ドコモhome5Gとドコモ光の違いを徹底比較!乗り換えるならどっちにすべき?

最終更新日:2021年09月16日
ドコモhome5Gとドコモ光はどっちがおすすめ?のアイキャッチ

ドコモの「home5G」と「ドコモ光」の違いを徹底比較します!

結論として、home5Gとドコモ光は、どちらもドコモユーザーにおすすめのネット回線です。契約すれば、ドコモのスマホが安くなる割引が使えるからです。

ただし、2つのサービスにはそれぞれ異なるメリットがあるため、自身の目的や用途によってどちらを契約すべきか変わります。

それぞれのサービスがどんな人におすすめか、向いている人の特徴を下表にまとめました。

ドコモhome5Gがおすすめな人
  • 引っ越し後などネット環境をすぐに整えたい
  • ・光回線の工事ができない
  • ・回線速度にこだわらない
  • ・ごちゃごちゃした配線がイヤ
ドコモ光がおすすめな人
  • 回線速度は速いほうが良い
  • ・テレワークや大容量のデータをやり取りする
  • ・オンラインゲームをする

この記事では、home5Gとドコモ光の違いを料金や速度、キャンペーンなどのさまざまな観点で比較しながら解説していきます!

三瓶

当サイト「ヒカリク」の管理人。大手家電量販店で約4年間ほど光回線を担当。最適なプランがすぐに分かる。

おすすめ人気記事
「光回線×キャッシュバック」のアイキャッチ
光回線13社のお得なキャッシュバックを徹底比較!キャンペーン窓口の選び方を解説!
記事を読む
おすすめの光回線6選
】おすすめの光回線6選を徹底解説!
記事を読む

ドコモhome5Gとドコモ光の違い早見表

天秤にかけて比較している人のイラスト 

まずは、ドコモのhome5Gとドコモ光の違いを下表で比較してみました。

home 5G ドコモ光
運営会社 NTTドコモ NTTドコモ
月額料金 4,950円 マンション:4,400円
戸建て:5,720円
契約期間 縛りなし 2年契約
最大速度 最大4.2Gbps 最大1Gbps
平均速度 153Mbps 243Mbps
データ
容量
無制限 無制限
月間の
速度制限
なし なし
直近
3日間の
速度制限
不明 なし
端末代金 39,600円
実質無料になる
なし
工事費 なし マンション:16,500円
戸建て:19,800円
完全無料になる
スマホ
セット割
ドコモ
最大-1,100円/月
ドコモ
最大-1,100円/月
事務
手数料
3,300円 3,300円
利用開始
期間
即日 工事完了後
(2週間~1ヶ月)
Wi-Fi
ルーター
不要 別途必要
対応
エリア
全国
(5Gは一部エリア)
全国
お得な窓口 アイティーエックス GMOとくとくBB

2つのサービスの一番の違いは開通工事の有無です。

home5Gは工事不要で利用できるので、本体とコンセントを繋げるだけでネット環境を整えられます。

一方、ドコモ光は開通工事が必要なので、利用開始までに2週間~1ヶ月かかります。

また、回線速度も大きく異なります。最大速度はhome5Gのほうが速いですが、実際の平均速度はドコモ光のほうが速いです。

以下、各回線の違いを簡単に紹介します。項目ごとの詳しい解説も後ほど記載しているので、最後までチェックして、ベストなサービスを選びましょう。

月額料金の安さは住んでいる建物によって変わる

月額料金の安さは住んでいる建物によって変動します。

戸建ての場合はhome5Gのほうが770円安く、マンションの場合はドコモ光のほうが550円安くなります。

料金面を重視するなら、建物の種類によって契約する回線を決めましょう。

ちなみに、どちらもドコモスマホとのセット割が適用できます。ドコモユーザーなら、毎月のスマホ代が最大1,100円引きになります。

回線速度はドコモ光のほうが速い

回線速度はドコモ光のほうが速いです。

理論上の速度である最大速度はhome5Gのほうが速い数値ですが、実際の平均速度はドコモ光のほうが速いです。

home5Gの平均速度が153Mbpsに対し、ドコモ光は243Mbpsもあります。快適なネット環境を整えたい人は、ドコモ光がおすすめです。

対応エリアはどちらも全国

どちらのサービスも日本全国ほとんどの地域で利用可能です。

home5Gは携帯電話と同じ回線を利用しているので、ドコモスマホの電波が入るエリアで利用できます。また、使える地域は限定的ですが、最新の5G通信にも対応しています。

