プロバイダの速度ランキング!全13社を徹底比較し最速のプロバイダを解説!

PR
プロバイダの速度ランキング!全13社を徹底比較!のアイキャッチ
解決できる疑問
  • プロバイダの速度はどこが一番速い?
  • プロバイダで速度が変わる理由は?
  • 速度の速いプロバイダを選ぶコツは?

光回線のプロバイダは、理論上どこを選んでも最大速度には影響しません。最大速度はプロバイダではなく、元の回線で決まります。

しかし、実際にはプロバイダごとの平均速度に差があり、どこを選んで良いか迷ってしまう人もいると思います。

そこでこの記事では、プロバイダごとの速度をランキング形式で紹介したうえで、速いプロバイダを選ぶコツを解説していきます!

山田(ヒカリク編集部)

元浪費家。10年使っていたドコモから楽天モバイルに乗り換えたのをきっかけに、楽天系サービスでポイントを貯める節約家となった。

おすすめ人気記事
「光回線×キャッシュバック」のアイキャッチ
光回線のキャッシュバックキャンペーン比較7選!一番お得な窓口や乗り換え特典【2024年4月】
記事を読む
2024年最新版光回線ランキングサムネイル
光回線おすすめ比較!インターネット回線の人気ランキングと選び方!【2024年4月】
記事を読む

プロバイダの速度ランキング

ランキングのイラスト

光回線 下り速度 上り速度 ping値
1位 NURO光 588Mbps 539Mbps 11.4ms
2位 auひかり
(GMOとくとくBB)
566Mbps 591Mbps 13.5ms
3位 ドコモ光
(ドコモnet)
366Mbps 329Mbps 18.1ms
4位 ソフトバンク光 321Mbps 269Mbps 15.8ms
5位 フレッツ光
(IIJmio)
316Mbps 251Mbps 37.5ms
6位 フレッツ光
(ASAHIネット)
306Mbps 228Mbps 17.8ms
7位 ドコモ光
(GMOとくとくBB)
294Mbps 284Mbps 20.2ms
8位 ドコモ光
(OCN)
282Mbps 225Mbps 19.0ms
9位 フレッツ光
(GMOとくとくBB)
268Mbps 259Mbps 22.0ms
10位 とくとくBB光 258Mbps 279Mbps 18.9ms
11位 楽天ひかり 246Mbps 228Mbps 20.0ms
12位 エキサイト光 206Mbps 166Mbps 54.3ms
13位 @nifty光 183Mbps 224Mbps 14.2ms
光回線 下り速度 上り速度 ping値
1位 NURO光 588Mbps 539Mbps 11.4ms
2位 auひかり
(GMOとくとくBB)
566Mbps 591Mbps 13.5ms
3位 ドコモ光
(ドコモnet)
366Mbps 329Mbps 18.1ms
4位 ソフトバンク光 321Mbps 269Mbps 15.8ms
5位 フレッツ光
(IIJmio)
316Mbps 251Mbps 37.5ms
6位 フレッツ光
(ASAHIネット)
306Mbps 228Mbps 17.8ms
7位 ドコモ光
(GMOとくとくBB)
294Mbps 284Mbps 20.2ms
8位 ドコモ光
(OCN)
282Mbps 225Mbps 19.0ms
9位 フレッツ光
(GMOとくとくBB)
268Mbps 259Mbps 22.0ms
10位 とくとくBB光 258Mbps 279Mbps 18.9ms
11位 楽天ひかり 246Mbps 228Mbps 20.0ms
12位 エキサイト光 206Mbps 166Mbps 54.3ms
13位 @nifty光 183Mbps 224Mbps 14.2ms

みんなのネット回線速度」より引用(2023年5月31日時点の情報)

上表では、プロバイダごとの回線速度をランキングにしました。

2024年4月現在、プロバイダは光回線とセットになっていることがほとんどです。ただし、ドコモ光やフレッツ光などのネット回線はプロバイダを選べます。

プロバイダによって平均速度に差はありますが、気にするほどの大差はありません。速度で選ぶよりも、プロバイダごとの特典やサービス内容によって選んだほうが良いです。

プロバイダとは
プロバイダの役割の解説

「プロバイダ」とは、スマホやパソコンと、インターネットの世界を中継している玄関口のような存在です。プロバイダがないとインターネットは利用できないため、契約が必須です。

「Webサイトを開きたい」「ファイルをアップロードしたい」「YouTube動画を再生したい」と思ってパソコンを操作したとき、送信されたリクエストは回線網を通ってプロバイダに届きます。

