auひかりは高いの?料金プランや最もお得に契約できる方法を徹底解説!

PR
「auひかりの月額料金」のアイキャッチ

auひかりの月額料金って実際は高いの?安いの?いろんなプランがあるけど、違いが分からない!どれを選ぶのが1番お得なの?という疑問にお答えします!

auひかりはauのスマホユーザーなら最安クラスで利用できる光回線です。auスマホとのセット割が使えるため、毎月のスマホ代が安くなるからです。

しかし、料金プランが戸建てとマンションで細かく枝分かれしているため、どのプランが最適なのか、迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。

そこで、この記事では各料金プランの特徴と、auひかりを最もお得に利用できる方法について分かりやすく説明しています!

また、スマホセット割の適用条件や、開通時の初期費用といった気になる情報もまとめているので、ぜひ参考にしてください!

auひかりは代理店窓口が一番お得!
auひかり×GMOとくとくBB
auひかり×GMOとくとくBB
⇒auひかりはGMOとくとくBBが最もお得!
最大94,000円キャッシュバック!
・ネットのみでも72,000円還元
・auひかり電話が35ヶ月間無料になる
・公式キャンペーンも適用される
・高性能WiFiルーターが無料でもらえる
\最大94,000円のキャッシュバック!/
5/19まで期間限定キャンペーン実施中
\最大95,000円のキャッシュバックがもらえる!/
【GMOとくとくBB限定】
ゴールデンウィーク限定でAmazonギフトがもらえる!
GMOとくとくBBは期間限定キャンペーンを実施中▶GMOとくとくBBの窓口
藤本(ヒカリク編集部)

セールスを4年経験したあとに、ヒカリクのライターに転向。インターネットに関する専門的な内容をわかりやすく解説することが得意。

目次

auひかりと契約した場合にかかる料金

まずは、auひかりを契約した際にかかる料金の内訳を見ていきましょう。主に、以下の4つの項目で構成されています。

戸建て マンション
月額料金
(プロバイダ料込)
5,610円~ 4,455円~
契約事務手数料 3,300円
工事費 41,250円
※実質無料
33,000円
※実質無料
オプション料金 550円~

上表のうち、月額料金とオプション料金は毎月請求されます。一方、契約事務手数料と開通工事費は、契約時のみにかかる初期費用です。

なかでも月額料金は契約内容で大きく変わるので、事前情報なしで契約してしまうと、損をしてしまう可能性があります。

また、工事費の金額に目を奪われるかもしれませんが、実際に支払うケースは稀です。auひかりは工事費が実質無料になるキャンペーンを開催しているからです。

ちなみに、auひかりの料金プランには、すべてプロバイダの利用料が含まれています。フレッツ光のように、追加料金は発生しません。

藤本さん 藤本

本記事ではauひかりの標準プランである1ギガプランの料金を中心に解説していきます。

高速通信サービスの「ホーム10ギガ・5ギガの料金プラン」の情報は記事の後半にまとめているので、詳細はそちらをご確認ください!

auひかりの戸建ての料金プランは3種類から選べる

戸建てに注目しているイラスト

auひかりの戸建ての料金プランは「ずっとギガ得プラン」「ギガ得プラン」「標準プラン」の3種類に分かれます。

3つのうち、標準プラン以外には契約期間が設定されています。

契約期間とは、サービスの継続利用を約束する期間のことです。月額料金が安くなる分、期間の途中で解約すると違約金が請求されます。

契約期間 ネットのみ ネット+
電話
ずっとギガ得プラン 3年
(自動更新)
5,390~
5,610円
5,940~
6,160円
ギガ得プラン 2年
(自動更新)
5,720円 6,270円
標準プラン なし 6,930円 7,480円

特徴として契約期間が長いプランほど月額料金が安くなります。その代わり、契約の更新月以外で解約した際の違約金が高くなります。

標準プランのみ、いつ解約しても違約金を支払う必要はないです。ただし、毎月の料金が1,000円以上高くなるので、ほとんどのケースでほかのプランのほうがお得になります。

マンションの料金プランは建物によって自動的に決まる

マンションに注目しているイラスト

auひかりのマンションの料金プランは、10種類以上に分かれています。ただし、適用されるプランは住んでいる建物の規模や設備によって自動的に決定します。

参考までに、各プランの金額を下表にまとめてみました。

ネットのみ ネット+電話
マンション・ギガ 4,455円 5,005円
マンション・ミニギガ 5,500円 6,050円
タイプF 4,290円 4,840円
タイプG
(16契約以上)
4,180円
5,390円
4,730円
5,940円
タイプG
(8契約以上)
4,510円
5,720円
5,060円
6,270円
タイプV
(16契約以上)
4,180円 4,730円
タイプV
(8契約以上)
4,510円 5,060円
タイプE
(16契約以上)
3,740円 4,290円
タイプE
(8契約以上)
4,070円 4,620円
都市機構G 4,180円
5,390円
4,730円
5,940円
都市機構 4,180円 4,730円

