auひかりのプロバイダ8社を徹底比較!お得でおすすめなのはどこ?

最終更新日:2021年06月11日
「auひかりのプロバイダについて」のアイキャッチ
山田

元ネットワークエンジニア。回線速度の改善に役立つ情報を集め、実験するのが趣味。自宅でサーバーを構築している。

auひかりのプロバイダについて、分かりやすく解説します!

auひかりは、合計8社の中からプロバイダを選択できます。サービス面に大きな違いはないですが、選んだプロバイダによって受けられるキャンペーンや回線速度が大きく変わります。

一方で、プロバイダによって変わらないこともあります。そのため、どういった違いがあるのかをしっかり理解して選ぶようにしましょう。

プロバイダによって変わること

  • ・独自キャンペーン
  • ・実際の回線速度
  • ・オプション内容

プロバイダで変わらないこと

  • ・月額料金
  • ・最大速度(理論上の速度)
  • ・公式キャンペーン

この記事では、auひかりのプロバイダを一覧で比較して、おすすめはどこなのかを解説しています!

auひかりの契約を考えている人は、ぜひ参考にしてください!

おすすめ人気記事

▶auひかりのキャンペーン徹底比較!代理店15社のキャッシュバック特典を解説!
▶auひかりのおすすめプロバイダは?全8社を徹底比較!【選び方】
おすすめの光回線7選!

auひかりで契約できるプロバイダ8社の一覧

プロバイダの役割の解説

現在、auひかりで契約できるプロバイダは以下の8社です。

各社の主な特徴をまとめているので、まずは目を通してみて下さい。

プロバイダ 特徴
GMOとくとくBBのロゴ 平均速度がトップクラスに速い
独自キャンペーンの内容が最もお得
(月額料金の割引+キャッシュバック)
So-netのロゴ 割引で毎月の料金が最も安くなる
キャッシュバックがない
BIGLOBEのロゴ 55,000円のキャッシュバック
2種類のキャンペーンがある
@TCOMのロゴ 45,000円のキャッシュバック
平均速度が最も遅い
一部マンションでは契約できない
DTIのロゴ 38,000円のキャッシュバック
平均速度がトップクラスに速い
一部マンションでは契約できない
@niftyのロゴ 30,000円のキャッシュバック
一部マンションでは契約できない
au one netのロゴ auひかりの公式プロバイダ
10,000円のキャッシュバック
AsahiNetのロゴ 月額料金の割引がある
5G・10Gプランに対応していない
一部マンションでは契約できない

auひかりは契約後にプロバイダを変更できない

auひかりは、一度契約をしてしまうと解約しない限りプロバイダの変更ができません。

どうしても変更したい場合は、auひかりを解約したうえで、新規で契約する必要があります。ただし、解約する場合は最低でも7,700円以上の違約金が発生します。

よっぽどの事情がない限り、プロバイダの変更はおすすめしません。後ほど変更せず済むように、申し込み前の段階から、しっかりプロバイダを比較して検討しましょう!

山田さん 山田

プロバイダを自由に選べるフレッツ光やドコモ光と違い、プロバイダ単体での変更ができない点には注意が必要です。下調べせずに契約してしまうと、後悔する可能性があります。

そこで、次の項目からは、これからauひかりを契約する人でも迷わないように、プロバイダの選び方について詳しく解説していきます!

auひかりのプロバイダを選ぶ際の2つのポイント

メモ帳を持った女の子のイラスト

auひかりのプロバイダを選ぶ際は、以下の2つのポイントに注目しましょう。

プロバイダ選びの2つのポイント
  • ①プロバイダ独自のキャンペーンがお得か
  • ②利用者の平均速度が速いか

auひかりは、プロバイダごとに基本料金や最大速度といった、サービス面の大きな違いはありません。

しかし、各社ごとに「月額料金の割引」「キャッシュバック」「工事費実質無料」といった内容が異なるキャンペーンを実施しています。

契約するプロバイダによって得られる金額が数万円単位で変わってしまうため、最もお得なキャンペーンを実施しているプロバイダを選ぶのが重要です。

また、プロバイダの回線速度にも差があります。より快適にインターネットを利用するためにも、プロバイダ選びの際は、速度にも注目してください。

そもそもプロバイダの役割とは

「プロバイダ」とは、スマホやパソコンといった端末と、インターネットの世界を中継している玄関口のような存在です。プロバイダがないとインターネットは利用できないため、とても重要な存在です。

