お部屋探しのコツや知識まとめブログ|イエプラコラム
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

東京で一人暮らしする費用はいくら必要?初期費用や生活費についてFPが解説

東京で一人暮らしする費用はいくら?のイメージイラスト

東京の一人暮らしにかかる費用は?
毎月必要な生活費はいくら?

東京は日本の経済の中心です。名門大学や大手企業などが集中していて、進学や新社会人になったのを機に一人暮らしする場所に選ばれることが多いです。

しかし、東京は日本で1番物価が高いんです。家賃は地方の2~3倍、飲食店も都心価格…。上手にやりくりしないと、すぐにお金が足りなくなります。

そこで当記事では、東京で一人暮らしする際の費用を徹底解説します。家賃の目安や生活費を抑えるコツも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

監修 岩井 勇太
ファイナンシャル・プランナー
宅地建物取引士

日本FP協会認定のFP。お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。

東京の一人暮らしに必要な費用はいくら?

一人暮らしの毎月の生活費は約21万円

関東地方の平均生活費(単身)
住居 70,000円
食費 41,376円
水道光熱費 12,383円
家具・家事用品 5,270円
被服及び履物 6,015円
保健医療 8,396円
交通・通信 19,549円
教養娯楽費 22,548円
その他の支出 33,623円
消費支出合計 210,985円

※統計データのため合計数字に誤差あり

総務省統計局公表の「家計調査2022年度(表番号3)」と、東京都の平均家賃をもとにした結果、東京で一人暮らしに必要な費用は、毎月約21万円です。

上記のデータは、平均的な一人暮らしの生活費です。無駄遣いの多い人なら更にかかりますが、自炊を頑張れる人ならもう少し安くなります。

関連記事
一人暮らしの生活費の平均と内訳はいくら?のアイキャッチ
一人暮らしの生活費の平均と内訳はいくら?
記事を読む ▶
大学生の一人暮らしでかかる平均生活費を公開のアイキャッチ
大学生の一人暮らしでかかる平均生活費を公開
記事を読む ▶

東京23区の平均家賃相場は約7~9万円

エリア ワンルームの家賃相場
1位 葛飾区 62,900円
2位 江戸川区 63,700円
3位 足立区 65,300円
4位 練馬区 68,700円
5位 板橋区 70,100円
そのほか18区の家賃相場はこちら
6位 荒川区 71,200円
7位 杉並区 72,600円
8位 北区 73,600円
9位 太田区 76,700円
10位 中野区 80,000円
11位 豊島区 80,500円
12位 世田谷区 87,100円
13位 墨田区 92,100円
14位 品川区 94,600円
15位 文京区 94,900円
16位 台東区 96,700円
17位 新宿区 98,500円
18位 江東区 101,200円
19位 目黒区 107,700円
20位 中央区 115,000円
21位 渋谷区 121,000円
22位 千代田区 131,200円
23位 港区 143,300円

東京23区で一人暮らしするなら、家賃は7~9万円が目安です。更に家賃を抑えるなら「葛飾区」「江戸川区」などがおすすめです。

東京は、エリアによって家賃相場の差が非常に大きいです。新社会人で収入が少ないうちは、できるだけ相場の低いエリアでお部屋を借りたほうが良いです。

岩井さんのアイコン 岩井
23区外なら、ほとんどのエリアで家賃7万円以下で借りられます。「町田市」や「調布市」などは、駅前の利便性が高く住みやすいです。

固定費である「家賃」を抑えると出費を調整しやすい

毎月の固定費である「家賃」を抑えておくと、支出の調整がしやすいです。5千円抑えるだけでも、年間6万円の節約になります。

当サイトが運営するネット上の不動産屋「イエプラ」は、来店不要でLINEでやりとりします。FPがいるので、ライフスタイルに合ったお部屋の提案が可能です。

「家賃をできる限り抑えたい!」「安くて住み心地のいいお部屋は?」「初期費用も安くしたい」など、なんでも気軽に相談できます。

23時まで営業しています。忙しくてお店に行く暇がない人はもちろん、遠方に住んでいて引っ越し先に行けない人にもおすすめです。

東京の一人暮らしの家賃は「手取りの3分の1」

手取りの3分の1以内なら入居審査もクリアする

家賃目安
手取り18万円 約60,000円
手取り19万円 約63,000円
手取り20万円 約67,000円
手取り21万円 約70,000円
手取り22万円 約73,000円
手取り23万円 約76,000円