住んでいる建物がどのタイプに該当するかは、公式サイトにある「提供エリアの検索」ページで確認できます。簡単に調べられるので、契約前にしっかり確認しておきましょう。

関連記事

▶auひかりをマンションで契約する際の注意点や全情報まとめ

料金プランの確認方法

提供エリアの検索」ページにアクセス後、契約予定の住所を選択してください。住所を最後まで選ぶと表示される、下図の赤枠内に契約できるプランが表示されます。

auひかり マンションプランの確認方法

ちなみに、最後まで住所を選べない場合は、そもそもauひかりが契約できません。

auひかりはサービス提供エリアが限定されているので、エリア外だった場合は別の光回線と契約しましょう。

auひかりがエリア外ならGMOとくとくBB光がおすすめ

光回線サービス「GMOとくとくBB光」

GMOとくとくBB光の特徴

  • ・月額料金が主要回線で最安クラス
  • ・日本全国に対応した光回線
  • ・光コラボから乗り換えなら工事不要
  • ・v6プラス対応で速度が安定している
  • ・最大126,000円キャッシュバック
  • ・契約期間の縛りがない

auひかりがエリア外ならGMOとくとくBB光がおすすめです。日本全国どこでも利用できる光回線の中で、月額料金が安いからです。

また、2024年5月現在は最大126,000円のキャッシュバックがもらえるお得なキャンペーンを開催しています。

さらに、v6プラスに対応しているので回線速度も安定しています。お得に光回線を契約するならGMOとくとくBB光に申し込みましょう。

ヒカリク限定キャンペーン!
\工事費が実質無料&月額料金が110円安くなる!/
当サイト限定!
\最大126,000円キャッシュバック/
GMOとくとくBB光の公式サイト

関連記事

▶GMOとくとくBB光の評判口コミまとめ

契約期間は自分で選択できる

契約するタイプは選べませんが、契約期間の有無は自分で選べます。

2年間の契約期間を設ける「お得プラン」「お得プランA」と、期間の定めがない「標準プラン」から選択できます。

契約年数 対応タイプ
お得プラン 2年 タイプG
都市機構G
お得プランA 2年 マンション・ギガ
マンション・ミニギガ
タイプV
タイプE
タイプF
都市機構
標準プラン なし 全タイプ

お得プランとお得プランAは、マンションのタイプによってどちらを契約できるかが決まっています。一方、標準プランはどのタイプでも契約可能です。

auひかりの月額料金は他社と同水準

電卓を持った女の子のイラスト

auひかりの月額料金は、光回線の中でも平均的な金額です。下表の通り、ドコモ光やソフトバンク光といった大手と比べても、大きな差はないです。

戸建て マンション
auひかり 5,610円 4,455円
ドコモ光 5,720円 4,400円
ソフトバンク光 5,720円 4,180円
NURO光 5,200円
フレッツ光
(プロバイダ料込)
6,380円 5,005円

上表では、各光回線の主要な料金プランで比較しています。どれもプロバイダ料込みで、ほとんど同じスペックのプランです。

ちなみに、フレッツ光は契約するプロバイダによって毎月の費用が変わる光回線です。上記の表では、auひかりでも使える「@nifty」をプロバイダにした場合の金額を載せています。

auひかりはauユーザーにとって最安クラスの光回線

auスマートバリューのイメージ画像

数ある光回線の中で、auひかりはauのスマホユーザーにとって最安クラスで使える光回線です。なぜなら、「auスマートバリュー」という割引が使えるからです。

auスマートバリューとは、auのスマホが毎月最大1,100円割引される優れたサービスです。

同居する家族のスマホも割引対象になり、最大10回線まで料金が安くなります。メリットが非常に大きく、光回線をお得に利用するためには絶対に欠かせません。

割引でお得になる図

ちなみに、割引額は使っているスマホの料金プランによって変わります。

プランごとの割引額

現在、auの公式サイトで確認できるプランの割引額をまとめたので、参考にしてください。

割引額
使い放題MAX 5G/4G -1,100円
使い放題MAX 5G/4G
テレビパック
使い放題MAX 5G/4G
Netflixパック(P)
使い放題MAX 5G
ALL STAR パック
使い放題MAX 5G
with Amazonプライム
タブレットプラン20
auマネ活プラン
ピタットプラン 5G
(1~7GB)
-550円
※1GB以下は対象外
ピタットプラン 4G LTE
(1~7GB)
ピタットプラン 5G(s)
(2~20GB)
-550円
※2GB以下は対象外
ピタットプラン 4G LTE(s)
(2~20GB)

auスマートバリューの適用条件

auスマートバリューの適用条件は以下の2つを満たすことです。

適用条件

  • ・auひかり電話に加入する
  • ・サービス利用の申し込みをする

auひかり電話は月額550円の有料オプションですが、加入して損はありません。auスマートバリューを適用すれば、最低550円の割引が受けられるからです。

藤本さん 藤本
料金を安くしたいなら、スマホのキャリアに合わせた光回線を選ぶことが重要です。auユーザーで料金を重視するなら、auひかりは真っ先に契約を検討すべき光回線と言えるでしょう。
関連記事

▶auスマートバリューの仕組みと割引額の詳細

格安プランのpovoは割引対象外

auが2021年3月23日からサービスを開始した「povo」は、残念ながらauスマートバリューの対象外です。

そのため、auからpovoに変更すると、auスマートバリューも自動的に解除されます。また「家族割プラス」「スマイルハート割引」といった各種割引も失効するので注意しましょう。

とはいえ、元々の月額が2,728円という破格の安さなので、割引が無くなっても安くなるケースが多いです。

関連記事

▶最安povoに乗り換える際の注意点とおすすめできる光回線まとめ

auユーザーがauひかりを申し込んだ場合の料金シミュレーション

選択肢がたくさんあるイラスト

auユーザーがauひかりを契約するとどれくらいお得になるのか、以下の前提条件に基づいて料金をシミュレーションしてみました。

前提条件

  • ・登場人物は全員auユーザー
  • ・フレッツ光からauひかりへの乗り換え
  • ・プロバイダはどちらも@nifty
  • ・毎月のスマホ代と光回線の料金を比較

