ドコモ光のおすすめプロバイダは?全24社を徹底比較!【選び方も掲載】

最終更新日:2021年09月15日
ドコモ光×プロバイダのアイキャッチ

ドコモ光は、選んだプロバイダによって月額料金や速度といったサービス内容が大きく変わるため、どこがいいのか迷う人も多いです。

そこで、本記事ではドコモ光のプロバイダ24社を徹底比較のうえ、人気でおすすめなのはどこなのか分かりやすくご紹介します!

結論として、ドコモ光のプロバイダで最もおすすめなのはGMOとくとくBBです。月額料金が安く、回線速度が速いうえに、キャンペーン内容もお得だからです。

ほかにも、プロバイダの選び方や変更方法についても解説しているので、ドコモ光との契約を考えている人はもちろん、すでに契約中の人もぜひ参考にしてください!

山田

元ネットワークエンジニア。回線速度の改善に役立つ情報を集め、実験するのが趣味。自宅でサーバーを構築している。

おすすめ人気記事
ドコモ光の評判や口コミのアイキャッチ
ドコモ光の評判や口コミ!デメリットなど悪い噂を事実と比較して徹底解説!
記事を読む
「ドコモ光-キャンペーン」のアイキャッチ
ドコモ光のキャンペーン比較!代理店28社のキャッシュバック特典を徹底解説!
記事を読む
おすすめの光回線6選
】おすすめの光回線6選を徹底解説!
記事を読む
おすすめ人気記事
ドコモ光の評判や口コミのアイキャッチ
ドコモ光の評判や口コミ!デメリットなど悪い噂を事実と比較して徹底解説!
記事を読む
「ドコモ光-キャンペーン」のアイキャッチ
】ドコモ光のおすすめキャンペーン比較!代理店28社のキャッシュバック特典を徹底解説!
記事を読む
おすすめの光回線6選
】おすすめの光回線6選を徹底解説!
記事を読む

ドコモ光のプロバイダとは

プロバイダの役割の解説

ドコモ光におけるプロバイダとは、ドコモ光が提供している光回線をインターネットにつなげる役割を持つ事業者のことです。

プロバイダがないとインターネットは利用できないため、必ず契約する必要があります。

ちなみに、 現在、ドコモ光に対応しているプロバイダは全部で24社あります。

ただし、プロバイダごとに月額料金や実際の回線速度といったサービス内容が大きく変わるので、やみくもに選んではいけません。

以下、プロバイダによる影響範囲をまとめてみたので、どのような違いがあるか確認してみましょう。

プロバイダで変わること

  • ・月額料金
  • ・実際の回線速度
  • ・独自キャンペーン
  • ・オプション内容

プロバイダで変わらないこと

  • ・最大速度(理論上の速度)
  • ・公式キャンペーン
  • ・サービス提供エリア(一部例外あり)

上記内容を踏まえたプロバイダの選び方については、後ほど詳しく解説します。先に確認したい場合は「プロバイダの選び方で重要な6つのポイント」をご覧ください。

ドコモ光のプロバイダで1番のおすすめはGMOとくとくBB

おすすめする女の子

ドコモ光のプロバイダで1番おすすめなGMOとくとくBBについてご紹介します。

おすすめする理由は、実際に契約したユーザーからの評価が非常に高く、最大20,000円のキャッシュバックを筆頭に様々なメリットを受けられるからです。

GMOとくとくBBのメリット7つ

  • ①契約したユーザーからの評価が高い
  • ②月額料金がタイプAなので安い
  • ③平均速度がトップクラスに速い
  • ④20,000円のキャッシュバック
  • ⑤高性能Wi-Fiルーターが無料
  • ⑥セキュリティソフトが1年無料
  • ⑦10ギガプランに対応している

通常、GMOとくとくBBのキャッシュバックはオプション加入無しで5,500円です。しかし当サイト限定の窓口を使った場合に限り、オプション不要で最高額の20,000円が貰えます!

ドコモ光は、選んだプロバイダによって速度や料金が大きく変わるので、契約して満足できるかは、プロバイダで決まるといっても過言ではないです。

各メリットの詳しい解説は、後ほど記載していますが、どのプロバイダにするか考えるのが面倒なら、GMOとくとくBBを選んでおけば間違いありません!

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\9月末まで特別キャンペーン実施中!/
山田さん 山田

ここからは、ドコモ光のプロバイダ24社の基本情報を一覧で徹底比較したのち、後悔しないプロバイダの選び方について解説していきます!

先にGMOとくとくBBの詳細を知りたい人は「GMOとくとくBBのメリット詳細」をご覧ください。

プロバイダ24社の比較一覧表

どのプロバイダがおすすめなのか分かりやすくするために、ドコモ光で契約できるプロバイダ24社を徹底的に比較してみました。

プロバイダの良し悪しを判断するには、以下の6つのポイントを意識するのが重要です。

プロバイダ選びで重要な6つのポイント

  • ①月額料金の安い「タイプA」か
  • ②利用者の平均速度は速いか
  • ③v6プラスに対応しているか
  • ④Wi-Fiルーターが無料レンタルできるか
  • ⑤キャッシュバックはあるか
  • ⑥セキュリティソフトは無料か

