光回線をマンションやアパートで契約するには事前確認が必要!

最終更新日:2021年09月17日
「光回線 マンション」のアイキャッチ

マンションやアパートに光回線を契約したい!勝手に申し込んでも良いの?という疑問にお答えします!

結論を先に述べると、集合住宅で光回線を契約するには、まず管理会社や大家さんに設備の確認が必要です。なぜなら、物件によって回線設備の状況はまったく違うからです。

いまの時代、ネット環境にまったく対応していないマンションはかなり少ないですが、すべての物件で希望通りの光回線を契約できるとは限りません。

この記事では、マンションやアパートに光回線を引くために必要な手順を、分かりやすく解説しています。おすすめの光回線もご紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

村野

更新月のたびに光回線を乗り換える変わり者。過去に使ってきたネット回線は、フレッツ光、ソフトバンク光、OCN光、ドコモ光の4社。

おすすめ人気記事
「光回線×キャッシュバック」のアイキャッチ
光回線13社のお得なキャッシュバックを徹底比較!キャンペーン窓口の選び方を解説!
記事を読む
おすすめの光回線6選
】おすすめの光回線6選を徹底解説!
記事を読む

光回線をマンションやアパートで使うには設備の確認が必要

マンションやアパートといった集合住宅で光回線サービスを利用するには、そもそも建物にインターネット設備が整っているかを確認する必要があります。

まずは管理会社に連絡したり、賃貸契約書に書かれている内容を確認しましょう。

一般的には、設備だけ導入されているケースがほとんどです。各部屋まで回線を引くには、個人で申し込みして、開通工事をしなければいけません。

しかし、建物自体が対応しておらず、光回線をいっさい契約できないケースや、賃貸契約のなかに光回線の料金が含まれていて、手続き不要でネットを使える場合もあります。

問い合わせの電話をかけているイラスト

住んでいる物件にまったく回線設備が整っていなかったり、導入済みと異なる光回線を利用したい場合は、管理会社や大家さんに「新しく設備を導入してもらえませんか?」と交渉する必要があります。

状況別に必要な対応をまとめると、下表のようになります。

マンションの状況 必要な対応
賃貸契約のなかに光回線利用料が含まれている 手続き不要でネットを利用できる
マンションやアパートに回線設備がまったくない 設備導入を管理会社や大家さんと交渉する
共有の設備はあるが各戸には引き込まれていない 光回線に申し込んで立ち合い工事をする
すでに各戸まで光ケーブルが伸びている 申し込みは必要だが立ち合い工事は不要

光回線の導入状況は公式サイトでも検索できる

スマホをいじっているイラスト

マンションの回線設備がどうなっているかなどは、管理会社に聞くのがおすすめです。

また、光回線の導入状況は、先に導入したい光回線の公式サイトにある「エリア検索」ページで確認するのが無難です。

そもそも対応エリアや対応物件でなければ、希望の光回線が導入できないからです。

各サイトのエリア検索ページは、利用したい住所を検索するだけで、マンションの導入状況を調べられます。

主な光回線のエリア検索ページを以下でまとめたので、調べる際に活用してください。

エリア検索一覧
フレッツ光 ▶NTT東日本のエリア検索ページ
▶NTT東日本のエリア検索ページ
ドコモ光
ソフトバンク光
auひかり ▶auひかりのエリア検索ページ
NURO光 ▶NURO光のエリア検索ページ

ちなみに、ドコモ光やソフトバンク光はNTTの回線網を流用している光コラボです。そのため、フレッツ光と同じように、東日本・西日本のエリアに合ったNTTのサイトを利用します。

また、他にもたくさんの光回線が光コラボに含まれます。例えば、ソネット光プラスや楽天ひかり、ビッグローブ光などです。

主な光コラボ回線一覧

光コラボは、スマホキャリアで有名なドコモやソフトバンクをはじめ、マイナーな企業などでも多く導入されている光回線サービスです。そのため、光コラボは100種類以上あります。

光コラボは調べるほど、どれが良いのか分からなくなってしまいがちですが、よく利用されている光回線の中から選ぶと良いでしょう。主な光コラボ回線は以下のとおりです。

主な光コラボ一覧
ドコモ光 ソフトバンク光 楽天ひかり
ソネット光プラス ビッグローブ光 enひかり
DTI光 ぷらら光 OCN光
excite光 @TCOMヒカリ @nifty光

光コラボはNTTの回線網を利用するため、基本的に全国で使えます。さらにマンションに導入しやすい、または導入されているケースが多い回線なので、集合住宅で利用するのにおすすめです。

