お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

オンライン内見の6つの注意点!失敗しないためのチェックポイントを公開

オンライン内見の注意点のアイキャッチ

オンライン内見の注意点は?
オンライン内見で確認すべきことは?

オンライン内見は、自宅から気軽に物件を見れて便利なサービスです。わざわざ外出しなくて済むなら利用してみたいですよね!

しかし「実物とのギャップを感じそう」「自分の目で確認しないから不安」など、マイナスな意見をもつ人も多いです。

そこで、当記事ではオンライン内見を利用するときの注意点やメリット・デメリットについて解説します。内見時のチェックポイントも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

オンライン内見とはビデオ通話を使って内見すること

現地内見との違い

オンライン内見は現地内見と違い、物件まで足を運ばなくてもお部屋の様子を確認できるのが特徴です。

オンライン内見は、スマホやPCからビデオ通話を使っておこないます。ネット環境がある場所なら、会社や学校からでも内見可能です。

VR内見との違い

VR内見とは、VR(バーチャル・リアリティ)技術を利用して、現実に近い仮想空間で内見ができるサービスです。自分で視点移動が可能なので、お部屋の見たい部分を確認しやすいです。

ただし、あらかじめ撮影したデータで内見するので、お部屋の現状と異なります。クリーニングでは修復できない汚れやキズが残っている可能性があります。

オンライン内見と違い、スタッフが現地へ出向いて説明してくれないので、映像から伝わる情報だけで判断する必要があります。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める

オンライン内見の6つの注意点

  1. オンライン内見ができる不動産屋は限られる
  2. 通信環境が整った場所でおこなう
  3. 間取り図を用意しておく
  4. 事前に質問することをまとめておく
  5. サイズを測ってもらう部分を事前に伝える
  6. 顔出しできるように準備する

