ドコモ光でIPv6を利用するための設定方法をわかりやすく解説!

最終更新日:2021年08月18日
「ドコモ光のIPv6について」のアイキャッチ

「IPv6って何?」「IPv6を使うと回線速度が速くなるって本当?」「どうしたら使えるの?」といった疑問に、分かりやすくお答えします!

ドコモ光はどのプロバイダを利用してもIPv6が利用可能です。ただし、プロバイダによってはIPv6を使っても回線速度が速くならない場合があるため、注意が必要です。

この記事では、ドコモ光のIPv6の特徴や、プロバイダごとの違いについて、どこよりも分かりやすく解説しています。ドコモ光を契約する際の参考にしてください!

山田

元ネットワークエンジニア。回線速度の改善に役立つ情報を集め、実験するのが趣味。自宅でサーバーを構築している。

おすすめ人気記事
「ドコモ光-キャンペーン」のアイキャッチ
ドコモ光のキャンペーン比較!代理店28社のキャッシュバック特典を徹底解説!
記事を読む
ドコモ光のおすすめプロバイダのアイキャッチ
ドコモ光のおすすめプロバイダは?全24社を徹底比較!
記事を読む
ドコモ光の評判や口コミのアイキャッチ
ドコモ光の評判や口コミ!デメリットなど悪い噂を事実と比較して徹底解説!
記事を読む
おすすめ人気記事
「ドコモ光-キャンペーン」のアイキャッチ
】ドコモ光のおすすめキャンペーン比較!代理店28社のキャッシュバック特典を徹底解説!
記事を読む
ドコモ光のおすすめプロバイダのアイキャッチ
ドコモ光のおすすめプロバイダは?全24社を徹底比較!【選び方も掲載】
記事を読む
ドコモ光の評判や口コミのアイキャッチ
ドコモ光の評判や口コミ!デメリットなど悪い噂を事実と比較して徹底解説!
記事を読む

ドコモ光のIPv6とは

ドコモ光のIPv6は、簡単にいうとインターネット通信の新しいルールのことです。正式には、インターネット・プロトコル・バージョン6といいます。

これまで広く使われてきたIPv4という第4版のルールより優れています。

なにより最大のメリットは回線の混雑を回避して高速通信ができることです。これまで主流だったIPv4は、回線の混雑がしやすく、速度が低下しやすい特徴がありました。

IPv6では、回線の混雑に左右されず、スムーズにデータのやり取りが可能になります。

さらに詳しい解説

▶IPv6の仕組みについての詳しい解説

ドコモ光のIPv6はスムーズに高速通信ができる

「IPv6・IPoE」と「IPv4とPPPoE」の説明

ドコモ光のIPv6とは、回線の混雑箇所を回避することでいつでも安定して高速通信ができる仕組みです。

従来のIPv4の違いは、上図のように道路の幅で表現されることが多いです。

ドコモ光のIPv6は道路の幅が広く、利用者が少ないことから、回線が混雑しにくくデータの流れがスムーズです。回線が混雑しないため、従来のIPv4よりも高速通信が可能です。

とくに平日の夜間や、休日の利用者が集中して、回線が混雑するタイミングに効果を発揮します。

具体的な効果は、以下のものがあります。

ドコモ光のIPv6の具体的な効果

  1. ①Webページの読み込みが速くなる
  2. ②動画がスムーズに再生できる
  3. ③大容量のファイルであっても速くダウンロードができる

例えば、夜間に動画を視聴していて、スムーズに再生されない人は、効果が出やすいです。

山田さん 山田
簡単にまとめると、ドコモ光のIPv6を使うとIPv4よりも光回線の性能を発揮しやすくなります。回線の混雑状況に左右されず、いつでも安定した高速通信ができます。一方でIPv4は、回線の混雑状況の影響を受けやすいので、速度が低下しやすい特徴があります。

