEEE802.11ac(Wi-Fi5)
IEEE802.11ax(Wi-Fi6)
2.4GHz帯 / 5GHz帯対応
有線接続
対応規格
IEEE802.3ab
(1000BASE-T)
IEEE802.3u
(100BASE-TX)
同時接続台数 計65台
Wi-Fi : 64台
有線LAN : 1台
かんたん接続機能 WPS / QRコード接続
電源 100-120V , 50 / 60Hz
消費電力 22W(最大)
サイズ 約170(H)
×
約95(W)
×
約95(D) mm
重量 約720g
本体付属品 ACアダプタ
LANケーブル(試供品)
連続通信時間 – (ACアダプタ駆動)
USBテザリング
NAT設定 synmetric / full cone
対応UIM nanoUIM
取り扱い説明書 HR01取扱説明書(PDF)
一番お得な
キャンペーンサイト
15,000円キャッシュバック
39,600円の端末代実質無料
▶こちらをタップ

HR01は、Wi-Fi同時接続台数が64台と多いです。テレビ、エアコン、スマホ、携帯ゲーム機などWi-Fi接続台数が多くても余裕を持って利用できます。

また、内臓のデータ通信カードはhome5G専用です。例えば、5G対応のスマホやモバイルWi-Fiに挿し替えても、利用できません。

HR01はWi-Fi6やビームフォーミングに対応している

スマホでネットにアクセスしているイラスト

ドコモのhome5Gは、Wi-Fi6やビームフォーミングに対応しています。

どちらも、home5Gのホームルーターからパソコンやスマホをつなげるときに利用している技術です。

これから、Wi-Fi6とビームフォーミングについてそれぞれ紹介します。

Wi-Fi6とは

Wi-Fi6とは、Wi-Fiの新しい規格です。Wi-Fi6の別表記はIEEE802.11axです。

Wi-Fi6は最速1,201Mbpsで通信可能です。

ただし、新しい規格なので、まだまだ対応していない機器が多いです。

「ホームルーター」「Wi-Fiルーター」と「スマホ」「パソコン」の両方がWi-Fi6に対応していると利用できます。

ビームフォーミングとは

ドコモのhome5Gのホームルーターに搭載されているビームフォーミングとは、スマホやパソコンの位置にピンポイントでWi-Fiを強く飛ばす技術です。

Wi-Fiのビームフォーミングを利用するための条件は、Wi-Fiを繋ぐスマホやパソコンがビームフォーミング対応機種であることです。

ただし、home5GのホームルーターHR01のスペック詳細がわかっていないのでビームフォーミング対応のスマホ・パソコンは現時点で不明です。

有線接続は1本だけ可能

ドコモのhome5Gのホームルーターには、1本しか有線接続で機器をつなげません。有線ポートが1つしかないからです。

home5Gのホームルーターとパソコンを繋ぐ場合は通常1台までしか接続できません。

ドコモhome5Gの申し込み窓口は代理店アイ・ティー・エックスが一番おすすめ

ドコモのhome5G対応ホームルーターHR01の見た目

ドコモのホームルーターhome5Gは、代理店のアイティーエックスから申し込むのが一番お得です。

ドコモの公式サイトで申し込むと用途が限定されたdポイントの付与しかされませんが、アイティーエックスなら15,000円のキャッシュバックがもらえます。

しかも、キャッシュバックをもらうためにオプション加入はいっさい必要ないです!

キャッシュバック金額 15,000円(現金)
申し込み特典 端末代実質無料
オプション条件 なし
手続き 電話で振込口座を伝える
振込月 最短翌々月末
(9月開通なら11月末を目途)

キャッシュバックをもらうための手続きは、home5Gの申し込み後にかかってくる電話にて、振込先の口座番号を伝えるだけです。

手続き方法がとても簡単なので、キャッシュバックをもらい忘れる心配はありません!

home5Gをお得に使いたいなら、代理店のアイティーエックスから申し込みましょう!

