お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

同棲するタイミングはいつがベスト?みんなはいつから同棲を始めた?

同棲するタイミングを考えているカップルのイメージイラスト

彼氏・彼女と同棲するタイミングはいつがベストなの?みんなはいつから同棲を始めたの?という疑問を解決します!

みんなが同棲を始めたきっかけの体験談や、同棲を切り出すべきではないタイミング、結婚前提の同棲について、詳しく解説します!

また、同棲のメリット・デメリット、同棲を始める前に注意すべきことや、必要な費用もご紹介します!

この記事は、宅地建物取引士で現役の賃貸営業をしている豊田さんに監修して頂きました。

監修 豊田 明
不動産屋「家AGENT」の営業マン
宅地建物取引士

賃貸の仲介会社「家AGENT」の現役の営業マン。宅地建物取引士の資格を取得している。営業マンとしての経験と専門知識を活かして、お部屋探しや入居審査についての不安や疑問を解決しています。

同棲するベストタイミングは付き合ってからどれくらい?

同棲のタイミングはカップルによってさまざまですが、おおよその目安は「ドキドキが落ち着いた頃」「お互いが結婚を意識し始めた頃」やです。

付き合ってすぐの時は、彼と一緒に居られることが嬉しくて盲目になりがちですが、落ち着いたころであれば結婚するとどんな生活になるだろうと冷静に考えられます。

むやみに恋人を甘やかしたり、自分の意見を押し殺してしまう心配もありません。相手のことをちゃんと見れるので、お互いの価値観や生活スタイルが合うか、しっかり確認できます。

付き合って1年ほどを目安にすると良い

付き合ってから同棲するまでの期間をあえて挙げるなら、付き合って1年ほどが目安です。浮ついた気持ちが落ち着き、お互いの意見が結婚に向かいやすいタイミングだからです。

ただし、初めから「結婚前提」で付き合い始めたカップルの場合は、もう少し早い時期から同棲するのも良いでしょう。

同棲前にしっかり話し合うことが大切

同棲に最適なタイミングはカップルよって違います。とは言え、深く考えず軽い気持ちで同棲すると思わぬトラブルや喧嘩に発展します。

タイミングをしっかり見極めるためには明確な目的を持ち、同棲前に2人でしっかり話し合いましょう。

話し合うときは自分の意見を押し付けるのではなく、相手の気持ちを尊重させるようにするとうまくいきます。

マル秘イエプラバナー

みんなはどのタイミングで同棲を始めた?

当サイトRoochの取材班は、実際に同棲をしている100組のカップルにアンケートを実施しました。

アンケートの結果、同棲を始めたタイミングやきっかけは、以下のようなものがありました。

  • ・お互いの親に挨拶したとき
  • ・プロポーズを受けたとき
  • ・付き合って一定期間経ったとき
  • ・お部屋の更新が近づいたとき
  • ・どちらかが転職したとき
  • ・遠距離恋愛で久しぶりに会ったとき
  • ・結婚前提で付き合ってからすぐ

以下は「どのタイミングで、なにがきっかけで同棲をしましたか?」という質問への、実際の回答です。

体験談といっしょに「なぜそのタイミングが良いのか」「どのように提案すると良いのか」を解説しているので、参考にしてください。

お互いの親に挨拶したとき

彼の親から同棲したら?って言われたから
女性のアイコン彼の両親に挨拶しに行ったときに「相性って大事だから、もう同棲してみたら?」って言われて、その場で彼と同棲することになりました。たぶん言われてなかったら、同棲せずにどちらかの家に泊まりに行くのを繰り返してたと思います。(女性/20代前半)