オンライン内見ができる不動産屋は限られている

オンライン内見はすべての不動産屋で対応しているわけではありません。地域密着型の不動産屋などは対応していないことが多いです。

また、オンライン内見と似ているVR内見は、実際のお部屋の様子が確認しにくいので、入居前後でギャップが生じやすいです。

ネット上の不動産屋「イエプラ」はオンライン内見に対応しているので、自宅にいながら内見が可能です。

お部屋探しの相談がLINEやチャットでできるので、来店せずに契約することも可能です。遠方からの引っ越す人は重宝します。

イエプラボタンバナー

通信環境が整った場所でおこなう

オンライン内見は、通信環境が整った場所でおこなってください。電波が安定したWi-Fi環境がある場所で内見することをおすすめします。

通信環境が悪いと、映像や音声が不安定になって途切れるなどの不具合が起こります。スムーズに内見が進まないうえ、細かな部分を確認できない可能性があります。

また、ビデオ通話を使用するとある程度の通信料が必要になります。Wi-Fiに接続せずにおこなうと、データ通信料の上限を超えることがあるので注意しましょう。

コワーキングスペースやネットカフェを使うのもアリ

自宅にWi-Fiがなかったり、安定した通信環境がない人は、コワーキングスペースやネットカフェでオンライン内見するのも良いです。

Wi-Fiを利用できるうえ個室が用意されているので、人の目を気にすることなくオンライン内見をおこなえます。

新型コロナウイルスの影響で、リモートワークを目的として利用するお客さんが増えているので気軽に利用できます。

間取り図を用意しておく

事前に物件の間取り図を用意しておくと良いです。お部屋のレイアウトをイメージしやすくなります。

現地に不動産屋のスタッフがいるので、レイアウトの相談もできます。実際の見た目とカメラ越しでは、広さが変わることもあるので積極的に相談しましょう。

また、コンセントやテレビ線、エアコンの位置などを、間取り図にメモしておく、入居前にお部屋のレイアウトを考えやすいです。

事前に質問することをまとめておく

オンライン内見の前に、お部屋で気になる部分や確認しておきたいことを整理しましょう。チェックリストにまとめておくと、聞き忘れを防げます。

オンライン内見は画面に映っている部分しか確認できないので、細かい部分に目が届きにくいです。

不動産屋のスタッフも説明し忘れることがあるので、気になることは事前に洗い出しておきましょう。

サイズを測ってもらう部分を事前に伝えておく

お部屋のサイズや、家具家電を置くスペースのサイズを知りたい場合は、事前にスタッフに伝えておくと良いです。

とくに、冷蔵庫や洗濯機を置くスペースは幅・奥行き・高さを測っておくと良いです。持ち込んだものの、サイズが合わなかったというケースがあります。

お部屋でサイズを測るべき部分

  • ・エントランスや玄関の開口部
  • ・カーテンレールの長さと窓の大きさ
  • ・洗濯機置き場の幅や蛇口までの高さ
  • ・冷蔵庫を置くスペースの幅や奥行き
  • ・ソファやベッドを置く場所
  • ・ガステーブルを置くスペース

エントランスや玄関、エレベーターの開口部のサイズは測っておきましょう。開口部が狭いと、引っ越しの際に大型家具を搬入できない可能性があります。

洗濯機置き場の蛇口までの高さは見逃しがちです。給水ホースの長さが足りなかったり、洗濯機の蓋が開けられないことがあるので注意してください。

間取りがワンルームの場合、お部屋の隅に冷蔵庫を置くことがあります。居室に冷蔵庫を置くスペースがあるかを確認しましょう。

顔出しできるように準備する

不動産屋によっては、オンライン内見でお客さんに顔出しを要求する場合があります。

女性の場合は、身だしなみを整えるのに時間がかかります。事前に準備しておきましょう。

また、顔出しすると同時にお部屋の様子も映るので、ある程度整理しておくと良いです。

オンライン内見のメリット

  1. 交通費や移動時間の節約になる
  2. 新型コロナウイルスの感染対策になる
  3. 写真や動画よりも部屋の様子が分かりやすい
  4. おとり物件に騙されるリスクが減る

交通費や移動時間の節約になる

オンライン内見を使うと、交通費や移動時間を節約できます。とくに、遠方にある物件を内見するときは大きなメリットです。

たとえば、大阪から東京へ引っ越しを予定している場合、交通費だけで約3万円がかかります。お部屋探しに2日以上かけるのであれば、宿泊費もかかるので出費が多くなります。