\オプション不要!15,000円キャッシュバック/

快適にネットを使いたい人はドコモのhome5Gよりも光回線がおすすめ

メモ帳を持った女の子のイラスト

快適にインターネットを使いたい人はドコモのhome5Gよりも光回線がおすすめです。

ドコモのhome5Gは「5G」という新しい通信技術が注目されています。しかし、速度にこだわるのであれば、光回線の方が断然速いです。

光回線がおすすめな理由

  • ・home5Gより回線速度が安定している
  • ・最大速度5Gbps以上プランがある
  • ・速度制限がない
  • ・上りの回線速度が速い

光回線は、回線速度が下り・上りの両方向で速く、安定しているという強みがあります。

home5Gより回線速度が安定している

光回線はhome5Gよりも回線速度が安定しています。ホームルーターと違って、物理的に自宅まで回線が伸びているからです。

一方、ドコモのhome5Gは無線通信です。無線通信で使う電波は障害物や天候で回線速度が低下します。日によって、速度が不安定です。

光回線の場合は、Wi-Fiルーターまでケーブル接続されています。Wi-Fiルーターまではケーブルでつながっているので、障害物や天候の影響を受けません。

最大速度5Gbps以上プランがある

光回線は最大速度5Gbps以上のプランがあります。ドコモのhome5Gの最高速度は下り4.2Gbpsなので、それよりも速いです。

最高速度が5Gbps、10Gbpsの光回線は、都市部や地方都市を中心に展開されています。

速度制限がない

光回線は、月間・3日間のデータ通信量による速度制限がありません。ドコモのhome5Gは直近3日間でデータ通信容量が多いと速度制限がかかります。

高画質でゲームや動画視聴をする人でも速度制限にかかることを一切気にせず利用できます。

上りの回線速度も速い

光回線は、上りの通信速度が速いです。光回線は下り・上り両方1Gbpsが主流です。

ドコモのhome5Gと光回線の上り最大速度を比較すると、光回線の速度が約5倍速いです。

home5Gはリアルタイムでアップロード通信をする、オンラインゲームや動画配信は向いていません。

光回線はスマホキャリアに合わせて選ぶのがおすすめ

光回線はスマホキャリアに合わせて選ぶのがおすすめです。

スマホキャリアにあった光回線を選ぶと、スマホの月額料金が安くなりお得だからです。

下記のイラストのように、スマホ1台あたり最大1,100円の割引を受けられます。

割引でお得になる図

それぞれのスマホキャリアにおすすめな光回線を紹介します!

ドコモユーザーならドコモ光がおすすめ

ドコモ光のロゴ

ドコモのスマホを使っている人には、ドコモ光がおすすめです。ドコモ光はドコモのスマホ割引が受けられる唯一の光回線だからです。

home5Gより安定した通信で容量を気にせず利用したいならドコモ光を選びましょう!

以下に、ドコモ光の料金や通信速度の情報をまとめています。

おすすめ度評価 総合評価はとても良い
マンション月額料金 4,400円
戸建て月額料金 5,720円
スマホセット割 ドコモ
最大速度 下り:1Gbps
上り:1Gbps
平均速度 下り:243Mbps
上り:185Mbps
対応エリア 全国
特徴 ・ドコモユーザーなら最安
・工事費完全無料
・キャッシュバック特典あり
一番お得な
キャンペーンサイト
(GMOとくとくBB)
当サイト限定!
オプション不要で20,000円キャッシュバック
抽選で毎月20名にAmazonギフト券10,000円分プレゼント
▶こちらをタップ
関連記事 ▶ドコモ光の評判を詳しく見る
▶ドコモ光のキャンペーン情報

マンションに住んでいるドコモユーザーは、特にドコモ光がおすすめです。

ドコモ光のマンションタイプは月額4,400円なので、home5Gより550円安いです。

また、 現在、ドコモ光は開通工事費用が完全無料になるキャンペーンを実施しています。

スマホ割引がある、工事費がないという条件が同じなので、シンプルに毎月550円お得になります。

ドコモのスマホ利用料が安くなる

ドコモのスマホとドコモ光の両方を利用すると「ドコモ光セット割」が受けられます。

適用条件はドコモ光とスマホの契約者名義を同じするだけです。

ドコモ光セット割は、ドコモのhome5Gよりも割引対象のスマホプランが多いです。過去契約したプランのままで割引を受けられる可能性が高いです。

工事費完全無料で利用できる

ドコモ光は工事費が無料

現在、ドコモ光は工事費が完全無料です。

ドコモ光以外、ほとんどの光回線では実際の負担が0円になるように、分割工事費と同じぶんだけ月額料金を割引しています。

月額料金からの割引は、途中解約すると工事費の残りを一括請求される場合があります。

工事費が完全無料のドコモ光なら、途中解約しても工事費を請求されないという大きなメリットがあります。

ドコモ光はGMOとくとくBBから申し込むのが一番お得

ドコモ光は、プロバイダのGMOとくとくBBから申し込むのが一番おすすめです。ドコモ光公式のキャンペーンとは別に、プロバイダ独自のキャンペーンを実施しているからです!