このとき、プロバイダはインターネット接続に必要な処理をします。例えば、機器ごとにIPアドレスを割り振るといった作業です。

IPアドレスの振られていない端末は、インターネットにアクセスできません。

速度の速いプロバイダの選び方

IPv6対応のプロバイダを選ぶ

「IPv6・IPoE」と「IPv4とPPPoE」の説明

回線速度の速いプロバイダを契約したい場合はIPv6対応のプロバイダを選ぶことが大切です。

IPv6とは、次世代の通信方式のことです。混雑している箇所を回避して通信ができるので、安定した高速通信ができます。

優秀なプロバイダでは、IPv6通信が標準提供されていることがほとんどです。ごくまれに、IPv6がオプション扱いであったり、申し込みが必要な場合があるので注意しましょう。

平均速度で比較して選ぶ

プロバイダごとの回線速度は、利用者数や回線の品質によって異なります。最大速度よりも、平均速度で比較することが大切です。

優秀なプロバイダでも、利用者の数が多すぎると回線が混雑しやすいです。つまり、実際に回線速度で選ぶと速いプロバイダがわかりやすいです。

おすすめの光回線とプロバイダ5選

手をパーにしている女の子のイラスト

速度を重視するならNURO光がおすすめ

光回線 NURO光

おすすめ度評価 ドコモ光の総合評価はとても良い
マンション月額料金 基本は5,200円
まれに2,090~2,750円
戸建て月額料金 5,200円
スマホセット割 ソフトバンク
最大速度 下り:2Gbps
上り:1Gbps
平均速度 下り:588Mbps
上り:537Mbps
応答速度 11.5ms
対応エリア 北海道・東北・関東・関西・
東海・中国・九州
上記の一部
特徴 ・回線速度が最速レベル
・工事費実質無料
・キャッシュバック特典あり
お得な申し込み窓口 ▶NURO光公式サイト
関連記事 ▶NURO光の評判を詳しく見る
▶NURO光のキャンペーン情報

とにかく速度を重視するならNURO光が一番おすすめです。回線速度とPing値の両方がダントツで優秀な光回線だからです!

NURO光の通常プランは最大速度が2Gbpsと他社の2倍で、平均速度も588Mbpsと速いです。さらに、Ping値の平均も11.5msとかなり低いので、安定したネット環境を構築できます。

また、月額料金の割引や、高額なキャッシュバックもあるので、回線速度が速い光回線の中でもお得に利用できます。

最大速度が下り2Gbpsの超高速通信

最大速度 平均速度
NURO光 2Gbps 588Mbps
ドコモ光 1Gbps 274Mbps
auひかり 1Gbps 486Mbps
ソフトバンク光 1Gbps 321Mbps

NURO光はスタンダードな契約プランでも、下りの最大速度が2Gbpsです。ほとんどの光回線は最大速度1Gbpsなので、大きな特徴です。

最大速度だけでなく、実測値で比べてもNURO光は他の光回線より速いです。

デメリット|提供エリアが狭い

NURO光の欠点は、提供エリアがかなり限定的という点です。「ダークファイバー」という特殊な回線を使っているため、開通前に特殊な工事が必要で、提供できない地域が多いです。

特にマンション用のプランである「NURO光 for マンション」を契約できるケースはまれです。集合住宅の場合でも、戸建てと同じ月額5,200円の契約になることがほとんどです。

NURO光の対応エリア
北海道 北海道
東北 宮城/山形/福島(10Gのみ)
関東 東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/栃木/群馬
中部 愛知/静岡/岐阜/三重
関西 大阪/兵庫/京都/滋賀/奈良
中国 広島/岡山
四国
九州・沖縄 福岡/佐賀

NURO光の提供エリアは全国ではありません。2024年4月現在、NURO光が対応しているエリアをまとめました。

市区町村別の対応エリアは別記事で詳しく記載しています。

関連記事

▶NURO光の詳細対応エリア一覧

NURO光の申し込みは公式サイトがおすすめ

NURO光は45,000円現金キャッシュバック

NURO光の公式キャンペーンがおすすめな理由

  • 無条件で45,000円のキャッシュバック
  • 他社の解約金を最大60,000円まで還元
  • オプション申し込みで最大20,000円還元
  • 44,000円分の工事費が実質無料になる
  • ⑤利用開始2ヶ月以内なら完全無料で解約可能
  • ⑥ネットや光電話の設定サポートが無料
  • 無条件で45,000円のキャッシュバック
  • 他社の解約金を最大60,000円まで還元
  • オプション申し込みで最大20,000円還元
  • 44,000円分の工事費が実質無料になる
  • ⑤4/21まで1万円増額キャッシュバック中
  • ⑥利用開始2ヶ月以内なら完全無料で解約可能
  • ⑦ネットや光電話の設定サポートが無料
  • 無条件で45,000円のキャッシュバック
  • 他社の解約金を最大60,000円まで還元
  • オプション申し込みで最大20,000円還元
  • 44,000円分の工事費が実質無料になる
  • ⑤4/21まで6ヶ月間980円割引特典開催中
  • ⑥利用開始2ヶ月以内なら完全無料で解約可能
  • ⑦ネットや光電話の設定サポートが無料

NURO光に申し込むなら公式特設サイトを窓口にするのが一番おすすめです!高額キャッシュバックをはじめ、違約金補償や工事費割引などの豊富な特典があるからです。

公式特設サイトではオプションなしで45,000円の現金キャッシュバックをもらえます。また、他社から乗り換えの際はかかった費用の補償を60,000円まで受けられます。

さらに当サイト限定で、申し込み時にクーポンコード「hikariku」を入力すると、キャッシュバックが5,000円増額されるキャンペーンを開催中です!

