ぷらら光とドコモ光の違いを徹底比較!乗り換えるならどっちにすべき?

最終更新日:2021年12月02日
ぷらら光とドコモ光どっちがいい?のアイキャッチ

ぷらら光とドコモ光の違いを徹底比較します!結論、使っているスマホキャリアに合わせるのが正解です。

ahamo・povo・LINEMOなどの格安プランや格安SIMを使っているなら「ぷらら光」がおすすめです。ぷらら光はセット割なしで料金が安い光回線だからです。

ドコモのスマホを使っているなら「ドコモ光」がおすすめです。セット割が無条件で適用されるため、スマホ利用料が毎月1,100円安くなります。

ぷらら光がおすすめな人
  • 格安SIMなどドコモ以外のスマホユーザー
  • ・光回線の月額料金を安くしたい
  • ・キャッシュバックで費用総額を抑えたい
ドコモ光がおすすめな人
  • ドコモのスマホを使っている
  • ・普段からdポイントを使っている
  • ・家族や親戚がドコモのスマホを使っている

この記事では、ぷらら光とドコモ光の違いを、料金・速度・キャンペーンといったさまざまな観点で比較しながら詳しく解説していきます!

村野

更新月のたびに光回線を乗り換える変わり者。過去に使ってきたネット回線は、フレッツ光、ソフトバンク光、OCN光、ドコモ光の4社。


おすすめ人気記事
「光回線×キャッシュバック」のアイキャッチ
】光回線のキャッシュバックキャンペーン比較一覧!お得な選び方や即日窓口について
記事を読む
おすすめの光回線6選
】おすすめの光回線6選を徹底解説!
記事を読む

ぷらら光とドコモ光の違い早見表

ぷらら光とドコモ光の違い

まずは、ぷらら光とドコモ光を比較した早見表を見てみましょう。ぷらら光とドコモ光は、光回線を提供する会社や料金、特典などが異なります。

ぷらら光 ドコモ光
事業者 NTTぷらら NTTドコモ
回線網 NTT回線
(光コラボ)
マンション
月額料金
3,960円
※プロバイダ一体型
4,400円
※プロバイダ一体型
戸建て
月額料金
5,280円
※プロバイダ一体型
5,720円
※プロバイダ一体型
最大速度 1Gbps
平均速度 229Mbps 243Mbps
スマホ
セット割
なし ドコモ
-1,100円/月
(最大20台まで)
マンション
新規工事費
16,500円 16,500円
無料になる
戸建て
新規工事費
19,800円 19,800円
無料になる
エリア 全国
キャンペーン 50,000円
キャッシュバック
20,000円
キャッシュバック
動画サービス無料 工事費が完全無料
セキュリティソフト
2年間無料
dポイント
2000ポイント
Wi-Fiルーター
無料レンタル
Wi-Fiルーター
無料レンタル
一番お得な
窓口
ぷらら光の
申し込み窓口
ドコモ光の
申し込み窓口

ぷらら光とドコモ光は、どちらもNTTの回線網を利用したプロバイダとセットの光回線です。フレッツ光のように、プロバイダと別途契約する必要はありません。

プロバイダとは

プロバイダの役割の解説

プロバイダとは光回線をインターネットにつなげる役割を持つ事業者のことです。

プロバイダがないとインターネットは利用できないため、必ず契約する必要があります。

また、プロバイダはセキュリティ面でも重要な役割を果たします。インターネット接続の中継点となることで、ウイルスや不正アクセスを対策してくれます。

ちなみに、プロバイダの正式名称は、インターネットサービスプロバイダ(Internet Service Provider)です。略して「ISP」と表現されることもあります。

2つの光回線の主な違いは、割引やキャンペーンです。自分の状況に合わせて、ベストな光回線を選びましょう!これから、各光回線を項目別に詳しく解説していきます。

月額料金はぷらら光のほうが安い

月額料金をドコモ光と比べるとぷらら光のほうが440円安いです。

マンション料金 戸建て料金
ぷらら光 3,960円 5,280円
ドコモ光 4,400円 5,720円

ただし、ぷらら光はドコモ・au・ソフトバンクのスマホセット割に対応していないです。

一方ドコモ光は、スマホセット割で1台に対して毎月スマホ利用料から1,100円割引されるので恩恵が大きいです。

スマホセット割を含めて月額料金を比べた場合は、ドコモ光のほうが安くなります。

回線速度はどちらもほとんど変わらない

どちらの光回線も最大通信速度は1Gbpsと同じで平均速度もほぼ変わりません。平均速度は、ぷらら光が229Mbpsに対して、ドコモ光は243Mbpsです。

インターネットの回線速度は、一般的に100Mbps以上ならどのような用途でも快適に利用できると言われています。日常生活のレベルであれば、どちらを選んでも不自由はありません。

対応エリアはどちらの光回線も全国対応

ぷらら光とドコモ光は、フレッツ光を利用した同じ光コラボの回線なので日本全国で利用できます

光コラボとは

光コラボとは「フレッツ光の回線網」と「プロバイダ」がセットになった回線サービスです。ぷらら光、ドコモ光、ソフトバンク光、ビッグローブ光などが当てはまります。フレッツ光に比べ、月額料金が安くなったり、スマホセット割を受けられるといったメリットがあります。