上記のポイントさえ抑えておけば、契約後に後悔する可能性をグッと減らせます。特に月額料金の安さ回線速度の速さに注目しましょう。

一覧表は横にスクロールできるので、プロバイダごとにどのような違いがあるか比べてみてください。

プロバイダ おすすめ度 特徴 タイプ 平均速度 v6プラス
対応状況
キャッシュ
バック
Wi-Fi
ルーター
レンタル
セキュリティ
ソフト
無料期間
10ギガ
対応状況
訪問サポート
GMOとくとくBBのロゴ 料金はとても安い 6つのポイントをクリア
20,000円のキャッシュバック
平均速度が最も速い
利用者の評判が良い
A 273Mbps 20,000円 無料 12ヶ月 初回無料
plalaのロゴ おすすめ度はやや高い 6つのポイントをクリア
15,000円のキャッシュバック
速度は平均的
A 209Mbps 15,000円 無料 24ヶ月 初回無料
@niftyのロゴ おすすめ度はやや高い 6つのポイントをクリア
20,000円のキャッシュバック
速度は平均的
A 190Mbps 20,000円 無料 12ヶ月 × 初回無料
BIGLOBEのロゴ おすすめ度は平均的 平均速度が速い
キャッシュバックがない
A 249Mbps なし 無料 12ヶ月 × 初回無料
Tigers-netのロゴ おすすめ度は平均的 セキュリティソフトが永年無料
キャッシュバックがない
A 211Mbps なし 無料 永年 × 初回無料
andlineのロゴ おすすめ度は平均的 10ギガプランに対応
キャッシュバックがない
A 192Mbps なし 無料 12ヶ月 サービスなし
hi-hoのロゴ おすすめ度は平均的 10ギガプランに対応
平均速度が遅い
A 106Mbps なし 無料 12ヶ月 初回無料
SISのロゴ おすすめ度は平均的 セキュリティソフトが永年無料
平均速度の情報がない
A なし 無料 永年 × 初回無料
ドコモnetのロゴ おすすめ度は平均的 ドコモ光の公式プロバイダ
キャッシュバックがない
ルーターレンタルが有料
A 228Mbps なし 有料 12ヶ月 有料
DTIのロゴ 総合評価がやや悪い 会員限定の優待サービスがある
キャッシュバックがない
A 197Mbps なし 有料 なし × 無料
BB.exciteのロゴ 総合評価がやや悪い セキュリティソフトが3年無料
ルーターレンタルが有料
A 183Mbps なし 有料 36ヶ月 有料
エディオンネットのロゴ 総合評価がやや悪い 10ギガプランに対応
キャッシュバックがない
A 183Mbps なし 有料 なし 有料
楽天ブロードバンドのロゴ 総合評価がやや悪い セキュリティソフトが1年無料
v6プラスに対応していない
A 160Mbps × なし 有料 12ヶ月 × 初回無料
Ic-netのロゴ 総合評価がやや悪い セキュリティソフトが永年無料
平均速度の情報がない
A なし 有料 永年 36ヶ月無料
SYNAPSEのロゴ 総合評価がやや悪い セキュリティソフトが1年無料
平均速度の情報がない
A × なし 有料 12ヶ月 × 初回無料
TikiTikiのロゴ 総合評価がやや悪い 平均速度の情報がない
料金以外は他社に劣る
A × なし 有料 なし × 有料
@ネスクのロゴ 総合評価がやや悪い 平均速度の情報がない
料金以外は他社に劣る
A なし 有料 なし × サービスなし
COARAのロゴ 総合評価がやや悪い 平均速度の情報がない
料金以外は他社に劣る
A なし 有料 なし × 有料
OCNのロゴ おすすめ度は平均的 月額料金が高い
20,000円のキャッシュバック
知名度が高い
B 217Mbps 20,000円 無料 12ヶ月 × 初回無料
@TCOMのロゴ おすすめ度はやや高い 月額料金が高い
静岡県だけ契約できない
B 207Mbps なし 無料 12ヶ月 × 初回無料
WAKWAKのロゴ おすすめ度はやや高い 月額料金が高い
平均速度が遅い
B 119Mbps なし 有料 なし × 有料
@ちゃんぷるネットのロゴ おすすめ度はやや高い 月額料金が高いタイプB
沖縄県のみ契約できる
B なし 無料 なし × 12ヶ月無料
AsahiNetのロゴ おすすめ度はやや高い 月額料金が高い
10ギガプランに対応
B 170Mbps なし 有料 なし サービスなし
TNCのロゴ おすすめ度はやや高い 月額料金が高い
静岡県のみ契約できる
B × なし 有料 12ヶ月 × 有料
プロバイダ おすすめ度 特徴 タイプ 平均速度 v6プラス
対応状況
キャッシュ
バック
Wi-Fi
ルーター
レンタル
セキュリティ
ソフト
無料期間
10ギガ
対応状況
訪問サポート
GMOとくとくBBのロゴ 料金はとても安い 6つのポイントをクリア
20,000円のキャッシュバック
平均速度が最も速い
利用者の評判が良い
A 273Mbps 20,000円 無料 12ヶ月 初回無料
plalaのロゴ おすすめ度はやや高い 6つのポイントをクリア
15,000円のキャッシュバック
速度は平均的
A 209Mbps 15,000円 無料 24ヶ月 初回無料
@niftyのロゴ おすすめ度はやや高い 6つのポイントをクリア
20,000円のキャッシュバック
速度は平均的
A 190Mbps 20,000円 無料 12ヶ月 × 初回無料
BIGLOBEのロゴ おすすめ度は平均的 平均速度が速い
キャッシュバックがない
A 249Mbps なし 無料 12ヶ月 × 初回無料
Tigers-netのロゴ おすすめ度は平均的 セキュリティソフトが永年無料
キャッシュバックがない
A 211Mbps なし 無料 永年 × 初回無料
andlineのロゴ おすすめ度は平均的 10ギガプランに対応
キャッシュバックがない
A 192Mbps なし 無料 12ヶ月 サービスなし
hi-hoのロゴ おすすめ度は平均的 10ギガプランに対応
平均速度が遅い
A 106Mbps なし 無料 12ヶ月 初回無料
SISのロゴ おすすめ度は平均的 セキュリティソフトが永年無料
平均速度の情報がない
A なし 無料 永年 × 初回無料
ドコモnetのロゴ おすすめ度は平均的 ドコモ光の公式プロバイダ
キャッシュバックがない
ルーターレンタルが有料
A 228Mbps なし 有料 12ヶ月 有料
DTIのロゴ 総合評価がやや悪い 会員限定の優待サービスがある
キャッシュバックがない
A 197Mbps なし 有料 なし × 無料
BB.exciteのロゴ 総合評価がやや悪い セキュリティソフトが3年無料
ルーターレンタルが有料
A 183Mbps なし 有料 36ヶ月 有料
エディオンネットのロゴ 総合評価がやや悪い 10ギガプランに対応
キャッシュバックがない
A 183Mbps なし 有料 なし 有料
楽天ブロードバンドのロゴ 総合評価がやや悪い セキュリティソフトが1年無料
v6プラスに対応していない
A 160Mbps × なし 有料 12ヶ月 × 初回無料
Ic-netのロゴ 総合評価がやや悪い セキュリティソフトが永年無料
平均速度の情報がない
A なし 有料 永年 36ヶ月無料
SYNAPSEのロゴ 総合評価がやや悪い セキュリティソフトが1年無料
平均速度の情報がない
A × なし 有料 12ヶ月 × 初回無料
TikiTikiのロゴ 総合評価がやや悪い 平均速度の情報がない
料金以外は他社に劣る
A × なし 有料 なし × 有料
@ネスクのロゴ 総合評価がやや悪い 平均速度の情報がない
料金以外は他社に劣る
A なし 有料 なし × サービスなし
COARAのロゴ 総合評価がやや悪い 平均速度の情報がない
料金以外は他社に劣る
A なし 有料 なし × 有料
OCNのロゴ おすすめ度は平均的 月額料金が高い
20,000円のキャッシュバック
知名度が高い
B 217Mbps 20,000円 無料 12ヶ月 × 初回無料
@TCOMのロゴ おすすめ度はやや高い 月額料金が高い
静岡県だけ契約できない
B 207Mbps なし 無料 12ヶ月 × 初回無料
WAKWAKのロゴ おすすめ度はやや高い 月額料金が高い
平均速度が遅い
B 119Mbps なし 有料 なし × 有料
@ちゃんぷるネットのロゴ おすすめ度はやや高い 月額料金が高いタイプB
沖縄県のみ契約できる
B なし 無料 なし × 12ヶ月無料
AsahiNetのロゴ おすすめ度はやや高い 月額料金が高い
10ギガプランに対応
B 170Mbps なし 有料 なし サービスなし
TNCのロゴ おすすめ度はやや高い 月額料金が高い
静岡県のみ契約できる
B × なし 有料 12ヶ月 × 有料

