通信速度の上りや下りとは?快適な回線速度の目安まとめ

最終更新日:2021年08月20日
「通信速度 上り 下りについて」のアイキャッチ

通信速度の「上り」や「下り」という用語が何を意味しているのか、分かりやすく解説します!

「上りと下りの回線速度は何に影響を与えるのか?」「そもそもどのくらいの速さがあれば快適にネットを使えるのか?」といった疑問にお答えしているので、ぜひ参考にしてください。

また、自分の回線速度を計測する方法もご紹介しています!

石田

NTT系列のグループ会社で4年勤めたのち、当サイト「ヒカリク」のライターに転向。FPS系のオンラインゲームが好き。Apexのランクはマスター。

おすすめ人気記事
「光回線×キャッシュバック」のアイキャッチ
光回線13社のお得なキャッシュバックを徹底比較!キャンペーン窓口の選び方を解説!
記事を読む
おすすめの光回線6選
】おすすめの光回線6選を徹底解説!
記事を読む

通信速度の「上り」や「下り」とは

上り・下りを説明した画像

通信速度の「上り」や「下り」とは、データの移動する向きを表した用語です。「上り=アップロード」「下り=ダウンロード」と言い換えられます。

このため「上りの通信速度」はデータをアップロードする速度です。また「下りの通信速度」は、データをダウンロードする速さです。

アップロードとは、自分のパソコンからネットワーク上へデータを送ることを指します。メールや画像の送信が、アップロードに該当します。

そして、ダウンロードは、ネット上のデータを手元のパソコンで受け取ることです。Webページを見たり、YouTube動画の視聴がダウンロードに該当します。

ネットを使うときは「上り」よりも「下り」の通信速度のほうが重要です。大きなデータ通信はダウンロードであることが多いからです。

石田さん 石田
基本的に、ネット回線を選ぶときは「下り」の回線速度に注目しましょう。ただし、動画配信をやったり、データ容量の多いオンラインゲームを遊んだりする人は「上り」の速度も重視すべきです。

通信速度は「bps」で表現される

bpsの説明

インターネットの通信速度は「bps」という単位で表されます。

「bps」は、bits per second(ビット・パー・セコンド)の略で、1秒間に何bit(ビット)のデータを転送できるか指します。

つまり、この数値が大きいほどデータのやり取りが速くなります。

「bps」は、やりとりするデータのケタ数が大きくなると「Kbps」→「Mbps」→「Gbps」という順に単位が変わります。違いを換算すると、以下のようになります。

bpsの単位

  • ・1,000bps=1Kbps
  • ・1,000Kbps=1Mbps
  • ・1,000Mbps=1Gbps

それぞれの単位は、1,000ごとに上の単位に繰り上がります。

快適な通信速度の目安とは

PCゲームをやっている人のイラスト

一般的に快適な回線速度の目安は10~100Mbpsです。少なくとも100Mbpsの速度が出ていれば、快適にインターネットを使えます。

ただ「どのようにネットを使うのか?」という用途によって、必要な値は微妙に変わります。以下では「Googleヘルプページ」を参考に、目的ごとの必要回線速度の目安を紹介していきます。

メールやLINEでメッセージのやり取りをする場合

メール・LINE・Twitterの利用、音楽のダウンロードは1Mbpsあれば十分

メールやLINEでのメッセージを使う場合は、下り128kbps~1Mbpsあれば十分です。

また、音楽サービス利用も快適に利用できるでしょう。

ただし、画像や動画ファイルの受信には時間がかかります。

Webサイト・SNSを閲覧する場合

Webページの利用は回線速度1Mbps~5Mbpsが目安

Webサイト・SNSを閲覧する場合は、下り1Mbps~5Mbpsが目安です。

ECサイトやInstagramのような画像が多いサイトの場合は、3Mbps以上あるといいでしょう。テキスト中心のWebサイトであれば、1Mbpsでも十分です。

ただし、動画が含まれるサービスは、もっと速い回線速度が望ましいです。

動画の視聴・ビデオ通話を視聴する場合

動画視聴やビデオ通話は回線速度5Mbps~50Mbpsが目安

動画視聴は5Mbps~25Mbps、ビデオ通話は50Mbps以上が目安です。1人での利用ならばこれで問題ないでしょう。ただし、動画やビデオの画質、利用人数によっては、より速い回線速度のほうが無難です。