GMOとくとくBBがおすすめな理由

  • ①利用者からの評価が極めて高い
  • 2万円キャッシュバックが無条件で貰える
  • 9月末まで総額100万円キャンペーン実施中
  • ④抽選で1万円分のAmazonギフト券が貰える
  • ⑤プロバイダ24社の中で最も回線速度が速い
  • ⑥高性能Wi-Fiルーターが無料レンタルできる
  • ⑦開通工事費が無料になる
  • ⑧セキュリティソフトが1年間無料
  • ⑨開通するまでモバイルWi-Fiが無料で使える

GMOとくとくBBの最大の特徴は、窓口の中で最高額20,000円のキャッシュバックが貰えることです。

本来、有料オプションに加入しない場合のキャッシュバックはたったの5,500円です。

ヒカリクを使えばドコモ光のキャッシュバックがオプション不要20,000円になる

しかし、当サイト限定のキャンペーンページなら、オプション加入無しで最高額の20,000円が特別に貰えます!

面倒な手続きも一切不要なので、申し込めば誰でも受け取れます。

さらに9月17日~9月30日の期間限定で、抽選で200名にAmazonギフト券5,000円が当たる総額100万円キャンペーンを実施中です!

ドコモ光を契約しようと考えている人は、この機会を逃さないようにしましょう!

【ヒカリク限定】抽選で毎月20名様にAmazonギフト券10,000円プレゼント

また、当サイトを使ってGMOとくとくBBに申し込んだ人のうちAmazonギフト券10,000円が毎月20名様に抽選でプレゼントされるキャンペーンを実施中です!

応募方法は、GMOとくとくBBのページからドコモ光に申し込んだ後に、折り返しの確認電話の際に「ヒカリクを見た」と伝えるだけです。

他のサイトでは実施していないヒカリク限定のキャンペーンです!キャッシュバックと合わせると合計30,000円還元のチャンスなので、ぜひとも活用してください!

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\9月末まで特別キャンペーン実施中!/

ソフトバンクユーザーならソフトバンク光がおすすめ

光回線 ソフトバンク光

ソフトバンクのスマホを使っているならソフトバンク光がおすすめです。ソフトバンクのスマホ料金が安くなる「おうち割光セット」という割引に対応しているからです。

おすすめ度評価 総合評価は良い
マンション月額料金 4,180円
戸建て月額料金 5,720円
スマホセット割 ソフトバンク
ワイモバイル
最大速度 下り:1Gbps
上り:1Gbps
平均速度 下り:299Mbps
上り:192Mbps
対応エリア 全国対応
特徴 ・キャッシュバック特典あり
・工事費実質無料
・他社の違約金補助あり
・ワイモバイルも割引対象
お得な申し込み窓口 ▶NNコミュニケーションズ
関連記事 ▶ソフトバンク光の評判を見る
▶ソフトバンク光のキャンペーン

ソフトバンク光は、フレッツ光の回線網を使っている光コラボのうちの1つです。全国のほとんどの地域で利用できます。

また、他社から乗り換えで契約する場合には、最大10万円まで違約金を負担してくれます。

ソフトバンクのスマホ料金が毎月1,100円割引される

ソフトバンク光は、ソフトバンクのスマホを使っているとセット割を受けられます。割引額は1回線あたり月550~1,100円で、スマホのプランによって異なります。

「データプラン・メリハリ」「データプラン・ミニフィット」「データ定額5GB/20B/50GB」といったオーソドックスな契約の場合は1,100円割引です。

「データ定額ミニ」や「パケットし放題フラット for 4G LTE」などの少し前の契約プランでは、550円割引です。

また、同じ家に住んでいる家族のソフトバンク端末も割引対象です。ファミリー世帯や、スマホとタブレットの複数台持ちをしている人は、割引額が大きくなります。

乗り換え費用を10万円まで負担してくれる

ソフトバンク光 あんしん乗り換えキャンペーン

ソフトバンク光は、他社の解約にかかった費用を還元してくれる「あんしん乗り換えキャンペーン」を実施しています。

他社の解約で発生した違約金や撤去工事費を、最大10万円までキャッシュバックしてくれます。解約費用が10万円を超えることはまずないので、自己負担なしで乗り換えられます。

還元対象になる費用については、以下にまとめました。

対象になるもの

  • ・回線の違約金(モバイルWiFiも含む)
  • ・プロバイダの違約金
  • ・回線・電話撤去工事費
  • ・フレッツ光以外の開通工事費の残債
  • ・モバイルWiFi端末の割賦残債
  • ・事業者変更承諾番号発行手数料
  • ・アナログ電話復活工事費

見ての通り、ほとんどの解約費用は補助してもらえます。

ソフトバンク光の申し込み窓口は正規代理店エヌズカンパニーが一番おすすめ

ソフトバンク光は、代理店のエヌズカンパニーから申し込むのが一番おすすめです。

正規代理店エヌズカンパニーがおすすめな理由

  • ①新規開通で37,000円キャッシュバック
  • ②キャッシュバックにオプション条件なし
  • ③申込時の電話でキャンペーン手続き完了
  • ④初めての開通ならキャッシュバック+1万円
  • ⑤乗り換えでも15,000円キャッシュバック
  • ⑥10万円まで乗り換え費用を負担してくれる
  • ⑦乗り換え時の工事費が実質無料
  • ⑧開通までソフトバンクエアーが無料

代理店エヌズカンパニーの最大の特徴は、新規契約で37,000円のキャッシュバックを受けられることです!

