auひかりの料金プランを徹底解説!お得に安くなるパターンも大公開!

最終更新日:2021年06月11日
「auひかりの月額料金」のアイキャッチ
藤本

大手プロバイダで営業を経験した後に、インターネットに特化したライターに転向した。専門的な内容を分かりやすく解説することが得意。

「auひかりの月額料金について、分かりやすく説明してほしい」「いろんなプランがあるけど、違いが分からない!」「どれを選んだら良いの?」という疑問にお答えします!

auひかりのプランは、大きく分けると「ホーム1ギガ」「ホーム5ギガ」「ホーム10ギガ」「マンション」の4種類です。

さらに、戸建てとマンションで、それぞれに細かく枝分かれしています!

「自分はどのプランを契約すべきか?」という疑問を解消できるよう、プランごとの特徴を分かりやすく説明しているので、ぜひ参考にしてください!

また、スマホセット割の適用条件や、開通時の初期費用、最新のキャンペーン情報などについても解説しています!

おすすめ人気記事

▶auひかりのキャンペーン徹底比較!代理店15社のキャッシュバック特典を解説!
▶auひかりのおすすめプロバイダは?全8社を徹底比較!【選び方】
おすすめの光回線7選!

auひかりの月額料金

電卓を持った女の子のイラスト

auひかりは、光回線使用料とプロバイダ料金がいっしょになったサービスです。追加でプロバイダ料金を支払う必要はありません。

auひかりのプランは、大きく分けると「ホーム1ギガ」「ホーム5ギガ」「ホーム10ギガ」「マンション」の4種類です。

それぞれの月額料金を簡単にまとめると、以下のようになります。

対象 月額料金
ホーム1ギガ 戸建て 5,390~5,610円
ホーム5ギガ 5,390~5,940円
ホーム10ギガ 6,248~6,798円
マンション マンション 2,585~5,720円

戸建ての場合は「ホーム1ギガ」を契約するのがおすすめです。月額料金は5,390~5,610円です。

戸建て用プランの「ホーム〇ギガ」に入る数字は、最大通信速度を表しています。最大通信速度が速いほど、快適にネットを利用できますが、月額料金は高くなります。

YouTube動画を観たり、オンラインゲームを遊んだりする程度の一般的な使い方であればホーム1ギガで十分です。ホーム5ギガやホーム10ギガほどの回線速度は必要ありません。

また、マンションの場合だと月額料金は2,585~5,720円と幅があります。どの金額になるのかは、建物の規模や設備によって変わります。自由に選べるわけではありません。

マンションは適用されるプランによって最大通信速度も変わるため、契約前に内容を確認する必要があります。

以下では、戸建てとマンションのプランについてより詳しく解説していきます。

こちらの記事もおすすめ

▶auひかりの評判口コミなど全情報まとめ
▶auひかりの回線速度や他回線との比較
▶auひかりの対応エリア一覧

auひかりホーム1ギガの月額料金

戸建てに注目しているイラスト

auひかりホーム1ギガは、基本的な戸建て向けのプランです。契約年数に応じて、さらに「ずっとギガ得プラン」「ギガ得プラン」「標準プラン」の3種類に分かれます。

おすすめは、月額料金がもっとも安い「ずっとギガ得プラン」です。

契約年数 違約金 月額料金
ずっとギガ得プラン 3年
(自動更新)
16,500円 5,390~5,610円
ギガ得プラン 2年
(自動更新)
10,450円 5,720円
標準プラン なし なし 6,930円

auひかりホーム1ギガのプランごとの違いは、契約年数・違約金・月額料金です。

「ずっとギガ得プラン」は契約年数が3年と長く、途中解約の違約金が高い代わりに、月額料金がほかよりも安くなっています。

auひかりの更新月は、契約満了の翌月と翌々月です。例えば、3年契約のずっとギガ得プランの場合は、37ヶ月目と38ヶ月目です。

藤本さん 藤本
ホーム1ギガのプランは、すべて同じ回線速度です。最大速度は1Gbpsで変わりません。そのため、単純に契約年数・違約金・月額料金の3点で比べましょう。