反対に、auひかりやNURO光といった独自の回線網を使う光回線サービスは、対応エリアが限定的で、マンションや集合住宅に導入している物件はほとんどありません。

村野さん 村野

マンションは設備の有無によって、光回線を契約する際に取るべき行動は大きく変わります。

導入済みかどうかを確認せずに手続きを進めると、そもそも契約できないことが後から分かったりして、時間と手間を浪費してしまいます。

そうならないためにも、必ず最初の段階で自分の住んでいるマンションの状況を確認しておきましょう。

マンションの回線設備にあわせた詳しい解説

なにかを調べているイラスト

マンションやアパートなどにおける、光回線の導入パターンは以下のとおりです。

上記の青い文字をタップすると、ケースごとの解説に移動できます。自分の状況にあった項目を確認してみてください。

ただし「ネット使用料不要」となっている物件であれば、そもそも契約の申し込みすら不要です。以下で説明する手順はすべて必要ないです。

マンションに光回線の環境がない場合

手でバッテンしている人のイラスト

そもそも、マンションに光回線の設備が整っていない場合は導入するまでに時間がかかったり、導入できないことがほとんどです。

大家さんや管理会社に連絡をして、光回線を導入していいかの許可や、工事の許可を取る必要があるからです。

また、分譲マンションの場合は管理組合の承認も必要です。

マンションで光回線を新しく導入するには、まず共有スペースに光回線を引き込んだのち、各戸に分配する必要があります。

工事が建物全体に関わるうえに、外壁に金具を取り付けたり、壁に穴を開けることもあるので、1人の入居者の都合では導入できません。

設備未導入なら戸建てプランが現実的

上述したとおり、光回線の設備が整っていない建物に、新しく設備を導入するのは現実的ではないです。その際に取れる手段は、希望している光回線の戸建てプランで導入することです。

実は、マンションプランを契約できなかった場合でも、回線業者が指定する条件を満たした状況なら、戸建てプランで導入できる可能性があります。

指定条件は建物の階数や光回線によって様々です。

ちなみに、戸建てプランだったとしても、工事の許可を大家さんや、管理会社・管理組合などに取る必要はあります。

ただ、マンションの設備を新しく整えるよりも遥かにハードルが低いです。戸建てプランは、マンションの共有部分を通さず、個人の部屋に直接回線を引くからです。

なお、マンションプランよりも戸建てプランのほうが料金が高いという点もあるので、料金面なども考えてから行動しましょう。

光回線が導入済みのマンションに住んでいる場合

マンションを指している人のイラスト

光回線が導入されているマンションに住んでいる場合は「建物の管理者に連絡する」「開通工事に立ち会う」の2ステップ程度で光回線を使えます。既に共有部分まで回線設備が整っているからです。

賃貸物件の場合は「インターネット対応」と記載されていることが多いです。

ネット設備を導入している物件だとしても、建物の管理者に工事があることを連絡するのは必須です。

ただし「光回線の環境がない」場合の連絡と大きく違うのは、工事を断られないことです。

既に共有部分には導入されていて、マンション全体に関わることじゃない・各部屋まで通すだけの工事なので、断られることは、ほとんどありません。

部屋まで光回線が導入されている場合

ルーターのコンセントを持っている人イラスト

マンションによって、光回線が部屋まで導入されているパターンもあります。この場合は、光回線を契約後に立ち会い不要の工事で利用できます。

このパターンの工事は、NTT局内のみで行われるので立ち会いが不要です。また、管理会社などへの連絡もいりません。立ち会い不要の工事は、基本的に通常の工事費用よりも安いです。

ただし、部屋まで光回線が導入されていたり、立ち会い工事が不要になるケースは、フレッツ光やドコモ光・ソフトバンク光といった、光コラボを契約する場合のことがほとんどです。

NURO光やauひかりといった独自の回線サービスで、立ち会い工事が不要になることは滅多にありません。

マンションに導入されている回線と違う会社を契約したい場合

マンションに導入されている回線と違う光回線を契約したい場合は、まず大家さんや管理会社に連絡をして聞いてみましょう。

ほとんどのケースでは「他社の光回線の戸建てプランを個人で契約するのは問題ない」か「ダメです」と回答されます。

戸建てプランで直接引き込むのが問題ない場合は、契約したい光回線に問い合わせて導入できるか確認しましょう。

もし、建物の管理者の回答がダメだった際は契約できません。無理に契約をしてしまうと、管理者とトラブルになる可能性があるので諦めましょう。

マンションで光回線を利用するまでの流れ

PCで調べものしている人のイラスト

マンションで光回線を利用するまでの流れは、以下のとおりです。

マンションで光回線を利用する手順
  1. ①管理会社に回線設備を確認する
  2. ②契約したい光回線の対応エリアを確認する
  3. ③光回線に申し込む
  4. ④工事日を決めて管理会社に連絡する
  5. ⑤開通工事に立ち会う
  6. ⑥機器の設定をして利用開始

