ドコモ光×アンドラインの評判は?プロバイダの口コミ・平均速度を大公開!

最終更新日:2021年08月19日
「ドコモ光 ANDLINE 評判」のアイキャッチ

ドコモ光のプロバイダの1つであるアンドライン(andline)について、徹底解説します!

アンドラインをプロバイダにするメリット・デメリットを分かりやすく解説し、実際に利用している人の評判や口コミ、実測値などをご紹介していきます!

またアンドラインよりおすすめなプロバイダも解説しているので、ぜひ参考にしてください!

村野

更新月のたびに光回線を乗り換える変わり者。過去に使ってきたネット回線は、フレッツ光、ソフトバンク光、OCN光、ドコモ光の4社。

おすすめ人気記事
「ドコモ光-キャンペーン」のアイキャッチ
ドコモ光のキャンペーン比較!代理店28社のキャッシュバック特典を徹底解説!
記事を読む
ドコモ光のおすすめプロバイダのアイキャッチ
ドコモ光のおすすめプロバイダは?全24社を徹底比較!
記事を読む
ドコモ光の評判や口コミのアイキャッチ
ドコモ光の評判や口コミ!デメリットなど悪い噂を事実と比較して徹底解説!
記事を読む
おすすめ人気記事
「ドコモ光-キャンペーン」のアイキャッチ
】ドコモ光のおすすめキャンペーン比較!代理店28社のキャッシュバック特典を徹底解説!
記事を読む
ドコモ光のおすすめプロバイダのアイキャッチ
ドコモ光のおすすめプロバイダは?全24社を徹底比較!【選び方も掲載】
記事を読む
ドコモ光の評判や口コミのアイキャッチ
ドコモ光の評判や口コミ!デメリットなど悪い噂を事実と比較して徹底解説!
記事を読む

ドコモ光×アンドラインの評判は悪い

アンケートを取っている最中のイラスト

ドコモ光×アンドラインのおすすめ度は5点満点中2点で、利用者の評判は悪いです。

アンドラインは、運営会社が2010年に設立されたばかりの若いプロバイダです。知名度は低く、公式サイトの情報があまり整理されていないため、大手のような安心感はありません。

また回線速度や応答速度がほかのプロバイダよりも遅いという欠点があります。

プロバイダの評判 プロバイダの評判は平均的
月額料金 タイプA
戸建て:5,720円
マンション:4,400円
セット割 ドコモ光セット割
最大-1,100円
(10台まで)
接続方式 IPoE
IPv4 over IPv6
(v6プラス)
利用者の実測値 下り:192Mbps
上り:178Mbps
利用者の応答速度 29.16ms
Wi-Fiルーター 永年無料レンタル
セキュリティ ネットワークセキュリティ
最大12ヶ月間無料
10ギガプラン 対応している
提供エリア 全国
プロバイダ独自の
キャッシュバック
なし
利用可能な
メールアドレス数
5つ
(andline-two.net)
提供条件書 1G:プロバイダ提供条件書
10G:プロバイダ提供条件書

ドコモ光でアンドラインをプロバイダに選んだ場合の回線速度は、下り192Mbps、上り178Mbpsです。一人暮らしであれば問題ないですが、同時にネットを使う家族がいる場合は心もとないです。

ただし、アンドラインは「v6プラス」というオプションでIPv4 over IPv6に対応しています。夜間の混雑に強いです。「まったく使い物にならない!」という事態にはならないでしょう。

また、10ギガプランにも対応したプロバイダなので、いざとなればドコモ光の契約内容を変えることもできます。

現在は、ドコモ光で選べるプロバイダ24社のうち、9社しか10ギガプランに対応していません。そのため、ドコモネットは貴重なプロバイダと言えます。

料金については、タイプAなので、タイプBや単独タイプのプロバイダに比べると安いです。ただし、プロバイダ独自のキャッシュバックはないので、結果的には割高です。

ドコモ光でアンドラインをプロバイダにするメリット・デメリット

天秤にかけて比較している人のイラスト 

アンドラインをドコモ光のプロバイダにするメリット・デメリットをそれぞれご紹介します!

アンドラインをプロバイダにするメリット

  • タイプAで月額料金が安い
  • v6プラスに対応している
  • 10ギガプランに対応している
  • ・周辺機器の無償レンタルサービスがある
  • ・サポートサービスが初回無料
  • ・セキュリティサービスが12ヶ月間無料

アンドラインをプロバイダにするデメリット

  • ・無償レンタルサービスの申請が郵送
  • ・キャッシュバックキャンペーンがない
  • ・10G対応のルーターがない
  • ・利用者の実測値がやや遅い

アンドラインは、デメリットよりもメリットのほうが少し多いです。とくにIPv4 over IPv6に対応していることは、ドコモ光のプロバイダを選ぶうえでかなり重要です。

しかし、ルーターをレンタルするのに申請書を郵送する必要があることや、10ギガプランに対応しているのに10G対応のルーターがないといった点で、使いづらさがあります。

プロバイダ独自のキャッシュバックキャンペーンがないことも欠点です。キャッシュバックがない分、相対的に割高になります。

▼ドコモ光で最もおすすめなプロバイダは?▼

ドコモ光×アンドラインの評判口コミ

口コミをする人たちのイラスト

ドコモ光で、実際にアンドラインをプロバイダにしている人の評判と口コミをご紹介します!