ずっとギガ得プランは2年目から月額料金が安くなる

3年契約の「ずっとギガ得プラン」は契約年数に応じて月額料金が110円ずつ下がります。

割引額 月額料金
1年目 なし 5,610円
2年目 -110円 5,500円
3年目以降 -220円 5,390円

割引額の上限は3年目の-220円までです。契約更新を経た4年目以降も-220円の割引は継続し、月額料金は5,390円のままです。

ただし、月額料金を安くするためには、プロバイダを「au one net」にする必要があります。

月間220円の割引は、1年間に換算すると2,640円です。ほかのプロバイダのキャッシュバック特典と比較して「au one net」にするかどうかを決めると良いでしょう。

藤本さん 藤本
auひかりのプロバイダのなかで1番おすすめなのは「NNコミュニケーションズ」です。他社からの乗り換えで、キャッシュバックがあり、工事費も実質無料になります。「au one net」で月額料金を安くするよりも、ずっとお得です。

auひかりの1番お得な申し込み窓口

auひかりは、代理店のNNコミュニケーションズから申し込むのが1番お得です。

NNコミュニケーションズのメリット

  • 最大52,000円のキャッシュバックが貰える
  • ②他社から乗り換えでキャッシュバック追加
  • ③他社の違約金を30,000円負担してくれる
  • ④開通工事費が実質無料になる

NNコミュニケーションズでの申し込みがお得な理由は、代理店の特典だけでなく、auひかり公式とプロバイダのキャンペーンも合わせて適用できるからです。

高額キャッシュバックに加え、他社の解約違約金を負担してもらえたり、開通工事費が無料になったりします。

また、NNコミュニケーションズは、利用者からの評判がとても良い代理店です。400人以上からレビューを投稿されており5点満点中4.7点の評価がついています。

auひかりの代理店NNコミュニケーションズのユーザーレビュー

▶NNコミュニケーションズの利用者レビュー

評価が高い理由は、キャッシュバックの手続きが明解で、分かりやすいためです。auひかりを申し込むタイミングで口座情報を伝えるだけで、最短2ヶ月後にキャッシュバックが振り込まれます。

Webサイトに「開通したお客さまのキャッシュバック率100%」と載せているほど信頼できる代理店なので、おすすめです。

\52,000円キャッシュバック!/

auひかりマンションの月額料金

マンションに注目しているイラスト

「auひかり マンション」は、auひかりの集合住宅向けプランです。auひかりのマンションプランは、契約する建物によって3,400~5,200円と幅があります。

適用されるプランは建物の規模や設備によって変わります。auひかりからプランを指定されるため、利用者側からは選べません。

月額料金だけでなく、最大通信速度も変わるため、契約前の確認が重要です。

auひかりマンションのプラン一覧

選択肢がたくさんあるイラスト

下表は、auひかりのマンションプランごとの契約条件・最大通信速度・月額料金をまとめたものです。

auひかりのマンションプランで、もっともおすすめなのは「マンションギガ」です。最大通信速度が1Gbpsあります。

契約条件 最大速度 月額料金
マンション・ギガ
(光配線方式)
各戸まで光回線を引きこむ設備が整っている 下り1Gbps
上り1Gbps
4,455円
マンション・ミニギガ
(光配線方式)
3階建て以下の集合住宅で総戸数が8戸以上ある 下り1Gbps
上り1Gbps
5,500円
タイプF
(光配線方式)
各戸まで光回線を引きこむ設備が整っている 下り100Mbps
上り100Mbps
4,290円
タイプG
(G.fast方式)
16契約以上 下り664Mbps
上り166Mbps
4,180円
5,390円
8契約以上 4,510円
5,720円
タイプV
(VDSL方式)
16契約以上 下り100Mbps
上り100Mbps
4,180円
8契約以上 4,510円
タイプE
(LAN方式)
16契約以上 下り100Mbps
上り100Mbps
3,740円
8契約以上 4,070円
都市機構 UR都市機構集合
住宅向け
下り100Mbps
上り100Mbps
4,180円
都市機構G 下り664Mbps
上り166Mbps
下り・上りとは
「下り」「上り」とは、ネット通信の向きを表す用語です。「下り速度=ダウンロード速度」「上り速度=アップロード速度」を意味しています。一般的には「下り速度」が重要視されます。Webサイトを開いたり、YouTube動画を再生するのは「ダウンロード」だからです。
通信速度のbpsとは
1秒間にどのくらいのデータを送れるかを表した値で、数字の値が大きいほど通信速度が速いです。「1Gbps=1,000Mbps」です。

