お部屋探しのコツや知識まとめブログ|イエプラコラム
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

大学生の一人暮らしで部屋探しはいつから始めるべき?最適な時期を解説

大学生のお部屋探しはいつから始めるべき?のアイキャッチイラスト

大学生の部屋探しはいつから始めるべき?
最適な時期はある?合格後じゃ遅い?

進学で春から一人暮らしする学生なら、1~2月からお部屋探しを始めると良いです。入学式に間に合うスケジュールで引っ越しができます。

ただし、進学先が決まってから探す人はスピード感を持って動く必要があります。2月以降は進学先が決まる人が増えて、ゆっくりしていると条件の良い物件を取られてしまうことも…。

そこで当記事では、大学生がお部屋探しを始める最適な時期を解説します。物件探しのポイントもまとめました。

監修 阿部 陽一郎
不動産屋「家AGENT」
池袋店 店長

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

大学生の部屋探しはいつから始めるべき?

進学先が決まっていれば年明けからが良い

一般的なお部屋探しのスケジュール
情報収集 7~14日
お部屋の内見 1~3日
申し込み・入居審査 3~5日
賃貸借契約 1~6日
鍵の受け渡し・引っ越し 1~2日
合計 7~31日

推薦などで進学先が決まっている学生なら、お部屋探しは年明けから始めると良いです。余裕を持って引っ越しできますし、ライバルが少なくて物件を取られにくいからです。

一般的なスケジュールを見ると、お部屋探し~入居までは最大1ヶ月かかります。特に情報収集や内見に時間がかかりやすいです。

遠方で現地の不動産屋へ行けない人は、郵送で契約手続きを進めます。書類のやり取りには1週間ほどかかります。

遅くても2月上旬には部屋探しを始めておく

2月・3月の引っ越し(ライバルとの争奪戦)のイメージ

大学生で一人暮らしするなら、遅くても2月上旬にはお部屋探しを始めたほうが良いです。2月からは受験を終える学生が増えて、条件の良い物件から埋まっていくからです。

3月に入ると、毎日物件の募集状況が変わります。内見当日に申し込むか決めないと、数時間後にはライバルに取られてしまいます。

阿部さんのアイコン 阿部
進学先が決まっていなくても、学校近くにどんな物件があるかは調べておきましょう。家賃がいくらぐらいなのか、ある程度把握できます。
おすすめ記事
賃貸の引っ越し繁忙期と閑散期はいつ?おすすめの時期を解説のアイキャッチ
賃貸の引っ越し繁忙期と閑散期はいつ?おすすめの時期を解説
記事を読む ▶

お部屋の仮押さえは原則できない

お部屋をキープする意味での仮押さえは、原則できません。大家さんはすぐ入居できる人を優先したいからです。

大家さんにとって家賃は大きな収入源です。無収入の期間を減らすため、募集を止めるケースはほとんどないです。

お部屋の仮押さえには申し込みが必須です。即入居可の物件だと、申し込みから約2週間後に家賃が発生します。入居日まで余計な家賃がかかって、お金が無駄になりやすいです。

おすすめ記事
大学合格前にアパートの仮押さえはできる?いつから可能?のアイキャッチ
大学合格前にアパートの仮押さえはできる?いつから可能?
記事を読む ▶

大学生の部屋探しでは対応が早い不動産屋を頼る

大学生のお部屋探しでは、対応が早い不動産屋を頼ると良いです。新着情報ををすぐ教えてくれる会社なら、良いお部屋を見逃しません。

当サイトが運営するネット上の「イエプラ」は、全てチャットやLINEでやり取りします。条件を伝えれば、物件紹介から内見予約までスピーディに対応してくれます。

スマホから「3月入居でも今から探したほうが良い?」「入学式に引っ越しが間に合う物件に絞って」などと送るだけです。来店不要でお部屋探しを進められます。

深夜0時まで返信が来るので、受験勉強の合間にパッと相談できます。初めての一人暮らしで分からないことだらけの学生は、ぜひ利用してみてください!

