ドコモ光×DTIの評判は悪い!プロバイダの口コミ・平均速度を大公開!

最終更新日:2021年08月19日
ドコモ光 DTI 評判

ドコモ光で選べるプロバイダ「DTI」について、徹底解説します!「ドコモ光のプロバイダとして、DTIはおすすめなの?」と疑問に思っている人は、ぜひ参考にしてください!

DTIは、ドコモ光のインターネット接続サービスとして「DTI with ドコモ光」を提供しています。

この記事では「DTI with ドコモ光」のメリット・デメリットを分かりやすく解説し、実際に利用している人の評判や口コミ、実測値などをご紹介します!

また、DTIよりもおすすめなプロバイダも解説しているので、ぜひ参考にしてください!

村野

更新月のたびに光回線を乗り換える変わり者。過去に使ってきたネット回線は、フレッツ光、ソフトバンク光、OCN光、ドコモ光の4社。

おすすめ人気記事
「ドコモ光-キャンペーン」のアイキャッチ
ドコモ光のキャンペーン比較!代理店28社のキャッシュバック特典を徹底解説!
記事を読む
ドコモ光のおすすめプロバイダのアイキャッチ
ドコモ光のおすすめプロバイダは?全24社を徹底比較!
記事を読む
ドコモ光の評判や口コミのアイキャッチ
ドコモ光の評判や口コミ!デメリットなど悪い噂を事実と比較して徹底解説!
記事を読む
おすすめ人気記事
「ドコモ光-キャンペーン」のアイキャッチ
】ドコモ光のおすすめキャンペーン比較!代理店28社のキャッシュバック特典を徹底解説!
記事を読む
ドコモ光のおすすめプロバイダのアイキャッチ
ドコモ光のおすすめプロバイダは?全24社を徹底比較!【選び方も掲載】
記事を読む
ドコモ光の評判や口コミのアイキャッチ
ドコモ光の評判や口コミ!デメリットなど悪い噂を事実と比較して徹底解説!
記事を読む

ドコモ光×DTIの評判は悪い

ドコモ光のプロバイダDTI

ドコモ光×DTIの評判は5点満点中2.0点で、おすすめできません

月額料金が安く済むという一面はありますが、通信障害が多かったり、サポートの利用が不便だという短所が目立ちます。

訪問サポートサービスがない、電話問い合わせには事前の予約が必要というプロバイダなので、光回線の接続に慣れていない人には向いていません。

またキャッシュバック特典もないです。

プロバイダの評判 プロバイダの評判はやや悪い
月額料金 タイプA
戸建て:5,720円
マンション:4,400円
接続方式 IPoE
IPv4 over IPv6
利用者の平均速度 下り:197Mbps
上り:187Mbps
利用者の応答速度 20.7ms
Wi-Fiルーター レンタルなし
セキュリティ オプションなし
10ギガプラン 非対応
提供エリア 全国
プロバイダ独自の
キャッシュバック
なし
メールサービスの
アドレス
1個だけ無料
(~~dream.jp)
提供条件書 プロバイダ提供条件書(PDF)

ドコモ光×DTIのサービスには「DTI with ドコモ光」という名称がついています。ドコモ光の回線サービスと、DTIのネット接続サービスがセットになった光回線サービスです。

利用者の平均速度は下り197Mbps上りは187Mbpsで、日常的な用途であれば十分な速度です。

DTIは「IPv6接続サービス」という名称で、IPv4 over IPv6の高速通信サービスを提供しているのが特徴的です。回線が混雑しやすい夜間帯でも、速度が低下しにくいです。

ただし頻繁に通信障害が起きているため、あまりおすすめではないです。

ドコモ光×DTIはメリットよりもデメリットのほうが多い

天秤にかけて比較している人のイラスト 

ドコモ光×DTIはメリットよりもデメリットのほうが多いです。DTIをプロバイダにするメリット・デメリットをそれぞれご紹介します!

DTIをプロバイダにするメリット

  • ・月額料金がタイプAなので安い
  • ・高速通信のIPv4 over IPv6に対応
  • ・DTIの優待施設を優待価格で利用できる

DTI光をプロバイダにするデメリット

  • プロバイダ独自のキャッシュバックがない
    ・Wi-Fiルーターのレンタルオプションがない
  • ・セキュリティソフトのオプションがない
  • ・訪問設定サポートがない
  • 問い合わせ窓口が1週間待ちの場合がある
  • ・10ギガプランを利用できない

ドコモ光×DTIは、メリットよりもデメリットのほうが多いです。最大のデメリットはプロバイダ独自のキャッシュバック特典がないことです。

また、Wi-Fiルーターの無料レンタルや、セキュリティオプション、訪問サポートなど、多くのプロバイダが提供しているサービスに対応していないことも欠点です。

ネットや機器の設定が苦手な人にはおすすめできないプロバイダです。

ドコモ光のキャンペーンは適用される

DTIにはプロバイダ独自のキャッシュバックがありませんが、ドコモ光が提供している公式特典は受けられます。

ドコモ光が実施している主な特典は以下の4つです。

ドコモ光の公式キャンペーン

  • ・ドコモのスマホ利用料が最大1,100円引き
  • ・工事費用が完全無料
  • ・契約時にdポイントプレゼント
  • ・2年ごとの更新時に3,000ptのdポイント

開通工事費が無料になったり、ドコモのスマホ利用料が安くなったりするのは、ドコモ光の大きなメリットです。

ただし、これらはDTI以外のプロバイダを選んだ場合でも適用されます。あえてDTIをプロバイダに選ぶメリットはないでしょう。

さらに詳しい解説

▶ドコモのスマホ割「ドコモ光セット割」の解説

▼ 1番おすすめなプロバイダは? ▼

ドコモ光×DTIの評判口コミ

口コミをする人たちのイラスト

ドコモ光で、実際にDTIをプロバイダにしている人の評判と口コミをご紹介します!