実際の利用者に対して、当サイト「ヒカリク」が独自にアンケート調査を実施しました。料金・回線速度・キャンペーン・オプションの4項目で評価をお願いしています。

口コミをまとめると「選べる無償オプションが良かった」という点が評価されていました。

口コミや評価の収集方法について
【調査方法】 クラウドソーシングサイト「ランサーズ」
【調査期間】 2020年7月~
【取得方法と掲載作業について】
・実際にドコモ光でドコモネットのプロバイダを利用している人の回答に限定しています。
・事実と異なる口コミが反映されないよう、当管理人が内容を確認したうえで使用しています。
・誤字や脱字があった場合は、回答者の意見に影響がない範囲で修正しています。
不満そうな女性のアイコン
ルーターを借りられたのは良いけど回線速度が遅い20代女性 / 東京都
50点 / 100点
20代女性
東京都
50点 / 100点
契約時期2019年 6月
利用人数2人
建物の種類アパート
セット割利用中
料金
ドコモ光×アンドラインの料金は平均的
回線速度
ドコモ光×アンドラインの回線速度は遅い
キャンペーン
ドコモ光×アンドラインのキャンペーンの質は平均的
オプション
ドコモ光×アンドラインのオプションサービスは平均的
契約して良かったと思う点
無料でルーターを借りられるキャンペーンを行っていたので契約しました。ルーターはIPv6対応の機種だったので、今まで個人で利用していた物よりも性能が良かったです。
契約して不満に思っている点
不満な点は回線速度が遅いことです。容量の大きい動画の視聴や、ゲームをすると通信が不安定で途切れてしまいます・・・。さらに、PC起動直後は、起動時の通信で帯域が圧迫され、インターネットにアクセスするまでに時間がかかります。
2021年05月08日
女性のアイコン
オプションの無償レンタルが豊富だったので契約しました30代女性 / 滋賀県
65点 / 100点
30代女性
滋賀県
65点 / 100点
契約時期2020年 6月
利用人数2人
建物の種類マンション
セット割利用中
料金
ドコモ光×アンドラインの料金は平均的
回線速度
ドコモ光×アンドラインの回線速度は平均的
キャンペーン
ドコモ光×アンドラインのキャンペーンの質は平均的
オプション
ドコモ光×アンドラインのオプションサービスは良い
契約して良かったと思う点
Wi-Fiルーターをすでに購入して持っていたので、ルーターレンタルのあるプロバイダにあまり魅力を感じていませんでした。アンドラインは、Wi-Fiルーターだけでなく、スピーカーやプリンターなどのレンタルも選べたので良かったです。
契約して不満に思っている点
スピードも申し分なく、利用に関しては特に不満を感じません。プロバイダ窓口に電話した事もありますが、利用者が比較的少ないためか、早く繋がり対応もとても良かったです。強いて言えば、知名度が全くなくて人に説明しても分かってもらえない点が不満です。
2021年02月26日
不満そうな男性のアイコン
IPv6を使わないと回線速度は遅い40代男性 / 長崎県
50点 / 100点
40代男性
長崎県
50点 / 100点
契約時期2021年 5月
利用人数3人
建物の種類戸建て
セット割利用中
料金
ドコモ光×アンドラインの料金は少し安い
回線速度
ドコモ光×アンドラインの回線速度は遅い
キャンペーン
ドコモ光×アンドラインのキャンペーンの質は悪い
オプション
ドコモ光×アンドラインのオプションサービスはやや悪い
契約して良かったと思う点
契約して満足していることは、月額料金がそれなりに安い、ドコモのスマホセット割がある点です。速度に関しては、v6プラスが開通する前は遅すぎてストレスでした・・・。
契約して不満に思っている点
不満な点は、IPv6接続の申込みがうまくいかなかったことです。ホームページの案内で、2~3週間後に勝手に切り替わると勘違いしてました。v6プラスは電話で申し込む必要があるので気をつけてください。
2021年02月15日

ネットの通信がうまくいっていないイラスト

アンドラインは、どちらかというと回線速度についての評判が悪いです。「普通に使える」という人もいますが「遅い」という不満の声のほうが多く見られます。

アンドラインをプロバイダにする場合は、回線速度を改善できる「v6プラス」というオプションを活用するのがおすすめです。

ドコモ光は光コラボなので、IPv6接続を使わないと基本的に遅いです。口コミで「回線速度が遅い」と言っている人は、IPv6接続をちゃんとできていないかもしれません。

アンドラインでv6プラスを利用するには、電話申し込みが必要です。忘れずにアンドラインの窓口に電話しましょう。

ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ

ドコモ光で選べる24社のプロバイダのうち、1番おすすめなのは「GMOとくとくBB」です。以下の6つの理由から最もおすすめできるプロバイダと言えます。

GMOとくとくBBがおすすめな理由
  • ①タイプAで月額料金が安い
  • ②平均速度がトップクラスに速い
  • ③20,000円のキャッシュバック
  • ④高性能Wi-Fiルーターが無料
  • ⑤ウイルス対策ソフトが1年間無料
  • ⑥高速通信が可能な10Gプランに対応

6つの中でも特に重要なのが、料金が安い、速度の速さ、キャッシュバックの有無です。この3つは、選ぶプロバイダによって変わります。

GMOとくとくBBは、タイプAで月額料金が安くて、回線速度の実測値が最も速いです。さらに、高性能のWi-Fiルーターを無料レンタルできるなど、ドコモネットよりも全体的にスペックが良いです。