もっともおすすめな「マンションギガ」を契約するには、共同設備から各戸まで、光回線で繋げられる環境が整っている必要があります。

マンションギガを契約できないときでも、3階建て以下で、かつ総戸数が8戸以上ある集合住宅なら「マンションミニギガ」で最大通信速度1Gbpsを利用できます。

マンションミニギガは、共同設備を通さずに、各戸まで直接光ファイバーケーブルを通すプランです。

もしも、マンションギガかマンションミニギガ以外のプランが指定された場合は、最大通信速度が大きく下がります。

藤本さん 藤本
とくに「タイプV」や「タイプE」は、最大通信速度が100Mbpsしかありません。インターネットを使っていてストレスを感じる可能性が高いので、ほかの回線業者を検討したほうが良いでしょう。

マンションプランの決定には建物の配線方式が影響している

マンション内の配線方式の図

auひかりのマンションプランの決定には、建物の配線方式が大きな影響を与えています。

配線方式とは「共同設備から各戸までの配線方法」を表したものです。「光配線方式」「G.fast方式」「VDSL方式」「LAN配線方式」の4種類があります。

最大通信速度 特徴
光配線方式 回線業者の性能通り 最も速い方式。各戸まで光ファイバーケーブルで繋げる。
G.fast方式 上り下りの合計で1Gbps VDSL方式より速く、光配線方式より遅い。最新のモデムを使っている。
VDSL方式 100Mbps 建物の入り口から各戸までを電話回線で繋いでいる。
LAN配線方式 100Mbps 建物の入り口から各戸までを電話回線で繋いでいる。利用者が増える時間帯は遅くなる。

上記の表は、通信速度が速い順番で紹介しています。

もっとも望ましいのは「光配線方式」です。光配線方式は、唯一、回線業者の最大通信速度がそのまま適用されるからです。

auひかりの場合は「マンションギガ」「マンションミニギガ」「タイプF」が光配線方式に対応しています。

ただし「タイプF」は最大通信速度が100Mbpsなので、選ばないほうが良いです。

さらに詳しい解説

▶配線方式ごとの特徴と実際の回線速度の解説

お得プランAと標準プランで料金の差はない

天秤にかけて比較している人のイラスト 

auひかりマンションの料金プランのなかには「お得プランA」と「標準プラン」があります。

基本的には、どちらのプランを選んでも月額料金に差はありません。

契約年数 おうちトラブルサポート
お得プランA 2年契約 あり
(無料)
標準プラン なし なし

「お得プランA」は、2年契約という制限を受ける代わりに、月額440円の「おうちトラブルサポート」を無料で使えるプランです。

もう1つの「標準プラン」は、契約期間が定められていない代わりに「おうちトラブルサポート」がついていません。

おうちトラブルサポートとは
「おうちトラブルサポート」とは、auひかりのオプションサービスです。水回りのトラブル、鍵の紛失、エアコンの故障など、日常生活の困ったことを緊急対応してもらえます。本来の月額料金は440円ですが「お得プランA」でauひかりを契約している人は無料で使えます。