実際に比較してみると、GMOとくとくBBが優秀なプロバイダであることが分かります。

6つのポイント全てをクリアしているほか、平均速度が1番速いうえに、最も高額のキャッシュバックがもらえるからです。

ドコモ光におけるプロバイダの選び方で重要な6つのポイント

注目ポイントを挙げている女の子

ドコモ光は、最大24社からプロバイダを自由に選べます。その中から最適なプロバイダを見つけるためにも、選ぶ際は以下の6つのポイントに注目するのが重要です。

プロバイダ選びで重要な6つのポイント

  • ①月額料金の安い「タイプA」か
  • ②利用者の平均速度は速いか
  • ③v6プラスに対応しているか
  • ④Wi-Fiルーターが無料レンタルできるか
  • ⑤キャッシュバックはあるか
  • ⑥セキュリティソフトは無料か

中でも、最も優先度が高いのは月額料金の安さ速度の速さです。この2点を抑えたうえで、残りの内容を比較して決めるのがベストです。

契約してから後悔しないためにも、これから解説するポイントをしっかり抑えてプロバイダを選びましょう!

①月額料金の安いタイプAか

ドコモ光をお得に利用するには月額料金の安いタイプAのプロバイダを選ぶのが重要です。ほかのタイプより、220~1,000円以上安く利用できます。

ドコモ光の主な契約プランは、選んだプロバイダによってタイプA、タイプB、単独タイプ、の3種類に分かれます。

それぞれ月額料金が違うので、下表にまとめてみました。

マンション 戸建て
タイプA 4,400円 5,720円
タイプB 4,620円 5,940円
単独タイプ 4,180円
+プロバイダ料
5,500円
+プロバイダ料

タイプによって変わるのは料金だけです。回線の品質やサービスに大きな違いはないので、最も安いタイプAを選ぶのがおすすめです。

ちなみに、単独タイプは、ドコモ光が指定する以外のプロバイダを別途契約するプランです。基本料金にプロバイダ料が加算されるため、ほかのタイプに比べて割高です。

例えば「Yahoo!BB」のシンプルプランを使った場合、プロバイダ料は、戸建て1,320円、マンション1,045円です。

合計額は、戸建てが6,820円、マンションが5,225円なので、タイプAよりも1,000円前後高くなります。

関連記事

▶ドコモ光の料金プランや最もお得に契約できる方法

タイプAとタイプBのプロバイダ一覧

タイプAとタイプBで選べるプロバイダは、以下の通りです。タイプAが18社、タイプBが6社から選択できます。

タイプAで選べるプロバイダ
GMOとくとくBBのロゴ ドコモnetのロゴ plalaのロゴ
@niftyのロゴ andlineのロゴ hi-hoのロゴ
BIGLOBEのロゴ SISのロゴ Tigers-netのロゴ
DTIのロゴ BB.exciteのロゴ Ic-netのロゴ
SYNAPSEのロゴ 楽天ブロードバンドのロゴ エディオンネットのロゴ
TikiTikiのロゴ @ネスクのロゴ COARAのロゴ
タイプBで選べるプロバイダ
OCNのロゴ @ちゃんぷるネットのロゴ @TCOMのロゴ
WAKWAKのロゴ AsahiNetのロゴ TNCのロゴ

タイプCは一部地域でしか契約できない

ドコモ光には、タイプCという特殊な契約プランもあります。

ドコモ光と提携のCATV(ケーブルテレビ)契約者だけが利用できるプランで、CTTVからドコモ光に工事不要で乗り換えられます。

料金はタイプAと同じで安いですが、回線速度が遅く、サービス提供エリアが限定的という大きな欠点があります。

②利用者の平均速度が速いか

PCゲームをやっている人のイラスト

次に重要なポイントが利用者の平均速度が速いプロバイダを選ぶことです。なぜなら、プロバイダごとの理論上の速度は同じでも、実際に出る速度差が大きいからです。

どれくらい変わるかというと、最速と最遅のプロバイダでは、平均速度が150Mbps以上も違います。

速度差があっても月額料金は変わりません。 余計なストレスを溜めないためにも、ドコモ光と契約する際は、利用者の平均速度が速いプロバイダを選びましょう。

ドコモ光のプロバイダ速度ランキング

ドコモ光の中で、利用者の平均速度が速いプロバイダをランキング形式でご紹介します!

