ドコモhome5Gとソフトバンクエアー5Gを徹底比較!どちらがおすすめかメリットとデメリットを解説!

最終更新日:2022年07月01日
ドコモhome5Gとソフトバンクエアー5Gどっちが良い?のアイキャッチ

2021年8月にサービスが始まった「ドコモhome5G」と、業界シェア1位の「ソフトバンクエアー5G」の違いを徹底比較します!

結論から言うと、ソフトバンクユーザーでもドコモhome5Gのほうがおすすめです。安定したネット環境を構築できるうえに、月額料金も安いからです。

ドコモhome5Gとソフトバンクエアーどっちを契約すべき?料金や速度はどう違うの?と疑問に感じているなら、ぜひ参考にしてください!

電気通信事業法改正に伴う最新化について

2022年7月1日以降、電気通信事業法の改正に伴って通信業界でさまざまなサービス変更が実施されました。現在、ヒカリクでは各サービスを確認した上で記事を最新化しています。ただし、記事によっては古い内容が残っている可能性があるため、正確な情報は公式サイトでご確認ください。

藤本

大手プロバイダで営業を経験したあとに、インターネットに特化したライターに転向した。専門的な内容を分かりやすく解説することが得意。

おすすめ人気記事
ドコモ ホームルーター5G評判のアイキャッチ
ドコモのホームルーターhome5Gの評判口コミは?メリット・デメリットを解説!
記事を読む
ドコモhome5Gの通信制限についてのアイキャッチ
ドコモhome5Gは3日間で通信制限される?実際に使ってみた人の結果まとめ
記事を読む
ドコモhome5Gの購入、申し込み方法は?のアイキャッチ
ドコモhome5Gの一番お得なキャッシュバック窓口!購入・申し込み方法は?
記事を読む

7月人気のオススメ光回線!
ドコモ光×GMOとくとくBBのロゴ
ドコモ光×GMOとくとくBBのロゴ

ドコモユーザーにとって最安の光回線!
・ドコモ料金が毎月1,100円安くなる
・当サイト限定!全員2万円キャッシュバック
・高性能Wi-Fiルーターがずっと無料
・利用者の平均速度が約300Mbpsと速い!
・お客さま満足度2年連続№1(オリコン)
ヒカリク限定キャンペーン!
\条件なし20,000円キャッシュバック!/
6月24日~30日までの7日間限定!
抽選200名へ更にアマゾンギフト5千円が当たる!

ドコモhome5Gとソフトバンクエアー5Gの違い早見表

天秤にかけて比較している人のイラスト 

まずは、ドコモhome5Gとソフトバンクエアー(SoftBank Air)の違いを比較した早見表を見てみましょう。

ソフトバンクエアーに関しては、最新端末の「Airターミナル5」と現行の「Airターミナル4NEXT」の両方を掲載しています。

home5G
(HR01)
ソフトバンクエアー
(Airターミナル5)
ソフトバンクエアー
(Airターミナル4NEXT)
運営会社 NTTドコモ ソフトバンク ソフトバンク
5Gの
最大速度
下り:4.2Gbps
上り:218Mbps
下り:2.1Gbps
上り:非公開
非対応
4Gの
最大速度
下り:1.7Gbps
上り:131.3Mbps
下り:838Mbps
上り:非公開
下り:612Mbps
(上りは非公開)
Wi-Fiの
最大速度
1,201Mbps 2.1Gbps
(2,100Mbps)
1,201Mbps
有線接続の
最大速度
1Gbps
(1,000Mbps)
1Gbps
(1,000Mbps)
1Gbps
(1,000Mbps)
平均速度 189Mbps 82Mbps 45Mbps
データ容量 無制限 無制限 無制限
月間の
速度制限
なし なし なし
直近3日間の
速度制限
不明 なし なし
利用量の多い
時間帯や

エリアへの
速度制限
なし あり あり
月額料金 4,950円 5,368円 5,368円
端末代金 39,600円
※実質無料
71,280円
※実質無料
59,400円
※実質無料
契約事務
手数料
3,300円 3,300円 3,300円
スマホ
セット割
ドコモ
最大-1,100円
ソフトバンク
最大-1,100円
ソフトバンク
最大-1,100円
最低
利用期間
なし なし 2年
違約金 なし なし 10,450円
提供エリア 全国
(5Gは一部エリア)
全国
(5Gは一部エリア)
全国
home5G
(HR01)
ソフトバンクエアー
(Airターミナル5)
ソフトバンクエアー
(Airターミナル4NEXT)
運営会社 NTTドコモ ソフトバンク ソフトバンク
5Gの
最大速度
下り:4.2Gbps
上り:218Mbps
下り:2.1Gbps
上り:非公開
非対応
4Gの
最大速度
下り:1.7Gbps
上り:131.3Mbps
下り:838Mbps
上り:非公開
下り:612Mbps
(上りは非公開)
Wi-Fiの
最大速度
1,201Mbps 2,100Mbps
(2.1Gbps)
1,201Mbps
有線接続の
最大速度
1Gbps
(1,000Mbps)
1Gbps
(1,000Mbps)
1Gbps
(1,000Mbps)
平均速度 189Mbps 82Mbps 45Mbps
データ容量 無制限 無制限 無制限
月間の
速度制限
なし なし なし
直近3日間の
速度制限
不明 なし なし
利用量の多い
時間帯や
エリアへの
速度制限
なし あり あり
月額料金 4,950円 5,368円 5,368円
端末代金 39,600円
※実質無料
71,280円
※実質無料
59,400円
※実質無料
契約事務
手数料
3,300円 3,300円 3,300円
スマホ
セット割
ドコモ
最大-1,100円
ソフトバンク
最大-1,100円
ソフトバンク
最大-1,100円
最低
利用期間
なし なし 2年
違約金 なし なし 10,450円
提供エリア 全国
(5Gは一部エリア)
全国
(5Gは一部エリア)
全国

