ドコモ光×@TCOMの評判は?プロバイダの口コミ・平均速度を大公開!

最終更新日:2021年08月19日
ドコモ光 T COM 評判

ドコモ光で選べるプロバイダの@TCOM(アットティーコム)について、徹底解説します!「プロバイダとしておすすめなの?」と疑問に思っている人は、ぜひ参考にしてください!

@TCOMは、ドコモ光のインターネット接続サービスとして「ドコモ光@TCOM」を提供しています。

この記事では、プロバイダを@TCOMにするメリット・デメリットを分かりやすく解説し、実際に利用している人の評判や口コミ、実測値などをご紹介します!

また、@TCOMよりもおすすめなプロバイダも解説しているので、ぜひ参考にしてください!

三瓶

当サイト「ヒカリク」の管理人。大手家電量販店で約4年間ほど光回線を担当。最適なプランがすぐに分かる。

おすすめ人気記事
「ドコモ光-キャンペーン」のアイキャッチ
ドコモ光のキャンペーン比較!代理店28社のキャッシュバック特典を徹底解説!
記事を読む
ドコモ光のおすすめプロバイダのアイキャッチ
ドコモ光のおすすめプロバイダは?全24社を徹底比較!
記事を読む
ドコモ光の評判や口コミのアイキャッチ
ドコモ光の評判や口コミ!デメリットなど悪い噂を事実と比較して徹底解説!
記事を読む
おすすめ人気記事
「ドコモ光-キャンペーン」のアイキャッチ
】ドコモ光のおすすめキャンペーン比較!代理店28社のキャッシュバック特典を徹底解説!
記事を読む
ドコモ光のおすすめプロバイダのアイキャッチ
ドコモ光のおすすめプロバイダは?全24社を徹底比較!【選び方も掲載】
記事を読む
ドコモ光の評判や口コミのアイキャッチ
ドコモ光の評判や口コミ!デメリットなど悪い噂を事実と比較して徹底解説!
記事を読む

ドコモ光×@TCOMはおすすめできないプロバイダ

@TCOMのロゴ

ドコモ光×@TCOMのおすすめ度は5点満点中2点です。利用者の評判が悪く、おすすめできないプロバイダです。

ドコモ光@TCOMは、ドコモ光の回線サービスと、@TCOMのネット接続サービスがセットになった光回線です。

タイプBに分類されるプロバイダなので、月額料金が少し高いです。利用者の実測値は、下り207Mbpsと平均的です。

プロバイダの評判 プロバイダの評判はやや良い
月額料金 タイプB
マンション:4,620円
戸建て:5,940円
接続方式 IPoE方式
IPv4 over IPv6
利用者の実測値 下り:207Mbps
上り:156Mbps
利用者の応答速度 21.01ms
Wi-Fiルーター 無料レンタルあり
セキュリティ TOKAI SAFE
(最大12ヶ月無料)
10Gプラン 未対応
提供エリア 全国
プロバイダ独自の
キャッシュバック
なし
利用可能な
メールアドレス数
1つ
(.t-com.ne.jp)
メールBOX容量 5GB or 無制限
(設定による)
提供条件書 プロバイダ提供条件書(PDF)

@TCOMの優れている点はIPv4 over IPv6に対応していることです。追加料金なしで、高速インターネット通信ができます。

利用者の実測値は「下り207Mbps/上り156Mbps」で、日常的なネットの利用には十分な通信速度です。

ちなみに、ドコモ光の月額料金には、プロバイダ料も含まれています。利用中に@TCOMから請求はなく、ドコモ光の料金として、戸建て4,620円、マンション5,940円を支払います。

▼ @TCOMヒカリとの違いはこちら ▼

ドコモ光で@TCOMをプロバイダにするメリット・デメリット

注目ポイントを挙げている女の子

@TCOMをプロバイダにするメリット・デメリットをそれぞれご紹介します!

@TCOMをプロバイダにするメリット

  • ・IPv6(IPoE)接続に対応している
  • ・IPoE対応ルーターを無料レンタルできる
  • ・セキュリティソフトが12ヶ月無料

@TCOMをプロバイダにするデメリット

  • ・タイプBだから月額料金が220円高い
  • ・独自のキャッシュバックがない
  • ・サポートサービスの無料特典がない
  • ・10Gプランに対応していない

@TCOMはメリットよりもデメリットのほうが多いです。とくに月額料金が少し高いことや、独自のキャッシュバックがないことは大きなデメリットです。

1番大きなメリットは、IPv6(IPoE)接続に対応していることです。ルーターを無料でレンタルできるので、費用なしで高速通信できます。

セキュリティソフトが12ヶ月無料で使えるメリットもありますが、他社のプロバイダでもよく実施されているキャンペーンなので、わざわざ@TCOMを選ぶ理由にはなりません。

@TCOMは独自のキャッシュバックがない

現在、@TCOMには独自のキャッシュバック特典がありません。

ドコモ光の公式サイトで実施している「工事費無料」や「dポイントプレゼント」などの特典は適用できますが、ほかのプロバイダを選んでも受け取れます。

ドコモ光公式と、プロバイダ独自のキャッシュバックを両方もらえるところを選ぶほうがおすすめです。

ちなみに、ドコモ光の公式サイトで実施しているキャンペーンは以下の通りです。

ドコモ光の公式キャンペーン

  • ・ドコモのスマホ利用料が最大1,100円引き
  • ・工事費用が完全無料
  • ・契約時にdポイントプレゼント
  • ・2年ごとの更新時に3,000ptのdポイント