ドコモ光×GMOとくとくBBの評判や口コミについては、下記の記事で詳しく解説しています。ぜひ、参考にしてください。

関連記事

▶ドコモ光×GMOとくとくBBの全情報まとめ

アンドラインはタイプAでタイプBよりも月額料金が220円安い

電卓を持った女の子のイラスト

ドコモ光×アンドラインは、料金プランがタイプAになるので、タイプBよりも月額料金が220円安いです。以下で、ドコモ光の各料金プランをまとめました。

戸建て マンション
タイプA 5,720円 4,400円
タイプB 5,940円 4,620円
単独
タイプ
5,500円

プロバイダ料
4,180円

プロバイダ料
7,150円

プロバイダ料
5,280円

プロバイダ料

タイプAとタイプBの違いは、料金の差です。通信品質とタイプの間に関係性はなく、月額料金が高いからといって、タイプBの回線速度が早い訳ではありません。

また、単独タイプは、ドコモ光とプロバイダを別々に契約するプランです。基本料金は安いですが、プロバイダ料が別途かかるため、結局はどのタイプよりも割高になります。

両タイプに当てはまるプロバイダをまとめたので、参考にしてください。

タイプAのプロバイダ一覧

GMOとくとくBB/BIGLOBE/ドコモnet/タイガースネット/ぷらら/DTI/andline/@nifty/エディオンネット/BB.excite/楽天ブロードバンド/hi-ho/SPEEDIA/ic-net/SYNAPSE/TIKITIKI/@ネスク/01コアラ

タイプBのプロバイダ一覧

OCN/@TCOM/AsahiNet/TNC/@ちゃんぷるネット/WAKWAK

ドコモ光を契約する際は、あえて月額料金が高いタイプBや、単独タイプを選ぶメリットはありません。月額料金が安いタイプAのプロバイダを選ぶのが無難です。

アンドライン利用者の実測値は24社中9番目

ランキングのイラスト

アンドラインの実際の通信速度は、ドコモ光で選べるプロバイダ24社中9番目と平均的です。最も速いGMOとくとくBBと比べると、81Mbpsほど速度が下がります。

下表に、プロバイダごとの平均速度をまとめたので参考にしてください。利用者が少なくてデータが収集できなかったプロバイダは除外したので、17社分の情報を掲載しています。

平均速度 料金タイプ
GMOとくとくBB 273Mbps A
BIGLOBE 249Mbps A
ドコモnet 228Mbps A
OCN 217Mbps B
タイガースネット 211Mbps A
ぷらら 209Mbps A
@TCOM 207Mbps B
DTI 197Mbps A
andline 192Mbps A
@nifty 190Mbps A
エディオンネット 183Mbps A
BB.excite 183Mbps A
Yahoo!BB 175Mbps 単独
ASAHIネット 170Mbps B
楽天ブロードバンド 160Mbps A
WAKWAK 119Mbps B
hi-ho 106Mbps A

上記の平均速度は「みんなのネット回線速度」という、実際の利用者の通信速度を収集しているサイトを参考にまとめたものです。2021年3月1日時点のデータを掲載しています。

各プロバイダを比べたところ、ドコモ光で1番速いのはGMOとくとくBBです。ただし、アンドラインも平均的な速度なので、極端に遅いことはありません。

快適な通信速度の目安

ネットをするときの快適な通信速度は、日常的な使い方なら100Mbpsあれば十分です。

利用する目的ごとに必要な通信速度を「Googleのヘルプページ」を参考にまとめました。

何をするか 必要な回線速度
LINEやSNS 1Mbps
Webサイトの閲覧 3Mbps
YouTubeなどの動画を1本再生 5~10Mbps
複数のYouTube動画を同時再生 10~30Mbps
同時に複数端末でHD動画を再生 30~50Mbps
オンラインゲームやビデオ会議
4K動画再生や対人オンラインゲーム(FPSなど) 50~100Mbps

上表のとおり「LINEやメールでメッセージを送る」「Amazonで商品を購入する」「YouTubeで動画を見る」という使い方なら、100Mbpsあれば十分だとわかります。

アンドラインの平均速度は192Mbpsなので、日常的な用途においてストレスを感じる可能性は低いでしょう。

ただし、通信速度をより重視する人は、同じタイプAのプロバイダのGMOとくとくBBやBIGLOBEのほうが満足できる可能性が高いです。

高速通信のv6プラスに対応している

「IPv6・IPoE」と「IPv4とPPPoE」の説明

アンドラインは、高速通信を実現する「v6プラス」に対応しています。v6プラスとは、次世代の通信規格であるIPv4 over IPv6通信のことです。

「IPv6にすれば速度が上がる」と誤解している人がいますが、正確にはIPv6関連の通信には以下の3パターンがあります。

プロバイダとして重要なのは、IPv4 over IPv6通信に対応していることです。

通信方式 回線速度
IPv4 over IPv6
(v6プラス)
ほとんどのサイトで速くなる
IPoE
IPv6通信
一部のサイトのみ速くなる
PPPoE
IPv6通信
回線速度は変わらない

簡単に言うと、v6プラスに対応していれば、時間帯を問わず、あらゆる通信で快適なインターネット利用が可能になります。

IPv6を使う際の注意点や、詳しい仕組みについては、別記事で解説してます。参考にしてください!

関連記事

▶ドコモ光のv6プラス利用時の注意点や利用方法
▶初心者にも分かりやすいIPv6の仕組み

永年無料で周辺機器をレンタルできるサービスがある

アンドライン選べる無料オプション

アンドラインは、永年無料で周辺機器をレンタルできるサービスを実施しています。レンタルできる周辺機器は以下のとおりです。

無償レンタルできる周辺機器

  • ・IPv6対応Wi-Fiルーター
  • ・ポータブルHDD
  • ・スマホ対応防水スピーカー
  • ・スマホ対応プリンター
  • ・スマホ対応ミラーリングレシーバー

