光回線の速度ランキング!主要25社を徹底比較し最速のインターネット回線を解説!

最終更新日:2021年09月17日
光回線 速度 ランキング のアイキャッチ

光回線は、数あるインターネット回線の中で最も速い通信サービスです。しかし、同じ光回線でも速度が大きく変わるので、実際の速さを確認しないと、まともにインターネットが使えない可能性があります。

そこで、本記事では光回線の速度をランキング形式で徹底比較し、主要25社の中で速度が速くておすすめの光回線を解説していきます!

これから光回線を契約しようとしている人はもちろん、利用している回線の速度が遅くて困っている人も、ぜひ参考にしてください!

先におすすめの光回線を見たい場合は「おすすめの光回線6選」を押してください。

佐山

ネットワークに強く、法人向けインターネット回線の障害オペレーターを3年経験。マイナーな光回線にも詳しい。スマホは格安SIMを使っている。

おすすめ人気記事
「光回線×キャッシュバック」のアイキャッチ
光回線13社のお得なキャッシュバックを徹底比較!キャンペーン窓口の選び方を解説!
記事を読む
おすすめの光回線6選
】おすすめの光回線6選を徹底解説!
記事を読む

【主要25社】光回線の速度ランキング

ランキングのイラスト

どの光回線が速いのか分かりやすくするため、主要25社の「下り」「上り」「Ping」の速度をランキング形式でご紹介します!

下表は「みんなのネット回線速度」という、ユーザーの実際の回線速度を収集しているサイトを参考に、主な回線業者ごとの平均速度を比較したものです。

(2021年7月6日のデータで、過去3ヶ月間の平均速度を掲載しています)

光回線 下り 上り Ping
1位 NURO光 478Mbps 413Mbps 12.6ms
2位 コミュファ光 474Mbps 317Mbps 17.7ms
3位 eo光 452Mbps 297Mbps 18.3ms
4位 auひかり 375Mbps 268Mbps 19.5ms
5位 メガエッグ光 374Mbps 235Mbps 26.8ms
6位 J:COM光 353Mbps 223Mbps 17.9ms
7位 ピカラ光 344Mbps 214Mbps 23.6ms
8位 BBIQ光 317Mbps 202Mbps 27.2ms
9位 イッツコム光 309Mbps 176Mbps 12.8ms
10位 enひかり 308Mbps 224Mbps 18.6ms
11位 ソフトバンク光 299Mbps 192Mbps 18.0ms
12位 IIJmioひかり 295Mbps 223Mbps 17.3ms
13位 ソネット光 283Mbps 196Mbps 18.0ms
14位 OCN光 250Mbps 190Mbps 20.2ms
15位 フレッツ光 249Mbps 187Mbps 21.6ms
16位 DTI光 246Mbps 193Mbps 16.8ms
17位 @T COMヒカリ 243Mbps 170Mbps 14.6ms
18位 ドコモ光 243Mbps 185Mbps 21.6ms
19位 ビッグローブ光 238Mbps 177Mbps 21.0ms
20位 ぷらら光 229Mbps 169Mbps 22.6ms
21位 アサヒネット光 220Mbps 193Mbps 17.9ms
22位 @nifty光 193Mbps 195Mbps 16.7ms
23位 楽天ひかり 189Mbps 163Mbps 30.8ms
24位 エキサイト光 180Mbps 180Mbps 33.2ms
25位 U-NEXT光 60Mbps 43Mbps 13.3ms
光回線 下り 上り Ping
1位 NURO光 478Mbps 413Mbps 12.6ms
2位 コミュファ光 474Mbps 317Mbps 17.7ms
3位 eo光 452Mbps 297Mbps 18.3ms
4位 auひかり 375Mbps 268Mbps 19.5ms
5位 メガエッグ光 374Mbps 235Mbps 26.8ms
6位 J:COM光 353Mbps 223Mbps 17.9ms
7位 ピカラ光 344Mbps 214Mbps 23.6ms
8位 BBIQ光 317Mbps 202Mbps 27.2ms
9位 イッツコム光 309Mbps 176Mbps 12.8ms
10位 enひかり 308Mbps 224Mbps 18.6ms
11位 ソフトバンク光 299Mbps 192Mbps 18.0ms
12位 IIJmioひかり 295Mbps 223Mbps 17.3ms
13位 ソネット光 283Mbps 196Mbps 18.0ms
14位 OCN光 250Mbps 190Mbps 20.2ms
15位 フレッツ光 249Mbps 187Mbps 21.6ms
16位 DTI光 246Mbps 193Mbps 16.8ms
17位 @T COMヒカリ 243Mbps 170Mbps 14.6ms
18位 ドコモ光 243Mbps 185Mbps 21.6ms
19位 ビッグローブ光 238Mbps 177Mbps 21.0ms
20位 ぷらら光 229Mbps 169Mbps 22.6ms
21位 アサヒネット光 220Mbps 193Mbps 17.9ms
22位 @nifty光 193Mbps 195Mbps 16.7ms
23位 楽天ひかり 189Mbps 163Mbps 30.8ms
24位 エキサイト光 180Mbps 180Mbps 33.2ms
25位 U-NEXT光 60Mbps 43Mbps 13.3ms
光回線 下り
1位 NURO光 478Mbps
2位 コミュファ光 474Mbps
3位 eo光 452Mbps
4位 auひかり 375Mbps
5位 メガエッグ光 374Mbps
6位 J:COM光 353Mbps
7位 ピカラ光 344Mbps
8位 BBIQ光 317Mbps
9位 イッツコム光 309Mbps
10位 enひかり 308Mbps
11位 ソフトバンク光 299Mbps
12位 IIJmioひかり 295Mbps
13位 ソネット光 283Mbps
14位 OCN光 250Mbps
15位 フレッツ光 249Mbps
16位 DTI光 246Mbps
17位 @T COMヒカリ 243Mbps
18位 ドコモ光 243Mbps
19位 ビッグローブ光 238Mbps
20位 ぷらら光 229Mbps
21位 アサヒネット光 220Mbps
22位 @nifty光 193Mbps
23位 楽天ひかり 189Mbps
24位 エキサイト光 180Mbps
25位 U-NEXT光 60Mbps
光回線 上り
1位 NURO光 413Mbps
2位 コミュファ光 317Mbps
3位 eo光 297Mbps
4位 auひかり 268Mbps
5位 メガエッグ光 235Mbps
6位 enひかり 224Mbps
7位 J:COM光 223Mbps
8位 IIJmioひかり 223Mbps
9位 ピカラ光 214Mbps
10位 BBIQ光 202Mbps
11位 ソネット光 196Mbps
12位 @nifty光 195Mbps
13位 アサヒネット光 193Mbps
14位 DTI光 193Mbps
15位 ソフトバンク光 192Mbps
16位 OCN光 190Mbps
17位 フレッツ光 187Mbps
18位 ドコモ光 185Mbps
19位 エキサイト光 180Mbps
20位 ビッグローブ光 177Mbps
21位 イッツコム光 176Mbps
22位 @T COMヒカリ 170Mbps
23位 ぷらら光 169Mbps
24位 楽天ひかり 163Mbps
25位 U-NEXT光 43Mbps
光回線 Ping
1位 NURO光 12.6ms
2位 イッツコム光 12.8ms
3位 U-NEXT光 13.3ms
4位 @T COMヒカリ 14.6ms
5位 @nifty光 16.7ms
6位 DTI光 16.8ms
7位 IIJmioひかり 17.3ms
8位 コミュファ光 17.7ms
9位 アサヒネット光 17.9ms
10位 J:COM光 17.9ms
11位 ソフトバンク光 18.0ms
12位 ソネット光 18.0ms
13位 eo光 18.3ms
14位 enひかり 18.6ms
15位 auひかり 19.5ms
16位 OCN光 20.2ms
17位 ビッグローブ光 21.0ms
18位 フレッツ光 21.6ms
19位 ドコモ光 21.6ms
20位 ぷらら光 22.6ms
21位 ピカラ光 23.6ms
22位 メガエッグ光 26.8ms
23位 BBIQ光 27.2ms
24位 楽天ひかり 30.8ms
25位 エキサイト光 33.2ms