ドコモhome5Gとソフトバンクエアーは、どちらも工事不要でインターネット環境を構築できるサービスです。専用機器をコンセントに挿すだけで済みます。

2つのサービスを比べてみると、料金や速度といった基本サービスは、ドコモhome5Gのほうが優れています。特に速度の差が大きく、利用者の平均速度は100Mbpsも違います。

一方で、それぞれ独自のサービスとして、対応スマホとのセット割を提供しています。ドコモならドコモhome5G、ソフトバンクならソフトバンクエアーを契約すると、スマホ料金が安くなります。

以下、各ホームルーターの違いを簡単に紹介します。項目ごとの詳しい解説も後ほど記載しているので、最後までチェックして、ベストなサービスを選びましょう。

月額料金はドコモhome5Gが安い

2つのサービスを比べると、月額料金はドコモhome5Gのほうが安いです。ドコモhome5Gが4,950円で利用できるのに対し、ソフトバンクエアーは5,368円かかります。

ただし、ソフトバンクエアーは、最初の24ヶ月間のみ割引価格で利用できます。期間中は1,188円安くなり、月額4,180円で使えます。

回線速度はドコモhome5Gが速い

回線速度はドコモhome5Gのほうがかなり速いです。

5G通信の下りの最大速度を比較してみると、ドコモhome5Gは最大4.2Gbpsなのに対し、ソフトバンクエアーは最大2.1Gbpsしかありません。

4G通信も、ドコモhome5Gのほうが圧倒的に速いです。home5Gは最大1.7Gbpsなのに対し、ソフトバンクエアーは最大838Mbpsしかありません。

また、平均速度もhome5Gのほうが優秀です。home5Gが145Mbps、ソフトバンクエアーが45Mbpsなので、3倍以上の差があります。

対応エリアはどちらも全国

どちらのサービスも日本全国ほとんどの地域で利用可能です。

ドコモhome5Gはドコモの通信エリア、ソフトバンクエアーはソフトバンクの通信エリア内なら利用できるからです。

キャンペーン内容はドコモhome5Gのほうがお得

キャンペーン内容はドコモhome5Gのほうがお得です。

以下で、それぞれのキャンペーン内容をまとめてみました。

ドコモhome5Gのキャンペーン

  • ・18,000円分の還元

ソフトバンクエアーのキャンペーン

  • ・24ヶ月間の月額割引
  • ・端末購入代金が実質無料

ドコモhome5Gでは、18,000円分の還元を実施しています。余計なオプション加入も不要で、申し込めば誰でも受け取れるのが魅力です。

ソフトバンクエアーの月額割引もお得に見えますが、Airターミナル5を契約した場合は対象外になります。

Airターミナル5を契約できるのは5G対応エリア内の人だけ

最新のAirターミナル5を契約できるのは、契約時点で5G対応エリア内に住んでいる人だけです。5Gエリア外の場合、旧端末しか選択できません。

以下、契約できる端末について、5Gの対応状況別に整理したので参考にしてください。

契約時点での
5G対応状況
Airターミナル5 Airターミナル4
Airターミナル4NEXT
対応済 ×
未対応だが
対応予定あり
×
未対応
(予定なし)
×

今後5Gに対応予定の地域でも、契約時点で未対応なら旧端末を契約する必要があります。

料金が同じで高性能なAirターミナル5を契約したいところですが、入手するには5Gが普及するのを待つしかありません。

契約するならドコモhome5Gのほうが圧倒的におすすめ

結論として、ソフトバンクユーザーでも、ホームルーターを検討しているならドコモhome5Gが圧倒的におすすめです!

ソフトバンクエアーを遥かに凌駕する速度が出るうえに、月額料金も安いからです。更に、最低利用期間がないため、いつ解約しても違約金がかからないというメリットもあります。

home5Gの一番お得な申し込み窓口

home5Gの最もお得な申し込み窓口は、GMOとくとくBBです。18,000円分のAmazonギフト券がもらえます。

他の窓口と比較しても還元率が最も高く、メールで簡単に申請できます。

\当サイト限定!誰でも18,000円分還元!/

申し込み窓口の比較

GMOとくとくBB Wiz ITX
還元額 18,000円分 15,000円 15,000円
受け取り期間 4ヶ月後 6ヶ月後 2ヶ月後
申請方法 メール メール 電話
\当サイト限定窓口からの申し込みが高還元!/

月額料金はドコモhome5Gのほうが安い

電卓を持った女の子のイラスト

毎月の料金はドコモhome5Gのほうが安いです。実際の金額を下表に整理してみました。

月額料金
home5G 4,950円
ソフトバンクエアー
(4G/5G共通)
5,368円

ホームルーターは、光回線のようにプロバイダ料が別途かかりません。上述の金額だけを支払います。

ソフトバンクエアーは24ヶ月間割引で安くなる

ソフトバンクエアーの月額料金は5,368円ですが、Airターミナル4NEXTを新規契約するなら「SoftBank Airスタート割」という割引を適用できます。

スタート割とは、25ヶ月間限定で毎月の料金が1,188円割引されるサービスです。

月額料金
1ヶ月目~24ヶ月目 4,180円
25ヶ月目以降 5,368円

割引の適用条件は、新規契約時にAirターミナル4NEXTを購入することです。

最新のAirターミナル5を契約した場合、割引は適用されません。

どちらもセット割でスマホの料金が最大1,100円安くなる

どちらのサービスも、対応したスマホキャリアを利用していれば、スマホの料金を安くできる「セット割」が適用できます。

2つのサービスの特徴を下表にまとめたので、ぜひ参考にしてください!

