お部屋探しのコツや知識まとめブログ|イエプラコラム
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

不動産屋は住みたいところの近くが良い?エリアはどこまで対応してくれる?

不動産屋は住みたいところの近くが良い?のアイキャッチ

不動産屋は住みたいところの近くが良い?
対応してくれるエリアはどこまで?

進学・就職きっかけで県外へ引っ越す人は多いです。しかし、引っ越し先の近くにある不動産屋へ行くのは大変です。地元にあるお店では「エリア外」だと断られることも…。

そこで当記事では、遠方から引っ越す際どの不動産屋を利用すべきか解説します。不動産屋の対象エリアはどこまでなのかも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

当サイトが運営する「イエプラ」は来店不要です!LINEでやりとりできますし、オンライン内見・IT重説にも対応しています!遠方に住んでいる人は、ぜひ試してみてください。

物件探しはネット不動産屋の「イエプラ」

イエプラが選ばれる3つの理由

イエプラとは?

  • 仲介手数料基本0円で検索で見つからないお部屋をご紹介
  • 夜23時まで相談可能
  • 東証スタンダード上場企業が運営

イエプラは、チャットやLINEでやり取りできるネット上の不動産屋です。来店不要なうえ夜23時までスタッフとお部屋を探せます。

仲介手数料が基本無料で、お部屋によってはキャッシュバックもあるのでおすすめです。

監修 阿部 陽一郎
不動産屋「家AGENT」
池袋店 店長

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴10年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

不動産屋は住みたいところの近くの店舗が良い?

現地の様子を確認したいなら現地の不動産屋が良い

現地の様子を確認したいなら、住みたいところの近くにある不動産屋を利用しましょう。現地の不動産屋であれば、周辺環境や街の治安状況を熟知しているからです。

実際の街の雰囲気も感じられるので、入居を後悔する可能性を下げられます。今住んでいるところから通える範囲なら、現地の不動産屋まで行ってみてください。

現地まで行けない人は無理に行かなくても良い

スマホでお部屋探しをする女の子
やむを得ない理由で現地の不動産屋に行けないなら、無理に行かなくて大丈夫です。不動産屋の多くは、メールやチャット上での物件紹介にも対応しています。

コロナが流行した影響で、オンライン内見やビデオ通話を使った契約手続きも普及しています。住みたいところの近くまで行けない人でも、手軽にお部屋を決められて便利です。

物件紹介だけならどの不動産屋でも可能

違う不動産屋で同じ物件が紹介されることが多いことを説明するイラスト

引っ越し先の物件情報だけ知りたい人は、地元の不動産屋を活用するのも手です。物件紹介だけなら、基本的にどの店舗でも可能だからです。

ほとんどの不動産屋は、業者専用データベース「REINS」「ATBB」から物件を検索しています。全国にある8割以上の賃貸情報が載っているので、エリアに関係なくお部屋を紹介できます。

阿部さんのアイコン 阿部
複数の不動産屋を利用する場合、大手と地域密着型の2社で検討しましょう。大まかな物件情報は大手に聞いて、掘り出し物を地元の不動産屋で探すと効率的です。

住みたいところの近くまで行けない人はネット上の不動産屋を使うと良い

遠方からの引っ越しで現地に行けない人は、当サイトが運営するネット上の不動産屋「イエプラ」がおすすめです。夜23時までLINE等でやりとりできるため、来店不要で手軽にお部屋を決められます。

「福岡から東京へ引っ越す予定」「入居まで現地に行けない…」と伝えれば、希望条件に合うお部屋の提案や、オンライン内見の日程調整まで対応してくれます。

イエプラに向いている人の特徴

  • ・引っ越し先が遠い
  • ・お店に行く時間がない
  • ・夜遅くでも相談したい
  • ・不動産屋が近所にない
  • ・エリア決めから相談したい
  • ・対面で話すのが苦手
  • ・引っ越し費用をできるだけ抑えたい など