@TCOMの公式からドコモ光を申し込んでも、工事費無料の特典は自動で適用されます。また、ドコモのスマホユーザーならセット割も組めます。

さらに詳しい解説

▶ドコモのスマホ割「ドコモ光セット割」の解説

▼ 1番おすすめなプロバイダは? ▼

ドコモ光×@TCOMの評判口コミ

口コミをする人たちのイラスト

ドコモ光で、実際に@TCOMをプロバイダにしている人の評判口コミを、以下にまとめました。

実際の利用者に対して、当サイト「ヒカリク」が独自にアンケート調査を実施しました。料金・回線速度・キャンペーン・オプションの4項目で評価をお願いしています。

@TCOMの口コミには「回線速度が遅い」や「回線が不安定」という悪い評価が多いです。

ただし「v6インターネット接続を申し込むことで回線速度が改善した」という口コミもいくつかありました。

利用環境やv6インターネット接続ができているかによって、回線速度にかなりの差があるようです。

口コミや評価の収集方法について
【調査方法】 クラウドソーシングサイト「ランサーズ」
【調査期間】 2020年7月~
【取得方法と掲載作業について】
・実際にドコモ光で@TCOMを利用している人の回答に限定しています。
・事実と異なる口コミが反映されないよう、当管理人が内容を確認したうえで使用しています。
・誤字や脱字があった場合は、回答者の意見に影響がない範囲で修正しています。

不満な男性のアイコン
回線がとても不安定で困ってます20代男性 / 東京都
30点 / 100点
20代男性
東京都
30点 / 100点
契約時期2020年 2月
利用人数1人
建物の種類マンション
セット割利用中
料金
ドコモ光×@TCOMの料金は平均的
回線速度
ドコモ光×@TCOMの回線速度は少し遅い
キャンペーン
ドコモ光×@TCOMのキャンペーンの質は少し悪い
オプション
ドコモ光×@TCOMのオプションサービスは平均的
契約して良かったと思う点
Wi-Fiルーターが無料でレンタルできるのは助かりますね。あと、ドコモスマホが安くなるのも助かってます。セキュリティソフトが無料になるサービスもあるみたいですけど、もともと使っているものがあるので登録していません。
契約して不満に思っている点
回線がとても不安定で困っています。タイミングによっては速度が十分に出ていて使いやすい時もあるんですけど、時間帯や曜日によってはかなり速度が下がって使い物になりません。調べたらプロバイダによってだいぶ変わるみたいなので、そろそろ他の会社に変えようかと思ってます。
2021年05月11日
不満な女性のアイコン
もっと安いタイプがあるのを知りませんでした…40代女性 / 群馬県
50点 / 100点
40代女性
群馬県
50点 / 100点
契約時期2020年 8月
利用人数3人
建物の種類戸建て
セット割利用中
料金
ドコモ光×@TCOMの料金は少し高い
回線速度
ドコモ光×@TCOMの回線速度は速い
キャンペーン
ドコモ光×@TCOMのキャンペーンの質は少し悪い
オプション
ドコモ光×@TCOMのオプションサービスは良い
契約して良かったと思う点
前に使ってた古いネット回線から初めて光回線に切り替えたんですけど、回線速度が速くてとても満足してます!いつも読み込みに時間が掛かってたサイトもサクサク見れるし、別次元ですね!家族3人でスマホを使っててもPCで映画を見ても固まったりしたことはないです!
契約して不満に思っている点
家電量販店の店員さんに勧められて@TCOMにしたんですけど、少し高いタイプっていうのを後から知って悔しい思いをしました!タイプB?っていうのに分類されるみたいなんですけど、タイプAのほうが料金が安いうえに内容は変わらないとか…。他のところならキャッシュバックもあったみたいなので先に知りたかったです!
2021年05月15日
男性のアイコン
v6接続の設定をすればだいぶ使いやすいです40代男性 / 京都府
70点 / 100点
40代男性
京都府
70点 / 100点
契約時期2020年 4月
利用人数4人
建物の種類戸建て
セット割利用なし
料金
ドコモ光×@TCOMの料金は安い
回線速度
ドコモ光×@TCOMの回線速度はとても速い
キャンペーン
ドコモ光×@TCOMのキャンペーンの質は平均的
オプション
ドコモ光×@TCOMのオプションサービスは平均的
契約して良かったと思う点
回線速度が遅かったのでサポートに問い合わせてみたところ、v6接続がされていると思っていたのにされていなかったようです。ちゃんと説明を聞いて設定してみたら、今までの何倍も速くなってストレスがなくなりました。結構気づかない人もいそうなので、自分がv6接続できているかどうかは確認したほうが良いですね。
契約して不満に思っている点
他社にあるようなキャッシュバックキャンペーンがないのが残念でした。あと、無料でレンタルできるルーターの性能があまり良くないので、速度や使う人数の問題で結局自分で買うことになりました。せっかくならもう少し性能の良いルーターを無料レンタルできたらありがたかったです。
2021年05月17日
不満な女性のアイコン
オンラインゲームができない20代女性 / 福島県
30点 / 100点
20代女性
福島県
30点 / 100点
契約時期2021年 1月
利用人数1人
建物の種類マンション
セット割利用中
料金
ドコモ光×@TCOMの料金は少し安い
回線速度
ドコモ光×@TCOMの回線速度は遅い
キャンペーン
ドコモ光×@TCOMのキャンペーンの質は少し悪い
オプション
ドコモ光×@TCOMのオプションサービスは少し悪い
契約して良かったと思う点
スマホのセット割の割引額も考えると、他社の光回線に比べて少し安めでした。プロバイダはよくわかってなかったので、店員さんのおすすめで@TCOMにしました。
契約して不満に思っている点
プロバイダに料金差があるのを知らなかったので、@TCOMが少し高いタイプなことが不満です。あと回線速度がかなり遅いし、時間帯によってかなり不安定です。趣味のオンラインゲームは夜はほとんどできません。ルーターの買い替えやプロバイダの見直しも考えてます。
2021年05月19日