大学生が部屋探しする時期の不動産屋の決め方

合格前予約を利用できる不動産屋にする

合格発表前予約の説明イラスト(PC)
合格発表前予約の説明イラスト(スマホ)

 

大学生のお部屋探しでは、合格前予約が利用できる不動産屋がおすすめです。進学先が決まる前に、希望のお部屋を確保してもらえます。

合格前予約のサービスが使えるのは、大学が提携する不動産屋や生協などです。家賃の発生を3月まで待ってもらえます。

注意点として、合格した場合は必ず入居しなければいけません。万が一キャンセルするときは、違約金の支払いを求められます。

おすすめ記事
合格前予約のデメリットやメリットを解説のアイキャッチ
合格前予約のデメリットやメリットを解説
記事を読む ▶

事前予約サービスの利用もおすすめ

事前予約サービスの解説イラスト(パソコン)
事前予約サービスの解説イラスト(スマホ)

 
大学生のお部屋探しでは「事前予約サービス」の利用もおすすめです。合格前予約と同様に、3月まで家賃発生を待ってもらえます。

合格前予約との違いは、先に契約を済ませることです。内見なしでお部屋を決める「先行契約」で手続きを進めます。

契約を結んだあとは、原則キャンセルができなくなります。キャンセルする際は解約扱いとなって、初期費用がほとんど戻ってきません。

おすすめ記事
先行契約とは?よく聞く先行申込との違いは?のアイキャッチ
先行契約とは?よく聞く先行申込との違いは?
記事を読む ▶

オンライン内見ができる不動産屋を頼る

オンライン内見で分かること
  • ・お部屋の雰囲気
  • ・日当たりや眺望
  • ・設備の種類や劣化具合
  • ・生活動線
  • ・共有部分の管理体制

遠方から引っ越し予定の大学生なら、オンライン内見できる不動産屋を頼りましょう。自宅にいながらお部屋を見て決められます。

オンライン内見では、お部屋の雰囲気や生活動線が分かります。スタッフに依頼すれば、居室や洗濯機置場などのサイズを測ってくれます。

阿部さんのアイコン 阿部
親の車で引っ越し先まで移動できるなら、現地を内見したほうが良いです。室内や設備などの使い勝手を直接確認できて、後悔が減らせます。
おすすめ記事
オンライン内見とは?メリット・デメリットを解説のアイキャッチ
オンライン内見とは?メリット・デメリットを解説
記事を読む ▶

契約手続きもオンラインで進められる不動産屋が多い

IT重説のイメージイラスト

多くの不動産屋では、契約手続きもオンラインで進められます。いわゆる「IT重説」で契約手続きを済ますケースです。

IT重説とは、ビデオ通話で契約内容に関する説明を聞くことです。対面で説明を受けている感覚で、手続きを進められます。

契約書類は、事前に不動産屋から郵送されます。IT重説を受けたあと、契約書類にサインと捺印をして返送すれば完了です。

おすすめ記事
IT重説とは?4つのメリットとやり方を徹底解説!のアイキャッチ
IT重説とは?4つのメリットとやり方を徹底解説!
記事を読む ▶

大学生で一人暮らしするお部屋は家賃5万円を目安に探す

大学生の平均家賃は約5.3万円

平均額/相場
居住費 53,020円
食費 24,130円
交通費 4,210円
教養娯楽費 13,270円
書籍費 1,540円
勉学費 1,430円
日常費 7,430円
電話代 3,460円
その他 2,170円
貯金・繰越金 12,970円
支出合計 123,630円

出典:全国大学生活協同組合連合会(2022年度)

大学生で一人暮らしするお部屋の家賃目安は約5万円です。全国大学生協連の調査を見ると、大学生の平均家賃が約5.3万円でした。

学生のうちは、家賃をできるだけ抑えるべきです。毎月かかる固定費が高いほど生活を圧迫します。家賃を抑えれば、急な出費があったときに備えられます。

阿部さんのアイコン 阿部
実際は家賃3~4万円のお部屋を選ぶ学生が多いです。アルバイト・仕送り・奨学金には限りがあるからです。
おすすめ記事
一人暮らしの大学生に聞いた平均家賃を大公開!のアイキャッチ
一人暮らしの大学生に聞いた平均家賃を大公開!
記事を読む ▶

東京23区内に住むなら家賃7万円ほどで探す

大学生が東京23区内に住むなら、家賃7万円ほどで探すと良いです。日本の中で最も物価が高いエリアだからです。

家賃相場が低いのは、江戸川区・足立区・葛飾区などのエリアです。築年数や駅徒歩の条件を緩和すれば、家賃5万円以下の安い家賃が見つかります。

おすすめ記事
一人暮らし向け!東京都内の家賃が安い街を大公開のアイキャッチ
一人暮らし向け!東京都内の家賃が安い街を大公開
記事を読む ▶

大学生で一人暮らしする生活費の理想割合

一人暮らしの生活費の割合のグラフイメージ

大学生で一人暮らしするなら、家賃と食費が生活費の50%以内に抑えてください。他の出費に余裕が生まれやすくなるからです。

全国大学生協連の実態調査結果の統計によると、一人暮らし大学生の生活費は平均12.4万円です。例として、家賃は5.1万円で食費は1.1万円までが目安です。

おすすめ記事
大学生の一人暮らしの生活費は平均いくらか解説のアイキャッチ
大学生の一人暮らしの生活費は平均いくらか解説
記事を読む ▶

家賃5万円だと初期費用は22.5~25万円ほどかかる

初期費用の目安金額
家賃5万円 225,000~250,000円
家賃6万円 270,000~300,000円
家賃7万円 315,000~350,000円
家賃8万円 360,000~400,000円
家賃9万円 405,000~450,000円