一方で、ドコモ光はフレッツ光の回線網を利用したサービスなので、フレッツ光が使える全国のエリアで利用できます。

どちらも全国ほとんどの地域に対応していますが、建物や周囲の状況によっては利用できない場合もあります。あらかじめ、自分の住んでいる家で利用できるか確認しましょう。

キャンペーンはドコモ光のほうがお得

キャンペーンはドコモ光のほうがお得です。

以下で、それぞれのキャンペーン内容をまとめてみました。

home5Gのキャンペーン

  • ・15,000円のキャッシュバック
  • ・端末代39,600円が実質無料

ドコモ光のキャンペーン

  • ・20,000円のキャッシュバック
  • ・dポイントプレゼント(2,000pt)
  • ・工事費が完全無料
  • ・高性能ルーターの無料レンタル

比べてみると、home5Gのキャンペーンも悪くありません。15,000円のキャッシュバックに加えて、高額な端末代金も無料になります。

しかし、ドコモ光のほうがもらえるキャッシュバック金額が多く、dポイントプレゼントや高性能ルーターの無料レンタルも受けられます。

また、工事費も完全無料になるので、キャンペーン内容はドコモ光のほうが優れています。

開通までの期間はhome5Gのほうが短い

開通までにかかる期間はhome5Gのほうが圧倒的に短いです。工事不要で利用できるサービスなので、端末本体が届いたその日から利用できます。

一方で、ドコモ光の場合は、開通工事が終わるまで最短でも2週間ほどかかります。場合によっては1ヶ月以上かかることもあります。

home5Gとドコモ光の特徴まとめ

ここまで紹介したhome5Gとドコモ光の主な特徴について、下表にまとめました。

回線 主な特徴
ドコモ home5G ロゴ 工事不要ですぐに利用できる
ホームルーターの中で速度が最速

ドコモのセット割に対応している お得なキャンペーン窓口
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーにとって最安の光回線
光回線なので速度が安定して速い
ドコモのセット割に対応している
2万円のキャッシュバック お得なキャンペーン窓口

home5Gの最大のメリットは、工事不要で利用可能なことです。すぐにネット環境が必要な人や、引っ越しが多い人に向いています。

一方、ドコモ光は回線速度が速いので、快適なネット環境を整えたい人におすすめです。キャンペーンも充実しているので、お得にネットを始められます。

2つのサービスの特徴をしっかり把握したうえで、自身に合ったサービスを選びましょう!

月額料金の安さは建物によって変わる

電卓を持った女の子のイラスト

月額料金の安さは住んでいる建物によって変動します。

戸建てならhome5G、マンションならソフトバンク光のほうが安いです。それぞれの詳しい料金体系を、下表で比較してみました。

マンション 戸建て
home5G 4,950円
ドコモ光 4,400円 5,720円

マンションに住んでいる場合は、ドコモ光のほうが550円安いです。戸建ての場合は、home5Gのほうが770円料金を抑えられます。

少しでもネット代を安くしたい人は、住んでいる建物に合わせて選ぶのがおすすめです。

また、どちらも月額料金にプロバイダ利用料が含まれています。一部の光回線のように、プロバイダ料を別途支払う必要はありません。

関連記事

▶home5Gの料金プランや初期費用の詳細解説
▶ドコモ光の料金やお得に契約する方法を解説

どちらもスマホセット割でドコモスマホが最大1,100円安くなる

ドコモ光セット割の解説イラスト

どちらのサービスを契約してもドコモスマホとのセット割が適用できます。

セット割とは、ドコモのスマホと特定の回線を組み合わせると、スマホ料金が最大1,100円安くなるサービスです。

割引の詳細について下表にまとめました。

セット割
サービス名称 ドコモ光セット割
home5Gセット割
割引対象 ドコモのスマホ料金
割引額 最大
-1,100円
割引上限数 20回線
割引範囲 離れて住んでいる
家族も対象

セット割の特徴は、家族のスマホを含めて最大20回線まで割引を受けられることです。さらに、離れて暮らす家族も割引を受けられます。

関連記事

▶ドコモ光セット割の割引額や適用条件に関する詳しい解説

三瓶さん 三瓶
スマホセット割は持っている端末の台数だけ適用できます。スマホとタブレットなど、ドコモの端末を複数持っている人はさらにお得です。

割引額は契約しているスマホプランによって変わる

セット割の割引額は、契約しているスマホプランによって変わります。

以下、ドコモのスマホプランと割引額についてまとめたので参考にしてください。

割引額
5Gギガホ プレミア -1,100円
ギガホ プレミア
5Gギガホ(受付終了)
ギガホ(受付終了)
ギガライト7GB以下
ギガライト5GB以下
ギガライト3GB以下 -550円
ギガライト1GB以下 割引なし
ahamo 割引なし