上述の前提条件を踏まえたうえで「マンションで1人暮らし」と「戸建てで家族4人暮らし」のケースでそれぞれ計算していきます。

マンションで1人暮らしのケース

まずは、計算が簡単な1人暮らしのケースを確認してみましょう。

先ほどの前提条件に加えて、auの使い放題MAXプランを利用している想定で、月額料金をシミュレーションしてみました。

結果として、フレッツ光から乗り換えるだけで毎月1,500円の出費を削減できます。年間だと18,000円の削減効果が見込めます。

フレッツ光 auひかり
(マンションギガ)
光回線料金
(プロバイダ料込)
5,405円 4,455円
ひかり電話 550円
スマホ料金 7,238円 7,238円
セット割の割引額 -1,100円
合計額 12,643円 11,143円

戸建てで家族4人暮らしのケース

続いて、戸建てで家族4人暮らしのケースを見ていきましょう。

auの料金プランは、2名が使い放題MAX、残り2名がピタットプラン(4GB~7GB)を利用している想定でシミュレーションしてみました。

結果として、フレッツ光から乗り換えるだけで毎月約4,000円の出費を削減できます。年間だと、約48,000円という非常に大きな削減効果が見込めます。

フレッツ光 auひかり
(ずっとギガ得)
光回線料金 6,380円 5,610円
ひかり電話 550円
スマホ料金
(合算)
24,332円 24,332円
セット割の割引額 -3,300円
合計額 30,712円 27,192円
藤本さん 藤本
シミュレーション結果から、スマホセット割の効果は絶大と言えます。適用できる人数が多いほど割引額が増えていくので、家族が多いほどお得に利用できます!

auひかりの料金を1番安くする方法

注目ポイントを挙げている女の子

auひかりの料金をできるだけ安くするには、以下の4つのポイントを抑えて契約することが重要です。

選択を間違えてしまうと、同じauひかりでも毎月の負担額が大きく変わってしまいます。損をしないよう、これから解約する内容をしっかり把握しておきましょう!

戸建てならずっとギガ得プランにする

auひかりを戸建てで利用する場合は、3年契約のずっとギガ得プランで契約しましょう。3つのプランの中で最も料金が安いうえに、契約年数に応じた割引があるからです。

ずっとギガ得プラン ギガ得プラン
月額料金 1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目以降:5,390円
5,720円
契約年数 3年 2年
違約金 4,730円 4,461円

契約更新を経た4年目以降も5,390円のままずっと利用できます。

違約金がギガ得プランよりも少し高いですが、代わりに月額料金が安いです。あまり気にする必要はないでしょう。

光回線は長期間の利用を前提にすることが多いので、できるだけ月額料金が安いプランを選びましょう!

藤本さん 藤本
3年目以降の料金で比較すると、ずっとギガ得プランは他のプランより300円以上安くなります。年間で3,600円近く変わるので、長期的に見ればかなりお得です!

ギガ得プランは2年契約で料金がずっと変わらない

ギガ得プランとは、契約年数が2年と短く、途中解約の違約金も4,461円とやや安くなるプランです。ただし、月額料金はずっとギガ得プランよりも高くなります。

ギガ得プラン
月額料金 5,720円
契約年数 2年
違約金 4,461円

標準プランにすると1,000円以上高くなる

標準プランは、契約年数の縛りや途中解約の違約金が発生しない唯一のプランです。しかし、ほかの2つのプランに比べて、月額料金が1,000円以上高くなります。

標準プラン
月額料金 6,930円
契約年数 なし
違約金 なし

マンションでタイプG/都市機構Gならお得プランにする

住んでいるマンションがタイプG/都市機構Gならお得プランを選びましょう。標準プランと比べて月額料金が1,210円も安くなるからです。

お得プラン 標準プラン
タイプG/都市機構G
(16契約以上)
4,180円 5,390円
タイプG
(8契約以上)
4,510円 5,720円

お得プランとは、2年間の継続利用を前提に月額料金が1,210円割引されるプランです。一方で、更新月以外の解約で2,730円の違約金が発生します。

「違約金は支払いたくない!」と思っている場合も、極めて短期間の利用でない限り、お得プランを契約しましょう!

お得プランAの月額料金は変わらない

お得プランAとは、タイプG/都市機構G以外で選べるプランです。月額料金は標準プランと変わりませんが、月額440円の「おうちトラブルサポート」が無料で使えるのが特徴です。

おうちトラブルサポートとは、水回りのトラブル、鍵の紛失、エアコンの故障といったトラブルに緊急対応してもらえるサービスです。24時間利用可能で、回数制限もありません。

一方で、2年契約になるので、更新月以外の解約で2,290円の違約金が発生します。

藤本さん 藤本
ややこしいですが、お得プランとお得プランAは別のサービス内容です。お得プランAを選んでも、月額料金は安くならないので注意しましょう。

auスマートバリューを忘れずに適用する

auユーザーであればauスマートバリューを忘れずに適用しましょう。割引を適用するには、auひかりとは別に申し込みをする必要があるからです。

自分で手続きをしないと、いつまで経っても適用されません。実際に、Twitterには「せっかく申し込んだのに適用されていない!」と嘆くユーザーが見受けられました。

申し込み方法はいくつかありますが、WEBの「My au」から手続きするのが簡単でおすすめです。

最もお得な申し込み窓口から申し込む

auひかりをお得に利用するには最もお得な申し込み窓口から契約するのも重要です。

なぜなら、選んだ窓口によって受けられるキャンペーン内容が違うため、もらえる金額が数万円単位で変わってしまうからです。

以下、主な申し込み窓口ごとのキャッシュバック金額や条件についてまとめてみました。

金額 受け取り時期
NN
コミュニケーションズ
最大72,000円 1ヶ月後
+
6ヶ月後
+
12ヶ月後
GMOとくとくBB 最大80,000円 12ヶ月後
+
24ヶ月後
BIGLOBE 最大66,000円 11ヶ月後
+
24ヶ月後
NEXT 最大52,000円 1ヶ月後
+
6ヶ月後
+
12ヶ月後
@TCOM 最大50,000円 7ヶ月後
アシタクリエイト 最大45,000円 1ヶ月後
DTI 最大38,000円 13ヶ月後
@nifty 最大30,000円 12ヶ月後
+
24ヶ月後
au one net
(公式)
10,000円 4ヶ月後
So-net なし
Asahiネット なし

