お部屋探しのコツや知識まとめブログ|イエプラコラム
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

安い賃貸アパートの探し方5選!効率的に格安物件を見つける方法をプロが解説

「安い賃貸アパートの探し方」のアイキャッチイラスト

安い賃貸アパートの効率的な探し方は?
格安物件ならではの注意点はある?

安いアパートを探すなら、築年数や駅徒歩の条件を緩めると良いです。こだわり条件が少ないほど家賃が下がって、入居後の生活費にも余裕が生まれます。

しかし、格安物件には安く募集される理由が必ず存在します。室内や物件周辺に問題があって、住み心地が悪いと後悔することも…。

そこで当記事では、安い賃貸アパートの探し方や格安物件の注意点について解説します。避けるべき安い賃貸アパートの特徴もまとめたので、ぜひ参考にしてください。

監修 阿部 陽一郎
不動産屋「家AGENT」
池袋店 店長

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴10年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

安い賃貸アパートの効率的な探し方5選

  • ・家賃相場の低いエリアで探す
  • ・こだわり条件は3つまで絞る
  • ・生活が便利になる設備は避ける
  • ・不動産業界の閑散期を狙う
  • ・未公開物件を紹介してもらう

家賃相場の低いエリアで探す

ワンルーム 1K・1DK
葛飾区 53,000円 61,800円
足立区 54,100円 62,500円
練馬区 54,700円 64,200円
板橋区 56,700円 63,600円
江戸川区 58,900円 61,900円