当サイト運営の「イエプラ」なら、来店できなくても「店舗にいる感覚」でお部屋を探せます。チャットを返信しているのは、AIではなく実際の専門スタッフだからです。

毎日夜23時まで営業していて、急ぎで引っ越したい人にも向いています。仲介手数料は基本0円なので、引っ越し費用を抑えたい人もぜひ利用してみてください。

住みたいところの近くの不動産屋に行くメリット

  • ・街の住環境や治安を詳しく知れる
  • ・ネット上にない自社物件を紹介してもらえる
  • ・物件と店舗の行き来がラク
  • ・入居後も気軽に頼りやすい

街の住環境や治安を詳しく知れる

いろんな不動産屋のイラスト
住みたいところの近くにある不動産屋に行けば、街の住環境や治安状況について詳しく知れます。地域の情報に精通したスタッフに案内してもらえるからです。

内見中には、周辺にどんなお店があるか、街灯や防犯カメラが多い街かなどを教えてくれます。

地域に根付いた不動産屋では、地元住民のリアルな声も知れます。街の住みやすさを重視したい人でも、安心してお部屋を決められます。

阿部さんのアイコン 阿部
来店時に「安いスーパーの近くが良い」「評判の良い病院が側にあると嬉しい」などを伝えておくと、理想に近いお部屋を紹介してもらえます。

ネット上にない自社物件を紹介してもらえる

不動産屋によっては、スーモやホームズに載っていない「自社物件」を教えてもらえるケースがあります。地域の大家さんから管理を任されたばかりの物件などです。

地域に根づいた不動産屋は、現地の大家さんとの繋がりが強いです。まだデータベースに登録していないお部屋を知れる可能性があります。

おすすめ記事
自社管理物件とは?契約するメリット・デメリットを解説!のアイキャッチ
自社管理物件とは?契約するメリット・デメリットを解説!
記事を読む ▶

物件と店舗の行き来がラク

住みたいところの不動産屋で探せば、物件と店舗の行き来がラクです。移動時間が少ない分、沢山のお部屋を内見できます。複数の物件を効率的に回りたい人にはメリットです。

阿部さんのアイコン 阿部
引っ越しの際には、店舗で鍵を受け取ってすぐお部屋へ向かえます。

入居後も気軽に頼りやすい

不動産屋が管理するお部屋(管理物件)に引っ越したとき、入居後も気軽に頼りやすいです。管理物件は店舗に近い場所にあるからです。

営業時間内に来店すれば「急にお湯が出なくなった」「騒音で困っている」といった悩みに対応してくれます。家の近くですぐ相談できるので、初めて一人暮らしする人でも安心です。

多くの賃貸では「24時間安心サポート」に加入します。緊急時に専門スタッフが駆け付けてくれるサービスです。管理会社の営業時間外は、24時間安心サポートを頼ると良いです。

