お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

良い不動産屋の選び方!7つのポイントと避けるべき店舗の特徴を解説!

不動産屋の選び方のイメージイラスト

どの不動産屋に行けば良いかわからない!自分に合う不動産屋はどこ?という人のために、選び方について徹底解説します。

選ぶ際のポイントや、大手と地域密着型の不動産屋どちらにするべきなどを紹介しています。

避けるべき不動産屋の特徴も解説するので、是非参考にしてください!

この記事は、不動産屋「家AGENT」池袋店の阿部さんにも内容を監修してもらいました。

阿部さん

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

良い不動産屋を選ぶ7つのポイント

良い不動産屋を選ぶポイントを7つ紹介します。どこの不動産屋に行くか迷ったときに、判断基準として参考にしてください。

  • ・ネット上の口コミが良い
  • ・お店の外観や店内がキレイ
  • ・定休日が少ない
  • ・夜遅くまで営業している
  • ・宅地建物取引業者免許の更新回数が多い
  • ・仲介だけでなく管理もしている
  • ・問い合わせの返信が早くて丁寧

ネット上の口コミが良い

ユーザーのリアルな口コミは重要なので、しっかり調べておきましょう。Twitterで店名を入れて検索したり、Google Mapsに投稿されている口コミは比較的信用できます。