オンライン内見を使えば、交通費はかかりません。浮いた分のお金は、家具家電の購入費や入居後の生活費に回せます。

新型コロナウイルスの感染対策になる

オンライン内見は、新型コロナウイルスの感染対策になります。

通常の内見とは違い、不動産屋の店舗に行く必要がありません。不動産屋のスタッフとの接触も避けられます。

「お部屋探しを進めたいけど、感染のリスクは避けたい」という人は、積極的にオンライン内見を活用すると良いです。

写真や動画よりもお部屋の様子が分かりやすい

オンライン内見では、ネット上に掲載されている写真や動画よりも部屋の様子が分かりやすいです。現地のスタッフが、隅々まで撮影してくれます。

ネット上に公開されている写真は、必ずしも物件の最新の状態であるとは限りません。オンライン内見では、最新のお部屋の状態を確認できます。

トイレ・キッチンなどの基本的なスペースのほかに、クローゼットやバルコニーからの眺めなど、入念に確認してもらいましょう。

おとり物件に騙されるリスクが減る

おとり物件とは

おとり物件とは「存在しない物件」や「募集していない物件」など、架空の物件を使って、お客さんを店舗に呼び込む宣伝広告のことです。

オンライン内見を活用すると、おとり物件に騙されるリスクが減ります。オンライン内見は、実際に空室になっている物件でなければ実施できないからです。

執拗に来店を勧める不動産屋には注意する

まれに、オンライン内見を希望しても、執拗に現地の内見を勧めてくることが不動産屋があります。

おとり物件を使って来店させたうえで、ほかの物件紹介する悪質なやり方なので、対応の仕方で判断しましょう。

オンライン内見のデメリット

  1. 画面内の情報しか確認できない
  2. 通信状態によっては映像や音声が乱れる
  3. 騒音や臭いの判断が難しい
  4. 通信料が発生する

画面内の情報でしか判断できない

オンライン内見はカメラ越しの情報でしか判断できないのがネックな点です。そのほかの情報は、現地のスタッフに伝えてもらう必要があります。

オンラインに内見は自分で自由に視点を変えられません。現地内見で気付けることも見逃してしまう可能性があります。

自分の目で確認したくてもスタッフに伝えなければ、確かめることはできません。あらかじめ、お部屋で確認したい部分をまとめておきましょう。

通信状態によっては映像や音声が乱れる

通信状態が不安定な場合は、映像が低画質になったり音声が途切れるなど、スムーズに内見を進められないことがあります。

たとえ、お客さんの通信環境が整っていても、現地の電波状況が悪ければ映像や音声が不安定になる可能性があります。

オンライン内見の際は、Wi-Fi環境がある電波状況が良い場所からアクセスしましょう。

騒音や臭いの判断が難しい

音や臭い、振動などは映像で伝わりづらいです。オンライン内見では、現地スタッフの感覚でしか伝えられないので良し悪しの判断が難しいです。

お部屋の臭いや騒音などは、人によって感じ方が違います。好き嫌いには個人差があるうえ、スタッフの伝え方によっても印象が変わってきます。

「タバコ臭があるか」「物件の前の道は交通量が多いか」などの質問をすることで、音や臭いをイメージしやすいです。

通信料が発生する

オンライン内見は映像を用いてやりとりするので、通信料が発生します。必ずWi-Fi環境がある場所でおこないましょう。

内見は1件につき30分~1時間ほどかかります。オンライン内見は現地の内見よりも確認することが多いので、じっくり見たい人は時間が長くなります。

Wi-Fi環境でアクセスしない場合、契約プランによってはすぐに通信制限がかかったり、追加で通信料金がかかることがあるので注意してください。

オンライン内見で確認すべき10項目

  1. 生活音や騒音が聞こえるか
  2. 大きなキズや汚れはないか
  3. 水回りや外からの臭いがあるか
  4. ドアの建て付けが悪くないか
  5. お部屋が傾いていないか
  6. 日当たりや風通しは良いか
  7. スマホの電波状況は悪くないか
  8. エアコンが古すぎないか
  9. 共用部分はきれいに管理されているか
  10. バルコニーからの眺めが悪くないか