NURO光5000円増額ヒカリククーポン

キャッシュバックだけで最大50,000円の還元が受け取れるためNURO光を申し込むなら公式特設サイトを活用しましょう

4/21まで期間限定で増額中!
\無条件で55,000円キャッシュバック/
公式サイト限定!
\無条件で45,000円キャッシュバック/
公式サイト限定!
\無条件で45,000円キャッシュバック/
NURO光の公式サイトはこちら

auひかりはNURO光が契約できない人におすすめ

光回線 auひかり

総合評価 総合評価は良い
マンション月額料金 4,180円
戸建て月額料金 5,610円
スマホセット割 au
UQモバイル
最大速度 下り:1Gbps
上り:1Gbps
平均速度 下り:486Mbps
上り:468Mbps
応答速度 15.7ms
対応エリア 関西・東海以外
※マンションは全国対応
特徴 ・独自回線で回線速度が速い
・工事費実質無料
・キャッシュバック特典あり
お得な申し込み窓口 GMOとくとくBB
関連記事 ▶auひかりの評判を詳しく見る
▶auひかりのキャンペーン情報

NURO光が対応エリア外の場合はauひかりがおすすめです。NURO光よりも対応エリアが広く、幅広い地域で利用できるからです。

auひかりはKDDI独自の回線網を利用したサービスなので、光コラボよりも速度が速いです。また、利用者が多い時間でも混雑しにくく、1日中快適に利用できます。

さらに、auやUQモバイルとのセット割も適用できるため、該当のスマホキャリアを利用しているならお得に利用できます。

auひかりは回線速度がどの時間帯でも速い

平均速度
(下り)
Ping値
520Mbps 15.8ms
542Mbps 15.8ms
夕方 498Mbps 16.3ms
441Mbps 16.5ms
深夜 590Mbps 14.8ms

auひかりは通信の混雑しやすい夜間でも速度が速いです。他の時間帯に比べて少しは遅くなりますが、それでも平均速度は400Mbps以上、Ping値も約16msとかなりの高水準です。

時間を問わず、快適にネットを利用したいならauひかりを契約しましょう。

デメリット|ホームタイプは関西や東海地方で利用できない

auひかりのホームタイプは関西や東海など非対応の地域があります。独自回線としては比較的広いエリアで利用できますが、非対応の場合は他の光回線を検討しましょう。

関西地方ならeo光、東海地方ならコミュファ光がおすすめです。どちらも独自回線で高速かつ安定しているうえに、auやUQとのセット割に対応しています。

山田さん 山田
戸建て向けのホームタイプとは違い、マンションタイプは日本全国で利用可能です。
auひかりホームタイプの対応エリア
北海道
東北
北海道/青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島
関東 東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/栃木/群馬
中部 新潟/富山/石川/山梨/長野/福井
関西
中国 鳥取/島根/岡山/広島/山口
四国 徳島/香川/愛媛/高知
九州
沖縄
福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島

auひかりは全国対応の光回線ではありません。2024年4月現在、auひかりが対応しているエリアをまとめました。

市区町村別の対応エリアは別記事で詳しく記載しています。

関連記事

▶auひかりの詳細対応エリア一覧

auひかりの申し込み窓口はGMOとくとくBBがおすすめ

auひかり×GMOとくとくBB

GMOとくとくBBのメリット

  • 最大94,000円の高額キャッシュバック
  • auひかり電話が35ヶ月間無料
  • ③工事費が実質無料になる
  • ④他社の違約金を最大30,000円まで補償
  • ⑤auひかりのプロバイダで速度が最速クラス
  • ⑥高性能なWiFiルーターが無料でもらえる

GMOとくとくBBのメリット

  • 最大94,000円の高額キャッシュバック
  • auひかり電話が35ヶ月間無料
  • 4/21まで限定キャンペーン実施中
  • ④工事費が実質無料になる
  • ⑤他社の違約金を最大30,000円まで補償
  • ⑥高性能なWiFiルーターが無料でもらえる

auひかりに申し込むなら特典が最もお得なGMOとくとくBBがおすすめです。最大94,000円のキャッシュバックに加え、高性能なWiFiルーターが無料でもらえます。

また、工事費割引や違約金補償などの公式特典も併用できるため、公式と代理店の特典を両取りできます。

GMOとくとくBBは期間限定キャンペーンを実施中

さらに4月21日までの3日間限定で、キャッシュバックが95,000円になる増額キャンペーンを実施中です!