お部屋が家賃5万円だと、初期費用は22.5~25万円ほどかかります。初期費用は「家賃の4.5~5ヶ月分」かかると言われているからです。

家賃をもとに計算される項目が多くて、安いお部屋ほど初期費用を節約できます。家賃を決めるときは、初期費用の予算も考慮すべきです。

おすすめ記事
賃貸契約の初期費用の内訳は?安くするコツを公開のアイキャッチ
賃貸契約の初期費用の内訳は?安くするコツを公開
記事を読む ▶

安くて良いお部屋を探すならプロの不動産屋に聞く

安くて良いお部屋を探すなら、プロの不動産屋に聞くと良いです。希望条件に沿って、家賃や初期費用が安い物件を教えてくれます。

当サイトが運営する不動産屋「イエプラ」は、賃貸経験の長いスタッフが多数在籍しています。家賃相場の低いエリアから、理想のお部屋を紹介してくれます。

チャットやLINEから「家賃5万円以下で探したい」「初期費用は30万円までに抑えたい」などと送るだけです。来店不要で何度でも相談可能です。

業者専用のデータベース「ATBB」を使うため、スーモやホームズに掲載していない未公開物件も紹介できます。入学前の出費を抑えたい人は、ぜひ相談してみてください!

一人暮らしする大学生の部屋探しのポイント5選

  • ・間取りはワンルームか1Kに絞る
  • ・築年数の条件は指定しない
  • ・室内設備は最低限のものに絞る
  • ・通学時間が30分以内になるエリアを選ぶ
  • ・スーパーやコンビニが近い場所で探す

間取りはワンルームか1Kに絞る

ワンルーム 1K
ワンルームの間取り図2 1Kの間取り図

大学生がお部屋探しするときは、間取りはワンルームか1Kの物件に絞りましょう。安い家賃で借りられて、初めての一人暮らしにピッタリだからです。

ワンルームと1Kの違いは、居室・キッチンをドアで仕切っているかどうかだけです。広さはほとんど変わらないので、普段過ごす居室の畳数を重視して探しましょう。

阿部さんのアイコン 阿部
大学生の多くは、6畳のお部屋で暮らしています。荷物が多い人なら、居室が7~8畳あるお部屋が向いています。
おすすめ記事
1Kとワンルームや1DKの違いは?広さや特徴を解説のアイキャッチ
1Kとワンルームや1DKの違いは?広さや特徴を解説
記事を読む ▶
一人暮らしに最適な広さは?専有面積の目安も解説のアイキャッチ
一人暮らしに最適な広さは?専有面積の目安も解説
記事を読む ▶

築年数の条件は指定しない

大学生のお部屋探しでは、築年数の条件は指定しないほうが良いです。新築・築浅の物件は、家賃が上がりやすいからです。

築年数が古い物件でも、リフォームやリノベーション済みの物件も募集されています。内装や設備が新品にも関わらず、比較的安い家賃で借りられます。

阿部さんのアイコン 阿部
築年数が上がるほど、和室のお部屋が増えてきます。和室に抵抗がある人は「フローリング」「フッションフロア」を含めて探すと良いです。
おすすめ記事
築年数の狙い目は何年?良い物件を見つける方法を解説のアイキャッチ
築年数の狙い目は何年?良い物件を見つける方法を解説
記事を読む ▶
築30年の賃貸マンションの住み心地を解説!のアイキャッチ
築30年の賃貸マンションの住み心地を解説!
記事を読む ▶