ただし、ネット上の口コミを鵜呑みにするのは危険です。ネット上は不満のはけ口として使われることが多いので、悪い意見が集まりやすいからです。

口コミの中でも、良い意見が複数ある不動産屋は満足度が高い可能性があります。

反対に、不自然なまでに良い口コミしかない不動産屋には注意しましょう。集客するために、悪い口コミだけ削除依頼をしている可能性があります。

お店の外観や店内がキレイ

お店の外観や店内の雰囲気も大切です。窓に貼り出されている物件情報がキレイで、店内やトイレの掃除が行き届いていてが整理整頓されているお店がおすすめです。

お客様や働く従業員のことを考えられる不動産屋なので、お部屋探しから契約まで、スタッフの親身に対応してくれます。

反対に物件情報が古かったり、掃除されておらず汚い不動産屋は避けてください。

管理がしっかりしていないので、余計なトラブルに巻き込まれたり、スケジュール通りに引っ越せない可能性があります。

定休日が少ない

定休日が少ない不動産屋はお部屋探しの予定を調整しやすく、スムーズに賃貸契約まで進められます。

一般的に不動産屋は水曜日と火曜日が休みのところが多いです。定休日がなければ、管理会社との書類のやりとりもできるので、他の不動産よりも手続きがスピーディです。

夜遅くまで営業している

夜遅くまで営業している、営業時間が長い不動産屋がおすすめです。仕事終わりに不動産屋に寄れるので、予定が調整しやすいです。

ほとんどの不動産屋の営業時間は9~18時で、遅くとも19時までです。平日の仕事終わりに不動産屋に行けないので、休日に行くしかありません。

ネット上の不動産屋「イエプラ」は、深夜0時までプロのスタッフが対応してくれます。チャットやLINEから相談できるので、スキマ時間を使って相談できます。

営業時間外に送ったメッセージは、翌日の朝9時30分以降にスタッフが確認して返信してくれるので、スムーズにお部屋探しできます。

イエプラボタンバナー

宅地建物取引業者免許の更新回数が多い

宅地建物取引業者免許を更新している不動産屋は、営業歴が長く安定しているお店です。

宅地建物取引業者免許は、不動産屋の公式ホームページや店頭に必ず掲載されています。

東京都知事(★)第○○○号
国土交通大臣(★)第○○○号

上記の★になっている部分の数字を確認してください。これは、5年ごとに1回更新するたびに「1→2→3」と数字が増えていきます。

()内が1なら営業5年未満、2なら営業10年以上となります。目安として、2回以上更新している不動産屋を選びましょう。

免許の更新回数はリセットされることがある

都内の不動産屋が全国出店(2つ以上の都道府県に出店)に切り替えた場合、免許を「東京都知事免許」から「国土交通大臣免許」に変更する必要があります。

変更すると更新回数がリセットされるため、長年営業している不動産屋であっても更新回数が1回になっているケースがあります。

阿部さんのアイコン 阿部
更新回数だけでなく、会社の設立年数も確認してください。

仲介だけでなく管理もしている

仲介だけでなく、物件の管理もおこなっている不動産屋がおすすめです。

物件の管理をしているということは、大家さんとのつながりがあるので、家賃などの初期費用の交渉が成功しやすいです。

また、設備の状態やどんな住人が住んでいるかも把握しているので、入居後のトラブルもスムーズに対応してくれます。

阿部さんのアイコン 阿部
物件の管理をしているかどうかは、不動産屋のホームページを見ればわかるので確認してみてください。

問い合わせの返信が早くて丁寧

メールや電話での問い合わせの返信が、早くて丁寧な不動産屋を選びましょう。

問い合わせても音沙汰がなかったり、文面や言葉遣いが微妙だと感じる不動産屋は避けた方が良いです。

ただし、メールの場合はアドレスが間違っていたり、迷惑メールのフィルターに引っかかって正常に届かない場合があります。

3日以上返信がない場合は、電話で問い合わせてみてください。

マル秘イエプラバナー

紹介される物件はどこの不動産屋でも同じ

どこの不動産屋に行ってもお部屋の希望条件が変わらなければ、同じ物件を紹介されること可能性が高いです。

一般的に、不動産屋はお客さんの希望条件をヒアリングしたうえで、「ATBB」や「レインズ」などの業者専用のデータベースに掲載されている物件から紹介します。

物件情報のネットワーク図例

ATBBやレインズは、全国の賃貸物件の約8割の物件情報が掲載されているデータベースです。

希望の物件が見つからず他の不動産屋へ行ったとしても、希望エリアや家賃などの希望条件が変わらなければ、紹介されるお部屋がかぶってしまいます。

自社管理物件は他では出回っていない可能性がある

不動産会社が物件の管理までおこなう「自社管理物件」は、SUUMOやHOMESなどに掲載していない可能性があります。

他の不動産屋では扱っていないような、好条件のお部屋を見つけられることがあります。

阿部さんのアイコン 阿部
不動産会社が自社物件サイトを運営している場合は、SUUMOやHOMESなどのポータルサイトと併用して探してみると良いです。

ただし、自社管理物件は仲介手数料かからないなどのメリットがある分、物件数が少なく家賃や管理費が高い傾向にあります。

物件数重視なら大手不動産屋を選ぶべき

たくさんの物件から見比べながら希望のお部屋を探したいという人は、大手不動産屋を選ぶべきです。

大手不動産屋は一般的にATBBやレインズなどの業者専用のデータベースを使って紹介するので、圧倒的な物件数を誇ります。

対応エリアが広くて支店同士でつながっているので、多少離れたエリアの物件もまとめて紹介してくれることもあります。

また、住みたいエリアが明確に決まっていない人でも、利用しやすいです。

カード払いや分割払いに対応している不動産屋がある

入居時にかかる初期費用や家賃の支払いで、クレジットカードや分割払いに対応した不動産屋があります。

毎月の家賃をクレジットカードで支払えば、カードンのポイントが貯められるのでお得に住むめます。

初期費用は家賃の約4.5~5ヶ月分がかかります。初期費用を分割払いすれば入居時にかかる費用の負担を抑えられるので、まとまったお金が用意できなくても引っ越しできます。

大手不動産屋はフランチャイズ店舗に注意

大手不動産屋では、店舗によってお客さんの対応に差が出ることがあるので注意が必要です。

全国各地に店舗があって便利ですが、なかには「フランチャイズ店舗」があります。不動産業界のフランチャイズとは、独立事業者が大手不動産屋に加盟して事業を続けることです。

店舗によっては独自のスタイルで接客するので、営業マンの対応に満足いかないことがあります。

阿部さんのアイコン 阿部
ビジネスマナーを守っていたり、希望条件や予算を満たすように物件を紹介してくれる店舗や営業マンを選んでください。

住みやすさ情報を求めるなら地域密着型

引っ越し先のリアルな住みやすさや、周辺環境について詳しく知りたい人は地域密着型の不動産屋で探してみましょう。

地域密着型の不動産屋は特定の地域に特化しているので、住みやすさ情報を熟知しています。

治安や買い物環境などの基本情報だけでなく、坂道や街灯の多さ、町内会の動向や独自のイベントまで教えてくれます。

阿部さんのアイコン 阿部
地域密着型の不動産屋は業者専用のデータベースを使っていないことがあります。紹介できる物件数が少なく、希望に合う物件が見つかりにくいです。