マンションタイプGだけは2年契約を外すと1,210円高くなる

マンションプランのなかで「タイプG」だけは「お得プラン」と「標準プラン」で月額料金が変わります。

2年契約の「お得プラン」では4,180円ですが、契約年数の制限がない「標準プラン」だと5,390円に上がります。

お得プラン
(2年契約)
標準プラン
(契約期間なし)
16契約以上 4,180円 5,390円
8契約以上 4,510円 5,720円

2年契約を付けるかどうかで1,210円も変わるので、なるべく「お得プラン」を選びましょう。

「お得プラン」は契約期間中に解約すると10,450円の違約金がかかります。ただし、その分トータル費用を抑えられます。

「標準プラン」のほうがお得になるのは、契約や更新から9ヶ月以内に解約した場合だけです。

\52,000円キャッシュバック!/

ホーム5ギガ・10ギガの月額料金

auひかり「ホーム10ギガ」「ホーム5ギガ」のイメージ画像

ホーム5ギガとホーム10ギガは関東の一部地域でのみ提供されている戸建て用のプランです。

ホーム1ギガと同じように「ずっとギガ得プラン」「ギガ得プラン」「標準プラン」の3種類に分かれます。

現在は、ずっとギガ得プランを契約して「超高速スタートプログラム」を適用することで、月額500円の割引を受けられます。割引後の月額料金は以下のとおりです。

ホーム5ギガ ホーム10ギガ
ずっと
ギガ得プラン
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
4年目~:5,940円
1年目:6,468円
2年目:6,358円
3年目:6,248円
4年目~:6,798円
ギガ得プラン 6,270円 7,128円
標準プラン 7,480円 8,338円

ホーム5ギガの月額料金は、通常の戸建て用プラン「ホーム1ギガ」に+550円した金額です。また「ホーム10ギガ」は+1,408円です。

結果、ホーム5ギガはホーム1ギガと変わらない料金で利用できます。

関連記事

▶auひかりの5G・10Gプランの評判口コミ

ホーム5ギガ・10ギガのプランごとの違い

「ずっとギガ得プラン」「ギガ得プラン」「標準プラン」の違いは、前述した「ホーム1ギガ」とまったく同じです。契約年数と違約金の設定が変わるだけです。

契約年数 違約金
ずっとギガ得プラン 3年
(自動更新)
16,500円
ギガ得プラン 2年
(自動更新)
10,450円
標準プラン なし なし

契約更新のタイミング以外で、解約したり、プランを変更すると違約金が発生します。

長く使い続けられる人は「ずっとギガ得プラン」を選び、解約やプラン変更の可能性があるなら「ギガ得プラン」か「標準プラン」を契約しましょう。

ホーム5ギガと10ギガは12ヶ月以内に解約すると高速サービス解除料がかかる

ホーム5ギガとホーム10ギガは、契約から12ヶ月以内に解約すると「高速サービス解除料」として2,500円がかかります。

高速サービス解除料は「違約金」とは違う費用なので、契約期間の定めがない「標準プラン」であっても発生します。

藤本さん 藤本
ホーム5ギガとホーム10ギガは、どちらもベストエフォート型のサービスです。そのため、最大通信速度である5Gbpsや10Gbpsが必ず出る訳ではありません。実際の回線速度は、表記の数値よりも劣ることがほとんどです。
ベストエフォート型とは
「ベストエフォート型」とは、上限の回線速度を提供するように「最大限に努力をする」という光回線業者のスタイルを表したものです。業者の提示している最大通信速度は、あくまで理論上の速さで、実際の回線速度はもっと遅くなります。2020年現在、個人向けの光回線業者はすべてベストエフォート型です。

auスマートバリューでauのスマホ料金が安くなる

auスマートバリューのイメージ画像

auのスマートフォンを使っている人がauひかりを契約した場合、割引オプションである「auスマートバリュー」を使うことで、スマホ代を安くできます。

ただし、auスマートバリューを使うには、月額550円の「固定電話サービス」オプションを付ける必要があります。また、別途申し込みも必要です。

申し込み 必要
対象 auのスマートフォン/タブレット/ガラケー
(最大10台まで)
割引額 最大1,100円
適用条件 固定電話サービス
(月額550円)