最もお得にauひかりを契約するならGMOとくとくBBから申し込みましょう!

WiFiルーターが無料で貰える!
\さらに最大94,000円キャッシュバック/
4/21まで期間限定で増額中!
\最大95,000円キャッシュバックがもらえる/
GMOとくとくBBの窓口はこちら

ドコモユーザーならドコモ光がおすすめ

光回線 ドコモ光

おすすめ度評価 総合評価は良い
マンション月額料金 4,400円
戸建て月額料金 5,720円
スマホセット割 ドコモ回線
最大1,100円割引/月
最大速度 下り:1Gbps
上り:1Gbps
平均速度 下り:274Mbps
上り:244Mbps
開通工事費 22,000円
(マンション・戸建て)
※キャンペーンで完全無料
対応エリア 全国
一番お得な
キャンペーンサイト
(GMOとくとくBB)
当サイト限定!
オプション不要で51,000円還元▶こちらをタップ
関連記事 ▶ドコモ光の評判など全情報
▶キャンペーン情報はこちら

ドコモ光は、フレッツ光と同じ回線網を使っている光コラボです。ドコモユーザーならセット割を適用することで利用料金を安く抑えられます。

光コラボは利用者が多いため回線の混雑に弱いのが特徴です。しかし、ドコモ光は通信品質の良いプロバイダ「GMOとくとくBB」を選ぶことで、デメリットを回避できます。

GMOとくとくBBはv6プラスを提供しており、ドコモ光で選べるプロバイダ21社のなかで回線速度が最速クラスです。

複数のプロバイダから好きなところを選べる

ドコモ光タイプ別紹介表-new

ドコモ光はプロバイダを選択できます。選択肢が多く面倒な側面もありますが、通信品質の良いところを選べば、回線速度に良い影響を与えます。

例えば、当サイトおすすめプロバイダのGMOとくとくBBでは、v6プラスという通信の混雑を回避できる仕組みを採用しています。

v6プラスなら夜間や休日の利用者が多い時間でも快適に利用できます。混雑を避けて、高速・安定した通信を実現できるからです。

関連記事

▶ドコモ光でおすすめのプロバイダは?

ドコモ光は「GMOとくとくBB」からの申し込みが一番お得

ドコモ光×GMOとくとくBBがおすすめな理由

  • 最もお得!51,000円キャッシュバック
  • 開通工事費が無料になる
  • ③高性能WiFiルーターが無料レンタルできる
  • ④開通までモバイルWiFiがタダで使える
  • ⑤他社からの乗り換えなら15,000円追加還元
  • 最もお得!51,000円キャッシュバック
  • 開通工事費が無料になる
  • 4/21まで限定キャンペーン実施中
  • ④高性能WiFiルーターが無料レンタルできる
  • ⑤開通までモバイルWiFiがタダで使える
  • ⑥他社からの乗り換えなら15,000円追加還元
  • 最もお得!51,000円キャッシュバック
  • 開通工事費が無料になる
  • ③11/30まで期間限定キャンペーン実施中
  • ④性能WiFiルーターが無料レンタルできる
  • ⑤開通までモバイルWiFiがタダで使える
  • ⑥他社からの乗り換えなら15,000円追加還元

ドコモ光を契約するなら「GMOとくとくBBの当サイト限定窓口」にしましょう。全窓口で最も高額な51,000円のキャッシュバックがオプション不要でもらえるからです。

さらに4月21日までの3日間限定で、キャッシュバックが52,000円になる増額キャンペーンを実施中です!

GMOとくとくBBは期間限定キャンペーンを実施中

さらに11月1日~30日の期間限定で、抽選で200名にPayPayポイント5,000円分が当たるキャンペーンを実施中です!

GMOとくとくBB大感謝際!抽選で200名にPayPayポイント5,000円分プレゼント

お得にドコモ光を契約したい人は、還元額が圧倒的に高く、受け取りのハードルが低いGMOとくとくBBから申し込みましょう!