下表は「みんなのネット回線速度」という、スピードテストの結果をまとめたサイトを参考に作成しています。(2021年3月1日付けで、過去3ヶ月間の平均速度を掲載しています)

プロバイダ 平均速度
1位 GMOとくとくBB 273Mbps
2位 BIGLOBE 249Mbps
3位 ドコモnet 228Mbps
4位 OCN 217Mbps
5位 Tigers-net 211Mbps
6位 plala(ぷらら) 209Mbps
7位 @T COM 207Mbps
8位 So-net 203Mbps
9位 DTI 197Mbps
10位 andline 192Mbps
11位 @nifty 190Mbps
12位 エディオンネット 183Mbps
13位 BB.excite 183Mbps
14位 ASAHIネット 170Mbps
15位 楽天ブロードバンド 160Mbps
16位 WAKWAK 119Mbps
17位 hi-ho 106Mbps

上表では、速度のデータがないプロバイダを除いた17社分の情報を掲載しています。

例えば、最も速度が遅いhi-hoだと、スマホやパソコンといった機器を同時につないだ場合、動画が途中で止まったり、画像表示がもたつく可能性が高いです。ゲームソフトのダウンロードにも時間がかかります。

快適な回線速度の目安

一般的に、快適な回線速度の目安は100Mbps以上とされています。

下表にて「Googleのヘルプページ」の内容を参考に、利用目的ごとに必要な回線速度をまとめてみました。

何をするか 必要な回線速度
LINEやSNS 1Mbps
Webサイトの閲覧 3Mbps
YouTubeなどの動画を1本再生 5~10Mbps
複数のYouTube動画を同時再生 10~30Mbps
同時に複数端末でHD動画を再生 30~50Mbps
オンラインゲームやビデオ会議 50Mbps以上
4K動画再生や対人オンラインゲーム(FPSなど) 100Mbps以上

「LINEでメッセージを送る」「Webサイトを閲覧する」「YouTube動画を視聴する」といった、日常的なネットの使い方では100Mbpsもあれば十分な速度ということが分かります。

ただし、利用者が多い時間帯では速度が下がりやすいため、目安ギリギリの速度ではストレスを感じる可能性があります。

その点、GMOとくとくBBの平均速度は目安を大きく超える273Mbpsです。日常生活で「遅い」とストレスを感じることはまずないでしょう。

③V6プラスに対応しているか

平均速度の差はプロバイダが「V6プラス」に対応しているかによって生じます。

v6プラスとは、回線の混雑する箇所を迂回して通信できる仕組みのことです。

速度遅延の原因である混雑を回避できるため、平日の夜間や休日のような、利用者が多い時間帯でもストレスを感じることなく快適なネット利用が可能です。

v6プラス

ドコモ光の中で、v6プラスに対応しているプロバイダは以下の通りです。

タイプA

GMOとくとくBB、plala、@nifty、BIGLOBE、Tigers-net、andline、hi-ho、SIS、ドコモnet、DTI、BB.excite、エディオンネット、ic-net、ネスク、01光コアラ

タイプB

OCN、@TCOM、WAKWAK、@ちゃんぷるネット、AsahiNet

なお、v6プラスを利用するには、対応したルーターを用意する必要があります。後述しますが、対応ルーターを無料レンタルできるプロバイダを選べば、余計な出費を抑えられます。

ほとんどのサイトで速度が速くなる

v6プラスを利用すれば、ほとんどのサイトで速度が速くなります。

ドコモ光では、次世代の通信規格であるIPv6が全プロバイダで利用可能です。しかし、同じIPv6といっても、実際には以下の3パターンに分かれています。

通信方式 回線速度
V6プラス
(IPv4 over IPv6)
ほとんどのサイトで速くなる
IPoE
IPv6通信
一部のサイトのみ速くなる
PPPoE
IPv6通信
回線速度は変わらない

一般的に「IPv6に対応していると速度が速くなる」と思われがちですが、実は速度に変化がない場合があります。

回線速度が向上する仕組みについて詳しく知りたい人は、以下の記事を読んでみてください。

関連記事

▶ドコモ光でIPv6を利用するための設定方法

山田さん 山田

V6プラスはプロバイダによって様々な名称で呼ばれています。IPv6オプション、IPv6サービス、といったものがありますが、名称が異なるだけで機能は同じです。

④v6プラス対応ルーターが無料レンタルできるか

上述のv6プラスを利用するには、V6プラス対応ルーターを用意する必要があります。市販のルーターを購入する場合、安くても3,000円以上、高性能なものであれば10,000円以上かかります。

しかし、プロバイダによってはV6プラス対応ルーターが無料でレンタルできます。

購入してもいいですが、使っている間に、次々と性能が良い製品が発売されるので、無料のものを使いまわしているほうが経済的です。

ちなみに、無料でレンタルできるプロバイダは以下の11社です。

タイプA

GMOとくとくBB、plala、@nifty、andline、hi-ho、BIGLOBE、SIS、Tigers-net

タイプB

OCN、@ちゃんぷるネット、@TCOM

余計な出費を減らすためにも、上記の中にあるプロバイダから選ぶのをおすすめします。

⑤キャッシュバックがもらえるか

ドコモ光には公式キャンペーンと独自キャンペーンの2種類があるの説明イラスト

プロバイダを選ぶ際はキャッシュバックを実施しているかも重要なポイントです。最高で20,000円の現金がもらえてお得だからです。

ドコモ光には「公式キャンペーン」と「独自キャンペーン」の2種類の特典があります。

公式キャンペーンは、ドコモ光が開催しているもので公式以外の窓口から申し込んだ場合でも適用されます。

ドコモ光の公式キャンペーン内容

  • ①ドコモのスマホ利用料が最大1,100円引き
  • ②工事費が完全無料
  • ③dポイントプレゼント
  • ④2年ごとの更新時に3,000ptのdポイント

一方、独自キャンペーンとは、代理店やプロバイダごとに実施している個別のキャンペーンです。公式とは異なり適用されるのは申し込んだ窓口のキャンペーンのみです。

ちなみに、ドコモ光のプロバイダで、独自のキャッシュバックを実施しているのは以下の4社だけです。

キャッシュバック
金額
GMOとくとくBB 20,000円
OCN 20,000円
@nifty 最大20,000円
ぷらら 15,000円

上記以外のプロバイダから申し込んでも、キャッシュバックはもらえません。もらえるほうが純粋にお得なので、プロバイダ選びの際は、実施の有無を必ず確認しましょう。

関連記事

▶ドコモ光で実施中のキャンペーンや1番お得な窓口を紹介

⑥セキュリティソフトが無料で使えるか

プロバイダのオプションサービスとしてセキュリティソフトが無料で使えるかも確認しておきましょう。有料だと年間で約6,000円もかかるため、その分の費用がお得になります。

また、無料で使えるプロバイダでも、無料期間がそれぞれ異なります。12ヶ月~36ヶ月の期間限定で無料なところもあれば、契約中はずっとタダで使えるところもあります。

以下、無料期間があるプロバイダ16社をまとめてみました。

タイプA

GMOとくとくBB、plala、@nifty、andline、hi-ho、BIGLOBE、SIS、Tigers-net、BB.excite、ic-net、ドコモnet、SYNAPSE、楽天ブロードバンド

タイプB

OCN、@TCOM、TNC

地味なポイントですが、回線の継続利用を前提に考えれば、費用面で大きな差がつきます。プロバイダを選ぶ際は、オプションサービスにも目を通しておきましょう。

GMOとくとくBBのメリット詳細

代理店からの申し込みが不安なら「GMOとくとくBB」がおすすめのイラスト

先ほどご紹介した、GMOとくとくBBが最もおすすめな理由について、各項目を個別に解説していきます!