※参照:全国宅地建物取引業協会連合会

安い賃貸アパートは、家賃相場の低いエリアで探してください。こだわり条件が複数あっても、比較的安い物件が見つかりやすいからです。

東京23区内なら、葛飾区・足立区・練馬区がおすすめです。家賃5万円台でも、綺麗なワンルームや1Kのアパートが借りられます。

各駅停車の駅を狙うとさらに効果的

安い賃貸物件が見つかりやすい各駅停車のエリア

安いアパートを探すとき、各駅停車しか停まらない駅周辺を狙うと良いです。快速や急行が停まる駅より、家賃相場が10~20%低いためです。

乗車できる電車の本数は限られますが、学校や職場までのアクセスに大きな影響はありません。乗車率も低めなので、満員電車を避けたい人にも向いています。

おすすめ記事
東京23区の家賃相場が低い地域ランキング!穴場の駅も紹介のアイキャッチ
東京23区の家賃相場が低い地域ランキング!穴場の駅も紹介
記事を読む ▶

こだわり条件は3つまで絞る

こだわり条件を絞って家賃を下げる人

安いアパートを借りたい人は、エリアや家賃以外の譲れない条件を3つ程度まで絞ってください。こだわりすぎると、家賃が上がってしまいます。

3つまで絞れない場合、希望条件に優先順位を付けましょう。どの条件が妥協できるのか分かって、お部屋探しがスムーズに進みます。

おすすめ記事
賃貸物件のこだわり条件ランキング!優先順位の付け方も解説のアイキャッチ
賃貸物件のこだわり条件ランキング!優先順位の付け方も解説
記事を読む ▶

安いアパートが見つかりやすい条件例

  • ・築30年以上
  • ・駅徒歩10~15分
  • ・木造
  • ・3点ユニットバス
  • ・1階のお部屋
  • ・北向き

上記には、安いアパートが見つかりやすい条件例をまとめました。築年数や駅徒歩などの条件を妥協できれば、家賃を大幅に抑えられます。

築年数は30年以上まで緩めてみると良いです。リノベーション済みの物件もあって、室内は新築同様にキレイです。

駅徒歩は15分程度まで伸ばしてみましょう。間取りや設備が似ているお部屋でも、駅徒歩5分と15分では家賃に1万円ほど差が出ます。

阿部さんのアイコン 阿部
男性に限ると、お部屋の階数を妥協する人は多いです。女性より防犯面の懸念が少ないためです。こだわらない人なら安いアパートが見つかります。

生活が便利になる設備は避ける

安いアパート探す際に避けるべき設備
  • ・オートロック
  • ・宅配ボックス
  • ・追い焚き機能
  • ・浴室乾燥機 など

家賃の安さを重視する人は、生活が便利になる設備を避けるべきです。家賃への影響が大きく、予算オーバーしてしまいます。

オートロックは防犯設備として有名ですが、入居者の跡を付ければ誰でも侵入できます。アポなしの訪問者に対しては、TVモニター付きインターホンがあれば十分です。

阿部さんのアイコン 阿部
一人暮らしであれば、追い焚き機能がなくてもあまり困りません。実際、ガス代を考えてシャワーで済ます人が多いです。

不動産業界の閑散期を狙う

引っ越し時期が未定の人は、不動産業界の閑散期を狙うのも手です。入居希望者が集まりにくい時期で、空き部屋の家賃を下げる大家さんが増えるからです。

閑散期に当たるのは、4月中旬~8月上旬と10~12月です。初期費用の値引き交渉も通りやすくて、お得に引っ越せます。

おすすめ記事
賃貸の繁忙期と閑散期はいつ?引っ越しに最適な時期を解説のアイキャッチ
賃貸の繁忙期と閑散期はいつ?引っ越しに最適な時期を解説
記事を読む ▶

未公開物件を紹介してもらう

予算に合うアパートが見つからないとき、不動産屋から未公開物件を紹介してもらうのも手です。好条件で安い賃貸アパートが見つかる可能性があります。

未公開物件は、不動産屋専用の有料データベース「ATBB」や「レインズ」に載っています。不動産屋の店舗まで行けば、基本的に紹介してくれます。

阿部さんのアイコン 阿部
未公開物件とは、事情があってスーモやホームズに載せていないお部屋のことです。ポータルサイトへの反映が遅れていて、未公開になっている物件もあります。

不動産屋に行かずに未公開物件を紹介してもらう方法

未公開物件を見るには、不動産屋に行く手間がかかります。「遠方からの引っ越しで現地まで行けない」「来店するのが面倒」という人も多いです。

当サイト運営のネット上の不動産屋「イエプラ」なら、お店まで行く必要はありません。LINEやオンライン上で未公開物件を提案しています。

対応するのは賃貸経験の長い専門スタッフです。「家賃5万円以下でキレイな物件が良い」といった要望にも親身に対応します。

毎日夜23時まで営業しているので、他の不動産屋が閉まっている夜遅い時間でも相談できて便利です。ぜひ利用してみてください。

安い賃貸アパートを探せば初期費用が抑えられる

初期費用のほとんどが家賃をもとに計算される

費用相場
敷金 家賃1ヶ月分
礼金 家賃1ヶ月分
仲介手数料 家賃1ヶ月分
前家賃・日割り家賃 1~1.5ヶ月分
保証会社利用料 総賃料の50~100%
火災保険料 15,000~20,000円
鍵交換費用 15,000~18,000円

安い賃貸アパートを探すと、初期費用が抑えられるメリットがあります。費用のほとんどが家賃をもとに計算されるからです。

探す家賃を1万円下げるだけで、初期費用が5万円ほど安くなります。引っ越し費用をできるだけ抑えたい人も、安いアパートを探すべきです。

阿部さんのアイコン 阿部
保証会社利用料にある「総賃料」とは、家賃・管理費・駐輪場代など毎月払う金額を合計したものです。
おすすめ記事
賃貸契約でかかる初期費用の内訳や使い道を解説のアイキャッチ
賃貸契約でかかる初期費用の内訳や使い道を解説
記事を読む ▶

家賃ごとの初期費用の目安金額

家賃帯 初期費用目安
家賃4万円 180,000~200,000円
家賃5万円 225,000~250,000円
家賃6万円 270,000~300,000円
家賃7万円 315,000~350,000円
家賃8万円 360,000~400,000円