通信速度の「bps」とは

「bps」とは、1秒間に送信できるデータ量を表した値です。数値が大きいほど通信速度が速いです。

Ping(応答速度)の「ms」とは

「ms」とは、1回のデータの送受信にかかる時間を表した値です。数値が低いほど応答が速いです。

光回線の「下り」「上り」とは

通信の向きを表す用語です。「下り=ダウンロード」「上り=アップロード」を意味しています。

比べてみると、3つ全ての項目でNURO光が1位という結果になりました。

ちなみに、3つの項目の中でも、特に重要なのは下りの平均速度です。後ほど解説しますが、下りの速度が速いほど、動画やWebサイトの閲覧速度が速くなるからです。

光コラボよりも独自回線のほうが速い

独自回線 VS NTT回線 なイラスト

光回線には、大きく分けてNTTの回線網を使う「光コラボ」と、独自の回線網を使う「独自回線」の2種類があります。2つのうち独自回線のほうが回線速度が速い傾向にあります。

独自回線とは

独自回線とは、NTTの回線設備を利用していない光回線のことです。同じ回線の利用者が少ないため、速度の遅延が発生しにくいという強みがあります。例えば、NURO光やauひかりなどがあります。

光コラボとは

光コラボとは、NTTの回線網に、プロバイダがセットになった光回線です。NTTの設備を使いまわせるので、フレッツ光から工事不要で乗り換えられるのが特徴です。例えば、ドコモ光やソフトバンク光、楽天ひかりなどがあります。

ちなみに、冒頭の速度ランキングにおいて、総合順位の1~9位までは全て独自回線です。

佐山さん 佐山
回線速度を重視するなら、独自回線に該当する光回線を選ぶのがおすすめです!ただし、サービス提供エリアが限定されているため、契約できる人が限られるというデメリットもあります。

速度の速い光回線の選び方

注目ポイントを挙げている女の子

回線速度の速い光回線の選び方は、以下の4つを軸に決めることです。

どの項目も重要なので、よく理解したうえで回線を選びましょう。

最大速度ではなく実測値を確認する

天秤にかけて比較している人のイラスト 

光回線の回線速度に注目する時は、最大速度ではなく実測値を確認することが重要です。

光回線業者が示している最大速度はあくまで理論値で、実際にはもっと遅い速度しか出ないからです。

例えば、おすすめ光回線6社の中で、NURO光以外の最大速度は同じ1Gbpsです。しかし、利用者の平均速度は下表のように違います。

最大速度 実測値
(平均速度)
NURO光 2Gbps 478Mbps
auひかり 1Gbps 375Mbps
ドコモ光 1Gbps 243Mbps
ソフトバンク光 1Gbps 299Mbps
eo光 1Gbps 452Mbps
コミュファ光 1Gbps 474Mbps

利用時の速度が最大速度よりも下がるのは、住んでいる建物や、使っている機器・ケーブル、プロバイダの処理能力、利用者の数といった影響を受けるからです。

光回線の回線速度に注目する際は、必ず実測値を確認するようにしてください。

同じ光回線でも契約したプロバイダによって実測値は変わる

同じ光回線を利用する場合でも、契約したプロバイダによって実測値が大きく変わる可能性があります。

例えば、おすすめ6社のうち、ドコモ光では最大24社からプロバイダを選択可能です。

その中で、最も速い「GMOとくとくBB」が公表する実測値は、2021年6月末時点で347Mbpsです。先ほど紹介した、ドコモ光全体の実測値を100Mbps以上も上回っています。

反対に、最も遅いプロバイダの実測値は100Mbps程度しかありません。

このように速度差が大きいので、プロバイダを選択できる場合は、実測値の速い会社を選ぶようにしましょう。

【参考】快適な回線速度の目安

快適な回線速度の目安は「ネットで何をするか?」によって異なります。

ただし、おすすめの光回線なら、どのような用途でも十分な速度が出るため、日常生活で不便を感じることはないです。

Googleのヘルプページ」の内容をもとに、必要な回線速度の目安をまとめました。

100Mbps以上 ・複数端末で同時に4K動画を再生可能
・対人のオンラインゲームを楽しめる
・複数人でビデオ会議が可能
50~100Mbps ・ビデオ会議が可能
・非対人のオンラインゲームが遊べる
30~50Mbps ・同時に複数端末でHD動画を再生可能
10~30Mbps ・複数のYouTube動画を同時再生可能
5~10Mbps ・YouTube動画を再生可能
3Mbps ・Webサイトを閲覧できる
・LINEやSNSの利用できる

日常的なネットの使い方では100Mbpsもあれば十分な速度ということが分かります。

おすすめの6社なら、どれも200Mbps以上の速度が期待できます。「ファイルをダウンロードできない」「動画の再生がカクつく」「ビデオ通話が上手くいかない」ということは、基本的に起きません。

上りよりも下りの平均速度を重視する

上り・下りを説明した画像

通信速度には「上り」「下り」の2種類の速度がありますが、一般的には下りの平均速度が重要です。なぜなら、動画を視聴したり、Webページを見たりといった日常的な用途に影響するのが下りの速度だからです。

そもそも、上りや下りとは、データの移動する向きを表した用語です。「上り=アップロード速度」「下り=ダウンロード速度」を意味しています。

上りの速度が速ければ、大きいデータも時間をかけずにインターネット上へアップロードできます。一方で、下りの速度が速ければ、容量の大きいファイルや画像、動画をすぐに読み込めるようになります。

佐山さん 佐山
ネット回線を選ぶときは、下りの回線速度に注目しましょう。ただし、動画配信をしたり、データ容量の多いオンラインゲームを遊んだりする人は、上りの速度も重視すべきです。

応答速度を表すPing値も確認する

pingの説明

光回線の速度にこだわる場合は、応答速度を表すPing値も必ず確認しましょう。Ping値が優秀な光回線を選ぶことで、より快適にネットが利用できるからです。

Ping値とは、自分の端末から送ったデータに対して、相手のサーバーから反応が返ってくる速さを表す値です。Ping値の単位は「ms」と表記され、ミリセカンドと読みます。

msの単位

  • ミリセカンド(ミリ秒=1/1,000秒)
  • ・1ms=0.001秒
  • ・10ms=0.01秒
  • ・100ms=0.1秒

応答速度は小さければ小さいほどサーバー間で返ってくる反応速度が速いです。値が小さいほど操作のラグ(遅延時間)が短くなるので、スマホやパソコンの動きがスムーズになります。

とくにゲームにおいては、下り・上りの回線速度よりもPing値が重視されます。

例えば、ボタン入力した動作が、すぐに反映されないと負ける要因になります。Ping値が低いほど、即座に行動が反映されるので、FPSなど繊細な動きをするゲームはPing値が重要です。

光コラボならIPv4 over IPv6の対応有無を確認する

「IPv6・IPoE」と「IPv4とPPPoE」の説明

光コラボで回線速度を重視するならIPv4 over IPv6に対応した回線を選びましょう。

IPv4 over IPv6とは、回線の混雑する箇所を迂回して通信できる仕組みのことです。事業者やプロバイダによって、v6プラスやIPv6高速ハイブリット接続とも呼ばれています。

光コラボ回線の速度遅延の原因である混雑を回避できるため、平日の夜間や休日のような、利用者が多い時間帯でもストレスを感じることなく快適なネット利用が可能です。

一方、独自回線の場合は、そもそも回線の利用者が少なく混雑が発生しにくいので、IPv4 over IPv6の対応有無は速度に影響しません。

佐山さん 佐山
IPv4 over IPv6は、光コラボを利用するなら必須と言えます。対応していない光コラボでは、利用者が集中する時間帯になると、平均速度が一桁台まで落ちる可能性があるからです。