急な引っ越しや転勤があったとしても、そのまま引き継いで利用できるため、解約費などの無駄な出費がかかりません。

ただし、別途工事費がかかります。

キャンペーンはぷらら光のほうが良い

キャンペーン内容を比べるとドコモ光よりもぷらら光のほうが良いです。

両社が実施している一番お得な窓口から申し込んだときのキャンペーンをまとめました。

ぷらら光は代理店の「NNコミュニケーションズ」から申し込むのが一番お得です。

ぷらら光×NNコミュニケーションズのキャンペーン

  • 最大50,000円のキャッシュバックが貰える
  • ・高性能Wi-Fiルーターが無料レンタルできる
  • ・ひかりTVのエントリープランが無料
  • ・セキュリティソフトが2年間無料

また、ドコモ光は代理店の「GMOとくとくBB」から申し込むのが一番お得です。

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャンペーン

  • 最大20,000円のキャッシュバックが貰える
  • 工事費が完全無料になる
  • ・高性能Wi-Fiルーターが無料レンタルできる
  • ・セキュリティソフトが1年間無料
  • ・3ヶ月間無料でモバイルWi-Fiが使える
  • ・2,000dポイントが貰える

50,000円キャッシュバックをもらえるぷらら光のキャンペーンほうが良いです。

ドコモ光のキャンペーン項目が多くお得に見えますが、現金で得する部分を比較すると10,000円ほどぷらら光のほうがキャッシュバックでお得です。

ドコモ光はキャッシュバック金額が20,000円、工事費の相当額19,800円で39,800円程度です。

12月31日までの期間限定!
\オプション不要!5万円キャッシュバック/
ぷらら光の一番お得な申し込み窓口

ぷらら光はマンション・戸建てともに違約金が無料

違約金の比較ではぷらら光のほうが良い内容です。ぷらら光は解約違約金が無料です。理由は、最低利用期間がないからです。

マンション 戸建て
ぷらら光 0円
ドコモ光 8,800円 14,300円

ドコモ光は2年契約で、2年ごとにある契約更新月に解約しないと8,800円以上の解約費用がかかります。

ぷらら光とドコモ光の特徴まとめ

ぷらら光とドコモ光の主な特徴をまとめると、以下のようになります。自分に合ったほうを選びましょう!

光回線 主な特徴
NNコミュニケーションズ(代理店)
格安SIMを使う人に最適な光回線
50,000円のキャッシュバック
マンションの月額料金が最安クラスお得なキャンペーン窓口
ドコモ光のロゴ GMOとくとくBB(代理店)
ドコモのプロバイダで一番速度が速い
無条件で2万円のキャッシュバック
高速ルーターが無料でレンタル可能 お得なキャンペーン窓口
ドコモ光(公式)
コンビニでも使えるdポイントが2万円
手続き不要で特典が翌々月にもらえる
dポイントが自動で還元されるから楽 お得なキャンペーン窓口

月額料金はぷらら光のほうが安い

ぷらら光のほうがドコモ光より月額料金は安い

ぷらら光とドコモ光の月額料金を比べるとマンション・戸建てともにぷらら光のほうが440円安いです。

マンション料金 戸建て料金
ぷらら光 3,960円 5,280円
ドコモ光 4,400円 5,720円

しかし、ドコモ光は、ドコモスマホと利用すれば、スマホセット割を適用できます。

ドコモ光でスマホセット割を適用すると、実質料金でぷらら光よりもドコモ光のほうが安くなります。スマホ1台あたり1,100円スマホ利用料から割引されます。

ドコモ光をお得に契約する方法は、以下記事に詳しくまとめています。

関連記事

▶ドコモ光の料金プランとお得に契約する方法

ドコモ光はドコモ光セット割でスマホの料金が最大1,100円安くなる

ドコモ光セット割の解説イラスト

ドコモ光は「ドコモ光セット割」という割引サービスで、スマホの料金が最大1,100円安くなります。ドコモ光セット割は申し込み不要で自動適用されます。

さらにドコモ光セット割は最大20台に適用可能です。家族や親戚のスマホ料金を割引できます。例えば、3人家族で全員がセット割の対象だと、毎月3,300円も出費を抑えられます。

関連記事

▶ドコモ光セット割の詳細と適用条件

ahamoはドコモ光セット割の対象外

ドコモユーザーがahamoにプラン変更した場合、ドコモの料金プランで適用されていた各種割引サービスは対象外になります。適用できなくなる割引サービスは、以下のとおりです。