東京の一人暮らしの家賃目安は「手取りの3分の1」までです。月収(額面)だと、所得税や社会保険などが差し引かれるのでお金が足りなくなります。

なお、入居審査の基準は家賃の36倍以上の年収です。家賃を手取り3分の1以内に抑えれば、基準をクリアできるので審査に通りやすいです。

貯金したい人は「手取りの4分の1」が目安

家賃目安
手取り18万円 約45,000円
手取り19万円 約47,500円
手取り20万円 約50,000円
手取り21万円 約52,500円
手取り22万円 約55,000円
手取り23万円 約57,500円

貯金をしたい・趣味にお金を使いたいという人は、家賃を「手取りの4分の1」まで下げましょう。無理に生活費を削らなくても、お金に余裕が生まれます。

家賃が安いお部屋の特徴

  • ・木造アパート
  • ・築年数30年以上
  • ・駅徒歩15分以上
  • ・ワンルーム
  • ・3点ユニットバス(バス、トイレ一緒)
  • ・和室
  • ・1階
  • ・洗濯機置場が室外

安いお部屋を探すときは、希望条件をある程度まで緩和するのがポイントです。上記に当てはまるような物件を探すと良いです。

相場よりも1万円近く安いお部屋が見つかります。ただし、極端に安いお部屋は事故物件の可能性があるので、不動産屋になぜ安いか聞きましょう。

東京の一人暮らし向けの生活費節約方法20選

食費の節約方法6選

  • ・自炊を心がける
  • ・無駄に凝った料理を作らない
  • ・コスパの良い食材を買う
  • ・カードなどのポイントを貯める
  • ・スーパーに行く回数を減らす
  • ・コンビニの利用頻度を減らす

自炊を心がける

自炊をする女性のイラスト

食費を手っ取り早く節約する方法は自炊です。東京に住むと外食費が高くなりがちなので、積極的に自炊しましょう。

1度にまとめて調理すれば、1食300円ほどに抑えられます。自炊が苦手な人は、耐熱タッパを複数用意しておき、電子レンジで作れる料理から始めると良いです。

無駄に凝った料理を作らない

一人暮らしは、仕事から戻ってきても家事をしてくれる人がいません。凝った料理は時間も手間もかかるので避けましょう。

1食1品で良いので、簡単に作れてボリュームの多いものを作ると良いです。炒め物や煮込み料理は、初心者でも失敗しづらいです。

コスパの良い食材を買う

コスパの良い食材例
  • もやし:1袋20~30円
  • 豆腐:1パック50~70円
  • パスタ麺:1袋100~200円
  • 納豆:3パックセット50~150円
  • 鶏胸肉:100g80円
  • ひき肉:100g110円
  • キャベツ:半玉150円
  • じゃがいも:1個25~35円
  • 人参:1本50~70円
  • 卵:1パック200~300円