auスマートバリューは最大10回線まで恩恵を受けられます。

「スマホのほかにタブレットも持っている」「家族全員のスマホがau」という人は、月々の負担をより減らせます。

家族で割引を受けるには、端末の利用者が「同一住所」に住んでいる必要があります。ただし、50歳以上の家族は別住所でも割引を受けられます。

auスマートバリューの割引額

auスマートバリューの割引額は、端末ごとの契約内容によって変わります。

現在、auで申し込みできるプランと過去プランの割引額をまとめたので、参考にしてください。

割引額
使い放題MAX 5G/4G -1,100円
使い放題MAX 5G/4G
テレビパック
使い放題MAX 5G/4G
Netflixパック(P)
使い放題MAX 5G
ALL STAR パック
使い放題MAX 5G
with Amazonプライム
タブレットプラン20
ピタットプラン 5G
(1~7GB)
-550円
※1GB以下は対象外
ピタットプラン 4G LTE
(1~7GB)
ピタットプラン 5G(s)
(2~20GB)
-550円
※2GB以下は対象外
ピタットプラン 4G LTE(s)
(2~20GB)
過去の契約プランの割引額はこちら
割引額
新auピタットプラン
(1~7GB)
-550円
※1GB以下は対象外
データMAX5G
ALL STARパック(P)
-1,100円
データMAX5G
ALL STARパック
データMAX5G
テレビパック
データMAX5G
with Amazonプライム
データMAX5G
Netflixパック(P)
データMAX5G/4G LTE
Netflixパック
データMAX5G/4G LTE
auデータMAXプラン
Netflixパック
auデータMAXプランPro
auフラットプラン25
NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン
7プラスN
auデータMAXプラン
auフラットプラン30
auフラットプラン25
Netflixパック
auフラットプラン20
タブレットプラン20
auフラットプラン
7プラス
auフラットプラン5
(学割用)
auピタットプランN(s)
(2~20GB)
-1,100円
※2GB以下は-550円
※1GB以下は対象外
auピタットプラン
(2~20GB)
auピタットプラン(s)
(2~20GB)
データ定額1 -1,027円(2年間)
※3年目以降-550円
データ定額2/3 -1,027円
データ定額3cp
ジュニア
スマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp
U18データ定額20 -1,551円
データ定額5/8/20 -1,551円(2年間)
※3年目以降-1,027円
データ定額5cp
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
データ定額10/13/30 -2,200円(2年間)
※3年目以降-1,027円
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i) -1,100円
LTEフラット
for DATA (m)
-1,551円(2年間)
※3年目以降-1,027円
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)

家族割プラスを併用することでさらに安くできる

auのスマートフォンを使っている人は「家族割プラス」という割引サービスを併用することで、毎月の費用をさらに抑えられます。

家族割プラスとは、家族でauを使っている際に受けられる割引サービスです。 auの回線を使っている家族が複数人いると、それぞれの利用料が550~1,100円割引されます。

割引額は、同居の家族内で使用されている回線数によって変わります。

1人あたりの割引額
2回線 -550円
3回線以上 -1,100円

ただし、家族割プラスはauのすべてのプランで適用されるわけではありません。また、プランによって、少し割引内容が変わることもあります。

藤本さん 藤本
家族割プラスは、条件を満たすと自動的に適用されます。申し込みは不要です。auスマートバリューと併用することで、最大2,200円まで安くなります。

auひかりの初期費用

初期費用や工事費を考える女の子

auひかりは契約時に以下の初期費用がかかります。

マンション 戸建て
契約事務手数料 3,300円
初期費用
(工事費含む)
33,000円 41,250円
合計 36,300円 44,550円

土日祝日に工事する場合は、上記に加えて3,300円かかります。

auひかりは、ドコモ光やソフトバンク光のような「光コラボ」ではないので、ほとんどの場合で工事が必要です。

光コラボ(光コラボレーション)とは
光コラボとは「フレッツ光の回線網」と「プロバイダ」がセットになった回線サービスです。ドコモ光、ソフトバンク光、ビッグローブ光などが当てはまります。フレッツ光の回線網を使っている業者間での乗り換えだと、工事が不要です。