実際の利用者に対して、当サイト「ヒカリク」が独自にアンケート調査を実施しました。料金・回線速度・キャンペーン・オプションの4項目で評価をお願いしています。

DTIは月額料金の安さについては好評でしたが、一方で「初心者には難しい」「キャッシュバックがない」というネガティブな意見が目立ちました。

口コミや評価の収集方法について
【調査方法】 クラウドソーシングサイト「ランサーズ」
【調査期間】 2020年7月~
【取得方法と掲載作業について】
・実際にドコモ光でDTIを利用している人の回答に限定しています。
・事実と異なる口コミが反映されないよう、当管理人が内容を確認したうえで使用しています。
・誤字や脱字があった場合は、回答者の意見に影響がない範囲で修正しています。
不満な男性のアイコン
特典内容が残念だった30代男性 / 千葉県
75点 / 100点
30代男性
千葉県
75点 / 100点
契約時期2020年12月
利用人数4人
建物の種類戸建て
セット割利用中
料金
ドコモ光×DTIの料金はやや安い
回線速度
ドコモ光×DTIの回線速度は少し速い
キャンペーン
ドコモ光×DTIのキャンペーンの質は少し悪い
オプション
ドコモ光×DTIのオプションサービスは平均的
契約して良かったと思う点
スマホをauからドコモに変えたので、セット割が受けられるドコモ光に乗り換えました。結果、光回線とスマホの両方が安くなって良かったです。今まで使っていたソネット光プラスは途中で高くなったので、スマホに合わせて光回線も変えて大正解だったと思います。プロバイダはDTIにしたのですが、ソネットで使っていたv6プラスのルーターが使えるので助かっています。
契約して不満に思っている点
キャンペーン内容がショボいことにあとから気付いて、ちょっと残念に思っています。一応、dポイントを10,000pt貰いましたが、20,000円のキャッシュバックが貰えるプロバイダもありました。キャンペーン内容にも目を向けて、プロバイダを検討すればよかったです。
2021年05月08日
不満な女性のアイコン
初心者には正直難しいサービスでした…20代女性 / 京都府
45点 / 100点
20代女性
京都府
45点 / 100点
契約時期2020年11月
利用人数3人
建物の種類戸建て
セット割利用中
料金
ドコモ光×DTIの料金は安い
回線速度
ドコモ光×DTIの回線速度は少し遅い
キャンペーン
ドコモ光×DTIのキャンペーンの質は平均的
オプション
ドコモ光×DTIのオプションサービスはとても悪い
契約して良かったと思う点
DTIは、ドコモ光のプロバイダのなかでも月額料金が安くてよかったです。プロバイダに詳しくなかったので、それだけで契約しました。
契約して不満に思っている点
正直、プロバイダ選びはもっと慎重にすればよかったと後悔しています。はじめての光回線の契約だったので、初期設定に手間取りました。ママ友とそのことを話したら、プロバイダによっては無料で訪問サポートを受けられると知ってショックを受けました。また、毎日20時くらいになるとネットに繋がりにくくなるので問い合わせたら、私の購入したWi-Fiだと夜間に速度低下しやすいことが発覚しました。私のようなネットや機械に詳しくない初心者には難しいサービスのように感じます。
2020年11月26日
不満な男性のアイコン
使えるオプションが公式サイトの情報と違う60代男性 / 福井県
35点 / 100点
60代男性
福井県
35点 / 100点
契約時期2020年12月
利用人数2人
建物の種類マンション
セット割利用中
料金
ドコモ光×DTIの料金は平均的
回線速度
ドコモ光×DTIの回線速度は少し速い
キャンペーン
ドコモ光×DTIのキャンペーンの質はとても悪い
オプション
ドコモ光×DTIのオプションサービスはとても悪い
契約して良かったと思う点
とくにトラブルなくネットが使えている点はいいかと思います。以前フレッツ光で契約していたプロバイダでは、夜間にまともにネットが使えなくなることがありました。ドコモ光でプロバイダをDTIにしてからは、安定してネットが使えているように思えます。
契約して不満に思っている点
DTIのホームページに、受付が終了したオプションが載っていることに大きな不満を感じています。月額550円のマカフィーのセキュリティ対策が12ヶ月無料で使えると書いてあるのに、セキュリティオプションそのものが利用できませんでした。現在は新規受付が終了していて、契約中の人向けの表記のようです。ページによって「受付終了」と書いてたり書いてなかったりするので紛らわしいです。使えると思っていたものが、使えないので残念でたまりません。
2021年05月10日
不満な男性のアイコン
サポートに直接電話ができない20代男性 / 静岡県
60点 / 100点
20代男性
静岡県
60点 / 100点
契約時期2020年 6月
利用人数1人
建物の種類マンション
セット割利用中
料金
ドコモ光×DTIの料金は平均的
回線速度
ドコモ光×DTIの回線速度はとても速い
キャンペーン
ドコモ光×DTIのキャンペーンの質は悪い
オプション
ドコモ光×DTIのオプションサービスはやや悪い
契約して良かったと思う点
今までポケットWi-Fiを使っていたのですが、在宅ワークが始まってから速度の遅さに耐えきれず乗り換えました。結果的に、回線速度が劇的に速くなったので良かったです。また、工事費無料で光回線が使えたことには感激しました。長く住んでいる予定の家でなくても気軽に光回線を契約できました。
契約して不満に思っている点
サポートの電話に直接かけられないことが不便に感じました。問い合わせをする際はネットで予約して、コールバックしてもらう必要があります。しかも、予約がパンパンに埋まっているので、1週間近く待ち時間が必要です。IPv6接続のオプションを使いたかっただけなのに随分待たされました。疑問点やトラブルがなければいいのだと思いますが、何かある度に待たされるのには不安を感じます。
2020年12月11日

ドコモ光×DTIの評判口コミまとめ

アンケートを取っている最中のイラスト

DTIには「キャッシュバックがないのでお得感がなかった」「訪問サポートがないため初期設定が不安だった」などのネガティブな意見が目立ちました。

また、問い合わせの前に予約が必要なことも不満として挙げられていました。折り返しの電話を待つシステムなので、使い勝手が悪いです。

総じて「他のプロバイダを選べば良かった」という意見が多かったです。

ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ

ドコモ光で選べる24社のプロバイダのうち、1番おすすめなのは「GMOとくとくBB」です。以下の6つの理由から最もおすすめできるといえます。

GMOとくとくBBがおすすめな理由
  • ①タイプAなので月額料金が安い
  • 平均速度がトップクラスに速い
  • ③Wi-Fiルーターが無料かつ高性能
  • 最大20,000円のキャッシュバック
  • ⑤ウイルス対策ソフトが1年間無料
  • ⑥高速通信が可能な10Gプランに対応