室内設備は最低限のものに絞る

最低限必要な設備の例
  • ・エアコン
  • ・キッチン
  • ・専用トイレ
  • ・収納スペース など

大学生がお部屋探しする際、設備の条件は最低限のものに絞ると良いです。便利な設備が増えるほど、家賃が上がるからです。

最低限押さえる設備はエアコンです。付いていないお部屋では、購入から設置作業まで自分でやる必要があります。

設備の条件は、家賃とのバランスを見ながら決めてください。譲れない条件を2~3つまでに絞れば、豊富な物件数からお部屋を探せます。

おすすめ記事
賃貸物件のこだわり条件や優先順位の付け方を解説のアイキャッチ
賃貸物件のこだわり条件や優先順位の付け方を解説
記事を読む ▶

初めて一人暮らしする女子学生は防犯面の条件を優先する

一人暮らしする女子学生が重視する条件例
  • ・モニター付きインターホン
  • ・室内洗濯機置き場
  • ・防犯カメラ
  • ・防犯性の高い鍵(ディンプルキー)
  • ・2階以上 など

初めて一人暮らしする女子学生は、防犯面の条件を優先してください。上記には、セキュリティ面の条件例をまとめました。

モニター付きインターホンがあれば、玄関を開ける前に相手の顔や姿を確認できます。アポなしの訪問者が来ても、居留守が使えます。

おすすめの条件は、モニター付きインターホン・室内洗濯機置場・2階以上です。絞っても物件数が減りにくいですし、家賃もあまり上がりません。

おすすめ記事
女性の一人暮らしの条件とは?譲れない条件ランキングを公開のアイキャッチ
女性の一人暮らしの条件とは?譲れない条件ランキングを公開
記事を読む ▶

通学時間が30分以内になるエリアを選ぶ

大学生の通学時間は30分以内が目安です。30分以内なら、毎日通ってもストレスに感じにくいです。

大学生の場合、学校近くのエリアで探すのもアリです。徒歩圏内、もしくは自転車通学できる範囲であれば、朝ギリギリまで寝られます。

阿部さんのアイコン 阿部
駅徒歩は10~15分が目安です。駅に近すぎると、家賃が上がりやすくなります。
おすすめ記事
失敗しない住む場所の決め方を世帯別に解説のアイキャッチ
失敗しない住む場所の決め方を世帯別に解説
記事を読む ▶
駅徒歩10分は遠い?実際の距離やメリット・デメリットを解説のアイキャッチ
駅徒歩10分は遠い?実際の距離やメリット・デメリットを解説
記事を読む ▶

スーパーやコンビニが近い場所で探す

周辺環境に関しては、スーパーが近い物件が好ましいです。自炊用の食材が足りないとき、すぐ買いに行けます。

他には、コンビニが近いお部屋もおすすめです。バイトで帰りが遅くなっても、ご飯に困りません。

阿部さんのアイコン 阿部
節約を意識するなら、ドラッグストアが近い物件でも良いです。スーパーより安く日用品などを買い物できます。

大学生で一人暮らしを始めるまでの流れ

  1. お部屋探し・問い合わせ
  2. お部屋を内見しに行く
  3. 申し込み・入居審査
  4. 審査終了・初期費用の入金
  5. 賃貸借契約を結ぶ
  6. 鍵の受け取り・引っ越し
  • 1月上旬

    お部屋探し・問い合わせ

    物件検索サイトで写真を見ている女の子のイラスト

    年明けには、引っ越し予定のエリアにどんなお部屋があるか調べておきます。物件数が多いスーモやホームズで探すのがおすすめです。

    気になったお部屋を見つけたら、不動産屋に問い合わせます。まだ空いていれば、いつ内見するかスタッフと打ち合わせてください。

  • 1月下旬

    お部屋を内見しに行く

    内見をする女の子のイラスト

    内見当日になったら、実際にお部屋を見に行きます。現地では、室内の採寸や設備の仕様をチェックしてください。

    遠方で現地まで行けない学生は、オンラインで内見します。事前に確認してほしいことを伝えておけば、スムーズに内見を進められます。

  • 2月上旬

    申し込み・入居審査

    申し込みに必要な情報
    • ①両親の氏名、性別、生年月日
    • ②両親の勤務先名や住所、年収
    • ③電話番号(緊急連絡先)、住所、国籍
    • ④引っ越し理由
    • ⑤進学する学校名・所在地など