ドコモ光×@TCOMの評判口コミまとめ

アンケートを取っている最中のイラスト

全体的に見ると回線速度に対する不満の声が目立ちました。v6インターネット接続ができていても、エリアによっては速度が遅くなる人もいるようです。

また、キャンペーン内容や料金に関する評判も、あまり良くないです。タイプBで月額料金が高いことや、キャッシュバックがないことを知らずに契約した人が多いようです。

家電量販店やドコモショップなどの店頭で勧められた場合は、他社のプロバイダの料金も調べたうえで比較したほうが良いです。

ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBが1番おすすめ

ドコモ光で選べる24社のプロバイダのうち、1番おすすめなのは「GMOとくとくBB」です。理由は以下の6つです。

GMOとくとくBBがおすすめな理由
  • ①タイプAなので月額料金が安い
  • 平均速度がトップクラスに速い
  • ③Wi-Fiルーターが無料かつ高性能
  • 最大20,000円のキャッシュバック
  • ⑤ウイルス対策ソフトが1年間無料
  • ⑥高速通信が可能な10Gプランに対応

月額料金が@TCOMより安いうえに、利用者の実測値が最も速いです。さらに、高性能のWi-Fiルーターを無料レンタルできるなど、全体的に@TCOMよりもスペックが良いです。

ドコモ光×GMOとくとくBBの性能については、下記の記事で詳しく解説しています。ぜひ、参考にしてください。

関連記事

▶ドコモ光×GMOとくとくBBの全情報まとめ

三瓶さん 三瓶
ここからは、ドコモ光@TCOMの主な特徴をそれぞれ解説していきます。

@TCOMはタイプBでタイプAよりも月額料金が220円高い

請求額が高い!なイラスト

@TCOMはタイプBに分類されるプロバイダなので、タイプAより月額料金が220円高く設定されています。

ドコモ光で選べるプロバイダは、タイプA・タイプB・単独タイプの3種類に分かれています。それぞれの違いは「月額料金」と「プロバイダの種類」だけです。

それぞれタイプごとの月額料金を、下表で比較しました。

マンション 戸建て
タイプA 4,400円 5,720円
タイプB 4,620円 5,940円
単独タイプ 4,180円
+プロバイダ料
5,500円
+プロバイダ料

ドコモ光を契約する際は、1番安いタイプAからプロバイダを選ぶのがおすすめです。

タイプAとタイプBで選べるプロバイダは、以下の通りです。タイプAが18社、タイプBが6社から選択できます。

タイプAで選べるプロバイダ
GMOとくとくBBのロゴ ドコモnetのロゴ plalaのロゴ
@niftyのロゴ andlineのロゴ hi-hoのロゴ
BIGLOBEのロゴ SISのロゴ Tigers-netのロゴ
DTIのロゴ BB.exciteのロゴ Ic-netのロゴ
SYNAPSEのロゴ 楽天ブロードバンドのロゴ エディオンネットのロゴ
TikiTikiのロゴ @ネスクのロゴ COARAのロゴ
タイプBで選べるプロバイダ
OCNのロゴ @ちゃんぷるネットのロゴ @TCOMのロゴ
WAKWAKのロゴ AsahiNetのロゴ TNCのロゴ

また、単独タイプは、ドコモ光とプロバイダを別々に契約するプランです。基本料金は安いですが、プロバイダ料が別途かかるため、結局はどのタイプよりも割高になります。

ドコモ光を契約する際は、あえて、月額料金が高いタイプBや単独タイプを選ぶメリットはありません。月額料金が安いタイプAのプロバイダを選ぶのが無難です。

利用者の実測値は7番目の速さ

ランキングのイラスト

@TCOMの実際の通信速度は、ドコモ光で選べるプロバイダ24社の中で7番目の速さです。最も速いGMOとくとくBBと比べると、70Mbpsほど速度が下がります。

下表に、プロバイダごとの平均速度をまとめたので参考にしてください。利用者が少なくてデータが収集できなかったプロバイダは除外したので、17社分の情報を掲載しています。

平均速度 料金タイプ
GMOとくとくBB 273Mbps A
BIGLOBE 249Mbps A
ドコモnet 228Mbps A
OCN 217Mbps B
タイガースネット 211Mbps A
ぷらら 209Mbps A
@TCOM 207Mbps B
DTI 197Mbps A
andline 192Mbps A
@nifty 190Mbps A
エディオンネット 183Mbps A
BB.excite 183Mbps A
Yahoo!BB 175Mbps 単独
ASAHIネット 170Mbps B
楽天ブロードバンド 160Mbps A
WAKWAK 119Mbps B
hi-ho 106Mbps A

上記の平均速度は「みんなのネット回線速度」という、実際の利用者の通信速度を収集しているサイトを参考にまとめたものです。2021年3月1日時点のデータを掲載しています。

各プロバイダを比べたところ、ドコモ光で1番速いのはGMOとくとくBBです。回線速度が速いうえに料金も安いので、プロバイダに悩んだらGMOとくとくBBにしたほうが良いです。

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\9月末まで特別キャンペーン実施中!/

実測値に対して評判がとても悪い

@TCOMの実測値は悪い数値ではありませんが、利用者からは酷評が多いです。

あらゆる通信で回線速度の向上が見込める「v6インターネット接続」に対応していますが、2019年9月1日以前から利用している人は申し込みが必要です。

中には「気づかないうちに従来の遅い回線を使っていた」という人もいました。

快適な回線速度の目安

快適な回線速度の目安は「ネットで何をするか?」によって異なります。下表では「Googleのヘルプページ」を参考に、目的ごとに必要な通信速度の目安を紹介します。

何をするか 必要な通信速度
LINEやSNS 1Mbps
Webサイトの閲覧 3Mbps
YouTubeなどの動画を1本再生 5~10Mbps
複数のYouTube動画を同時再生 10~30Mbps
同時に複数端末でHD動画を再生 30~50Mbps
オンラインゲームやビデオ会議 50Mbps以上
4K動画再生や対人オンラインゲーム(FPSなど) 100Mbps以上

「LINEでメッセージを送る」「Webサイトを閲覧する」「YouTube動画を視聴する」といった、日常的なネットの使い方では100Mbpsもあれば十分な速度ということが分かります。