一部のプランは割引対象にならないので、プラン変更して割引を受けたほうがお得になる可能性があります。

ドコモ光だけが割引対象になる旧料金プラン

ドコモ光を契約した場合、一部の旧料金プランもセット割の対象になります。以下、割引対象になる旧プランをまとめました。

割引額
ウルトラ
シェアパック100
-3,850円
ウルトラ
シェアパック50
-3,190円
ウルトラ
シェアパック30
-2,750円
ベーシック
シェアパック
(~30GB)
-1,980円
ベーシック
シェアパック
(~15GB)
-1,980円
ベーシック
シェアパック
(~10GB)
-1,320円
ベーシック
シェアパック
(~5GB)
-880円
ウルトラ
データLLパック
-1,760円
ウルトラ
データLパック
-1,540円
ベーシック
シェアパック
(~20GB)
-880円
ベーシック
シェアパック
(~5GB)
-880円
ベーシック
シェアパック
(~3GB)
-220円
ベーシック
シェアパック
(~1GB)
-110円

home5Gを契約しても、上表のプランを契約中の場合は割引されないので注意しましょう。

home5Gとドコモ光の回線速度の違い

「?」のイラスト

ドコモhome5Gとドコモ光の最大速度の違いを下表に整理しました。

最大速度
(下り)
最大速度
(上り)
home5G 4.2Gbps 218Mbps
home5G
(4GLTE)
1.7Gbps 131Mbps
ドコモ光 1Gbps 1Gbps

比べてみると、一般的に重要視される下りの最大速度はhome5Gのほうが速いです。

ただし、上記の速度は理論上の数値であって、実際の回線速度はもっと遅くなります。

一般家庭に提供されるネット回線は、すべて「ベストエフォート型」といわれており、最大速度が実際に出ることはないからです。

ベストエフォート型とは
ベストエフォート型とは、上限の回線速度を提供するように「最大限に努力する」というインターネット回線のスタイルを表したものです。表記されている最大通信速度はあくまで理論上の速さなので、実際はもっと遅いです。 現在、個人向けのインターネット回線業者は、すべてベストエフォート型です。
三瓶さん 三瓶
回線速度の速さが気になるなら、次に紹介する「平均速度」に注目することが重要です!

平均速度はドコモ光のほうが速い

PCゲームをやっている人のイラスト

最大速度とは違い、実際に利用しているユーザーの平均速度はドコモ光のほうが速いです。

参考までに、ユーザーの実際の回線速度を収集している「みんなのネット回線速度」というサイトの情報をまとめてみました。

平均速度
(下り)
平均速度
(上り)
home5G 153Mbps 17.7Mbps
ドコモ光 243Mbps 185Mbps

比べてみると、上下ともにドコモ光のほうが圧倒的に速いです。特に、上りの速度は10倍以上の差があります。

上りの速度は、オンラインゲームや動画配信、多人数でビデオ通話をする人にとって非常に重要です。これらの用途がメインなら、絶対にドコモ光のほうがおすすめです。

関連記事

▶home5Gの速度に対する評判や利用者の平均速度を解説
▶ドコモ光の速度に対する評判や利用者の平均速度を解説

快適な回線速度の目安

快適な回線速度の目安は「ネットで何をするか?」によって異なります。下表では「Googleのヘルプページ」を参考に、目的ごとに必要な下りの回線速度の目安を紹介します。

何をするか 必要な回線速度
LINEやSNS 1Mbps
Webサイトの閲覧 3Mbps
YouTubeなどの動画を1本再生 5~10Mbps
複数のYouTube動画を同時再生 10~30Mbps
同時に複数端末でHD動画を再生 30~50Mbps
オンラインゲームやビデオ会議 50Mbps以上
4K動画再生や対人オンラインゲーム 100Mbps以上

「LINEでメッセージを送る」「Webサイトを閲覧する」「YouTube動画を視聴する」といった、日常的なネットの使い方では100Mbpsもあれば十分な速度ということが分かります。