①プロバイダ独自のキャンペーンがお得か

プロバイダを選ぶ際は、各社が独自に実施しているキャンペーン内容を確認するのが最も重要です。

auひかりには「公式キャンペーン」と「独自キャンペーン」の2種類のキャンペーンがあります。

公式キャンペーンは、auひかりが開催しているもので公式以外の窓口から申し込んだ場合でも適用されます。

一方、独自キャンペーンとは、代理店やプロバイダが会社ごとに実施しているキャンペーンです。公式キャンペーンとは異なり申し込んだ窓口のキャンペーンしか適用されません。

auひかりの公式キャンペーン内容

  • ①auスマートバリュー(スマホとのセット割)
  • ②他社の違約金負担キャンペーン(最大3万円)

プロバイダの独自キャンペーン内容

  • ①月額料金の割引
  • ②現金キャッシュバック
  • ③工事費が実質無料

以下で、独自キャンペーンの内容について詳しく説明していきます。

月額料金の割引があるか

auひかりをお得に利用するためには、月額料金の割引キャンペーンを実施しているプロバイダを選ぶのが重要です。

通常料金は、戸建てが5,610円、マンションが4,455円ですが、割引が使えるプロバイダでは、下表の金額になります。

戸建て マンション
GMOとくとくBB 4,400円 3,135円
So-net 3,828円 2,288円
Asahiネット 5,335円 2,805円
BIGLOBE 4,702円 1,155円

割引キャンペーンがあるプロバイダは、上表の4社しかありません。

ちなみに、割引適用期間は契約プランによって異なります。戸建てが3年間で、マンションは2年間です。

プロバイダによってサービス内容はほとんど変わりません。どうせ同じサービスを受けるなら、毎月の負担が少ないプロバイダを選びましょう。

キャッシュバックを実施しているか

プロバイダを選ぶ際はキャッシュバックを実施しているかも重要なポイントです。また、もらえる金額の差にも注目しましょう。

キャッシュバックを実施しているプロバイダと金額について、下表にまとめてみました。

戸建て マンション
GMOとくとくBB 61,000円 51,000円
20,000円 5,000円
BIGLOBE 55,000円 55,000円
@TCOM 50,000円 50,000円
DTI 38,000円 38,000円
@nifty 30,000円 30,000円
au one net 10,000円 10,000円

GMOとくとくBBは2種類のキャンペーンを実施しているため、両方の情報を記載しています。

全てのプロバイダで実施しているわけではないため、プロバイダを選ぶ際は、キャッシュバック実施の有無をしっかりと確認しましょう。

工事費が実質無料か

工事費負担の有無も確認しましょう。プロバイダによって、工事費が実質無料になる場合と自己負担が発生する場合があるからです。プロバイダごとの対応状況は、以下の通りです。

工事費が実質無料になるプロバイダ

  • ・GMOとくとくBB
  • ・BIGLOBE
  • ・@TCOM
  • ・DTI
  • ・@nifty
  • ・au one net

auひかりの工事費は非常に高額です。戸建てが37,500円(625円×60ヶ月)、マンションは30,000円(1,250円×24ヶ月)かかるので、負担を減らすためにも実質無料になるプロバイダを選びましょう。