GMOとくとくBBを選ぶ最大のメリットは、ドコモのスマホを使っている人なら、最大20,000円のキャッシュバックが貰えることです。

ドコモ光の公式特典であるdポイントの付与は2,000ptだけですが、キャッシュバックも含めるなたGMOとくとくBBのほうがお得です。

さらに、DTIと同じ月額料金なのに回線品質はGMOとくとくBBのほうが優れています。

DTIは平均速度が197Mbpsですが、GMOとくとくBBは273Mbpsでます。

ドコモ光×GMOとくとくBBの性能については、下記の記事で詳しく解説しています。ぜひ、参考にしてください。

関連記事

▶ドコモ光×GMOとくとくBBの全情報まとめ

DTIはタイプAだからタイプBよりも月額料金が220円安い

電卓を持った女の子のイラスト

DTIは、ドコモ光のなかで1番安い「タイプA」の月額料金が適用されます。

ドコモ光の契約プランは主に、タイプA・タイプB・単独プランの3種類があります。タイプAのDTIは、タイプBのプロバイダより220円安いです。

タイプごとの月額料金を下記の表にまとめたので、参考にしてください。

戸建て マンション
タイプA 5,720円 4,400円
タイプB 5,940円 4,620円
単独タイプ 5,500円
+プロバイダ料
4,180円
+プロバイダ料

タイプによる違いは月額料金だけです。例えば、割高なタイプBを選んだからといって、回線品質が良くなるわけではありません。

ドコモ光を利用するなら、タイプAのプロバイダを選ぶのがおすすめです。タイプAとタイプBのプロバイダをまとめたので、参考にしてください。

タイプAのプロバイダ

DTI/ドコモnet/GMOとくとくBB/ぷらら/BIGLOBE/@nifty/BB.excite/SPEEDIA/andline/hi-ho/ic-net/楽天ブロードバンド/エディオンネット/SYNAPSE/タイガースネット/TIKITIKI/@ネスク/01コアラ

タイプBのプロバイダ

OCN/@TCOM/AsahiNet/TNC/@ちゃんぷるネット/WAKWAK

単独タイプは、ドコモ光とプロバイダを別々に契約するプランです。基本料金は安いですが、プロバイダ料が別途かかるため、結局はどのタイプよりも割高になります。

ドコモ光を契約する際は、あえて、月額料金が高いタイプBや単独タイプを選ぶメリットはありません。月額料金が安いタイプAのプロバイダを選ぶのが無難です。

プロバイダ独自のキャッシュバックがない

DTIにはプロバイダ独自のキャッシュバックがないです。他社では、公式とプロバイダの特典をダブルで受け取れることが珍しくないため、DTIの大きな欠点といえます。

プロバイダ独自のキャッシュバックを設定している業者について、以下にまとめました。

キャッシュバック 料金タイプ
DTI なし A
GMOとくとくBB 最大20,000円 A
@nifty 最大20,000円 A
OCN 最大20,000円 B
ぷらら 最大15,000円 A

GMOとくとくBB、@nifty、OCNであれば、最大20,000円のキャッシュバックをもらえることが分かります。

お得にドコモ光を利用したい人は、3社のなかからプロバイダに選ぶのが良いでしょう。

関連記事

▶ドコモ光×GMOとくとくBBの全情報まとめ
▶ドコモ光×@niftyの全情報まとめ
▶ドコモ光×OCNの全情報まとめ

回線の実測値は8番目の速さ

PCで調べものしている人のイラスト

DTIの実際の通信速度は、ドコモ光で選べる24社のなかで8番目です。それなりの速さですが、最も速いGMOとくとくBBと比べると、70Mbpsほど遅いです。

下記の表に、プロバイダごとの平均速度をまとめてあります。利用者が少なくてデータが収集できなかったプロバイダは除外したので、17社分の情報を掲載しています。

平均速度 料金タイプ
GMOとくとくBB 273Mbps A
BIGLOBE 249Mbps A
ドコモnet 228Mbps A
OCN 217Mbps B
タイガースネット 211Mbps A
ぷらら 209Mbps A
@TCOM 207Mbps B
DTI 197Mbps A
andline 192Mbps A
@nifty 190Mbps A
エディオンネット 183Mbps A
BB.excite 183Mbps A
Yahoo!BB 175Mbps 単独
ASAHIネット 170Mbps B
楽天ブロードバンド 160Mbps A
WAKWAK 119Mbps B
hi-ho 106Mbps A

上記の平均速度は「みんなのネット回線速度」という、実際の利用者の通信速度を収集しているサイトを参考にまとめたものです。2021年3月1日時点のデータを掲載しています。

各プロバイダを比べたところ、ドコモ光で1番速いのはGMOとくとくBBです。DTIは8位なので、特別速いわけではありません。

快適な通信速度の目安

ネットをするときの快適な通信速度は、日常的な使い方なら100Mbpsあれば十分です。

利用する目的ごとに必要な通信速度を「Googleのヘルプページ」を参考にまとめたので、参考にしてください。

1~10Mbps
最低限使える
・LINE
・メール
10~20Mbps
1人なら普通に使える
・ネットショッピング
・YouTube
50~100Mbps
何でも快適
・高品質の映画
・オンラインゲーム

上表から「LINEやメールでメッセージを送る」「Amazonで商品を購入する」「YouTubeで動画を見る」という使い方なら、100Mbpsあれば十分だとわかります。

DTIの平均回線速度は197Mbpsなので、日常的な用途においてストレスを感じる可能性は低いでしょう。

ただし、複数の端末で別々に映画を見たり、FPSのようなオンラインゲームを遊ぶには向いていません。

高速通信のIPv4 over IPv6に対応している

「IPv6・IPoE」と「IPv4とPPPoE」の説明

DTIは、高速通信ができるIPv4 over IPv6という接続方法に対応しています。IPv6接続サービスというオプション名で無料提供されています。

従来の接続方式では、平日の夜間や休日のような、利用者の多い時間は速度が遅くなりやすい問題がありました。

しかし、IPv6接続サービスを使うことで、回線の混雑箇所を迂回して通信ができます。いつでも快適な通信が可能です。

プロバイダによってはIPv4 over IPv6を使えない場合があるので、IPv6接続サービスが使えることはDTIの強みの一つだと言えます。

IPv6接続サービスの適用は無料です。ただし、回線の開通後すぐに使えるわけではなく、DTIの会員サイトから申し込みが必要です。

また、接続時には、DTIのIPv6接続サービスに対応したルーターやホームゲートウェイが必要です。

村野さん 村野

IPv4 over IPv6の機能は、プロバイダによってv6プラス・IPv6接続オプション・v6アルファなど様々な名称で提供されていますが、内容は同じです。

DTIのほかにも、GMOとくとくBBや@nifty、OCNなどのプロバイダが対応しています。

IPv6接続サービスはほとんどのサイトで通信速度が速くなる

IPv6接続サービスは、ほとんどのサイトで通信速度が速くなります。

一般的に「IPv6に対応していると速度が速くなる」と思われがちですが、実は速度に変化がない場合があります。

同じIPv6でも3パターンあるのですが、どのサイトでも通信が速くなるのは1種類しかありません。IPv6の種類については下表にまとめたので参考にしてください。

通信方式 通信速度
IPv4 over IPv6
(IPv6接続サービス)
ほとんどのサイトで速くなる
IPoE
IPv6通信
一部のサイトのみ速くなる
(対応したサイトはほぼない)
PPPoE
IPv6通信
通信速度は変わらない