速度が速いおすすめの光回線6選

おすすめする女の子

時点、速度が速いおすすめの光回線は以下の6社です。

これから各社の魅力を分かりやすく解説していくので、光回線選びの参考になれば幸いです。

下表にあるロゴをタップすると各回線の詳しい解説に移動できるので、ぜひご利用ください。

光回線 おすすめ理由
NURO光のロゴ 回線速度重視なら1番おすすめの光回線
最大速度2Gbpsで他の光回線より速い
独自回線で混雑に強い
平均速度は最速の478Mbps
ソフトバンクのセット割が使える
一番お得なキャンペーン窓口
auひかりのロゴ NURO光の次におすすめの光回線
独自回線で混雑に強い
平均速度が375Mbps
最大61,000円のキャッシュバック
auのセット割が使える
一番お得なキャンペーン窓口
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーにおすすめの光回線
ドコモのセット割に唯一対応
v6プラスに対応
最速のプロバイダなら平均291Mbps
無条件で2万円のキャッシュバック
一番お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ 全国対応の中で最速クラスの光回線
IPv6高速ハイブリッドに対応
平均速度が299Mbps
ソフトバンクのセット割が使えてお得
一番お得なキャンペーン窓口
eo光のロゴ 関西地方なら最速クラスの光回線
独自回線で混雑に強い
平均速度が452Mbps
1年目の月額料金が約3,000円
auのセット割が使える
一番お得なキャンペーン窓口
コミュファ光のロゴ 東海地方なら最速クラスの光回線
独自回線で混雑に強い
回線速度がNURO光の次に速い
平均速度が474Mbps
auのセット割が使えてお得
一番お得なキャンペーン窓口

とにかく速度を重視するならNURO光がおすすめ

光回線 NURO光

とにかく速度を重視するならNURO光が1番おすすめです。回線速度とPing値の両方がダントツで優秀な光回線だからです!

NURO光の通常プランは最大回線速度が2Gbpsで平均速度も478Mbpsと速いです。さらに、Ping値の平均も12.6msとかなり低いので、安定したネット環境を構築できます。

また、月額料金の割引や、高額なキャッシュバックもあるので、回線速度が速い光回線の中でもお得に利用できます。

おすすめ度評価 総合評価は良い
マンション月額料金 基本は5,200円
まれに2,090~2,750円
戸建て月額料金 5,200円
スマホセット割 ソフトバンク
最大速度 下り:2Gbps
上り:1Gbps
平均速度 下り:478Mbps
上り:413Mbps
対応エリア 北海道・関東・関西・
東海・中国・九州
特徴 ・回線速度が最速レベル
・工事費実質無料
・キャッシュバック特典あり
お得な申し込み窓口 ▶NURO光公式サイト
関連記事 ▶NURO光の評判を詳しく見る
▶NURO光のキャンペーン情報

NURO光の欠点は、提供エリアがかなり限定的という点です。「ダークファイバー」という特殊な回線を使っているため、開通前に特殊な工事が必要で、提供できない地域が多いです。

特にマンション用のプランである「NURO光 for マンション」を契約できるケースはまれです。集合住宅の場合でも、戸建てと同じ月額5,200円の契約になることがほとんどです。

NURO光の対応エリア
NURO光の提供エリアは全国ではありません。 現在、NURO光が対応しているエリアをまとめました。

北海道・東北 北海道のみ
関東 東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/栃木/群馬
中部 愛知/静岡/岐阜/三重
関西 大阪/兵庫/京都/滋賀/奈良
中国 広島/岡山
四国
九州・沖縄 福岡/佐賀

ただ、地域によっては、対応エリア内でもNURO光を契約できない場合があります。提供範囲は自治体によって変わるからです。

市区町村別の対応エリアは別記事で詳しく記載しています。

関連記事

▶NURO光の詳細対応エリア一覧

最大速度が下り2Gbpsの超高速通信

NURO光は、スタンダードな契約プランでも、下りの最大速度が2Gbpsになっている光回線です。ほとんどの光回線は最大速度1Gbpsなので、大きな特徴です。

最大速度だけでなく、実測値(利用者の平均速度)で比べても、NURO光はほかの光回線よりも速いです。

最大速度 平均速度
NURO光 2Gbps 478Mbps
ドコモ光 1Gbps 243Mbps
auひかり 1Gbps 375Mbps
ソフトバンク光 1Gbps 299Mbps
フレッツ光 1Gbps 249Mbps

上記のツイートのように、900Mbps近くの速度が出ている人もいます。FPSを快適に遊べるのはもちろん、YouTubeでゲーム実況したい場合でもラクラクです!

ソフトバンクのスマホ料金が毎月1,100円割引される

NURO光では、ソフトバンクのスマホ料金が550~1,100円安くなる「おうち割 光セット」を適用できます。

割引の内容は、後述するソフトバンク光と同じで、使っているスマホの契約プランによって変わります。

「データプラン・メリハリ」「データプラン・ミニフィット」「データ定額5GB/20B/50GB」といった契約の場合は1,100円割引です。

「データ定額ミニ」や「パケットし放題フラット for 4G LTE」といったプランだと、550円割引です。

おうち割の割引は、ソフトバンクの1回線ごとに適用されます。家族全員がソフトバンクを使っていたり、スマホとタブレットの2台持ちしている人は、それぞれの料金が割引されます。

NURO光の申し込み窓口は公式サイトが一番おすすめ

NURO光の45,000円キャッシュバック

NURO光に申し込むなら公式のキャンペーンページを窓口にするのが一番おすすめです!

高額キャッシュバックをはじめ、さまざまなメリットを受けられるからです。

NURO光の公式キャンペーンがおすすめな理由

  • ①オプション不要で4.5万円キャッシュバック
  • ②44,000円分の工事費が実質無料になる
  • ③ネットや光電話の設定サポートが無料
  • ④申し込みと同時に工事日を選択できる
  • ⑤高速無線LAN機能が無料で利用可能

NURO光のキャンペーンページを窓口にすると無条件で45,000円のキャッシュバックをもらえます!

しかも、追加オプションの加入といった条件は一切ありません!

適用条件 キャッシュバック
公式サイト なし 45,000円
価格.com 41,370円
ライフサポート 36,000円
アウンカンパニー 光電話オプション加入 35,000円

ほかの窓口から申し込むと、キャッシュバックのためにオプション加入が必要だったり、そもそもの還元額が低かったりします。

公式キャンペーンの45,000円という金額は、NURO光で貰えるキャッシュバックの最高額です!絶対に損をしない特典なので、ぜひ活用しましょう!

\オプション不要!45,000円キャッシュバック/

44,000円の工事費が実質無料になる

「工事費無料」なイラスト

NURO光は、公式サイトのキャンペーンページから申し込むことで、開通工事費が実質無料になります!

本来ならば、NURO光の工事費は44,000円と高額です。3年契約の場合は1,222円の36回払い、2年契約は1,833円の24回払いです。

キャンペーンを利用することで負担をゼロにできるのは、大きなメリットです。

開通工事までの待機期間を最短にできる

カレンダーを見て期間を待っているイラスト

NURO光は、公式サイトから申し込むことで開通までの待期期間を最も短くできます!

公式のキャンペーンページなら、申し込みと同時に工事日を指定できるからです。

代理店をとおしてNURO光に申し込んでしまうと、仲介業者があいだに入るため、工事日の決定に余計な手間がかかってしまいます。

NURO光は開通までの期間が長い光回線です。しかし、公式の窓口から申し込めば、待期期間を最短にできます!