②利用者の平均速度が速いか

PCゲームをやっている人のイラスト

プロバイダ選びは、キャンペーン内容だけでなく利用者の平均速度が速いことも重要です。auひかりは回線速度に定評がある光回線ですが、選ぶプロバイダによって速度に大きな差があるからです。

利用者の平均速度は「みんなのネット回線速度」というサイトで確認できます。このサイトでは、ユーザーから寄せられた回線速度を収集し、プロバイダや光回線ごとに平均値を算出しています。

下表は、同サイトに掲載されているauひかりのプロバイダを、平均速度が速い順に並べたものです。

プロバイダ 平均速度
1位 DTI 486Mbps
2位 GMOとくとくBB 448Mbps
3位 BIGLOBE 384Mbps
4位 @nifty 381Mbps
5位 So-net 376Mbps
6位 au one net 362Mbps
7位 ASAHIネット 345Mbps
8位 @TCOM 257Mbps

一般的に、どのような用途であっても、100Mbps以上の速度があれば、快適にインターネット利用ができるとされています。速度の目安は「Googleのヘルプページ」の内容を参考にしています。

上記内容を踏まえると、最も遅い@TCOMでも257Mbpsなので、どのプロバイダを選んでも問題なさそうに見えます。

しかし、回線速度は契約者ごとの利用環境や時間帯といった様々な要因によって変わるため、なるべく速いほうが望ましいです。

また、速度に違いがあっても月額料金は変わりません。 余計なストレスを溜めないためにも、auひかりと契約する際は、利用者の平均速度が速いプロバイダを選びましょう。

auひかりのプロバイダはGMOとくとくBBが1番おすすめ

代理店からの申し込みが不安なら「GMOとくとくBB」がおすすめのイラスト

結論として、auひかりのプロバイダは「GMOとくとくBB」が1番おすすめです。

なぜなら、もらえる特典の総額が最も多く、平均速度もトップクラスに速いからです。

加えて、Twitter上でもGMOとくとくBBを評価する声が多く、総合的にあらゆる面で優れたプロバイダと言えます。

以下では、GMOとくとくBBをおすすめする理由について、具体的に解説していきます!

キャンペーンの特典総額が1番多い

キャッシュバックがもらえて嬉しい女性のイラスト

GMOとくとくBBで受けられるキャンペーンの特典総額は8社の中で最も高額です。

下表では、先ほど紹介した「月額料金の割引」「キャッシュバック」「工事費実質無料」の3つのキャンペーンの総額を合算して比較してみました。

なお、GMOとくとくBBとBIGLOBEは2種類のキャンペーンを実施しているため、それぞれ分けて記載しています。

戸建て マンション
GMOとくとくBB
(キャッシュバック)
122,020円 97,200円
GMOとくとくBB
(月額割引)
120,620円 82,880円
So-net 117,924円 78,408円
BIGLOBE
(キャッシュバック)
96,220円 83,000円
@TCOM 91,220円 83,000円
DTI 79,220円 71,000円
BIGLOBE
(月額割引)
78,180円 79,200円
@nifty 71,220円 63,000円
au one net 51,220円 43,000円
Asahiネット 24,750円 33,000円

上表の通り、GMOとくとくBBは、戸建てとマンションどちらでも特典総額が最も多いです。特に、マンションの場合は、2番目に高い総額より10,000円以上もお得です。

利用者の平均速度がトップクラスに速い

GMOとくとくBBの平均速度は、auひかりのプロバイダの中でもトップクラスに速いです。先ほど紹介した「みんなのネット回線速度」のランキングにおいても、トップの速度でした。

また、Twitterに投稿された利用者の投稿を見ても、速度に満足している内容が多いです。

プロバイダを選ぶ際にオプションサービスの違いを考慮する必要はない

auひかりは、プロバイダごとにメールアドレスの保有数や、セキュリティソフトなどのオプションサービスが異なります。下表にて、主なサービス内容を比較してみました。

無料
アドレス数
セキュリティ
ソフト
リモート
サポート
GMO
とくとく
BB
15 550円/月
So-net 4 550円/月 330円月
BIGLOBE 5 418円/月 522円/月
@TCOM 1 539円/月 550円/月
DTI 1 無料
@nifty 1 550円/月 550円/月
au
one net
5 330円/月 550円/月
Asahi
ネット
6 550円/月