ahamoが対象外の割引サービス一覧

  • ・ドコモ光セット割
  • ・ファミリー割引
  • ・みんなドコモ割
  • ・dカードお支払割

具体的には、ドコモ光との組み合わせで利用できる「ドコモ光セット割」や、家族でドコモを使うほど安くなる「みんなドコモ割」といった割引が適用されません。

関連記事

▶ahamoに乗り換える際の注意点とおすすめできる光回線まとめ

ぷらら光はスマホセット割を使えない

ぷらら光はスマホセット割を使えない

ぷらら光は特定のスマホキャリアと契約してセット割が受けられない光回線です。しかし、割引なしの月額利用料がドコモ光より440円安いです。

ドコモ光でセット割を受けられないなら、ぷらら光のほうが通信費を抑えられます。

下表の格安プランは、スマホセット割対象外なのでぷらら光のほうがおすすめです。

格安プラン名 サービス提供会社
ahamo(アハモ) ドコモ
povo(ポヴォ) au
LINEMO(ラインモ) ソフトバンク
村野さん 村野

自分もしくは家族でドコモ光セット割対象のプランを契約しているなら、ドコモ光がおすすめです。

家族全員がahamoか、ドコモ以外のスマホキャリアなら、ぷらら光がおすすめです。

回線速度はドコモ光のほうが少し速い

回線速度はドコモ光のほうが少し速い

ぷらら光とドコモ光の最大通信速度は1Gbpsです。ただし、実際に利用している人が計測した平均速度は「ドコモ光」のほうが「ぷらら光」よりも若干速いです。

下表は「みんなのネット回線速度」というユーザーの実際の回線速度を収集しているサイトを参考に、回線業者ごとの平均速度・応答速度を比べたものです。

平均速度
(下り)
平均速度
(上り)
応答速度
(Ping値)
ぷらら光 229Mbps 169Mbps 22.6ms
ドコモ光 243Mbps 185Mbps 21.6ms

通信速度の「bps」とは

bpsとは、1秒間に送信できるデータ量を表した値です。数値が大きいほど通信速度が速いです。

応答速度の「ms」とは

msとは、1回のデータの送受信にかかる時間を表した値です。数値が低いほど応答が速いです。

光回線の「下り」「上り」とは

通信の向きを表す用語です。「下り=ダウンロード」「上り=アップロード」を意味しています。

ただし、ぷらら光とドコモ光の数値の違いはほとんど誤差の範囲です。どちらを契約しても、回線の質はほとんど変わりません。

速度については、以下記事で詳しい情報をまとめています。詳しく知りたい人はクリックして記事を確認して下さい。

関連記事

▶ぷらら光の回線速度の評判口コミまとめ
▶ドコモ光の回線速度の評判口コミまとめ

どちらの光回線もIPv6に対応している

「IPv6・IPoE」と「IPv4とPPPoE」の説明

ぷらら光とドコモ光は新しい通信規格のIPv6接続に対応しています。

ぷらら光とドコモ光は「IPv4 over IPv6」に対応しているので、ほとんどのサイトで通信速度が上がります。

ぷらら光ではIPv4 over IPv6に対応したルーターを確実にレンタルできますが、ドコモ光は選ぶプロバイダによってレンタルできるかどうか変わります。

IPv4 over IPv6/IPv6とは

IPv6でインターネットに接続しながら、IPv4のみに対応したサイトも閲覧できるようにするハイブリッドな仕組みのことです。

ぷらら光は「ぷららv6エクスプレス」という表記です。ドコモ光は「V6プラス」と表記されています。仕組みは同じです。

関連記事

▶ドコモ光でIPv6を利用する方法と設定手順

ドコモ光はIPv4 over IPv6のプロバイダを選ぶべき

ドコモ光のプロバイダのうち、下表の16社がIPv4 over IPv6に対応しています。16社の中からプロバイダを選択することになりますが、選ぶ際のポイントは次の2点です。

プロバイダを選ぶ際のポイント
  • ①IPv4 over IPv6の申し込みが不要
  • ②対応ルーターが無料でレンタルできる

下表では、プロバイダごとに選ぶ際のポイントに対応しているか比較しています。ぜひ参考にしてください。

利用
申し込み
ルーターの
無料レンタル
GMOとくとくBB 不要
plala
@nifty
BIGLOBE
ドコモnet ×
@T COM
WAKWAK
DTI 必要
andline
スピーディア
インターネット
サービス
hi-ho
OCN
@ちゃんぷる
ネット
Tigers-net.com
IC-NET ×
BB.excite

申し込み不要のプロバイダは、開通と同時にIPv4 over IPv6が使えるようになります。

また、無料でIPv4 over IPv6に対応したルーターをレンタルできれば、費用を抑えられます。市販のルーターを購入すると3,000円以上かかるため、無料レンタルしたほうがお得です。

両方の条件を満たしているプロバイダは「GMOとくとくBB」「plala」「@nifty」「BIGLOBE」の4社です。

「ドコモ光 for plala」と「ぷらら光」は別のサービス

プロバイダの「ぷらら」と「ぷらら光」は別のサービス

ぷらら光とは別に、ドコモ光のプロバイダとしてplala(ぷらら)と契約できます。

しかし、サービスとしては全く別です。料金や手続き、サービス内容が異なります。

ドコモ光のプロバイダとしての「plala」は、以下記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

関連記事

▶「ドコモ光 for plala」評判口コミ・情報まとめ

対応エリアはどちらも全国に対応している

対応エリアはどちらも全国に対応している

ぷらら光とドコモ光は日本全国で使えます。どちらもフレッツ光(NTT)の回線網を使っている「光コラボ」だからです。

ただし、対応エリアでも建物や周囲の状況によっては契約できない場合があります。

それぞれの光回線が、対応エリア外や契約できなかった場合の対処法をご紹介します。

関連記事

▶ぷらら光の詳しい提供エリア
▶ドコモ光の詳しい提供エリア

ぷらら光やドコモ光が提供エリア外だった場合の対処法

ぷらら光やドコモ光が提供エリア外だった場合の対処法

ぷらら光とドコモ光が提供エリア外だった場合に取れる対処法は「独自回線」を試してみるか「ホームルーター」または「ポケットWi-Fi」を検討することです。

ただし、ホームルーターとポケットWi-Fiは、光回線ではないので最終手段にしましょう。

ぷらら光とドコモ光が契約できなかった場合は、フレッツ光だけでなく、ソネット光プラスといった、他の光コラボも申し込みできません。どちらの光回線もNTTの回線網を利用している光コラボだからです。

