お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

17万円の家賃目安や貯金額はいくら?一人暮らしはきつい?

手取り17万円の家賃のイメージイラスト

手取り17万円の家賃目安はいくら?一人暮らしはきつい?という疑問を解決します!

生活費の実例や家賃が抑えられるお部屋の探し方、節約方法も合わせて紹介するので是非参考にしてください。

この記事の内容は、ファイナンシャル・プランナーの岩井さんに監修していただきました。

監修 岩井 勇太
ファイナンシャル・プランナー
宅地建物取引士

日本FP協会認定のFP。お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。

手取り17万円の人は家賃5.6万円までにすべき

手取り17万円の家賃目安は約5.6万円です。5.6万円を超えると生活が圧迫され、支払いに苦労します。

5.6万円には管理費(共益費)が含まれます。管理費も家賃と一緒に毎月払うお金です。全て含んだ「総家賃」で考えないと予算オーバーになるので注意してください。

家賃目安は一般的に「手取りの3分の1」と言われています。ただ、手取りが低い人が3分の1を目安にしてしまうと貯金や遊びに使うお金がなくなります。

人によってどこにお金をかけるかは違うので目安は参考程度にし、余裕を持って暮らせる金額のお部屋を選んでください。

ちなみに、手取りの4分の1以下であれば急な出費や収入が減ったとしても対応しやすいです。

岩井さんのアイコン 岩井
安い家賃のお部屋に引っ越すにもお金がかかりますし、短期で解約すると違約金がとられるケースもあります。無駄な費用が発生する可能性があるので、家賃は慎重に決めましょう。

家賃5.6万円で住めるお部屋の例

東京23区内で家賃5.6万円(管理費込み)で探すと、木造のアパートタイプの物件がメインです。エレベーターが付いているマンションタイプのお部屋は難しいです。

間取りはワンルームか1Kで、バス・トイレが一緒になっているタイプが多いです。家賃相場が安い足立区や葛飾区などであれば、バス・トイレ別の物件が見つかります。

埼玉や千葉など、都心から30~40分離れているエリアであればマンションタイプのお部屋も探せます。

手取り17万円で一人暮らしはきついと思っている人が多い

Twitterで手取り17万円で一人暮らしの経験がある人のツイートを見てみると「厳しい」「17万円が最低限のボーダー」など、きついと感じている人が多いです。

余裕のある生活を送るのは難しいと考えたほうが良いです。

家賃や初期費用が不安なら不動産屋に相談したほうが良い

家賃や初期費用など、お金に関する不安があるならプロに相談したほうが解決しやすいです。収入に合わせてお部屋を紹介してくれたり、費用の相談に乗ってくれます。

気軽に相談したいならネット上の不動産屋「イエプラ」がおすすめです。来店不要でチャットやLINEから相談可能です。FPの資格があるスタッフも在籍しています。

費用以外にも間取りや設備など、お部屋探しのことならなんでも相談に乗ってくれるので是非利用してみてください。

一人暮らしバナー

月収21万円の人が手取り17万円になる

手取り17万円になるのは、月収21万円もらっている人です。

厚生労働省が公表している「令和元年賃金構造基本統計調査」によると、20~24歳の平均月収が男性で約21.3万円、女性で20.8万円です。

月収はまるごともらえるわけではありません。税金や保険料などが差し引かれたものが実際に手元に入ってきます。これを「手取り」といいます。

以下で差し引かれる金額例を紹介します。

月収21万円の控除額と手取り額の例
厚生年金保険料 20,130円
健康保険料 10,824円
雇用保険料 630円
所得税(源泉徴収税額) 3,980円
住民税 7,292円
月の手取り額 167,144円

※東京都内の正規雇用会社員の例

前年度の給料や勤務先、住んでいる地域によって手取り金額は変わるので参考程度にお考えください。

手取り17万円で一人暮らししている人の生活費実例

手取り17万円で一人暮らししている人の生活費を紹介します。

標準の家賃目安で生活している人、目安よりも高い人、安い人の3パターン紹介するので参考にしてください。

標準の家賃5.6万円のお部屋に住んだ人の生活費例

手取り17万円で家賃5.6万円のお部屋に住んだ人の生活費の例です。

食費に約4万円かけています。基本的に自炊ですが、週に1回ほど安いチェーン店であれば外食しても問題ありません。

予備費として約2万円は残せるので、貯金や他の費用に充てる余裕があります。

家賃 56,000円
食費 40,000円
水道光熱費 10,000円
交際費・娯楽費 20,000円
スマホ・ネット代 8,000円
日用消耗品代 10,000円
交通費 3,000円
予備費・貯金 20,000円
合計 167,000円
女性のアイコン家賃5.6万円のアパートに住んでいます。木造なので防音性は皆無です。ほとんど家に居ないのでなんとか我慢できるレベルですが、早く収入を増やして引っ越したいですね…。スマホは格安SIMにして、家ではWi-Fi使ってます。贅沢はできないけど、それなりに暮らせています。(女性/20代前半)