マンションで光回線を利用したいなら、まず建物のネット環境がどうなっているか、どの回線が利用できるかを確認しましょう。

既に光回線が導入されている場合は、既存の光回線を利用するか・新しく導入するか決めましょう。

賃貸物件に住んでいるなら、大家さんや管理会社から開通工事の許可をもらいます。同意を得られない場合は、光回線を導入できません。

ちなみに、導入済みの既存回線を使うなら、特に問題なく契約できることがほとんどです。

ただ、マンションに導入されているものとは違う光回線を契約する場合は、管理会社から断られるケースがあります。新しく工事が必要になるからです。

光回線の申し込み後に、もしも管理会社から工事を断られてしまったら、急いでキャンセルしましょう。工事前なら無料でキャンセルできます。

立ち合い工事は、1~2時間ほどで終わります。ルーターの設定は自分でする必要があるので、自信がない場合は、光回線のサポートサービスを利用しましょう。

通信速度はマンションの設備によって変わる

マンションの3つの配線方式についてのイラスト

マンションで使う光回線の回線速度は建物内の「配線方式」によって大きく変わります。

マンションの共有部分から各戸までの配線方式が「光配線」「VDSL」「LAN配線」のいずれになっているかで、最大通信速度が変わるからです。

建物の配線方式とは

光配線方式の図

配線方式とは「共同設備から各戸までの配線方法」を表したものです。マンションにおける配線方法は、一般的に「光配線方式」「VDSL方式」「LAN配線方式」の3種類あります。

以下で、それぞれの最大通信速度と特徴をまとめてみました。通信速度が速い順番で紹介しています。

最大通信速度 特徴
光配線方式 回線業者の性能通り
(基本1Gbps)
最も速い方式
各戸まで光ファイバーケーブルで繋いでいる
VDSL方式 100Mbps マンションで最も多い方式
建物の入り口から各戸までを電話回線で繋いでいる
LAN配線方式 100Mbps 利用者が増える時間帯は遅くなる
建物の入口から各戸までをLANケーブルで繋いでいる

もっとも望ましいのは「光配線方式」です。光配線方式は、唯一、回線業者の最大通信速度がそのまま適用されます。

ただし、マンションはVDSL方式や、LAN配線方式で各戸まで繋いでいることがほとんどです。この2種類は、最大速度が100Mbpsと言われています。

VDSL方式やLAN配線方式は、共有部分から先が光ファイバーケーブルではなくなるため、光回線の最大速度を活かすことはできません。

通信速度の「bps」とは

通信速度を説明する際に用いられる「bps」とは、1秒間に送信できるデータ量を表した値です。数値が大きいほど通信速度が速いです。「1Gbps=1,000Mbps」と換算できます。VDSL方式やLAN配線方式では最大速度が100Mbpsまで下がるため、本来の10分の1の性能になります。

最も多いのはVDSL方式

VDSL方式の図

国内のマンションやアパートでもっとも多いのは「VDSL方式」です。

VDSL方式は、電柱から「MDF」(主配線盤)と呼ばれる共有設備まで光ファイバーケーブルを通し、各戸までは電話回線(メタルケーブル)で繋ぐ方式です。

電話回線は光ファイバーケーブルほど高性能ではないため、最大通信速度が100Mbpsまで下がります。

また、1つの回線を住民同士でシェアするため、利用者の多い時間帯は通信が混雑する危険性があります。

光配線方式以外は実測値も下がる

マンションの配線方式が「光配線方式」以外の場合は、当然実測値も低いです。

「実測値」とは、ネットを使っているときの実際の回線速度を表す値です。各回線業者が公表している「最大〇Gbps」は最大通信速度ですが、あくまで理論上で可能な速度でしかありません。

実際は、建物の設備や、使っているプロバイダ・端末・ケーブルなどの影響を受けるので、もっと遅いです。また「VDSL方式」「LAN配線方式」は、そもそもの最大通信速度が下がるため、実測値も低いです。