2つのサービスの平均速度は、home5Gが153Mbps、ドコモ光が243Mbpsです。日常生活で「遅い」とストレスを感じることは少ないでしょう。

home5Gは無線通信なので障害物や天候の影響を受けやすい

ホームルーターは基地局の電波でネットに接続するサービス

home5Gは、携帯電話の電波を利用するホームルーターです。電波状況によって回線速度が左右されるので、物理的に回線が繋がっているドコモ光よりも通信が不安定になりやすいです。

また、home5Gの「最大4.2Gbps」という数値は、基地局から飛ばす電波の速度です。実際にルーターから出る速度は、最大速度よりもずっと遅くなります。

ドコモ光は有線通信なので常に安定した回線速度が出る

光回線は光ファイバーでネットに接続するサービス

ドコモ光は、光ファイバーケーブルを使用した光回線サービスです。

直接ケーブルを通して通信するため、周囲の電波や天候の影響をほとんど受けません。常に安定した回線速度が期待できるネット回線です。

回線が安定すれば、突然ネットが繋がりにくくなったり、急に動作がカクカクしたりといったことがなくなるため、ストレスなくインターネットを利用できます。

ドコモ光はGMOとくとくBBをプロバイダにすると回線速度がとても速い

代理店からの申し込みが不安なら「GMOとくとくBB」がおすすめのイラスト

ドコモ光は「GMOとくとくBB」をプロバイダにすると、回線速度がとても速いです。

みんなのネット回線速度」という、スピードテストの結果をまとめたサイトを参考に、プロバイダによる回線速度の違いを下表にまとめてみました。

プロバイダ 平均速度
1位 GMOとくとくBB 273Mbps
2位 BIGLOBE 249Mbps
3位 ドコモnet 228Mbps
4位 OCN 217Mbps
5位 Tigers-net 211Mbps
6位 plala(ぷらら) 209Mbps
7位 @T COM 207Mbps
8位 So-net 203Mbps
9位 DTI 197Mbps
10位 andline 192Mbps
11位 @nifty 190Mbps
12位 エディオンネット 183Mbps
13位 BB.excite 183Mbps
14位 ASAHIネット 170Mbps
15位 楽天ブロードバンド 160Mbps
16位 WAKWAK 119Mbps
17位 hi-ho 106Mbps

ドコモ光は、プロバイダを選べる光回線です。契約するプロバイダによって回線速度が異なるので、よほどの理由がない限りは一番速いGMOとくとくBBを選びましょう。

回線速度が速いだけでなく、キャンペーンやルーター無料レンタルなどのサービスも充実しています。

関連記事

▶ドコモ光のプロバイダ24社を徹底比較!

対応エリアはどちらも日本全国

日本地図

対応エリアはどちらも日本全国です。正確に言うと、home5Gはドコモスマホの5Gと4Gが繋がるエリア、ドコモ光はフレッツ光の対応エリアで利用できます。

home5Gは、携帯電話と同じ電波を使用している回線なので、ドコモスマホの5Gと4Gの通信ができるエリアで利用できます。

ドコモ光は、フレッツ光の回線を使用している光コラボなので、フレッツ光に対応しているエリアで利用できます。

光コラボ(光コラボレーション)とは
光コラボとは「フレッツ光の回線網」と「プロバイダ」がセットになった回線サービスです。ドコモ光、ソフトバンク光、ビッグローブ光などが当てはまります。フレッツ光に比べ、月額料金が安く、スマホ割を受けられるといったメリットがあります。

home5Gで5G通信ができるのはごく一部のエリアだけ

home5Gで「5G通信」に対応しているのは一部のエリアだけです。5G通信は次世代の高速通信なので、普及されるまでに時間がかかるためです。

ただし、home5Gは4G通信にも対応しているので、5G通信のエリア外でも利用できます。

また、5Gと4G通信を手動で切り替える必要はないです。home5Gのホームルーターが自動で切り替えてくれます。

関連記事

▶home5Gの5Gエリアについて詳しく解説

キャンペーンはドコモ光のほうがお得

キャッシュバックがもらえて嬉しい女性のイラスト

キャンペーンはドコモ光のほうがお得です。ドコモ光はキャッシュバック額が高いうえ、さまざまな特典を受けられるからです。

以下で、それぞれのキャンペーン内容をまとめてみました。

home5Gのキャンペーン

  • ・15,000円のキャッシュバック
  • ・端末代39,600円が実質無料

ドコモ光のキャンペーン

  • ・20,000円のキャッシュバック
  • ・dポイントプレゼント(2,000pt)
  • ・工事費完全無料
  • ・高性能ルーターの無料レンタル

home5Gで受けられるキャンペーンは、15,000円のキャッシュバックだけです。

一方、ドコモ光はキャッシュバックが20,000円もあるうえに、dポイントプレゼントや高性能ルーターの無料レンタルも受けられます。

しかも、当サイト限定のキャンペーンページを使えば、20,000円のキャッシュバックがオプション加入不要で貰えます!