ソフトバンクエアー ドコモ
home5G
サービス
名称
おうち割光セット home5Gセット割
対象 ソフトバンク
回線の利用料
ドコモ回線の利用料
割引額 最大
-1,100円
最大
-1,100円
割引上限数 10回線 20回線
割引範囲 離れて住んでいる
家族も対象
離れて住んでいる
家族も対象
申し込み 必要 不要

サービス内容を比較してみると、home5Gの割引のほうが、割引の上限数や申し込み不要で利用できるといった点で優れています。

ドコモhome5Gはドコモスマホが安くなる

ドコモユーザーがドコモhome5Gを契約するとドコモスマホが安くなる

home5gは、ドコモスマホとのセット割が適用できます。

割引額は契約しているスマホのプランによって以下のように変わります。

割引額
5Gギガホプレミア -1,100円
ギガホプレミア
5Gギガホ(受付終了)
ギガホ(受付終了)
ギガライト(3GB以上)
ギガライト(~3GB) -550円
ギガライト(~1GB) 割引なし
ahamo

一部のプランは割引対象にならないので、プラン変更して割引を受けたほうがお得になる可能性があります。また、旧プランである「シェアパック」には適用されません。

割引の適用条件は、home5Gとドコモスマホの契約者名義が同一であることです。

ソフトバンクエアーはソフトバンクのスマホが安くなる

ソフトバンクユーザーがソフトバンクエアーを契約するとスマホ料金が安くなる

ソフトバンクエアーは、ソフトバンクスマホとのセット割が適用できます。

割引額は契約しているスマホのプランによって以下のように変わります。

割引額
データプラン
メリハリ
-1,100円
データプラン
ミニフィット
LINEMO 対象外

おうち割光セットの適用条件は、ソフトバンクエアーとソフトバンクスマホを同一名義で契約し、割引適用の手続きをすることです。

おうち割光セットについては、以下の記事で詳しく解説しています。割引対象のプランや適用条件の詳細を知りたい場合は、ぜひ参考にしてください。

関連記事

▶おうち割光セットの割引額や適用条件に関する詳しい解説

回線速度はドコモhome5Gのほうが速い

2つのサービスを比較すると、回線速度はドコモhome5Gのほうが速いです。両社のスペックを示す最大速度を下表で比べてみました。

最大速度
(下り)
最大速度
(上り)
home5G 5G:4.2Gbps
4G:1.7Gbps
5G:218Mbps
4G:131Mbps
Airターミナル5 5G:2.1Gbps
4G:838Mbps
5G:非公開
4G:非公開
Airターミナル4
NEXT
5G:非対応
4G:612Mbps
5G:非対応
4G:非公開

比べてみると、ドコモhome5Gのほうが一目瞭然で速いことが分かります。下りの速度を比較した場合、5Gと4G共に2倍ほど速いです。

ただし、上記の速度は理論上の数値であって、実際の回線速度はもっと遅くなります。

一般家庭に提供されるネット回線は、すべて「ベストエフォート型」といわれており、最大速度が実際に出ることはないからです。

ベストエフォート型とは
ベストエフォート型とは、上限の回線速度を提供するように「最大限に努力する」というインターネット回線のスタイルを表したものです。表記されている最大速度はあくまで理論上の速さなので、実際はもっと遅いです。 現在、個人向けのインターネット回線業者は、すべてベストエフォート型です。
藤本さん 藤本
回線速度の速さが気になるなら、次に紹介する「平均速度」にも注目することが重要です!

平均速度もhome5Gのほうが速い

実際に利用しているユーザーの平均速度もhome5Gのほうが速いです。

参考までに、ユーザーの実際の回線速度を収集している「みんなのネット回線速度」というサイトの情報をまとめてみました。

(2022年4月11  日時点で掲載されている数値を記載しています)

平均速度
(下り)
平均速度
(上り)
ドコモ
home5G
189Mbps 21Mbps
Airターミナル5 82Mbps 7.6Mbps
Airターミナル4
NEXT
45Mbps 5.8Mbps

比べてみると、上り下り共に、home5Gのほうが速いことが分かります。

一般的に、下りで100Mbps以上の速度があれば、どのような用途でも快適にネットが利用できると言われています。

home5Gの平均速度は145Mbpsもあるので、高画質の動画を視聴しても「遅い」とストレスを感じる可能性は低いでしょう。

快適な回線速度の目安

快適な回線速度の目安は「ネットで何をするか?」によって異なります。下表では「Googleのヘルプページ」を参考に、目的ごとに必要な回線速度の目安を紹介します。

何をするか 必要な回線速度
LINEやSNS 1Mbps
Webサイトの閲覧 3Mbps
YouTubeなどの動画を1本再生 5~10Mbps
複数のYouTube動画を同時再生 10~30Mbps
同時に複数端末でHD動画を再生 30~50Mbps
オンラインゲームやビデオ会議 50Mbps以上
4K動画再生や対人オンラインゲーム(FPSなど) 100Mbps以上

「LINEでメッセージを送る」「Webサイトを閲覧する」「YouTube動画を視聴する」といった、日常的なネットの使い方では100Mbpsもあれば十分な速度です。

ドコモhome5Gの回線速度に関する評判

Twitter上にある、ドコモhome5Gの回線速度に関する口コミや評判は、以下の通りです。

「300~400Mbpsで速度が安定している」「4Gのエリアでも快適」という好意的なコメントが多かったです。

ソフトバンクエアーの回線速度に関する評判

ソフトバンクエアーの回線速度に関する評判はかなり悪いです。

「2桁Mbps出たら喜ぶレベル」「5Mbps以下」といったように、辛口な評価をしているユーザーが数多く見受けられました。

藤本さん 藤本
回線速度の速さに関しては、ドコモhome5Gの圧勝です。光回線にも引けを取らない速度が出るので、ホームルーターで速度を重視するなら絶対におすすめです!