コスパが良い食材は、大量に買っても食費が高くなりにくいです。賞味期限が短い割引品も、冷凍すれば良いので狙い目です。

小麦粉・キャベツ・卵だけで簡単にできるお好み焼きは1食約100円、もやし・豆腐・鶏胸肉・味噌で作る味噌鍋なら1食約150円で作れます。

カードなどのポイントを貯める

買い物するときは、クレジットカードやお店特有のポイントカードを使いましょう。貯まったポイントを、会計時に使えるものが良いです。

岩井さんのアイコン 岩井
最近では「dポイント」や「楽天ポイント」が使えるお店が増えてきているので、スマホに専用アプリを入れておくのもアリです。

スーパーに行く回数を減らす

スーパーでの買い物頻度は、週2~3回まで減らしましょう。つい無駄なものを買ってしまう回数を防げます。特売セール日など、あらかじめ行く曜日を決めておくと良いです。

コンビニの利用頻度を減らす

コンビニでの買い物はできるだけ減らしてください。同じ商品でも、スーパーで買うより1~2割高いケースが多いです。

水道光熱費の節約方法6選

  • ・都市ガスのお部屋を選ぶ
  • ・エアコンの温度は一定にする
  • ・お湯の温度は40℃越えにしない
  • ・タップ式コンセントに切り替える
  • ・日中は電気をつけない
  • ・新電力会社に変更する

都市ガスのお部屋を選ぶ

都市ガス プロパンガス
1㎥あたりの料金 145円 504円
月間5㎥使用した場合 1,570円 2,520円
基本料金 759円 1,820円
月額合計 3,265円 5,018円
▶ガス料金の算出方法
  • ・プロパンガス:日本エネルギー経済研究所 LPガスの平均価格(2023年2月時点)
  • ・都市ガス:東京ガスの料金表(熱量の差をふまえて使用量をプロパンの約2.2倍で計算)

東京でお部屋を探すなら「都市ガス」の条件を加えてください。都市ガスは、もともと公共料金なので基本料金が安いです。急な値上げもほぼありません。

プロパンガスは、企業によって金額が違います。都市ガスの2倍ほどかかるうえ、自由料金なので市場価値によって値段が変わります。

エアコンの温度は一定にする

エアコンの温度設定のイメージイラスト

夏は26度、冬は20度に固定すれば、毎月約1千円以上も電気代を節約できます。1度設定温度を変更するだけで、13%も消費電力が増えるからです。

どうしても温度を変更したい場合は、変更した後はタイマーにせず長時間稼働させたほうがお得です。

お湯の温度は40℃越えにしない

エアコンと同様の理由で、お湯の温度はできる限り変更しないでおきましょう。おすすめは37~40℃の設定です。

41℃を超えると、熱量が増えるのでガス代が跳ね上がります。また、冬は2倍近い時間がかかるので、高額になりやすいです。

タップ式コンセントに切り替える

タップ式コンセントに切り替えて、寝ている間だけでも使ってない家電の電源をオフにすると良いです。消費電力を抑えられます。

とくに消費電力が多い、テレビ・ブルーレイレコーダー・パソコン・ドライヤーをオフにするだけでも、月300円ほど安くなります。

日中は電気をつけない

2022年11月の電力使用量の明細スクリーンショット

休日など家にいる時は、日中の明るい時間は電気をつけないのもアリです。上記の電気代明細は、弊社の女性スタッフのものです。

日中に照明をつけないスタッフの1ヶ月の電気使用量は52kWhでした。一人暮らしの平均が160kWhほどなので、半分以下に抑えられています。

なお、IHコンロ・電子レンジ・パソコンやゲーム機・ヘアアイロンの家電は普通に使っているそうです。かなり効果的なことがわかります。

新電力会社に変更する

従来の地域電力ではなく、電気代の安い電力会社に切り替えましょう。2016年4月1日から始まった電力自由化により、消費者が自由に電気代の安い会社を選べるようになりました。