ドコモ光-GMOとくとくBB 当サイトなら51,000円&工事費無料
開通までモバイルWiFiが無料
他社乗り換えなら15,000円追加還元
4/21まで限定キャンペーン実施中
11/30まで限定キャンペーン実施中限定キャンペーンサイトを見る

光コラボの中で選ぶならソフトバンク光がおすすめ

光回線 ソフトバンク光

おすすめ度評価 総合評価は良い
マンション月額料金 4,180円
戸建て月額料金 5,720円
スマホセット割 ソフトバンク
ワイモバイル
最大速度 下り:1Gbps
上り:1Gbps
平均速度 下り:321Mbps
上り:267Mbps
応答速度 15.8ms
対応エリア 全国対応
特徴 ・キャッシュバック特典あり
・工事費実質無料
・他社の違約金補助あり
・ワイモバイルも割引対象
お得な申し込み窓口 ▶GMOとくとくBB
関連記事 ▶ソフトバンク光の評判を見る
▶ソフトバンク光のキャンペーン

NURO光やauひかりといった独自回線が契約できない場合は、ソフトバンク光がおすすめです。全国対応の光回線の中で平均速度がトップクラスに速いからです。

ソフトバンク光はフレッツ光と同じ設備を利用する光コラボ回線です。多くの業者で1つの回線を共有するため、通信の混雑が起きやすいという特徴があります。

しかし、有料オプションを活用することでIPv6高速ハイブリッドを利用できます。IPv6通信なら、混雑を避けて快適に利用できます。

IPv6高速ハイブリッドなら通信の混雑を回避

ソフトバンク光はIPv6高速ハイブリッドという高速通信規格を採用しています。IPv4とIPv6をどちらにも対応する方式で、特別な切り替え設定をしなくても両方を利用できます。

実際に光コラボの中でも平均速度が速く、ゲーム専用の光回線を除くと光コラボで最速です。下り321Mbps、上り267Mbpsで利用できます。

ただし、IPv6高速ハイブリッドを利用するには光BBユニットレンタルという月額513円のオプションが必須です。IPv6対応のルーターを持っているだけでは利用できません。

ソフトバンク光を契約するならGMOとくとくBBからがおすすめ

ソフトバンク光×GMO50,000円キャッシュバック

GMOとくとくBBのおすすめ理由

  • 最大50,000円還元(当サイト限定)
  • 高性能WiFiルーターが貰える
  • ③キャッシュバックの手続きが簡単
  • ④最短2ヶ月後に受け取れる

ソフトバンク光は、50,000円の高額キャッシュバックと高性能ルーターが貰えるGMOとくとくBBから申し込むのがおすすめです。

他社でWiFiルーター付きの特典を選ぶと、キャッシュバック額が通常より少なくなりますが、GMOとくとくBBでは金額そのままでルーターが貰えます。

高額キャッシュバックと高性能ルーターの両方が欲しいなら、GMOとくとくBBの当サイト限定窓口から申し込みましょう!

高性能WiFiルータープレゼント!
\更に当サイト限定で最大50,000円がもらえる/
GMOとくとくBBの窓口はこちら

格安SIMユーザーならGMOとくとくBB光がおすすめ

GMOとくとくBB光ロゴ

おすすめ度評価 総合評価はどちらかというと良い
マンション月額料金 3,773円
戸建て月額料金 4,818円
スマホセット割 なし
最大速度 下り:1Gbps
上り:1Gbps
平均速度 下り:257Mbps
上り:279Mbps
応答速度 18.9ms
対応エリア 全国
特徴 ・月額料金が光回線で最安クラス
・工事費実質無料
最大127,000円還元(4/30まで)
お得な申し込み窓口 公式サイト
関連記事 ▶とくとくBB光の評判を確認
▶とくとくBB光キャンペーン情報

GMOとくとくBBはフレッツ光と同じ回線網を使っている光コラボです。

光コラボ回線は回線混雑に弱いという特徴がありますが、IPv6で接続すれば混雑を避けて快適に通信できます。

月額料金が最安クラスの光回線で、格安SIMユーザーにおすすめです。セット割がなくても月額料金が安いので毎月の通信費を節約できます。

v6プラスで接続をすれば通信の混雑を避けて通信ができる

GMOとくとくBB光は混雑を避けて通信できるv6プラスに対応しています。混雑する時間帯の速度が遅くなる光コラボの弱点を克服できます。

また、GMOとくとくBB光では別途申し込みなしでv6プラスを利用可能です。面倒な手続きはもちろん、追加料金も不要です。

GMOとくとくBB光は当サイト限定ページから申し込むのが最もお得

GMOとくとくBB光は最大127000円のキャッシュバックがもらえる

GMOとくとくBB光の限定LP

当サイト限定特典

  • 最大127,000円キャッシュバック
  • 今なら抽選でAmazonギフト券が当たる
  • ・工事費が実質無料になる
  • ・月額料金が10%以上安くなる
  • ・契約期間の縛りなしで契約できる
  • ・高性能なWiFiルーターが無料レンタル可能

GMOとくとくBB光は、当サイト限定の特設サイト経由で工事費が実質無料になります!通常の工事費はマンションなら25,300円、戸建てなら26,400円なので、初期費用をグッと抑えられます。