ただしauひかりは、分割した工事費と同額を毎月の支払いから割引し、工事費を実質無料にするキャンペーンを実施していることが多いです。

キャンペーンを適用しない場合は高額になってしまうので、キャンペーンが実施されているタイミングで契約しましょう。

auひかりのオプション料金

auひかりのオプションサービスである「光電話」と「光テレビ」の利用料金をまとめました。

月額料金
光電話 550円
光テレビ ジャンルパック:1,628円
オールジャンルパック:2,728円
TELASA:618円

光電話は、固定電話を使いたい人におすすめのオプションです。従来のアナログ電話よりも、基本料金と通話料がかなり安いです。

また「auスマートバリュー」を適用する際にも光電話が必要なので、加入して損はありません。

光テレビは、映画・アニメ・ドラマ・スポーツなどの専門ジャンルのチャンネルを視聴できるオプションサービスです。

1つのジャンルのみを契約する「ジャンルパック」と、計6つのジャンルがセットになっている「オールジャンルパック」があります。

また「TELASA」というオンデマンドサービスも月額618円で利用できます。

藤本さん 藤本
auひかりの光テレビは、ジャンルパック系と「TELASA」に分かれます。「TELASA」はauの提携会社が提供しているビデオオンデマンドですね。話題の映画、ドラマ、アニメを楽しめます。月額618円なので、かなり安いです!

auひかりはNNコミュニケーションズから申し込むのが1番お得

メモ帳を持った女の子のイラスト

auひかりに申し込むなら、NNコミュニケーションズを窓口にするのがおすすめです。

NNコミュニケーションズは最大52,000円のキャッシュバックが最短2ヶ月でもらえます。

またキャッシュバック率が96%と他の代理店よりも圧倒的に高く、対応に満足しているユーザーの口コミが数多く寄せられています。

顧客満足度の高さが評価され、KDDIから12期連続で表彰されている実績のある代理店です!

NNコミュニケーションズのメリット
  • ・新規で最大52,000円のキャッシュバック
  • ・他社の解約違約金を30,000円まで負担
  • ・工事費が実質無料
  • ・キャッシュバック率が96%と非常に高い
  • ・KDDIから12期連続で表彰されている
  • ・キャッシュバックの手続きが簡単

3社同時キャンペーンで最大52,000円キャッシュバック実施中

NNコミュニケーションズ

NNコミュニケーションズからauひかりを申し込むと、NNコミュニケーションズのキャンペーンに加えて、プロバイダとauひかり公式のキャンペーンが同時に受け取れます!

NNコミュニケーションズからのキャッシュバックと、プロバイダを@niftyにした場合のキャッシュバックで最大52,000円のキャッシュバックが受け取れます。

戸建て マンション
NN
コミュニケーションズ
27,000円 32,000円
プロバイダ
(@nifty)
25,000円 20,000円
総額 52,000円 52,000円

違約金が発生する場合は更に25,000円キャッシュバック

他社からの乗り換えで違約金が発生する場合は、auひかり公式が実施しているキャッシュバックキャンペーンも適用できます!

先ほどご紹介した52,000円に上乗せされるので、破格のキャッシュバックを受けられます!追加金額については下表をご確認ください。

戸建て マンション
NN
コミュニケーションズ
27,000円 32,000円
プロバイダ
(@nifty)
25,000円 20,000円
auひかり公式
(追加分)
25,000円 15,000円
総額 77,000円 67,000円

上記キャッシュバックに加えて、工事費無料キャンペーンや、他社からの解約違約金を30,000円まで負担してもらえるキャンペーンも適用できます!