窓口を比べる際は、キャッシュバックの有無を最優先で確認しましょう。

また、キャッシュバックがいつ受け取れるかも重要です。受け取りまでの期間が長いほど、もらい忘れるリスクが高くなるからです。

関連記事

▶auひかりのキャンペーン情報まとめ
▶auひかりの代理店情報まとめ

auひかりの申し込み窓口はGMOとくとくBBがおすすめ

GMOとくとくBBのメリット

  • 最大94,000円の高額キャッシュバック
  • auひかり電話が35ヶ月間無料
  • ③工事費が実質無料になる
  • ④他社の違約金を最大30,000円まで補償
  • ⑤auひかりのプロバイダで速度が最速クラス
  • ⑥高性能なWiFiルーターが無料でもらえる
  • 最大94,000円の高額キャッシュバック
  • auひかり電話が35ヶ月間無料
  • 5/19まで限定キャンペーン実施中
  • ④工事費が実質無料になる
  • ⑤他社の違約金を最大30,000円まで補償
  • ⑥高性能なWiFiルーターが無料でもらえる

auひかりに申し込むなら特典が最もお得なGMOとくとくBBがおすすめです。最大94,000円のキャッシュバックに加え、高性能なWiFiルーターが無料でもらえます。

さらに5月19日までの期間限定で、キャッシュバックが増額になるキャンペーンを実施中です!

GMOとくとくBBは期間限定キャンペーンを実施中

GMOとくとくBBだけの特典として月額550円のひかり電話が35ヶ月間無料で利用できます。

また、工事費割引や違約金補償などのキャンペーンも併用できるため、公式と代理店の特典を両取りできます。auひかりを最もお得に契約するなら、GMOとくとくBBから申し込みましょう!

WiFiルーターが無料で貰える!
\さらに最大94,000円キャッシュバック/
5/19まで期間限定キャンペーン実施中
\最大95,000円のキャッシュバックがもらえる!/
GMOとくとくBBの窓口

最大94,000円の高額キャッシュバック

キャッシュバックがいくらなのか気になっている人のイメージイラスト (1)

キャッシュバック額
GMOとくとくBB 最大94,000円
NNコミュニケーションズ 最大72,000円
NEXT 最大59,000円
フルコミット 最大63,000円
au one net
(公式)
10,000円

GMOとくとくBBはauひかりの主要な代理店と比較して、最大94,000円の高額キャッシュバックを実施しています。

オプション加入や10ギガプラン契約などの条件がありますが、無理なく達成できるレベルです。特にひかり電話は後述する割引特典で負担を限りなく少なくできます。

キャッシュバックが多い窓口のほうが実質的な負担を減らせます。そのため、できるだけ高額な特典をもらえるGMOとくとくBBがおすすめです。

WiFiルーターが無料で貰える!
\さらに最大94,000円キャッシュバック/
5/19まで期間限定キャンペーン実施中
\最大95,000円のキャッシュバックがもらえる!/
GMOとくとくBBの窓口

auひかり電話が35ヶ月間無料【GMOとくとくBB限定】

auひかり 光電話35ヶ月間無料バナー

GMOとくとくBBならauひかり電話の基本料が35ヶ月間無料になります。月額550円のサービスなため、総額で19,250円分お得になります。

auひかり電話はセット割や追加キャッシュバックの適用条件になっているので、3年分の負担がなくなるのは嬉しい特典です。

また、他の代理店ではauひかり電話の割引特典は実施していないため、電話サービスを利用する人は特にGMOとくとくBBがおすすめです。

auひかりのプロバイダとして回線速度が優秀

GMOはauひかりプロバイダ速度ランキングNo.1

GMOとくとくBBはauひかりのプロバイダで回線速度がトップクラスに速いです。利用者が速度を測定・投稿できる「みんなのネット回線速度」でも2023年6月時点で1位を獲得しています。

auひかりではプロバイダによって回線速度が異なるため、回線品質が優秀なプロバイダを選ぶのが重要です。

auひかりを快適に利用したい人や大容量なデータ通信の機会が多い人は、回線品質が優秀なGMOとくとくBBから申し込みましょう。

WiFiルーターが無料で貰える!
\さらに最大94,000円キャッシュバック/
5/19まで期間限定キャンペーン実施中
\最大95,000円のキャッシュバックがもらえる!/
GMOとくとくBBの窓口

初期費用は事務手数料しかかからない

「工事費無料」なイラスト

auひかりの初期費用は、ほとんどのケースで契約事務手数料の3,300円だけで済みます。

なぜなら「初期費用相当額割引」というキャンペーンを適用することで、工事費の自己負担がなくなるからです。

通常だと、戸建てが41,250円、マンションだと33,000円の工事費を分割払いで支払いますが、毎月、同額の割引を受けられるので、実質の負担がゼロになります。

戸建て マンション
事務手数料 3,300円 3,300円
工事費 41,250円 33,000円
工事費割引 -41,250円 -33,000円
実際の負担額 3,300円 3,300円