レンタルできる周辺機器は、上記のうち1つだけです。もしもレンタルを利用するなら、IPv6対応のWi-Fiルーターがおすすめです。

ドコモ光側では、ルーターのレンタルサービスを実施していないので、アンドラインで借りておくのが良いです。

ただし、Wi-Fiルーターを借りるための申請書類を郵送しなければいけないので、他のプロバイダよりも手間がかかります。

また、ドコモ光10ギガプランで申し込んだ場合は、Wi-Fiルーターはレンタルできません。

プロバイダ独自のキャッシュバックがない

手でバッテンしている人のイラスト

アンドラインでは、プロバイダ独自のキャッシュバックキャンペーンがありません。

そのため、キャンペーンはドコモ光と同じ内容だけが適用されます。ドコモ光のキャンペーンは、以下の4つです。

ドコモ光で適用されるキャンペーン一覧

  • ・ドコモのスマホ利用料が最大1,100円引き
  • ・工事費用が完全無料
  • ・dポイントプレゼント
  • ・2年ごとの更新時に3,000ptのdポイント

ドコモ光で代表的に使われるプロバイダでは、上記の公式キャンペーンに加えて、以下のキャッシュバックも貰えます。その分、アンドラインよりもお得です。

キャッシュバック金額
GMOとくとくBB 20,000円
@nifty
ぷらら 15,000円

プロバイダを選ぶ際は、必ずプロバイダ独自のキャンペーンと公式の特典を受け取れるところを選びましょう。

公式特典でdポイントを貰うために必要な4つの条件

ドコモ光でdポイントを貰うためには、以下の4つの条件を全て満たす必要があります。

dポイントの受け取り条件
  • ①2年更新ありプランにする
  • ②申し込み7ヶ月以内に開通する
  • ③スマホの名義が光回線の契約者と同じ
  • ④dポイントクラブに会員登録している

特に注意して欲しい点は、スマホと光回線の名義人が同じでなければいけないことです。

もし、スマホの名義が身内で、光回線側が自分名義だとすると、dポイントを貰うことはできません。

また、dポイントを受ける際には、dポイントクラブ会員になっている必要があります。事前に、個人で手続きをしなければいけません。

dポイントクラブの手続きの方法や、dポイントの用途・利用方法は別記事で詳しく書いているので、参考にしてください!

関連記事

▶dポイントクラブの登録手順や利用方法

訪問サポートサービスが初回無料

無料で喜ぶ女の子のイラスト

アンドラインでは、訪問サポートサービスが初回無料で利用できます。

訪問サポートは、専門のスタッフが自宅に来て、パソコンやネットの接続設定、トラブルなどを解決してくれるサービスです。主なサポート対象の内容は、以下のとおりです。

訪問サポート対象の内容
  • ・インターネットの有線接続設定
  • ・モデムやルーターの設定
  • ・Wi-Fiのアクセスポイント設定
  • ・スマホやPCのWi-Fi設定
  • ・家庭用複合プリンターの印刷設定
  • ・ひかりTVの接続設定
  • ・セキュリティソフトのインストールと設定

ネットの接続方法が分からない場合や、初心者の人は活用すると良いでしょう。ただし、事前に以下の番号に電話予約が必要です。

ドコモ光アンドライン
カスタムサポートデスク
03-6809-3392
(受付時間:10~19時)

ちなみに、予約はドコモ光の工事日決定から1週間後にできるようになります。申し込み直後にはできないので、注意しましょう。

セキュリティサービスが12ヶ月無料

スマホをいじっているイラスト

アンドラインでは、以下のセキュリティサービスが12ヶ月無料で利用できます。

サービス内容
先読み防御セキュリティ クレジットカードなどの情報漏洩を防ぐ
WEBROOTインターネット
セキュリティ
パソコン/スマホ/タブレットに対応したマルチデバイスセキュリティサービス
メールウィルスチェック 送受信メールに対してウィルスの検知や駆除を自動で行う
迷惑メールフィルター メールの内容を解析して迷惑メールを検知する

先読み防御セキュリティは、個人情報の漏洩を未然に防ぐためのセキュリティサービスです。他のセキュリティソフトと併用できるので、よりセキュリティを強化できます。

また、WEBROOTセキュリティはPCだけでなく、複数の機器に使えるため、家族の端末に入れておくことも可能です。

ただし、セキュリティオプションを申し込むためには、回線の契約とは別で書面またはWEBでの申込みが必要になります。

他のプロバイダは、回線の申し込みと同時に申請できるため、あえてアンドラインにする必要はありません。

村野さん 村野

ちなみに、セキュリティサービスは自動解約されません。12ヶ月を過ぎると、1サービスあたり月額550円かかります。

2つ利用していた場合、毎月1,100円かかることになるので、不要なら付けない方が良いでしょう。

アンドラインはドコモ光10ギガプランに対応している

ドコモ光×10Gについてのイラスト

アンドラインは、ドコモ光10ギガプランに対応しているプロバイダです。

現在、10ギガプランに対応しているプロバイダは、ドコモ光のプロバイダ24社のうち以下の9社だけです。

10ギガプランのプロバイダ一覧

ただし、高速プランは提供エリアが限られています。 時点の10ギガ対応エリアは以下のとおりです。

都道府県 市区町村
東日本 東京都 23区・狛江市・調布市・三鷹市
西日本 大阪府 大阪市
愛知県 名古屋市

10ギガプランの対応エリアは、極端に狭いです。しかも、戸建てプランしか提供されていません。

これはドコモ光に限ったことではないので、高速プランを検討している人は、条件を良く見てから契約するか決めましょう。

ドコモ光10ギガプランの評判口コミは、別の記事にまとめているので参考にしてください!