マンションの配線方式を確認する方法

LANケーブル2つ持って比べているイラスト

マンションの配線方式を確認する方法は2つあります。「管理会社や光回線に問い合わせる」「壁のコード差込口を確認する」です。それぞれについて解説します。

管理会社や光回線に問い合わせる

マンションの配線方式を確認する際に、最も簡単で確実な方法は、管理会社や光回線の会社に電話することです。「どの配線方式で導入されているのか知りたい」と伝えれば、調べてもらえます。

マンションで光回線が導入済みだった場合は、管理会社で分かる可能性が高いです。

管理会社で分からないと言われた場合は、導入されている光回線を必ず聞いておきましょう。管理会社で分からなくても、光回線に問い合わせて確認できるからです。

壁のコード差込口を確認する

光コンセントのイラスト

物件の壁にある差込口を確認することでも、ある程度は配線方式を調べられます。上記の画像のように「光」「光コンセント」と文字が書かれた差込口があれば、光配線方式である可能性が高いです。

これは「光コンセント」という装置です。光コンセントは、他の差込口と一体になっているほかに、エアコンの裏から引き込んでいることもあります。

ただし、光コンセントの有無は、あくまで目安でしかありません。光コンセントのない部屋であっても、契約時の工事で設置できる場合もあります。

スマホセット割に対応した光回線がおすすめ

メモ帳を持った女の子のイラスト

光回線を選ぶ際に最も重要なのはスマホのキャリアに合わせた光回線を選ぶことです。

スマホのキャリアに合った光回線を選べば、セット割というサービスが適用されるからです。セット割とは、スマホ1台ごとに毎月最大1,100円割引される優れたサービスです。

大きな特徴は、家族の使っているスマホ回線も割引対象になる点です。3人家族で全員が対象だと、毎月3,300円も出費が抑えられます。

光回線の多くは2年契約なので、24ヶ月で計算すると3,300×24=79,200円もお得です!

3人家族でスマホセット割を適用した場合の2年間の割引額

ドコモ・au・ソフトバンクのセット割は永年割引です。途中で割引が消える心配はありません。存分に活用しましょう!

3大キャリアの新プランにはセット割が適用されない

3大キャリアの新プランであるahamo、povo、LINEMOには、スマホセット割が適用されません。

ただし、そもそもの基本料金が安いので、セット割を適用した従来プランよりも安くなることがほとんどです。

各プランとセット割の詳細は以下の記事にまとめています。スマホの乗り換えを検討しているなら、ぜひ参考にしてください!

関連記事

▶ahamoとセット割に関する詳しい解説
▶povoとセット割に関する詳しい解説
▶LINEMOとセット割に関する詳しい解説

スマホセット割を受けられる主な光回線

手で〇マークを作っている人のイラスト

スマホ3大キャリアであるドコモ・au・ソフトバンクで、セット割を利用できる主な光回線を以下でまとめました。

スマホキャリア 対応している光回線
ドコモ ドコモ光
au auひかり
ソネット光プラス
ビッグローブ光
ソフトバンク NURO光
ソフトバンク光

上表のとおり、ドコモはドコモ光で、ソフトバンクなら、NURO光かソフトバンク光でセット割を適用できます。

ソフトバンクでおすすめな光回線はNURO光一択です。回線の品質が非常に良く、回線速度もソフトバンク光よりも速いので、契約できるならしたほうが良い回線です。

auは、auひかりをはじめ、ソネット光プラス、ビッグローブ光など複数の回線業者と提携しています。数ある中で、とくにおすすめなのはauひかりです。

ドコモユーザーはドコモ光がおすすめ

光回線 ドコモ光

ドコモのスマホを使っている人には、絶対にドコモ光がおすすめです!

ドコモのスマホを利用していれば、スマホの料金が最大1,100円安くなる「ドコモ光セット割」という割引が受けられます。

ドコモ光セット割は、最大20回線まで適用できるうえに、両親・子ども・祖父母といった3親等以内の家族であれば、離れて暮らしている人も割引対象に含まれます。

時点でドコモユーザー向けのセット割を提供しているのはドコモ光だけです。

ただし、2021年3月から始まった新料金プラン「ahamo」は、セット割の対象外です。計算を間違えないようにしましょう。

おすすめ度評価 総合評価はとても良い
マンション月額料金 4,400円
戸建て月額料金 5,720円
スマホセット割 ドコモ
最大速度 下り:1Gbps
上り:1Gbps
平均速度 下り:243Mbps
上り:185Mbps
対応エリア 全国
特徴 ・ドコモユーザーなら最安
・工事費完全無料
・キャッシュバック特典あり
一番お得な
キャンペーンサイト
(GMOとくとくBB)
当サイト限定!
オプション不要で20,000円キャッシュバック
抽選で毎月20名にAmazonギフト券10,000円分プレゼント
▶こちらをタップ
関連記事 ▶ドコモ光の評判を詳しく見る
▶ドコモ光のキャンペーン情報