また当サイト限定で、4/30までの期間限定で、最大127,000円のキャッシュバックが貰えるキャンペーンを実施しています。光回線の中でもトップクラスの還元額です。

さらに11月22日~11月30日まで、抽選で200名にAmazonギフト券5,000円分が当たるキャンペーンも開催中です。

GMOとくとくBB_Amazonキャンペーン

最大127,000円のキャッシュバックは過去最高額です!GMOとくとくBB光を契約するなら、お得な特典を受けられる今申し込みましょう。

ヒカリク限定キャンペーン!
\工事費が実質無料&月額料金が110円安くなる!/
4月30日までの期間限定!
\最大127,000円キャッシュバック/
とくとくBB光の公式サイトはこちら

プロバイダは最大速度には影響しない

プロバイダの役割の解説

プロバイダの違いは最大速度には影響しません。ただし、プロバイダが違うと品質による安定性には差が生じます。

平均速度とは、複数の利用者による実測値の平均値です。安定性が低いほど、実測値も低くなりやすいため、平均速度は遅くなります。

つまり、優秀なプロバイダであれば、実測値による平均速度も高くなります。

プロバイダの速度に違いがある理由

なにかを調べているイラスト

回線そのものの速さが違う

NURO光やauひかりなどの独自回線は、フレッツ系の光コラボとは利用している回線の設備が異なります。つまり、プロバイダの質による差の前に、基準となる速度に差があります

例えばauひかりの場合、光コラボと同じ最大速度1Gbpsの回線ですが、利用者数と設備が異なるため光コラボよりも速いです。

またNURO光の場合は、特殊な独自設備を利用しているため、最大速度が2Gbpsもあります。理論上の数値だけで見ると、光コラボの2倍も速い計算になります。

プロバイダの利用者数が多く不安定

プロバイダの利用者数が多いと不安定になりやすいです。同じ設備を複数の利用者が使うため、人数が多いほど回線が混雑して時間帯などによって速度が低下します。

例えばauひかりの場合、公式プロバイダの「au one net」が一番速いと思われがちですが、実際のプロバイダ速度ランキングでは6位と遅めです。

利用者数が多いと、その分回線速度は遅くなりやすいです。

設備や通信方式が古くて安定しない

プロバイダによって設備や通信方式が古くて安定しない場合もあります。とくに、IPv6に対応していないプロバイダは回線が不安定です。

またIPv6に対応していても、設備が古いせいで回線速度が安定しないケースもあります。

プロバイダを選ぶ際は、必ず実測値や平均速度を調べてから契約しましょう。

プロバイダの乗り換え方法

手順が書かれた黒板を指す女の子のイラスト

回線ごと変更する場合

光回線の乗り換え方法一覧

光回線の乗り換え方法には新規契約・転用・事業者変更の3つがあります。利用中の回線と乗り換え先の回線の種類によって手続きが変わります。

新規契約は、これまでの回線を解約してから、次のサービスを新規契約する方法です。

転用とは、フレッツ光から事務手続きのみで乗り換える方法です。乗り換え先が光コラボであれば、工事なしで乗り換えられます。

事業者変更とは、光コラボから別の光コラボに乗り換える方法です。転用と同じ内容ですが、名称だけが異なります。

光コラボのサービス一覧
光コラボに該当する光回線の一例

ドコモ光/ソフトバンク光/楽天ひかり/ぷらら光/ソネット光/ビッグローブ光/@nifty光/OCN光/DTI光/エキサイト光/エキサイトMEC光/IIJmioひかり/とくとくBB光/Asahiネット光/enひかり/おてがる光/U-NEXT光 など

フレッツ光や光コラボに該当しない独自回線
独自回線に該当する光回線の一例

auひかり/NURO光/J:COM/コミュファ光/eo光/メガ・エッグ/ピカラ光/BBIQ光/auひかり ちゅら

転用・事業者変更の手順

  1. 1.事業者変更(転用)承諾番号を発行する
  2. 2.乗り換え先の光回線に申し込む
  3. 3.回線切り替え後の機器設定をする
  • STEP1
    事業者変更(転用)承諾番号を発行する

    はじめに、契約中の回線業者から「承諾番号」を発行してもらいましょう。カスタマーセンターに問い合わせるだけで発行できます。

    承諾番号の有効期限は転用で10日間、事業者変更は15日間です。承諾番号を発行したら、できるだけ速く乗り換えましょう。

    フレッツ光の利用者は、転用承諾番号が必要です。フレッツ光を利用している人は、以下のダイヤルから手続きできます。

    NTT東日本 0120-140-202
    NTT西日本 0120-553-104
  • STEP2
    乗り換え先の光回線に申し込む

    事業者変更(転用)承諾番号を取得出来たら、乗り換え先の光回線に申し込みましょう。

    ネット上から申し込む画面にて、もし「新規契約」「転用」「事業者変更」の選択画面が表示されたら、該当する方を選んでください。

    利用中の回線でプロバイダを別途契約している場合は、乗り換え先の開通日に合わせてプロバイダを解約しましょう。

  • STEP3
    回線切り替え後の機器設定をする

    乗り換え先の申し込み手続きが終われば、工事なしで自動的に回線が切り替わります。

    しかし、ネットを繋ぐにはルーターの接続設定だけ必要です。説明書を見ながら初期設定をしましょう。

新規契約での乗り換え手順(独自回線が含まれる場合)