ドコモ光のIPv6は利用者から速くなったと評判がいい

口コミをする人たちのイラスト

ドコモ光のIPv6を使うと、回線速度が改善されたと評判です。


また、回線速度が800Mbpsを超えた人もいました。

みんなのネット回線速度」というユーザーが計測した速度を収集しているサイトによると、ドコモ光の平均速度は217Mbpsなので、かなり速いことがわかります。

接続先のサイトにもよりますが、回線速度の影響を受けにくくなったといえます。

ドコモ光でIPv6を利用する際の重要なポイント

注目ポイントを挙げている女の子

ドコモ光でIPv6を使う際には、重要なポイントが2つあります。

ドコモ光でIPv6を使う際の重要なポイント
  • ・V6プラスが使えるプロバイダを選ぶ
  • ・無料でV6プラス対応ルーターが使えるプロバイダを選ぶ

実は、ドコモ光のIPv6は必ず速度改善効果を得られるわけではありません。そのため、通信速度を重視する人は、重要なポイントについてしっかりと把握しておきましょう。

以下に、詳しくまとめたので、参考にしてください。

V6プラスが使えるプロバイダを選ぶ

ドコモ光でIPv6を利用する場合「V6プラス」に対応したプロバイダを選択しましょう。V6プラスに対応していれば、ほとんどのサイトで、通信速度が速くなるからです。

ドコモ光のIPv6は種類によって、性能が大きく異なります。種類ごとの特徴を以下にまとめました。

通信方式 回線速度
IPoE
V6プラス
ほとんどのサイトで速くなる
IPoE
IPv6通信
一部のサイトのみ速度が速くなる
PPPoE
IPv6通信
回線速度は変わらない

V6プラスに非対応だと、速度が速くなるサイトが少なかったり、なかには全く速度が速くならないものもあります。

V6プラスに対応していると、ほとんどのサイトで高速通信ができます。IPv6のサイトのほか、IPv4のサイトでも、速度改善効果があるからです。

IPv4のサイトにアクセスするときは、サイトに繋がる直前にIPv6からIPv4へ自動変換されるようになっています。回線の混雑箇所を回避してから、変換されるので速く通信ができます。

V6プラス非対応の場合は、変換機能がないので、IPv4のサイトではIPv4で繋がってしまします。

「IPv4 over IPv6」はV6プラスと中身は同じ

「IPv4 over IPv6」という機能は、V6プラスと全く同じ機能です。

プロバイダによって、サービス名称が異なるだけです。ほかにも「IPv6オプション」「IPv6接続機能」とだけ記載がある場合もあります。

山田さん 山田
「シナプス」や「ASAHIネット」といったプロバイダは「V6プラス(IPv4 over IPv6)」に非対応です。一部のサイトでしか回線速度が速くなりません。通信速度を重視する人には、不向きです。

無料でV6プラス対応ルーターが使えるプロバイダを選ぶ

ドコモ光でV6プラスを使うなら、V6プラス対応ルーターを無料でレンタルできるプロバイダを選びましょう。V6プラスを使うには対応ルーター必要です。

プロバイダによっては、有料オプションになっています。

市販品でも対応はできますが、わざわざ購入する必要はありません。使っているうちに、次々と性能がいいものが発売されるので、無料のものを使いまわしているほうが経済的です。

「V6プラス」対応のプロバイダ

「V6プラス」に対応したプロバイダを紹介します。

ドコモ光のプロバイダでは、V6プラス(サービス名称違いも含む)対応のプロバイダは24社中以下の18社です。

利用
申し込み
ルーターの
無料レンタル
GMOとくとくBB 不要
plala
@nifty
BIGLOBE
ドコモnet ×
@T COM
WAKWAK
DTI 必要
andline
スピーディア
インターネット
サービス
hi-ho
OCN
@ちゃんぷる
ネット
Tigers-net.com
IC-NET ×
BB.excite
エディオンネット
ネスク

V6プラスの申し込みが不要なプロバイダは、月額料金がかかりません。また設定も不要で開通と同時に「V6プラス」が使えるようになります。

ちなみに、V6プラス対応ルーターの無料レンタルができるのは「GMOとくとくBB」「plala」「@nifty」「BIGLOBE」の4社です。

ドコモ光で最もおすすめのプロバイダは「GMOとくとくBB」

条件を満たしている4社の中で、最もおすすめできるプロバイダは「GMOとくとくBB」です。理由は、無料レンタルできるルーターの性能が1番高いからです。

Wi-Fi通信の速度が圧倒的に速いです。以下で、他社のレンタルルーターと性能を比較しました。

Wi-Fi最大速度
(5GHz)
機種
GMOとくとくBB 1,700Mbps WG2600HS2
WSR-2533DHP3
WRC-2533GST2
@nifty 867Mbps WRC-1167GS2H-B
WSR-1166DHPL2
plala WG1200HS3
BIGLOBE

