光回線の開通までの期間は?主要14社の工事期間を徹底調査!

最終更新日:2021年08月26日
光回線開通までの期間 のアイキャッチ

「光回線は開通までどのくらいかかる?」「どんな場合だと工事期間が長引いてしまうの?」といった疑問にお答えします!

結論を先に述べると、申し込んでから開通までにかかる期間は3週間前後です!ただし、利用する光回線業者や、契約時期によっては長引いてしまう可能性があります。

この記事では、主要な14回線の工事期間を調査し、実際に「みんながどのくらいの期間で開通できたのか?」がわかるアンケート結果を紹介しています。

藤本

大手プロバイダで営業を経験した後に、インターネットに特化したライターに転向した。専門的な内容を分かりやすく解説することが得意。

おすすめ人気記事
「光回線×キャッシュバック」のアイキャッチ
光回線13社のお得なキャッシュバックを徹底比較!キャンペーン窓口の選び方を解説!
記事を読む
おすすめの光回線6選
】おすすめの光回線6選を徹底解説!
記事を読む

光回線の開通までの期間は3週間前後

カレンダーを見て期間を待っているイラスト

光回線に申し込んでから開通までにかかる期間は3週間前後です。

まれに2週間ほどで開通できる場合はありますが、1ヶ月かかることも珍しくありません。光回線は、余裕のあるスケジュールで申し込みましょう。

申し込みから開通までにかかる期間目安【主要14社比較】

以下では、主要な光回線14社の開通期間をご紹介します。公式サイトに掲載している情報をまとめたものです。

下表からわかるように、光回線業者によっては、戸建て・マンションのどちらに住んでいるかで工事期間が変わるケースがあります。

戸建て マンション
ドコモ光 2~4週間 1ヶ月半
auひかり 1~2ヶ月 2週間
ソフトバンク光 2週間
フレッツ光 3週間
NURO光 1~2ヶ月 1~3ヶ月
ビッグローブ光 10日~2ヶ月
ソネット光プラス 2週間~2ヶ月
OCN光 3週間
楽天ひかり 1ヶ月
eo光 1ヶ月
コミュファ光 1~2ヶ月
メガエッグ光 1~2ヶ月
ピカラ光 2~3週間
BBIQ光 1~2週間

戸建てはマンションよりも長引きやすい

戸建てに注目しているイラスト

光回線の開通工事は戸建てのほうがマンションよりも長引きやすい傾向にあります。

戸建ては、電柱から自宅までケーブルを引き込むケースが多く、手間がかかるからです。

一方、マンションでは、すでに電柱からの引き込み工事が終わっている場合があり、短期間で開通できる可能性があります。

マンションの共有設備から各部屋までケーブルを伸ばすだけで済む場合は、短期間でネットが開通します。

NTT以外の設備を使っている光回線は開通までの期間が長め

独自回線 VS NTT回線 なイラスト

NTT以外の設備を使っている独自回線は、開通までの期間が長くなるケースが多いです。例えば、以下のような光回線です。

開通までの期間が長引きやすい独自回線

  • ・auひかり
  • ・NURO光
  • ・eo光
  • ・コミュファ光
  • ・メガエッグ光
  • ・ピカラ光
  • ・BBIQ光

開通までの期間が長引く原因は「新たに設備を整える必要があるため」と「NTTよりも作業員の数が少ないため」です。

auひかりやNURO光、または電力会社系列が運営しているeo光などは、NTTとは違う設備を使って光回線サービスを提供しています。

このため、すでにNTTの設備が導入されている物件であっても、新たにケーブルを引き込む必要があります。

また、NTTよりも作業員の数が少ないため、どうしても1日に対応できる申込者の数が限られてしまいます。

NURO光は工事が2回あるので2ヶ月前後かかる

重要なポイントを紹介している女の子

NURO光は、ほかの光回線と違って工事が2回あるため、開通までに時間がかかります。

1回目の工事は宅内工事、2回目が屋外工事です。それぞれで別々の手配が必要なので、時間がかかります。

工事が2回に分かれるのは、NURO光が独自の設備を使っている回線だからです。

また、福岡県、佐賀県、岐阜県、北海道エリアの場合は、2~4ヶ月かかることもあります。

関連記事

▶NURO光に申し込んでから開通するまでの期間

3~5月は申込者が多いので開通までの期間が長引く

3~5月は、1年のうちで最も申込者が多いシーズンなので、開通までの期間が長引きます。開通までに1ヶ月以上はかかる可能性が高いです。

3~5月は引っ越しする人が多い時期です。あわせて、光回線の申込者数も増えるため、予約の枠が埋まってしまいます。

藤本さん 藤本
あらかじめスケジュールが確定している人は、1ヶ月以上前に光回線に申し込み、工事予定日を決めておいたほうが良いです。

申し込みから開通までにかかった期間についての調査

アンケートを取っている最中のイラスト

当サイト「ヒカリク」で実施したアンケートのなかで質問した「申し込みから開通までにかかった期間は?」の回答結果をご紹介します。

アンケートは、2021年以降に光回線の利用を始めた500名を対象に実施しました。

2週間以内」「2週間~1ヶ月」の回答が多く、全体の73.8%が1ヶ月以内に開通していることがわかります。

開通までにかかった期間 該当者
(割合)
2週間以内 171名
(34.2%)
2週間~1ヶ月 198名
(39.6%)
1ヶ月~1ヶ月半 76名
(15.2%)
1ヶ月半~2ヶ月 26名
(5.2%)
2~3ヶ月 21名
(4.2%)
3ヶ月以上 8名
(1.6%)