「IPoE・IPv6通信」「PPPoE・IPv6通信」が採用されているプロバイダの場合は「IPv4 over IPv6」ほど速くないです。

DTIは、IPv4 over IPv6通信を採用しているので、多くのサイトで通信が速くなります。

IPv6接続サービスに対応した市販のルーター

NECのWi-Fiルーター

IPv6接続サービスを使うには、対応ルーターが必要です。DTIにレンタルサービスはないので、自分で用意しなくてはなりません。

DTI with ドコモ光を契約する人は「v6プラス」と書かれたルーターを用意しましょう。下記のルーターであれば、v6プラスに対応しています。

対応ルーター 参考価格 Wi-Fiの
通信速度
NEC WG1200HS4 3,900円 867Mbps
WG2600HS2 7,500円 1,733Mbps
バッファロー WSR-1166DHPL2 3,400円 866Mbps
WSR-3200AX4S 11,000円 2,401Mbps
エレコム WRC-1167GS2-B 3,600円 867Mbps
IO DATA WN-DEAX1800GR 6,500円 1,201Mbps
tp-link Archer AX73 12,000円 4,804Mbps

おすすめはエレコムの「WRC-1167GS2-B」か、NECの「WG2600HS2」です。この2機種は、Amazonや楽天市場などでのユーザーレビューも高評価が多いです。

とくにNECのルーターが人気です。

もし、手元の機器の対応状況を知りたい場合は「DTIの公式サイト」から確認できます。

村野さん 村野

2020年1月5以前に契約した人は、v6プラス対応ルーターでIPv6接続できない場合があります。v6プラスだけではなく、OCNバーチャルコネクトという仕組みでもサービスが提供されていたからです。

上記の表で紹介したルーターはどちらの仕組みにも対応しているので、契約時期を気にせず、安心して使えます。

光電話を契約する人は対応ルーターが不要なケースがある

光電話を契約する人は、NTTから貸し出される「ホームゲートウェイ」がIPv6接続サービスに対応した機種なら、自前で専用のルーターを用意する必要はありません。

IPv6接続サービス対応のホームゲートウェイ

RT-S300xx/PR-S300xx/RV-S340xx/PR-400xx/RT-400xx/RV-440xx/PR-500xx/RT-500xx/RS-500xx (NTT 東日本のみ)/PR-600xx/RX-600xx

NTTから貸し出されるホームゲートウェイは、自分で機種を選ぶことはできません。ランダムで適当なものが送られてきます。

そのため、光電話を契約する人は、ホームゲートウェイが届いてからルーターを用意するか検討しましょう。届いた機器を確認して、対応機種なら新たに専用ルーターを購入する必要はありません。

Wi-Fiルーターのレンタルサービスがない

手でバッテンしている人のイラスト

ドコモ光×DTIは、Wi-Fiルーターのレンタルサービスを受けられなくなりました。そのため、スマホやパソコンからWi-Fi接続でネットをしたい場合は、市販品を自分で購入する必要があります。

以前まではWi-Fiルーターを無料で借りられましたが、2021年1月11日にレンタルサービスの新規受付を終了しました。

家庭でWi-Fiを使いたい人は、必ずネットや家電量販店で無線ルーターを購入しなければいけません。無料でWi-Fiルーターをレンタルできるプロバイダもありますが、DTI光は違うので気を付けましょう。

村野さん 村野
Wi-Fiルーターを購入する際は「v6プラス」対応のものを必ず選びましょう。非対応のものより、速い通信ができます。

セキュリティ対策のオプションがない

DTI with ドコモ光は、セキュリティ対策ソフトの提供も行っていません。こちらも2021年1月11日を最後に、新規受付を終了しました。

公式サイト上の一部に金額表が残っていますが、利用できないので気を付けましょう。

もし、セキュリティソフトを使いたければ、自分で用意する必要があります。購入する場合は、3年版のパッケージで10,000円くらいが金額の目安です。

DTIの優待施設を特別価格で利用できる

注目ポイントを挙げている女の子

DTI with ドコモ光を契約すると、全国の宿泊施設やレストラン、レジャー施設をお得に利用できます。「DTI Club Off」という、DTI会員限定の優待サービスを受けられるからです。

優待割引を受けられるサービスは、以下のとおりです。

対象施設数 割引
ホテル
旅館
全国約20,000軒 最大90%OFF
遊園地
テーマパーク
全国約700ヶ所 最大75%OFF
レストラン
宅配サービス
全国約40,000店 最大50%OFF
ミュージカル
美術館
最大50%OFF

例えば、ホテルや旅館への宿泊なら、最大90%引きになるのでかなりお得に施設を利用できます。

全国の各地であらゆるサービスを優待価格で利用できるので、とても利便性の高い特典です。とくに旅行好きな人や、お子さんのいる家庭には嬉しい内容です。

10ギガプランは契約できない

ドコモ光10ギガ

ドコモ光×DTIは、残念ながら10ギガプランに対応していません。

ちなみに、ドコモ光のプロバイダで10ギガプランに対応したプロバイダは、以下の9社だけです。

10ギガプラン対応のプロバイダ

タイプA:ドコモnet/GMOとくとくBB/plala/hi-ho/andline/ic-net/
タイプB:BB.excite/AsahiNet/エディオンネット