上表のほかにも「メールボックスの容量」や「出張サポート」といったサービスに違いがあります。

しかし、プロバイダを選ぶ際の基準として、これらのオプションサービスの違いを考慮する必要はないです。

なぜなら、わざわざプロバイダのサービスを使う必要がないからです。

まず、メールアドレスを使うなら、GmailやYahoo!メールといったフリーのメールサービスで代用できます。むしろ、プロバイダを変更した際にアドレスを変更する必要がないので、手続きも楽です。

また、セキュリティソフトは市販で買ったほうが安いです。例えば、So-netは「カスペルスキー」というソフトが月額550円で利用できます。市販で購入すれば月額337円で済むため、加入するよりも出費を抑えられます。

リモートや出張サービスも、実際に使うことは稀と言っていいでしょう。

プロバイダを選ぶ際に気をつけたい2つの注意点

注目ポイントを挙げている女の子

auひかりのプロバイダを選ぶ際には、キャンペーン内容と回線速度のほかにも、気をつけたい2つの注意点があります。

細かい内容ですが、知っておいて損はない内容なので必ず確認してください。

マンションによって選べるプロバイダが違う

マンションに注目しているイラスト

auひかりは、住んでいるマンションの規模や設備に応じて、料金プランが自動的に決まります。そして、料金プランによって契約できるプロバイダが異なります。

各プランのプロバイダ契約可否をまとめたので、ぜひ参考にしてください。

契約できない
プロバイダ
マンション・ギガ @TCOM
DTI
タイプF @nifty
@TCOM
DTI
タイプG @TCOM
ASAHIネット
DTI
都市機構G
マンション・ミニギガ 全て契約可能
タイプV
タイプE
都市機構

住んでいる建物がどのタイプに該当するかは公式サイトにある「提供エリアの検索」ページで確認できます。簡単に調べられるので、契約前にしっかり確認しておきましょう。

山田さん 山田
GMOとくとくBB、So-net、BIGLOBEといった人気のプロバイダは、どのプランでも契約できるので、そこまで気にする必要はないでしょう。
関連記事

▶マンションでauひかりを契約する前に知っておくべき全情報

料金プランの確認方法

「提供エリアの検索」ページにアクセス後、auひかりを契約予定の住所を選択してください。住所を最後まで選ぶと表示される、下図の赤枠内に契約できるプランが表示されます。

auひかり マンションプランの確認方法

ちなみに、最後まで住所を選べない場合は、そもそもauひかりが契約できません。auひかりはサービス提供エリアが限定されているので、エリア外だった場合は別の光回線と契約しましょう。

山田さん 山田
auひかりが対応していないエリアでおすすめなのは「ソネット光プラス」です。auスマートバリューが使えるうえに、全国ほとんどの地域で利用できるからです。
関連記事

▶ソネット光プラスの評判口コミなど全情報

口座振替に対応していないプロバイダがある

プロバイダによっては、毎月の料金を口座振替で支払えません。各プロバイダの対応状況は下表の通りです。

口座振替
GMOとくとくBB
So-net
BIGLOBE
DTI
@nifty
au one net
ASAHIネット ×
@TCOM ×

また、上表のうち、So-net、BIGLOBE、@niftyの3社で口座振替を利用する場合、手数料として200円が別途請求されてしまいます。

ただし、口座振替ができないプロバイダでも、クレジットカードでの支払いは可能です。また、auのスマホユーザーであれば「KDDIまとめて請求」も利用できます。

GMOとくとくBB経由でauひかりに申し込む方法

ここからは、実際にGMOとくとくBBを経由してauひかりに申し込んでから、回線が開通するまでの流れについて詳しく解説します。

申し込み方法
  1. ①WEBまたは電話で申し込む
  2. ②電話による工事日の調整
  3. ③郵送物の受け取り
  4. ④工事完了後に利用開始
  5. ⑤キャッシュバックを受け取る