    物件が決まったら申し込みを入れます。申込書には、本人の基本情報や親の連絡先などを記載します。

    現在だとWeb上で申し込める物件が増えていて、遠方からでも手続き可能です。審査中は本人確認の電話がかかってくるので、無視せずに対応してください。

  • 2月中旬

    審査終了・初期費用の入金

    審査が終わリ次第、スタッフから連絡が入ります。通過していたら、家賃開始日や契約手続きをする日を決めます。

    入居日が決まったら、初期費用が確定します。請求書が届くので、内容を確認して入金を済ませてください。

  • 2月下旬

    賃貸借契約を結ぶ

    重要事項説明を受ける人

    契約日になったら、不動産屋で賃貸借契約を結びます。IT重説する人は、事前にビデオ通話の準備をしたり、契約書類を手元に用意してください。

    スタッフから契約内容に関する重要な説明を受けます。一人で聞くのが不安なら、両親に同席してもらうと安心です。

  • 3月中

    鍵の受け取り・引っ越し

    引っ越しをしている女の子のイラスト

    初期費用の入金と契約書類に不備がなければ、契約開始日の前日から鍵を受け取れます。実際の引っ越し作業は、契約開始日を迎えてから始めてください。

おすすめ記事
内見ポイント完全マニュアル!箇所ごとのチェックリストのアイキャッチ
内見ポイント完全マニュアル!箇所ごとのチェックリスト
記事を読む ▶
賃貸契約の必要書類は?申し込み時に必要なものを解説!のアイキャッチ
賃貸契約の必要書類は?申し込み時に必要なものを解説!
記事を読む ▶
初めての一人暮らしでお部屋を決めるコツを解説のアイキャッチ
初めての一人暮らしでお部屋を決めるコツを解説
記事を読む ▶
アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼メリットたくさん
・すべてチャットで完結(来店不要)
・スーモにない未公開物件も探せる
・0時まで営業で仕事終わりに使える
▶無料でお部屋を探してみる

大学生の部屋探しに関するよくある質問

大学生がアパートを探す時期はいつからが良い?

遅くても2月上旬には始めてください。ライバルが増えて、条件の良い物件から埋まっていくからです。

▲よくある質問に戻る

大学が推薦で決まった人のお部屋探しの時期は?

進学先が決まり次第、探し始めると良いです。「事前予約サービス」が使える物件なら、3月まで家賃発生を待ってもらえます。

条件の良いお部屋が見つからなければ、年明けから探し始めましょう。まだライバルが少ない時期で、好条件のお部屋を確保できます。

▲よくある質問に戻る

大学で住む賃貸アパートを仮押さえできるのはいつから?

合格前予約を利用するなら、11月以降に仮押さえできます。不動産屋が推薦入試で合格した学生に向けて予約を募集し始めます。

おすすめ記事
大学合格前にアパートの仮押さえはできるかを解説のアイキャッチ
大学合格前にアパートの仮押さえはできるかを解説
記事を読む ▶

▲よくある質問に戻る

大学で一人暮らしするときいつから住むと良い?

3月中旬までには入居しておくと良いです。大学が始まる前に、ある程度一人暮らしの生活に慣れられます。

3月中旬に引っ越すには、遅くても2月中旬までにお部屋探しを始めてください。お部屋探しから入居までは約1ヶ月かかるからです。

▲よくある質問に戻る

一人暮らし大学生のお部屋探しのコツは?

築年数の条件を指定せずに探すのがポイントです。築浅の物件ほど、家賃が上がりやすいからです。築古物件でもリフォーム済みなら、新築同様のお部屋を安く借りられます。

おすすめ記事
大学生のアパートの選び方やお部屋探しのコツを解説のアイキャッチ
大学生のアパートの選び方やお部屋探しのコツを解説
記事を読む ▶

▲よくある質問に戻る

学生マンションを探すときに気をつけることは?

室内の防音性が高いか確認してください。学生マンションでは、騒音トラブルが起きやすいからです。建物構造で言うと、防音性の高いRC造(鉄筋コンクリート造)を選ぶと良いです。

おすすめ記事
学生マンションはやめとけと言われる理由を解説のアイキャッチ
学生マンションはやめとけと言われる理由を解説
記事を読む ▶
RC造はうるさいって本当?防音性や聞こえ方を解説のアイキャッチ
RC造はうるさいって本当?防音性や聞こえ方を解説
記事を読む ▶

▲よくある質問に戻る

一人暮らし大学生の生活費は毎月いくら?

全国大学生協連の調査によると、一人暮らしの大学生の平均生活費は12.4万円です。実家から通学している学生と比べると、6万円ほど支出が増えます。

おすすめ記事
大学生の一人暮らしの生活費は平均いくらか解説のアイキャッチ
大学生の一人暮らしの生活費は平均いくらか解説
記事を読む ▶

▲よくある質問に戻る

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

お店に行かなくても「イエプラ」なら、チャットやLINEで希望を伝えてお部屋を探せます!

SUUMOやHOME'Sに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです。

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶ 無料でお部屋探しを始める
follow us in feedly
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について