「4Kなどの高画質動画の視聴」「家族での回線利用」ならば100Mbpsを目安とするとストレスなくネットを使えるでしょう。

格闘ゲームやFPSのような、オンラインゲームをする場合も100Mbpsが目安です。

ちなみに、オンラインゲームやビデオ会議の場合は、下りの通信速度だけでなく、上りの通信速度も重要です。

関連記事

▶YouTube動画が重いときの対処法
▶オンラインゲームで有利になる回線速度とping値の目安

最大通信速度が実際に出るわけではない

Webサイト読み込み中

回線業者が公表している最大通信速度は、実際に出ることはありません。公表されている最大通信速度は理論上は可能とされる最大値でしかないからです。

モデムやLANケーブルの種類などによって速度は左右されます。実際に理論上の最大速度がでることはありません。

大手回線業者ごとの最大通信速度と、実際の平均速度をまとめたので、参考にしてください。

最大速度 平均速度
NURO光 下り:2Gbps
上り:1Gbps
下り:459Mbps
上り:436Mbps
auひかり 下り:1Gbps
上り:1Gbps
下り:369Mbps
上り:315Mbps
ソフトバンク光 下り:1Gbps
上り:1Gbps
下り:242Mbps
上り:170Mbps
ドコモ光 下り:1Gbps
上り:1Gbps
下り:217Mbps
上り:182Mbps
フレッツ光 下り:1Gbps
上り:1Gbps
下り:220Mbps
上り:187Mbps

上記の表は「みんなのネット回線速度」というユーザーの実際の通信速度を収集しているサイトを参考に、平均速度をまとめたものです。2021年1月時点で、過去3ヶ月以内のサンプルを集計しています。

最大速度と平均速度を比較するとわかるように、実際に最大速度が出ることはないです。下りの最大速度が2GbpsのNURO光でも、実際の通信速度は下り459Mbpsしか出ていません。

関連記事

おすすめの光回線6選を徹底解説

通信品質がダントツに良いのはNURO光

光回線 NURO光

快適なネット環境が希望ならNURO光が断トツでおすすめです!NURO光は、最大回線速度は2Gbpsで、平均速度も459Mbpsと速いです!

YouTubeや映画配信を頻繁に見る人、オンラインゲームを遊びたい人、リモートワークでデータのやり取りが多い人には、とくにおすすめの光回線です。

総合評価 総合評価は良い
戸建て月額料金 5,200円
マンション月額料金 基本は5,200円
まれに2,090~2,750円
スマホセット割 おうち割光セット
最大1,100円引
10台まで適用可
(ソフトバンク)
最大速度 下り:2Gbps
上り:1Gbps
平均速度 下り:459Mbps
上り:436Mbps
対応エリア 北海道・関東・関西・東海・中国・九州
特徴 ・回線速度が最速レベル
・工事費実質無料
・キャッシュバック特典あり
・月額料金割引制度あり
関連記事 ▶NURO光の全情報まとめ

NURO光の回線速度が速いのは、独自の技術を回線網に用いているからです。

NTTの回線を共同利用しているフレッツ光や光コラボと比べると、実測値でも2倍以上の回線速度が出ます。アクセス数の多い夜間帯でも快適です!

また、公式のキャンペーンページから申し込むと45,000円のキャッシュバックをもらえるのも大きな魅力です。

欠点は、工事が2回あって開通までに時間がかかることと、そもそもの提供エリアがせまいことです。提供エリアについては、下記の記事で詳しく解説しているので、参考にしてください。

関連記事

▶NURO光の詳細対応エリア一覧

NURO光の申し込み窓口は公式サイトが一番おすすめ

NURO光の45,000円キャッシュバック

NURO光に申し込むなら公式のキャンペーンページを窓口にするのが一番おすすめです!

高額キャッシュバックをはじめ、さまざまなメリットを受けられるからです。

NURO光の公式キャンペーンがおすすめな理由

  • ①オプション不要で4.5万円キャッシュバック
  • ②44,000円分の工事費が実質無料になる
  • ③ネットや光電話の設定サポートが無料
  • ④申し込みと同時に工事日を選択できる
  • ⑤高速無線LAN機能が無料で利用可能

NURO光のキャンペーンページを窓口にすると無条件で45,000円のキャッシュバックをもらえます!

しかも、追加オプションの加入といった条件は一切ありません!