もし、10ギガプランを検討しているなら、上記のプロバイダでタイプAの業者がおすすめです。タイプBとサービス内容に大きな違いはありませんが、月額料金が安いです。

詳しくは、別記事にまとめたので参考にしてください。

さらに詳しい解説

▶ドコモ光10Gプランの評判口コミなど全情報

ドコモ光のプロバイダをDTIにする場合の注意点

メモ帳を持った女の子のイラスト

ドコモ光のプロバイダをDTIにする場合は、以下の注意点が3つあります。

例えば、ネットワーク障害が多いので、仕事での利用に不向きです。オンラインゲームをするような人も利用を避けたほうが無難です。

また、サポートサービスが弱いので、パソコンの設定が苦手な人にとって、DTIは難易度の高いプロバイダだと言えます。

詳しくは以下にまとめたので、参考にしてください。

ネットワークの障害が多い

回線速度が遅くてイライラしている人

DTIは、ネットワークの障害が多いです。ツイッター上に、ネットやメール、サーバーサービスの障害について、実際の利用者から情報が寄せられています。

多いときは月に10回ほど障害が発生することがあります。ほかのプロバイダと比べても障害の頻度が多いです。

テレワークやオンラインゲームのような用途で、ネットを使う人にはおすすめできません。ほかのプロバイダを選んだほうが良いでしょう。

DTIの通信障害については、毎回「DTI障害情報」というTwitterアカウントでも報告されています。1度、確認してみると良いでしょう。

訪問設定サポートがない

問い合わせの電話をかけているイラスト

ドコモ光×DTIは、訪問サポートを行っていません。そのため、開通後のネットワーク設定は自力でする必要があります。

回線工事のスタッフは、パソコンなどのネットワーク設定までできないからです。

また、利用中にネットワーク障害や機器のトラブルが発生しても、実際に状態を見てもらって、対応してもらうこともできません。

なので、はじめてネットの契約で設定に不安がある人や、機械にあまり詳しくない人には、DTIはおすすめできません。

ちなみに、DTIの電話サポートは完全予約制です。DTIのサイト上で予約した後に、折り返しの電話を待つ必要があります。

正直、ネットワークの問題を自分で解決できる人以外は、DTIとの契約は避けたほうが無難でしょう。

村野さん 村野

正直ネットや機器の設定に詳しくない人にDTIはおすすめできません。必要な機器やセキュリティソフトを自分で選んで用意して設定までする必要があるからです。

また、DTIの問い合わせ窓口にはすぐに繋がらないという問題もあります。詳しくは、以下で解説します。

DTIの問い合わせ窓口は1週間待ちになることがある

カレンダーを見て期間を待っているイラスト

DTIの電話サポートは完全予約制なのですが、問い合わせ内容によっては1週間待ちになることがあります。

窓口は以下の2つがあり、サービスに関する窓口がとくに込み合います。

受け付け内容 予約の待ち日数
カスタマー
サポート
サービスについて 約1週間待ち
エンジニアリング
サポート
ネットの不具合や設定について 約1日

ネットの不具合やメールの設定についての窓口は比較的空いていますが、それでも1日待ち時間が必要です。

疑問点やトラブルがあっても、すぐに解決できないことがあるので、覚えておきましょう。

DTIのカスタマーサポートは1週間の予約待ちになることが多い

村野さん 村野
問い合わせの内容次第では、ドコモ光へ問い合わせたほうが早く解決できる場合が多いです。プロバイダ独自のサービスでなければ、まずはドコモ光に問い合わせましょう。

GMOとくとくBBのほうが通信品質が優れているのでおすすめ

おすすめする女の子

ドコモ光のプロバイダは、DTIよりもGMOとくとくBBのほうがおすすめです。GMOのほうがDTIよりも通信品質が圧倒的に優れているからです!

下記のツイートで書かれているように、GMOとくとくBBで通信障害が起きることは滅多にありません。

実は、GMOとくとくBBの通信品質は、ドコモのプロバイダのなかでトップレベルです。以下で、平均速度が速い上位10社のプロバイダをまとめました。

プロバイダ 平均速度 料金タイプ
GMOとくとくBB 273Mbps A
BIGLOBE 249Mbps A
ドコモnet 228Mbps A
OCN 217Mbps B
タイガースネット 211Mbps A
ぷらら 209Mbps A
@TCOM 207Mbps B
DTI 197Mbps A
andline 192Mbps A
@nifty 190Mbps A

DTIの平均速度は197Mbpsなので、平均273MbpsのGMOとくとくBBのほうが優れていることがわかります。

しかも、料金タイプはDTIと同じタイプAです。つまりDTIと同じ料金でより優れたサービスを利用可能です。

また、GMOとくとくBBでは、プロバイダ独自の特典として最大20,000円のキャッシュバックも実施しています。

さらに、高性能なWi-Fiルーターの無料レンタルもあります。

ドコモ光を利用するなら、プロバイダはGMOとくとくBBにしましょう。

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\9月末まで特別キャンペーン実施中!/

ドコモ光×DTIの申し込み方法

代理店の窓口で申し込みしているイラスト

ドコモ光のプロバイダのうち最もおすすめなのはGMOとくとくBBですが、どうしてもDTIを使いたいという人は、ドコモの公式サイトやドコモショップから申し込みができます。

(ちなみに、GMOとくとくBBで申し込む場合でも、手続きの流れはほとんど同じです。窓口を「GMOとくとくBB」の公式サイトにするだけです)

ただし「はじめて光回線を利用する人(新規)」と「フレッツ光や光コラボから乗り換える(転用・事業者変更)」「ドコモ光のプロバイダ変更」で手順が違います。

以下で、それぞれの申し込み手順について解説します。自分に当てはまる申し込み方法だけ確認したい人は以下のリンクを押すと解説箇所が直接表示されます。

村野さん 村野
現在利用中の回線によっては、転用・事業者変更による乗り換えに対応していないことがあります。例えば、auひかりやNURO光などです。この場合は、新規契約での手続きになります。

新規契約の場合

新規契約の申し込み手順は、以下の3ステップです。申し込みから利用開始までは2週間~1ヶ月が目安です。

新規契約の手順

  1. ①ドコモ光から申し込みをする
  2. ②回線工事の日程を調整する
  3. ③回線の新規開通工事に立ち会う

それぞれのステップについて、以下で順番に解説します。

①ドコモ光から申し込みをする

はじめに、ドコモ光で申し込み手続きをしましょう。

DTI with ドコモ光サイト上の「申し込みこちら」を押すと、公式の申し込みページへ簡単にアクセスできます。パソコンはページ右上、スマホなら画面を少しスクロールすると下部にボタンが表示されます。