ただし、NTTとは違う回線網を使っている独自回線系の光回線であれば契約できる場合があります。

独自回線とは
独自回線とは、自社で設備を整えている光回線のことです。NTTとは違う設備を使っているため、導入には機器設置工事が必要です。独自回線には、auひかり、NURO光、コミュファ光などがあります。

独自回線でとくにおすすめな光回線は、auひかりとNURO光です。どちらも回線速度が安定していて、利用者の評判が良いです。

関連記事

▶auひかりの評判口コミなど全情報まとめ
▶NURO光の評判口コミなど全情報まとめ

キャンペーンはぷらら光のほうがお得

キャッシュバックがもらえて嬉しい女性のイラスト

キャンペーンはぷらら光のほうがドコモ光よりもお得です。それぞれの主なキャンペーンをまとめると、以下のようになります。

ぷらら光は公式サイトより代理店「NNコミュニケーションズ」申し込むのがお得です。

ぷらら光×NNコミュニケーションズのキャンペーン

  • 最大50,000円のキャッシュバックが貰える
  • ・高性能Wi-Fiルーターが無料レンタルできる
  • ・ひかりTVのエントリープランが無料
  • ・セキュリティソフトが2年間無料

ドコモ光は公式サイトよりも代理店の「GMOとくとくBB」から申し込むのがお得です。

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャンペーン

  • ・最大20,000円のキャッシュバックが貰える
  • ・工事費が完全無料になる
  • ・高性能Wi-Fiルーターが無料レンタルできる
  • ・セキュリティソフトが1年間無料
  • ・3ヶ月間無料でモバイルWi-Fiが使える
  • ・2,000dポイントが貰える

高性能のWi-Fiルーターレンタルや、セキュリティソフトが無料で利用できるところはキャンペーン内容が似ています。

しかし、ぷらら光は最大50,000円のキャッシュバックがもらえます。

金額は2021年12月31日までの期間限定キャンペーンです。ぷらら光を検討しているなら、すぐに申し込みましょう。

12月31日までの期間限定!
\オプション不要!5万円キャッシュバック/
ぷらら光の一番お得な申し込み窓口

ドコモ光は工事費無料で契約できる

ドコモ光は工事費が完全無料

ドコモ光は工事費無料キャンペーンを実施しています。一方で、ぷらら光は工事費用がかかります。下表で、ぷらら光とドコモ光の工事費用をまとめました。

NTTの回線網を利用しているので、通常はぷらら光とドコモ光は同じ工事費用です。

マンション 戸建て
ぷらら光 16,500円 19,800円
ドコモ光 16,500円
→キャンペーンで無料
19,800円
→キャンペーンで無料

光回線を開通するのにお金をかけたくない人は、ドコモ光のほうがおすすめです。

ただし、土日祝日に工事を実施するときの追加料金や、事務手数料はかかります。

そのほかの注意点や詳細は、以下の記事でより詳しくわかります。

関連記事

▶ドコモ光の工事費無料キャンペーンの特徴と注意点まとめ

ぷらら光は違約金や撤去工事費が不要

ぷらら光は違約金や撤去工事費が不要

ぷらら光は解約時の出費がないです。一方でドコモ光は違約金がかかります。ドコモ光の違約金は、戸建ては14,300円、マンションが8,800円です。

違約金 撤去工事費 合計金額
ぷらら光 0円 0円 0円
ドコモ光
(マンション)
8,800円 0円 8,800円
ドコモ光
(戸建て)
14,300円 0円 14,300円