上表のとおり、GMOとくとくBBでレンタルできるWi-Fiルーターが、1番速いです。

V6プラスの性能を発揮するためには、Wi-Fiの通信性能も重要です。回線の混雑を回避できても、宅内で遅い通信しかできないのでは意味がありません。

Wi-Fi接続のノートパソコンのほか、家の中でスマホやタブレットを使う人なら、Wi-Fi性能も重要です。

山田さん 山田
GMOとくとくBBのV6プラスルーターは「WG2600HS2」がおすすめです。電波強度をアップするハイパワーシステムが搭載されているからです。電波強度が高いので、Wi-Fi接続の速度が安定します。
さらに詳しい解説

▶GMOとくとくBBの8つのメリット

ドコモ光で最もお得な申し込み窓口

ドコモ光は、プロバイダのGMOとくとくBBから申し込むのが一番おすすめです。ドコモ光公式のキャンペーンとは別に、プロバイダ独自のキャンペーンを実施しているからです!

GMOとくとくBBがおすすめな理由

  • ①利用者からの評価が極めて高い
  • 2万円キャッシュバックが無条件で貰える
  • 9月末まで総額100万円キャンペーン実施中
  • ④抽選で1万円分のAmazonギフト券が貰える
  • ⑤プロバイダ24社の中で最も回線速度が速い
  • ⑥高性能Wi-Fiルーターが無料レンタルできる
  • ⑦開通工事費が無料になる
  • ⑧セキュリティソフトが1年間無料
  • ⑨開通するまでモバイルWi-Fiが無料で使える

GMOとくとくBBの最大の特徴は、窓口の中で最高額20,000円のキャッシュバックが貰えることです。

本来、有料オプションに加入しない場合のキャッシュバックはたったの5,500円です。

ヒカリクを使えばドコモ光のキャッシュバックがオプション不要20,000円になる

しかし、当サイト限定のキャンペーンページなら、オプション加入無しで最高額の20,000円が特別に貰えます!

面倒な手続きも一切不要なので、申し込めば誰でも受け取れます。

さらに9月17日~9月30日の期間限定で、抽選で200名にAmazonギフト券5,000円が当たる総額100万円キャンペーンを実施中です!

ドコモ光を契約しようと考えている人は、この機会を逃さないようにしましょう!

【ヒカリク限定】抽選で毎月20名様にAmazonギフト券10,000円プレゼント

また、当サイトを使ってGMOとくとくBBに申し込んだ人のうちAmazonギフト券10,000円が毎月20名様に抽選でプレゼントされるキャンペーンを実施中です!

応募方法は、GMOとくとくBBのページからドコモ光に申し込んだ後に、折り返しの確認電話の際に「ヒカリクを見た」と伝えるだけです。

他のサイトでは実施していないヒカリク限定のキャンペーンです!キャッシュバックと合わせると合計30,000円還元のチャンスなので、ぜひとも活用してください!

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\9月末まで特別キャンペーン実施中!/

ドコモ光でIPv6が利用できているか確認する方法

ドコモ光を利用していて「自分がIPv6を使えているか分からない!」という人は、以下の方法のどちらかで、IPv6の利用状況を確認してみてください。

確認した結果、現時点でIPv4のみを利用している人で、IPv6の利用を希望する場合は、ドコモ光に問い合わせてみましょう。

IPv6確認サイトにアクセスして確認する

IPv6に対応していない場合は「あなたは IPv6 のみのサイトに到達できません」と表示される

IPv6の利用状況は「test-IPv6.com」というサイトにアクセスすれば、簡単に確認できます。

アクセス後、画面上に「IPv6 アドレスが検出されませんでした」と表示された場合は、IPv6は利用できていません。

もし、IPv6接続ができていない場合は、パソコン側で設定が必要です。以下の設定方法を試してみてください。

IPv6接続なのに速度が遅い原因

IPv6接続なのに速度が遅い原因

ネットの接続状況を確認するサイト「test-IPv6.com」で、IPv6接続ができているのに速度が出ないときは、次の可能性が考えられます。

IPv6接続なのに遅いときの原因
  1. ①プロバイダの問題
  2. ②ネットワーク機器が古い
  3. ③機器の不調
  4. ④パソコン側でIPv6が無効になっている
  5. ⑤マンションの設備の問題