申込みから開通するまでの目安は、戸建てが約1ヶ月、マンションが約2週間です。すぐ使えるわけではないため、利用日が決まっている場合は、早めに申し込んでおくのをおすすめします。

また、キャッシュバックの受け取り方法も併せて記載しているので、ぜひ参考にしてください!

①WEBまたは電話で申し込む

GMOとくとくBBのWEBサイトからauひかりに申し込みます。電話での申し込みも可能なので、好きな方法を選んでください。

WEBサイトから申し込む場合は、申し込む窓口によって利用できるキャンペーンが異なる点に注意してください。

GMOとくとくBBは、内容の違う2種類のキャンペーンを実施しており、キャンペーンごとに申し込み窓口が異なります。

2つのキャンペーン内容や申し込み窓口は、本記事の最下部に記載しています。先に内容を確認したい場合は、以下のボタンをクリックしてください。

【▼GMOとくとくBBのキャンペーン内容▼】

②電話による内容確認と工事日の調整

申し込み時に希望した日時に、GMOとくとくBBから内容確認の電話がきます。

この電話では、入力した契約者情報の確認と、料金プランやキャンペーンの説明があります。疑問点があれば質問して解決しておきましょう。

次に、KDDI(auひかり)から2回目の電話がかかってきます。

2回目の電話の内容は、工事日程の調整です。工事が終わらないとインターネットは利用できないので、都合の良い日程で調整しましょう。

③郵送物の受け取り

工事日の調整完了から工事日を迎えるまでの間に、KDDIから以下の郵送物が届きます。

  • ・「ご利用開始のご案内」
  • ・「宅内機器」

「宅内機器」は、インターネットを利用するうえで必要不可欠なものです。この機器がないと工事が終わってもインターネットに接続できないので、忘れずに受け取りましょう。

④工事完了後に利用開始

ここまでくれば、あとは調整した工事日を迎えるだけです。開通工事が完了後、受け取った宅内機器を設置すればインターネットが使えます。

なお、auひかりの工事は、屋外・宅内の両方の工事になるため、全部で1~2時間ほどかかります。その間は立会いが必要なので、当日は時間を空けておきましょう。

開通までの手続きは、以上で終了です。

⑤キャッシュバックを受け取る

最後に、キャッシュバックの受け取り手続きを忘れずに実施しましょう。受け取りまでの具体的な手順は以下の通りです。

キャッシュバック受け取り手順

  1. 1.開通11ヶ月目と23ヶ月目にメールが届く
  2. 2.メール内容に従い、口座情報を登録する
  3. 3.口座登録した翌月末日に振り込まれる

まず、開通から11ヶ月目と23ヶ月目に、GMOとくとくBBからキャッシュバックに関する案内メールが届きます。

契約してから期間が空いてしまうので、忘れないようにスマホのスケジュールに登録したり、カレンダーに書き込んだりしておきましょう。

また、GMOとくとくBBからの連絡は、申し込み時に作成する基本メールアドレス宛に届きます。普段使っているアドレスとは別なので、メールを見逃さないようにしてください。

メールさえ見逃さなければ、あとは内容に沿って口座情報を登録するだけで受け取れます。

auひかりのプロバイダに関するよくある質問

最後に、auひかりのプロバイダに関してよくある質問をまとめてみました。プロバイダの確認方法や解約する際の連絡先について記載しているので、ぜひ参考にしてください!