しかし、ぷらら光を解約するときに分割工事費用を払い終えていないと、工事費の残り分を解約時に請求されます。

また、ドコモ光の違約金は決められた期間に解約すれば支払いを回避できます。光回線や料金プランによってタイミングが変わるので、しっかり確認しておきましょう。

関連記事

▶ドコモ光の解約手順と違約金を無料にする方法

「ぷらら光」は期間縛りなし「ドコモ光」は2年契約

ぷらら光は期間縛りなし

ぷらら光は全てのプランで最低利用期間がないです。違約金を気にせずに済みます。

一方でドコモ光のスタンダードなプランは、更新月以外で解約すると違約金があります。

2年自動更新の契約なので、24~26ヶ月目に解約しなかったときは、次に48~50ヶ月目まで待たないと契約解除時に違約金がかかります。

契約年数 違約金不要の
更新期間
ぷらら光 契約年数なし いつでも
ドコモ光 2年 24~26ヶ月目

契約期間を気にせず使いたい人はぷらら光がおすすめです。

ぷらら光は24ヶ月以内に解約するとキャッシュバックがなくなる

ぷらら光に違約金はありませんが、キャッシュバックがもらえなくなります。

正確にはキャッシュバックでもらえた金額と同額の支払いを請求されます。

キャッシュバックは代理店「NNコミュニケーションズ」独自部分と、公式キャンペーン分の2つがあります。解約期間によって返金請求される金額が異なります。

キャッシュバック
返金額
解約時の
利用期間
窓口独自
キャンペーン
35,000円 12ヶ月以内
公式キャンペーン 15,000円 24ヶ月以内

ぷらら光は、25ヶ月以上経ってから解約するほうがお得に使えます。

ドコモ光に契約縛りと違約金がないプランがある

ドコモ光は2年契約だけでなく、契約年数の縛りと違約金がないプランがあります。

しかしドコモ光は2年契約にしたほうが総額でお得に使えます。

契約縛りがないプランが選ばれない理由は2点あります。

契約縛りがないプランのデメリット

  • ・2年契約プランがキャッシュバック適用条件
  • ・2年契約と比べて月額料金が1,100円高い

キャンペーンが受けられず、月額料金が上がるので割高になります。

ドコモ光は24社からプロバイダを選べる

ドコモ光は24社からプロバイダを選べる

ドコモ光は以下24社の中からプロバイダを選択できます。

ドコモ光のプロバイダ一覧

GMOとくとくBB/ドコモnet/plala/DTI/@nifty/andline/BIGLOBE/スピーディア/hi-ho/ic-net/Tiger-net/エディオンネット/SYNAPSE/BB.excite/楽天ブロードバンド/TikiTiki/@ネスク/コアラ(COARA)/OCN/@TCOM/TNC/@ちゃんぷるネット/AsahiNet/WAKWAK

契約するプロバイダによって「月額料金の割引」や「キャッシュバック」といった特典が大きく異なります。

特典の有無により、実際支払う金額に数万円単位の違いが発生するので、お得になるプロバイダ選びが重要です。

ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ

GMOとくとくBBがおすすめのイラスト

ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBが一番おすすめです。

実際に契約したユーザーからの評価が非常に高く、最大20,000円のキャッシュバックを筆頭に、様々なメリットを受けられます。

ドコモ光×GMOとくとくBBのおすすめ理由

  • ・利用者からの評価が極めて高い
  • ・最大20,000円キャッシュバックがもらえる
  • ・プロバイダ24社の中で最も回線速度が速い
  • ・高性能Wi-Fiルーターが無料レンタルできる
  • ・開通工事費が無料になる
  • ・セキュリティソフトが1年間無料

GMOとくとくBBは、ドコモ光のプロバイダ全24社の中で回線速度が最も速いです。

ドコモ光は、選んだプロバイダによって速度や料金が大きく変わるので、契約して満足できるかは、プロバイダで決まるといっても過言ではありません!

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\当サイト限定!オプション不要で20,000円!/
GMOとくとくBBは今年で12周年!
\11月末まで特別キャンペーン実施中!/
GMOとくとくBBの窓口はこちら

ぷらら光は自社プロバイダのNTTぷららしか選べない

ぷらら光のプロバイダは「NTTぷらら」だけです。ドコモ光のように他のプロバイダは選べません。

デメリットは、プロバイダ独自のオプションサービスが引き継げない点です。新規契約の人は関係ありません。

具体的には、フレッツ光でビッグローブを利用していた人が、ぷらら光に乗り換える場合に、元のプロバイダで利用していたメールアドレスなどが引き継げません。

村野さん 村野
ぷらら光から、ドコモ光 for plalaに乗り換えるときは、「ぷららのプロバイダは継続する」と伝えればオプション契約を継続できます。

オプションサービスはどちらも豊富

ぷらら光もドコモ光もオプションサービスが豊富

ぷらら光とドコモ光のオプションサービスは、どちらも豊富です。

ただし、ぷらら光とドコモ光のオプションは、料金やサービスに違いがあるので、加入を考えている人は事前にチェックしておきましょう。

ぷらら光で利用できるオプション

ぷらら光のオプションサービスには、以下のようなものがあります。

オプション名 月額料金 概要
ひかりTV
エントリー
プラン
385円 スマホなどにアプリを入れて視聴する動画サービス。
ぷらら光電話
ベーシック
550円 NTTの固定回線よりも通話料が安い。もともとの固定電話の番号をそのまま使える。
マカフィー
for plala
407円 セキュリティソフト「マカフィー」を割安で利用できる。最大10台までPC・スマホ・タブレットを保護できる。最大24ヶ月無料。
ぷらら
サポートぷらす
550円 PC・スマホ・タブレットなどに関するトラブルに対応してくれる(最大2ヶ月間無料)
あんしん
機器保証
770円 ぷららに接続しているPC・スマホ・タブレット・テレビなどの故障を、保証内で修理するサービス。
プライベート
ホームページ
330~1,320円 個人のホームページアカウントを作成してくれるオプション。