IPv6接続なのに遅いときの原因と、対処法について詳しく解説します。

①プロバイダの問題

ドコモ光のIPv6はプロバイダによっては、速度改善効果が全くありません。

例えば、TNC・01光コアラ・TikiTikiの3社は、IPv6の性能がよくないので、速度が速くなりません。

多くのサイトで速度が速くなるのは「V6プラス」か「IPv4 over IPv6通信」に対応したプロバイダのみです。

関連記事

▶ドコモ光のプロバイダの比較

②ネットワーク機器が古い

ネットワーク機器が古いと、性能不足で速度が出ないことがあります。ネットに繋がっている機器が、1つでも性能が悪いものが混じっていると速度がでないことがあります。

10年以上同じ機器を使い続けている人は、買い直しをおすすめします。

また、手元のルーターがIPv6に非対応の場合も考えられます。プロバイダ側で無料レンタルができない場合ならば、エレコムの「WRC-1167GS2-B」がおすすめです。

約3,000円で購入できます。

③機器の不調

ネットに繋がっている機器が、どれか1つでも調子が悪くなると、通信速度が低下することがあります。

ネット周辺機器とは、主にモデム・Wi-Fiルーター・パソコンのような端末を指します。

とくに、モデム・Wi-Fiルーターは365日24時間使い続けているものなので、調子が悪くなることがあります。

これらの機器を再起動すると回線速度が改善されることがよくあります。

④パソコン側でIPv6が無効になっている

パソコン側でIPv6が無効の設定になっていると、IPv6接続が利用できません。初期状態ではIPv6は有効になっていることがほとんどですが、まれに設定が無効になっているケースがあります。

パソコン側のIPv6の有効化手順について説明します。

①はじめに、画面左下の「スタートボタン」を右クリックします。

PCのIPv6設定方法手順①

②「ネットワーク接続」(W)をクリックしてください。

PCのIPv6設定方法手順②

③「アダプターのオプションを変更する」をクリックしてください。

アダプタのオプションを変更するをクリックする

④「イーサネット」のアイコンを右クリックし「プロパティ」をクリックします。

「イーサネット」のアイコンを右クリックし「プロパティ」をクリック

※Wi-Fi接続の場合は「Wi-Fi」のアイコンを右クリックして「プロパティ」をクリックしてください。

PCのIPv6設定方法手順④-2

⑤「ネットワーク」タブを選択し「インターネット プロトコル バージョン6(TCP/IPv6)」にレ点が入っていればチェックを入れてください。

PCのIPv6設定方法手順⑤

設定は以上で完了です。

最初からチェックがついている場合は、既にIPv6が利用可能な状態です。

⑤マンションの設備の問題

マンションによっては、建物内の配線が光配線でないことがあります。「VDSL配線方式」と呼ばれる銅線ケーブルでの配線がされていた場合は、最高速度が100Mbpsです。

口コミで見るような600Mbpsの速度がでることは、まずありえません。

ただし「IPv6」の効果が全くないわけではありません。例えば、もし速度が20Mbpsを下回っているような人ならば、効果が出やすいです。

VDSLのマンションでも速ければ90Mbps以上でることがあります。100Mbps近く速度がでれば、日常的な用途なら快適に通信できます。

関連記事

▶配線方式ごとの実際の回線速度まとめ

ドコモ光の申し込み窓口はGMOとくとくBBがおすすめ

おすすめする女の子

ドコモ光に申し込むならプロバイダのGMOとくとくBBを窓口にするのがおすすめです。

実際に契約したユーザーからの評価が非常に高く、20,000円のキャッシュバックを筆頭に、様々なメリットを受けられるからです。

ドコモ光×GMOとくとくBBがおすすめな理由

  • ①利用者からの評価が極めて高い
  • 2万円キャッシュバックが無条件で貰える
  • 9月末まで総額100万円キャンペーン実施中
  • ④抽選で1万円分のAmazonギフト券が貰える
  • ⑤プロバイダ24社の中で最も回線速度が速い
  • ⑥高性能Wi-Fiルーターが無料レンタルできる
  • ⑦開通工事費が無料になる
  • ⑧セキュリティソフトが1年間無料
  • ⑨開通するまでモバイルWi-Fiが無料で使える

ただし、通常だとオプション加入なしの場合は5,500円のキャッシュバックしかありません。

ヒカリクを使えばドコモ光のキャッシュバックがオプション不要20,000円になる

ですが、当サイト限定のキャンペーンページから申し込めば、オプション不要でキャッシュバックが最高額の20,000円に上がります!