ソフトバンク光は代理店のエヌズカンパニーから申し込むのがおすすめ

しかも、キャッシュバックをもらうために、追加オプションの加入は一切必要ありません!

キャッシュバック 適用条件 受取時期
エヌズカンパニー 37,000円 なし 2ヶ月後
Yahoo!BB 最大37,000円 日曜または
5のつく日に申し込み
5ヶ月後
ソフトバンク
公式サイト
なし
ソフトバンク
ショップ
店舗による
家電量販店 店舗による

ほかの窓口を使うと、キャッシュバックが全くなかったり、最大金額をもらうために条件があったりします。

条件なしで最高額のキャッシュバックをもらいたいなら、エヌズカンパニーを使いましょう。

\オプション不要!37,000円キャッシュバック/

auユーザーならauひかりがおすすめ

auひかりのロゴ

auのスマホを使っている人には、auひかりがおすすめです。「auスマートバリュー」という割引で、毎月のスマホ料金が安くなります。

総合評価 総合評価は良い
マンション月額料金 4,180円
戸建て月額料金 5,610円
スマホセット割 au
最大速度 下り:1Gbps
上り:1Gbps
平均速度 下り:375Mbps
上り:268Mbps
対応エリア 関西・東海以外
※マンションは全国対応
特徴 ・独自回線で回線速度が速い
・工事費実質無料
・キャッシュバック特典あり
お得な申し込み窓口 ▶GMOとくとくBB
関連記事 ▶auひかりの評判を詳しく見る
▶auひかりのキャンペーン情報

auひかりは、キャッシュバック特典がとても豪華です。窓口をきちんと選べば、申し込むだけで5万円以上の現金がもらえます。

回線速度が速いこともauひかりの大きな特徴です。他の光回線は200Mbpsほどしか出ませんが、auひかりは平均300Mbps以上です。

ただし、auひかりには、全国対応ではないという欠点があります。主な未提供エリアは、関西・東海地方です。

auひかりの対応エリア
auひかりは全国対応の光回線ではありません。 時点での対応エリアを、下表にまとめました。

北海道・東北 北海道/青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島
関東 東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/栃木/群馬
中部 新潟/富山/石川/山梨/長野/福井
関西
中国 鳥取/島根/岡山/広島/山口
四国 徳島/香川/愛媛/高知
九州 ・沖縄 福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島

auのスマホを使っていて、非対応エリアに住んでいる人は、eo光・コミュファ光・ビッグローブがおすすめです。KDDIと提携しているので、スマホセット割が使えます。

関連記事

▶関西で利用できるeo光の解説記事
▶東海で利用できるコミュファ光の解説記事
▶その他の地域でおすすめなビッグローブ光の解説記事

auスマートバリューでauのスマホ利用料が毎月1,100円安くなる

auユーザーは月額550円のauひかり電話を契約すると「auスマートバリュー」という割引を適用できます。

auのスマホ1台につき最大1,100円の割引を受けられます。

ただし、auひかりに申し込むだけではauスマートバリューは適用されないので、手続きが必要です。

ちなみにpovoはauスマートバリューの割引対象外です。

auひかりはGMOとくとくBBから申し込むのが一番お得

auひかりは、大手プロバイダのGMOとくとくBBから申し込むのが一番お得です。

GMOとくとくBBで申し込むメリット

  • 最大61,000円のキャッシュバック
  • 9月末まで総額100万円キャンペーン実施中
  • ③乗り換えならキャッシュバック3万円増額
  • ④工事費実質無料
  • ⑤初めの更新月まで光電話が無料になる
  • ⑥最新の高性能Wi-Fiルーターをプレゼント
  • ⑦申し込み前に提供状況を確認できる
  • ⑧2020年のお客様満足度が92%と高水準

GMOとくとくBBを窓口にしてauひかりに申し込むと戸建て61,000円、マンション51,000円のキャッシュバックがもらえます!

さらに9月17日~9月30日の期間限定で、抽選で200名にAmazonギフト券5,000円が当たる総額100万円キャンペーンを実施中です!

auひかりを契約しようと考えている人は、この機会を逃さないようにしましょう!

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\9月末まで特別キャンペーン実施中!/

サービスの解説の記事

  • 一番お得なキャンペーン窓口

    ドコモスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!

    auスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!!

    ソフトバンクやワイモバイルのスマホ料金が安くなる!エヌズカンパニーからの申し込みが一番お得!

    人気の光回線6選
    人気の光回線6選

    光回線ごとの記事一覧