適用条件 キャッシュバック
公式サイト なし 45,000円
価格.com 41,370円
ライフサポート 36,000円
アウンカンパニー 光電話オプション加入 35,000円

ほかの窓口から申し込むと、キャッシュバックのためにオプション加入が必要だったり、そもそもの還元額が低かったりします。

公式キャンペーンの45,000円という金額は、NURO光で貰えるキャッシュバックの最高額です!絶対に損をしない特典なので、ぜひ活用しましょう!

\オプション不要!45,000円キャッシュバック/

44,000円の工事費が実質無料になる

「工事費無料」なイラスト

NURO光は、公式サイトのキャンペーンページから申し込むことで、開通工事費が実質無料になります!

本来ならば、NURO光の工事費は44,000円と高額です。3年契約の場合は1,222円の36回払い、2年契約は1,833円の24回払いです。

キャンペーンを利用することで負担をゼロにできるのは、大きなメリットです。

開通工事までの待機期間を最短にできる

カレンダーを見て期間を待っているイラスト

NURO光は、公式サイトから申し込むことで開通までの待期期間を最も短くできます!

公式のキャンペーンページなら、申し込みと同時に工事日を指定できるからです。

代理店をとおしてNURO光に申し込んでしまうと、仲介業者があいだに入るため、工事日の決定に余計な手間がかかってしまいます。

NURO光は開通までの期間が長い光回線です。しかし、公式の窓口から申し込めば、待期期間を最短にできます!

\最短でNURO光の工事日を決定できる!/

実際の回線速度を計測する方法

実際の回線速度を知りたい場合は回線速度を調べるサイトを使うと良いです。以下で、回線速度が計測できるおすすめのサイトをご紹介します。

ただし、調べるサイトによって数値に振れ幅があります。あくまで参考程度にしてください。

FAST.com

fast.comの速度計測結果

「FAST.com」では、サイトにアクセスすると、自動的に回線速度が測定されます。中央に下りの回線速度の数値が表示されます。

上り(アップロード)の回線速度も知りければ「詳細を表示」をクリックすることで、右下に表示されます。

外部サイト

▶FAST.comで回線速度を計る

BROADBAND speedtest

BROADBAND speedtestの速度測定結果

「BROADBAND speedtest」では、サイトにアクセスして「スピードテストを開始する」をクリックすることで測定が開始します。テキストで分かりやすく測定結果が表示されます。

外部サイト

▶BROADBAND speedtestで回線速度を計る

Speedtest by Ookla

「Speedtest by Ookla」は、海外の計測サイトです。「Go」ボタンをクリックすることで計測が開始されます。

外部サイト

▶Speedtest by Ooklaで回線速度を計る

私たちがおすすめしている光回線3選

3人家族でスマホセット割を適用した場合の2年間の割引額

現在、100社以上ある光回線の中で私たちがおすすめしているのは、ドコモ光ソフトバンク光auひかりの3社です。

お使いのスマホキャリアにあった光回線を選ぶことでスマホ料金が1台当たり1,100円安くなります。例えば、家族3人で同じキャリアを使っているなら毎月3,300円、2年間で約8万円の割引です!

また、大手企業が運営しているため、回線速度やサポート体制、キャッシュバック特典なども充実しています!

光回線 おすすめ理由
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーなら最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
無条件で2万円のキャッシュバック
解約費用の補助がある(最大2万円) お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ ソフトバンク・ワイモバイルがセット割
無条件で3.7万円キャッシュバック
乗り換え費用を最大10万円まで還元
回線速度が平均300Mbpsに大幅改善 お得なキャンペーン窓口
auひかりのロゴ auユーザーなら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
最大61,000円のキャッシュバック
独自回線で平均速度が375Mbpsと高速 お得なキャンペーン窓口

工事なしでネットを使うならhome5G

ドコモhome5Gロゴマーク

光回線の工事なしでインターネットを利用したいならドコモhome5Gがおすすめです。

オンライン申し込みが可能で、ドコモhome5Gが手元に届いた日からすぐにインターネットが使えます。

通信速度も最大4.2Gbpsと、光回線に負けない性能で、契約期間の縛りも一切ありません!

\最大通信速度4.2Gbps!工事不要のホームルーター/

初心者向け知識の記事

  • 一番お得なキャンペーン窓口

    ドコモスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!

    auスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!!

    ソフトバンクやワイモバイルのスマホ料金が安くなる!エヌズカンパニーからの申し込みが一番お得!

    人気の光回線6選
    人気の光回線6選

    光回線ごとの記事一覧