ぷらら光のオプションでもっとも特徴的なのは「ひかりTVエントリープラン」です。ひかりTVという名前がついているものの、工事は不要です。

インターネット接続があれば動画を見られるサービスです。

ドコモ光で利用できるオプション

ドコモ光で利用できる主なオプションは下表の6つです。

オプション名 月額料金 概要
ドコモ光テレビ
オプション
825円 ドコモ光を利用して、地上デジタル放送や無料のBS放送が視聴できる。別途契約すると、スカパーの視聴が可能。
ひかりTV
for docomo
2,750円 79種類の専門チャンネルや、13万以上のビデオオンデマンドが視聴できる。ドコモ光を利用するため、アンテナ工事等は不要。
ドコモ光電話 550円 NTTの固定回線よりも通話料が安い。もともとの固定電話の番号をそのまま使える
マカフィー
マルチアクセス
550円 セキュリティソフト「マカフィー」を割安で利用できる。最大10台までPC・スマホ・タブレットを保護できる。最大12ヶ月無料。
ネットトータル
サポート
550円 機器に関することを、オンラインでサポートしてもらえるサービス。電話以外に、現地での修理対応やデータ復旧なども対象。
デジタル
機器補償
サービス
550円 端末の故障や破損を、修理や代替品の提供で補償してくれるサービス。補償上限金額は70,000円。

ドコモ光はスマホのオプションと共通のものがあるため、オプションのラインナップはかなり多いです。

以下の記事で詳しく説明しているので、オプションを検討している人は確認しましょう。

関連記事

▶ドコモ光で契約できるオプションを徹底解説!

10ギガプランに対応しているのはドコモ光

ドコモ光×10Gについて

ドコモ光は最大通信速度が10Gbpsの10ギガプランに対応しています。

通常プランの最大速度は1Gbpsのため、単純に10倍の差があります。回線速度を重視する場合は契約を視野に入れておきましょう。

ただし、その分追加料金がかかるので、注意が必要です。

また、ぷらら光は高速プランに対応していません。回線速度に強いこだわりがあるなら、別な光回線を選びましょう。

関連記事

▶ドコモ光10ギガプランの全情報まとめ

ぷらら光とドコモ光のあいだで乗り換える際の注意点

ぷらら光とドコモ光で乗り換える際の注意点

「ぷらら光からドコモ光」あるいは「ドコモ光からぷらら光」に乗り換える際には、以下の4つの注意点があります。

乗り換え時の注意点

  • ①セット割対象のキャリアが変わる
  • ②新規契約ではなく事業者変更
  • ③無線ルーターが別途必要
  • ④違約金が発生しない月に乗り換える

以下で、それぞれについて解説します。

①セット割対象のキャリアが変わる

ぷらら光からドコモ光に乗り換えたり、ドコモ光からぷらら光に乗り換えると、割引対象のキャリアが変わります。

今まで使っていたセット割がなくなる、あるいは使えるようになります。

自分か家族がドコモを使っているなら、セット割の料金等の詳細を再確認しましょう。

関連記事

▶ドコモ光セット割の詳細と適用条件

②新規契約ではなく事業者変更

ぷらら光とドコモ光は、どちらもフレッツ光の回線網を使っている「光コラボ」なので、事業者変更で回線を変更できます。

事業者変更とは
事業者変更とは、NTTの回線網を利用している光コラボ回線から別の光コラボ回線に乗り換えることです。

「ぷらら光からドコモ光」と「ドコモ光からぷらら光」どちらの場合も事業者変更扱いです。

事業者変更は工事費が不要です。同じ設備を利用して、使い回せるからです。

誤って新規契約すると、工事費が16,500~19,800円ほどかかってしまうので必ず事業者変更を選択しましょう

関連記事

▶ドコモ光の事業者変更の手続き方法と乗り換える際の注意点

③無線ルーターが別途必要

乗り換え後に無線ルーターの用意が必要

もしも、元の光回線でルーターをレンタルしていた場合は、乗り換え時に返却しなくてはいけません。返却しないと、違約金を請求される可能性があります。

ルーター返却後は、乗り換え先にあった方法で新しいルーターを用意しましょう。

ぷらら光はお得な窓口の「NNコミュニケーションズ」から申し込むと、Wi-Fiルーターを無料レンタルできます。

ドコモ光は、おすすめのプロバイダ「GMOとくとくBB」で申し込むと、ルーターを無料レンタルできます。さらに、キャッシュバックなどのキャンペーンが豊富です。

④乗り換える時期を見極めないと損する

乗り換える時期を見極めないと損する

どちらの光回線も、乗り換える際は時期を見極めて解約しましょう。

ドコモ光は、更新月以外に解約してしまうと、8,800~14,300円の違約金が発生してしまうため、余計な出費が増えてしまいます。

どうしても更新月以外に乗り換えたい場合は、他社の違約金を負担してくれる光回線を選びましょう。更新月以外でも違約金なしで乗り換えが可能です。

ぷらら光に違約金はないです。しかし24ヶ月以上利用しないと、キャッシュバックでもらった分の金額が請求されるので、少し損です。

関連記事

▶ドコモ光の解約方法と違約金を無料にする方法

ぷらら光やドコモ光がおすすめな人まとめ

ぷらら光やドコモ光がおすすめな人まとめ

最後にぷらら光がおすすめな人と、ドコモ光がおすすめな人の特徴を振り返ります。

ぷらら光がおすすめな人

  1. 格安SIMを利用している人
  2. ②光回線の月額料金を安くしたい人
  3. ③フレッツ光や光コラボから乗り換え
  4. ④安心できる大手を使いたい

ドコモ光がおすすめな人

  1. ドコモスマホを使っている
  2. ②新規で申し込みして工事費を抑えたい
  3. ③普段からdポイントを利用している
  4. ④安心できる大手を使いたい

