お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

一人暮らしに必要なものリスト|買うと便利なものや購入費用を徹底解説!

考え事をしている女性のイラスト

一人暮らしの準備中、必要なものが揃っているか不安になっている人必見です!

必要なものリストと一緒に、購入する際の注意点や費用を抑えるコツも合わせて解説します。

チェックボックスがあるので、経験のない人でも漏れなく準備ができます。ぜひ役立ててください!

一人暮らしに最低限必要なものリスト

https://ieagent.jp/blog/wp-content/uploads/2021/11/1664C165-D97B-4AC4-951F-D3BEA7241C70.jpg
一人暮らしに最低限必要なものリストを、家具や家電などのジャンルごとにまとめました。購入する際に、ぜひ参考にしてください。

家具・インテリアグッズ

家具は長く使うものが多いです。通販は便利ですが、使い勝手や色合いが想像と違うこともあります。実際にお店に足を運んで選ぶようにしましょう。

ベッド・寝具 ベッドまたは布団だけでなく、布団(マットレス)・掛け布団・シーツ・枕も必要です。ベッドはシングルサイズがおすすめです。
カーテン 引っ越し当日に付けられるよう事前にサイズを図って用意しておきましょう。カーテンが無いと室内が外から丸見えです。
テーブル テーブルが1つあると何かと便利です。お部屋が手狭な場合、折りたたみ式がおすすめです。

家電

家電は高額なものが多いです。他の商品と比較しながら、店員さんに相談して後悔しないものを選んでください。

冷蔵庫 自炊する人もコンビニで買う人も、食料を保存するための冷蔵庫は必須です。基本的には100L~150Lで十分です。自炊に力を入れるなら250Lあると便利です。
電子レンジ 電子レンジは、解凍したりお弁当やレトルト食品を温めるのに使います。使用頻度が高いため早めに準備しておいてください。
洗濯機 一人暮らし用の洗濯機は脱水容量が5~6kgのモデルが人気です。また、洗濯機置き場は60×80センチくらいの大きさが一般的です。
炊飯器 お米をよく食べる人、自炊をする予定の人は炊飯器を買いましょう。3合炊きタイプなら、お茶碗5杯分は炊けます。
ドライヤー 自然乾燥は嫌だという人はドライヤーをが必要です。音が響くのが不安なら、風量調節機能があるものがおすすめです。
電子ケトル コーヒーやカップ麺をよく食べる人には電気ケトルがおすすめです。やかんやポットより早くお湯を沸かせて、光熱費が節約できます。
照明
(備え付けがない場合)
照明がない場合は、広さに合わせて買う必要があります。LEDは電球が長持ちするのでおすすめです。

日用品・消耗品

消耗品はかなりの量になります。1人で買い回るのは大変なので、引っ越し前に揃えることをおすすめします。

トイレット
ペーパー
引っ越し初日からトイレは使います。ティッシュの代わりにもなるので、トイレットペーパーは必ず用意してください。
掃除用品 トイレやお風呂の掃除に使うブラシ・洗剤、フローリングモップ(クイックルワイパー)などの掃除用品は早めに揃えましょう。
歯磨き用品 歯ブラシや歯磨き粉も必要です。歯ブラシを置くスタンドやコップも合わせて購入しておくと便利です。
ボディケア・ヘアケア用品 シャンプー・リンス・ボディソープ・洗顔フォームなど、身体を清潔に保つものが必要です。
洗濯洗剤 洗剤と合わせて、柔軟剤や漂白剤があるとよりキレイに洗えます。
物干し竿・
ハンガー・
洗濯ばさみ
洗濯物を干す時に必要です。洗濯物を干すためのハンガーは、一人暮らしなら10本ほどあれば足ります。洗濯物を入れておくカゴがあると便利です。
タオル類 お風呂上りに使うバスタオルや、ちょっとした汚れを拭くタオルは複数枚用意してください。
バスマット バスマットがないと、お風呂上がりに床がずぶ濡れになります。珪藻土バスマットなら洗う必要もなく、すぐに乾くので衛生的です。
調理器具や食器 フライパンなどの調理器具や、お皿やお箸などの食器類は、最低でも1人分用意しておきましょう。
食器洗い用品 スポンジ・食器用洗剤・スポンジホルダーなど、食器を洗うためのグッズが必要です。
ゴミ袋 ゴミをまとめるのに初日から必要です。地域によっては指定のゴミ袋があるので自治体の指示に従って用意てください。