生活音や騒音が聞こえるか

上下左右のお部屋から生活音や、外から騒音が聞こえるかどうかを確認するように、スタッフにお願いしましょう。

隣人の生活音は、土日の内見で確認しやすいです。在宅している可能性が高いので、お部屋での音の聞こえ方がわかります。

また、線路沿いや大通りのそばにある物件は外からの音を確認してもらってください。人によって音の聞こえ方は異なりますが、スタッフもわかりやすく伝えてくれるはずです。

大きなキズや汚れはないか

大きなキズやひどい汚れ、カビがないか確認したほうが良いです。スタッフにお願いして隅々まで見てもらいましょう。

とくに、水回りや冷蔵庫を置くスペースはカビが発生しやすいです。キズがあった場合は、クリーニングで修復してもらえるかを事前に聞いてください。

水回りや外からの臭いがあるか

水回りや外から悪臭がしないかを聞いてみましょう。入居後に「ゴミ捨て場から臭う」「トイレがカビ臭い」などで、管理会社とトラブルになることがあります。

お部屋の目の前にゴミ捨て場がある場合は、お部屋の中まで臭いが充満する可能性があります。ゴミ捨て場の位置も確認してください。

ドアの建て付けが悪くないか

スタッフにドアの開閉をお願いして、建て付けが悪くないか確認してください。

とくに築年数が古かったり、家賃が安い物件は注意してください。お部屋に欠陥がある、ワケあり物件の可能性もあります。

ドアの建て付けが悪い場合、管理会社や大家さん負担で修理してもらえるかを聞きましょう。

お部屋が傾いていないか

お部屋が傾いている物件は、健康被害にもつながるので必ず確かめてください。築年数が古い物件は要注意です。

建物が傾いている場合はワケあり物件になるので、家賃が安いです。事前に不動産屋から報告がないお部屋は、必ず調べてください。

傾きが小さい場合は、感覚でわからないことがあります。リップクリームなど丸い形状のものを転がすように伝えてみましょう。

日当たりや風通しは良いか

日当たりと風通しが良いイラスト

日当たりや風通しの良さを確認してください。南向きのお部屋でも日当たりが悪いことがあります。

近くにマンションやビルなど高い建物があると、陰になって日が入らない可能性が高いです。物件の周りの建物も確認してもらうと良いです。

風通しが悪いお部屋は、湿気が溜まってカビが生えやすいです。築20年以上のお部屋は24時間換気システムがないことが多いので、入居後は窓を開けて空気の入れ替えが必要です。

スマホの電波状況は悪くないか

スマホの電波を確認するイメージ画像

忘れやすいのが、スマホの電波状況です。スタッフにお部屋の隅々まで歩いてもらい、電波の入り具合を確認しましょう。

内見中にスタッフに電話をかけてみるのもアリです。音声が途切れたり、つながりにくくないかを確かめてください。

お部屋のなかで電波の差が大きいと、ストレスが溜まりやすいので、電波が安定して入る物件を選びましょう。

エアコンが古すぎないか

築年数が経っている物件は、エアコンが当時のままになっていることがあります。

製品によって異なりますが、エアコンの耐用年数は約15年です。本体に仕様が書かれているので、製造年を確認してもらうと良いです。

古いエアコンは交渉次第では取り替えてもらうことができます。入居後に故障したり、消費電力が大きく光熱費が高くなる可能性があるので交換の相談してみましょう。

共用部分はきれいに管理されているか

ゴミ捨て場のイラスト

お部屋だけでなく、ほかの入居者も利用する共用部分を見てもらいましょう。エントランスや廊下、ゴミ捨て場などを見れば、しっかり管理されているかがわかります。

清掃されていなかったり、入居者の私物が置かれている場合は管理スタッフが見回りに来ていない証拠です。

また、郵便ポストがチラシで溢れかえっていたり、駐輪場やゴミ捨て場が散らかっている物件は、ほかの入居者のマナーが悪い可能性があるので注意してください。

バルコニーからの眺めが悪くないか

スタッフにバルコニーからの眺めを確認してもらいましょう。高い建物はないか、騒音トラブルになるような施設がないかを見てもらうと良いです。

また、お部屋が近隣住宅やアパートと向かい合っている場合は注意してください。自分のお部屋を丸見えだと暮らしにくいです。

実際にオンライン内見を経験した人の声

調査内容
媒体:クラウドソーシングでのアンケート
期間:2022年3月~2022年6月
対象:10~50代の男女50組

オンライン内見での成功談

細かいところまで確認してくれた
女性のアイコンオンライン内見ということで、営業マンの方もわかりやすいように説明してくれました。たまに、映像が不鮮明になったときは近くに寄って説明してくれたり、お部屋のキズや汚れがある場所を紙に書いて見せてくれました。オンラインでの内見は初めてで不安でしたが、良い物件を見つけられたので良かったです。(女性/20代後半)
部屋の臭いを正直に教えてくれた
男性のアイコン都合が悪く現地に行けなかったので、オンライン内見をしました。臭いに敏感なので、オンラインじゃ確認できないことは徹底的に聞きました。複数の物件を見ましたが、スタッフの方が部屋の臭いをレベルで表現してくれたり、「〇〇みたいな臭い」と具体的に伝えてくれたので、わかりやすかったです。(男性/20代後半)