ドコモ光を検討しているなら、以下の窓口から申し込みましょう!

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\9月末まで特別キャンペーン実施中!/
GMOとくとくBBの公式サイト

どちらも月間のデータ通信量は無制限

「通信制限はあるの?」と疑問に思う人のイラスト

home5G、ドコモ光ともに月間のデータ通信量の制限がないです。毎月どれだけ使っても速度が遅くならないので、データ量を気にする必要はありません。

ただし、home5Gのみ、一定の条件を満たすと速度が制限される可能性があります。以下、制限がかかる条件について解説するので、ぜひ参考にしてください。

home5Gは3日間で大量のデータ通信をすると速度制限される可能性がある

ドコモhome5Gの場合、直近3日間で大量のデータ通信をすると速度が制限される可能性があります。

ドコモの公式サイトには「当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、通信が遅くなることがある」と記載されています。

ただし、明確なデータ量の上限は公表されていないです。

また、上記条件を満たした場合でも、必ずしも制限の対象になるわけではありません。

Twitter上には4日で1TB(1,000GB)の通信をしても速度制限されなかったという投稿が確認できます。

通信制限は、回線全体の速度が低下しないようにするための措置です。一人の通信があまりにも多いと、回線を圧迫して他の利用者全員の速度が遅くなるからです。

制限されない理由は、まだ利用者が少なく、回線にも余裕があるからだと考えられます。

しかし、home5Gの利用者が今後増えれば、非日常的な大容量通信は速度制限される可能性があります。

三瓶さん 三瓶

Twitterに投稿されている口コミは、通信制限されないというものが大半を占めています。

とはいえ発売されて日が浅いので、今後通信制限される可能性があることは把握しておきましょう。

どちらも初期費用はかなり安い

工事費用や端末購入代金はどれくらいかかる?と疑問をもっている女の人のイラスト

home5Gとドコモ光の初期費用はかなり安いです。公式のキャンペーンを適用すれば、契約事務手数料の3,300円だけで済みます。

実際に支払う初期費用について、下表にまとめました。

home5G ドコモ光
契約事務
手数料
3,300円 3,300円
端末
購入代金
39,600円
⇒実質無料になる
工事費 マンション:16,500円
戸建て:19,800円
⇒完全無料になる
合計費用 3,300円 3,300円

home5Gは端末購入代金が、ドコモ光は工事費の自己負担がそれぞれ発生しません。

以下、各サービスの割引キャンペーンの詳細を解説していきます。

home5Gの対応ホームルーターは実質無料で購入できる

ドコモhome5Gの専用端末「HR01」は実質無料で購入できます。公式の割引キャンペーンである「月々サポート」を適用できるからです。

月々サポートとは、36ヶ月間の継続利用を条件に、本体価格が実質無料になるキャンペーンです。36ヶ月間にわたって、端末の分割払いの請求額と同じ1,100円が割引されます。

毎月の分割代金と、割引額について下表にまとめました。

端末代金
(36回払い)
1,100円
割引額 -1,100円
毎月の負担額 0円

端末の支払い方法は、36回払いのほかにも、12回や24回、一括払いも選択できます。

ただし、月々サポートの割引は36回固定なので注意してください。

HR01の性能まとめ

ドコモhome5Gの専用端末「HR01」の特徴やスペックについてまとめました。

端末名称(型番) HR01
オンラインショップ
での販売価格
39,600円
製造会社 シャープ
5G 最大速度 下り最大4.2Gbps
上り最大218Mbps
4G 最大速度 下り最大1.7Gbps
上り最大131.3Mbps
Wi-Fi(無線接続)
最大速度
1,201Mbps
有線接続
最大速度
1,000Mbps
Wi-Fi(無線接続)
対応規格
IEEE802.11a
IEEE802.11b
IEEE802.11g
IEEE802.11n(Wi-Fi4)
IEEE802.11ac(Wi-Fi5)
IEEE802.11ax(Wi-Fi6)
2.4GHz帯 / 5GHz帯対応
有線接続
対応規格
IEEE802.3ab
(1000BASE-T)
IEEE802.3u
(100BASE-TX)
同時接続台数 計65台
Wi-Fi : 64台
有線LAN : 1台
かんたん接続機能 WPS / QRコード接続
サイズ 高さ:17cm
幅:9.5cm
奥行:9.5cm
本体付属品 ACアダプタ
LANケーブル(試供品)
USBネット接続 不可
対応UIM nanoUIM

