お部屋探しのコツや知識まとめブログ|イエプラコラム
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

築30年の賃貸マンションの住み心地はどう?メリット・デメリットを解説

築30年の賃貸マンションの住み心地は?のアイキャッチイラスト

築30年の賃貸マンションの住み心地は?
築古はデメリットが多くて後悔する?

築30年以上の賃貸マンションは、家賃が安いにも関わらずリフォーム済で内装が綺麗なお部屋があるんです。室内は築浅と変わらないので狙い目です。

しかし、築30年だと建物自体の老朽化が気になりますよね…。ゴキブリなどの虫が出そう、ボロそうといったマイナスなイメージがつきやすいです。

そこで当記事では、築30年の賃貸マンションに住むメリット・デメリットを徹底解説します。築30年の物件の内装写真や確認ポイントもあります。ぜひ参考にしてください。

監修 阿部 陽一郎
不動産屋「家AGENT」
池袋店 店長

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

築30年の賃貸マンションってどんな感じ?

リフォーム履歴なしのマンション

居室 押入れ
築33年のマンションの居室拡大する 築33年のマンションの押入れ拡大する
総家賃(管理費込) 3.9万円
間取り/専有面積 1K/約20㎡
築年数/駅徒歩 築33年/約8分
その他の条件 角部屋、最上階、室内洗濯機置場、シューズボックスあり、都市ガス、エアコン付き、インターネット対応、証人不要

引用:業者専用データベース「ATBB」より転載可物件

リフォーム履歴なしの築30年以上のマンションは、使用感はかなりありますが普通に生活できるほど内装は綺麗です。

住む場所にもよりますが、ワンルームで家賃4万円ほどなので初めて一人暮らしする人にとっては、魅力的な家賃設定です。

リフォーム済のマンション

居室1 居室2
リフォーム済の築34年のマンションの居室1拡大する リフォーム済の築34年のマンションの居室2拡大する
総家賃(管理費込) 5.4万円
間取り/専有面積 1K/約15㎡
築年数/駅徒歩 築34年/約13分
その他の条件 ロフト2.5畳、IHコンロ付き、シューズボックスあり、都市ガス、エアコン付き、インターネット対応、2019年リフォーム済

引用:業者専用データベース「ATBB」より転載可物件

2019年にリフォーム済の築30年以上の賃貸マンションです。実質築4年のマンションと同じ感覚で住めます。1Kで家賃5万円台にも関わらず、内装は真新しいお部屋です。

費用を抑えたいけど、内装が綺麗なお部屋に住みたいという人にとっては理想的です。リフォーム履歴は、基本的に物件情報に記載されています。

居室が和室のマンション

リビング 居室
居室が和室の築33年マンションのリビング拡大する 築33年マンションの和室拡大する
総家賃(管理費込) 10.4万円
間取り/専有面積 1LDK/約40㎡
築年数/駅徒歩 築33年/約8分
その他の条件 角部屋、BT別、洗面所独立、2口コンロ、システムキッチン、都市ガス、室内洗濯機置場、シューズボックス付き、モニタ付インターホン、オートロック、常時ゴミ出し可、 保証人不要、二人入居可

引用:業者専用データベース「ATBB」より転載可物件

築30年以上の賃貸マンションの中には、居室が和室になっているケースがあります。畳は傷みやすいので、まずは物件の写真でキレイかどうか確かめるべきです。

なお、上記の画像のように畳が交換されていて綺麗なお部屋もあります。23区内の1LDKで家賃10万円であれば、破格と言えます。

築30年以上か築浅か悩むなら不動産屋に相談しながら決めるのもアリ

築30年以上か築浅か悩むなら不動産屋に相談しながら決めましょう。住まいのプロなので、予算やライフスタイルを考慮したうえでどちらが良いかアドバイスをしてくれます。

当サイトが運営するネット上の不動産屋「イエプラ」は、来店不要でチャットやLINEから気軽に相談できます。スタッフが手動で返信しているので、なんでも質問しやすいです。