\最短でNURO光の工事日を決定できる!/

NURO光が対応エリア外だったらauひかりがおすすめ

光回線 auひかり

auひかりはNURO光が対応エリア外だった場合におすすめできる光回線です。なぜなら、auひかりはNURO光よりも提供している範囲が広く、平均速度・Ping値ともに安定しているからです。

性能はNURO光と比べて劣りますが、auひかりの平均速度は375Mbpsと光コラボよりも速いです。

総合評価 総合評価は良い
マンション月額料金 4,180円
戸建て月額料金 5,610円
スマホセット割 au
最大速度 下り:1Gbps
上り:1Gbps
平均速度 下り:375Mbps
上り:268Mbps
対応エリア 関西・東海以外
※マンションは全国対応
特徴 ・独自回線で回線速度が速い
・工事費実質無料
・キャッシュバック特典あり
お得な申し込み窓口 ▶GMOとくとくBB
関連記事 ▶auひかりの評判を詳しく見る
▶auひかりのキャンペーン情報

また、auひかりはNURO光と同様、独自回線で品質が良い・月額料金が良心的などで、NURO光の次に人気があります。

ただし、関西や東海地方では、ほとんど利用できません。auひかりが対応エリア外だった場合は、auひかりと提携している地方の光回線を検討しましょう。

auひかりの対応エリア
auひかりは全国対応の光回線ではありません。 現在、auひかりが対応しているエリアをまとめました。

北海道
東北
北海道/青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島
関東 東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/栃木/群馬
中部 新潟/富山/石川/山梨/長野/福井
関西
中国 鳥取/島根/岡山/広島/山口
四国 徳島/香川/愛媛/高知
九州
沖縄
福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島

ただ、地域によっては、対応エリア内でもauひかりを契約できない場合があります。提供範囲は自治体によって変わるからです。

市区町村別の対応エリアは別記事で詳しく記載しています。

関連記事

▶auひかりの詳細対応エリア一覧

独自回線で回線速度が速い

auひかりは回線速度がかなり速いです。下り(ダウンロード)の平均速度が375Mbpsもあります。

ドコモ光やフレッツ光は約240Mbpsなので、auひかりのほうが1.6倍ほど速いです。

速さの要因は、KDDIが独自の回線網を使用していることです。フレッツ光の設備を共同利用している光コラボと違い、利用者の数が限られているため、回線が圧迫されません。

たとえ夜間であっても、混雑することは滅多にないので、快適にネットを利用できます。

auスマートバリューでauスマホの料金が最大1,100円割引

auひかりは、「auスマートバリュー」で毎月のスマホ代が最大1,000円引き

auひかりは、auのスマホやタブレットを使っていると、auスマートバリューという割引を受けられます。光回線ではなく、スマホやタブレットの利用料金が安くなる制度です。

割引額は、スマホ・タブレットの1回線ごとに550~1,100円です。契約プランによって変わり、例えば、ピタットプラン5Gなら550円、データMAX5Gでは1,100円の割引です。

同じ家に住んでいる家族のau回線も割引対象です。最大10回線まで割引できるので、ファミリー世帯や、1人で複数持ちしている人は、かなりお得です。

auひかりはGMOとくとくBBから申し込むのが一番お得

auひかりは、大手プロバイダのGMOとくとくBBから申し込むのが一番お得です。

GMOとくとくBBで申し込むメリット

  • 最大61,000円のキャッシュバック
  • 9月末まで総額100万円キャンペーン実施中
  • ③乗り換えならキャッシュバック3万円増額
  • ④工事費実質無料
  • ⑤初めの更新月まで光電話が無料になる
  • ⑥最新の高性能Wi-Fiルーターをプレゼント
  • ⑦申し込み前に提供状況を確認できる
  • ⑧2020年のお客様満足度が92%と高水準

GMOとくとくBBを窓口にしてauひかりに申し込むと戸建て61,000円、マンション51,000円のキャッシュバックがもらえます!

さらに9月17日~9月30日の期間限定で、抽選で200名にAmazonギフト券5,000円が当たる総額100万円キャンペーンを実施中です!

auひかりを契約しようと考えている人は、この機会を逃さないようにしましょう!

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\9月末まで特別キャンペーン実施中!/

公式サイトよりもキャッシュバック額が50,000円以上お得

GMOとくとくBBは、auひかりの公式サイトから申し込むよりもキャッシュバック額が50,000円以上お得です!

auひかりは、窓口によってキャッシュバック額が違います。例えば、公式サイトから申し込むと10,000円の還元です。しかし、GMOとくとくBBでは最大61,000円がもらえます!

キャッシュバック
(戸建て)
キャッシュバック
(マンション)
GMOとくとくBB 61,000円 51,000円
auひかり
(公式サイト)
10,000円 10,000円
NEXT 52,000円 47,000円
@nifty 30,000円 30,000円
So-net なし なし

上記の表は、条件を同じにするために、すべてネット+光電話で申し込んだ場合のキャッシュバック額を載せています。

光電話はauスマートバリューの適用条件なので、auユーザーにとってデメリットではないです。しかも、GMOとくとくBBは最初の更新月まで光電話が無料になります!

光電話の無料特典はGMOとくとくBBだけが実施しているので、どこよりもお得にauひかりを利用できます!

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\9月末まで特別キャンペーン実施中!/

ドコモユーザーならドコモ光がおすすめ

光回線 ドコモ光

ドコモユーザーならドコモ光が圧倒的におすすめです。

「ドコモ光セット割」を適用することで、使っているスマホ・タブレットの1回線につき、最大1,100円の割引を受けられるからです。

時点で、ドコモユーザー向けのセット割を提供しているのはドコモ光だけです。

おすすめ度評価 総合評価は良い
最大速度 下り:1Gbps
上り:1Gbps
平均速度 下り:243Mbps
上り:185Mbps
平均応答速度 21.6ms
マンション月額料金 4,400円
戸建て月額料金 5,720円
スマホセット割 ドコモ
対応エリア 全国
特徴 ・ドコモユーザーなら最安
・工事費完全無料
・キャッシュバック特典あり
1番お得な
キャンペーンサイト
(GMOとくとくBB)
当サイト限定!
オプション不要で20,000円キャッシュバック
抽選で毎月20名にAmazonギフト券10,000円分プレゼント
▶こちらをタップ
関連記事 ▶ドコモ光の評判を詳しく見る
▶ドコモ光のキャンペーン情報

ドコモ光は、フレッツ光と同じ回線網を使っている光コラボです。

光コラボは利用者が多いため回線混雑に弱いという特徴があります。しかし、ドコモ光は通信品質の良いプロバイダ「GMOとくとくBB」を選ぶことで、デメリットを回避できます。

GMOとくとくBBはv6プラスを提供しており、ドコモ光で選べるプロバイダ24社のなかで、1番回線速度が速いです。

ドコモユーザーなら、ドコモ光×GMOとくとくBBの組み合わせは、とてもおすすめです。

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\9月末まで特別キャンペーン実施中!/

セット割でスマホ料金が毎月1,100円お得

ドコモ光は、ドコモのスマホやタブレットを使っていると「ドコモ光セット割」という割引を受けられます。光回線ではなく、スマホやタブレットの利用料金が安くなる制度です。

割引額は、スマホ・タブレットの1回線ごとに550~1,100円です。「ギガホ」や「5Gギガホ」といったスタンダードなプランの場合は、1,100円割引されます。

上記のツイートのように、セット割を踏まえると、ドコモ光はかなり割安な光回線です。ドコモユーザーなら、とにかくおすすめです。

また、ドコモ光のスマホセット割は、家族の使っているスマホ回線も割引対象になります。両親・子ども・祖父母といった3親等以内の家族なら、離れて暮らしていても割引できます。(最大20回線まで)

関連記事

▶ドコモ光セット割の割引額や適用方法

公式キャンペーンで工事費が完全無料

ドコモ光は新規工事量が完全無料

、ドコモ光は、工事費が完全無料になる公式キャンペーンを実施しています。

ほかの光回線と違って「実質無料」ではありません。急な解約が必要になった場合でも、あとから請求される心配がないです。

ドコモ光の工事費無料キャンペーンは不定期開催です。年に2ヶ月ほど実施しない期間があるので、早めに申し込みましょう。

関連記事

▶ドコモ光の工事費無料キャンペーンの解説

ドコモ光の1番お得なキャンペーン窓口は?<

ドコモ光に申し込むならプロバイダのGMOとくとくBBを窓口にするのがおすすめです。

実際に契約したユーザーからの評価が非常に高く、20,000円のキャッシュバックを筆頭に、様々なメリットを受けられるからです。

ドコモ光×GMOとくとくBBがおすすめな理由

  • ①利用者からの評価が極めて高い
  • ②2万円キャッシュバックが無条件で貰える
  • ③9月末まで総額100万円キャンペーン実施中
  • ④抽選で1万円分のAmazonギフト券が貰える
  • ⑤プロバイダ24社の中で最も回線速度が速い
  • ⑥高性能Wi-Fiルーターが無料レンタルできる
  • ⑦開通工事費が無料になる
  • ⑧セキュリティソフトが1年間無料
  • ⑨開通するまでモバイルWi-Fiが無料で使える

ただし、通常だとオプション加入なしの場合は5,500円のキャッシュバックしかありません。

ヒカリクを使えばドコモ光のキャッシュバックがオプション不要20,000円になる

ですが当サイト限定のキャンペーンページから申し込めば、オプション不要でキャッシュバックが最高額の20,000円に上がります!