@TCOMの平均速度は「下り207Mbps/上り156Mbps」なので、日常生活で「遅い」と感じることはほとんどないでしょう。

高速通信のIPv6(IPoE)接続に対応している

「IPv6・IPoE」と「IPv4とPPPoE」の説明

@TCOMは「v6インターネット接続機能(IPoE)」というサービス名でIPv4 over IPv6の高速通信に対応しているので、回線が混雑しにくいです。

上図のように従来の接続方式(PPPoE方式)だと、利用者の多い時間は速度が遅くなりやすい問題がありました。

しかしIPv4 over IPv6を使うことで、回線の混雑箇所を迂回してスムーズな通信が可能になりました。

プロバイダによってはIPv4 over IPv6が使えないこともあるので、@TCOMは回線が混雑しにくいプロバイダといえます。

2019年9月1日以降にドコモ光@TCOMに新規申し込みをした人は、手続きや申し込みなしで自動的に適用されます。

それ以外の人は申し込みが必要ですが、費用は掛かりません。ドコモ光@TCOMを申し込む際に、併せて申し込むとスムーズです。

三瓶さん 三瓶

IPv4 over IPv6は、v6プラス・IPv6接続オプション・v6アルファなど、プロバイダによって様々な名称で提供されていますが、内容は同じです。

@TCOMのほかにも、GMOとくとくBBやぷらら、OCNなどのプロバイダが対応しています。

v6インターネット接続はほとんどのサイトで通信速度が速くなる

@TCOM v6インターネット接続機能 説明画像

@TCOMのv6インターネット接続は、あらゆる通信で回線速度の向上が見込めます。

混雑する回線を避けて通信できるIPoE方式を使いながら、従来のIPv4のみに対応したサイトも閲覧できるようにするハイブリッドな仕組みだからです。

一般的には「IPv6にさえ対応していれば速度が速くなる」と思われがちですが、状況によっては速度に変化がない場合があります。

IPv6の種類と回線速度について、下表にまとめました。

通信方式 回線速度
v6インターネット接続
(IPv4 over IPv6)
ほとんどのサイトで速くなる
IPv6
IPoE方式
一部のサイトのみ速くなる
IPv6
PPPoE方式
回線速度は変わらない

IPv6に対応していても、PPPoE方式を利用すると回線速度は変わりません。どのサイトでも通信が速くなるのは、IPv4 over IPv6だけです。

つまり、v6インターネット接続機能は、時間帯・接続先にかかわらずに快適なネット利用ができます。

さらに詳しい解説

▶IPv6とIPoEの詳しい仕組みの解説

IPoE対応ルーターを無料でレンタルできる

スマホWi-Fi接続しているイラスト

ドコモ光のプロバイダを@TCOMにすると、IPoE対応ルーターを無料でレンタルできます。

先に解説した「v6インターネット接続機能」を使って通信するには、IPoE対応のルーターがないと利用できません。

自分で用意すると3,000~10,000円ほど掛かるので、無料でレンタルできるのは大きなメリットです。また、期限が設けられていないので、契約中はずっと無料で利用できます。

さらに高機能なルーターを使いたい人は、月額220~660円でレンタルできます。

ルーターの種類は、使用する世帯人数や用途によって3つのプランから選べます。下表に、それぞれのプランの特徴をまとめました。

ライトプラン スタンダードプラン プレミアム
プラン
月額料金 0円 220円 660円
メーカー アイ・オー・データ NEC
型番 WN-SX300GR WN-DX1167GR PA-WX3000HP
最大
推奨接続台数
8台 16台 32台
ルーターの特徴 一人暮らしや少人数で手軽に始めたい人におすすめ。 家族で複数のデバイスを同時に接続する人におすすめ。 通信範囲と通信速度を求める人におすすめ。(Wi-Fi6対応)

一般的な家庭であれば、無料のライトプランがおすすめです。

サポートサービスの無料特典がない

手でバッテンしている人のイラスト

本来プロバイダのキャンペーンには、サポートサービスが初回のみ無料になることが多いです。ただし、@TCOMにはサポートサービスの無料キャンペーンはありません。

@TCOMのサポートサービス「FOR YOU(フォーユー)」は初月だけ無料になりますが、2ヶ月目からは月額550円が掛かります。

また依頼する内容によっては、月額料金と別に高額な費用が掛かるので注意しましょう。

セキュリティソフトが12ヶ月無料になる

ドコモ光×@TCOMを契約すると「TOKAI SAFE」というセキュリティソフトが12ヶ月無料になります。

1つの契約で最大6台まで対応できるので、自宅のパソコンと家族全員のスマホにインストールする、という使い方もできます。

無料期間は申し込み月を含む12ヶ月なので、13ヶ月目以降は月額550円が掛かります。

GMOとくとくBBのほうが安くて速いのでおすすめ

ドコモ光のプロバイダは、@TCOMよりGMOとくとくBBのほうがおすすめです。タイプAで月額料金が220円安いうえに、利用者の平均速度が@TCOMよりも速いからです。

下記の表は、ドコモ光の主なプロバイダの平均速度とタイプをまとめたものです。GMOとくとくBBの回線速度が1番速いのが分かります。

平均速度 料金タイプ
GMOとくとくBB 273Mbps A
BIGLOBE 249Mbps A
ドコモnet 228Mbps A
OCN 217Mbps B
タイガースネット 211Mbps A
@TCOM 207Mbps B

GMOとくとくBBは、@TCOMよりも月額料金が安いタイプAのプロバイダです。しかも、プロバイダ独自のキャンペーンで最大20,000円のキャッシュバックを貰えます。

お得なうえに、通信品質も良いので、GMOとくとくBBのほうが@TCOMよりも絶対におすすめです!