新型コロナウイルスの影響で、オンライン内見が普及してきていることもあり、スタッフもお部屋の状態が伝わるように配慮してくれているようです。

映像では伝わらない音や臭いなどは、点数やレベルで表すようにお願いしてみましょう。感覚は個人差がありますが、数値化したほうがイメージしやすいです。

オンライン内見での失敗談

「騒音はない」と言われたのに…
困り顔の女性のアイコン音に敏感で静かな物件を選びたかったので、オンライン内見では「生活音がするか」「外からの騒音はないか」を聞きました。スタッフの方は「目立った音はしない」と言っていたのですが、入居してから近くに大きな病院があるのがわかりました。毎日、救急車の音で悩まされる羽目になりました。(女性/30代前半)
物件周りが汚かった
困り顔の男性のアイコン内見したときは、物件の中がきれいで気に入ったので、契約しました。ただ、玄関の外やゴミ捨て場の周りなどが汚く、契約したのを後悔しています。野良猫のフンが落ちていたり、虫の死骸が大量にあったりで不快です。内見のときにしっかり確認してもらえばよかったなと思います。(男性/20代前半)

オンライン内見はお部屋の中だけを映して終わることがあります。共用部分や周辺環境などは、スタッフに伝えないと見せてもらえないことがあるので相談してみましょう。

対応してもらえなかった場合は、Googleストリートビューなどを使って、物件の周りを見てみると良いです。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
スーモやホームズにない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶

おとり物件が少ないサイト3選のサムネイル
不動産屋の悪質な広告「おとり物件」が少ないサイト3選!
記事を読む ▶

IT重説で契約もオンライン上でできる

IT重説とは

IT重説とは、テレビ通話で不動産契約の重要事項の説明を受けることです。オンライン内見同様、スキマ時間を使って好きな場所で受けられます。

賃貸契約を結ぶ際は、必ず「宅地建物取引証」をもったスタッフから契約についての説明があります。

契約に関する重要な内容なので、疑問点があれば質問しましょう。わからないまま契約すると、入居後にトラブルに発展する可能性があります。

鍵の受け渡しまで来店しなくて済む

オンライン内見をしたあとにIT重説をおこなえば、新居の鍵の受け取りまで不動産屋へ来店せずに引っ越しできます。

遠方からの引っ越しや、やむを得ない理由で外出できない人などは便利です。

不動産屋や物件によっては鍵の受け渡しを郵送してくれることがあるので、入居まで来店しなくて済むケースもあります。不動産屋に相談してみましょう。

オンライン内見のよくある質問

「家AGENT」池袋店の店長:阿部さん
阿部さんのアイコン賃貸業界歴5年以上のベテラン。一人暮らしや同棲、ファミリーなど世帯問わず幅広い知識があります。費用交渉や審査についても経験が豊富で、経験を基にどうすれば良いのか的確なアドバイスをくれます。

オンライン内見についてよくある質問を、家AGENT池袋店の店長である阿部さんに回答していただきました。

なにを用意しておくべきか?

オンライン内見で使う端末は、PCやタブレットを使うと良いです。スマートフォンは調べ物をしたり、メモを取るのに使うと便利です。

間取り図のコピーは、お部屋の設備やコンセントの位置、汚れ・キズがある箇所をメモしておけるので、見返したときにわかりやすいです。

オンライン内見はお金がかかる?

オンライン内見は無料で利用できます。現地にスタッフが向かいますが出張料などの料金は一切発生しません。

周辺環境は見せてくれる?

現地のスタッフにお願いすれば、物件の周辺環境を確認できます。

ただし、内見当日に伝えるとスタッフが対応できない場合があるので事前に伝えておくと良いです。

内見したら契約しなきゃいけない?

内見したうえで、物件が気に入らなかったら契約する必要はありません。

物件で気に入らない部分があれば、積極的に伝えると良いです。スタッフが懸念点を考慮して、希望に近いお部屋を紹介してくれます。

来店せずにお部屋探しができる不動産屋

オンライン内見だけでなく、お部屋探しの相談も来店不要でできる不動産屋を使えば、お金や時間を有効活用できます。

ネット上の不動産屋「イエプラ」はLINEやチャットから気軽に相談できるので、自宅にいながら理想のお部屋を探せます。

IT重説にも対応していて、物件によってはお部屋探し~契約まで自宅で済ませられます。

深夜0時まで対応しているので、まとまった時間が取れない人でも、仕事帰りやスキマ時間を使ってお部屋探しを進められます。

イエプラボタンバナー

follow us in feedly
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について