おすすめ記事
賃貸の24時間サポ―トとは?サービス内容について解説のアイキャッチ
賃貸の24時間サポ―トとは?サービス内容について解説
記事を読む ▶

住みたいところの近くにある不動産屋へ行くデメリット

  • ・来店するのが面倒
  • ・店舗近くのエリアしか内見できない
  • ・おとり物件に引っかかりやすい

来店するのが面倒

遠方の人だと、現地の不動産屋へ来店するのが面倒と感じます。住みたいところが県外だったら、お部屋探しや内見だけで1~2日潰れます。

店舗までの交通費も高額になりやすいです。福岡~東京を飛行機で往復すると、1.5~2万円かかります。費用を抑えて引っ越したい人にはデメリットと言えます。

店舗近くのエリアしか内見できない

不動産屋の対象エリアによっては、店舗近くの物件しか内見できないケースがあります。検討しているエリアが広すぎると、移動している間に営業時間を過ぎてしまうからです。

特に昔ながらの不動産屋だと、車の台数やスタッフの数が限られます。じっくりお部屋を探したい人には「物足りない」と感じる可能性があります。

おとり物件に引っかかりやすい

悪意でおとり物件を広告しているパターンのイラスト

問い合わせから内見日まで1週間以上開く人は、おとり物件に注意してください。おとり物件とは、成約済みなのに掲載され続けている物件のことです。

不動産屋の中には、内見できないのに来店まで教えてくれない悪質な業者もいます。「ついさっき埋まった」と話して、別の物件を紹介するやり方です。

希望の条件に合わないお部屋を勧められたり、しつこい営業を受けて嫌な思いをしやすいです。

おとり物件は現地集合で避けられる

おとり物件は、現地集合することで簡単に避けられます。成約済みのお部屋や架空の物件には入室できないからです。

当サイト運営の不動産屋「イエプラ」では、ほぼ全てのお部屋で現地集合できます。最新の物件情報が分かるデータベースから検索するので、おとり物件も一切ありません。

お部屋探しの相談は、公式LINEから可能です。オンライン内見や郵送での契約手続きにも対応しているため、入居まで現地に行けない人にもピッタリです。

さらに、仲介手数料は基本無料です。費用を抑えて引っ越したい人にもおすすめなので、ぜひ利用してみてください。

引っ越し先の不動産屋を使う際のポイント

  • ・IT重説に対応しているか確認する
  • ・店舗の対象エリアを事前に把握する
  • ・空室状況をこまめに教えてもらう
  • ・担当スタッフとの相性を確かめる

IT重説に対応しているか確認する

IT重説を受けている人のイラスト

遠方の不動産屋を利用する人は「IT重説」に対応しているか確認してください。契約を結べるのは、申し込みの6~10日後だからです。

IT重説とは、オンライン上で重要事項説明を受けることです。ビデオ通話を繋いで、契約内容の読み合わせをおこないます。自宅で簡単に手続きを進められて便利です。

契約書類は、入居審査の通過後に不動産屋から郵送されます。自宅で手続きを進めれば、再度来店するより効率的で費用もかかりません。

おすすめ記事
IT重説とは?手続きする際の流れを解説のアイキャッチ
IT重説とは?手続きする際の流れを解説
記事を読む ▶

店舗の対象エリアを事前に把握する

住みたいエリアが曖昧な人は、店舗の対象エリアを事前に把握すべきです。案内できる範囲が狭い業者だと、気になっていたお部屋を内見できない恐れがあります。

おおまかな対象エリアは、不動産屋のホームページ上で確認できます。一部エリアが対象外になっているケースがあるため、気になる人は直接問い合わせると良いです。

空室状況をこまめに教えてもらう

遠方の不動産屋を利用するなら、問い合わせ物件の空室状況をこまめに報告してもらいましょう。最新情報を知ることで、おとり物件に騙されずに済みます。

心配な人は、賃貸サイト上でも募集状況をチェックすると良いです。掲載終了になっていたときは、すぐ来店予約した不動産屋へ問い合わせてください。

阿部さんのアイコン 阿部
スーモなどのポータルサイトでは、複数の業者が同じ物件を掲載しています。あえて別業者に問い合わせて空室確認するのも手です。

担当スタッフとの相性を確かめる

来店前に担当スタッフとの相性を確かめる人のイラスト

不動産屋へ来店するまでの間では、担当スタッフとの相性を確かめると良いです。事前にどんな人物か把握しておけば、当日緊張せずに相談できます。

直接話したい人は電話が良いですし、日中忙しい人はメールが向いています。不動産屋のホームページの「スタッフ紹介」を見ておくのもおすすめです。

不動産屋が対応できるエリアはどこまで?