アンケートの回答者のうち、開通までに1ヶ月以上かかった人の多くは、引っ越しの繁忙期に申し込んだ人や、NURO光を契約した人でした。

多くのケースでは、1ヶ月以内に開通できると考えて問題ないでしょう。ただし、あくまで目安であることに変わりはないため、余裕のあるスケジュールで行動しましょう。

光回線の設備があるマンションやアパートなら工事不要で利用できる

光コンセントのイラスト

もともと光回線の設備があるマンションやアパートであれば、そもそも工事不要で利用できるケースが多いです。

自宅に光回線の設備があるかどうかは、上記の画像のような「光コンセント」の有無で判断できます。

すでに光コンセントが設置済みの物件は、以前の住人が光回線を使用していたことを表しています。

ケーブルの引き込みが終わっているため、立ち合い工事なしで光回線を利用できる可能性が高いです。

光コンセントのタイプが一致しない場合は開通工事が必要

光コンセントが設置済みの物件であっても、契約する光回線とタイプが合わない場合は、開通工事が必要です。

光コンセントがあれば必ず工事不要になるわけではないことは念頭に置いておきましょう。

実際に工事は必要かどうかは、申し込んでみるまでわかりません。

関連記事

▶光回線が工事不要で使える3つのパターン

光回線の開通までの流れ

ダンボールを受け渡しているイラスト

光回線の申し込みから開通までには、以下の5つのステップがあります。

申し込みから開通までの5つのステップ

  1. ①光回線に申し込む
  2. ②工事日を調整する
  3. ③工事の事前準備をする
  4. ④立ち合いのもと開通工事をする
  5. ⑤ルーターやPCなどを設定して利用開始

それぞれのステップについて、順番に解説していきます。

藤本さん 藤本
開通までの流れは、戸建て・マンションのどちらでもほとんど変わりません。以下では、全国で利用できる光コラボ事業者を例にしています。

①光回線に申し込む

公式サイトや実店舗、代理店などの窓口から、光回線に申し込みます。

一番スムーズな申し込み方法はオンラインです。電話と違って、数分で手続きできるうえ、聞き間違いによるトラブルが起きるリスクもありません。

オンラインの申し込みは、公式サイトだけでなく、代理店を窓口に使う方法もあります。

光回線によっては、代理店のほうがキャッシュバックが高額でお得なことがあります。事前にお得な窓口を調べておきましょう。

関連記事

▶光回線別の一番お得なキャッシュバック窓口

②工事日を調整する

メモ帳を持った女の子のイラスト

申し込みが完了したら工事日を決める必要があります。

多くの場合は、申し込みが終わったあとに、光回線業者から電話がかかってきます。その際に開通工事の希望日を調整することが多いです。

希望できる工事予定日は、申し込みから2週間ほど先の日からです。例えば、申し込みの翌日を工事予定日には指定できません。

工事日は、後日に変更できます。ただし、変更すると開通期間が長引くことが多いです。

③工事の事前準備をする

工事の日程が決まったら、Wi-FiルーターやLANケーブルを購入したり、工事箇所の周囲を片付けたりして、事前準備をしましょう。

工事予定日よりも前に、申し込んだ先の光回線から郵送物が届きます。

インターネットに接続するには、送られてきた書類や機器が必要なので、すぐに取り出せるようにしておきましょう。

④立ち合いのもと開通工事をする

電柱から一軒家に光ケーブルを引いている工事の様子のイラスト

光回線の工事には、原則として立ち合いが必要です。立会人のいない状況で、作業員が一人で工事をすることはありません。

「工事当日の都合がどうしても悪くなった!」というときは、家族や友人が代理人になって立ち合いすることも可能です。

ただ、作業員が自宅にやって来ない「無派遣工事」の場合は、立ち合いは必要ありません。NTTの局舎内で作業するだけなので、工事が終われば、ネットに繋げるようになります。

無派遣工事とは

無派遣工事とは、自宅内に既に光コンセントなどの設備があり、流用できる場合に適用される工事です。ただし、設置済みの設備が「NURO光」や「auひかり」などの独自回線のものの場合は、流用できません。この場合は、配線を新設する派遣工事になり、立ち合いが必要です。

⑤ルーターやPCなどを設定して利用開始

ONUや周りの機器をつないだ図

開通工事が終わった後は、ルーターやPCの設定が必要です。工事のスタッフではなく、自分自身で機器を設定します。

「自分一人では接続設定なんてできない」という人は、光回線のサポートサービスを受けることもできます。

無事に設定が終われば、インターネットの利用を始められます。

光回線の工事に関する4つの注意点

4つの玉を投げているイラスト

光回線の工事に関する注意点は4つあります。工事する前に必要な準備などもあるのでしっかり確認しておきましょう!