公式サイトを開いたら「新規契約→お申込みのご相談(ご検討中の方)→ドコモ光お申込み/ご相談フォームへ」の順番で進みます。

申し込み情報を入力して送信すれば、手続きは完了します。

手続き後に、サービスについての案内の連絡が来るので、電話を受けられる希望時間もしっかり入力しておきましょう。

②回線工事の日程を調整する

申し込みをすると数日以内に、ドコモ光から電話が来ます。そのときに、利用したいプロバイダや、工事希望日を伝えましょう。

開通工事には立ち合いが必要なので、仕事や外出する用事がない日程を伝えてください。

ちなみに、開通工事にかかる時間は1時間前後です。

③回線の新規開通工事に立ち会う

指定した日に回線の開通工事をするので、必ず立ち会いましょう。家のなかの工事もするので、立ち会わないと作業ができません。

作業は1時間前後で終わります。

開通工事が終わっただけではネットは使えません。最後に通信機器の設定が必要です。工事前に機器が届いているはずなので、同封されている説明書を見ながら設定を行いましょう。

転用・事業者変更による乗り換えの場合

「転用」の解説イラスト

転用や事業者変更による乗り換えの場合は、以下の3ステップです。乗り換え完了までは5日~2週間が目安です。

転用・事業者変更の手順

  1. ①承諾番号を取得する
  2. ②ドコモ光のサイトから申し込みをする
  3. ③回線切り替え後の機器設定をする

もし、フレッツ光から乗り換えをする場合は転用、光コラボから変更するときは事業者変更になります。

手数料はどちらも3,300円かかります。手続きの名前は異なりますが、ほとんど違いはありません。

ただし、他社からの乗り換えでも、使っていた回線がフレッツ光でも光コラボでもない業者の場合は、新規契約になります。具体的には以下の回線です。

光コラボに該当しないサービス

auひかり/NURO光/BBIQ光/コミュファ光/ピカラ光/eo光/メガエッグ光/auひかり ちゅら(沖縄)

上記の回線は、ドコモ光やソフトバンク光のような光コラボとは違い、NTTの回線設備を使わないので事業者変更に対応していません。

フレッツ光や光コラボからの乗り換え手順について、以下で解説します。

①承諾番号を取得する

ドコモ光×DTIで転用や事業者変更の手続きをするには、承諾番号が必要です。承諾番号は、今までの光回線のホームページや電話で取得できます。

ちなみに、フレッツ光からの転用の場合は、以下の連絡先から手続きができます。

NTT東日本 0120-140-202
NTT西日本 0120-553-104

電話受付は9~17時です。土日・祝日も手続き可能です。

承諾番号の有効期限は15日間(発行日も含む)です。番号を発行できたら、早めに申し込みをしましょう。期限ギリギリに申し込むと、有効期限内に手続きできないことがあります。

村野さん 村野
有効期限内に手続きが完了しない場合は、承諾番号を再発行しなければいけない可能性があります。

②ドコモ光のサイトから申し込みをする

承諾番号を発行したら、15日以内にドコモ光で申し込みをしましょう。

転用や事業者変更の場合は、電話かドコモショップのみで手続きができます。電話の窓口は以下のとおりです。

ドコモ
インフォメーションセンター
0120-800-000
(ドコモの携帯は151)

手続きにはドコモ光の契約IDか、ドコモの携帯のネットワーク暗証番号が必要なので、電話をする前に用意しておきましょう。

電話をかけたら「7→1→3」の順にダイヤルを選択すると、転用・事業者変更の窓口に繋がります。手続きをするときに、DTIをプロバイダにしたいと伝えましょう。

ちなみに、受付時間は9~20時までです。電話は込み合っていることが多いので、時間に余裕があるときに連絡しましょう。

手続きから数日すると「開通のご案内」が届きます。切り替え日時について、記載してあるので必ず確認しましょう。

③回線切り替え後の機器設定をする

回線の切り替え日になったら、ルーターやホームゲートウェイなどの通信機器の設定をしてください。詳しい設定方法については、開通のご案内と一緒に同封されています。

通信機器の設定だけすれば、ネットが使えるようになります。

プロバイダ変更の場合

ドコモ光のプロバイダを、他社からDTIに乗り換える手順は、以下の2ステップです。申し込みから乗り換えまでの期間の目安は10日~2週間です。

プロバイダ変更の手順

  1. ①プロバイダ変更の手続きをする
  2. ②切り替え日にルーターを設定する

厳密には事業者変更の手続きに該当するので手数料が3,300円発生します。ですが、同じ光回線を使い続けるので、承諾番号を発行する必要はありません。

詳しい手順は、以下で解説します。

①プロバイダ変更の手続きをする

プロバイダ変更の手続きは、ドコモ光でできます。以下の電話窓口に連絡すると、15分程度で手続きが完了します。

ドコモ
インフォメーションセンター
0120-800-000
(ドコモの携帯は151)

電話が繋がったら「7→1→3」の順にダイヤルすると、プロバイダ変更の窓口に繋がります。窓口のオペレーターに、DTIにプロバイダ変更したい旨を伝えましょう。

ちなみに、手続きにはドコモ光の契約IDか、ドコモの携帯のネットワーク暗証番号が必要です。あらかじめ用意しておくとスムーズに手続きできます。

ドコモショップでも受付可能ですが、手続きに30~40分かかります。本人の代わりにスタッフがインフォメーションセンターに変更依頼するだけなので、正直電話手続きのほうがおすすめです。

手続きを終えると、数日後に「開通のご案内」が届きます。プロバイダが切り替わる日が記載してあるので、確認しましょう。

②切り替え日にルーターを設定する

プロバイダの切り替え日に、ルーターやホームゲートウェイの設定をしましょう。これまでの設定のままでは、ネットに繋がりません。

詳しい設定手順は「開通のご案内」に同封されています。

設定が完了すると、ネットに繋がるようになります。

開通後の設定方法

ONUや周辺機器の接続方法

ドコモ光の工事後、プロバイダへの接続をDTIにして、通信する方法を解説します。

ドコモ光やDTIから、ホームゲートウェイやWi-Fiルーターなど、レンタル品が届いたらLANケーブルで機器を接続しましょう。

繋げる順序は「光コンセント→ホームゲートウェイ(ONU)→Wi-Fiルーター」の順です。

機器同士をLANケーブルで接続したら、ルーターの接続設定をします。Wi-Fiルーターの設定画面を開いて「DTIご入会のご案内」に記載されているユーザーIDとパスワードを入力してください。