基本的に店舗のある市内または区内まで

不動産屋が対応できるエリアは、基本的に店舗のある市内または区内までです。特に地域に根付いたお店だと、案内できるエリアが限られます。

店舗数の多い不動産会社なら、対応エリアが比較的広めです。他支店の担当エリアでも、お店を変えずにそのまま案内してもらえることが多いです。

紹介される物件に関しては大手と地域密着型で大きな差はありません。同じデータベース内でお部屋を探すからです。

阿部さんのアイコン 阿部
地域に根づいた不動産屋は、現地の大家さんとの繋がりが強いです。データベースに載せていない掘り出し物が見つかる可能性があります。

不動産屋の本店と支店に大きな違いはない

本店と支店が分かれている不動産会社でも、対象エリアや取り扱う物件数に大きな違いはありません。どの店舗でも同じようなサービスを受けられます。

全国規模の会社だと、入居までの手続きを柔軟に対応してくれるケースが多いです。お部屋探しの段階ごとに、自宅近くと現地の店舗を使い分けられます。

阿部さんのアイコン 阿部
自宅近くの店舗では物件探しと契約手続きを、現地の支店にはオンライン内見や鍵の受け渡しを依頼するといった流れです。
検索で見つからないお部屋を探せる不動産屋
「イエプラ」は
検索で見つからない
お部屋を探します
イエプラの特徴
  • 検索で見つからないお部屋探します
  • 仲介手数料基本0円
  • 上場企業が運営で安心

住みたいところが遠い人は来店不要の不動産屋を使うのもアリ

スマホで手続きを進める人のイラスト

住みたいところが遠くて現地に行けない人は、来店不要の不動産屋を使うのもアリです。オンラインサービスが充実していて、効率的にお部屋探しを進められるからです。

以降では、来店不要の不動産屋を使うメリット・デメリットを紹介します。不動産屋選びに困っている人も、ぜひ参考にしてください。

来店不要の不動産屋を使うメリット

  • ・自宅にいながらお部屋探しを完結できる
  • ・現地まで行く手間や費用がかからない
  • ・オンライン内見やIT重説を受けられる
  • ・不動産屋によっては現住所まで鍵を送ってくれる

お部屋探しの相談は、チャットやビデオ通話などからできます。オンライン内見・IT重説を利用すれば、現地まで行く手間や費用がかかりません。

不動産屋によっては、現住所まで鍵を送ってくれるケースもあります。遠方からの引っ越しでもスムーズに入居できて便利です。

阿部さんのアイコン 阿部
実際に物件を見に行く際は、現地待ち合わせできるケースがほとんどです。希望条件を事前に伝えておくと、内見中に他のお部屋を提案してくれます。

来店不要で仲介手数料基本0円の不動産屋もある

当サイトが運営するネット不動産屋「イエプラ」なら、来店不要でLINEなどから相談できます。ビデオ通話による接客やオンライン内見、IT重説にも柔軟に対応しています。

さらに、イエプラの仲介手数料は基本0円です。遠方からの引っ越しで、できるだけ引っ越し費用を抑えたい人はぜひ利用してみてください!

来店不要の不動産屋を使う際の注意点

  • ・通信環境が悪いと十分なサービスを受けられない
  • ・現地の音やニオイまでは確認できない
  • ・自社物件の取り扱いがほとんどない

来店不要の不動産屋を使うとき、通信環境の良さが求められます。オンライン内見やIT重説で、ビデオ通話を利用するシーンが多いからです。

途中で映像が途切れてしまうと、室内の様子やスタッフの説明が聞き取れません。自宅の通信環境が不安なら、ファミレスのフリーWi-Fiを利用すると良いです。

オンライン内見で言えば、室内の音やニオイまで確認するのは難しいです。近くに大通りや線路はないか、嫌なニオイはしないかなどをスタッフに質問してみましょう。

来店不要がセールスポイントの不動産屋は「仲介会社」がメインです。管理業務をしていないため、自社物件の取り扱いがほとんどありません。

阿部さんのアイコン 阿部
データベース上にあるお部屋であれば全て紹介可能です。
おすすめ記事
オンライン内見の7つの注意点!確認すべきポイントとはのアイキャッチ
オンライン内見の7つの注意点!確認すべきポイントとは
記事を読む ▶
不動産屋と管理会社は何が違う?それぞれの役割を解説のアイキャッチ
不動産屋と管理会社は何が違う?それぞれの役割を解説
記事を読む ▶
不動産屋の選び方!避けるべき業者の特徴も解説のアイキャッチ
不動産屋の選び方!避けるべき業者の特徴も解説
記事を読む ▶