岩井さんのアイコン 岩井
電力会社によって、料金プランや割引キャンペーンが異なります。自分のライフスタイルに合った新電力を探すと良いです。

通信費の節約方法4選

  • ・格安SIMに変更する
  • ・契約中のプランを見直す
  • ・スマホとネット回線をセットで契約する
  • ・電話はLINEなどの無料通話を使う

格安SIMに変更する

自分の携帯を格安SIMにするか、契約プランを見直しましょう。大手キャリアから格安SIMに変更すると、毎月4千円ほど節約できます。

大手キャリアだと最低6千円かかりますが、格安SIMであれば約2千円で済みます。

契約中のプランを見直す

キャリアを変えたくない人は、契約中のプランを見直すと良いです。使っていない分の容量を下げたり、新しいプランでお得なものはないか確認しましょう。

スマホとネット回線をセットで契約する

スマホとネット回線(Wi-Fi)はセット契約したほうがお得です。どちらかの使用料が割り引きになるケースが多いです。

電話はLINEなどの無料通話を使う

通話プランは、一番少ない容量にしておくと良いです。LINEや専用アプリなどで無料通話が可能だからです。

岩井さんのアイコン 岩井
仕事で沢山電話をかける人は、会社から通信費がもらえるかも合わせて確認してください。

そのほかおすすめの節約方法4選

  • ・1日に使って良い分しか財布に入れない
  • ・悩んだものは購入しない
  • ・オフはお金を使わないところに出かける
  • ・家計簿をつけて無駄を見直す

1日に使って良い分しか財布に入れない

1日に使って良い分のお金しか、財布に入れないようにしてください。とくに、あればすぐに使ってしまう人は徹底したほうが良いです。

何度も卸すと手数料がかかるので、2週間分を一気に卸し、小分けの袋に入れておきましょう。アドベントカレンダーのように楽しむ方法もあります。

悩んだものは購入しない

少しでも悩むものは、あってもなくても大丈夫なものです。すぐに必要になることはないので、購入しないようにしましょう。

オフはお金を使わないところに出かける

ウインドウショッピングや図書館、公園や無料の動物園など、オフはお金を使わないところに出かけるようにしてください。

もしくは、基本的にお金のかからない趣味を作ると良いです。編み物・筋トレ・ウォーキング・スマホでの写真撮影などがおすすめです。

家計簿をつけて無駄を見直す

家計簿をつけると、無駄な出費がわかりやすいです。食費や交際費などの項目のうち、どこが高かったのか一目で判断できるためです。

最近では、レシートをカメラで読み取るだけで記録できるアプリもあります。面倒くさがりな人も是非つけてみてください。

検索で見つからないお部屋を探せる不動産屋
「イエプラ」は
検索で見つからない
お部屋を探します
イエプラの特徴
  • 検索で見つからないお部屋探します
  • 仲介手数料基本0円
  • 上場企業が運営で安心

一人暮らしするまでにかかるお金は約50万円

賃貸の初期費用 約32~35万円
単身引っ越し費用 約5~7万円
家具家電購入費 約7~10万円
トータル費用 約44~52万円

東京で一人暮らしを始めるなら、用意する必要があるお金はトータルで45~50万円です。以下で各費用について解説します。

賃貸契約の初期費用で約35万円

目安金額
敷金 家賃1ヶ月分
礼金 家賃1ヶ月分
仲介手数料 家賃1ヶ月分+税
前家賃 家賃1ヶ月分
日割り家賃 入居日によって変動
保証会社利用料 家賃0.5~1ヶ月分
火災保険料 約15,000円
鍵交換費用 約16,500円

初期費用の項目ごとの解説はこちら

敷金 退去時にお部屋を入居前の状態に戻すための費用です。退去費用で使わなかった分は返金されます。
礼金 入居する物件の大家さんに渡すお礼金です。礼金がないお部屋もあります
仲介手数料 不動産屋や仲介会社に、大家さんとの橋渡しの手間賃や謝礼として支払うお金です。「家賃1ヶ月分+消費税」が上限です。
前家賃 家賃発生月の翌月の家賃のことです。1日など月初に入居する場合は、従来通りの家賃引き落としのため前家賃はありません。
日割り家賃 月の途中にお部屋を借りた場合の、残り日数分の家賃です。入居日を月末にすればするほど日割り家賃を安くできます。
保証会社利用料 連帯保証人の代わりになる会社を利用する費用です。連帯保証人のみで契約できるお部屋の場合、不要です。
火災保険料 火事や落雷で燃えた建物や家具を補償してくれる保険の費用です。保険は大家さんや不動産屋が指定しているので選べません。
鍵交換費用 前の入居者が使用していた鍵から、自分が使用する鍵に交換する費用です。新築の場合は不要です。