関連記事

▶ドコモ光の10Gプランの評判口コミなど全情報

ドコモ光のプロバイダをアンドラインにする際の3つの注意点

注目ポイントを挙げている女の子

ドコモ光のプロバイダをドコモネットにする際の注意点は3つあります。

ドコモネットを利用する際の注意点
  1. ①v6プラスを利用しないと速度が遅い
  2. ②ルーターレンタルは申請書を送る必要がある
  3. ③ドコモネットよりも優れたプロバイダがある

以下で3つの注意点について解説します。

①v6プラスを利用しないと速度が遅い

回線速度が遅くてイライラしている人

ドコモ光は、v6プラスを利用しないと回線速度が遅いです。

そもそもドコモ光は、フレッツ光の回線網を使っている光コラボです。光コラボは、複数の業者と回線を共同利用するため、混雑や遅延の頻度が高いです。

ただし、ドコモ光×アンドラインはv6プラスを使うことで、速度の遅さを改善できます。

v6プラスを利用した場合と、使わなかった場合の平均速度を比べてみました。下表は「みんなのネット回線速度」という、ユーザーの実際の回線速度を収集しているサイトを参考にしています。

下り 上り
v6プラス利用 250Mbps 226Mbps
v6プラスなし 146Mbps 147Mbps

上記のとおりv6プラスを利用しているほうが速いです。

ドコモ光や、プロバイダをアンドラインにしていて「遅い」と書かれている口コミは、IPv6接続方式を利用していない可能性が高いです。

②ルーターレンタルには申請書を送る必要がある

ドコモ光×アンドラインでは、v6プラス対応のルーターを無料でレンタルできます。ただし、レンタルする際に以下のような申請書を郵送で送らなければいけません。

アンドライン永年無料オプション申し込み書

申請書は案内書と同時に同封されています。

書類が面倒な場合は、WEB上でもオプションの申込みが可能です。

しかし、他のプロバイダは、回線の申し込みと同時にルーターレンタルを申請できるので、あえてアンドラインにする必要はありません。

③アンドラインよりよりも優れたプロバイダがある

なにかを調べているイラスト

実は、アンドラインはドコモ光の中で最も良いプロバイダではありません。ドコモ光のプロバイダの中で、最もおすすめできるプロバイダは「GMOとくとくBB」です!

GMOとくとくBBはドコモネットよりも回線速度が速いうえに、月額料金が安いです。

さらに、GMOとくとくBB独自のキャンペーンで20,000円のキャッシュバックを貰えます。

また、ドコモ光が公式で提供しているキャンペーンも併用できます!

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\9月末まで特別キャンペーン実施中!/

ドコモ光×アンドラインの申し込み方法

代理店の窓口で申し込みしているイラスト

ドコモ光のプロバイダのうち最もおすすめなのはGMOとくとくBBですが、どうしてもアンドラインを使いたいという人は、アンドラインの公式サイトから申し込みできます。

(ちなみに、GMOとくとくBBで申し込む場合でも、手続きの流れはほとんど同じです。窓口を「GMOとくとくBB」の公式サイトにするだけです)

ドコモ光×アンドラインの申し込み方法は「初めて光回線を利用する人(新規)」と「フレッツ光や光コラボから乗り換える(転用/事業者変更)」「ドコモ光のプロバイダ変更」で異なります。

以下で、それぞれの申し込み手順について解説します。自分に当てはまる申し込み方法だけ確認したい人は以下のリンクを押すと解説箇所が直接表示されます。

村野さん 村野
現在利用中の回線によっては、転用/事業者変更による乗り換えに対応していないことがあります。例えば、auひかりやNURO光などです。この場合は、新規契約での手続きになります。

新規契約の申し込み手順

新規契約の申し込み手順は、以下の4ステップです。

新規契約までの流れ

  1. ①ドコモ光に申し込む
  2. ②プロバイダの案内書を受け取る
  3. ③ドコモ光で工事日を決める
  4. ④郵送物を受け取る
  5. ⑤開通工事日に立ち会う

それぞれのステップについて順番に説明していきます。

①ドコモ光に申し込む

ドコモ光でアンドラインを使いたい場合は、以下の番号に電話するか、ドコモショップで申し込みしましょう。

アンドライン
サポートセンター
03-6809-3392
(営業時間:10~19時)

アンドラインにはWEB申し込みがないので、上述した方法で申し込むしかありません。

②プロバイダの案内書を受け取る

ドコモ光に申し込んだら、アンドラインから後日「プロバイダのご案内」が届きます。案内書の中には、永年無料オプション申し込み書が同封されています。

アンドラインオプション申し込み書

永年無料のレンタルサービスを申し込みしたい場合は、案内書に同封されている書類を記入して郵送するか、WEBまたは電話で利用したい旨を伝えましょう。

③ドコモ光で工事日を決める

新規契約は必ず開通工事があります。工事日の日程については、後日NTTドコモから電話があるので、その際に日程を調整しましょう。

④郵送物を受け取る

NTTドコモまたはアンドラインから送られてくる郵送物を受け取ります。

郵送物は工事に必要な機器などが届きます。機器は工事当日に利用する物なので、工事日前には受け取りましょう。

もし、工事日程などを変更したい・キャンセルしたい場合は、工事2日前の20時までにドコモ光サービスセンターに連絡しましょう。

ドコモ光サービスセンター 0120-766-156
(ドコモの携帯は15715)