HR01は、Wi-Fiの同時接続台数が64台と多いのが特徴です。テレビやエアコン、スマホなど、接続台数が多くても余裕を持って利用できます。

分割払いの途中で解約すると端末代の残債が一括請求される

分割払いが終了する前にhome5Gを解約した場合、端末代の残債が一括で請求されます。解約した時点で割引が受けられなくなるからです。

参考までに、利用年数ごとの残債をまとめてみました。

36回払い 24回払い 12回払い
1年目
(12ヵ月目)
26,400円 19,800円 完済
2年目
(24ヵ月目)
13,200円 完済
3年目
(36ヵ月目)
完済

3年以内に解約する可能性がある場合は、残債の状況をしっかりと把握しておきましょう。

ドコモ光は工事費が完全無料になる

「工事費無料」なイラスト

ドコモ光は、高額な工事費が完全無料になるキャンペーンを開催しています。

通常だと、新規申し込み時に戸建てが19,800円、マンションが16,500円の工事費がかかるため、メリットが非常に大きいキャンペーンと言えます。

また、home5Gとは違い完全無料になるので、解約時に残債が請求されることもないです。

ただし、キャンペーンがいつ終わるか未定なので、突然終了してしまう可能性があります。

幸いなことに、 時点では工事費無料キャンペーンが開催中なので、新規申し込みを検討しているなら、今がチャンスです。

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\9月末まで特別キャンペーン実施中!/
GMOとくとくBBの公式サイト

home5Gのほうが開通までの期間が短い

home5Gはコンセントに差すだけでWi-Fi環境が整う のイラスト

サービスを申し込んでから、開通までにかかる期間はhome5Gのほうが圧倒的に短いです。

home5Gは、専用のホームルーターがあればすぐにネットに接続できます。光回線と違って工事が不要なので端末本体が届いたその日から利用可能です。

一方で、ドコモ光の場合、開通までは最短でも2週間ほどかかります。ネット利用のために開通工事が必要なサービスだからです。

開通工事が終わるまでの目安は、2週間~1ヶ月です。ただし、申し込む時期によってはそれ以上待たされる可能性があります。

「工事が終わるまで待ちたくない」「すぐにネットを使いたい」という場合は、ドコモhome5Gを契約しましょう!

\オプション不要!15,000円キャッシュバック/

home5Gは引っ越し先ですぐに使える

引っ越しのイラスト

home5Gは、引っ越し先でもすぐにインターネットに接続可能です。登録している設置場所の住所を変更するだけなので、引っ越しの当日から使えます。

また、引っ越し費用も完全無料です。新しい住所で継続利用する場合でも、移転費用や手数料といった費用が一切かかりません。

関連記事

▶home5Gを引っ越し先で使う手順や注意点

home5Gには契約期間の縛りがない

home5Gには契約期間の縛りや違約金がない

ドコモhome5Gには、スマホや光回線によくある契約期間の縛りがないというメリットもあります。一般的に、2年や3年の最低利用期間が設けられていることが多いです。

契約期間と違約金について、home5Gとドコモ光の内容を比較しました。

契約期間 違約金
home5G なし なし
ドコモ光 2年 マンション:8,800円
戸建て:14,300円

ドコモ光は、2年縛りで契約するのが一般的です。契約期間がないプランで契約すると、月額料金が1,000円以上も高くなるためです。

ただし、ドコモ光を2年縛りで契約した場合、更新月以外のタイミングで解約すると、マンションで8,800円、戸建てで14,300円の違約金がかかります。

一方で、契約期間の定めがないhome5Gは、いつ解約しても違約金はかかりません。

関連記事

▶home5Gの契約期間や違約金に関する詳細解説

ドコモ光の違約金は更新月に解約すれば発生しない

ドコモ光の違約金は、更新月に解約すれば発生しません。具体的には、契約してから24~26ヶ月の3ヶ月間のみ無料で解約可能です。

例えば、2020年4月に契約していた場合、24ヶ月後の2022年3月~5月が更新月です。

契約満了日と翌月・翌々月が更新月の場合

更新月は「My docomo」からいつでも確認でるので、忘れてしまった場合も安心です。

オプションサービスはドコモ光のほうが豊富

なにかを調べているイラスト

オプションサービスは、ドコモ光のほうが豊富です。以下で、それぞれのオプションサービスの特徴や料金を紹介していきます。

home5Gのオプションサービス

home5Gパックの内容

home5Gで利用できるオプションサービスは、以下の3つです。

ケータイ補償サービス(550円/月)