GMOとくとくBBのメリット7つ

  • ①契約したユーザーからの評価が高い
  • ②月額料金がタイプAなので安い
  • ③平均速度がトップクラスに速い
  • ④20,000円のキャッシュバック
  • ⑤高性能Wi-Fiルーターが無料
  • ⑥セキュリティソフトが1年無料
  • ⑦10ギガプランに対応している

GMOとくとくBBは、ドコモ光におけるプロバイダ選びの6つのポイントをすべてクリアしています。

①契約したユーザーからの評価が高い

GMOとくとくBBはオリコンで2年連続総合1位

GMOとくとくBBは実際に利用したユーザーから高く評価されています。

その証拠に、2019~2020年の「オリコン顧客満足度ランキング」のプロバイダ部門において第1位を獲得しています。

オリコンの評価対象は51社あり、合計で約2万人の利用者から寄せられた評価を基準に順位が付けられているため、文句なしに優れたプロバイダと言えます。

実際に、Twitter上でも「GMOとくとくBBと契約して良かった」という投稿が数多く投稿されていました。

山田さん 山田

契約時の特典が豪華なだけでは、ここまで高く評価されることはないはずです。GMOとくとくBBが極めて高い品質のサービスを提供していることの裏付けと言えるでしょう!

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\9月末まで特別キャンペーン実施中!/

②タイプAなので月額料金が安い

電卓を持った女の子のイラスト

GMOとくとくBBは、ドコモ光の中で最も月額料金が安いタイプAのプロバイダです。実際の料金は、戸建てが5,720円で、マンションが4,400円です。

次に安いタイプBよりも220円安く、年間で2,640円も安く利用できます。

③v6プラス対応で平均速度がトップクラスに速い

ランキングのイラスト

GMOとくとくBBの平均速度は、ドコモ光のプロバイダの中でもトップクラスに速いです。

以下、ドコモ光のプロバイダの中で、平均速度の上位5社を比較してみました。数値は、ユーザーの回線速度を収集している「みんなのネット回線速度」というサイトの情報を記載しています。

(2021年3月1日付の結果を掲載しています)

プロバイダ 平均速度
1位 GMOとくとくBB 273Mbps
2位 BIGLOBE 249Mbps
3位 ドコモnet 228Mbps
4位 OCN 217Mbps
5位 Tigers-net 211Mbps

比べてみると、GMOとくとくBBが2位以下を引き離していることが分かります。

Twitterに投稿された利用者の投稿を見ても、速度に満足している内容が多いです。

また、GMOとくとくBBの公式サイトでは、下図にように毎月の平均速度を公開しています。

GMOとくとくBBが公表する平均速度

2021年4月末時点の平均速度は346Mbpsもあり、ご紹介した3月時点の速度から大きく向上していることが分かります。

日々、GMOとくとくBBが速度の改善に努めている証と言えるでしょう。

山田さん 山田

回線速度は、契約者ごとの利用環境や時間帯といった様々な要因によって変わるので、絶対に速度が出るとは言えません。

しかし、GMOとくとくBBは速度に満足しているユーザーが多く、実際の平均速度も速いため、ドコモ光の中で1番速度に期待できるプロバイダと言えます。

④Wi-Fiルーターが無料かつ高性能

ドコモ光×GMO Wi-Fi無料レンタル

GMOとくとくBBでは、高性能のWi-Fiルーターを無料レンタルできます。

また、無料レンタルできる12社のプロバイダの中で最も高性能なWi-Fiルーターがレンタル可能です。

具体的には、ルーターの性能を示す最大速度が他社の2倍もあります。他社の性能が867Mbpsに対して、GMOとくとくBBのルーターは1,733Mbpsです。

ルーターの性能によっても回線速度は大きく変動するため、GMOとくとくBBなら、より快適にインターネットが利用できると言えます。

加えて、37ヶ月間以上の継続レンタルで、解約時に返却が不要になる点も大きな魅力です。返却漏れによる、費用請求をされる心配もないです。

ルーターは3種類から選べる

GMOとくとくBBでは、3種類のWi-Fiルーターから好きなものをレンタルできます。どのルーターも最大速度が同じ1,733Mbpsなので、性能差はほとんどありません。

中でも、おすすめなのはNECの「Aterm WG2600HS」です。独自技術により通信が途切れにくいため、急にネットが使えなくなる可能性も少なくなります。

メーカー 型番 ルーター画像
NEC Aterm
WG2600HS
BUFFALO WSR
-2533DHP3
ELECOM
WRC
-2533GST2

各ルーターの特徴は、以下の通りです。ルーター選びにこだわる場合は、ぜひ参考にしてください。

NEC AtermWG2600HSの特徴

接続の安定性を重視する人におすすめ。ハイパワーシステムという独自技術により電波強度が高く、Wi-Fi接続の安定性が高い。

BUFFALO WSR-2533DHP3の特徴

スマホやタブレットといった利用端末が多い人におすすめ。内蔵された4本のアンテナにより、様々な向きや角度からの接続にも安定した通信が可能。

ELECOM WRC-2533GST2の特徴

3つの中で最も消費電力が少ないため、少しでも電気代を抑えたい人におすすめ。また、遮光パネルにより、夜間のLEDランプの点滅が目立たない。

どれを選んでも満足できる性能なので、デザインで選んでも良いでしょう。ただし、1度レンタルすると、あとから別のルーターに変更はできません。

⑤最高額の20,000円キャッシュバックがもらえる

キャッシュバックがもらえて嬉しい女性のイラスト

GMOとくとくBBと契約すると20,000円のキャッシュバックが受けられます。20,000円という金額はドコモ光のプロバイダの中で最高額です。

ちなみに、通常のルートでGMOとくとくBBを窓口にした場合は、オプション加入の有無によってキャッシュバックの金額が変わります。

GMOとくとくBBの通常のキャッシュバック
加入オプション キャッシュバック金額
ひかりTV for docomo
+
DAZN for docomo
20,000円
ひかりTV for docomo 18,000円
DAZN for docomo
または
スカパー!
15,000円
dTV
もしくは
dアニメストア
10,000円
加入しない 5,500円

しかし、当サイト限定の窓口を使った場合に限り、オプション不要で最高額の20,000円が貰えます!