  1. 1.乗り換え先の回線に新規で申し込む
  2. 2.使っていた回線を解約する
  3. 3.開通工事に立ち会う
  4. 4.通信機器の接続設定をする
  • STEP1
    乗り換え先の回線に新規で申し込む

    まず、乗り換え先の光回線に新規申し込みをしましょう。

    もし光電話や光テレビといったオプションを利用する場合は、光回線と同時に契約するのがおすすめです。

    あとからオプションだけ申し込んだ場合、追加工事費が発生する可能性があるからです。

    山田さん 山田
    申込みから数日後に、乗り換え先の回線業者から電話連絡が来ます。そのときに、開通工事日の調整をしましょう。立会が必要なので、決めた日付を忘れないようにしてください。
  • STEP2
    今まで使っていた回線を解約する

    光回線の工事日が決まったら、今まで使っていた回線の解約手続きをします。解約日を開通日に合わせると、スムーズに乗り換えできます。

    もし、新しい回線の開通前に解約してしまうと、ネットが利用できない期間が発生します。そのため、先に解約をしないのがコツです。

  • STEP3
    回線の新規開通工事に立ち会う

    乗り換え先の光回線の開通工事を、事前に打ち合わせた日に実施します。工事は立ち会わないと作業ができないので、忘れないようにしましょう。

    作業時間の目安は1~2時間ですが、建物の配線状況によってはさらに時間がかかるケースがあります。工事をする前後の時間帯は予定を入れないようにしましょう。

  • STEP4
    通信機器の接続設定をする

    開通工事が終わったら、通信機器の初期設定をするとネットが使えるようになります。説明書を見ながら、初期設定をしましょう。

プロバイダだけ変更する場合

  1. 1.乗り換え先のプロバイダに申し込む
  2. 2.利用中のプロバイダを解約する
  3. 3.インターネット接続設定をする
  • STEP1
    乗り換え先のプロバイダに申し込む

    はじめに、乗り換えたいプロバイダへ申し込みをしましょう。Webから申し込むと、だいたい3日~1週間ほどで利用開始できます。

    利用料金は、プロバイダによって日割りにならない場合があります。あらかじめ、契約しているプロバイダを調べておきましょう。

  • STEP2
    利用中のプロバイダを解約する

    次に、乗り換え先のプロバイダの利用開始日に合わせて、利用中のプロバイダを解約しましょう。先に解約してしまうと、ネットを使えない期間が発生してしまうためです。

    ちなみに、解約方法はプロバイダによって異なります。電話のみ申請可能な場合もあるので、あらかじめ利用中のプロバイダに確認してみましょう。

    また、解約月の利用料金が日割りにならないケースが多いです。少しでも費用を抑えたい人は、月末に解約したほうが良いです。

  • STEP3
    インターネット接続設定をする

    乗り換え先のプロバイダの開始日になったら、インターネット接続設定を行いましょう。

    インターネットの設定方法は、プロバイダによって異なります。申し込み後に届く案内に記載されているので、あらかじめ確認しておきましょう。

    基本的に同じ回線を利用しているため、難しい設定は必要ないです。

プロバイダの速度に関するよくある質問

「?」のイラスト

プロバイダは回線速度に関係ある?

A.

プロバイダは最大速度には関係しませんが、平均速度には関係します。プロバイダが違うと実際の速度の安定性に影響するため、安定性が低いほど平均速度も下がります。

プロバイダの中で一番速いのはどこ?

A.

一番速いプロバイダは回線によって異なりますがおすすめはGMOとくとくBBです。

回線速度が速いだけでなく、キャンペーンが豊富で信頼もあるプロバイダです。

プロバイダは自由に変えられる?

A.

契約している光回線によります。NURO光やソフトバンク光などは、プロバイダ一体型なので選べません。

フレッツ光やドコモ光、auひかりなどはプロバイダを選べます。

フレッツ光の一番速いプロバイダは?

A.

IIJmioです。ただしおすすめはYahoo!BBです。IIJmioほどではないですが回線速度が速く、信頼度の高い代理店アウンカンパニーから申し込めます。

プロバイダは速度で選ぶべき?

A.