設定画面の操作方法については、同封されている説明書に詳しく書いてあります。

Wi-Fiの設定方法

バッファローのルーターは裏にアクセスポイント名とパスワードが記載してある

パソコンやスマホをWi-Fiで接続したい場合は、端末側でもWi-Fiへの接続設定をする必要があります。

はじめにルーターの側面にSSIDが書かれているので、内容を確認してください。初期設定では、Wi-Fiのアクセスポイント名は、側面に記載してあるSSIDが使われています。

次に、スマホの設定画面で周囲のWi-Fiをスキャンしてください。スキャンしたリストに、ルーターの側面に記載してあったSSIDと同じ名前の接続先があるはずです。

もし、2種類あれば名称に「〇〇-A」「5Ghz」と書かれているほうを選択したほうが速い通信ができます。

接続先を選択するとパスワードの入力画面が表示されます。ルーターの側面に記載してあるパスワードを入力してください。

パスワードの入力までできると、Wi-Fi通信でネットができます。

ちなみに、ルーター側と端末にAOSSやらくらく無線スタートの機能があれば、ルーターの設定ボタンを押すだけでWi-Fi接続ができます。

SSIDとパスワードを任意で設定する際の注意点

Wi-Fiの接続先名であるSSIDと、パスワードは任意の文字列に変更することができます。ただし、基本的にSSIDは外部の人からも見えるものなので、個人が特定できる情報やパスワードと同じ文字列を入れないようにしてください。

また、パスワードも分かりやすいものにしてしまうと、不正アクセスされる原因になります。

「password」や「123456」などの文字列は使わないようにしましょう。

ドコモ光×DTIの問い合わせ窓口

電話をかけている人(光電話のイラスト)

回線の利用で不明点やトラブルがあれば、ほとんどの場合ドコモ光に問い合わせが必要です。プロバイダのオプションに関すること以外は、ドコモ光に問い合わせましょう。

もし、IPv6接続オプションやメールサービスのようなプロバイダのオプションについてのことなら、DTI側に問い合わせましょう。

問い合わせ内容 受付窓口 電話番号
新規契約の手続き ドコモ光 0120-800-000
転用・事業者変更の手続き
プロバイダ変更の手続き
開通工事について
料金について
光電話・光テレビについて
NTT機器の故障について
解約の手続き
プロバイダのオプションについて DTI サポート予約ページ

なお、DTIのサポート窓口には、直接電話をかけることができません。ネットから事前予約して、折り返し電話を貰う必要があります。

しかも、窓口によっては1週間先まで予定が埋まっていることも珍しくありません。

問い合わせ内容によっては、どちらの窓口でも対応してもらえるのですが、ドコモ光へ優先的に問い合わせたほうがいいです。

ドコモ光の解約時はDTIにも連絡が必要な場合がある

プロバイダ側の有料オプションに加入している場合は、ドコモ光の解約時にDTIにも連絡をする必要があります。DTIの有料オプションは、ドコモ光の契約を解除しても、自動解約されないからです。

具体的には、以下のオプションに加入しているケースが該当します。

自動解約されないオプション

  • ・安心パックオプション
  • ・スマホバックアップ

別途で手続きしないと、ドコモ光を解約しても料金が発生し続けます。

ドコモ光を解約したら、忘れずにDTI側でも契約解除の手続きをしましょう。

ドコモ光で最もおすすめなプロバイダはGMOとくとくBB

キャッシュバックがもらえて嬉しい女性のイラスト

ドコモ光は、24社の中から好きなプロバイダを選択できるのが特徴の光回線です。その中で最もおすすめのプロバイダはGMOとくとくBBです。

おすすめする理由は、以下の6つのメリットがあるからです。

GMOとくとくBBがおすすめな理由
  • ①タイプAなので月額料金が安い
  • ②平均速度がトップクラスに速い
  • ③Wi-Fiルーターが無料かつ高性能
  • ④最大20,000円のキャッシュバック
  • ⑤ウイルス対策ソフトが1年間無料
  • ⑥高速通信が可能な10Gプランに対応