対応エリアはどちらも全国

日本地図

ドコモhome5Gとソフトバンクエアーは、どちらも全国ほとんどの地域で利用可能です。それぞれ、ドコモとソフトバンクの通信エリア内で利用できるからです。

大手携帯キャリアの通信網は、人口の99%をカバーしていると言われています。一部の山間部を除き、あらゆる場所で利用できます。

関連記事

▶ドコモhome5Gの対応エリアの確認方法

ソフトバンクエアーには4GLTEと同じ速度しか出ない5Gエリアがある

ソフトバンクエアーには、見かけ上は5G通信と表示されるものの、実際には4GLTEと同じ速度しか出ない5Gエリアが存在します。

事情を知るユーザーからは「なんちゃって5G」と呼ばれています。

見せかけの5Gエリアに該当している場合、5G本来の高速通信は利用できません。少しでも快適なネット環境を用意したい場合は、ドコモhome5Gがおすすめです。

キャンペーンはhome5Gのほうが充実

キャッシュバックがもらえて嬉しい女性のイラスト

キャンペーン内容はドコモhome5Gのほうが充実しています。端末代金が実質無料になるだけでなく、無条件で18,000円分の還元がもらえるからです。

それぞれのキャンペーン内容について、以下に整理してみました。

ドコモhome5Gのキャンペーン

  • ・18,000円分の還元

ソフトバンクエアーのキャンペーン

  • ・24ヶ月間の月額割引
  • ・端末購入代金が実質無料

ドコモhome5Gでは、18,000円のキャッシュバックを実施しています。余計なオプション加入も不要で、申し込めば誰でも受け取れます。

ソフトバンクエアーでは、月額料金の割引を受けられます。しかし、5G対応の最新機種「Airターミナル5」は割引対象外です。

また、24ヶ月以内に解約してしまうと特典が全額もらえません。例えば、契約してから1年後に解約した場合、特典総額は14,256円(1,188円×12ヶ月)まで減少します。

\当サイト限定!誰でも18,000円分還元!/

どちらも月間のデータ通信量は無制限

「通信制限はあるの?」と疑問に思う人のイラスト

ドコモhome5G、ソフトバンクエアー共に月間のデータ通信量の制限がないです。毎月どれだけ使っても速度が遅くならないので、データ量を気にしなくていいです。

ただし、どちらも一定の条件を満たすと速度が制限される可能性があります。以下、各サービスの詳細条件について解説するので、ぜひ参考にしてください。

home5Gは3日間で大量のデータ通信をすると速度制限される可能性がある

ドコモhome5Gの場合、直近3日間で大量のデータ通信をすると速度が制限される可能性があります。

ドコモの公式サイトには「当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、通信が遅くなることがある」と記載されています。

ただし、明確なデータ量の上限は公表されていないです。

また、上記条件を満たした場合でも、必ずしも制限の対象になるわけではありません。

Twitter上には4日で1TB(1,000GB)の通信をしても速度制限されなかったという投稿が確認できます。

通信制限は、回線全体の速度が低下しないようにするための措置です。一人の通信があまりにも多いと、回線を圧迫して他の利用者全員の速度が遅くなるからです。

制限されない理由は、まだ利用者が少なく、回線にも余裕があるからだと考えられます。

しかし、home5Gの利用者が今後増えれば、非日常的な大容量通信は速度制限される可能性があります。

藤本さん 藤本

Twitterに投稿されている口コミは、通信制限されないというものが大半を占めています。

とはいえ発売されて日が浅いので、今後通信制限される可能性があることは把握しておきましょう。

ソフトバンクエアーは通信量が多い時間帯に速度制限が実施される可能性がある

ソフトバンクエアーは、通信量が多い時間帯やエリアを対象にした速度制限が実施される可能性があります。

公式サイト上に「利用者が集中する時間帯」や「回線の負荷が高くなった特定のエリア」に対して、一時的な制限をかける場合があると記載されているからです。

参考までに「みんなのネット回線速度」に掲載されている、ソフトバンクエアーの時間帯別の平均速度をまとめました。

平均速度
(下り)
86.0Mbps
64.0Mbps
夕方 21.5Mbps
15.3Mbps
深夜 55.9Mbps

比べてみると、夕方と夜の速度が明らかに遅くなっていることが分かります。

また、Twitter上にも速度制限に関する口コミが数多く投稿されています。


ソフトバンクエアーなら、速度制限の対象になったかどうか公式サイトで確認できます。

もし、急に速度が低下した場合は問い合わせてみましょう!