キャンセルしたとしても料金はかかりません。ただし、工事途中でキャンセルした場合は、それまでに発生した費用を請求さるので、注意しましょう。

④開通工事に立ち会う

新規契約の場合、屋内と野外の開通工事をするので必ず立ち会いが必要です。立ち会う人は、代理人でも問題ありません。

工事は1~2時間前後で終わりますが、トラブル回避のためにも、工事当日は1日休めるように調整しておきましょう。

開通工事が終わったら、郵送された通信機器の設定をします。機器の設定には、郵送物の「開通案内」に記載されている、アンドラインの認証IDとパスワードが必要です。

事前に届いている郵送物の中に含まれているので、利用予定の3日前までには確認しておきましょう。

転用や事業者変更の申し込み手順

転用の解説イラスト

転用や事業者変更による乗り換える手順は、以下の3ステップです。

転用や事業者変更の流れ

  1. ①承諾番号を取得する
  2. ②ドコモ光に申し込む
  3. ③回線切り替え後の機器設定をする

フレッツ光から乗り換えをする場合は転用、光コラボから変更する際は事業者変更になります。手続きの名前は異なりますが、ほとんど違いはありません。

どちらも工事費用はかかりませんが、事務手数料の3,300円はかかります。

また、他社からの乗り換えでも、使っていた回線がフレッツ光や光コラボではない業者の場合、新規契約になります。具体的には以下の回線が該当します。

新規契約の扱いになる光回線一覧

NURO光/auひかり/eo光/BBIQ光/ピカラ光/コミュファ光/メガエッグ光

一覧にある光回線は、ドコモ光のような光コラボとは違い、NTTの回線設備を使わないので、事業者変更に対応していません。

フレッツ光や光コラボから乗り換える際の手順を、以下で詳しく説明します。

①承諾番号を取得する

ドコモ光×アンドラインで転用や事業者変更の手続きをするには、承諾番号を取得する必要があります。承諾番号は、利用している光回線のホームページや、電話で取得できます。

ちなみに、フレッツ光からの転用は、NTT東西の連絡先から手続きできます。電話受付は9~17時で、土日・祝日も手続き可能です。

電話番号
NTT東日本 0120-140-202
NTT西日本 0120-553-104

承諾番号の有効期限は、発行日含めた15日間なので、番号の発行ができたら早めに申し込みをしましょう。期限ギリギリに申し込むと、有効期限内に手続きできないことがあります。

②ドコモ光に申し込む

承諾番号を発行したら、ドコモ光から「転用/事業者変更」を申込みましょう。

転用や事業者変更の場合は、電話窓口で手続きするとスムーズに話が進みます。ドコモ光の問い合わせ先は以下のとおりです。

ドコモインフォメーションセンター 0120-800-000
(ドコモの携帯は151)

電話が繋がったら、転用や事業者変更をしたい旨を伝えます。その際に承諾番号を聞かれるので、必ず用意しておきましょう。

数日すると「開通案内」が届きます。書面には切り替え日時について記載があるので、必ず確認してください。

③回線切り替え後の機器設定をする

回線の切り替え日になったら、ルーターやホームゲートウェイなどの通信機器の設定をしてください。詳しい設定方法については、開通の案内と一緒に同封されています。

説明書通りに通信機器の設定を終わらせれば、ネットが使えるようになります。

④以前のプロバイダを解約する

フレッツ光から転用する人は、契約しているプロバイダの解約手続きを必ず実施しましょう。転用しても、プロバイダは自動解約されないからです。

解約し忘れると、ドコモ光の利用料金とは別に、プロバイダの料金を支払い続けることになります。

村野さん 村野

ドコモ光のキャッシュバックはdポイント還元です。新規・転用・事業者変更問わず貰えます。ただし、アンドラインが特別お得な訳ではありません。

他のプロバイダは、現金キャッシュバックとdポイント還元の両方を実施しているので、アンドライン以外のほうがお得に使えます。

プロバイダ変更をする場合

ドコモ光のプロバイダを、他社からアンドラインに乗り換える手順は、以下の2ステップです。申し込みから乗り換えまでの期間の目安は、10日~2週間ほどです。

プロバイダ変更の手順

  1. ①プロバイダ変更の手続きをする
  2. ②切り替え日にルーターを設定する

厳密には事業者変更の手続きに該当しますが、同じ光回線を使い続けるので、承諾番号を発行する必要はありません。

また、プロバイダを変更するだけなので、公式特典であるdポイントは貰えません。以下で、プロバイダの変更手順について解説します。

①プロバイダ変更の手続きをする

プロバイダ変更の手続きは、ドコモ光でできます。以下の電話窓口に連絡すると、15分程度で手続きが完了します。

ドコモ
インフォメーションセンター
0120-800-000
(ドコモの携帯は151)

上述した番号に掛けたあと「7→1→3」の順にダイヤルすることで、プロバイダ変更の窓口に繋がります。

窓口のオペレーターに、アンドラインにプロバイダ変更したい旨を伝えましょう。

ちなみに、手続きにはドコモ光の契約IDか、ドコモ携帯のネットワーク暗証番号が必要です。あらかじめ用意しておくといいでしょう。

ドコモショップでも受付可能ですが、手続きに30~40分かかります。本人の代わりにスタッフがインフォメーションセンターに変更依頼するだけなので、正直電話手続きのほうがおすすめです。

手続きを終えると、数日後に「開通案内」が届きます。プロバイダが切り替わる日が記載してあるので、確認しましょう。

②切り替え日にルーターを設定する

プロバイダの切り替え日に、ルーターやホームゲートウェイの設定をしましょう。これまでの設定のままでは、ネットに繋がりません。

詳しい設定手順は「開通のご案内」に同封されています。設定が完了すると、ネットに繋がるようになります。

開通後の設定方法

ONUや周りの機器をつないだ図

工事後の機器設定について解説します。

まず、ドコモ光からホームゲートウェイ(ONU)が届いたら、LANケーブルで機器接続をしましょう。

また、Wi-Fiを使いたい場合は、ルーターを用意する必要があります。

繋げる順序は「光コンセント→ホームゲートウェイ(ONU)→Wi-Fiルーター」の順です。

機器をLANケーブルで接続したら、ルーターの接続設定をして、動作確認をすれば完了です。

Wi-Fiの設定方法

パソコンやスマホをWi-Fiで接続したい場合は、端末側でもWi-Fiの接続設定をする必要があります。

はじめにルーターの側面にSSIDが書かれているので、内容を確認してください。初期設定時のWi-Fiアクセスポイント名は、側面に記載してあるSSIDが使われています。