東京で一人暮らしする際の家賃が7万円の場合は、賃貸の初期費用で約35万円かかります。

家賃だけでなく、敷金礼金・仲介手数料・保証会社利用料などの費用が必要だからです。不動産屋や物件によってはオプション費用も発生します。

岩井さんのアイコン 岩井
東京はもともとの家賃相場が高めです。ワンルームで7万円、1Kで8万円ほどが平均となります。23区内では家賃5万円未満のお部屋は少ないです。
関連記事
一人暮らしの初期費用は30万円かかる?のアイキャッチ
一人暮らしの初期費用は30万円かかる?
記事を読む ▶
一人暮らしの初期費用は50万円で足りる?のアイキャッチ
一人暮らしの初期費用は50万円で足りる?
記事を読む ▶
一人暮らしの初期費用は100万円もいるの?のアイキャッチ
一人暮らしの初期費用は100万円もいるの?
記事を読む ▶

仲介手数料が基本0円のネット不動産屋

当サイトが運営するネット不動産屋「イエプラ」は、仲介手数料が基本無料です。およそ家賃1ヶ月分の初期費用を抑えられます。

やり取りはLINE等からできて、来店不要でお部屋探しを進められます。専門スタッフが直接返信するので「予算◯万円に収まるお部屋は?」など曖昧な要望でも対応可能です。

引っ越し業者費用で約7万円

東京までの引っ越し距離

出発地 1月~4月
(繁忙期)
5月~12月
(閑散期)
横浜
(約45km)
平均47,000~61,000円 平均37,000~49,000円
宇都宮
(約90km)
平均48,000~77,000円 平均44,000~64,000円
名古屋
(約350km)
平均55,000~95,000円 平均54,000~79,000円
仙台
(約350km)
平均55,000~95,000円 平均54,000~79,000円
大阪
(約510km)
平均67,000~120,000円 平均62,000~98,000円
広島
(約800km)
平均67,000~120,000円 平均62,000~98,000円
福岡
(約1,000km)
平均67,000~120,000円 平均62,000~98,000円

出典:価格.com 引越し

引っ越し業者の費用は、基本的に「基本運賃」+「実費」+「オプションサービス費」の3つの金額の合計です。

基本料金は、国土交通省の「標準引越運送約款」をもとに決定するので、どの業者もほぼ同じです。

人件費や大型家具・家電の荷造りや設置などのオプションサービスには、上限がないため業者やプランによって金額に差が出ます。

岩井さんのアイコン 岩井
初めての一人暮らしの場合、家具家電や雑貨などは新規購入する人が多いです。荷物量が少ないので、5~7万円ほどで収まります。
関連記事
世帯人数別の引っ越し費用の平均まとめのアイキャッチ
世帯人数別の引っ越し費用の平均まとめ
記事を読む ▶
一人暮らしなら単身パックを利用したほうがお得?のアイキャッチ
一人暮らしなら単身パックを利用したほうがお得?
記事を読む ▶

家具家電購入費で約10万円

金額
ベッド 約20,000円
テーブル 約7,000円
タンス・チェスト 約7,000円
そのほか収納棚 約5,000円
冷蔵庫 約20,000円
洗濯機 約25,000円
電子レンジ 約8,000円
テレビ 約20,000円
エアコン(新居にない場合) 約40,000円

初めて一人暮らしする人が家具家電を買い揃えるなら、約10万円は必要です。初めは最低限必要なものに絞り、お金に余裕が出たら買い足したほうが良いです。

人にもよりますが「冷蔵庫」「洗濯機」「電子レンジ」「ベッド(寝具)」さえあれば、一人暮らしは開始できます。

岩井さんのアイコン 岩井
家具家電は、配送料無料になるお店で購入すると良いです。大型なものほど配送料が高いので、数千円ほどの費用を抑えられます。
関連記事
大学生の一人暮らしに必要なものリスト!のアイキャッチ
大学生の一人暮らしに必要なものリスト!
記事を読む ▶
一人暮らしに必要なもの!男女別の必需品も公開のアイキャッチ
一人暮らしに必要なもの!男女別の必需品も公開
記事を読む ▶