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\9月末まで特別キャンペーン実施中!/

他社の違約金補助キャンペーンも開催中

ドコモ光 GMOとくとくBBの他社違約金補助キャンペーン

GMOとくとくBBでは、他社からドコモ光に乗り換える人を対象にした、違約金補助キャンペーンを実施しています。

他社を解約する際に発生する違約金や、工事費の残債といった乗り換え費用を最大20,000円まで負担してくれます。また、オプションへ加入しなくても上限額は20,000円のままです。

ただし、残念ながら、先ほど紹介したキャッシュバックとは併用不可です。

また、当サイトに限り、通常のキャッシュバック特典でも無条件で20,000円がもらえます。手続きも簡単なので、違約金補助のキャンペーンを選択する必要はありません。

⑥セキュリティソフトが12ヶ月間無料

GMOとくとくBB セキュリティソフト

GMOとくとくBBは、マカフィーが提供するセキュリティソフトが1年間無料で使えます。通常料金は月額550円なので、6,600円分お得に利用できます。

利用できるのは「マカフィー® マルチアクセス」で、パソコンやスマホなど、最大3台まで導入できます。

ウイルス対策以外にも、デバイス紛失時に遠隔でロックをかけたり、位置追跡やアラームを鳴らしたりできます。

また、TrueKeyという機能により、様々なサイトで利用するIDやパスワードを一元管理できるので、面倒な手間を省くことも可能です。

ただし、12ヶ月の無料期間が終了すると自動的に有料プランに切り替わります。もし、お試しで使うなら、いつからプランが切り替わるか忘れないようにしましょう。

⑦高速通信が可能な10Gプランに対応

ドコモ光10ギガ

6つのポイント以外に、高速通信プランである「10G(ギガ)プラン」に対応している点も優秀です。全24社の中で、10Gプランに対応しているプロバイダは9社しかありません。

タイプA

GMOとくとくBB、ドコモnet、plala、hi-ho、andline、ic-net

タイプB

BB.excite、AsahiNet、エディオンネット

10Gプランとは、ドコモ光が2020年4月から開始した高速通信サービスです。通常プランの10倍の速度を誇るプランで、速度への妥協を許さない人にはおすすめできます。

プロバイダが10Gに対応していることのメリットは、1Gから10Gへプラン変更する場合にプロバイダを変えなくて済むという点です。

プロバイダが対応していれば10Gプランに申し込むだけで済みます。しかし、プロバイダが対応していない場合、まずはプロバイダを変更する必要があります。

ちなみに、 現在、10Gプランの提供エリアは極めて限定的です。東京・大阪・名古屋の一部地域しか契約できません。

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\9月末まで特別キャンペーン実施中!/
山田さん 山田
GMOとくとくBBは、プロバイダとしてのスペックはもちろん、実際の利用者からの評価がとても高い会社です。ドコモ光と契約するなら、絶対におすすめです!

プロバイダはどれにした?100人アンケート

口コミをする人たちのイラスト

ドコモ光の利用者100名に対して、どのプロバイダと契約しているか調査を実施しました。

以下、プロバイダごとの契約数をまとめたので参考にしてください!結果として、最も多かったのはGMOとくとくBBで、全体の約4割を占めていました。

(アンケート期間は2021年1月~2月です)

契約者数
GMOとくとくBB 38人
ドコモnet 20人
plala 10人
OCN 10人
BIGLOBE 8人
@nifty 8人
andline 4人
楽天
ブロードバンド
2人
合計 100人

また、比較してみると独自のキャッシュバックがあるプロバイダが上位を占めています。

GMOとくとくBB以外に、plala、OCN、@niftyが実施しており、4社で全体の7割弱を占めています。やはりキャッシュバックを魅力的に感じている人が多いと言えそうです。

山田さん 山田

ちなみに、プロバイダを選ぶ際に最も重要視した項目についても、同時に調査しています。

結果は「月額料金が安いか」「魅力的なキャンペーンがあるか」「回線速度の評判が良いか」の順に回答が多かったです。

ドコモ光でプロバイダをGMOとくとくBBにして申し込む手順

代理店の窓口で申し込みしているイラスト

ここからは、実際にGMOとくとくBBを経由してドコモ光に申し込んでから、回線が開通するまでの流れについて詳しく解説します。

申し込み方法は「はじめて光回線を利用する人(新規)」と「フレッツ光や光コラボから乗り換える人(転用・事業者変更)」で違います。

それぞれ個別に解説するので、自身に当てはまる内容だけ確認したい場合は、以下のリンクを押してください。該当箇所にジャンプします。

申し込み手順

▼新規の申し込み手順
▼転用・事業者変更の申し込み手順

新規の場合の申し込み手順

ドコモ光に新規で申し込む場合の手順は、以下の通りです。

申し込みから開通までの流れ
  1. ①WEBから申し込む
  2. ②電話による内容確認と工事日の調整
  3. ③郵送物の受け取り
  4. ④工事完了後に利用開始

申し込みから利用開始までの目安は2週間~1ヶ月です。申し込んだらすぐ使えるわけではないため、利用日が決まっている場合は、早めに申し込むようにしましょう。

①WEBサイトから申し込む

まずは、GMOとくとくBBの「WEBサイト」にアクセスしましょう。サイトを開いたら、ページ上段の「お申込み」という赤いボタンを押してください。

GMOとくとくBBの申し込み窓口

ボタンを押すと、簡単なアンケートへの回答が求められます。全て2択なので、該当する内容を選択して「次に進む」を選択してください。

ドコモ光のGMO申し込み手順

続いて、申し込みに必要な個人情報・連絡希望日を入力します。必須項目は「氏名」「電話番号」「連絡希望日時」の3点です。

ドコモ光のGMO申し込み手順②

全ての必須項目が入力出来たら、ページの一番下にある「確認画面へ進む」という赤いボタンを押してください。

ドコモ光のGMO申し込み手順③

入力内容を確認し、間違いがなければ「申し込む」という赤いボタンを押してください。他社違約金還元キャンペーン受けたい場合は、このタイミングで「希望する」にチェックを入れておきましょう。