バッファローのルーターは裏にアクセスポイント名とパスワードが記載してある

次に、スマホの設定画面で周囲のWi-Fiを調べてください。スマホのWi-Fiリストに、ルーターの側面に記載してあるSSIDと同じ接続先が出てきます。

もし、2種類あれば名称に「〇〇-A」や、本体に「5Ghz」と記載されているほうを選びましょう。Aや5Ghzのほうが通信速度が速いです。

接続先を選択すると、パスワードの入力画面が表示されます。ルーターの側面に記載してあるパスワードを入力してください。パスワードの入力を終えると、Wi-Fi通信を利用できます。

ちなみに、ルーター側と端末にAOSSやらくらく無線スタートの機能があれば、ルーターの設定ボタンを押すだけでWi-Fi接続が可能です。

SSIDとパスワードを任意で設定する際の注意点

Wi-Fiの接続先名であるSSIDと、パスワードは任意の文字列に変更することができます。

ただし、SSIDは外部の人からも見えるものなので、個人が特定できる情報やパスワードと同じ文字列を入れないようにしてください。

また、パスワードも分かりやすいものにしてしまうと、不正アクセスされる原因になります。「password」や「123456」などの文字列は使わないようにしましょう。

ドコモ光×アンドラインの問い合わせ窓口

問い合わせの電話をかけているイラスト

アンドラインはドコモ光と提携しているプロバイダです。そのため、利用していて不明な点や、トラブルがあれば、アンドラインとドコモ光の両方でサポートを受けられます。連絡先は以下のとおりです。

問い合わせ内容 受付窓口 電話番号
契約前の相談 andline 03-6809-3392
新規契約手続き
転用/事業者変更手続き ドコモ光 0120-800-000
プロバイダ変更手続き
開通工事など
回線の料金など
光電話や光テレビなど
NTT機器の故障
解約手続き andline 03-6809-3392
ルーターの設定や故障
オプション関連
(プロバイダ側)
訪問サポート申し込み

アンドラインやドコモ光に問い合わせをする際は、アンドラインの会員登録証にあるユーザーIDや、契約時に登録した電話番号の情報が必要になります。手元に情報を用意したうえで、電話をかけましょう。

ドコモ光で最もおすすめなプロバイダはGMOとくとくBB

おすすめする女の子

ドコモ光は、24社の中から好きなプロバイダを選択できるのが特徴の光回線です。その中で最もおすすめのプロバイダはGMOとくとくBBです。

おすすめする理由は、以下の6つのメリットがあるからです。

GMOとくとくBBがおすすめな理由
  • タイプAで月額料金が安い
  • 平均速度がトップクラスに速い
  • 20,000円のキャッシュバック
  • ④高性能Wi-Fiルーターが無料
  • ⑤ウイルス対策ソフトが1年間無料
  • ⑥高速通信が可能な10Gプランに対応