一人暮らしの初期費用をできるだけ抑える方法

賃貸の初期費用を抑える方法9選

  • ・家賃相場が低いエリアでお部屋を探す
  • ・敷金礼金なしにする
  • ・仲介手数料が半額~無料の不動産屋を選ぶ
  • ・連帯保証人のみで契約できる物件にする
  • ・消臭消毒などのオプションを削ってもらう
  • ・ADつき物件を紹介してもらう
  • ・入居日を月末月初に調整してもらう
  • ・一定期間の家賃がタダになるフリーレントを探す
  • ・費用交渉するなら契約の意思表示をする

賃貸の初期費用は、家賃を安くする以外でも支出を抑えられます。敷金礼金なしのお部屋であれば、家賃2ヶ月分の費用を抑えられます。

入居日は月末月初に近づけられないか相談してください。月末なら日割り家賃が、月初なら前家賃分が安くなります。

収入がある両親を連帯保証人にできるなら「保証会社の利用不要」な物件を紹介してもらいましょう。

なお、当サイト運営の「イエプラ」は仲介手数料が基本無料です。家賃によっては、10万円以上も初期費用が安くなります。費用を抑えて引っ越したい人はぜひ試してみてください!

関連記事
イエプラは仲介手数料基本0円!初期費用を更に抑えるコツのアイキャッチ
イエプラは仲介手数料基本0円!初期費用を更に抑えるコツ
記事を読む ▶
賃貸の初期費用で払わなくていいモノとは?のアイキャッチ
賃貸の初期費用で払わなくていいモノとは?
記事を読む ▶
賃貸の初期費用を抑える7つの裏ワザ!のアイキャッチ
賃貸の初期費用を抑える7つの裏ワザ!
記事を読む ▶

引っ越し費用を抑える方法7選

  • ・複数の業者から見積もりを貰って比べる
  • ・引っ越し単身パックなどの定額プランを利用する
  • ・新居に持って行く荷物量を減らす
  • ・ネット割引を利用して申し込む
  • ・できる限り平日に搬出搬入をおこなう
  • ・時間指定できないフリー便を選択する
  • ・レンタカーなどを使って自分で引っ越す

引っ越し業者を選ぶ際は、1社に絞らず複数の業者から見積もりを貰うべきです。比較することでより安い業者が見つかります。

見積りをまとめて取るなら「引越し侍」がおすすめです。2023年8月現在で約356社と提携しています。

引っ越し単身パックとは、コンテナに乗るだけの荷物を、定額料金で配送してくれるサービスです。1回の運送で複数のコンテナを運べるので、通常より値段が安いです。

関連記事
引っ越し費用が安い時期はいつ?業界動向を月別で解説のアイキャッチ
引っ越し費用が安い時期はいつ?業界動向を月別で解説
記事を読む ▶
自分で引っ越しするメリット・デメリットを解説のアイキャッチ
自分で引っ越しするメリット・デメリットを解説
記事を読む ▶

家具家電購入費を抑える方法6選

  • ・必要最低限のものに絞る
  • ・メーカーにこだわり過ぎない
  • ・最新機種より1~2年前の型落ちを選ぶ
  • ・新生活応援セットを狙う
  • ・ポイント分を値引きしてもらう
  • ・家具はディスカウントショップも視野に入れる

家電は、引っ越しシーズンの1月~4月に販売されている「新生活応援セット」を狙いましょう。冷蔵庫・洗濯機・電子レンジの3点で4万円前後です。

家電量販店で購入する場合は「ポイント分値引きしてほしいです」と交渉するのもアリです。大手店舗なら高確率で値引いてもらえます。

家具は、ディスカウントショップで中古品を見るのも手です。ベッドやチェスト、本棚などの家具は中古でも使えるものが多いです。

東京で一人暮らしする人の費用に関するQ&A

一人暮らしの初期費用は最低いくら必要?