不動産屋の利用前に準備すること4選

  1. 来店するなら必ず予約する
  2. いつまでに引っ越す必要があるのか確認する
  3. 無理なく払える家賃帯を知る
  4. 希望条件を絞る

①来店するなら必ず予約する

住みたいところの近くにある不動産屋へ来店するなら、事前に予約をしましょう。席を確保してもらえますし、十分な接客を受けられます。

来店日は平日がおすすめです。お客さんが少なめで、スタッフに余裕があるからです。土日よりもじっくりお部屋探しができます。

阿部さんのアイコン 阿部
平日はスタッフの対応が早いメリットもあります。早い者勝ちの人気物件があれば、鍵の手配などを迅速に動いてくれます。
おすすめ記事
内見予約は何日前までにすべき?来店当日までの流れ!のアイキャッチ
内見予約は何日前までにすべき?来店当日までの流れ!
記事を読む ▶

来店前には当日の持ち物を準備しておくと良い

来店時の持ち物まとめ
  • ・スマートフォンと充電器
  • ・気になっている物件の図面(スマホ画面でも可)
  • ・メジャー
  • ・筆記用具とメモ用紙
  • ・持ち込む家具家電のサイズが分かるメモ
  • ・ビー玉などの転がるもの
  • ・身分証と収入証明書

来店前には、当日の持ち物を準備しておきましょう。気になるお部屋の共有や内見、申し込みをスムーズにおこなえます。

代表的なのはスマートフォンです。写真や動画を記録したり、照明がない物件ではライト代わりにもなります。室内のサイズを測るため、メジャー・図面・筆記用具もあると理想です。

引っ越し予定日が迫っている人は、身分証や収入証明書も持参してください。申し込み時の必要書類だからです。お部屋が決まり次第、すぐ入居審査へ移れます。

おすすめ記事
内見時の持ち物は何がいる?必要なものまとめのアイキャッチ
内見時の持ち物は何がいる?必要なものまとめ
記事を読む ▶

②いつまでに引っ越す必要があるのか確認する

賃貸の入居日は申し込んでからどれくらい?のイメージイラスト

お部屋探しの前には、いつまでに引っ越さなければいけないのか確認すべきです。逆算してスケジュールを組む必要があります。

一般的に、お部屋探し~入居までは約1ヶ月かかります。即入居可の物件でも、実際に引っ越せるのは申し込みの1~2週間後です。

今の家の退去日が迫っている人は、お部屋探しの段階で必ずスタッフに伝えてください。引っ越し日に間に合うお部屋に絞ってくれます。

審査中や契約時に書類の不備があると、入居までさらに時間がかかります。不動産屋には、前もって必要なものを聞いておきましょう。

おすすめ記事
申し込みから賃貸契約までの必要書類を解説!のアイキャッチ
申し込みから賃貸契約までの必要書類を解説!
記事を読む ▶

③無理なく払える家賃帯を知る

家賃目安(手取りの3分の1)
手取り13万円 約43,000円
手取り14万円 約46,000円
手取り15万円 約50,000円
手取り16万円 約53,000円
手取り17万円 約56,000円
手取り18万円 約60,000円
手取り19万円 約63,000円
手取り20万円 約66,000円
手取り21万円 約70,000円
手取り22万円 約73,000円

不動産屋を利用する前には、無理なく払える家賃帯を知っておくのも大切です。予算オーバーな物件を借りてしまうと、滞納するリスクがあるからです。

無理なく払える家賃は「手取りの3分の1」までと言われています。月の手取りが18万円なら、家賃目安は約6万円です。

阿部さんのアイコン 阿部
新居の家賃は、実際に使える生活費から逆算して決めてください。手取りの3分の1までに抑えれば、生活費が圧迫しにくいです。

住みたいところの家賃相場も調べておく

1R 1K 1DK
東京23区 約52,000円 約59,000円 約66,000円
名古屋市内 約46,000円 約47,000円 約57,000円
大阪市内 約49,000円 約52,000円 約58,000円