藤本さん 藤本
速度制限されると絶対に困るなら、光回線のほうがおすすめです。固定回線なので、電波で通信するホームルーターと違って厳しい速度制限をされる心配がありません。
光回線選びで迷っているなら
選んでおけば間違いないおすすめの光回線8選
最もお得な光回線の選び方!絶対に後悔しないためのポイントを解説
記事を読む
光回線選びで迷っているなら
選んでおけば間違いないおすすめの光回線8選
最もお得な光回線の選び方!絶対に後悔しないためのポイントを解説
記事を読む

端末はどちらも実質無料で購入できる

ドコモhome5Gとソフトバンクエアーの端末は実質無料で購入できる

ドコモhome5Gとソフトバンクエアーは、どちらも専用端末を実質無料で購入できます。

ホームルーター本体の代金は、通常ならドコモhome5Gが39,600円、ソフトバンクエアーが71,280円かかります。

しかし、両者が実施している割引キャンペーンを適用すれば、端末の分割代金と同額の割引が毎月発生するため、実質無料になります。

ホームルーター本体の性能比較

ドコモhome5Gの「HR01」とソフトバンクエアーの「Airターミナル5」「Airターミナル4NEXT」の性能を比較してみました。

ドコモ
HR01
ソフトバンクエアー
Airターミナル5
ソフトバンクエアー
Airターミナル4
NEXT
販売価格 39,600円 71,280円 59,600円
製造メーカー シャープ OPPO 日本裕展
貿易株式会社
Wi-Fi
対応規格
IEEE802.11a
IEEE802.11b
IEEE802.11g
IEEE802.11n(Wi-Fi4)
IEEE802.11ac(Wi-Fi5)
IEEE802.11ax(Wi-Fi6)
2.4GHz帯 / 5GHz帯対応
有線接続
対応規格
IEEE802.3ab
(1000BASE-T)
IEEE802.3u
(100BASE-TX)
1000BASE-T
100BASE-T
10BASE-T
IEEE802.3ab
(1000BASE-T)
IEEE802.3u
(100BASE-TX)
IEEE802.3i
(10BASE-T)
同時接続台数 計65台
Wi-Fi : 64台
有線LAN : 1台
計130台
Wi-Fi : 128台
有線LAN : 2台
計130台
Wi-Fi : 128台
有線LAN : 2台
電源 100-120V
50 / 60Hz
不明 100-240V
50 / 60Hz
最大消費電力 22W 36W 24W
サイズ 約170(H)
×
約95(W)
×
約95(D) mm
約225(H)
×
約103(W)
×
約103(D) mm
約225(H)
×
約103(W)
×
約103(D) mm
重量 約720g 約1,086g 約715g
本体付属品 ACアダプタ
LANケーブル
不明 ACアダプタ
LANケーブル
ドコモ
HR01
ソフトバンクエアー
Airターミナル5
ソフトバンクエアー
Airターミナル4
NEXT
販売価格 39,600円 71,280円 59,600円
製造メーカー シャープ OPPO 日本裕展
貿易株式会社
Wi-Fi
対応規格
IEEE802.11a
IEEE802.11b
IEEE802.11g
IEEE802.11n(Wi-Fi4)
IEEE802.11ac(Wi-Fi5)
IEEE802.11ax(Wi-Fi6)
2.4GHz帯 / 5GHz帯対応
IEEE802.11a
IEEE802.11b
IEEE802.11g
IEEE802.11n(Wi-Fi4)
IEEE802.11ac(Wi-Fi5)
IEEE802.11ax(Wi-Fi6)
2.4GHz帯 / 5GHz帯対応
IEEE802.11a
IEEE802.11b
IEEE802.11g
IEEE802.11n(Wi-Fi4)
IEEE802.11ac(Wi-Fi5)
IEEE802.11ax(Wi-Fi6)
2.4GHz帯 / 5GHz帯対応
有線接続
対応規格
IEEE802.3ab
(1000BASE-T)
IEEE802.3u
(100BASE-TX)
1000BASE-T
100BASE-T
10BASE-T
IEEE802.3ab
(1000BASE-T)
IEEE802.3u
(100BASE-TX)
IEEE802.3i
(10BASE-T)
同時接続台数 計65台
Wi-Fi : 64台
有線LAN : 1台
計130台
Wi-Fi : 128台
有線LAN : 2台
計130台
Wi-Fi : 128台
有線LAN : 2台
電源 100-120V
50 / 60Hz
不明 100-240V
50 / 60Hz
最大消費電力 22W 36W 24W
サイズ 約170(H)
×
約95(W)
×
約95(D) mm
約225(H)
×
約103(W)
×
約103(D) mm
約225(H)
×
約103(W)
×
約103(D) mm
重量 約720g 約1,086g 約715g
本体付属品 ACアダプタ
LANケーブル
不明 ACアダプタ
LANケーブル

どちらも分割払いの途中で解約すると端末代の残債が一括請求される

注意点として、分割払いが終わる前にサービスを解約した場合、端末代の残債が一括で請求されます。解約した時点で割引が受けられなくなるからです。

参考までに、各サービスの利用年数ごとの残債をまとめてみました。

home5G ソフトバンク
エアー
(Airターミナル5)
1年目
(12ヵ月目)
26,400円 47,520円
2年目
(24ヵ月目)
13,200円 23,760円
3年目
(36ヵ月目)
完済 完済

3年以内に解約する可能性がある場合は、残債の状況をしっかりと把握しておきましょう。

ドコモhome5Gは契約期間の縛りがないのもメリット

home5Gには契約期間の縛りや違約金がない

ドコモhome5Gには、スマホや光回線によくある契約期間の縛りがないというメリットもあります。一般的に、2年や3年の最低利用期間が設けられていることが多いです。

最低利用期間とは、一定期間契約を継続する取り決めのことで、所定の期間外に解約すると違約金が請求される仕組みです。違約金は高額で10,000円以上請求されることがあります。