ドコモ光のGMO申し込み手順④

以上で手続きは終了です。あとはGMOとくとくBBからの電話連絡を待ちましょう。

②電話による内容確認と工事日の調整

申し込み時に希望した日時に、GMOとくとくBBから内容確認の電話がきます。

この電話では、入力した契約者情報の確認と、料金プランやキャンペーンの説明があります。疑問があれば質問しておきましょう。

ちなみに、違約金還元キャンペーンを希望した場合は、オペレーターから他社違約金の支払い証明書の提出方法が案内されます。

次に、ドコモ光から2回目の電話がかかってきます。

2回目の電話の内容は、工事日程の調整です。工事が終わらないとインターネットは利用できないので、都合の良い日程で調整しましょう。

③郵便物の受け取り

電話が終わってから工事日までの間に、GMOとくとくBBから以下の郵便物が届きます。

  • ・BBnavi(会員サービス)の登録証
  • ・インターネット接続用のID/PW
  • ・Wi-Fiルーターのレンタル方法
  • ・開通のご案内(IDや工事日の案内)

郵便物には、インターネット利用に必要なIDやPWが記載されたものが含まれています。

受け取っておかないと、工事が終わってもインターネットに接続できません。必ず工事日までに受け取っておくようにしてください。

山田さん 山田

もし、Wi-Fiルーターをレンタルするなら、このタイミングで手続きをしましょう。

詳細は後述の「Wi-Fiルーターのレンタル方法」で解説しているので参考にしてください!

④工事完了後に利用開始

ここまでくれば、あとは調整した工事日を迎えるだけです。開通工事が完了したら、PCやスマホとルーターを接続するだけでインターネットが使えます。

なお、光回線を自宅に初めて導入する場合、屋外・宅内の両方の工事になるため、全部で1~2時間ほどかかります。その間は立会いが必要なので、当日は時間を空けておきましょう。

工事が完了したら、事前に受け取ったインターネット接続用のIDとパスワードを設定してください。設定が終われば、晴れてインターネットが利用できます。

関連記事

▶ドコモ光の詳しい工事内容や当日の流れ

転用・事業者変更の場合の手順

「転用」の解説イラスト

ドコモ光に転用・事業者変更で申し込む場合の手順は、以下の通りです。乗り換えが終わるまでの日数は、5日~2週間が目安です。

申し込みから開通までの流れ
  1. ①承諾番号を取得する
  2. ②WEBから申し込む
  3. ③郵便物の受け取り
  4. ④切り換え完了後に利用開始
  5. ⑤以前のプロバイダを解約する(転用のみ)

フレッツ光から乗り換えるなら転用、光コラボから乗り換えるなら事業者変更になります。名称は異なりますが、手続き上の違いはほとんどありません。

また、フレッツ光や光コラボ以外の回線から乗り換える場合は新規契約扱いです。具体的には以下の回線が該当します。

光コラボに該当しないサービス

auひかり/NURO光/BBIQ光/コミュファ光/ピカラ光/eo光/メガエッグ光

上記回線に該当する場合は「新規の場合の申し込み手順」を参考にしてください。

①承諾番号を取得する

転用・事業者変更の場合は、ドコモ光へ申し込む前に承諾番号を取得する必要があります。

フレッツ光から転用する場合は、NTTから「転用承諾番号」を取得しましょう。以下のWEBサイトまたは電話で承諾番号取得の手続きができます。

Web 電話
NTT東日本 0120-140-202
NTT西日本 0120-553-104

電話受付は9~17時です。土日・祝日も手続き可能です。

他の光コラボから事業者変更する場合は「事業者変更承諾番号」が必要です。番号の取得先は加入している光回線によって異なるため、契約中の回線事業者に問い合わせてください。

なお、承諾番号には有効期限があり、発行した日を含めて15日間が期限です。そのため、取得したらすぐに申し込みましょう。

②WEBから申し込む

承諾番号を発行したら、GMOとくとくBBの「WEBサイト」から申し込みましょう。必要事項を入力して確認画面に遷移すると、以下の項目が出てきます。

ドコモ光×GMOとくとくBBで転用や事業者変更をする方法

転用の場合は「フレッツ光」を、事業者変更なら「コラボ光」を必ず選択しましょう。

申し込み完了後、GMOとくとくBBから電話がかかってきます。念のため、オペレーターにも転用や事業者変更である旨を伝えましょう。

③郵便物の受け取り

申し込みから数日後に、切り替え日が記載された開通案内が届くので確認しましょう。

④切り換え完了後に利用開始

切り替え日当日になると、自動的に契約先がドコモ光に切り替わります。

あとは、ルーターやホームゲートウェイなどの通信機器の設定をすればインターネットが利用できます。詳しい設定方法については、開通のご案内と一緒に同封されています。

⑤以前のプロバイダを解約する

フレッツ光から転用する人は、契約しているプロバイダの解約手続きを必ず実施しましょう。転用しても、プロバイダは自動解約されないからです。

解約し忘れると、ドコモ光とは別に、プロバイダの料金を支払い続けることになります。

ただし、フレッツ光でGMOとくとくBBを利用していた場合、解約手続きは不要です。

Wi-Fiルーターのレンタル方法

GMOとくとくBBからWi-Fiルーターをレンタルするには、以下の3つの方法があります。

GMOとくとくBB Wi-Fiルーターの申し込み方法

ちなみに、申し込んでからルーターが手元に届くまで数日かかるので、開通と同時にWi-Fiルーターを利用したい場合は、早めに手続きを済ませておきましょう。

以下、3つの方法について詳しく解説します。

SMSの手続き方法

SMSから申し込む場合の手順は、以下の通りです。なお、SMSは工事日の決定から、2~3営業日後に送信されます。

  1. 1.届いたSMSに記載されているリンクを押す
  2. 2.必要情報を入力しログインする
  3. 3.Wi-Fiルーターレンタルのバナーを押す
  4. 4.支払い方法を登録する
  5. 5.レンタルしたいルーターを選択する