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\9月末まで特別キャンペーン実施中!/

ドコモ光×@TCOMの申し込み方法

代理店の窓口で申し込みしているイラスト

ドコモ光のプロバイダのうち最もおすすめなのはGMOとくとくBBですが、どうしても@TCOMを使いたいという人のために申し込み方法を紹介します。

(ちなみに、GMOとくとくBBで申し込む場合でも、手続きの流れはほとんど同じです。窓口を「GMOとくとくBB」の公式サイトにするだけです)

ドコモ光@TCOMの申し込み方法は「はじめて光回線を利用する人(新規)」と「フレッツ光や光コラボから乗り換える(転用/事業者変更)」「ドコモ光のプロバイダ変更」で違います。

以下で、それぞれの申し込み手順について解説します。自分に当てはまる申し込み方法だけ確認したい人は以下のリンクを押すと解説箇所が直接表示されます。

三瓶さん 三瓶
現在利用中の回線によっては、転用/事業者変更による乗り換えに対応していないことがあります。例えば、auひかりやNURO光などです。この場合は、新規契約での手続きになります。

新規契約の場合

新規契約の申し込み手順は、以下の4ステップです。申し込みから利用開始までは2週間~1ヶ月が目安です。

新規契約の手順

  1. ①ドコモ公式サイトからドコモ光に申し込む
  2. ②電話でサービス内容の案内を受ける
  3. ③回線工事の日程調整をする
  4. ④回線の新規開通工事に立ち会う

それぞれのステップについて、以下で順番に説明します。

①ドコモ公式サイトからドコモ光に申し込む

まずは、ドコモ公式サイトからドコモ光のページを開きます。下のほうにある「新規契約」を押して案内に沿って進み「ドコモ光お申込み/ご相談フォーム」を開きましょう。

申し込みフォームを開いたら、氏名・住所・電話番号などの個人情報を入力しましょう。

個人情報の下には「連絡希望日・連絡希望時間帯」という項目があるので、連絡を受けるのに都合の良い日時を指定しましょう。

オペレーターの詳しい説明を聞きながら申し込みたい人は、電話からも申し込めます。

電話での申し込み窓口

電話番号 0120-976-425
受付時間 9:00~20:00

②電話でサービス内容の案内を受ける

申し込み時に指定した連絡の希望日時に、ドコモから折り返しの電話がきます。料金やサービスについての案内と、契約に関する確認の連絡です。

契約内容に問題がなければ、契約書と@TCOM会員登録証が後日送付されます。

③回線工事の日程調整をする

書面が送付されてきたら、以下の窓口に電話をして回線工事の日程調整をします。

ドコモ光サービスセンター

電話番号 0120-766-156(ドコモの携帯は15715)
受付時間 10:00~20:00(年中無休)

送付された書面の情報を見ながら、工事日を決めてください。

工事当日は立ち合いが必要なので、仕事やプライベートの予定がないタイミングで指定しましょう。作業時間は、1時間前後が目安です。

三瓶さん 三瓶
もし一定期間連絡がない場合、申し込みが取り消されることがあります。書面が届いたら、なるべく早く連絡を入れましょう。

④回線の新規開通工事に立ち会う

開通工事は部屋の中でも作業をするので、立ち合いが必要です。指定した日は、予定を入れないようにしましょう。作業は1時間前後で終わります。

開通工事が終わったあとは、通信機器の設定が必要です。工事前に機器が届くので、同封されている説明書を見ながら設定を行いましょう。

設定に自信がない人は、@TCOMのサポートサービス「FOR YOU」を利用する手もあります。

ただし、5,000円以上も費用が掛かるので、なるべく自分で調べて設定したほうが良いです。

転用/事業者変更による乗り換えの場合

「転用」の解説イラスト

転用や事業者変更による乗り換えの場合は、以下の3ステップです。乗り換え完了までは、5日~2週間が目安です。

転用/事業者変更の手順

  1. ①承諾番号を取得する
  2. ②@TCOMのサイトからドコモ光に申し込む
  3. ③回線切り替え後の機器設定をする

フレッツ光から乗り換えをする場合は「転用」で、光コラボから変更するときは「事業者変更」という手続きをします。

光コラボ(光コラボレーション)とは
光コラボとは「フレッツの回線網」と「プロバイダ」がセットになった回線サービスです。ドコモ光、ソフトバンク光、DTI光などが当てはまります。フレッツ光に比べ、月額料金が安くなったりスマホ割を受けられるメリットがあります。

どちらも手数料3,300円が掛かります。名称は異なりますが、手続きに違いはほとんどありません。

使っていた回線がフレッツ光や光コラボじゃない「独自回線タイプ」の場合は、新規契約することになります。独自回線タイプとは、具体的に以下の回線のことを指します。

独自回線タイプ

auひかり/NURO光/BBIQ光/コミュファ光/ピカラ光/eo光/メガエッグ光/auひかり ちゅら(沖縄)

独自回線タイプは、ドコモ光やソフトバンク光などの光コラボとは違い、NTTの回線設備を使わないので事業者変更に対応していません。

フレッツ光や光コラボからの乗り換え手順について、以下で解説します。

①承諾番号を取得する

ドコモ光@TCOMで転用や事業者変更の手続きをするには、承諾番号が必要です。承諾番号は、今までの光回線のホームページや問い合わせ窓口で取得できます。

フレッツ光からの転用の場合は、以下の窓口から発行できます。

フレッツ光からの転用窓口

NTT東日本 0120-140-202
NTT西日本 0120-553-104
受付時間 9:00~17:00(年末年始を除く)

承諾番号の有効期限は15日間(発行日も含む)ですが、番号の発行をしたら早めに申し込みましょう。期限ギリギリに申し込むと、有効期限内に手続きできないこともあるからです。