料金の安さを重視するなら使っているスマホにあった光回線を選ぶべきです。セット割の適用で、月々のスマホ代を抑えられるため、結果的に毎月の支払いが楽になります。

ドコモのスマホを使っているなら「ドコモ光」がおすすめです。

ただし格安SIMやahamo・povo・LINEMOなど、そもそもセット割が適用されないスマホプランを使っている人には、ぷらら光がおすすめです。

ぷらら光とドコモ光がお得になるおすすめの申込み窓口

おすすめする女の子

以下では、ぷらら光とドコモ光をお得に申し込めるキャンペーンサイトをご紹介します!

光回線 主な特徴
NNコミュニケーションズ(代理店)
格安SIMを使う人に最適な光回線
50,000円のキャッシュバック
マンションの月額料金が最安クラスお得なキャンペーン窓口
ドコモ光のロゴ GMOとくとくBB(代理店)
ドコモのプロバイダで一番速度が速い
無条件で2万円のキャッシュバック
高速ルーターが無料でレンタル可能 お得なキャンペーン窓口
ドコモ光(公式)
コンビニでも使えるdポイントが2万円
手続き不要で特典が翌々月にもらえる
dポイントが自動で還元されるから楽 お得なキャンペーン窓口

ぷらら光はNNコミュニケーションズから申し込むのが一番お得

ぷらら光に申し込むなら代理店のNNコミュニケーションズを窓口にするのが一番お得です!

通信キャリアからの表彰歴があり、50,000円のキャッシュバックを筆頭に、様々なメリットを受けられるからです。

NNコミュニケーションズのおすすめ理由

  • ・通信キャリアから表彰されている
  • ・オプション加入不要の独自キャンペーン
  • ・5万円の高額キャッシュバック
  • ・2万本以上見られる動画サービスが無料
  • ・高性能Wi-Fiルーターが無料レンタルできる
  • ・セキュリティソフトが1年間無料

NNコミュニケーションズから申し込むとオプション契約不要で50,000円もらえます!

公式サイトで50,000円もらうには、オプション契約・継続が必須です。

ぷらら光は、一番お得な窓口「NNコミュニケーションズ」から申し込みましょう!

12月31日までの期間限定!
\オプション不要!5万円キャッシュバック/
NNコミュニケーションズ窓口

ドコモ光のお得な申し込み窓口は?

ドコモ光のおすすめな申し込み窓口は、重視するポイントによって違います!

おすすめはGMOとくとくBBです!ドコモ光の公式サイトも人によってはアリです。

ドコモ光のおすすめ窓口ランキング

ドコモ光はどこから申し込むのがお得なのか、キャッシュバック額サービスの質の両方の面から、おすすめの窓口をランキング形式でご紹介します!

ドコモ光は、家電量販店などの実店舗から申し込むとキャッシュバック額が下がってしまいます。損をしないためにも、以下のランキングを参考にしてください!

ドコモ光おすすめ窓口ランキング
ドコモ光-GMOとくとくBB プロバイダの中で回線速度が最速
・利用者からの評価が極めて高い
無条件で2万円キャッシュバック(当サイト限定) キャンペーンページはこちら
ドコモ光のロゴ 2万円分のdポイント還元
・最短で開通から2ヶ月後に全額付与
・公式サイトだから安心 キャンペーンページはこちら

GMOとくとくBBならオプション不要で2万円の現金キャッシュバック

ドコモ光×GMOとくとくBB×ヒカリクのキャンペーンページならオプション不要で20,000円分の現金キャッシュバックがもらえる

少しでもお得にドコモ光へ申し込むならプロバイダのGMOとくとくBBを窓口にするのがおすすめです。

20,000円の現金キャッシュバックを筆頭に、様々なメリットを受けられるからです。また、実際に契約したユーザーからの評価が非常に高いです!

ドコモ光×GMOとくとくBBがおすすめな理由

  • 利用者からの評価が極めて高い
  • 2万円キャッシュバックが無条件で貰える
  • ③抽選で1万円分のAmazonギフト券が貰える
  • ④プロバイダ24社の中で最も回線速度が速い
  • ⑤高性能Wi-Fiルーターが無料レンタルできる
  • ⑥開通工事費が無料になる
  • ⑦セキュリティソフトが1年間無料
  • ⑧開通するまでモバイルWi-Fiが無料で使える
  • ①利用者からの評価が極めて高い
  • 2万円キャッシュバックが無条件で貰える
  • 11月末まで総額100万円キャンペーン中
  • ④抽選で1万円分のAmazonギフト券が貰える
  • ⑤プロバイダ24社の中で最も回線速度が速い
  • ⑥高性能Wi-Fiルーターが無料レンタルできる
  • ⑦開通工事費が無料になる
  • ⑧セキュリティソフトが1年間無料
  • ⑨開通するまでモバイルWi-Fiが無料で使える

ただし、通常だとオプション加入なしの場合は5,500円のキャッシュバックしかありません。

ドコモ光の申し込み窓口はGMOとくとくBBかドコモ公式がおすすめのイラスト

ですが、当サイト限定のキャンペーンページから申し込めば、オプション不要でキャッシュバックが最高額の20,000円に上がります!