故障、水濡れ、盗難、紛失などをした時に、本体交換や修理代金のサポートをしてもらえる

ネットワークセキュリティ(385円/月)

ウイルスや不正アクセスなどの脅威から、保護や対策をしてくれる。パソコン3台まで適用できる

home5Gパック(770円/月)

上記の「ケータイ補償サービス」と「ネットワークセキュリティ」がひとつになったパック

「home5Gパック」は「ケータイ補償サービス」と「ネットワークセキュリティ」がセットになったサービスです。

2つのオプションを両方申し込むと自動適用され、料金が165円割引されます。

ドコモ光のオプションサービス

ドコモ光で利用できる主なオプションサービスは、以下の4つです。

ひかりTV for docomo(2年契約2,750円/月)

ひかりTV for docomoに加入すると、79種類の専門チャンネルや、13万以上のビデオオンデマンドが視聴できます。ドコモ光の通信回線を利用しているので、アンテナ工事等は不要です。

ドコモ光テレビオプション(825円/月)

ドコモ光の通信回線を利用して、地上デジタル放送や無料のBS放送が視聴できます。別途契約が必要ですが、スカパーの視聴も可能です。

ドコモ光電話(550円/月)

光回線を使った固定電話サービスです。NTTの電話料金と比べて月額550円と安く利用できます。

ネットトータルサポート(550円/月)

機器に関する不具合や不明点を、オンラインでサポートしてもらえるサービスです。電話以外に、現地での修理対応やデータ復旧なども実施しています。

ドコモ光には、光電話や光テレビといった豊富なオプションが用意されています。

オプションの詳細は以下の記事にまとめているので、内容が気になる場合はぜひ参考にしてください。

さらに詳しい解説

▶ドコモ光が提供するオプション内容を徹底解説

ドコモ光は10ギガプランを利用できる

ドコモ光10G(ギガ)は最大通信速度が10Gbpsの光回線

ドコモ光には、最大速度が10Gbpsの「10ギガプラン」があります。通常プランが最大1Gbpsなので、単純に10倍の性能があります。

大量のデータを瞬時にやりとりできるため、4K動画やオンラインゲームのような高画質・大容量コンテンツを快適に楽しめるプランです。

戸建て料金 6,930円~
マンション料金
セット割対象 ドコモ
最大通信速度 10Gbps
プロバイダ 8社から選択
提供エリア 東京、大阪、愛知
の一部地域
工事費 19,800円
※実質無料

一方で、ドコモ光の通常プランと比べて「月額料金が高い」「提供エリアが狭い」といったデメリットがあります。

回線速度はかなり速いですが、長所と短所がはっきり分かれているプランと言えます。

10ギガプランの詳細については、以下の記事をご確認ください。

さらに詳しい解説

▶ドコモ光の10ギガプランについて詳しく解説

ドコモhome5Gとドコモ光の比較まとめ

メモ帳を持った女の子のイラスト

結論として、home5Gとドコモ光にはそれぞれ異なる特徴やメリットがあります。一概にどちらが優れているかは判断できません。

どちらのサービスを契約すべきかは、目的や用途に応じて変わります。以下、2つのサービスがどんな人におすすめか、向いている人の特徴をまとめたので参考にしてください。

ドコモhome5Gがおすすめな人
  • 引っ越し後などネット環境をすぐに整えたい
  • ・光回線の工事ができない
  • ・回線速度にこだわらない
  • ・ごちゃごちゃした配線がイヤ
ドコモ光がおすすめな人
  • 回線速度は速いほうが良い
  • ・テレワークや大容量のデータをやり取りする
  • ・オンラインゲームをする

契約先を迷っている場合は、自身がどちらに当てはまるかチェックしてみてください。

home5Gとドコモ光の最もおすすめな申し込み窓口

代理店の窓口で申し込みしているイラスト

以下では、home5Gとドコモ光の最もお得なキャンペーンサイトをご紹介します。

下表のロゴをタップすると各窓口の詳しい解説に移動できます。

回線 主な特徴
ドコモ home5G ロゴ 工事不要ですぐに利用できる
ホームルーターの中で速度が最速
ドコモのセット割に対応している お得なキャンペーン窓口
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーにとって最安の光回線
光回線なので速度が安定して速い
ドコモのセット割に対応している
2万円のキャッシュバック
お得なキャンペーン窓口

home5Gの申し込みは代理店のアイ・ティー・エックスがおすすめ

ドコモのhome5G対応ホームルーターHR01の見た目

ドコモのホームルーターhome5Gは、代理店のアイティーエックスから申し込むのが一番お得です。

ドコモの公式サイトで申し込むと用途が限定されたdポイントの付与しかされませんが、アイティーエックスなら15,000円のキャッシュバックがもらえます。

しかも、キャッシュバックをもらうためにオプション加入はいっさい必要ないです!