その他にあると便利なもの

その他にあると便利なものを紹介します。自分に必要だと思ったら揃えておきましょう。

延長コード お部屋内のコンセントの数は限られているため、延長コードがあると便利です。電源タップ付きのものなら、節電もしやすいです。
収納棚・
衣装ケース
物件の収納スペースに合わせて、収納棚があると便利です。ベッド下のすき間に入るタイプやテレビ台代わりになるものも、邪魔にならずおすすめです。
ゴミ箱 ゴミ袋だけだと、臭いが漏れたりゴミがこぼれたり何かと不便です。分別できるタイプのゴミ箱があれば、臭いも気になりません。
コンロ(備え付けがない場合) 築年数が古い物件はコンロが無いことが多いので、サイズに応じて購入してください。自炊しない人は不要です。
全身鏡 コーディネートをチェックする時に、全身鏡があると便利です。壁に付けるタイプは場所を取らないためおすすめです。
スリッパ・ルームシューズ 汚れや寒さから足を守れます。ルームシューズタイプは足音の軽減にも役に立ちます。
ハサミ・
カッター
荷解きではガムテープやビニール紐などのゴミが大量に出ます。ハサミ・カッターがあるとスムーズに作業ができます。
印鑑・ボールペン ガスやネット回線の契約手続きやメモするのに必要です。引っ越しダンボールではなく手荷物に入れておいてください。
シャワー
カーテン
お風呂とトイレが一緒になっている「3点ユニットバス」の場合は必要です。
ドライバー
セット
組み立て家具を買う人はあると作業がはかどります。
殺虫剤 殺虫剤があればお部屋に虫が湧いたときに直接触らずに退治できます。虫が苦手な人は他の防虫グッズと併せて用意してください。
常備薬 体調が悪くなりやすい人は普段飲んでいる薬を用意してください。

後から買い足すと良いもの

後から買い足すと生活が便利になるものを紹介します。快適に暮らしたい人やインテリアにこだわりたい人は参考にしてください。

ラグ・
カーペット
おしゃれなインテリアとしてだけでなく、階下への防音や防寒対策にもなります。
テレビ 見たい番組がある人は用意しましょう。設置する際は、テレビ台もセットで揃えてください。
レコーダー 見たい番組の時間が重なったときに録画できるレコーダーがあると便利です。
傘立て 傘立てがあれば、複数の傘をまとめて収納できます。玄関に立てかけた傘が倒れる心配や、玄関が雨水で汚れる心配がありません。
空気清浄機 アレルギーや花粉症など、空気の汚れが気になる人におすすめです。加湿機能付きだと乾燥する冬に重宝します。
体重計 健康や美容に気を使う人は買っておくと良いです。
時計 お部屋をオシャレに見せるインテリアとしてもおすすめです。スマホで時刻を確認する人は不要です。
クッション・
座椅子
家でくつろぐときにあると便利です。お部屋が広ければ小さめのソファを置くのもアリです。
防災グッズ 非常食や長期間保存できる飲料水など、災害に備えて用意しておくと安心です。

一人暮らしは実家と違って体調不良になっても看病してくれる人がいません。風邪などを引かないように、空気清浄機や加湿器などで対策しておくと安心です。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
スーモやホームズにない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶

おとり物件が少ないサイト3選のサムネイル
不動産屋の悪質な広告「おとり物件」が少ないサイト3選!
記事を読む ▶

男女別で必要なもの

男女別で必要なものを紹介します。つい忘れがちなので必要なものがないか確認しておきましょう。

男性の一人暮らしで必要なもの

男性の一人暮らしに必要なものは以下の4点です。特に仕事でスーツを着る人は事前に揃えておくと良いです。

  • ・シェーバー(ひげそり)
  • ・衣類スチーマー(アイロン)
  • ・消臭グッズ
  • ・シューケア用品

スーツやYシャツを毎回クリーニングに出していると出費がかさみます。自分でシワを伸ばせる衣類スチーマーがあると便利です。

女性の一人暮らしで必要なもの

女性の一人暮らしで必要なものを4つ紹介します。安全に暮らすためにも用意しておいてください。

  • ・サニタリー用品
  • ・ヘアアイロン
  • ・部屋干しグッズ
  • ・防犯グッズ

ナプキンはもちろんのこと、生理用品を捨てるときのサニタリーボックスを用意しておきましょう。

また、女性の一人暮らしは防犯対策も必要です。女性の衣服が外干しされていると、窃盗やストーカーに狙われやすいです。

物干しラックや、つっぱり棒で室内用の物干し竿を作るなど、部屋干しできる環境を整えておくと安心です。

一人暮らしで最低限必要なものの費用

一人暮らしに最低限必要なものを新品で買い揃えると約130,000~220,000円かかります。

以下で内訳を紹介するので、購入する際の相場の参考にしてください。

ベッド 約20,000~50,000円
寝具 約15,000円
カーテン 約4,000~10,000円
冷蔵庫(150L・2ドア) 約30,000~60,000円
電子レンジ 約6,000~15,000円
洗濯機(縦型・6Kg) 約35,000~50,000円
トイレットペーパー 約300円
トイレ・お風呂の掃除用品 約1,500円
歯磨き用品 約500円
ボディケア・ヘアケア用品 約2,000円
洗濯洗剤・柔軟剤 約1,000円
物干し竿・ハンガー・
洗濯ばさみ
約1,500円
バスタオル・
フェイスタオル(5枚ずつ)
約6,500円
バスマット 約1,000円
合計金額 約138,800~214,300円