一人暮らしの賃貸の初期費用は、最低25万円ほどあれば良いです。

敷金礼金なし・保証会社利用不要の物件を探せば、家賃3ヶ月分の費用が抑えられるからです。不動産屋に予算を伝えて、頑張って探してもらいましょう。

▲よくある質問に戻る

お金がなくても東京で一人暮らしできる?

毎月安定した収入が見込めるなら、お金がなくても東京で一人暮らしできます。

貯金がない人は、初期費用だけでも工面する必要があります。毎月のお金の管理が厳しいので、日々の節約は徹底したほうが良いです。

関連記事
お金がない!貯金なしで上京する4つの手段のアイキャッチ
お金がない!貯金なしで上京する4つの手段
記事を読む ▶

▲よくある質問に戻る

東京で女性が一人暮らしするなら費用はどれくらいかかる?

総務省統計局公表の「家計調査2022年度(表番号2)」をもとにすると、家賃を除いた1ヶ月の生活費は約13万円です。

▲よくある質問に戻る

仕送りなしの大学生でも上京できる?

高校生の間にバイトで初期費用分の貯金ができていれば可能です。

毎月の生活費は、奨学金やバイト代で工面しましょう。無駄遣いできる余裕はないので、苦しい生活になることは覚悟しておくべきです。

関連記事
大学生の一人暮らしは仕送りなしでも可能?のアイキャッチ
大学生の一人暮らしは仕送りなしでも可能?
記事を読む ▶

▲よくある質問に戻る

一人暮らしの生活費ってどこまで削れる?

東京での生活費を限界まで削ったとしても、月15万円は見ておくべきです。

食費や光熱費を削り過ぎると、栄養失調や熱中症などの健康被害が出るからです。家賃やスマホ代、娯楽費などを見直して支出を抑えるようにしましょう。

▲よくある質問に戻る

東京で一人暮らしなら食費はいくら?

自炊派なら月3万円ほど、外食派は7万円ほどが目安です。

キャベツやモヤシなど、コスパが良くてかさ増しできる食材で自炊を続ければ、月の食費を3万円以下に削ることも可能です。

外食派の場合は、1食500円ほどに収めましょう。東京の飲食店は都心価格で高めです。1食の金額を決めておかないと、一人暮らしでも食費10万円を超えます。

関連記事
一人暮らしの食費はいくら?自炊・外食別に解説のアイキャッチ
一人暮らしの食費はいくら?自炊・外食別に解説
記事を読む ▶

▲よくある質問に戻る

手取り18万円の一人暮らしでいくら貯金できる? 

約2万円(手取りの10%)は貯金可能です。ただし、東京は物価が高いので急な出費の予備費として貯金すべきです。

▲よくある質問に戻る

東京の一人暮らしに必要な収入目安は?

東京なら月収20万円あると良いです。手取りにすると約16万円です。

先に紹介した生活費は賄えませんが、家賃やスマホ代、娯楽費などを抑えられれば月16万円でも一人暮らし可能です。

関連記事
月収いくらあれば一人暮らし可能?のアイキャッチ
月収いくらあれば一人暮らし可能?
記事を読む ▶

▲よくある質問に戻る

一人暮らしする際の引っ越し作業って?

主にお部屋探し・賃貸契約の締結・荷造り・荷物の搬出と搬入・役所やライフラインの手続き・お部屋のレイアウト・荷ほどきです。

意外とやることが多いので、事前にリスト化して1つずつ潰していったほうが確実です。

関連記事
初めての一人暮らしでやることリストのアイキャッチ
初めての一人暮らしでやることリスト
記事を読む ▶

▲よくある質問に戻る

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

当サイト運営の「イエプラ」なら、わざわざお店に行かなくてもLINEで希望を伝えてお部屋を探せます!

さらに、イエプラは仲介手数料が基本0円です。およそ家賃1ヶ月分の初期費用をまるっと節約できます。

家賃によっては10万円以上も安くなるので、浮いたお金で新生活の家具家電を揃えられます。費用を抑えて引っ越したい人は、ぜひ利用してみてください。

仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトはこちら
follow us in feedly
仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトへ
仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトへ
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について