ただし、開通工事を土日祝日に実施する場合は追加料金が3,300円かかります。割引に含まれないため、実際に請求されます。

初期費用相当額割引の適用条件

初期費用相当額割引の条件は以下の通りです。

適用条件
戸建て ネット+ひかり電話
マンション ネットのみ

戸建てのみ、月額550円のauひかり電話への加入が必要です。

一方、マンションの場合はauひかりに申し込めば自動適用されます。戸建てと違い、有料オプションに加入する必要はないです。

ただし、auひかり電話は、先ほど説明したauスマートバリューの条件にもなっています。

auひかりをお得に利用するには欠かせない割引なので、固定電話を使わない場合も契約するのをおすすめします。

auひかりのオプション料金一覧

メモ帳を持った女の子のイラスト

auひかりには、豊富なオプションサービスがあります。種類が多いので、各オプションの月額料金とサービス内容について下表に整理してみました。

料金 内容
auひかり
電話
550円 従来の固定電話よりも格安料金で利用できる電話サービス
auひかり
テレビ
1,628円~ アンテナ不要で様々な専門チャンネルが視聴できるサービス
Wi-Fi機能
(無線LAN)
550円 ホームゲートウェイにWi-Fi機能を追加するサービス(auスマートバリューを適用すれば無料)
au home 869円~ 専用デバイスを自宅に設置することで、スマホから家電を遠隔操作したり、外出先から自宅内の様子が確認できるようになるサービス
安心ネット
フィルター
209円 ネット接続時の不正サイトへのアクセスやフィッシング詐欺などをブロックできるサービス
おまかせ
アドバイザー
無料 専門スタッフがauひかり導入の検討から利用まで無料でサポートするサービス
おうち
トラブル
サポート
440円~ 水まわりやガス、鍵のトラブルに対応してくれるサービス(マンションでお得プランAなら無料)
かけつけ
設定
サポート
内容次第の
都度払い
インターネット利用に必要な機器設定を代行してくれるサービス

オプションの中でも、特に人気なのが「auひかり電話」「auひかりテレビ」「Wi-Fi機能」です。

それぞれの料金やサービス内容について、個別に解説してきます。

auひかり電話の月額料金

電話をかけている人(光電話のイラスト)

auひかり電話の月額料金は550円しかかかりません。どれくらい安いのか、従来のNTT固定電話との料金を比較してみました。

auひかり電話 NTT固定電話
月額料金 550円 約2,000円

比べてみると、基本料金だけで約1,500円もお得に利用できます。

また、NTT発番の電話番号をそのまま引き継げるので、固定電話をよく利用するならおすすめのサービスです。

通話料は相手先によって変わる

auひかり電話の通話料について、下表にまとめました。

電話相手先 通話料
国内加入電話 8.8円/3分
IP電話
020番号向け通話 11円/40秒
au/UQモバイルの携帯 17.05円/1分
上記以外の携帯キャリア 17.6円/1分
PHS向け通話 11円/1分

国内加入電話にかけるなら、県外や県内を問わず一律8.8円/3分で利用できます。NTT固定電話とは違い、相手先が遠方でも通話料は変わりません。

様々な機能を追加できる

auひかり電話には、発信番号表示や着信転送といった機能を追加できます。追加機能の月額料金とサービス内容は下表をご確認ください。

料金 内容
割込通話 330円 通話中に別の相手から着信があった場合に、最初の電話を保留にし、後からかけてきた相手と通話ができるサービス
発信番号表示 440円 かけてきた相手の電話番号を電話機のディスプレイに表示するサービス
番号通知
リクエスト
220円 非通知の相手に対して音声ガイダンスを流し、電話番号の通知を要求するサービスです
割込番号表示 110円 通話中に別の相手から着信があった場合に、後からかけてきた相手の電話番号をディスプレイに表示するサービス
着信転送 550円 着信があった際、あらかじめ設定した転送先に電話を接続するサービス
迷惑電話
発着信
ブロック
330円 詐欺や勧誘などの迷惑電話番号の発着信を自動でブロックするサービス

ちなみに、2つ以上のサービスを利用する場合は、自動的にオプションパック料金に切り替わります。どれだけオプションを追加しても、下表の料金で利用可能です。

パック料金
戸建て 759円
マンション
(タイプG/都市機構G)
マンション
(上記以外)
550円

テレビサービスの月額料金

テレビを見ているイラスト(光テレビ)

auひかりで契約できるテレビサービスの月額料金は、以下の通りです。視聴したいジャンル数によって料金が変動します。

月額料金 サービス内容
ジャンルパック 1,628円 6つあるジャンルから好きな1つを選んで契約するプラン
オール
ジャンルパック
2,728円 6つすべてのジャンルが視聴できるプラン

上記のほか、契約時のみかかるサービス登録料の880円と、専用機器のレンタル代として毎月550円が請求されます。

特定のジャンルのみ視聴したいならジャンルパックを、色々なジャンルを視聴したいならオールジャンルパックがおすすめです。

関連記事

▶auひかりのテレビサービスの料金詳細

Wi-Fi機能(無線LAN)の月額料金

スマホWi-Fi接続しているイラスト

Wi-Fi機能(無線LAN)は、月額550円の有料サービスです。auひかりと同時に申し込んでおけば、開通と同時に自宅内でWi-Fiが使えるようになります。

ただし、auスマートバリューを適用すれば、オプション代金が永年無料になります。スマホ料金とは別に、年間の出費を6,600円も抑えられるので、地味ながら嬉しい特典と言えます。