キャッシュバック率が最も高い

NNコミュニケーションズはauひかりを契約、開通したユーザーの中でキャッシュバックを受け取った人数が最も多い会社です。

NNコミュニケーションズのキャッシュバック率

東京商工リサーチが調査した結果によると、2019年1月~12月の期間内で、NNコミュニケーションズのキャッシュバック率は96.8%と、非常に高い調査結果が出ています。

NNコミュニケーションズはキャッシュバックの手続きが簡単で、キャッシュバックされるまでの期間が短いです。auひかりを開通したほとんどの人がキャッシュバックを受け取れていることがわかります!

KDDIから12期連続で表彰されている

NNコミュニケーションズ感謝状

NNコミュニケーションズは、お客様満足度が高いことが評価され、auひかりを提供しているKDDIから12期連続で表彰されています。

お客様満足度が高い理由は、キャッシュバックの手続きが電話1本でできることや、キャッシュバックの受け取りが最短2ヶ月と短く、受け取り忘れが発生しづらいからです。

プロバイダは@niftyがおすすめ

NNコミュニケーションズで、プロバイダの特典が同時に受けられるのは、@nifty、So-net、ビッグローブの3社です。

平均速度 キャッシュバック
@nifty 下り:378Mbps
上り:298Mbps
最短2ヶ月
So-net 下り:373Mbps
上り:314Mbps
最短4ヶ月
ビッグローブ 下り:383Mbps
上り:276Mbps
最短3ヶ月

中でも、@niftyはNNコミュニケーションズとの合同キャンペーンで、キャッシュバックが最短2ヶ月で受け取れます。

肝心の回線速度に関しても、他社と比べても遜色ない速度が出ているので、快適にインターネットが利用できます。

\52,000円キャッシュバック!/

私たちがおすすめしている光回線7選

現在、100社以上ある光回線の中で、私たちがおすすめしているのは7社です。

お使いのスマホキャリアによって変わるので、どこの光回線にすべきか迷っている方は参考にしてください!

おすすめ光回線の選び方

おすすめ光回線の選び方

三瓶さん 三瓶
基本的にはスマホに合わせた光回線を選んで、以下のようにセット割を適用させるとお得です!

3人家族でスマホセット割を適用した場合の2年間の割引額

光回線ごとで、 最もお得なキャンペーンを展開中の優れた窓口をご紹介します。

とくにドコモ光は新規契約でも乗り換えでも、通常よりかなりお得な還元キャンペーン中です。ぜひ期間中に検討してみてください!

光回線 おすすめ理由
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーにとって最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
20,000円のキャッシュバック
解約費用の補助がある(最大2万円) お得なキャンペーン窓口
auひかりのロゴ auユーザーなら最安クラスの光回線
最大52,000円のキャッシュバック
auのセット割が使えてお得 お得なキャンペーン窓口
eo光のロゴ auで関西地方なら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
1年目の月額料金が約3,000円 お得なキャンペーン窓口
コミュファ光のロゴ auで東海地方なら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
回線速度がトップクラスに速い お得なキャンペーン窓口
NURO光のロゴ ソフトバンクで戸建てなら最安
最大速度2Gbpsで他の光回線より速い
ソフトバンクのセット割が使えてお得 お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ ソフトバンクでマンションなら最安
ソフトバンクのセット割が使えてお得
ワイモバイルの料金も安くなる お得なキャンペーン窓口
ソネット光プラスのロゴ 格安スマホなら最安クラスの光回線
全国対応の光回線で料金が安い
auのセット割にも対応している お得なキャンペーン窓口

auひかりの記事

  •  

  • 一番お得なキャンペーン窓口

    ドコモスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!

    auスマホならスマホ料金も安くなる!NNコミュニケーションズからの申し込みが一番お得!

    ソフトバンクやワイモバイルのスマホ料金が安くなる!エヌズカンパニーからの申し込みが一番お得!

    回線速度の速さを求めるなら1番おすすめ!公式サイトから45,000円キャッシュバック!

    光回線ごとの記事一覧