これは、他の代理店や、ドコモ光の公式サイトと比べて最もお得なキャンペーンです!

さらに9月17日~9月30日の期間限定で、抽選で200名にAmazonギフト券5,000円が当たる総額100万円キャンペーンを実施中です!

ドコモ光を契約しようと考えている人は、この機会を逃さないようにしましょう!

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\9月末まで特別キャンペーン実施中!/

利用者からの評価が極めて高い

GMOとくとくBBは、実際の利用者から高く評価されています。その証拠に、2019~2020年の「オリコン顧客満足度ランキング」のプロバイダ部門において第1位を獲得しています。

GMOとくとくBBはオリコンで2年連続総合1位

オリコンでは、回線速度、料金、サポートといった様々な評価項目について、約2万人の利用者から意見を収集して順位を決めています。

特に「通信速度・安定性」に関する評価が高いです。実際、ドコモ光のプロバイダの実測値を比べると、GMOとくとくBBが1番速いです。

プロバイダ名 利用者の平均速度
1位 GMOとくとくBB 291Mbps
2位 BIGLOBE 249Mbps
3位 ドコモnet 228Mbps
4位 OCN 211Mbps
5位 タイガースネット 209Mbps

キャッシュバックが多いだけでなく、GMOとくとくBBのサービス自体が高品質なため、とてもおすすめです!

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\9月末まで特別キャンペーン実施中!/

【ヒカリク限定】抽選で毎月20名様にAmazonギフト券10,000円分プレゼント

【ヒカリク限定】抽選で毎月20名様にAmazonギフト券10,000円分プレゼント

当サイトを経由してGMOとくとくBBに申し込んだ人のうち、抽選で毎月20名様にAmazonギフト券10,000円分がプレゼントされるキャンペーンを実施中です!

応募方法は、GMOとくとくBBのページからドコモ光に申し込んだ後の確認電話で「ヒカリクを見た」と伝えるだけです。

他のサイトでは実施していないヒカリク限定のキャンペーンです!キャッシュバックと合わせると合計30,000円還元のチャンスなので、ぜひとも活用してください!

キャッシュバック Amazon
ギフト券
還元額合計
GMO
とくとくBB
20,000円 10,000円 30,000円
@nifty 18,000円 なし 18,000円
ぷらら 15,000円 なし 15,000円
ネットナビ 15,000円 なし 15,000円
ドコモnet なし なし なし
\ヒカリクなら合計3万円還元のチャンス!/

光コラボの中で選ぶならソフトバンク光がおすすめ

光回線 ソフトバンク光

NURO光やauひかりといった独自回線が契約できない場合は、ソフトバンク光がおすすめです。全国対応の光回線の中でトップクラスの平均速度を誇っているからです。

また、ソフトバンクやワイモバイルのスマホユーザーにもおすすめです。スマホとセットで契約すれば、スマホ料金が安くなる「おうち割光セット」が適用できるからです。

おすすめ度評価 総合評価は良い
マンション月額料金 4,180円
戸建て月額料金 5,720円
スマホセット割 ソフトバンク
ワイモバイル
最大速度 下り:1Gbps
上り:1Gbps
平均速度 下り:299Mbps
上り:192Mbps
対応エリア 全国対応
特徴 ・キャッシュバック特典あり
・工事費実質無料
・他社の違約金補助あり
・ワイモバイルも割引対象
お得な申し込み窓口 ▶エヌズカンパニー
関連記事 ▶ソフトバンク光の評判を見る
▶ソフトバンク光のキャンペーン

ソフトバンク光は、フレッツ光と同じ回線網を使っている光コラボです。

光コラボは利用者が多いため回線混雑に弱いという特徴があります。しかし、ソフトバンク光は有料オプションの「光BBユニット」をレンタルすることで、IPv6高速ハイブリッドを利用できます。

IPv6高速ハイブリッドを使えば、時間帯を問わず快適にネットが利用できようになります。

セット割でソフトバンクのスマホ料金が最大1,100円割引

ソフトバンク光とNURO光は「おうち割 光セット」で、毎月のスマホ代が最大1,000円割引

ソフトバンク光は、ソフトバンクのスマホを使っているとセット割を受けられます。割引額は1回線あたり月550~1,100円で、スマホのプランによって異なります。

「データプラン・メリハリ」「データプラン・ミニフィット」「データ定額5GB/20B/50GB」といったオーソドックスな契約の場合は1,100円割引です。

「データ定額ミニ」や「パケットし放題フラット for 4G LTE」などの少し前の契約プランでは、550円割引です。

また、同じ家に住んでいる家族のソフトバンク端末も割引対象です。ファミリー世帯や、スマホとタブレットの複数台持ちをしている人は、割引額が大きくなります。

最大10万円まで乗り換え費用を負担してくれる

ソフトバンク光 あんしん乗り換えキャンペーン

ソフトバンク光は、他社の解約にかかった費用を還元してくれる「あんしん乗り換えキャンペーン」を実施しています。

他社の解約で発生した違約金や撤去工事費を、最大10万円までキャッシュバックしてくれます。解約費用が10万円を超えることはまずないので、自己負担なしで乗り換えられます。

還元対象になる費用については、以下にまとめました。

対象になるもの

  • ・回線の違約金(モバイルWiFiも含む)
  • ・プロバイダの違約金
  • ・回線・電話撤去工事費
  • ・フレッツ光以外の開通工事費の残債
  • ・モバイルWiFi端末の割賦残債
  • ・事業者変更承諾番号発行手数料
  • ・アナログ電話復活工事費

見ての通り、ほとんどの解約費用は補助してもらえます。

公式キャンペーンで工事費用が実質無料

ソフトバンク光は、公式のキャンペーンで工事費が実質無料になります。

実質無料とは分割払いの請求額と同じ金額を毎月割引するという仕組みです。ソフトバンク光の場合は、実際の工事費が26,400円の24回払いなので、24ヶ月間にわたって毎月1,100円ずつ割引されます。

別の方法として、普通為替でまとめて受け取ることも可能ですが、普通為替の場合は不課税になるので総額が24,000円になります。

ソフトバンク光の1番お得なキャンペーン窓口は?