藤本さん 藤本
auユーザー以外でWi-Fiを利用したいなら、市販のルーターを購入したほうが安く済みます。4,000~5,000円の予算で十分な性能のものが買えます。

auひかりの利用料金の確認方法

PCで調べものしている人のイラスト

auひかりの利用料金を確認したい場合は「My au」から確認するのが簡単でおすすめです。スマホやガラケー、PCといったどの端末からでも確認できます。

ログインすると、以下の内容が確認できます。

確認できる項目

  • ・今月の請求金額
  • ・過去6ヶ月分の請求金額
  • ・請求書のダウンロード(過去6ヶ月分)
  • ・通話明細の確認
  • ・領収書のダウンロード(過去18ヶ月分)

なお、紙の請求書は契約しているプロバイダに申し込まないと発行されません。また、請求書1枚につき220円の発行手数料がかかります。

藤本さん 藤本
WEBからいつでも無料で確認できるので、お金を払ってまで紙の請求書を発行するのはやめておきましょう。

想定より料金が高い場合の原因と対応の方法

請求額が高い!なイラスト

auひかりと契約した後、思っていたより料金が高いと感じた場合は、以下の2つに該当していないか確認しましょう。

料金が高くなる原因

  • ・支払い方法が口座振替になっている
  • ・不要なオプションに加入している

どちらも毎月の請求額に影響があるので、放置期間が長いほど出費も増えてしまいます。「自分は大丈夫!」と思っている場合も、念のため確認しておくことをおすすめします。

支払い方法が口座振替になっている

まず、auひかりの料金を口座振替で支払っていないか確認しましょう。なぜなら、特定のプロバイダで口座振替にすると、手数料として220円が追加請求されるからです。

手数料が請求されるプロバイダは、以下の3社です。

So-net、BIGLOBE、@nifty

僅かな差ですが、1年間放置すれば約2,600円も余分に支払うことになります。上記3社のプロバイダと契約しているなら、必ず支払い方法を確認してください。

ちなみに、クレジットカード払いや「KDDIまとめて請求」なら、手数料はかかりません。

不要なオプションに加入している

続いて、不要なオプションに加入していないか改めて確認しましょう。利用して価値を感じなかったオプションは、忘れないうちに解約するのをおすすめします。

オプションを解約する場合は「My au」もしくは、以下の連絡先に電話しましょう。

KDDIお客様センター

  • 電話番号:0077-777
  • 受付時間:9時~18時(年中無休)

また、auひかりを契約後にauから別のキャリアに乗り換えた場合は特に注意してください。なぜなら、auスマートバリューが適用されなくなるので、余計な料金を支払っている可能性が高いからです。

もし、割引目的でauひかり電話を契約していたなら、解約したほうがいいです。また、Wi-Fi機能も有料になるので、市販のルーターを買ったほうが安く済みます。

反対に、auスマートバリューを利用中なら、auひかり電話を解約してはいけません。割引が自動的に解除され、かえって料金が高くなるからです。

auひかりの解約にかかる費用

①違約金

auひかりの違約金はプランと契約時期によって異なります

具体的には2022年6月以前か、2022年7月以降に契約したかで変わります。続けて、契約時期別に違約金がいくらになるか紹介します。

2022年6月以前に契約した場合の違約金

契約期間 違約金
ずっとギガ得プラン
(戸建て)
3年契約 16,500円
ギガ得プラン
(戸建て)
2年契約 10,450円
お得プラン
(マンション)
お得プランA
(マンション)
7,700円
標準プラン なし なし

2022年6月30日以前にauひかりを契約した人の違約金は7,700~16,500円です。

最低で7,700円かかります。ホームタイプの3年契約の場合は16,500円です。最低金額と最高金額で2倍以上違います。

2022年7月1日以降に契約した場合の違約金

契約期間 違約金
ずっとギガ得プラン
(戸建て)
3年契約 4,730円
ギガ得プラン
(戸建て)
2年契約 4,460円
お得プラン
(マンション)
2,730円
お得プランA
(マンション)
2,290円
標準プラン なし なし

2022年7月1日以降に契約した人の違約金は2,290~4,730円です。

違約金が月額料金以下に設定されているので、高くても5,000円程度で収まります。

解約後に乗り換えしやすい金額まで下がりました。

auひかりの更新月

auひかり 2年契約の更新期間を説明した図

auひかりの更新月は、契約プランによって異なります。2年契約の場合、2年経過後の24~26ヶ月目です。

例えば、2020年1月に契約すると、24ヶ月後の2021年12月~2022年2月が更新月です。契約が自動更新される仕組みなので、更新月以降の解約は費用が発生します。

更新月の確認方法

更新月の確認は「My au」のサイトから確認できます。ログイン後、上部のメニューからインターネット・電話をクリックしてください。

次のページの「料金プラン」の項目で「次回更新月」が表示されます。

②撤去工事費

撤去工事費が発生するケース

  • ・契約開始日が2018年3月1日~2022年6月30日
  • ・退去時に原状復帰を求められた場合

ホームタイプで上記2点のいずれかに該当する場合は撤去工事費として31,680円請求されます。マンションタイプの場合は、撤去工事はありません。

また、該当期間外の2018年2月28日以前もしくは2022年7月1日以降に契約した人は撤去工事が任意です。実施しなければ費用はかかりません。

ちなみに、撤去費用は契約日が2018年2月28日以前なら11,000円、2022年7月1日以降なら31,680円かかります。最低1万円以上かかるので、おすすめしません。