しかし、ドコモhome5Gはいつ解約しても違約金の支払いが発生しません。

ソフトバンクエアーは契約する端末によって契約期間の有無が変わる

ソフトバンクエアーは、契約する端末によって契約期間の有無が決定します。以下、端末ごとの契約内容の違いを整理したので参考にしてください。

契約期間 違約金
Airターミナル5 なし なし
Airターミナル4
NEXT
2年 10,450円

Airターミナル5なら、契約期間の縛りは一切ありません。

一方で、Airターミナル4NEXTの場合は2年間の縛りが設けられます。また、2年以内の解約で違約金10,450円が請求されてしまいます。

ドコモhome5Gとソフトバンクエアーの比較まとめ

メモ帳を持った女の子のイラスト

2つのサービスを比較した結果、ホームルーターを契約するならドコモhome5Gが圧倒的におすすめです。

月額料金、回線速度、キャンペーンといった、ほとんどの点でドコモhome5Gのほうが優れているからです。

ドコモhome5Gが優れている点

  • 回線速度が速い
  • ・月額料金が安い
  • ・契約期間の縛りが一切ない
  • ・無条件で18,000円分還元

ソフトバンクエアーを契約しても、回線速度が遅くて満足にインターネットが使えない可能性があります。

ホームルーターはドコモhome5Gかモバレコエアーがおすすめ

home5GのルーターHR01とソフトバンクエアーのairターミナル4 nextのイラスト

ホームルーターを検討していて、なるべく通信速度が速さを優先したいならドコモのhome5Gがおすすめです。

また、月額料金の安さを重視したい人にはモバレコエアーがおすすめです。

ドコモのhome5Gがおすすめな人
  • 速度が速くて快適な通信環境を整えたい
  • ドコモのスマホを使っている
  • ・利用場所がドコモの5Gエリア
  • ・3日の通信制限が厳しくないサービスが良い
モバレコエアーがおすすめな人
  • ホームルーターをとにかく安く利用したい
  • ソフトバンクのスマホを利用している
  • ・利用場所がドコモの5Gエリア外
  • ・ソフトバンクエアーを検討している

モバレコエアーとは、ソフトバンクエアーとメールマガジンがセットになったサービスです。名称こそ違いますが、ソフトバンクエアーを格安で使えます。

下記の表は、各社が提供しているホームルーターサービスをまとめて比較したものです。通信速度ならhome5G、料金の安さならモバレコエアーがおすすめということがわかります。

ドコモ
home5G
モバレコエアー
(4G)
ソフトバンク
エアー(4G)
au
ホームルーター5G
月額料金 4,950円 1~2ヶ月目2,167円
3~24ヶ月目3,679円
5,368円 5,170円
最大速度 4.2Gbps 612Mbps 2.7Gbps
平均速度 151Mbps 45Mbps 28Mbps
速度制限
の条件
あり あり あり
直近3日以内に
15GBの通信
還元 18,000円分 26,580円 なし なし
セット割
対象キャリア
ドコモ
最大-1,100円
ソフトバンク
最大-1,100円
au
最大-1,100円
5G対応 対応 非対応 対応
契約期間 なし 2年 なし
一番お得な
キャンペーン窓口
GMOとくとくBB 公式サイト - -
ドコモ
home5G
モバレコエアー
(4G)
ソフトバンク
エアー(4G)
au
ホームルーター
5G
月額料金 4,950円 1~2ヶ月目
2,167円
3~24ヶ月目
3,679円
5,368円 5,170円
最大速度 4.2Gbps 612Mbps 2.7Gbps
平均速度 151Mbps 45Mbps 28Mbps
速度制限
の条件
あり あり あり
直近3日以内に
15GBの通信
キャッシュ
バック
15,000円 26,580円 なし なし
セット割
対象キャリア
ドコモ
最大-1,100円
ソフトバンク
最大-1,100円
au
最大-1,100円
5G対応 対応 非対応 対応
契約期間 なし 2年 なし
一番お得な
キャンペーン窓口
GMOとくとくBB 公式サイト - -

ドコモhome5Gとモバレコエアーの2つはどちらを選んでも、一番お得な窓口から申し込むと高額キャッシュバックが受けられます。

快適な通信環境を整えたいなら5G対応のドコモhome5Gがおすすめ

ドコモhome5Gロゴマーク

快適にインターネットを利用したいなら、5Gの高速通信に対応しているドコモhome5Gがおすすめです。

月額料金 4,950円
最大通信速度 下り:4.2Gbps
上り:218Mbps
平均速度 151Mbps
月間データ容量 無制限
端末代金(HR01) 39,600円
(オープン価格)
契約事務手数料 3,300円
セット割対象 ドコモ
(最大-1,100円)
最低利用期間 なし
違約金 なし
提供エリア 全国
(5G対応は一部エリア)
一番お得な
キャンペーンサイト
18,000円分還元!
▶こちらをタップ