キャッシュバック金額 15,000円(現金)
申し込み特典 端末代実質無料
オプション条件 なし
手続き 電話で振込口座を伝える
振込月 最短翌々月末
(9月開通なら11月末を目途)

キャッシュバックをもらうための手続きは、home5Gの申し込み後にかかってくる電話にて、振込先の口座番号を伝えるだけです。

手続き方法がとても簡単なので、キャッシュバックをもらい忘れる心配はありません!

home5Gをお得に使いたいなら、代理店のアイティーエックスから申し込みましょう!

\オプション不要!15,000円キャッシュバック/

ドコモ光の申し込みはGMOとくとくBBがおすすめ

おすすめする女の子

ドコモ光に申し込むならプロバイダのGMOとくとくBBを窓口にするのがおすすめです。

実際に契約したユーザーからの評価が非常に高く、20,000円のキャッシュバックを筆頭に、様々なメリットを受けられるからです。

ドコモ光×GMOとくとくBBのおすすめ理由

  • ・利用者からの評価が極めて高い
  • ・2万円キャッシュバックが無条件で貰える
  • ・プロバイダ24社の中で最も回線速度が速い
  • ・高性能Wi-Fiルーターが無料レンタルできる
  • ・開通工事費が無料になる
  • ・セキュリティソフトが1年間無料
  • ・開通するまでモバイルWi-Fiが無料で使える

本来、オプション加入無しの場合はキャッシュバックが5,500円しかありません。しかし当サイト限定のキャンペーンページを使えばオプション不要でキャッシュバックが最高額の20,000円に上がります!

これは、他の代理店や、ドコモ光の公式サイトと比べて最もお得なキャンペーンです。

また、GMOとくとくBBは、ドコモ光で選べるプロバイダのなかで性能が一番良いです。他のプロバイダよりも回線速度が速く、評判がとても良いです。

ドコモ光に申し込むならGMOとくとくBBを活用しましょう!

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\9月末まで特別キャンペーン実施中!/

私たちがおすすめしている光回線3選

3人家族でスマホセット割を適用した場合の2年間の割引額

現在、100社以上ある光回線の中で私たちがおすすめしているのは、ドコモ光ソフトバンク光auひかりの3社です。

お使いのスマホキャリアにあった光回線を選ぶことでスマホ料金が1台当たり1,100円安くなります。例えば、家族3人で同じキャリアを使っているなら毎月3,300円、2年間で約8万円の割引です!

また、大手企業が運営しているため、回線速度やサポート体制、キャッシュバック特典なども充実しています!

光回線 おすすめ理由
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーなら最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
無条件で2万円のキャッシュバック
解約費用の補助がある(最大2万円) お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ ソフトバンク・ワイモバイルがセット割
無条件で3.7万円キャッシュバック
乗り換え費用を最大10万円まで還元
回線速度が平均300Mbpsに大幅改善 お得なキャンペーン窓口
auひかりのロゴ auユーザーなら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
最大61,000円のキャッシュバック
独自回線で平均速度が375Mbpsと高速 お得なキャンペーン窓口

工事なしでネットを使うならhome5G

ドコモhome5Gロゴマーク

光回線の工事なしでインターネットを利用したいならドコモhome5Gがおすすめです。

オンライン申し込みが可能で、ドコモhome5Gが手元に届いた日からすぐにインターネットが使えます。

通信速度も最大4.2Gbpsと、光回線に負けない性能で、契約期間の縛りも一切ありません!

\最大通信速度4.2Gbps!工事不要のホームルーター/

サービスの解説の記事

  • 一番お得なキャンペーン窓口

    ドコモスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!

    auスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!!

    ソフトバンクやワイモバイルのスマホ料金が安くなる!エヌズカンパニーからの申し込みが一番お得!

    人気の光回線6選
    人気の光回線6選

    光回線ごとの記事一覧