ソフトバンク光の最もお得な申し込み窓口は代理店のエヌズカンパニーです。公式の工事費実質無料キャンペーンに加えて、代理店独自のキャッシュバックを受けられるからです。

以下、申し込み窓口ごとのキャッシュバック金額や条件についてまとめてみました。

金額 オプション
加入
受取時期
エヌズ
カンパニー
37,000円 不要 2ヶ月後
ポケット
モバイル
50,000円 6ヶ月後
STORY 80,000円 10ヶ月後
ブロード
バンドナビ
76,000円 8ヶ月後
ライフ
バンク
75,000円 10ヶ月後
公式サイト なし

代理店の中で、エヌズカンパニーがおすすめな理由は以下の通りです。

おすすめ理由

  • ・余計なオプション加入が不要
  • ・最短2ヶ月後に受け取れる

以下、2つの理由について詳しく解説していきます。

余計なオプション加入が不要

エヌズカンパニーの特徴は、余計なオプション加入なしで高額キャッシュバックがもらえることです。申し込むだけで条件を満たせるので、絶対に損をしません。

例えば、金額が最も高いSTORYでは、8万円のキャッシュバックをもらう条件として、8個の有料オプションに加入する必要があります。

さらに、特典がもらえるのは10ヶ月後です。10ヶ月間のオプション費用は45,702円なので、キャッシュバックをもらっても、手元に34,298円しか残りません。

以上の理由から、条件なしでキャッシュバックをもらえる窓口を選ぶことが重要です。

最短2ヶ月後に受け取れる

エヌズカンパニーのキャッシュバックは、ソフトバンク光が開通してから最短2ヶ月後にもらえます。2ヶ月という期間は、代理店の中で最短です。

期間が短いほど、キャッシュバックをもらい損ねるリスクも少なくなるので、良心的な条件と言えます。

また、キャッシュバック申請方法も簡単です。申し込み時に振込口座を伝えるだけなので、手続きを忘れる心配もないです。

ソフトバンク光と契約するなら、代理店のエヌズカンパニーから申し込みましょう。

\オプション不要!37,000円キャッシュバック/

関西地方のauユーザーはeo光

eo光

auひかりの対応エリア外である関西地方では、eo光がおすすめです。auひかりと同じように、auスマートバリューでスマホ料金を安くできます。

また、eo光もNURO光やauひかりと同様に独自回線なので、混雑に強く、平均速度・応答速度ともに安定しています。

おすすめ度評価 総合評価はどちらかというと良い
マンション月額料金 1~2年目:3,326円
3年目以降:3,876円
戸建て月額料金 1年目のみ:3,248円
2年目以降:5,448円
スマホセット割 au
最大速度 下り:1Gbps
上り:1Gbps
平均速度 下り:452Mbps
上り:297Mbps
対応エリア 関西地方
福井県
特徴 ・1~2年目の月額料金が割引
・工事費実質無料
・10,000円の商品券プレゼント
お得な申し込み窓口 ▶eo光の公式サイト
関連記事 ▶eo光の評判を詳しく見る
▶eo光のキャンペーン情報

eo光は、関西電力のグループ会社「オプテージ」が運営している光回線です。独自回線系で回線速度が速いのが特徴で、平均速度は、下りが452Mbps、上りが297Mbpsもあります。

また「eo暮らしスタート割」という新規契約者向けのキャンペーンを実施しており、1~2年目の月額料金が無条件で割引されるのも大きな特徴です。

回線速度がauひかりと同じくらい速い

eo光は、auひかりと同じくらいに回線速度が速いです。下り(ダウンロード)の平均速度は、eo光が456Mbps、auひかりは375Mbpsなので、ほとんど同じです。

応答速度も18.3msと低いので、オンラインゲームで遊んだり、4Kの綺麗な動画を見る場合でも、ストレスなくサクサク読み込めます。

1~2年目は月額料金が割引される

eo暮らしスタート割

eo光は、eo暮らしスタート割という公式のキャンペーンを実施しており、1~2年目の月額料金が安いです。

マンションは1~2年目の料金が550円安くなり、戸建ての場合は1年目が2,200円安くなります。

契約年数ごとの月額料金をまとめると、以下のとおりです。

1年目 2年目 3年目以降
マンション 3,326円 3,876円
戸建て 3,248円 5,448円 5,274円

ちなみに光回線の相場は、マンションが約4,500円、戸建てが約5,500円なので、3年目以降の料金も比較的安いです。

auのスマホ料金が毎月1,100円割引される

eo光では、auひかりと同じように、auスマートバリューというスマホセット割を適用できます。eo光を運営している会社が、KDDIグループと提携しているからです。

auスマートバリューは、auのスマホやタブレットの回線料金が最大1,100円安くなる割引制度です。

割引額はスマホのプランによって変わります。例えば、ピタットプラン5Gなら550円、データMAX5Gでは1,100円割引されます。

また、同じ家に住んでいるなら、家族の使っているau回線も割引対象です。最大10回線まで割引できるので、ファミリー世帯や、1人で複数持ちしている人は、さらにお得です。

eo光の1番お得なキャンペーン窓口は?

eo光は公式サイトから申し込むのが最もおすすめです。公式以外の窓口は代理店のライフイノベーションのみですが、キャンペーン内容が全く同じだからです。

内容が同じなら、公式サイトから直接申し込んだほうが手続きが簡単なので、あえて代理店経由で申し込む必要はないです。

以下、キャンペーン内容をご紹介します。マンションと戸建てで内容が違うので、それぞれ分けて記載します。

公式サイト特典(マンション)

  • ①商品券3,000円分
  • ②他社の解約費用を上限1.5万円まで負担
  • ③開通時の工事費が実質無料になる

公式サイト特典(戸建て)

  • ①商品券1万円分か家電がもらえる
  • ②他社の解約費用を上限5万円まで負担
  • ③開通時の工事費が実質無料になる

特に注目したいのが、他社から乗り換える際にかかる解約費用を負担してくれる特典です。違約金や工事費の残債を負担してくれるので、だいたいの請求をカバーできます。

お得な特典が受けられるので、eo光を契約するなら公式サイトから申し込みましょう。

\工事費実質無料+他社違約金5万円まで還元/

東海地方のauユーザーはコミュファ光

コミュファ光のロゴ

auひかりの対応エリア外である東海地方では、コミュファ光がおすすめです。

auスマートバリューを適用できるので、auひかりと同じようにスマホ料金を最大1,100円割引できます。

また、今まで紹介してきた光回線と同様に、独自回線なので回線速度が極端に遅くなることもありません。

おすすめ度評価 総合評価はどちらかというと良い
マンション月額料金 1年目:3,380円
2年目以降:4,000円
戸建て月額料金 1年目:3,980円
2年目以降:5,215円
スマホセット割 au
最大速度 下り:1Gbps
上り:1Gbps
平均速度 下り:474Mbps
上り:317Mbps
対応エリア 東海地方
長野県
特徴 ・回線速度がトップクラスに速い
・工事費実質無料
・代理店のキャッシュバックあり
お得な申し込み窓口 ▶NNコミュニケーションズ
関連記事 ▶コミュファ光の評判を見る
▶コミュファ光の料金詳細を見る

コミュファ光は、KDDIグループの「中部テレコミュニケーション」が運営している光回線です。もともとは中部電力グループだったため、東海地方を中心にサービスを提供しています。

また、新規契約者を対象にした「コミュファ光スタート割」というキャンペーンを実施しており、月額料金が無条件で割引されるのも大きな特徴です。

回線速度がトップクラスに速い

コミュファ光の最大の魅力は回線速度がトップクラスに速いことです。下りの平均速度が474Mbpsも出るので、業界最速といわれているNURO光と同じくらい速いです。

上記のTwitterのように、速さを評価している口コミはとても多いです。

また、コミュファ光は10ギガプランも展開しています。10ギガプランには、回線をさらに強化できる専用オプションの「ゲーミングカスタム」が開始されました。

eスポーツ大会の練習をしたい、プロゲーマー、ストリーマーを目指すなら付けても良いオプションです。

ただし、回線代とは別に月額770円かかるうえに、元々の回線速度が速いため、無理に付ける必要はありません。

月額料金が相場よりも安い

コミュファ光スタート割で月額料金が安くなる

現在、コミュファ光は「コミュファ光スタート割」という公式キャンペーンを展開しているため、月額料金が安いです!

特に1年目の料金が安く、マンションが3,380円、戸建てが3,980円で使えます。

1年目 2年目以降
マンション 3,380円 4,000円
戸建て 3,980円 5,215円

2年目以降も割引は継続されます。割引額は少し下がりますが、それでも光回線の相場より安い料金で利用可能です。

コミュファ光の1番お得なキャンペーン窓口は?