home5Gは日本全国のほとんどの場所で利用できます。ドコモのスマホと同じ電波を使っているからです。

ドコモの5G対応エリア内なら高速通信が可能です。もちろん、従来の通信方式である4G/LTEエリアでも使えます。

\当サイト限定!誰でも18,000円分還元!/

home5Gとドコモのスマホを利用するとスマホ料金が毎月1,100円割引される

home5Gは、ドコモのスマホを使っているとセット割を受けられます。割引額は1回線あたり月550~1,100円で、スマホのプランによって異なります。

「5Gギガホプレミア」「ギガホプレミア」といったオーソドックスな契約の場合は1,100円割引です。

また、同居・非同居に関わらず家族のドコモ契約も割引対象です。一人暮らしや単身赴任、スマホとタブレットの複数台持ちをしている人は、割引額が大きくなります。

端末代金はキャンペーンで実質無料になる

ドコモのhome5Gはキャンペーンの「月々サポート」を適用するとホームルーター本体代金が実質無料になります。

「月々サポート」は36ヶ月間にわたって、端末の分割払いの請求額と同じ1,100円が割引される制度です。36ヶ月間使うことで、購入費をゼロ円にできます。

月額利用料 4,950円
本体代金(36回分割時) 1,100円
月々サポート -1,100円
毎月の費用 4,950円

毎月の支払いは月額利用料の4,950円だけで済みます。

home5Gの一番お得な申し込み窓口

home5Gの最もお得な申し込み窓口は、GMOとくとくBBです。18,000円分のAmazonギフト券がもらえます。

他の窓口と比較しても還元率が最も高く、メールで簡単に申請できます。

\当サイト限定!誰でも18,000円分還元!/

申し込み窓口の比較

GMOとくとくBB Wiz ITX
還元額 18,000円分 15,000円 15,000円
受け取り期間 4ヶ月後 6ヶ月後 2ヶ月後
申請方法 メール メール 電話
\当サイト限定窓口からの申し込みが高還元!/

お得にホームルーターを使いたいならモバレコエアーが一番おすすめ

ホームルーターサービス モバレコエアー

とにかくお得にホームルーターを使いたいならモバレコエアーが一番おすすめです。モバレコエアーなら、ソフトバンクエアーを独自キャンペーンで安く利用できます。

ソフトバンクスマホとのセット割にも対応しています。

月額料金 1~2ヶ月目:2,167円
3~24ヶ月目:3,679円
25ヶ月目~:5,368円
最大通信速度 下り:612Mbps
上り:非公開
平均速度 44Mbps
月間データ容量 無制限
(夜間混雑時に通信制限あり)
端末代金
(Airターミナル4 NEXT)
59,400円
(オープン価格)
契約事務手数料 3,300円
セット割対象 ソフトバンク
(最大-1,100円)
契約期間 2年
(自動更新)
違約金 10,450円
提供エリア 全国
5G通信対応 非対応
一番お得な
キャンペーンサイト
・総額43,560円の月額割引
・26,580円キャッシュバック

・59,400円の端末代実質無料
▶こちらをタップ

利用できる端末は「Airターミナル4 NEXT」で、ソフトバンクエアーとまったく同じインターネットサービスを利用できます。

またモバレコエアーはソフトバンクエアーより圧倒的に安いです。モバレコが独自に実施している割引とキャッシュバックがとても豪華だからです。

モバレコエアーとソフトバンクエアーの比較

モバレコエアーはソフトバンクエアーより3年間で38,328円もお得です。キャンペーンで、24ヶ月間適用される大幅割引とキャッシュバックがあるからです。

下表でモバレコエアーとソフトバンクエアーの料金や速度を比較しました。同じサービスですが、明らかにモバレコエアーのほうがお得とわかります。

モバレコエアー
(Airターミナル4 NEXT)
ソフトバンクエアー
(Airターミナル4 NEXT)
3年間総額 126,408円 164,736円
月額料金 5,368円
スタート割
プラス
なし 1~24ヶ月目 -1,188円
(28,512円割引)
モバレコ
独自割引
1~2ヶ月
-3,201円
3~24ヶ月
-1,689円
(43,560円割引)
割引なし
モバレコ独自
キャッシュ
バック
26,580円
キャッシュバック
なし
最大通信速度 下り:612Mbps
上り:非公開
平均速度 44Mbps
月間
データ容量
無制限
(夜間混雑時に通信制限あり)
端末代金 59,400円
(36ヶ月割引で実質0円)
事務手数料 3,300円

キャンペーンは、モバレコエアーのサイトから申し込むだけで適用できます。

ソフトバンクエアーの独自キャンペーンで、割引とキャッシュバックがこれほど豪華なところはほかにありません。

\43,560円割引+26,580円キャッシュバック!/

ソフトバンクのスマホ料金が毎月1,100円割引される

モバレコエアーは、ソフトバンクエアー同様にソフトバンクユーザーならスマホセット割を受けられます。割引額は1契約で月550~1,100円です。スマホのプランによって異なります。

「データプラン・メリハリ」「データプラン・ミニフィット」「データ定額5GB/20B/50GB」といったプランなら1,100円割引です。

「データ定額ミニ」や「パケットし放題フラット for 4G LTE」などの少し前の料金プランでは、550円割引です。

また、同居している家族のソフトバンク契約や、スマホとタブレットの複数台持ちをしていると割引額が大きいです。

乗り換え費用を10万円まで負担してくれる

モバレコエアーに乗り換えると最大10万円まで解約費用を負担してもらえる

モバレコエアーは、他社の解約にかかった費用を還元してくれる「あんしん乗り換えキャンペーン」を実施しています。

他社の解約で発生した違約金や撤去工事費を、最大10万円キャッシュバックしてくれます。解約費用が10万円を超えることは、ほとんどないので、自己負担なしで乗り換えられます。

ホームルーターやモバイル回線からの乗り換え費用負担額は最大42,000円までです。

下表で還元対象になる費用をまとめました。ほとんどの解約費用は補助対象です。

あんしん乗り換えキャンペーン対象になるもの

  • ・回線の違約金(モバイルWi-Fiも含む)
  • ・プロバイダの違約金
  • ・回線・電話撤去工事費
  • ・フレッツ光以外の開通工事費の残債
  • ・モバイルWiFi端末の割賦残債
  • ・事業者変更承諾番号発行手数料
  • ・アナログ電話復活工事費

モバレコエアーはオプション加入不要でキャンペーンを受けられます。ほかの代理店は、ほぼオプション契約が必須です。

ソフトバンクユーザー、もしくはホームルーターをお得に使いたい人は、大幅割引・高額キャッシュバックで格安になるモバレコエアーを活用しましょう!