6つの中でも、特に重要なのは「料金の安さ」「速度の速さ」「キャッシュバックの有無」です。プロバイダの選択次第で、大きく変わってしまうからです。

どのプロバイダがおすすめなのか分かりやすくするために、ドコモ光で契約できるプロバイダ24社を徹底的に比較してみました。

一覧表は横にスクロールできるので、プロバイダごとにどのような違いがあるか比べてみてください。

プロバイダ おすすめ度 タイプ 平均速度 v6プラス
対応状況
キャッシュ
バック
Wi-Fi
ルーター
レンタル
セキュリティ
ソフト
無料期間
10ギガ
対応状況
訪問サポート
GMOとくとくBBのロゴ 料金はとても安い A 273Mbps 20,000円 無料 12ヶ月 初回無料
plalaのロゴ おすすめ度はやや高い A 209Mbps 15,000円 無料 24ヶ月 初回無料
@niftyのロゴ おすすめ度はやや高い A 190Mbps 20,000円 無料 12ヶ月 × 初回無料
BIGLOBEのロゴ おすすめ度はやや高い A 249Mbps なし 無料 12ヶ月 × 初回無料
Tigers-netのロゴ おすすめ度は平均的 A 211Mbps なし 無料 永年 × 初回無料
andlineのロゴ おすすめ度は平均的 A 192Mbps なし 無料 12ヶ月 サービスなし
hi-hoのロゴ おすすめ度は平均的 A 106Mbps なし 無料 12ヶ月 初回無料
SISのロゴ おすすめ度は平均的 A なし 無料 永年 × 初回無料
ドコモnetのロゴ おすすめ度は平均的 A 228Mbps なし 有料 12ヶ月 有料
DTIのロゴ 総合評価がやや悪い A 197Mbps なし 有料 なし × 無料
BB.exciteのロゴ 総合評価がやや悪い A 183Mbps なし 有料 36ヶ月 有料
エディオンネットのロゴ 総合評価がやや悪い A 183Mbps なし 有料 なし 有料
楽天ブロードバンドのロゴ 総合評価がやや悪い A 160Mbps × なし 有料 12ヶ月 × 初回無料
Ic-netのロゴ 総合評価がやや悪い A なし 有料 永年 36ヶ月無料
SYNAPSEのロゴ 総合評価がやや悪い A × なし 有料 なし × 初回無料
TikiTikiのロゴ 総合評価がやや悪い A × なし 有料 なし × 有料
@ネスクのロゴ 総合評価がやや悪い A なし 有料 なし × サービスなし
COARAのロゴ 総合評価がやや悪い A なし 有料 なし × 有料
OCNのロゴ おすすめ度は平均的 B 217Mbps 20,000円 無料 12ヶ月 × 初回無料
@TCOMのロゴ おすすめ度はやや高い B 207Mbps なし 無料 12ヶ月 × 初回無料
WAKWAKのロゴ おすすめ度はやや高い B 119Mbps なし 有料 なし × 有料
@ちゃんぷるネットのロゴ おすすめ度はやや高い B なし 無料 なし × 12ヶ月無料
AsahiNetのロゴ おすすめ度はやや高い B 170Mbps なし 有料 なし サービスなし
TNCのロゴ おすすめ度はやや高い B × なし 有料 12ヶ月 × 有料
プロバイダ おすすめ度 タイプ 平均速度 v6プラス
対応状況
キャッシュ
バック
Wi-Fi
ルーター
レンタル
セキュリティ
ソフト
無料期間
10ギガ
対応状況
訪問サポート
GMOとくとくBBのロゴ 料金はとても安い A 273Mbps 20,000円 無料 12ヶ月 初回無料
plalaのロゴ おすすめ度はやや高い A 209Mbps 15,000円 無料 24ヶ月 初回無料
@niftyのロゴ おすすめ度はやや高い A 190Mbps 20,000円 無料 12ヶ月 × 初回無料
BIGLOBEのロゴ おすすめ度はやや高い A 249Mbps なし 無料 12ヶ月 × 初回無料
Tigers-netのロゴ おすすめ度は平均的 A 211Mbps なし 無料 永年 × 初回無料
andlineのロゴ おすすめ度は平均的 A 192Mbps なし 無料 12ヶ月 サービスなし
hi-hoのロゴ おすすめ度は平均的 A 106Mbps なし 無料 12ヶ月 初回無料
SISのロゴ おすすめ度は平均的 A なし 無料 永年 × 初回無料
ドコモnetのロゴ おすすめ度は平均的 A 228Mbps なし 有料 12ヶ月 有料
DTIのロゴ 総合評価がやや悪い A 197Mbps なし 有料 なし × 無料
BB.exciteのロゴ 総合評価がやや悪い A 183Mbps なし 有料 36ヶ月 有料
エディオンネットのロゴ 総合評価がやや悪い A 183Mbps なし 有料 なし 有料
楽天ブロードバンドのロゴ 総合評価がやや悪い A 160Mbps × なし 有料 12ヶ月 × 初回無料
Ic-netのロゴ 総合評価がやや悪い A なし 有料 永年 36ヶ月無料
SYNAPSEのロゴ 総合評価がやや悪い A × なし 有料 なし × 初回無料
TikiTikiのロゴ 総合評価がやや悪い A × なし 有料 なし × 有料
@ネスクのロゴ 総合評価がやや悪い A なし 有料 なし × サービスなし
COARAのロゴ 総合評価がやや悪い A なし 有料 なし × 有料
OCNのロゴ おすすめ度は平均的 B 217Mbps 20,000円 無料 12ヶ月 × 初回無料
@TCOMのロゴ おすすめ度はやや高い B 207Mbps なし 無料 12ヶ月 × 初回無料
WAKWAKのロゴ おすすめ度はやや高い B 119Mbps なし 有料 なし × 有料
@ちゃんぷるネットのロゴ おすすめ度はやや高い B なし 無料 なし × 12ヶ月無料
AsahiNetのロゴ おすすめ度はやや高い B 170Mbps なし 有料 なし サービスなし
TNCのロゴ おすすめ度はやや高い B × なし 有料 12ヶ月 × 有料

ドコモ光のプロバイダはタイプAとタイプBの2種類に分かれています。両者の違いは月額料金だけで、タイプAのほうが220円安いです。

プロバイダにこだわりがなければ、絶対にタイプAの中から選択するべきです。

また、利用者の平均速度もプロバイダごとに大きく変わります。最も速いGMOとくとくBBが273Mbpsあるのに対し、最も遅いhi-hoでは106Mbpsしかありません。

最後に、プロバイダによってキャッシュバック特典の有無も変わります。特典があるプロバイダが少ないので2万円の現金が貰えるGMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\9月末まで特別キャンペーン実施中!/

私たちがおすすめしている光回線3選

3人家族でスマホセット割を適用した場合の2年間の割引額

現在、100社以上ある光回線の中で私たちがおすすめしているのは、ドコモ光ソフトバンク光auひかりの3社です。

お使いのスマホキャリアにあった光回線を選ぶことでスマホ料金が1台当たり1,100円安くなります。例えば、家族3人で同じキャリアを使っているなら毎月3,300円、2年間で約8万円の割引です!

また、大手企業が運営しているため、回線速度やサポート体制、キャッシュバック特典なども充実しています!

光回線 おすすめ理由
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーなら最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
無条件で2万円のキャッシュバック
解約費用の補助がある(最大2万円) お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ ソフトバンク・ワイモバイルがセット割
無条件で3.7万円キャッシュバック
乗り換え費用を最大10万円まで還元
回線速度が平均300Mbpsに大幅改善 お得なキャンペーン窓口
auひかりのロゴ auユーザーなら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
最大61,000円のキャッシュバック
独自回線で平均速度が375Mbpsと高速 お得なキャンペーン窓口

工事なしでネットを使うならhome5G

ドコモhome5Gロゴマーク

光回線の工事なしでインターネットを利用したいならドコモhome5Gがおすすめです。

オンライン申し込みが可能で、ドコモhome5Gが手元に届いた日からすぐにインターネットが使えます。

通信速度も最大4.2Gbpsと、光回線に負けない性能で、契約期間の縛りも一切ありません!

\最大通信速度4.2Gbps!工事不要のホームルーター/

ドコモ光の記事

  • 一番お得なキャンペーン窓口

    ドコモスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!

    auスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!!

    ソフトバンクやワイモバイルのスマホ料金が安くなる!エヌズカンパニーからの申し込みが一番お得!

    人気の光回線6選
    人気の光回線6選

    光回線ごとの記事一覧