BBnaviの手続き方法

GMOとくとくBBの会員ページ「BBnavi」から申し込む場合の手順は、以下通りです。IDとPWが書かれた登録証は、申し込み後に郵送されます。

  1. 1.登録証に記載のID/PWでログインする
  2. 2.支払方法の確認・変更・登録 を選択
  3. 3.支払い方法を登録する
  4. 4.現在ご利用中のサービス確認 を選択
  5. 5.Wi-Fiルーターレンタルサービスのお申込み手続き を選択
  6. 6.申込み を選択
  7. 7.レンタルしたいルーターを選択する

申し込みフォームでの手続き方法

会員ページのほか、WEB上の「申し込みフォーム」から申し込むこともできます。

アクセス後、生年月日・電話番号・契約者氏名を入力のうえ、手続きを進めて下さい。

キャッシュバックの受け取り方法

GMOとくとくBBのキャッシュバックの受け取り方法について、具体的な手順を解説します。

キャッシュバック受け取り手順

  1. 1.開通4ヶ月後にメールが届く
  2. 2.メール内容に従い、口座情報を登録する
  3. 3.口座登録した翌月末日に振り込まれる

まず、開通から4ヶ月後に、GMOとくとくBBからキャッシュバックに関する案内メールが届きます。

契約してから期間が空いてしまうので、忘れないようにスマホのスケジュールに登録したり、カレンダーに書き込んだりしておきましょう。

また、GMOとくとくBBからの連絡は、申し込み時に作成する基本メールアドレス宛に届きます。普段使っているアドレスとは別なので、メールを見逃さないようにしてください。

メールが届いたら、記載のURLにアクセスし、案内に従ってキャッシュバックの受け取り先口座を登録してください。

申請は以上で完了となり、申請完了月の翌月末日にキャッシュバックが振り込まれます。

なお、メール受信月の翌月末までに口座登録をしないと、キャッシュバックはもらえません。絶対に忘れないようにしましょう。

ドコモ光のプロバイダはいつでも変更できる

ドコモ光は契約後も別のプロバイダに変更できます。いつでも変更できるので、今のプロバイダに不満があれば、プロバイダの変更を検討しましょう。

ちなみに「確認君+」というサイトを使えば、自分が契約しているプロバイダをチェックできます。

プロバイダ確認方法

アクセス後、上図の赤枠で囲んだ箇所に契約中のプロバイダが表示されます。契約先が分からない場合は、ぜひ確認してみてください。

プロバイダの変更方法

プロバイダを変更する場合は「ドコモインフォメーションセンター」へ電話するか「ドコモショップ」にて手続き必要です。電話する場合の連絡先は以下の通りです。

ドコモインフォメーションセンター

  • ・ドコモ携帯:151
    ・一般電話:0120-800-000
    ・営業時間:10時~20時

電話がつながったら「7→1→3」の順にダイヤルすると、プロバイダ変更の窓口につながります。窓口のオペレーターに、GMOとくとくBBにプロバイダ変更したい旨を伝えましょう。

手続きの際、プロバイダの切り替え希望日があれば伝えてください。最短で10日後から設定できます。

手続きは以上で完了のため、あとは切り替え日を迎えれば、自動的にプロバイダが切り替わります。

手続きに必要なもの

プロバイダの変更をする際は、以下の情報が必要です。手続きがスムーズにできるよう、事前に用意しておきましょう。

なお、必要な情報はドコモのスマホの契約有無によって異なるので注意してください。

ドコモのスマホユーザー

  • ・ご契約者電話番号
  • ・ネットワーク暗証番号(4桁)

ドコモ以外のスマホユーザー

  • ・ドコモ光の契約ID(お客さまID)

オプションサービスに加入している場合はプロバイダへの解約手続きが必要

変更前のプロバイダでオプションサービスに加入している場合は、プロバイダにも解約の連絡が必要です。

また、場合によってはオプションの違約金が発生する可能性があります。

オプションについては、加入していることを忘れてしまうことも多いため、プロバイダ変更時に必ず確認しましょう。

プロバイダの変更にかかる料金

下表の通り、プロバイダを変更する場合、ほとんどのケースで3,300円の事務手数料が発生します。

変更パターン 事務手数料
タイプA→タイプA 3,300円
タイプB→タイプB
タイプA→タイプB
タイプB→タイプA
タイプA/B→単独プラン
単独タイプ→タイプA/B 無料

また、契約しているプロバイダによっては、違約金が発生する場合があります。

違約金の支払いが生じる可能性は低いですが、不安な場合は、契約中のプロバイダに問い合わせてみましょう。

ドコモ光のプロバイダについてのまとめ

ドコモ光は、プロバイダによって月額料金や回線速度、キャンペーンが大きく変わるため、各プロバイダの特徴をしっかりと比較して判断することが重要です。

具体的には、以下の6つのポイントに注目して判断しましょう。

プロバイダ選びで重要な6つのポイント

  • ①月額料金の安い「タイプA」か
  • ②利用者の平均速度は速いか
  • ③v6プラスに対応しているか
  • ④Wi-Fiルーターが無料レンタルできるか
  • ⑤キャッシュバックはあるか
  • ⑥セキュリティソフトは無料か

このポイントをしっかりと確認することで、契約後に後悔する可能性を大きく減らせます。

また、結論として、ドコモ光で最もおすすめのプロバイダはGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBのメリット7つ

  • ①契約したユーザーからの評価が高い
  • ②月額料金がタイプAなので安い
  • ③平均速度がトップクラスに速い
  • ④20,000円のキャッシュバック
  • ⑤高性能Wi-Fiルーターが無料
  • ⑥セキュリティソフトが1年無料
  • ⑦10ギガプランに対応している

GMOとくとくBBは、プロバイダとしてのスペック、キャッシュバック金額、利用者からの評判すべてにおいて優れています。

ドコモ光を快適に、かつお得に利用するなら、GMOとくとくBBから申し込みましょう!

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\9月末まで特別キャンペーン実施中!/

ドコモ光の記事

  • 一番お得なキャンペーン窓口

    ドコモスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!

    auスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!!

    ソフトバンクやワイモバイルのスマホ料金が安くなる!エヌズカンパニーからの申し込みが一番お得!

    人気の光回線6選
    人気の光回線6選

    光回線ごとの記事一覧