契約日の確認方法

auひかりの契約日を確認したい人は「My au」で調べられます。

ログイン後、上部のメニューからインターネット・電話を選んでください。次に、ページ下部の「契約内容確認・変更」を押してください。最後に「お申込内容の確認」を選択すると、表示されます。

自分がいつ契約したか覚えていない人は、一度確認してみましょう。

③工事費の残債

お得プラン
マンション/2年契約
ずっとギガ得プラン
戸建て/3年契約
6ヶ月目 24,387円 34,166円
12ヶ月目 15,783円 27,098円
18ヶ月目 7,179円 20,030円
23ヶ月目 完済 14,140円
24ヶ月目 12,962円
30ヶ月目 5,894円
35ヶ月目 完済
auひかりの工事費合計と分割代金
工事費 分割回数
ずっとギガ得プラン
(戸建て/3年契約)
41,250円 1,178円×35回
(初月1,194円)
ギガ得プラン
(戸建て/2年契約)
1,793円×23回
(初月1,804円)
マンション/2年契約 33,000円 1,434円×23回
(初月1,443円)

auひかりを解約したときに工事費を完済していないと残債を一括払いで請求されます。上表で、利用期間別に解約でかかる工事費用をまとめています。

auひかりの工事費は戸建てが41,250円マンションが33,000円です。分割回数は戸建てなら23回か35回払い、マンションは23回払いです。

工事費実質無料キャンペーンは、分割請求額と同額を割引する仕組みなので完済前に解約すると、割引を受けていても請求されます。

藤本さん 藤本

auひかりは2022年7月1日前後の契約で工事費は変わっていません。契約日問わず、工事費残債の目安は同じです。

④解約月の月額料金

auひかりを解約した月の料金は日割りにならないケースがほとんどです。契約しているプロバイダが「au one net」の場合のみ、解約月の料金が日割り計算になるためです。

ほかのプロバイダの場合、解約の申し込みを月初にしても解約完了が当月末になります。

解約までにかかる日数もプロバイダによって異なります。損をしたくない人は、あらかじめプロバイダに確認しましょう。

⑤高速サービス解除料

auひかりの10ギガ・5ギガプランを利用している場合は2,750円の「高速サービス解除料」がかかる可能性があります。

10ギガ・5ギガの高速サービスは、12ヶ月の最低利用期間が定められているためです。

利用開始月を1ヶ月目としてカウントし、12ヶ月以内に高速サービスを解除すると費用が発生します。

ただし、高速サービス間(10ギガ⇔5ギガ)でプランを変更する場合は、高速サービス解除料はかかりません。

auひかりのホーム10ギガ・5ギガの料金一覧

auひかり「ホーム10ギガ」「ホーム5ギガ」のイメージ画像

auひかりのホーム10ギガ・5ギガとは、最大通信速度がそれぞれ10Gbp、5Gbpsあるauひかりの高速通信プランです。

auひかりの通常プランが最大1Gbpsなので、圧倒的な性能差があります。

月額料金の違いはありますが、料金プランの仕組みは通常プランと全く同じです。つまり、最も料金を安くする方法はずっとギガ得プランで契約することです。

ずっとギガ得 ギガ得 標準
10ギガ
月額料金
6,468円 7,128円 8,338円
5ギガ
月額料金
5,610円 6,270円 7,480円
契約期間 3年 2年 なし
違約金
(~2022/6)
16,500円 10,450円 なし
違約金
(2022/7~)
4,730円 4,461円 なし

ちなみに、ホーム10ギガ・5ギガは戸建ての料金プランしかありません。マンションで契約する場合も、戸建てと同じ料金プランが適用されます。

料金以外のサービス詳細は別記事にまとめているので、興味があれば以下の記事をご確認ください。

関連記事

▶ホーム10ギガ・5ギガの評判など全情報まとめ

auひかりの申し込みはNNコミュニケーションズがおすすめ

GMOとくとくBBのメリット

  • 最大94,000円の高額キャッシュバック
  • auひかり電話が35ヶ月間無料
  • ③工事費が実質無料になる
  • ④他社の違約金を最大30,000円まで補償
  • ⑤auひかりのプロバイダで速度が最速クラス
  • ⑥高性能なWiFiルーターが無料でもらえる
  • 最大94,000円の高額キャッシュバック
  • auひかり電話が35ヶ月間無料
  • 5/19まで限定キャンペーン実施中
  • ④工事費が実質無料になる
  • ⑤他社の違約金を最大30,000円まで補償
  • ⑥高性能なWiFiルーターが無料でもらえる

auひかりに申し込むなら特典が最もお得なGMOとくとくBBがおすすめです。最大94,000円のキャッシュバックに加え、高性能なWiFiルーターが無料でもらえます。

さらに5月19日までの期間限定で、キャッシュバックが増額になるキャンペーンを実施中です!

GMOとくとくBBは期間限定キャンペーンを実施中

GMOとくとくBBだけの特典として月額550円のひかり電話が35ヶ月間無料で利用できます。

また、工事費割引や違約金補償などのキャンペーンも併用できるため、公式と代理店の特典を両取りできます。auひかりを最もお得に契約するなら、GMOとくとくBBから申し込みましょう!