極端に高額な商品は扱いませんでしたが、合計金額に100,000円以上の差が出ました。

沢山の買い物をしていると財布の紐が緩くなりがちです。

購入する際は、商品の相場と引っ越し予算を意識してください。購入金額が予算を大幅に越えることを防げます。

家賃を抑えれば購入費用を増やせる

一人暮らしを始めるときに1番お金がかかるのが、賃貸物件の契約です。

賃貸契約の初期費用は「家賃の4.5~5ヶ月分」が目安と言われています。家賃70,000円の場合は約315,000~350,000円です。

初期費用は家賃をもとに計算します。家賃を抑えれば浮いた分のお金を、必要なものを買う費用に充てられます。

安くて質の良いお部屋の探し方

安くて質の良いお部屋は、不動産屋に直接問い合わせたほうが見つかりやすいです。理由は希望条件をヒアリングし、より良い物件をスタッフが探して提案してくれるからです。

ネット上の不動産屋「イエプラ」は、来店不要でチャットやLINEから「家賃◯万円以下の安いお部屋を探して!」と送るだけで、スタッフが理想のお部屋を紹介してくれます。

全国の賃貸情報の8割が集約されている業者専用のデータベース「ATBB」を使って物件を紹介してくれるので、ネット上にない非公開物件も出てきます。

深夜0時まで営業しているので、仕事が忙しくてお互いの予定が合わない、遠方に住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人にもおすすめです。

一人暮らしバナー

一人暮らしに最適な家電・家具の選び方

一人暮らしに最適な家具家電のサイズや機能を紹介します。是非参考にしてください。

冷蔵庫は100~150Lを目安にする

一人暮らしの冷蔵庫は100~150Lを目安に選びましょう。自炊に力を入れたい人や、週末に作り置きしたい人は150L以上がおすすめです。

耐熱天板が採用されている冷蔵庫は上に電子レンジが乗せられます。キッチンが狭い場合は、耐熱天板タイプで探してみてください。

また、冷却方式は霜取りの必要がない「間冷式」が人気です。

洗濯機は5~6kgタイプが丁度良い

一般的に1日あたり1.5kg前後の洗濯物が出ると言われています。2~3日分まとめ洗いできる5~6kgの洗濯機がおすすめです。

週末にまとめ洗いする人や、大きな毛布を洗いたいという人は7kg以上がおすすめです。ただし、大きすぎると置けないこともあるので注意してください。

価格重視の人は縦型の洗濯機にしましょう。乾燥機能がほしい人や設置場所が広い人はドラム式洗濯機もアリです。

炊飯器は3~5合炊きがおすすめ

こまめにご飯を炊く人や自炊をあまりしない人は3合、まとめて炊いて冷凍しておきたい人は5合炊きがおすすめです。

炊きあがりにこだわりがなければ「マイコン式」の安いタイプで十分です。一方で、味にこだわりたい人や早く炊きたいという人は「IH」や「圧力IH」が良いです。

料理好きならオーブン機能付きレンジが便利

オーブン機能付きの電子レンジならグラタンなどの焼料理や、ケーキなどのお菓子が作れます。トースターが不要になるので、その分スペースのも節約できて一石二鳥です。

お弁当や冷凍食品を温めるだけであれば「単機能電子レンジ」で問題ありません。

掃除機は粘着クリーナーで代用できる

掃除機はあると便利ですが狭いお部屋であれば粘着クリーナー(コロコロ)や、フローリングモップ(クイックルワイパー)で代用できます。

なくても困らない人も多いので、1~2ヶ月生活してみて必要かどうかを判断してから買うと後悔しません。

狭いお部屋には収納付きベッドが良い

クローゼットが狭いお部屋や、ものが多い人は収納付きのベッドがおすすめです。

デッドスペースになりがちなベッド下に引き出しが付いており、衣類やバッグなどの小物を閉まっておけます。

必要なものを買うときに注意すべきこと

必要なものを買い揃える前に、注意すべきことを4つ紹介します。買ってから後悔しないためにも参考にしてください。

  • ・内見時にお部屋の採寸をしておく
  • ・なるべく実店舗で購入する
  • ・家電は安さより質を優先すべき
  • ・一気に買い揃えない

内見時にお部屋の採寸をしておく

お部屋を内見する際は、必ずメジャーを持って行ってお部屋の採寸をしてください。家具家電が大きすぎてお部屋に置けない、そもそもお部屋に入らないという失敗を防げます。

お部屋の広さが分かっていれば事前にレイアウトを考えやすいので、引っ越し後の生活がスムーズになります。

測っておくべき場所 測る項目
玄関・扉 高さ・横幅
くつ箱 高さ・横幅・奥行き
リビングルーム 広さ
クローゼット 高さ・横幅・奥行き
カーテンレール 長さ・床までの高さ・レース
カーテンのレールの有無
冷蔵庫を置くスペース 横幅・奥行き
洗濯機・防水バンを
置くスペース
横幅・奥行き・給水口の位置