地域密着型は値引き交渉しやすい

家賃や仲介手数料などの初期費用の交渉は、大手より地域密着型のほうが成功しやすいです。

大家さんと直接やりとりしていて、信頼関係が築けているので交渉に応じてもらいやすくなります。

また、大手不動産屋に比べると大家さんとやり取りする頻度も多いので、交渉もスピーディに進みます。

避けるべき不動産屋の6つの特徴

注意を促す女の子イラスト

避けるべき不動産屋の特徴を6つ紹介します。当てはまる数が多いほど、対応が悪い可能性が多いので避けるべきです。

  • ・ネットの口コミや評判が悪すぎる
  • ・広告のキャッチコピーが大げさ
  • ・貼り出し物件の情報が古い
  • ・看板が路上にはみ出している
  • ・店内の机などに書類が散乱している
  • ・空室確認もせずに来店を急かしてくる

ネットの口コミや評判が悪すぎる

大手の不動産屋で全国展開している場合、店舗によって接客の質が違うのでインターネット上の口コミや評判は要チェックです。

評判が悪すぎる場合は、行ってもストレスになるだけです。悪い意見が多くても、良い意見が複数ある不動産屋であればアタリの可能性があります。

逆に、ネット上に良い評判ばかりの不動産屋も要注意です。

広告のキャッチコピーが大げさ

不動産屋広告は、不動産公正取引協議会「特定用語の使用基準」で使ってはいけない言葉が決められています。

・完全、完ぺき、絶対、万全
・日本一、業界一、初、当社だけ、抜群
・特選、厳選
・最高、極、特急、超
・最安値、破格、特安、激安、バーゲン など

上記のような大げさな言葉を使っている不動産屋は「ルールを気にしない」「大げさな言葉を使わないとお客さんが来ない」など問題を抱えているケースが多いです。

貼り出し物件の情報が古い

不動産屋の外観やや窓に貼り出されている物件情報が古いお店は避けてください。

長期間貼り出されているので、よほど人気がない物件か、おとり物件の可能性が高いです。

また、情報を更新しない、管理していない不動産屋なので、申し込みや審査、入居手続きなどが思うように進まない可能性もあります。

看板が路上にはみ出している

路上まで看板がはみ出ている不動産屋もおすすめはできません。看板は建物の敷地を超えて設置してはいけない法律があるからです。

法律を無視してでもお客さんを集めようとしているお店なので、強引に契約に進める可能性があります。

店内の机などに書類が散乱している

店内の机などに書類が散乱している不動産屋は、個人情報の取り扱いができない証です。

契約書をなくす、他のお客さんに情報を見られてしまう、他の入居者の基に必要書類が誤送される懸念があります。

空室確認もせずに来店を急かしてくる

気になる物件を問い合わせした際に、空室確認などの情報もなく「いつ来店できますか?」と急かしてくる不動産屋は避けるべきです。

問い合わせた物件が、架空・募集終了しているなど「おとり物件」の可能性があるからです。

おとり物件は、好条件で人気のある物件を広告の代わりに掲載し、お客を集める違法行為です。明らかに良い不動産屋とは言えません。

空室情報がきちんとあるうえで来店を聞いてくる場合は、実在するお部屋なので予約して良いです。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
来店不要でネット上にない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶
賃貸サイトランキング30社徹底比較!のアイコン
おすすめの物件検索サイト30社を徹底比較!
記事を読む ▶

おとり物件に騙されない不動産屋選び

おとり物件に騙されずに効率よくお部屋探しできるように、おとり物件を取り扱わない不動産屋を選びましょう。

ネット上の不動産屋「イエプラ」は、最新の空室情報が更新される業者専用のデータベース「ATBB」や「レインズ」を使ってい紹介するので、おとり物件が一切ありません

他の不動産屋で気になった物件でも、物件のURLをチャットやLINEで送ればおとり物件かどうか調べてくれます。

SUUMOやHOMESで気になった物件をまとめて確認してくれるうえ、ネット上にない非公開物件も紹介できるので、お部屋探しの幅が広がります。

イエプラボタンバナー

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について