\43,560円割引+26,580円キャッシュバック!/

快適にネットを使いたい人はホームルーターよりも光回線がおすすめ

光回線は上りの速度も速い

快適にインターネットを使いたい人はホームルーターよりも光回線がおすすめです。

home5Gも、ホームルーター5Gも「5G」という新しい通信技術を採用し、従来までのホームルーターと比べて速い速度が期待できます。

しかし、速度にこだわるなら光回線の方が断然速いです。以下、光回線のおすすめ理由をまとめました。

上記理由について、個別に解説していきます。

回線速度が安定している
光回線は光ファイバーでネットに接続するサービス

光回線は、携帯の電波を使うホームルーターより回線速度が安定しています。自宅に直接光ケーブルを引き込んでネットに繋げるためです。

ドコモhome5Gやauホームルーター5Gのように、設置する場所や立地条件によって、ネットに繋がりにくくなることはありません。

上りの回線速度も速い
光回線は、上りの回線速度がホームルーターよりも圧倒的に速いです。下り・上りともに1Gbpsのサービスがほとんどです。

以下、主要な光回線の平均速度をまとめたので参考にしてください。

平均速度
(下り)
平均速度
(上り)
NURO光 478Mbps 413Mbps
auひかり 375Mbps 268Mbps
ソフトバンク光 299Mbps 192Mbps
ドコモ光 243Mbps 185Mbps

光回線なら、上下共に200Mbps以上出ることが多いです。

一方、ホームルーターで上りの速度が100Mbps以上出ることはまずありません。

オンラインゲームや動画配信、テレワークをするなら光回線のほうが適しています。

通信制限がない
光回線には通信制限が一切ありません。1日にどれだけ通信したとしても、速度が遅くなることはありません。

そのため、通信量を気にすることなく、高画質な動画やゲームを楽しむことができます。

最大速度が5Gbps以上のプランがある
光回線には、最大速度が5Gbpsや10Gbpsの高速通信プランがあります。ホームルーターは、ドコモhome5Gの4.7Gbpsが最速です。

回線速度の速さや安定性をとにかく重視するなら、光回線の5ギガや10ギガプランを検討しましょう。

私たちが厳選する優良光回線

3人家族でスマホセット割を適用した場合の2年間の割引額

現在、100社以上ある光回線の中で私たちがおすすめするのはドコモ光・ソフトバンク光・auひかり・楽天ひかり・GMOとくとくBB光の5社です。

お使いのスマホキャリアにあった光回線を選ぶことでスマホ料金が1台あたり1,100円安くなります。例えば、家族3人で同じキャリアなら毎月3,300円、2年間で約8万円の割引です!

また、楽天ひかりは楽天モバイルと組み合わせれば光回線の料金が1年間無料になります。

光回線 おすすめ理由
ドコモ光 ドコモユーザーにとって最安の光回線
無条件で2万円が貰える(当サイト限定)
ドコモのセット割に唯一対応している
開通までモバイルWi-Fiが無料で使える6月30日までの限定キャンペーン実施中 一番お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光 ソフトバンクなら最安クラスの光回線
無条件で37,000円のキャッシュバック
ワイモバイルの料金も安くなる 一番お得なキャンペーン窓口
auひかり auユーザーなら最安クラスの光回線
最大52,000円のキャッシュバック最大7.6万円がもらえる
独自回線なので通信品質がとても良い 一番お得なキャンペーン窓口
楽天ひかり 楽天モバイルユーザーなら最安の光回線
スマホと同時利用で1年間無料になる
楽天市場のポイント還元率が1%UPする
4月5日までの限定キャンペーン実施中 一番お得なキャンペーン窓口
GMOとくとくBB光 格安スマホなら最安クラスの光回線
月額基本料が相場より約1,000円安い
高性能WiFiルーターが無料レンタル可能 一番お得なキャンペーン窓口

上記5社は大手企業が運営しているため、回線速度やサポート体制、キャッシュバック特典なども充実しています!

ドコモユーザーならドコモ光が最も安い

ドコモ光

ドコモ光は、ドコモのスマホを使っているすべての人におすすめの光回線です。

ドコモの携帯料金が安くなる唯一の光回線なので、ドコモユーザーなら他のどのサービスよりも料金を抑えられます!

また、業界No.1のシェアを誇り、みんなに選ばれている人気の光回線でもあります。料金が安いだけでなく、速度やキャンペーン、サポートといった全ての面で優秀です。

ヒカリク限定特典!
\オプション不要で20,000円キャッシュバック!/
6月30日までの限定キャンペーン実施中!
\抽選で200名にAmazonギフト5千円分が当たる/
GMOとくとくBBはこちら

回線速度がダントツに良いのはNURO光

光回線 NURO光

快適なネット環境が欲しいならNURO光が断トツでおすすめです!最大回線速度は2Gbpsで、平均速度も459Mbpsと速いです!

YouTubeや映画配信を頻繁に見る人、オンラインゲームを遊びたい人、リモートワークでデータのやり取りが多い人には、とくにおすすめの光回線です。

公式のキャンペーンページから申し込むと45,000円のキャッシュバックをもらえるのも大きな魅力です。

\オプション不要!45,000円キャッシュバック!/

ホームルーターの記事

  • 光回線の評判口コミ