家賃目安を標準以内に抑えれば、無理な節約をしなくても一人暮らしできます。もう少し余裕を持たせたいのであれば、自炊を徹底して食費を3万円ほどに抑えると良いでしょう。

目安より高い家賃7万円のお部屋に住んだ人の生活費例

手取り17万円で家賃7万円のお部屋に住んだ人の生活費の例です。家賃が生活費を圧迫しているため、予備費や貯金にまわせるお金がほとんどありません。

家賃 70,000円
食費 40,000円
水道光熱費 10,000円
交際費・娯楽費 20,000円
スマホ・ネット代 8,000円
日用消耗品代 10,000円
交通費 5,000円
予備費・貯金 7,000円
合計 170,000円
困り顔の女性のアイコン一人暮らしするならオートロック付きじゃないとダメ!って親に言われているので仕方なく家賃の高いマンションに住んでいます。支払いは問題ないですけど、ほとんど貯金ができないので将来が不安です。(女性/20代前半)

予備費として7千円ほどしか残らないため、結婚式のお呼ばれなどの冠婚葬祭や体調不良による病院代などの出費の対応が難しいです。

貯金を切り崩したり、借金をする必要が出てきてしまうので、目安よりも高い家賃のお部屋に住むのはおすすめできません。

目安より安い家賃4.5万円のお部屋に住んだ人の生活費例

手取り17万円で家賃4.5万円のお部屋に住んだ人の生活費の例です。家賃にかけるお金が少ないため、貯金もしっかりできています。

家賃 45,000円
食費 40,000円
水道光熱費 10,000円
交際費・娯楽費 20,000円
スマホ・ネット代 8,000円
日用消耗品代 10,000円
交通費 1,000円
予備費・貯金 36,000円
合計 170,000円
男性のアイコン帰って寝るだけなので、築年数や設備は気にせずとにかく安さ重視で選びました。家賃が安いので特に節約しなくても問題ないですね。毎月余ったお金は貯金して、1年に1回は旅行に行ってます。(男性/20代前半)

毎月の家賃が手取りの4分の1ほどなので、贅沢な生活でなければ無理な節約をしなくても貯金ができます。急な出費があっても予備費から補填ができるので、心にもゆとりが持てます。

マル秘イエプラバナー

家賃や生活費が抑えられるお部屋の探し方

家賃や生活費が抑えられるお部屋の選び方を5つ紹介します。これから探す人は、以下のポイントを抑えて探すと相場より安いお部屋が見つかりやすいです。

・家賃相場が低いエリアを狙う
・各駅停車の駅で探す
・アパートタイプの物件にする
・駅徒歩や築年数などの条件を緩和する
・都市ガスのお部屋を選ぶ

家賃相場が低いエリアを狙う

安い物件を探すには、家賃相場が低いエリアを狙うのが1番です。

東京23区であれば、練馬区・江戸川区・葛飾区・足立区などがおすすめです。都内にこだわりがなければ、埼玉や千葉方面も良いです。

各駅停車の駅で探す

各停列車しか停まらない駅は人気がないので、家賃相場が低いことが多いです。

特に主要駅から離れている各駅停車の駅は、主要駅と比べて1万円以上も相場が下がることがあるので狙い目です。

アパートタイプの物件にする

エレベーターやオートロックが付いているマンションタイプのお部屋は、家賃や管理費が高めに設定されています。共有部分の維持費にコストがかかるからです。

一方、2階建てのアパートタイプは共有部分が少ないので、家賃や管理費が抑えられます。

駅徒歩や築年数などの条件を緩和する

お部屋を探すときのこだわり条件をいくつか諦めるだけでも、安いお部屋は見つかります。

築年数が古くても、リノベーションやリフォームによってキレイなお部屋もあります。築年数にこだわらずに探してみると、安くて良いお部屋が見つかるので探してみてください。

5万円台の物件だとバス・トイレが一緒になっている「3点ユニットバス」のタイプが多いです。バス・トイレ別にこだわらなければ、選べるお部屋の幅が広がります。

▶3点ユニットバスについて詳しくはこちら

都市ガスのお部屋を選ぶ

プロパンガスではなく、都市ガスのお部屋を選びましょう。都市ガスは公共料金なので、金額が一定なうえ、急な値上がりはありません。

以下の表は、都市ガスとプロパンガスの料金の違いをまとめたものです。一人暮らしの人が平均的に使用する1ヶ月のガスの量(5㎥)で計算しています。

都市ガス プロパンガス
1㎥あたりの料金 314円 504円
5㎥使用した場合 1,570円 2,520円
基本料金 750円 1,574円
月額合計 2,320円 4,094円