三瓶さん 三瓶
有効期限内に手続きが完了しない場合は、承諾番号を再発行しなければいけない可能性があります。

②ドコモのサイトからドコモ光に申し込む

承諾番号を発行したら、15日以内にドコモ光@TCOMへ申し込みましょう。

転用や事業者変更の場合は、ドコモインフォメーションセンターから手続きをするとスムーズです。

ドコモインフォメーションセンター

電話番号 0120-800-000(ドコモの携帯は151)
受付時間 9:00-20:00

電話をかけたら「7→1→3」の順にダイヤルを選択すると、転用と事業者変更の窓口に繋がります。手続きをするときに、プロバイダを@TCOMにしたいと伝えましょう。

電話は混み合っていることが多いので、時間に余裕があるときに連絡しましょう。

手続きから数日すると「開通のご案内」が届きます。切り替え日時について、記載してあるので必ず確認しましょう。

③回線切り替え後の機器設定をする

回線の切り替え日になったら、ルーターやホームゲートウェイなど通信機器の設定をしてください。詳しい設定方法については、開通のご案内と一緒に同封されています。

通信機器の設定をすれば、すぐにネットが使えるようになります。

三瓶さん 三瓶
転用や事業者変更の場合は、ドコモショップでも申し込みができます。不明点がある人や手続きが心配な人は、最寄りの店頭で手続きしましょう。

プロバイダ変更の場合

天秤にかけて比較している人のイラスト 

ドコモ光で他社のプロバイダを契約している場合、@TCOMに乗り換える手順は以下の2ステップです。申し込みから乗り換えまでの目安は、10日~2週間です。

プロバイダ変更の手順

  1. ①プロバイダ変更の手続きをする
  2. ②切り替え日にルーターを設定する

厳密には事業者変更に該当しますが、同じ光回線を使い続けるので承諾番号を発行する必要はありません。

詳しい手順は、以下で解説します。

①プロバイダ変更の手続きをする

プロバイダ変更の手続きは「ドコモインフォメーションセンター」からできます。以下の電話番号に連絡すると、15分程度で手続きが完了します。

ドコモ インフォメーションセンター

電話番号 0120-800-000(ドコモの携帯は151)
受付時間 9:00~20:00(年中無休)

電話が繋がったら「7→1→3」の順にダイヤルすると、プロバイダ変更の窓口に繋がります。窓口のオペレーターに、プロバイダを@TCOMに変更したいと伝えましょう。

手続きにはドコモ光の契約IDか、ドコモ携帯のネットワーク暗証番号が必要です。スムーズに進めるためにも、あらかじめ用意しておきましょう。

ドコモショップでも手続きできますが、手続きに30~40分くらい掛かります。スタッフが申し込み者に代わって変更依頼をするだけなので、自分で電話をしたほうが早いです。

手続きを終えると、数日後に「開通のご案内」が届きます。プロバイダの切り替え日が記載してあるので、確認しておきましょう。

②切り替え日にルーターを設定する

プロバイダの切り替え日に、ルーターやホームゲートウェイの設定をしましょう。他社のプロバイダで利用していた設定のままだと、インターネットへの接続ができません。

詳しい設定手順は「開通のご案内」に同封されています。設定が完了すると、インターネットに接続できます。

開通後の設定方法

ONUや周辺機器の接続方法

ドコモ光の工事が終わったあと、プロバイダの@TCOM接続する方法を解説します。

NTT回線終端装置(ONU)やWi-Fiルーターなどのレンタル機器が届いたら、LANケーブルで機器をそれぞれ接続しましょう。

繋げる順序は「光コンセント→NTT回線終端装置(ONU)→Wi-Fiルーター」です。

機器同士をLANケーブルで接続したら、ルーターの接続設定をします。Wi-Fiルーターの設定画面を開いて、@TCOM会員登録証に記載されているユーザーIDと@TCOMのパスワードを入力してください。

設定画面の操作方法については、同封されている説明書に詳しく書いてあります。

Wi-Fiの設定方法

ソフトバンクエアー SSID 暗号キー

パソコンやスマホをWi-Fiで接続する場合は、端末側でもWi-Fiの接続設定をする必要があります。

まずはじめに、ルーターの側面にSSIDが書かれているので、内容を確認します。初期設定状態だと、Wi-Fiのアクセスポイント名は側面に記載してあるSSIDが使われています。

次に、スマホのWi-Fi設定画面で周囲のWi-Fiをスキャンします。スキャンされたリストの中に、ルーターの側面に記載されているSSIDが表示されます。

同じようなSSIDが2種類ある場合は「〇〇-A」か「5Ghz」と書かれているほうが5GHz帯で「〇〇-G」か「2.4Ghz」と書かれているほうが2.4GHz帯です。

周波数帯によるそれぞれの特徴は、以下の通りです。

特長
2.4GHz帯
(〇〇-G)
周波数が低いので、電波が遠くまで届きやすく壁や床などの構造物にも強い。ただし、電子レンジやテレビなどの家電と同じ周波数帯のため、電波干渉が起きやすい。
5GHz帯
(〇〇-A)
Wi-Fi専用の周波数なので、家電との電波干渉が起きない。ただし、壁や床などの構造物に弱い。

接続先を選択するとパスワードの入力画面が表示されます。ルーターの側面に記載してあるパスワード(暗号キー)を入力しましょう。

入力したパスワードが認証されると、Wi-Fi通信でインターネットに接続できます。

ちなみに、ルーター側と端末に「AOSS」や「らくらく無線スタート」の機能がある場合、ルーターの設定ボタンを押すだけでWi-Fi接続ができます。

SSIDとパスワードを任意で設定する際の注意点

Wi-Fiの接続先であるSSIDとパスワードは、任意の文字列に変更できます。

SSIDは外部の人からも見えてしまうので、個人が特定できる情報やパスワードと同じ文字列を入れないようにしましょう。

また、特定されやすいパスワードに設定すると、不正アクセスされる原因になります。

「password」や「123456」などの文字列は使わないようにしましょう。

ドコモ光×@TCOMの問い合わせ窓口

電話をかけている人(光電話のイラスト)