GMOとくとくBBって本当にauひかりのプロバイダなの?

auひかりの公式サイトにある「プロバイダサービス一覧」に記載されていませんが、GMOとくとくBBも正式なプロバイダです。

詳細は不明ですが、なぜか、auひかりの公式サイトやauショップ経由では、GMOとくとくBBを申し込めないようです。

そもそも、勝手にプロバイダは名乗れないので安心してください。GMOとくとくBBの「ニュースリリース」にも、正式にサービスを開始する旨がしっかりと記載されています。

ホーム5ギガ・10ギガプランで契約できるプロバイダは?

auひかりの「ホーム5ギガ」「ホーム10ギガ」のプロバイダは、Asahi Netだけ対応していない

プロバイダのうちAsahiNetだけがホーム5ギガとホーム10ギガに対応していません。

auひかりのホーム5ギガ、ホーム10ギガとは、関東の一部地域でのみ提供されている戸建て用のプランです。

最大速度が5Gbps・10Gbpsとなるため、さらに快適な通信環境を用意したい場合におすすめです。

もし、AsahiNetの契約者がホーム5ギガ、ホーム10ギガにプラン変更したい場合は、auひかりを解約して新規で申し込む必要があります。

関連記事

▶auひかりの5G・10Gプランの詳しい解説

今契約しているプロバイダの確認方法は?

現在契約しているプロバイダは「確認君+」というサイトで簡単に確認できます。まずはサイトにアクセスしてみてください。

プロバイダ確認方法

アクセス後、上図の赤枠で囲んだ箇所に契約中のプロバイダが表示されます。契約先が分からない場合は、ぜひ利用してみてください。

解約する場合の連絡先は?

auひかりを解約する場合は、契約しているプロバイダに連絡する必要があります。プロバイダを解約すれば、自動的にauひかりも解約になります。

プロバイダごとの連絡先は下表の通りです。

連絡先
GMOとくとくBB 0570-045-109
So-net 0120-80-7761
BIGLOBE 0120-86-0962
au one net 0077-7068
@nifty 0570-03-2210
@TCOM 0120-805633
DTI 0570-004-740
Asahiネット 0120-577-108

解約時にかかる費用は?

auひかりは、解約のタイミングや料金プランによって、以下の①~③の総額が一括請求されます。

解約時の負担内容
  • ①違約金
  • ②開通工事費の残債
  • ③撤去工事費

以下では、①~③が発生する理由と金額について、詳しく解説していきます。

①違約金

契約の更新月以外に解約する場合、以下の通り7,700~16,500円の違約金が発生します。

プラン 違約金
戸建て ずっと
ギガ得プラン
16,500円
ギガ得プラン 10,450円
マンション お得Aプラン 7,700円

auひかりの契約更新月は、契約期間が終了した後の翌月と翌々月の2ヶ月間です。戸建てなら「37~38ヶ月目」、マンションなら「25~26ヶ月目」です。

更新期間は毎月の請求書、もしくは「My au」から確認できるため、更新期間が分からない場合は必ず確認しておきましょう。

②工事費の残債

auひかりの工事費は、戸建てが41,250円で、マンションが33,000円です。

それぞれ60ヶ月と24ヶ月の分割で支払うため、解約時に支払いが完了していないと残りの支払い回数分の費用が一括で請求されます。

下表に、利用年数ごとの工事費の残債をまとめてみました。

戸建て マンション
12ヵ月目 33,000円 16,500円
24ヵ月目 24,750円 完済
36ヵ月目 16,500円
48ヵ月目 8,250円
60ヵ月目 完済