4つの注意点は下記にまとめています。

光回線の工事に関する4つの注意点

  1. ①開通工事には立ち合いが必要
  2. ②光コンセントの周辺は片づけておく
  3. ➂事前に設置場所を決めておく
  4. ④壁に穴をあける場合は管理

4つの注意点を順番に解説をしていきますので参考にしてください。

①開通工事には立ち合いが必要

開通工事には原則立ち合いが必要です。工事自体は1時間くらいで終わります。

しかし、なるべくなら、2時間ほどは予定を空けておくほうが良いです。壁に穴を開けたり、高所での作業が必要な場合は、工事時間が長引く可能性があるからです。

②光コンセントの周辺は片づけておく

室内の荷物を片付けているイラスト

すでに光コンセントがある物件なら、周辺を片付けておきましょう。例えば、大きな家具で光コンセント周辺が隠れていると、作業ができません。

工事の作業員が来てから掃除を始めると、余計な時間がかかってしまいます。作業員をあまりに待たせてしまうような場合は、工事日が延期になる可能性もあります。

➂事前に設置場所を決めておく

特に戸建ての場合は、あらかじめ光回線を出す場所を決めておいた方がいいでしょう!

水回りやテレビの周辺などに、光回線のルーターを置いてしまうと、電波が悪くなってしまい、回線速度低下につながります。

ルーターをどこに置くか決めておくと、工事がスムーズに進みます。

④壁に穴を開ける場合は管理会社の許可が必要

賃貸マンションに住んでいる場合は、光回線の開通工事の前に、管理会社に許可を取る必要があります。

開通工事では、壁に穴をあける場合があるからです。賃貸物件は自分の所有物ではないので、大家さんや管理会社の確認が必要です。

無許可で壁に穴を開けてしまうと、退去時に大きなトラブルになる可能性が高いです。原状回復費用として、多額の費用を請求されるリスクがあります。

建物に穴を開けるケースはかなり少ない

実は、開通工事の際に、壁に穴をあけるケースは少ないです。全体の1割未満と考えて問題ないでしょう。

例えば、電話線が通っていたり、エアコンを設置している場合は、すでに空いている穴を再利用できることがほとんどです。

ただし、工事の内容はケース・バイ・ケースです。当日になっていきなり「穴を空ける必要がある」といわれることもあります。

いったん工事を断ることも可能なので、作業員や管理会社と相談して、どのようにするか決めましょう。

私たちがおすすめしている光回線3選

3人家族でスマホセット割を適用した場合の2年間の割引額

現在、100社以上ある光回線の中で私たちがおすすめしているのは、ドコモ光ソフトバンク光auひかりの3社です。

お使いのスマホキャリアにあった光回線を選ぶことでスマホ料金が1台当たり1,100円安くなります。例えば、家族3人で同じキャリアを使っているなら毎月3,300円、2年間で約8万円の割引です!

また、大手企業が運営しているため、回線速度やサポート体制、キャッシュバック特典なども充実しています!

光回線 おすすめ理由
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーなら最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
無条件で2万円のキャッシュバック
解約費用の補助がある(最大2万円) お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ ソフトバンク・ワイモバイルがセット割
無条件で3.7万円キャッシュバック
乗り換え費用を最大10万円まで還元
回線速度が平均300Mbpsに大幅改善 お得なキャンペーン窓口
auひかりのロゴ auユーザーなら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
最大61,000円のキャッシュバック
独自回線で平均速度が375Mbpsと高速 お得なキャンペーン窓口

工事なしでネットを使うならhome5G

ドコモhome5Gロゴマーク

光回線の工事なしでインターネットを利用したいならドコモhome5Gがおすすめです。

オンライン申し込みが可能で、ドコモhome5Gが手元に届いた日からすぐにインターネットが使えます。

通信速度も最大4.2Gbpsと、光回線に負けない性能で、契約期間の縛りも一切ありません!

\最大通信速度4.2Gbps!工事不要のホームルーター/

初心者向け知識の記事

  • 一番お得なキャンペーン窓口

    ドコモスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!

    auスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!!

    ソフトバンクやワイモバイルのスマホ料金が安くなる!エヌズカンパニーからの申し込みが一番お得!

    人気の光回線6選
    人気の光回線6選

    光回線ごとの記事一覧