都市ガスかプロパンガスかは物件ごとに決まっており、住んだ後に自分で変更するのは難しいです。お部屋探しの段階から都市ガスに絞って探すようにしましょう。

毎月の生活費を抑える方法

毎月の生活費を抑えるために、簡単にできる節約方法をいくつか紹介します。すべて実践すれば1~2万円の節約が期待できます。是非試してみてください。

  • ・電気代の安い会社を選ぶ
  • ・コスパの良い食材で自炊する
  • ・スマホを格安SIMに変更する
  • ・エアコンの温度を一定、長時間稼働させる
  • ・マイボトルを持ち歩く
  • ・美容室代はカットモデルになって浮かせる

電気代の安い会社を選ぶ

2016年4月1日から始まった電力自由化により、消費者が自由に電気代の安い会社が選べるようになりました。

電力会社によって、料金プランや割引キャンペーンがことなります。自分のライフスタイルに合った新電力に乗り換えるべきです。

一人暮らしの電力使用量では、1ヶ月あたり千円ほど節約になり年間1万円以上お得になることがあります。

電力会社比較ナビでは、電話で相談するだけで自分の生活に合った一番お得な会社を紹介してくれます。

以下のサイトから申し込むと最大1万円のキャッシュバック特典を受け取れます。開通工事も必要ないので、簡単に切り替えられます。

電力会社比較ナビのバナー

コスパの良い食材で自炊をする

コスパの良い食材で自炊をすれば、1食300円ほどに収められます。とくに使い勝手の良い、安い食材の一部をまとめました。

  • もやし:1袋10~20円
  • 豆腐:1パック20~30円
  • パスタ麺:1袋100~200円
  • 納豆:3パックセット50~150円
  • 鶏胸肉:100g70円
  • ひき肉:100g60円
  • キャベツ:半玉200円
  • じゃがいも:1個25~35円
  • 人参:1個35~45円
  • たまご:1パック100~200円

カレーやシチュー、お好み焼き、ハンバーグ、ポトフなどは、上記の食材メインで作れます。

格安SIMのスマホに変更する

格安SIMに乗り換え
大手の携帯会社だと利用料金は6千円以上かかりますが、格安SIMであれば3千円前後まで固定費を下げられます。

キャリアにこだわりがある人は、契約中のプランを見直して、電話代や通信料を安いものにすれば1~2千円は節約できます。

エアコンの温度を一定・長時間稼働させる

エアコンの温度を夏は26度、冬は20度に固定すれば、毎月2千円近くも電気代を節約できます。

1度設定温度を変更するだけで、13%も消費電力が増えると言われています。

また、つけたり消したりすると、起動させたときの消費電力が大きいので、長時間一定温度でつけっぱなしのほうが電気代を抑えられます。

マイボトルを持ち歩く

コンビニやカフェで飲み物を買うと高いので、家で作ったお茶をマイボトルで持ち歩くようにしましょう。

1本150円のペットボトルの飲み物を毎日買うとすると、1ヶ月あたり4千円以上必要です。

一方自分で淹れたお茶をマイボトルで持っていくと、1本あたり約14円なので1ヶ月約420円で済みます。

美容室代はカットモデルになって浮かせる

美容室やネイルサロンなどは、モデル(練習台)になると無料~格安で施術してもらえます。

アシスタントや見習いの人が担当するため、仕上がりにはバラツキがありますが費用を抑えたい人にはぴったりです。

モデルになるにはSNSでの募集から応募したり、カットモデル募集専用のアプリを使うのがおすすめです。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
来店不要でネット上にない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶
賃貸サイトランキング30社徹底比較!のアイコン
おすすめの物件検索サイト30社を徹底比較!
記事を読む ▶

一人暮らしするまでに必要な費用目安

費用について考える女の子
一人暮らしするまでに必要な費用目安は以下の通りです。家賃5.6万円なら最低45万円は準備しておきましょう。

賃貸の初期費用 家賃4.5ヶ月~5ヶ月分
引っ越し費用 約5~7万円
家具家電購入費 約10~15万円

賃貸の初期費用は、敷金・礼金や仲介手数料など、お部屋を借りる際に必要なお金で、一般的に家賃の4.5ヶ月~5ヶ月分と言われています。

引っ越し費用は、引っ越し業者の利用料や自分で引っ越した際のレンタカー代です。家具家電購入費は、新居に設置する家具や家電を新しく購入した際の費用です。

引っ越し業者は相見積もりで決める

引っ越し業者は「相見積もり」と言って、複数の業者から見積を貰もらい、比較して1番安いところを選ぶと良いです。

業者同士がお客を獲得するために価格競争をするので、正規の値段よりもかなり値下げしてもらいます。

また「A社は〇円だったので、同じくらいの金額でやってもらえないか」など、金額の交渉もしやすくなります。

とくに「引越し侍」は一括見積もりサイトの中でも提携業者数が多いのでおすすめです。2021年11月現在で約3社と提携しています。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について