WiFiルーターが無料で貰える!
\さらに最大94,000円キャッシュバック/
5/19まで期間限定キャンペーン実施中
\最大95,000円のキャッシュバックがもらえる!/
GMOとくとくBBはこちら

結局どの光回線がいいの?と迷ったら
結局どの回線がいいの?と悩んでいる女の子のイラスト

「自分にとって一番安い光回線は?」
「調べて比較するのがめんどくさい」

迷った人は、私たち「ヒカリク」の電話相談窓口を使ってみてください。お住まいのエリアやなんとなくの要望に合わせて一番お得で快適な光回線をご提案します。

電話で相談するメリット

  • ・その人に合った最安の光回線が分かる
  • ・質問に答えるだけで提案してくれる
  • ・電話ですぐに無料相談できる
  • ・面倒な会員登録は一切不要

2024年5月は限定キャッシュバックが受け取れます。いちいち自分で調べて比較するのが面倒な人にも向いています。

\今すぐ無料で相談してみる/

私たちが厳選する優良光回線
光回線 おすすめ理由
ドコモ光ドコモ光 ドコモユーザーにとって最安の光回線
無条件で51,000円還元(当サイト限定)
ドコモのセット割に唯一対応している
開通までモバイルWiFiが無料で使える5/19まで限定キャンペーン実施中11月30日まで限定キャンペーン実施中 一番お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光ソフトバンク光 ソフトバンクなら最安クラスの光回線
最大50,000円キャッシュバック
高性能WiFiルーターが必ずもらえる
他社の乗り換え費用を10万円まで還元 一番お得なキャンペーン窓口
auひかりauひかり auユーザーなら最安クラスの光回線
最大94,000円キャッシュバック
独自回線なので通信品質がとても良い
5/19まで限定キャンペーン実施中
一番お得なキャンペーン窓口
GMOとくとくBB光とくとくBB光 格安スマホなら最安クラスの光回線
月額基本料が相場より約1,000円安い
高性能WiFiルーターが無料レンタル可能
最大126,000円還元(当サイト限定) 一番お得なキャンペーン窓口

光回線を契約するなら使っているスマホキャリアに合わせて選ぶのがおすすめです。

お使いのスマホキャリアにあった光回線を選ぶことでスマホ料金が1台あたり1,100円安くなります。例えば、家族3人で同じキャリアなら毎月3,300円、2年間で約8万円の割引です!

もし、セット割がないキャリアを利用中なら、基本料金がとにかく安いGMOとくとくBB光がおすすめです。

【2024年5月】一番人気はドコモ光

ドコモ光

ドコモ光は、ドコモのスマホを使っているすべての人におすすめの光回線です。

ドコモの携帯料金が安くなる唯一の光回線なので、ドコモユーザーなら他のどのサービスよりも料金を抑えられます!

また、業界No.1のシェアを誇り、みんなに選ばれている人気の光回線でもあります。料金が安いだけでなく、速度やキャンペーン、サポートといった全ての面で優秀です。

当サイト限定特典!
\オプション不要で51,000円キャッシュバック/
5/19まで期間限定キャンペーン実施中
\オプション不要で52,000円キャッシュバック!/
当サイト限定特典!
\オプション不要で51,000円キャッシュバック!/
GMOとくとくBBはこちら

速度を重視するならNURO光がおすすめ

光回線 NURO光

快適なネット環境が欲しいならNURO光が断トツでおすすめです!最大回線速度は2Gbpsで、平均速度も459Mbpsと速いです!

YouTubeや映画配信を頻繁に見る人、オンラインゲームを遊びたい人、リモートワークでデータのやり取りが多い人には、とくにおすすめの光回線です。

NURO光公式のキャンペーンページから申し込むと60,000円分の特典がもらえるのも大きな魅力です。

5/19まで期間限定で増額中!
\無条件で55,000円キャッシュバック/
5/19までお得な割引実施中!
\さらに無条件で60,000円キャッシュバック/
公式サイト限定!
\無条件で60,000円キャッシュバック/
NURO光の公式サイトはこちら
「光回線が使えない」または「工事なし」でネットを使いたいならGMO WiMAX

GMOとくとくBBWiMAX

対応エリア外で光回線を契約できない場合は、GMOとくとくBB WiMAXがおすすめです。無線通信を利用したネット回線で、日本全国どこでも利用できます。

工事なしで使えるお手軽さも魅力です。Webから申し込んで本体が届いたら、コンセントに挿すだけでWiFi環境を整えられます。また、最短で申し込みの翌日に端末が届きます

さらに、高額キャッシュバックや合計40,000円以上の割引キャンペーンを実施しています。手軽かつお得にネット環境を揃えるなら、GMOとくとくBB WiMAXを契約しましょう。

\最大57,000円のキャッシュバック!/
5/19まで期間限定キャンペーン実施中
\最大58,000円のキャッシュバックがもらえる!/
GMOとくとくBB WiMAXはこちら

※当サイトの掲載情報は、総務省ならびに各通信事業者の公開情報、実際の利用者から収集したアンケート結果などの客観的事実を根拠に作成しています。正確な情報を掲載するよう万全の体制を整えておりますが、情報の最新性や正確性を保証するものではございません。
※ご契約の際は、各事業者のホームページをご自身で確認のうえお申し込みください。また、不明な点については、各サービスの提供元へお問い合わせください。
※紹介している通信サービスはすべてベストエフォート型です。事業者が公表する最大通信速度は
理論上の数値であり、実際の速度を保証するものではございません。
※回線速度は、当サイトの検証結果および速度計測サイトの投稿内容に基づく数値を掲載しています。実測値は利用する時間帯や地域、設備などの影響を受けて変動するため、同じサービスを契約した場合でも同様の速度が出るとは限りません。
※当サイトに掲載しているコンテンツおよびランキングは、消費者庁景品表示法(ステマ規制)に則った当サイトのコンテンツおよびランキング作成に関する方針に基づいて作成しています。

auひかりの記事






















































































































































































  • 光回線の評判口コミ
    ドコモ光×GMOとくとくBBのバナー