6つの中でも、特に重要なのは「料金の安さ」「速度の速さ」「キャッシュバックの有無」です。プロバイダの選択次第で、大きく変わってしまうからです。

どのプロバイダがおすすめなのか分かりやすくするために、ドコモ光で契約できるプロバイダ24社を徹底的に比較してみました。

一覧表は横にスクロールできるので、プロバイダごとにどのような違いがあるか比べてみてください。

プロバイダ おすすめ度 タイプ 平均速度 v6プラス
対応状況
キャッシュ
バック
Wi-Fi
ルーター
レンタル
セキュリティ
ソフト
無料期間
10ギガ
対応状況
訪問サポート
GMOとくとくBBのロゴ 料金はとても安い A 273Mbps 20,000円 無料 12ヶ月 初回無料
plalaのロゴ おすすめ度はやや高い A 209Mbps 15,000円 無料 24ヶ月 初回無料
@niftyのロゴ おすすめ度はやや高い A 190Mbps 20,000円 無料 12ヶ月 × 初回無料
BIGLOBEのロゴ おすすめ度はやや高い平均的 A 249Mbps なし 無料 12ヶ月 × 初回無料
Tigers-netのロゴ おすすめ度は平均的 A 211Mbps なし 無料 永年 × 初回無料
andlineのロゴ おすすめ度は平均的 A 192Mbps なし 無料 12ヶ月 サービスなし
hi-hoのロゴ おすすめ度は平均的 A 106Mbps なし 無料 12ヶ月 初回無料
SISのロゴ おすすめ度は平均的 A なし 無料 永年 × 初回無料
ドコモnetのロゴ おすすめ度は平均的 A 228Mbps なし 有料 12ヶ月 有料
DTIのロゴ 総合評価がやや悪い A 197Mbps なし 有料 なし × 無料
BB.exciteのロゴ 総合評価がやや悪い A 183Mbps なし 有料 36ヶ月 有料
エディオンネットのロゴ 総合評価がやや悪い A 183Mbps なし 有料 なし 有料
楽天ブロードバンドのロゴ 総合評価がやや悪い A 160Mbps × なし 有料 12ヶ月 × 初回無料
Ic-netのロゴ 総合評価がやや悪い A なし 有料 永年 36ヶ月無料
SYNAPSEのロゴ 総合評価がやや悪い A × なし 有料 なし × 初回無料
TikiTikiのロゴ 総合評価がやや悪い A × なし 有料 なし × 有料
@ネスクのロゴ 総合評価がやや悪い A なし 有料 なし × サービスなし
COARAのロゴ 総合評価がやや悪い A なし 有料 なし × 有料
OCNのロゴ おすすめ度は平均的 B 217Mbps 20,000円 無料 12ヶ月 × 初回無料
@TCOMのロゴ おすすめ度はやや高い B 207Mbps なし 無料 12ヶ月 × 初回無料
WAKWAKのロゴ おすすめ度はやや高い B 119Mbps なし 有料 なし × 有料
@ちゃんぷるネットのロゴ おすすめ度はやや高い B なし 無料 なし × 12ヶ月無料
AsahiNetのロゴ おすすめ度はやや高い B 170Mbps なし 有料 なし サービスなし
TNCのロゴ おすすめ度はやや高い B × なし 有料 12ヶ月 × 有料
プロバイダ おすすめ度 タイプ 平均速度 v6プラス
対応状況
キャッシュ
バック
Wi-Fi
ルーター
レンタル
セキュリティ
ソフト
無料期間
10ギガ
対応状況
訪問サポート
GMOとくとくBBのロゴ 料金はとても安い A 273Mbps 20,000円 無料 12ヶ月 初回無料
plalaのロゴ おすすめ度はやや高い A 209Mbps 15,000円 無料 24ヶ月 初回無料
@niftyのロゴ おすすめ度はやや高い A 190Mbps 20,000円 無料 12ヶ月 × 初回無料
BIGLOBEのロゴ おすすめ度はやや高い A 249Mbps なし 無料 12ヶ月 × 初回無料
Tigers-netのロゴ おすすめ度は平均的 A 211Mbps なし 無料 永年 × 初回無料
andlineのロゴ おすすめ度は平均的 A 192Mbps なし 無料 12ヶ月 サービスなし
hi-hoのロゴ おすすめ度は平均的 A 106Mbps なし 無料 12ヶ月 初回無料
SISのロゴ おすすめ度は平均的 A なし 無料 永年 × 初回無料
ドコモnetのロゴ おすすめ度は平均的 A 228Mbps なし 有料 12ヶ月 有料
DTIのロゴ 総合評価がやや悪い A 197Mbps なし 有料 なし × 無料
BB.exciteのロゴ 総合評価がやや悪い A 183Mbps なし 有料 36ヶ月 有料
エディオンネットのロゴ 総合評価がやや悪い A 183Mbps なし 有料 なし 有料
楽天ブロードバンドのロゴ 総合評価がやや悪い A 160Mbps × なし 有料 12ヶ月 × 初回無料
Ic-netのロゴ 総合評価がやや悪い A なし 有料 永年 36ヶ月無料
SYNAPSEのロゴ 総合評価がやや悪い A × なし 有料 なし × 初回無料
TikiTikiのロゴ 総合評価がやや悪い A × なし 有料 なし × 有料
@ネスクのロゴ 総合評価がやや悪い A なし 有料 なし × サービスなし
COARAのロゴ 総合評価がやや悪い A なし 有料 なし × 有料
OCNのロゴ おすすめ度は平均的 B 217Mbps 20,000円 無料 12ヶ月 × 初回無料
@TCOMのロゴ おすすめ度はやや高い B 207Mbps なし 無料 12ヶ月 × 初回無料
WAKWAKのロゴ おすすめ度はやや高い B 119Mbps なし 有料 なし × 有料
@ちゃんぷるネットのロゴ おすすめ度はやや高い B なし 無料 なし × 12ヶ月無料
AsahiNetのロゴ おすすめ度はやや高い B 170Mbps なし 有料 なし サービスなし
TNCのロゴ おすすめ度はやや高い B × なし 有料 12ヶ月 × 有料

ドコモ光のプロバイダはタイプAとタイプBの2種類に分かれています。両者の違いは月額料金だけで、タイプAのほうが220円安いです。

プロバイダにこだわりがなければ、絶対にタイプAの中から選択するべきです。

また、利用者の平均速度もプロバイダごとに大きく変わります。最も速いGMOとくとくBBが273Mbpsあるのに対し、最も遅いhi-hoでは106Mbpsしかありません。

最後に、プロバイダによってキャッシュバック特典の有無も変わります。特典があるプロバイダが少ないので最大2万円の現金が貰えるGMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\9月末まで特別キャンペーン実施中!/

私たちがおすすめしている光回線3選

3人家族でスマホセット割を適用した場合の2年間の割引額

現在、100社以上ある光回線の中で私たちがおすすめしているのは、ドコモ光ソフトバンク光auひかりの3社です。

お使いのスマホキャリアにあった光回線を選ぶことでスマホ料金が1台当たり1,100円安くなります。例えば、家族3人で同じキャリアを使っているなら毎月3,300円、2年間で約8万円の割引です!

また、大手企業が運営しているため、回線速度やサポート体制、キャッシュバック特典なども充実しています!

光回線 おすすめ理由
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーなら最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
無条件で2万円のキャッシュバック
解約費用の補助がある(最大2万円) お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ ソフトバンク・ワイモバイルがセット割
無条件で3.7万円キャッシュバック
乗り換え費用を最大10万円まで還元
回線速度が平均300Mbpsに大幅改善 お得なキャンペーン窓口
auひかりのロゴ auユーザーなら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
最大61,000円のキャッシュバック
独自回線で平均速度が375Mbpsと高速 お得なキャンペーン窓口

工事なしでネットを使うならhome5G

ドコモhome5Gロゴマーク

光回線の工事なしでインターネットを利用したいならドコモhome5Gがおすすめです。

オンライン申し込みが可能で、ドコモhome5Gが手元に届いた日からすぐにインターネットが使えます。

通信速度も最大4.2Gbpsと、光回線に負けない性能で、契約期間の縛りも一切ありません!

\最大通信速度4.2Gbps!工事不要のホームルーター/

ドコモ光の記事

  • 一番お得なキャンペーン窓口

    ドコモスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!

    auスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!!

    ソフトバンクやワイモバイルのスマホ料金が安くなる!エヌズカンパニーからの申し込みが一番お得!

    人気の光回線6選
    人気の光回線6選

    光回線ごとの記事一覧