賃貸契約の初期費用は「家賃の4.5~5ヶ月分」が相場と言われています。家賃5万円のお部屋なら、初期費用の目安は22.5~25万円です。

敷金・礼金・仲介手数料が全て1ヶ月分だと、家賃の6ヶ月分かかるケースもあります。予算が限られている人は、お部屋探しの段階で不動産屋に伝えておきましょう。

おすすめ記事
賃貸の初期費用を抑える7つの裏ワザ!のアイキャッチ
賃貸の初期費用を抑える7つの裏ワザ!
記事を読む ▶

安い賃貸アパートを探す際の注意点

  • ・管理費や共益費が高いケースがある
  • ・光回線が引けない場合がある
  • ・好条件なお部屋はおとり物件の恐れがある

管理費や共益費が高いケースがある

安いアパートを見つけても、管理費(共益費)が高いケースがあります。スーモなどのポータルサイトでは、家賃の安い順に物件を探す人が多いからです。

家賃が安くても、管理費が高いと月の予算をオーバーします。どちらも毎月支払うお金なので、管理費込みの金額で探してください。

光回線が引けない場合がある

築年数が古いアパートは、光回線を引けない場合があります。光回線を導入しないまま建設された物件が多いからです。

ネット環境にこだわりたいなら、設備欄に「光回線」「光ファイバー」と書いてある物件を選んでください。外付け工事をするキャリアだと、事前に大家さんの許可が必要です。

阿部さんのアイコン 阿部
ネット回線を引けても、速度が遅いADSL方式しか導入されていないケースがあるので注意です。

好条件なお部屋はおとり物件の恐れがある

悪質なおとり物件を掲載する業者

好条件にも関わらず家賃が安いアパートは「おとり物件」の恐れがあります。おとり物件とは、成約済みなどの理由で借りられないお部屋のことです。

中には、存在しない架空の物件を掲載して集客する悪徳業者もいます。来店させた後「さっき埋まった」と伝えて、別物件を案内するやり口です。

おとり物件に引っかかると、お部屋探しの時間を無駄にします。希望条件とは異なる物件を案内されやすいので、できるだけ避けるべきです。

おすすめ記事
おとり物件とは?見分け方や騙されたときの対策を解説のアイキャッチ
おとり物件とは?見分け方や騙されたときの対策を解説
記事を読む ▶

おとり物件は現地集合で回避できる

おとり物件に騙されないためには、現地集合で内見するのが効果的です。成約済みだったり架空の物件には入室できないからです。

当サイト運営の不動産屋「イエプラ」は、基本的に現地集合で内見できます。見学前には必ず空室確認をするため、おとり物件は一切ありません

やり取りはLINEやチャットから可能です。他サイトで気になるお部屋を見つけた際は「この物件まだ空いてる?」と空室確認も依頼できます。

23時まで営業しているので、夜遅い時間でもお部屋探しを進められます。物件によっては当日~翌日の内見予約も取れて、スムーズにアパートを決められます。

避けるべき安いアパートの特徴

  • ・室内設備が古すぎてまともに動かない
  • ・お部屋の広さや形に問題がある
  • ・事故物件
  • ・共用部分の管理が行き届いていない
  • ・住民の民度が低い
  • ・物件周辺の騒音が気になる

室内設備が古すぎてまともに動かない

家賃の安い物件は、室内設備が古すぎてまともに使えない可能性があります。大家さんが交換費用をケチっているためです。

入居前の交換交渉も断られるケースが多いです。内見時に、シャワーやエアコン、給湯器の使用感を確かめておきましょう。

お部屋の間取りに問題がある

安いアパートに見られる間取りの特徴
  • ・お部屋の形がいびつ
  • ・邪魔な位置に柱がある
  • ・キッチンが狭い
  • ・洗濯機置き場が外にある
  • ・コンセントが少ない

家賃の安いアパートは、お部屋の間取りに問題があるケースが多いです。お部屋の形がいびつだったり、邪魔な柱があるとストレスが溜まります。

洗濯機置き場が外にあるアパートは、雨風や砂ぼこりで洗濯機が故障しやすいです。洗濯物の盗難リスクもあるので、特に女性は避けたほうが良いです。

事故物件

家賃の安さ重視でも、事故物件に住むのはおすすめしません。精神的な負担を感じたり、怪奇現象に悩まされる危険があります。

事故物件とは、一般的に室内で人が亡くなったお部屋を指します。近隣の類似物件より家賃が極端に安い場合、事故物件を疑いましょう。

阿部さんのアイコン 阿部
不安な人は、不動産屋に家賃が安い理由を聞いてみてください。事故物件には告知義務があるので、正直に教えてくれます。
おすすめ記事
事故物件はやめたほうがいい?住むリスクを解説のアイキャッチ
事故物件はやめたほうがいい?住むリスクを解説
記事を読む ▶

共用部分の管理が行き届いていない

安い賃貸アパートでも、共用部分の管理が行き届いていない物件は避けましょう。ゴミが貯まっていたり、電球が切れている物件は管理会社の質が悪いです。

廊下に自転車や靴などの私物が置いてある物件もおすすめしません。住民のマナーが悪く、入居後にトラブルが起きる可能性が高いです。

住民の民度が低い

家賃の安いアパートは、定職につかない人や外国人が多いです。生活リズムや文化の違いから、騒音・ゴミ出しに関するトラブルが起きやすいです。

内見時には、エントランスに注意喚起の張り紙がないか確認しましょう。近い日付で張り出されていたら、住むのは避けたほうが良いです。

物件周辺の騒音が気になる

大きな音の出る施設や環境
  • ・修理工場
  • ・スタジアム
  • ・学校、保育園
  • ・公園
  • ・線路沿いや遮断器の近く
  • ・大通り沿い