ネット回線のプロバイダは速度だけで選ぶべきではないです。

速度も大切ですが、料金や特典内容などのあらゆる面で比較したほうが良いです。

私たちが厳選する優良光回線
光回線 おすすめ理由
ドコモ光ドコモ光 ドコモユーザーにとって最安の光回線
無条件で51,000円還元(当サイト限定)
ドコモのセット割に唯一対応している
開通までモバイルWiFiが無料で使える4/21まで限定キャンペーン実施中11月30日まで限定キャンペーン実施中 一番お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光ソフトバンク光 ソフトバンクなら最安クラスの光回線
最大50,000円キャッシュバック
高性能WiFiルーターが必ずもらえる
他社の乗り換え費用を10万円まで還元 一番お得なキャンペーン窓口
auひかりauひかり auユーザーなら最安クラスの光回線
最大94,000円キャッシュバック
独自回線なので通信品質がとても良い
4/21まで限定キャンペーン実施中
一番お得なキャンペーン窓口
GMOとくとくBB光とくとくBB光 格安スマホなら最安クラスの光回線
月額基本料が相場より約1,000円安い
高性能WiFiルーターが無料レンタル可能
最大127,000円還元(4/30まで) 一番お得なキャンペーン窓口

光回線を契約するなら使っているスマホキャリアに合わせて選ぶのがおすすめです。

お使いのスマホキャリアにあった光回線を選ぶことでスマホ料金が1台あたり1,100円安くなります。例えば、家族3人で同じキャリアなら毎月3,300円、2年間で約8万円の割引です!

もし、セット割がないキャリアを利用中なら、基本料金がとにかく安いGMOとくとくBB光がおすすめです。

【2024年4月】一番人気はドコモ光

ドコモ光

ドコモ光は、ドコモのスマホを使っているすべての人におすすめの光回線です。

ドコモの携帯料金が安くなる唯一の光回線なので、ドコモユーザーなら他のどのサービスよりも料金を抑えられます!

また、業界No.1のシェアを誇り、みんなに選ばれている人気の光回線でもあります。料金が安いだけでなく、速度やキャンペーン、サポートといった全ての面で優秀です。

当サイト限定特典!
\オプション不要で51,000円キャッシュバック/
4/21まで期間限定で増額中!
\52,000円キャッシュバックがもらえる/
当サイト限定特典!
\オプション不要で51,000円キャッシュバック!/
GMOとくとくBBはこちら

速度を重視するならNURO光がおすすめ

光回線 NURO光

快適なネット環境が欲しいならNURO光が断トツでおすすめです!最大回線速度は2Gbpsで、平均速度も459Mbpsと速いです!

YouTubeや映画配信を頻繁に見る人、オンラインゲームを遊びたい人、リモートワークでデータのやり取りが多い人には、とくにおすすめの光回線です。

NURO光公式のキャンペーンページから申し込むと45,000円分の特典がもらえるのも大きな魅力です。

4/21まで期間限定で増額中!
\無条件で55,000円キャッシュバック/
公式サイト限定!
\無条件で45,000円キャッシュバック/
公式サイト限定!
\無条件で45,000円キャッシュバック/
NURO光の公式サイトはこちら
「光回線が使えない」または「工事なし」でネットを使いたいならGMO WiMAX

GMOとくとくBBWiMAX

対応エリア外で光回線を契約できない場合は、GMOとくとくBB WiMAXがおすすめです。無線通信を利用したネット回線で、日本全国どこでも利用できます。

工事なしで使えるお手軽さも魅力です。Webから申し込んで本体が届いたら、コンセントに挿すだけでWiFi環境を整えられます。また、最短で申し込みの翌日に端末が届きます

さらに、高額キャッシュバックや合計40,000円以上の割引キャンペーンを実施しています。手軽かつお得にネット環境を揃えるなら、GMOとくとくBB WiMAXを契約しましょう。

\最大57,000円キャッシュバック!/
4/21まで期間限定で増額中!
\最大58,000円キャッシュバック/
GMOとくとくBB WiMAXはこちら
結局どの光回線がいいの?と迷ったら
結局どの回線がいいの?と悩んでいる女の子のイラスト

「自分にとって一番安い光回線は?」
「調べて比較するのがめんどくさい」

迷った人は、私たち「ヒカリク」の電話相談窓口を使ってみてください。お住まいのエリアやなんとなくの要望に合わせて一番お得で快適な光回線をご提案します。

電話で相談するメリット

  • ・その人に合った最安の光回線が分かる
  • ・質問に答えるだけで提案してくれる
  • ・電話ですぐに無料相談できる
  • ・面倒な会員登録は一切不要

2024年4月は限定キャッシュバックが受け取れます。いちいち自分で調べて比較するのが面倒な人にも向いています。

\今すぐ無料で相談してみる/
光回線の違いの記事






















































































































































































  • 光回線の評判口コミ
    ドコモ光×GMOとくとくBBのバナー