これは、他の代理店や、ドコモ光の公式サイトと比べて最もお得なキャンペーンです!面倒な手続きも一切不要です。

さらに11月22日~11月30日の期間限定で、抽選で200名にAmazonギフト券5,000円が当たる総額100万円キャンペーンを実施中です!

ドコモ光を利用するならGMOとくとくBBから申し込みましょう!

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\当サイト限定!オプション不要で20,000円!/
GMOとくとくBBは今年で12周年!
\11月末まで特別キャンペーン実施中!/
GMOとくとくBBはこちら

【ヒカリク限定】抽選で毎月20名様にAmazonギフト券10,000円プレゼント

また、当サイトを使ってGMOとくとくBBに申し込んだ人のうちAmazonギフト券10,000円が毎月20名様に抽選でプレゼントされるキャンペーンを実施中です!

応募方法は、GMOとくとくBBのページからドコモ光に申し込んだ後に、折り返しの確認電話の際に「ヒカリクを見た」と伝えるだけです。

他のサイトでは実施していないヒカリク限定のキャンペーンです!キャッシュバックと合わせると合計30,000円還元のチャンス合計35,000円還元のチャンスなので、ぜひとも活用してください!

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\ヒカリクなら合計33.5万円還元のチャンス!/

ドコモ光の公式なら手続き不要で翌々月に2万円分のdポイントがもらえる

ドコモ光の申し込み窓口はGMOとくとくBBかドコモ公式がおすすめ のイラスト

公式サイトから申し込むメリット

  • 最大20,000円分のdポイントがもらえる
  • dポイントが自動で翌々月に付与だからラク
  • ③工事費が完全無料になる
  • ④プロバイダを自由に選べる
  • ⑤プロバイダのルーター特典を受けられる
  • ⑥公式の窓口だから安心できる

公式サイトから申し込んだ場合は、dポイントが最大20,000ptもらえます。1pt=1円に相当するため20,000円分の還元といえます。

dポイントは現金と同じ感覚で利用可能です。コンビニやファストフード店など、とにかく使える店舗数が多いのが特徴です。

翌々月に自動でポイントが付与されてラクですし、普段から電子マネーで支払うことが多い人におすすめです!

ドコモ公式限定!dポイント2万円!
\コンビニでも使えて2ヶ月後に還元!/

私たちがおすすめしている光回線3選

3人家族でスマホセット割を適用した場合の2年間の割引額

現在、100社以上ある光回線の中で私たちがおすすめしているのはドコモ光・ソフトバンク光・auひかりの3社です。

お使いのスマホキャリアにあった光回線を選ぶことでスマホ料金が1台当たり1,100円安くなります。例えば、家族3人で同じキャリアを使っているなら毎月3,300円、2年間で約8万円の割引です!

また、大手企業が運営しているため、回線速度やサポート体制、キャッシュバック特典なども充実しています!

光回線 おすすめ理由
ドコモ光のロゴ GMOとくとくBB(代理店)
ドコモのプロバイダで一番速度が速い
無条件で2万円のキャッシュバック
高速ルーターが無料でレンタル可能 お得なキャンペーン窓口
ドコモ光(公式)
コンビニでも使えるdポイントが2万円
手続き不要で特典が翌々月にもらえる
dポイントが自動で還元されるから楽 お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ エヌズカンパニー(代理店)
無条件で3.7万円キャッシュバック
乗り換え費用を最大10万円まで還元
回線速度が平均300Mbpsに大幅改善 お得なキャンペーン窓口
auひかりのロゴ NNコミュニケーションズ(代理店)
auのセット割が使えてお得
最大52,000円のキャッシュバック
独自回線で平均速度が375Mbpsと高速 お得なキャンペーン窓口

回線速度がダントツに良いのはNURO光

光回線 NURO光

快適なネット環境が欲しいならNURO光が断トツでおすすめです!最大回線速度は2Gbpsで、平均速度も459Mbpsと速いです!

YouTubeや映画配信を頻繁に見る人、オンラインゲームを遊びたい人、リモートワークでデータのやり取りが多い人には、とくにおすすめの光回線です。

公式のキャンペーンページから申し込むと45,000円のキャッシュバックをもらえるのも大きな魅力です。

\オプション不要!45,000円キャッシュバック!/

工事なしでネットを使うならhome5G

ドコモhome5Gロゴマーク
光回線の工事なしでインターネットを利用したいならドコモhome5Gがおすすめです。

オンライン申し込みが可能で、ドコモhome5Gが手元に届いた日からすぐにインターネットが使えます。

通信速度も最大4.2Gbpsと、光回線に負けない性能で、契約期間の縛りも一切ありません!

\当サイト限定で15,000円キャッシュバック/
ドコモhome5Gの申し込みはこちら

光回線会社の比較の記事

  • 一番お得なキャンペーン窓口

    ドコモスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!

    auスマホならスマホ料金も安くなる!NNコミュニケーションズからの申し込みが一番お得!!

    ソフトバンクやワイモバイルのスマホ料金が安くなる!エヌズカンパニーからの申し込みが一番お得!

    人気の光回線6選
    人気の光回線6選

    光回線ごとの記事一覧