アパート周辺に大きな音の出やすい施設や環境があると、騒音に悩まされます。休日の朝ゆっくり寝たい人は避けたほうが良いです。

内見のついでにアパート周辺を歩いて、気になる施設がないかチェックしておきましょう。

おすすめ記事
選ばないほうがいい賃貸物件をプロ視点で解説!のアイキャッチ
選ばないほうがいい賃貸物件をプロ視点で解説!
記事を読む ▶
内見ポイント完全マニュアル!チェックリストを公開のアイキャッチ
内見ポイント完全マニュアル!チェックリストを公開
記事を読む ▶

安い賃貸アパートの探し方に関するQ&A

賃貸の掘り出し物件の見つけ方は?

地域密着型の不動産屋へ行くことです。地元の大家さんとの繋がりが強く、データベース上にもない掘り出し物が見つかる可能性があります。

おすすめ記事
掘り出し物件の見つけ方!探す際の注意点も解説のアイキャッチ
掘り出し物件の見つけ方!探す際の注意点も解説
記事を読む ▶

安い賃貸の一軒家はどうやって探す?

賃貸サイトの検索機能で「一戸建て」にチェックを入れて、希望賃料を入力します。

条件に合う一軒家がないときは、長屋建ての「テラスハウス」を検討してみてください。戸建て物件と間取りや広さが似ていて、比較的安い家賃で借りられます。

おすすめ記事
テラスハウスとは?特徴や住むメリットを解説のアイキャッチ
テラスハウスとは?特徴や住むメリットを解説
記事を読む ▶

家賃が1番安い地域はどこ?

都道府県で言うと鳥取県です。ワンルーム~1LDKの家賃平均は約3.8万円で、全国平均より約1.2万円安いです。

おすすめ記事
家賃が安い都道府県はどこ?おすすめの地域を紹介のアイキャッチ
家賃が安い都道府県はどこ?おすすめの地域を紹介
記事を読む ▶

安い物件は東京でも見つかる?

見つかります。23区内であれば、築年数や駅徒歩の条件を妥協すると良いです。4~5万円台のワンルーム・1Kなどが見つかります。

こだわり条件が多い人は23区外で探してみましょう。家賃相場が下がって、希望条件を満たすお部屋が見つかりやすいです。

おすすめ記事
東京23区の家賃相場が低い地域ランキングを大公開!のアイキャッチ
東京23区の家賃相場が低い地域ランキングを大公開!
記事を読む ▶

賃貸物件を安く借りられるサイトってある?

あります。大家さんが直接掲載している「ウチコミ!」や「ジモティー」なら、初期費用を大きく抑えられます。

基本的に、敷金・礼金・仲介手数料・前家賃が無料です。初期費用0円のお部屋もあって、予算が少ない人におすすめです。

おすすめ記事
ウチコミ!の評判・口コミはどう?費用が安い理由とはのアイキャッチ
ウチコミ!の評判・口コミはどう?費用が安い理由とは
記事を読む ▶

家賃安いと危ないって本当?

建物全体で空室が目立つ場合、危険である可能性が高いです。物件や周辺環境に何かしらの問題があると推測されます。安心して暮らしたい人には向いていません。

おすすめ記事
家賃が安い物件は危ない?家賃1万円は流石にやばい?のアイキャッチ
家賃が安い物件は危ない?家賃1万円は流石にやばい?
記事を読む ▶

事故物件の見分け方は?

募集図面に「告知事項あり」「心理的瑕疵(かし)あり」と記載されていたら事故物件です。室内の一部だけリフォームされているお部屋も疑うべきです。

おすすめ記事
事故物件の見分け方!告知されないケースも解説のアイキャッチ
事故物件の見分け方!告知されないケースも解説
記事を読む ▶
わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

当サイト運営の「イエプラ」なら、わざわざお店に行かなくてもLINEで希望を伝えてお部屋を探せます!

さらに、イエプラは仲介手数料が基本0円です。およそ家賃1ヶ月分の初期費用をまるっと節約できます。

家賃によっては10万円以上も安くなるので、浮いたお金で新生活の家具家電を揃えられます。費用を抑えて引っ越したい人は、ぜひ利用してみてください。

仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトはこちら
follow us in feedly
仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトへ
仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトへ
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について