ドコモ光のことで問い合わせたい場合は、内容によって窓口と連絡先が異なります。

問い合わせ内容ごとの窓口と連絡先を、下表にまとめました。

問い合わせ内容 問い合わせ先 窓口
契約前の相談 ドコモ光 公式サイト
新規契約の手続き 0120-976-425
転用・事業者変更の手続き 0120-800-000
(ドコモの携帯は151)
プロバイダ変更手続き
料金について
光電話・光テレビについて
NTT機器について
解約の手続き
開通工事について 0120-766-156
契約後の問い合わせ @TCOM 0120-805-633
会員サービスの申し込み
サポートサービスの申し込み
契約内容の変更
利用料金・パスワードの確認方法
接続設定について 0570-012-280
故障について
引っ越しについて 0120-987-065

@TCOMに問い合わせをする際は、会員登録証に記載されているユーザーIDが必要になるので、あらかじめ情報を用意しておきましょう。

プロバイダの提供サービスは@TCOMに問い合わせる

@TCOMが独自で提供している会員サービスについては、ドコモ光に問い合わせても対応してもらえません。

以下の独自サービスについては、@TCOMに問い合わせましょう。

@TCOMに問い合わせが必要なオプション

  • ・Wi-Fiルーターのレンタル
  • ・サポートサービス
  • ・セキュリティソフト
  • ・メールサービス

ネット回線に関する問い合わせはドコモ光へ、契約者向けのサービスについては@TCOMへ問い合わせれば問題ありません。

ドコモ光の解約時は@TCOMに連絡する必要はない

ドコモ光で解約手続きをすると、自動的に@TCOMのサービスも解約されます。オプションに加入していた場合も、個別に連絡をする必要はないです。

@TCOM会員サービスの継続を希望する場合は、@TCOMに問い合わせて継続したい旨を伝えましょう。

ドコモ光で最もおすすめなプロバイダはGMOとくとくBB

おすすめする女の子

ドコモ光は、24社の中から好きなプロバイダを選択できるのが特徴の光回線です。その中で最もおすすめのプロバイダはGMOとくとくBBです。

おすすめする理由は、以下の6つのメリットがあるからです。

GMOとくとくBBがおすすめな理由
  • ①タイプAなので月額料金が安い
  • ②平均速度がトップクラスに速い
  • ③Wi-Fiルーターが無料かつ高性能
  • ④最大20,000円のキャッシュバック
  • ⑤ウイルス対策ソフトが1年間無料
  • ⑥高速通信が可能な10Gプランに対応

6つの中でも、特に重要なのは「料金の安さ」「速度の速さ」「キャッシュバックの有無」です。プロバイダの選択次第で、大きく変わってしまうからです。

どのプロバイダがおすすめなのか分かりやすくするために、ドコモ光で契約できるプロバイダ24社を徹底的に比較してみました。

一覧表は横にスクロールできるので、プロバイダごとにどのような違いがあるか比べてみてください。

プロバイダ おすすめ度 タイプ 平均速度 v6プラス
対応状況
キャッシュ
バック
Wi-Fi
ルーター
レンタル
セキュリティ
ソフト
無料期間
10ギガ
対応状況
訪問サポート
GMOとくとくBBのロゴ 料金はとても安い A 273Mbps 20,000円 無料 12ヶ月 初回無料
plalaのロゴ おすすめ度はやや高い A 209Mbps 15,000円 無料 24ヶ月 初回無料
@niftyのロゴ おすすめ度はやや高い A 190Mbps 20,000円 無料 12ヶ月 × 初回無料
BIGLOBEのロゴ おすすめ度は平均的 A 249Mbps なし 無料 12ヶ月 × 初回無料
Tigers-netのロゴ おすすめ度は平均的 A 211Mbps なし 無料 永年 × 初回無料
andlineのロゴ おすすめ度は平均的 A 192Mbps なし 無料 12ヶ月 サービスなし
hi-hoのロゴ おすすめ度は平均的 A 106Mbps なし 無料 12ヶ月 初回無料
SISのロゴ おすすめ度は平均的 A なし 無料 永年 × 初回無料
ドコモnetのロゴ おすすめ度は平均的 A 228Mbps なし 有料 12ヶ月 有料
DTIのロゴ 総合評価がやや悪い A 197Mbps なし 有料 なし × 無料
BB.exciteのロゴ 総合評価がやや悪い A 183Mbps なし 有料 36ヶ月 有料
エディオンネットのロゴ 総合評価がやや悪い A 183Mbps なし 有料 なし 有料
楽天ブロードバンドのロゴ 総合評価がやや悪い A 160Mbps × なし 有料 12ヶ月 × 初回無料
Ic-netのロゴ 総合評価がやや悪い A なし 有料 永年 36ヶ月無料
SYNAPSEのロゴ 総合評価がやや悪い A × なし 有料 なし × 初回無料
TikiTikiのロゴ 総合評価がやや悪い A × なし 有料 なし × 有料
@ネスクのロゴ 総合評価がやや悪い A なし 有料 なし × サービスなし
COARAのロゴ 総合評価がやや悪い A なし 有料 なし × 有料
OCNのロゴ おすすめ度は平均的 B 217Mbps 20,000円 無料 12ヶ月 × 初回無料
@TCOMのロゴ おすすめ度はやや高い B 207Mbps なし 無料 12ヶ月 × 初回無料
WAKWAKのロゴ おすすめ度はやや高い B 119Mbps なし 有料 なし × 有料
@ちゃんぷるネットのロゴ おすすめ度はやや高い B なし 無料 なし × 12ヶ月無料
AsahiNetのロゴ おすすめ度はやや高い B 170Mbps なし 有料 なし サービスなし
TNCのロゴ おすすめ度はやや高い B × なし 有料 12ヶ月 × 有料
プロバイダ おすすめ度 タイプ 平均速度 v6プラス
対応状況
キャッシュ
バック
Wi-Fi
ルーター
レンタル
セキュリティ
ソフト
無料期間
10ギガ
対応状況
訪問サポート
GMOとくとくBBのロゴ 料金はとても安い A 273Mbps 20,000円 無料 12ヶ月 初回無料
plalaのロゴ おすすめ度はやや高い A 209Mbps 15,000円 無料 24ヶ月 初回無料
@niftyのロゴ おすすめ度はやや高い A 190Mbps 20,000円 無料 12ヶ月 × 初回無料
BIGLOBEのロゴ おすすめ度は平均的 A 249Mbps なし 無料 12ヶ月 × 初回無料
Tigers-netのロゴ おすすめ度は平均的 A 211Mbps なし 無料 永年 × 初回無料
andlineのロゴ おすすめ度は平均的 A 192Mbps なし 無料 12ヶ月 サービスなし
hi-hoのロゴ おすすめ度は平均的 A 106Mbps なし 無料 12ヶ月 初回無料
SISのロゴ おすすめ度は平均的 A なし 無料 永年 × 初回無料
ドコモnetのロゴ おすすめ度は平均的 A 228Mbps なし 有料 12ヶ月 有料
DTIのロゴ 総合評価がやや悪い A 197Mbps なし 有料 なし × 無料
BB.exciteのロゴ 総合評価がやや悪い A 183Mbps なし 有料 36ヶ月 有料
エディオンネットのロゴ 総合評価がやや悪い A 183Mbps なし 有料 なし 有料
楽天ブロードバンドのロゴ 総合評価がやや悪い A 160Mbps × なし 有料 12ヶ月 × 初回無料
Ic-netのロゴ 総合評価がやや悪い A なし 有料 永年 36ヶ月無料
SYNAPSEのロゴ 総合評価がやや悪い A × なし 有料 なし × 初回無料
TikiTikiのロゴ 総合評価がやや悪い A × なし 有料 なし × 有料
@ネスクのロゴ 総合評価がやや悪い A なし 有料 なし × サービスなし
COARAのロゴ 総合評価がやや悪い A なし 有料 なし × 有料
OCNのロゴ おすすめ度は平均的 B 217Mbps 20,000円 無料 12ヶ月 × 初回無料
@TCOMのロゴ おすすめ度はやや高い B 207Mbps なし 無料 12ヶ月 × 初回無料
WAKWAKのロゴ おすすめ度はやや高い B 119Mbps なし 有料 なし × 有料
@ちゃんぷるネットのロゴ おすすめ度はやや高い B なし 無料 なし × 12ヶ月無料
AsahiNetのロゴ おすすめ度はやや高い B 170Mbps なし 有料 なし サービスなし
TNCのロゴ おすすめ度はやや高い B × なし 有料 12ヶ月 × 有料