例えば、戸建ての場合で24ヶ月目に解約した場合、24,750円(687.5円×36回)が一括で請求されます。

キャンペーンによって実質無料となっている場合も残債は請求されます。auひかりを解約する場合には、工事費の残債が発生することを念頭に入れておきましょう。

③撤去工事費

戸建てプランのみ解約時に31,680円の撤去工事費が発生します。撤去工事費は①~②と異なり、解約タイミングに関わらず支払いが発生します。

戸建てでauひかりと契約する場合、解約時に必ず支払いが発生するため、契約時点であらかじめ認識しておきましょう。

auひかりのプロバイダについてのまとめ

auひかりでは、選んだプロバイダによって契約特典が大きく異なり、得られる金額が数万円単位で変わってしまいます。

損をしないためにも、プロバイダを選ぶ際には、以下の2つのポイントに注目して判断するのがいいでしょう。

プロバイダ選びの2つのポイント
  • ①プロバイダ独自のキャンペーンがお得か
  • ②利用者の平均速度が速いか

また、auひかりでは契約後のプロバイダ変更はできません。後悔しないためにも、契約前にこのポイントをしっかりと確認し、最もお得なプロバイダで契約することが重要です。

auひかりはGMOとくとくBBから申し込むのが1番お得

auひかりに申し込むなら、最も特典が豪華な「GMOとくとくBB」を窓口にするのがおすすめです。プロバイダ独自のおすすめキャンペーンが2つも用意されています。

おすすめキャンペーン①
  • ・月額料金を1000円以上割引
  • ・最大20000円のキャッシュバック
  • ・工事費が実質無料
  • ・光電話無料(戸建て3年、マンション2年)
おすすめキャンペーン②
  • ・最大61000円のキャッシュバック
  • ・高性能Wi-Fiルーターが貰える
  • ・工事費が実質無料
  • ・光電話無料(戸建て3年、マンション2年)

特典の総額が多いのはキャンペーン②ですが、大きな差ではありません。

毎月の支払いを抑えたい場合は①を、まとまった金額が欲しい人は②を選ぶと良いでしょう。

私たちがおすすめしている光回線7選

現在、100社以上ある光回線の中で、私たちがおすすめしているのは7社です。

お使いのスマホキャリアによって変わるので、どこの光回線にすべきか迷っている方は参考にしてください!

おすすめ光回線の選び方

おすすめ光回線の選び方

三瓶さん 三瓶
基本的にはスマホに合わせた光回線を選んで、以下のようにセット割を適用させるとお得です!

3人家族でスマホセット割を適用した場合の2年間の割引額

光回線ごとで、 最もお得なキャンペーンを展開中の優れた窓口をご紹介します。

とくにドコモ光は新規契約でも乗り換えでも、通常よりかなりお得な還元キャンペーン中です。ぜひ期間中に検討してみてください!

光回線 おすすめ理由
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーにとって最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
20,000円のキャッシュバック
解約費用の補助がある(最大2万円) お得なキャンペーン窓口
auひかりのロゴ auユーザーなら最安クラスの光回線
最大52,000円のキャッシュバック
auのセット割が使えてお得 お得なキャンペーン窓口
eo光のロゴ auで関西地方なら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
1年目の月額料金が約3,000円 お得なキャンペーン窓口
コミュファ光のロゴ auで東海地方なら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
回線速度がトップクラスに速い お得なキャンペーン窓口
NURO光のロゴ ソフトバンクで戸建てなら最安
最大速度2Gbpsで他の光回線より速い
ソフトバンクのセット割が使えてお得 お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ ソフトバンクでマンションなら最安
ソフトバンクのセット割が使えてお得
ワイモバイルの料金も安くなる お得なキャンペーン窓口
ソネット光プラスのロゴ 格安スマホなら最安クラスの光回線
全国対応の光回線で料金が安い
auのセット割にも対応している お得なキャンペーン窓口

auひかりの記事

  •  

  • 一番お得なキャンペーン窓口

    ドコモスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!

    auスマホならスマホ料金も安くなる!NNコミュニケーションズからの申し込みが一番お得!

    ソフトバンクやワイモバイルのスマホ料金が安くなる!エヌズカンパニーからの申し込みが一番お得!

    回線速度の速さを求めるなら1番おすすめ!公式サイトから45,000円キャッシュバック!

    光回線ごとの記事一覧