ドコモ光は、フレッツ光と同じ回線網を使っている光コラボです。2021年2月に契約数が700万件を突破した、人気のある回線サービスです。サポート体制がしっかりしていて信頼性が高いです。

ドコモ光はNTTの設備を使っているため、全国のほとんどの地域で利用できます。とにかくエリアが広いので、引っ越し時にも困りません。

また、 開通工事費用が完全無料になるキャンペーンを実施しています。

さらに、代理店のGMOとくとくBBから申し込めば、最大20,000円のキャッシュバックを受けられます。

公式サイトから申し込んでしまうと、キャッシュバックがなくなってしまうので、必ずGMOとくとくBBから申し込みましょう。

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\9月末まで特別キャンペーン実施中!/

ソフトバンクユーザーはNURO光がおすすめ

光回線 NURO光

ソフトバンクのスマホ利用者は、NURO光が1番おすすめです。ソフトバンクのスマホ料金が安くなる「おうち割光セット」という割引が受けられます。

また、月額料金の割引や、高額なキャッシュバックもあるので、ソフトバンク光よりもお得に利用できます。

さらに、NURO光は通信速度が速いという長所があります。最大速度が2Gbpsで、平均速度も459Mbpsとかなり速いので、回線速度を重視する人にもおすすめです!

ただし、工事が2回あったり、対応エリアが狭いといったデメリットもあります。

NURO光の対応エリア
NURO光の提供エリアは全国ではありません。 現在、NURO光が対応しているエリアをまとめました。

北海道・東北 北海道のみ
関東 東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/栃木/群馬
中部 愛知/静岡/岐阜/三重
関西 大阪/兵庫/京都/滋賀/奈良
中国 広島/岡山
四国
九州・沖縄 福岡/佐賀

ただ、地域によっては、対応エリア内でもNURO光を契約できない場合があります。提供範囲は自治体によって変わるからです。

市区町村別の対応エリアは別記事で詳しく記載しています。

関連記事

▶NURO光の詳細対応エリア一覧

おすすめ度評価 総合評価は良い
マンション月額料金 基本は5,200円
まれに2,090~2,750円
戸建て月額料金 5,200円
スマホセット割 ソフトバンク
最大速度 下り:2Gbps
上り:1Gbps
平均速度 下り:478Mbps
上り:413Mbps
対応エリア 北海道・関東・関西・
東海・中国・九州
特徴 ・回線速度が最速レベル
・工事費実質無料
・キャッシュバック特典あり
お得な申し込み窓口 ▶NURO光公式サイト
関連記事 ▶NURO光の評判を詳しく見る
▶NURO光のキャンペーン情報

NURO光は公式サイトのキャンペーンページから申し込むのが一番おすすめです。

NURO光の公式キャンペーンがおすすめな理由

  • ①オプション不要で4.5万円キャッシュバック
  • ②44,000円分の工事費が実質無料になる
  • ③ネットや光電話の設定サポートが無料
  • ④申し込みと同時に工事日を選択できる
  • ⑤高速無線LAN機能が無料で利用可能

公式キャンペーン」の最大の特徴は、NURO光の窓口のなかで最高額45,000円のキャッシュバックがもらえることです。

NURO光の45,000円キャッシュバック

しかも、キャッシュバックをもらうために、追加オプションに加入する必要はいっさいありません!

適用条件 キャッシュバック
公式サイト なし 45,000円
価格.com 41,370円
ライフサポート 36,000円
アウンカンパニー 光電話オプション加入 35,000円

ほかの窓口を使うと、キャッシュバック額が下がったり、オプション加入が条件になったりします。

また、公式キャンペーンから申し込むとNURO光の開通工事費は実質無料になります!本来は44,000円もかかる費用なので、負担をゼロにできるのは大きなメリットです!