ドコモ光のプロバイダはタイプAとタイプBの2種類に分かれています。両者の違いは月額料金だけで、タイプAのほうが220円安いです。

プロバイダにこだわりがなければ、絶対にタイプAの中から選択するべきです。

また、利用者の平均速度もプロバイダごとに大きく変わります。最も速いGMOとくとくBBが273Mbpsあるのに対し、最も遅いhi-hoでは106Mbpsしかありません。

最後に、プロバイダによってキャッシュバック特典の有無も変わります。特典があるプロバイダが少ないので最大2万円の現金が貰えるGMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\9月末まで特別キャンペーン実施中!/

ドコモ光×@TCOMと@TCOMヒカリは別のサービス

@TCOMの回線サービスには「ドコモ光@TCOM」と「@TCOMヒカリ」がありますが、別々のサービスです。

それぞれの月額料金・回線速度・割引の違いについて、下表にまとめました。

ドコモ光@TCOM @TCOMヒカリ
月額料金
(マンション)
4,620円 4,180円
月額料金
(戸建て)
5,940円 5,610円
最大回線速度 1Gbps 1Gbps
利用者の実測値 209Mbps 180Mbps
スマホセット割 ドコモ
最大1,100円引き
LIBMO
最大330円引き

ドコモ光のほうが、月額料金が330~440円高いです。

ただし、ドコモユーザーであればスマホセット割を受けられるので、ドコモ光のほうがお得になります。スマホ回線がドコモ以外の場合は@TCOMヒカリのほうが安いです。

ドコモ光は、ドコモのスマホをセットで使うとスマホ料金が最大1,100円引きになります。@TCOMヒカリのセット割は、格安SIMの「LIBMO」のみ対象で最大330円引きです。

また、回線速度の実測値は、ドコモ光のほうが速いという結果が出ています。

私たちがおすすめしている光回線3選

3人家族でスマホセット割を適用した場合の2年間の割引額

現在、100社以上ある光回線の中で私たちがおすすめしているのは、ドコモ光ソフトバンク光auひかりの3社です。

お使いのスマホキャリアにあった光回線を選ぶことでスマホ料金が1台当たり1,100円安くなります。例えば、家族3人で同じキャリアを使っているなら毎月3,300円、2年間で約8万円の割引です!

また、大手企業が運営しているため、回線速度やサポート体制、キャッシュバック特典なども充実しています!

光回線 おすすめ理由
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーなら最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
無条件で2万円のキャッシュバック
解約費用の補助がある(最大2万円) お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ ソフトバンク・ワイモバイルがセット割
無条件で3.7万円キャッシュバック
乗り換え費用を最大10万円まで還元
回線速度が平均300Mbpsに大幅改善 お得なキャンペーン窓口
auひかりのロゴ auユーザーなら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
最大61,000円のキャッシュバック
独自回線で平均速度が375Mbpsと高速 お得なキャンペーン窓口

工事なしでネットを使うならhome5G

ドコモhome5Gロゴマーク

光回線の工事なしでインターネットを利用したいならドコモhome5Gがおすすめです。

オンライン申し込みが可能で、ドコモhome5Gが手元に届いた日からすぐにインターネットが使えます。

通信速度も最大4.2Gbpsと、光回線に負けない性能で、契約期間の縛りも一切ありません!

\最大通信速度4.2Gbps!工事不要のホームルーター/

ドコモ光の記事

  • 一番お得なキャンペーン窓口

    ドコモスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!

    auスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!!

    ソフトバンクやワイモバイルのスマホ料金が安くなる!エヌズカンパニーからの申し込みが一番お得!

    人気の光回線6選
    人気の光回線6選

    光回線ごとの記事一覧