コミュファ光も最もお得な申し込み窓口は代理店のNNコミュニケーションズです。公式キャンペーンの工事費実質無料やギガおトク割などに加えて、代理店独自のキャッシュバックを受けられるからです。

以下、申し込み窓口ごとのキャッシュバック金額や条件についてまとめてみました。

金額 受取時期
NN
コミュニケーションズ
最大35,000円 2ヶ月後
フルコミット 最大35,000円 7ヶ月後
グローバルキャスト 最大30,000円 7ヶ月後
BIGLOBE 5,000円 11ヶ月後

代理店の中で、NNコミュニケーションズがおすすめな理由は以下の通りです。

おすすめ理由

  • ・最大35,000円のキャッシュバック
  • ・最短2ヶ月後に受け取れる

以下、2つの理由について詳しく解説していきます。

最大35,000円のキャッシュバック

NNコミュニケーションズ経由でコミュファ光を契約すると、最大35,000円のキャッシュバックが貰えます。もらえる金額は窓口の中で最も高く、マンションが35,000円、戸建てが30,000円です。

有料オプションへの加入も一切必要ないので、申し込めば誰でももらえるお得なキャンペーンです。

最短2ヶ月後に受け取れる

NNコミュニケーションズから申し込むと、コミュファ光が開通してから最短2ヶ月後にキャッシュバックがもらえます。2ヶ月後という期間は、代理店の中で最短です。

また、キャッシュバック申請方法も簡単です。申し込み時に振込口座を伝えるだけなので、手続きを忘れる心配もないです。

コミュファ光と契約するなら、代理店のNNコミュニケーションズから申し込みましょう。

\オプション不要!35,000 円キャッシュバック!/

【エリア別】速度が速いおすすめの光回線

日本地図

この項目では、速度の速い光回線をエリア別にまとめてみました。下表の地域名を押せば、エリアごとの詳細解説に移動できます。

北海道 東北
関東 北陸・甲信越
東海 関西
中国 四国
九州 沖縄

地域によって契約できる光回線は変わるので、ぜひ光回線選びの参考にしてください。

北海道で速度が速くておすすめの光回線

北海道エリアで、速度が速くておすすめの光回線は下表の通りです。

札幌市 NURO光
石狩市
恵庭市
江別市
小樽市
千歳市
室蘭市
小牧市
登別市
北広島市
石狩郡当別町
上記以外 auひかり
ドコモ光
ソフトバンク光

北海道ではNURO光が契約できます。ただし、北海道全域で契約できるわけではありません。

サービス提供エリア外の場合はauひかり、ドコモ光、ソフトバンク光を契約しましょう。

東北で速度が速くておすすめの光回線

東北エリアで、速度が速くておすすめの光回線は下表の通りです。

青森 auひかり
ドコモ光
ソフトバンク光
秋田
岩手
福島
山形
宮城

東北で最も回線速度が速いのは、独自回線を使うauひかりです。

ただし、ドコモ光やソフトバンク光でも十分な速度が期待できるので、使っているスマホに合わせて契約先を選ぶのがおすすめです。

関東で速度が速くておすすめの光回線

関東エリアで、速度が速くておすすめの光回線は下表の通りです。

東京 NURO光
auひかり
ドコモ光
神奈川
埼玉
千葉
茨城
栃木
群馬

関東では、多くの地域でNURO光が契約できるので、速度を重視するなら真っ先に契約を検討しましょう。

また、使っているスマホキャリアに合わせて、auひかりやドコモ光を契約するのも選択肢の1つです。

北陸・甲信越で速度が速くておすすめの光回線

北陸・甲信越エリアで、速度が速くておすすめの光回線は下表の通りです。

長野 コミュファ光
ドコモ光
ソフトバンク光
山梨 auひかり
ドコモ光
ソフトバンク光
新潟
富山
石川

北陸・甲信越ではNURO光が契約できないため、auひかりやドコモ光を契約するのがおすすめです。

また、長野県のみ、地域限定の光回線であるコミュファ光を契約できます。NURO光と同水準の速度が期待できるので、サービス提供エリア内か確認してみましょう。

東海で速度が速くておすすめの光回線

東海エリアで、速度が速くておすすめの光回線は下表の通りです。

静岡 NURO光
ドコモ光
コミュファ光
愛知
岐阜
三重

東海地方では、NURO光とコミュファ光がおすすめです。平均速度ランキングでは、NURO光が1位、コミュファ光が2位なので、どちらを選んでも快適にネット利用が可能です。

関西で速度が速くておすすめの光回線

関西エリアで、速度が速くておすすめの光回線は下表の通りです。

大阪 NURO光
eo光
ドコモ光
京都
兵庫
滋賀
奈良
和歌山 eo光
ドコモ光
ソフトバンク光

関西地方では、NURO光とeo光がおすすめです。平均速度ランキングでは、NURO光が1位、eo光が3位なので、どちらを選んでも快適にネット利用が可能です。

中国で速度が速くておすすめの光回線

中国エリアで、速度が速くておすすめの光回線は下表の通りです。

広島 NURO光
auひかり
メガエッグ光
ドコモ光
岡山
島根 auひかり
メガエッグ光
ドコモ光
ソフトバンク光
鳥取
山口

2021年6月より、広島と岡山でもNURO光が契約できるようになりました。県内の広い地域でサービスを提供しているので、まずは契約できるか確認してみましょう。

また中国エリアでは、地域限定の光回線であるメガエッグ光を契約できます。電力会社の回線網を利用した独自回線サービスであり、auひかりと同等の回線品質が期待できます。

メガエッグ光の詳細は以下の記事にまとめているので、興味があれば参考にしてください。

関連記事

▶メガエッグ光の評判口コミなど全情報まとめ

四国で速度が速くておすすめの光回線

四国エリアで、速度が速くておすすめの光回線は下表の通りです。

香川 auひかり
ピカラ光
ドコモ光
ソフトバンク光
愛媛
高知
徳島

四国では、地域限定の光回線であるピカラ光を契約できます。電力会社の回線網を利用した独自回線サービスであり、auひかりと同等の回線品質が期待できます。

ピカラ光の詳細は以下の記事にまとめているので、興味があれば参考にしてください。

関連記事

▶ピカラ光の評判口コミなど全情報まとめ

九州で速度が速くておすすめの光回線

九州エリアで、速度が速くておすすめの光回線は下表の通りです。

福岡 NURO光
auひかり
BBIQ光
ドコモ光
佐賀
長崎 auひかり
BBIQ光
ドコモ光
ソフトバンク光
熊本
大分
宮崎
鹿児島

福岡と佐賀のみ、NURO光が契約可能です。県内の広い地域でサービスを提供しているので、まずは契約できるか確認してみましょう。

また九州エリアでは、地域限定の光回線であるBBIQ光を契約できます。電力会社の回線網を利用した独自回線サービスであり、auひかりと同等の回線品質が期待できます。

BBIQ光の詳細は以下の記事にまとめているので、興味があれば参考にしてください。

関連記事

▶BBIQ光の評判口コミなど全情報まとめ

沖縄で速度が速くておすすめの光回線

沖縄エリアで、速度が速くておすすめの光回線は下表の通りです。

沖縄 auひかりちゅら
ドコモ光
ソフトバンク光

沖縄では、地域限定の光回線であるauひかりちゅらを契約できます。電力会社の回線網を利用した独自回線サービスであり、auひかりと同等の回線品質が期待できます。

auひかりちゅらに興味があれば、以下の公式サイトをご確認ください。

外部リンク

▶auひかりちゅらの料金やサービスを確認する

回線速度が遅くなる3つの原因と対処法

スマホWi-Fi接続しているイラスト

回線速度を実際に計測した結果、速度が極端に遅い場合は以下のような原因が考えらます。

回線速度が遅くなる原因

  • ①ルーターが古い
  • ②LANケーブルの規格が合ってない
  • ③光回線自体が遅い

回線速度が遅いのは、上記で挙げた3つが主な原因です。とくに、①と②は消耗品です。最新でなければ、現在の環境について行けず、光回線本来の回線速度を出すことはできません。