\オプション不要!45,000円キャッシュバック/

auユーザーはauひかりがおすすめ

光回線 auひかり

auのスマホユーザーには、auひかりがおすすめです。auのスマホ料金が安くなる「auスマートバリュー」という割引を受けられます。

auひかりは、独自回線で通信品質が良いうえに、月額料金が良心的なので、NURO光の次に人気があります。

ただし、関西や東海では、ほとんど利用できません。対応エリア外だった場合は、auひかりと提携している光回線を検討しましょう。

auひかりの対応エリア
auひかりは全国対応の光回線ではありません。 現在、auひかりが対応しているエリアをまとめました。

北海道・東北 北海道/青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島
関東 東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/栃木/群馬
中部 新潟/富山/石川/山梨/長野/福井
関西
中国 鳥取/島根/岡山/広島/山口
四国 徳島/香川/愛媛/高知
九州 ・沖縄 福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島

auのスマホを使っていて、非対応エリアに住んでいる場合は、eo光・コミュファ光・ソネット光プラスがおすすめです。3社はKDDIと提携しているので、auのスマホセット割が使えます。

関連記事

▶eo光の評判や口コミを知りたい
▶コミュファ光の評判や口コミを知りたい
▶ソネット光プラスの評判や口コミを知りたい

総合評価 総合評価は良い
マンション月額料金 4,180円
戸建て月額料金 5,610円
スマホセット割 au
最大速度 下り:1Gbps
上り:1Gbps
平均速度 下り:375Mbps
上り:268Mbps
対応エリア 関西・東海以外
※マンションは全国対応
特徴 ・独自回線で回線速度が速い
・工事費実質無料
・キャッシュバック特典あり
お得な申し込み窓口 ▶GMOとくとくBB
関連記事 ▶auひかりの評判を詳しく見る
▶auひかりのキャンペーン情報

auひかりは、大手プロバイダのGMOとくとくBBから申し込むのが一番お得です。

GMOとくとくBBで申し込むメリット

  • 最大61,000円のキャッシュバック
  • 9月末まで総額100万円キャンペーン実施中
  • ③乗り換えならキャッシュバック3万円増額
  • ④工事費実質無料
  • ⑤初めの更新月まで光電話が無料になる
  • ⑥最新の高性能Wi-Fiルーターをプレゼント
  • ⑦申し込み前に提供状況を確認できる
  • ⑧2020年のお客様満足度が92%と高水準

GMOとくとくBBを窓口にしてauひかりに申し込むと戸建て61,000円、マンション51,000円のキャッシュバックがもらえます!

さらに9月17日~9月30日の期間限定で、抽選で200名にAmazonギフト券5,000円が当たる総額100万円キャンペーンを実施中です!

auひかりを契約しようと考えている人は、この機会を逃さないようにしましょう!

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\9月末まで特別キャンペーン実施中!/

私たちがおすすめしている光回線3選

3人家族でスマホセット割を適用した場合の2年間の割引額

現在、100社以上ある光回線の中で私たちがおすすめしているのは、ドコモ光ソフトバンク光auひかりの3社です。

お使いのスマホキャリアにあった光回線を選ぶことでスマホ料金が1台当たり1,100円安くなります。例えば、家族3人で同じキャリアを使っているなら毎月3,300円、2年間で約8万円の割引です!

また、大手企業が運営しているため、回線速度やサポート体制、キャッシュバック特典なども充実しています!

光回線 おすすめ理由
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーなら最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
無条件で2万円のキャッシュバック
解約費用の補助がある(最大2万円) お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ ソフトバンク・ワイモバイルがセット割
無条件で3.7万円キャッシュバック
乗り換え費用を最大10万円まで還元
回線速度が平均300Mbpsに大幅改善 お得なキャンペーン窓口
auひかりのロゴ auユーザーなら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
最大61,000円のキャッシュバック
独自回線で平均速度が375Mbpsと高速 お得なキャンペーン窓口

工事なしでネットを使うならhome5G

ドコモhome5Gロゴマーク

光回線の工事なしでインターネットを利用したいならドコモhome5Gがおすすめです。

オンライン申し込みが可能で、ドコモhome5Gが手元に届いた日からすぐにインターネットが使えます。

通信速度も最大4.2Gbpsと、光回線に負けない性能で、契約期間の縛りも一切ありません!

\最大通信速度4.2Gbps!工事不要のホームルーター/

初心者向け知識の記事

  • 一番お得なキャンペーン窓口

    ドコモスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!

    auスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!!

    ソフトバンクやワイモバイルのスマホ料金が安くなる!エヌズカンパニーからの申し込みが一番お得!

    人気の光回線6選
    人気の光回線6選

    光回線ごとの記事一覧