検索条件:駅徒歩20分以内・築年数指定なし・専有面積15㎡以上

家賃目安を確かめたら、住みたいエリアの家賃相場も調べましょう。目安家賃のお部屋が、実際に募集されているのか確かめるためです。

業者専用データベース「ATBB」を使って、主要エリアの家賃相場をまとめました。指定の条件で家賃が安い順に40件並べたときの平均額です。

東京23区内で1R・1Kを借りるなら、家賃は最低でも5万円はかかります。築年数などの条件を緩和すれば、家賃5万円以下のお部屋も見つかります。

おすすめ記事
東京23区の家賃相場が低い地域ランキングを大公開!のアイキャッチ
東京23区の家賃相場が低い地域ランキングを大公開!
記事を読む ▶

④探している条件に優先順位を付ける

優先順位の付け方の例
  1. 家賃
  2. 間取りや広さ
  3. エリアや最寄り駅
  4. 駅徒歩
  5. お部屋の設備

希望条件に優先順位を付けると、お部屋探しがスムーズに進みます。条件を全て満たすお部屋は、なかなか見つからないからです。

最も優先すべきなのは「家賃」です。毎月かかる固定費で、高いほど生活が苦しくなります。

設備はこだわり条件が多いほど家賃が上がります。最初は「ないと生活が不便になるもの」だけピックアップして、あまり物件を絞り込み過ぎないようにしましょう。

おすすめ記事
賃貸物件のこだわり条件ランキング!優先順位の付け方も解説のアイキャッチ
賃貸物件のこだわり条件ランキング!優先順位の付け方も解説
記事を読む ▶

不動産屋の対象エリアに関するQ&A

弊社「家AGENT池袋店」の阿部さんに、不動産屋の対応エリアに関するよくある質問を回答してもらいました。遠方から引っ越す人はぜひ参考にしてください。

「家AGENT」池袋店の店長:阿部さん
阿部さんのアイコン「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴10年以上です。お部屋探しに関する悩みや疑問を解決しています。

不動産屋が対応できるエリアはどこまで?

主に店舗のある市内または区内です。エリア外の物件でも、不動産屋によっては柔軟に対応してもらえます。

エリア外の物件だと手間賃がかかる?

かかりません。不動産屋に払うのは、基本的に仲介手数料のみです。

遠方からの問い合わせは嫌がられる?

問題なく対応してもらえます。エリア決めや希望条件の整理など気軽に相談できます。

県外の不動産屋の探し方は?

簡単なのはスーモなどのポータルサイトで見つける方法です。気になったお部屋の詳細ページで、掲載している不動産屋情報を確認できます。

不動産屋に予約なしで行っても大丈夫?

大丈夫ですが、できるだけ事前予約したほうが良いです。飛び込みで来店すると長時間待たされたり、当日中の内見を断られる恐れがあります。

おすすめ記事
不動産屋に予約なしで行っても良い?注意点と解説のアイキャッチ
不動産屋に予約なしで行っても良い?注意点と解説
記事を読む ▶

住みたいエリアが決まらないときの対処法は?

立地以外で重視したい条件を整理してください。

家賃を抑えたい人は相場が低い地域で探すと良いです。治安重視の人は、閑静な住宅街があるエリアがおすすめです。

おすすめ記事
住む場所はどこでもいい人必見!エリアの決め方を解説のアイキャッチ
住む場所はどこでもいい人必見!エリアの決め方を解説
記事を読む ▶
わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

当サイト運営の「イエプラ」なら、わざわざお店に行かなくてもLINEで希望を伝えてお部屋を探せます!

さらに、イエプラは仲介手数料が基本0円です。およそ家賃1ヶ月分の初期費用をまるっと節約できます。

家賃によっては10万円以上も安くなるので、浮いたお金で新生活の家具家電を揃えられます。費用を抑えて引っ越したい人は、ぜひ利用してみてください。

仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトはこちら
follow us in feedly
仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトへ
仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトへ
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について