これは、他の代理店や、ドコモ光の公式サイトと比べて最もお得なキャンペーンです!

さらに9月17日~9月30日の期間限定で、抽選で200名にAmazonギフト券5,000円が当たる総額100万円キャンペーンを実施中です!

ドコモ光を契約しようと考えている人は、この機会を逃さないようにしましょう!

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\9月末まで特別キャンペーン実施中!/

利用者からの評価が極めて高い

GMOとくとくBBは、実際の利用者から高く評価されています。その証拠に、2019~2020年の「オリコン顧客満足度ランキング」のプロバイダ部門において第1位を獲得しています。

GMOとくとくBBはオリコンで2年連続総合1位

オリコンでは、回線速度、料金、サポートといった様々な評価項目について、約2万人の利用者から意見を収集して順位を決めています。

特に「通信速度・安定性」に関する評価が高いです。実際、ドコモ光のプロバイダの実測値を比べると、GMOとくとくBBが1番速いです。

プロバイダ名 利用者の平均速度
1位 GMOとくとくBB 273Mbps
2位 BIGLOBE 249Mbps
3位 ドコモnet 228Mbps
4位 OCN 211Mbps
5位 タイガースネット 209Mbps

キャッシュバックが多いだけでなく、GMOとくとくBBのサービス自体が高品質なため、とてもおすすめです!

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\9月末まで特別キャンペーン実施中!/

【ヒカリク限定】抽選で毎月20名様にAmazonギフト券10,000円分プレゼント

【ヒカリク限定】抽選で毎月20名様にAmazonギフト券10,000円分プレゼント

当サイトを経由してGMOとくとくBBに申し込んだ人のうち、抽選で毎月20名様にAmazonギフト券10,000円分がプレゼントされるキャンペーンを実施中です!

応募方法は、GMOとくとくBBのページからドコモ光に申し込んだ後の確認電話で「ヒカリクを見た」と伝えるだけです。

他のサイトでは実施していないヒカリク限定のキャンペーンです!キャッシュバックと合わせると合計30,000円還元のチャンスなので、ぜひとも活用してください!

キャッシュバック Amazon
ギフト券
還元額合計
GMO
とくとくBB
20,000円 10,000円 30,000円
@nifty 18,000円 なし 18,000円
ぷらら 15,000円 なし 15,000円
ネットナビ 15,000円 なし 15,000円
ドコモnet なし なし なし
\ヒカリクなら合計3万円還元のチャンス!/

私たちがおすすめしている光回線3選

3人家族でスマホセット割を適用した場合の2年間の割引額

現在、100社以上ある光回線の中で私たちがおすすめしているのは、ドコモ光ソフトバンク光auひかりの3社です。

お使いのスマホキャリアにあった光回線を選ぶことでスマホ料金が1台当たり1,100円安くなります。例えば、家族3人で同じキャリアを使っているなら毎月3,300円、2年間で約8万円の割引です!

また、大手企業が運営しているため、回線速度やサポート体制、キャッシュバック特典なども充実しています!

光回線 おすすめ理由
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーなら最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
無条件で2万円のキャッシュバック
解約費用の補助がある(最大2万円) お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ ソフトバンク・ワイモバイルがセット割
無条件で3.7万円キャッシュバック
乗り換え費用を最大10万円まで還元
回線速度が平均300Mbpsに大幅改善 お得なキャンペーン窓口
auひかりのロゴ auユーザーなら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
最大61,000円のキャッシュバック
独自回線で平均速度が375Mbpsと高速 お得なキャンペーン窓口

工事なしでネットを使うならhome5G

ドコモhome5Gロゴマーク

光回線の工事なしでインターネットを利用したいならドコモhome5Gがおすすめです。

オンライン申し込みが可能で、ドコモhome5Gが手元に届いた日からすぐにインターネットが使えます。

通信速度も最大4.2Gbpsと、光回線に負けない性能で、契約期間の縛りも一切ありません!

\最大通信速度4.2Gbps!工事不要のホームルーター/

ドコモ光の記事

  • 一番お得なキャンペーン窓口

    ドコモスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!

    auスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!!

    ソフトバンクやワイモバイルのスマホ料金が安くなる!エヌズカンパニーからの申し込みが一番お得!

    人気の光回線6選
    人気の光回線6選

    光回線ごとの記事一覧