SUUMOやHOME’Sには載っていない未公開物件も取り扱っているので、お部屋探しの幅が広がります。

築30年の賃貸マンションに住むメリット

  • ・家賃が安い
  • ・リフォーム済のお部屋が出てくる
  • ・広い間取りに住める可能性がある
  • ・退去時の原状回復費用が安い

家賃が安い

築5年 築15年 築30年
ワンルーム 5.4万円 4.6万円 4.2万円
1K 5.6万円 5.1万円 4.6万円
1LDK 8.8万円 8.0万円 7.2万円

ATBBより:東京23区、15㎡以上、駅徒歩15分以内の安い順30件の平均

業者専用のデータベース「ATBB」を使って、築年数ごとの家賃が安い順30件の平均金額を出してみました。結果、築30年のマンションは築浅よりも1万円ほどお得です。

なお、築30年の賃貸マンションは、契約時の初期費用も安くなります。家賃を基に計算するからです。とにかく費用を抑えたいという人であれば、かなりのメリットです。

リフォーム済のお部屋が出てくる

先にも解説したように、築30年の賃貸マンションはリフォーム済のお部屋があります。新築とほぼ同じ内装のお部屋で生活ができます。

リフォーム済のお部屋でも、建物自体は古いので家賃設定は低めです。

広い間取りに住める可能性がある

家賃が安い分、同じ予算で広い間取りのお部屋に住める可能性があります。家賃5万円が予算として、築5年はワンルームが主です。築30年にすると、1DKや2Kも出てきます。

退去時の原状回復費用が安い

原状回復費用が安くなる理由
  • ・もともと使用感がある
  • ・建物や設備の価値が下がっている
  • ・リフォームするので元に戻さなくて良い

築30年以上の賃貸マンションは、退去時の原状回復費用が安いです。原状回復費用とは、お部屋を借りたときの状態に戻すためのお金です。

綺麗に使っていれば、クリーニング費用のみで済ます。敷金も半分以上返ってくる可能性が高いです。

築30年の賃貸マンションに住むデメリット

  • ・外装が古びている可能性がある
  • ・エレベーターなどの設備が足りていない
  • ・管理費がやや高め
  • ・虫が発生する可能性がある
  • ・冬は隙間風で寒い

外装が古びている可能性がある

マンションが完成してから30年も経過しているので、外装が古びている可能性があります。塗装が剥げている、日焼けで色が変わっている、植物が生えているなどでボロいと感じます。