洗濯機の寸法と設置するのに必要なスペースは違います。運転すると左右に揺れるからです。

防水パンのサイズと給水口の位置も要確認です。内見時に写真を撮れば、店員さんとの相談に役立ちます。

なるべく実店舗で購入する

家具や家電は毎日目にするものが多く、高額なものほど付き合いが長くなります。

カタログスペックや写真だけでなく、店舗で実際に目にして自分がどう感じたかを大切にしてください。

店舗で購入すれば店員さんに相談できる上、不良品の返品交換もスムーズです。ネット通販だと、対応に時間がかかる可能性があります。

家電は安さより質を優先すべき

相場の値段とかけ離れて安い家電は避けてください。あまりにも安い製品は、すぐに壊れてしまう可能性が高いです。

壊れると修理に出したり買いなおす必要があり、余計な出費と手間がかかります。

家電を選ぶ時は、ネット上であらかじめ相場の値段を調べましょう。家電量販店で店員さんに相談するのも手です。

一気に買い揃えない

家具や家電・雑貨などは、一気に買い揃えないようにしましょう。サイズが大きい家具や家電は、実際に配置するときにお部屋が狭くて置けない可能性があります。

「入居当日に必要なもの」「入居後1週間以内に必要なもの」「後々買えば良いもの」の3つくらいに分けてリストアップしておき、徐々に購入してください。

そうすれば、1度で出ていく出費も少なく、引っ越し貧乏になりにくいです。

また「なんとなく使いそう」と感じるくらいの家具や家電であれば、お部屋のスペースを圧迫するだけになってしまいかねないので買わないほうが良いです。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める

費用を抑えて必要なものを揃える方法

初めての一人暮らしで、必要なものを全て買い揃えるとなるとかなりの出費になります。

費用を抑える5つの方法を紹介するので、金銭面に不安がある人は参考にしてください。

  • ・使えるものは実家から持ち込む
  • ・新生活応援セットで家電を買う
  • ・小物は100円ショップで揃える
  • ・友人や親戚から譲ってもらう
  • ・ディスカウントストアで買う

使えるものは実家から持ち込む

新しく購入せず、実家で使っていた家具家電を持ち込めば、その分の費用が浮きます。

例えばベッド・テーブル・タンスを持ち込んだ場合、約30,000円も浮きます。

なお、お部屋のサイズや玄関の幅によっては搬入・設置できない場合があるので注意です。事前に採寸して、持ち込んでも問題ないか忘れずにチェックしてください。

新生活応援セットで家電を買う

引っ越しシーズンの1月~4月に販売されている「新生活応援セット」を買えば、約4,000~5,000円安く家電を揃えられます。

例えば、冷蔵庫・洗濯機・電子レンジの3点で40,000円前後のセットや、照明・電子レンジ・冷蔵庫・洗濯機・掃除機の6点で70,000円前後などがあります。

浮いた4,000~5,000円で他の家電を購入できます。自分に必要なセットを選びましょう。

小物は100円ショップで揃える

キッチン周りの小物のイラスト
食器や調理器具、消耗品の掃除用スポンジやポリ袋などの小物を揃える場合は、100円ショップがおすすめです。

ホームセンターや雑貨屋では200~300円するものも、全て100円で買うことができます。

支出を抑えるためには、こだわる物とそうでない物のメリハリを意識することが重要です。

友人や親戚から譲ってもらう

もし友人や親戚が不要な家具家電を持っている場合、譲ってもらえればその分の購入費用が浮きます。

譲ってもらった際は、菓子折りなどでお礼するのを忘れないようにしましょう。

ディスカウントストアで買う

ディスカウントショップで中古品を購入すれば、費用を抑えられます。特にベッドやチェスト、本棚などの家具は中古でも傷みにくいものが多いので狙い目です。

購入する際は、使用感や家電の製造年数を確認してください。古い物を購入すると、すぐ壊れるので要注意です。

どうしても他人が使ったものには抵抗がある人・潔癖症な人にはおすすめしません。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶一人暮らし向けのお部屋を探す
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について