以下で、対処方法などを詳しく解説します。

①ルーターが古い

回線速度は、使っているルーターの性能によって変化します。型番が古い場合は回線速度の低下に繋がるので、買い替えを検討しましょう。

ルーターの無線LAN規格とそれぞれの最大速度、およびリリース時期について、下表にまとめてみました。

最大速度 リリース
時期
IEEE
802.11ax
9.6Gbps
(9,600Mbps)
2019年
IEEE
802.11ac
6.9Gbps
(6,900Mbps)
2014年
IEEE
802.11n
600Mbps 2009年
IEEE
802.11g
54Mbps 2003年
IEEE
802.11a
54Mbps 1999年
IEEE
802.11b
54Mbps 1999年

光回線の速度を生かしたいなら「IEEE802.11ac」以上のWi-Fiルーターを用意しましょう。もし、2014年より前のルーターを使い続けているなら、買い替えを強く推奨します。

②LANケーブルの規格が合ってない

LANケーブルのカテゴリ

使用中のLANケーブルの性能が悪い場合も、速度低下の原因となります。光回線の性能をフルに生かすためには、ネットワーク機器も高速通信に対応しているものを用意しましょう。

LANケーブルにはカテゴリ(CAT)というスペックを表す基準が存在します。

ケーブルのカテゴリが光回線に合っていないと、最大速度に制限がかかったり、通信の効率が悪くなり、速度低下の原因になります。

LANケーブルのカテゴリはケーブルに直接印字されているので、自分が使っているケーブルのカテゴリを確認してみてください。現在主流のLANケーブルは、以下のとおりです。

最大速度
CAT8 40Gbps
CAT7A 10Gbps
CAT7 10Gbps
CAT6A 10Gbps
CAT6e 10Gbps
CAT6 1Gbps
CAT5e 1Gbps
CAT5 100Mbps

光回線の性能を発揮するためには「CAT6」「CAT6a」「CAT7」の3つがおすすめです。基本的に光回線の最大通信速度である1Gbpsの規格か、それ以上の速度に対応していれば問題ありません。

もちろんCTA5eでも使えますが、よりスペックの良い規格を選んだほうがコスパが良いです。都度買い換える手間を省けます。

ただし、CAT8のようなスペックは必要ありません。現在の光回線の通信速度は最大でも20Gbps、主流が1Gbps・5Gbps・10Gbpsだからです。

③光回線自体の回線速度が遅い

契約している光回線のスペックが低くて、回線速度が遅くなっている場合もあります。

主流な大手の光回線利用者の平均速度を「みんなの回線速度」を参考にしてまとめました。

平均速度
NURO光 478Mbps
auひかり 375Mbps
ソフトバンク光 299Mbps
フレッツ光 249Mbps
ドコモ光 243Mbps

上表のような回線速度が出ているかを、実際に回線速度を計測して確認しましょう。

光回線自体の回線速度を調べる際は、ルーターや中継機を利用せず、モデム(ONU)から直接PCやゲーム機に繋いで計測します。

計測して平均速度前後の結果なら、周辺機器の不具合が原因になるので、光回線が遅い訳ではありません。

また、IPv6接続(v6プラス)などのオプションを使っていないなら利用を検討しましょう。

v6プラスといったオプションは、回線速度の遅延などを改善できるオプションサービスだからです。

マンションの回線速度は配線方式で決まる

マンションの3つの配線方式についてのイラスト

マンションやアパートといった集合住宅の場合に限り、共有部分から各戸までの配線方式によって回線速度が大きく変動します。

配線方式とは「共同設備から各戸までの配線方法」を表したものです。マンションにおける配線方法は、一般的に「光配線方式」「VDSL方式」「LAN配線方式」の3種類あります。

以下で、それぞれの最大通信速度と特徴をまとめてみました。通信速度が速い順番で紹介しています。

最大通信速度 特徴
光配線方式 回線業者の性能通り
(基本1Gbps)
最も速い方式
各戸まで光ファイバーケーブルで繋いでいる
VDSL方式 100Mbps マンションで最も多い方式
建物の入り口から各戸まで電話回線で繋いでいる
LAN配線方式 100Mbps 建物の入口から各戸までLANケーブルで繋いでいる

もっとも望ましいのは「光配線方式」です。光配線方式は、唯一、回線業者の最大通信速度がそのまま適用されます。

ただし、マンションはVDSL方式や、LAN配線方式で各戸まで繋いでいることがほとんどです。この2種類は、最大速度が100Mbpsと言われています。

VDSL方式やLAN配線方式は、共有部分から先が光ファイバーケーブルではなくなるため、光回線の最大速度を活かすことはできません。

関連記事

▶光回線をマンションで契約する際の注意点

最も多いのはVDSL方式

VDSL方式の図

国内のマンションやアパートでもっとも多いのは「VDSL方式」です。

VDSL方式は、電柱から「MDF」(主配線盤)と呼ばれる共有設備まで光ファイバーケーブルを通し、各戸までは電話回線(メタルケーブル)で繋ぐ方式です。

電話回線は光ファイバーケーブルほど高性能ではないため、最大通信速度が100Mbpsまで下がります。

また、1つの回線を住民同士でシェアするため、利用者の多い時間帯は通信が混雑する危険性があります。

光配線方式以外は実測値も下がる

マンションの配線方式が「光配線方式」以外の場合は実測値も低いです。

「実測値」とは、ネットを使っているときの実際の回線速度を表す値です。各回線業者が公表している「最大〇Gbps」は最大通信速度ですが、あくまで理論上で可能な速度でしかありません。

実際は、建物の設備や、使っているプロバイダ・端末・ケーブルなどの影響を受けるので、もっと遅いです。また「VDSL方式」「LAN配線方式」は、そもそもの最大通信速度が下がるため、実測値も低いです。

速度が速い光回線まとめ

メモ帳を持った女の子のイラスト

世の中にはさまざまな光回線がありますが、速度が速くておすすめできる光回線は、記事の中でご紹介した以下の大手6社です!

光回線 おすすめ理由
NURO光のロゴ 回線速度重視なら1番おすすめの光回線
最大速度2Gbpsで他の光回線より速い
独自回線で混雑に強い
平均速度は最速の478Mbps
ソフトバンクのセット割が使える
一番お得なキャンペーン窓口
auひかりのロゴ NURO光の次におすすめの光回線
独自回線で混雑に強い
平均速度が375Mbps
最大61,000円のキャッシュバック
auのセット割が使える
一番お得なキャンペーン窓口
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーにおすすめの光回線
ドコモのセット割に唯一対応
v6プラスに対応
最速のプロバイダなら平均291Mbps
無条件で2万円のキャッシュバック
一番お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ 全国対応の中で最速クラスの光回線
IPv6高速ハイブリッドに対応
平均速度が299Mbps
ソフトバンクのセット割が使えてお得
一番お得なキャンペーン窓口
eo光のロゴ 関西地方なら最速クラスの光回線
独自回線で混雑に強い
平均速度が452Mbps
1年目の月額料金が約3,000円
auのセット割が使える
一番お得なキャンペーン窓口
コミュファ光のロゴ 東海地方なら最速クラスの光回線
独自回線で混雑に強い
回線速度がNURO光の次に速い
平均速度が474Mbps
auのセット割が使えてお得
一番お得なキャンペーン窓口

光回線会社の比較の記事

  • 一番お得なキャンペーン窓口

    ドコモスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!

    auスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!!

    ソフトバンクやワイモバイルのスマホ料金が安くなる!エヌズカンパニーからの申し込みが一番お得!

    人気の光回線6選
    人気の光回線6選

    光回線ごとの記事一覧