エレベーターなどの設備が足りていない

エレベータやモニター付きインターホン、オートロックや光回線などの設備が足りていないお部屋が多いです。自分が必要な設備が物件情報に記載があるか確認して下さい。

管理費がやや高め

築30年の賃貸マンションは、新築や築浅よりも管理費が2~3千円高いです。建物も設備も30年経過しているので、修理・取り換え頻度が多くなるからです。

虫が発生する可能性がある

年月が経過すると、柱や窓枠が若干ゆがんできます。隙間が空いて、外からゴキブリや蚊などの虫が入りやすくなります。

また、前入居者が複数いるので、卵が残っている可能性があります。虫が大の苦手な人は、築30年のマンションはデメリットが大きいと感じます。

冬は隙間風で寒い

虫と同様で、年月が経過過ぎると柱や窓枠が若干ゆがむので隙間が空きます。冬は隙間風が入るので寒いと感じます。暖房の効きも悪く、光熱費が冬だけ高くなりやすいです。

築30年の賃貸マンションに住んでいる人の声

男性口コミ投稿者の画像

30代

総家賃:5.1万円

間取り:1K

【古さが気にならないくらい綺麗】

築30の物件は古いと思ったんですけど、全く気にならないくらい綺麗でした。住んでいて不満に思うこともないので、築年数はあんまり気にしなくていいかなって思います。

女性口コミ投稿者の画像

20代

総家賃:4.8万円

間取り:ワンルーム+ロフト

【リフォーム済は安いのに綺麗】

私が借りたとき、2年前にリフォームしたばかりのお部屋でした。ほぼ新築みたいに内装が綺麗なのに、家賃が安かったので即決しました。住み心地も良いので更新しています。

女性口コミ投稿者の画像

20代

総家賃:5.0万円

間取り:1K

【夏は虫が出るし冬は寒い】

安さに惹かれて築30年の物件にしたんですが後悔しています…。夏は蚊とかゴキブリが出て泣きましたし、冬は隙間風で寒いです…。更新の時、引っ越ししようと思っています。

大半の人は、築30年のマンションは古さが気にならず住み心地が良いようです。ただし、中には虫が出る、隙間風が入るなど不満に感じる人もいます。

自分の中で「家賃の安さ」「住み心地」「立地」など、何を1番最重要視するか考えて、築30年か築浅か決めると良いです。

築30年の賃貸マンションを借りる際のポイント

事前に確認すべきこと
  • ・水回りの取り換え履歴を確認
  • ・内装がボロ過ぎないか
  • ・生活に必要な設備が揃っているか
  • ・管理がしっかりしている物件か

築30年の賃貸マンションを借りる際は、上記5つのことは最低限確認しておきましょう。確認すべき理由をこの後解説します。

水回りの取り換え履歴を確認

キッチンやお風呂場、トイレなど水回りの配管は劣化します。取り換えもしくはメンテナンスがいつ入ったか確認して下さい。

取り換えの場合は、物件情報に「水回りリフォーム済」「〇年〇月配管取り換え」と記載されています。メンテナンスは、不動産屋に依頼して管理会社に確認してもらいましょう。

内装がボロ過ぎないか

内装がボロ過ぎないか、物件の写真と内見の両方で確認して下さい。写真では綺麗でも、内見時にボロいと感じるケースがあります。

生活に必要な設備が揃っているか

築年数が古い物件ほど、生活に必要な最低限の設備しかありません。エアコンやネット回線など、自分の生活に必要な設備が揃っているか確認して下さい。

管理がしっかりしている物件か

管理がしっかりしている物件は、メンテナンスが定期的におこなわれています。築30年以上のマンションでも、問題なく住めます。

実際にメンテナンスがきちんとおこなわれているマンションは、築60年以上でも住み続けられます。

仲介手数料基本0円のネット不動産屋
「イエプラ」は
仲介手数料基本0円
イエプラの特徴
  • 仲介手数料が基本0円
  • 上場企業運営で安心
  • 来店不要でお部屋を探せる

結論:安さ重視なら築30年の賃貸マンションはアリ

家賃の安さ重視でお部屋探しするなら、築30年の賃貸マンションを選択肢に入れるのはアリです。築浅より1万円以上安い物件が見つかる可能性があります。

1981年に改正された新耐震基準をクリアしているので、耐震性に問題はありません。メンテナンスされているなら、建物自体の耐久性もあと30年ほどは大丈夫です。

むしろ、賃貸を探すときに築年数で絞ってしまうと、良い条件のお部屋を逃す可能性があります。理想の物件を探すためにも、築年数は妥協したほうが良いです。

関連記事
築年数の狙い目は何年?変化する要素も解説のアイキャッチ
築年数の狙い目は何年?変化する要素も解説
記事を読む ▶
わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

当サイト運営の「イエプラ」なら、わざわざお店に行かなくてもLINEで希望を伝えてお部屋を探せます!

さらに、イエプラは仲介手数料が基本0円です。およそ家賃1ヶ月分の初期費用をまるっと節約できます。

家賃によっては10万円以上も安くなるので、浮いたお金で新生活の家具家電を揃えられます。費用を抑えて引っ越したい人は、ぜひ利用してみてください。

仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトはこちら
follow us in feedly
仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトへ
仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトへ
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について