両親への挨拶がきっかけで同棲を始める人は多いです。恋人の両親との顔合わせは、大きな節目になるからです。

恋人の両親は、きちんと挨拶をされるととても安心します。「どういう人と付き合ってるのか」を確認できるからです。

挨拶のときに、相手の親と仲良くなれば「真剣に結婚を考えてるなら同棲して相性を見たほうが良い」と言われるケースもあります。

また、自分から「同棲したい」と切り出したい場合は、親への挨拶の際にきちんと「同棲させてください」と伝え、許可をもらいましょう。

プロポーズを受けたとき

同棲しているほうが結婚準備にいろいろ便利
女性のアイコン3年くらい付き合っていた彼氏が、私の誕生日にプロポーズしてくれました!もちろんOKしたんですが、挙式のこととか、結婚後のお金のこととか考えると、すぐに同棲したほうがメリットがあるということになり、一緒に住み始めました!お金もたまるし、式の相談も気楽にできます!(女性/20代後半)

プロポーズを受けたのであれば、結婚式や新婚旅行などの費用を貯める前提で同棲しようと伝えると、OKをもらいやすいです。

プロポーズ後は、お互いが「結婚」という同じ目標を持つことになります。はっきりした目標がある同棲は成功する確率がとても高いので、おすすめのタイミングです。

同棲生活は、カップルがそれぞれに一人暮らしするよりも、費用を抑えられます。結婚資金や新婚旅行費を貯めやすくなります。

また、彼氏・彼女から婚約者になった相手には、素直に「少しでも早く一緒に暮らしたい」と伝えるのも良いです。

付き合って一定期間経ったとき

付き合って1年の記念日に!
女性のアイコン最初から約束していたわけではないんですが、付き合ってちょうど1年が経った日に、思い切って同棲したい!と言ってみました。彼は結婚するまで同棲はできないと考えていたようですが、結婚することを前提に同棲に賛成してくれました!(女性/20代後半)

付き合ってから一定期間が経って同棲を考えている人は「◯ヶ月後には結婚したいから、結婚資金の貯金も兼ねて同棲したい」と結婚の準備期間として同棲したいこと伝えましょう。

明確な目標を立てることにより、相手も安心して同棲に踏み切りやすくなります。

お部屋の更新が近づいたとき

どうせ引っ越すなら同棲が良い
女性のアイコン自分が一人暮らししていたお部屋の、更新の時期が迫っていました。更新しても良かったんですが、彼氏が「どうせ引っ越すなら、一緒に住める部屋を探そう」と言ってくれたので、更新せず、同棲できるお部屋を2人で探しました。(女性/20代前半)

相手の賃貸の更新時期が近付いている人は「家賃分を結婚資金として貯めるために一緒に暮らそう」など、結婚に向けて準備したい気持ちを伝えましょう。

他にも、2人の現在の家賃・食費・水道光熱費などを実際に計算してみて「同棲したらこのくらいの節約になる」「このくらい貯金できるようになる」と、具体的に伝えてみましょう。

どちらかが転職したとき

彼が転職で社宅から出るタイミング
女性のアイコン彼が転職するときに社宅から出なきゃいけなくなったんですよ。で、新しい部屋探すってことになったので、どうせなら同棲しようよって言ってみました。丁度いいタイミングだったので、もちろんOK出ましたよ!(女性/20代前半)

転職や就職などの仕事の節目で同棲を始めるカップルも多いです。

とくに、社宅に住んでいた、家賃手当が無くなったので安いお部屋に引っ越す予定の場合は、同棲のきっかけになりやすいです。

「いい機会なので一緒に住みたい」「引っ越しして遠くなるのが嫌」と伝えてみましょう。

遠距離恋愛で久しぶりに会ったとき

久々のデート後に寂しくなって…
男性のアイコン2年ほど遠距離恋愛をしていました。会えない時は2ヶ月くらい会えない時もありました。久々のデート後にまたしばらく会えなくなるのが嫌で寂しいって伝えたところ、同棲することになりました。(男性/20代後半)

結婚を前提に付き合っていた遠距離恋愛中のカップルが、久しぶりに再会すると気持ちも高ぶります。

「もっと相手と一緒に居たい」や「離れ離れは寂しいから近くにいて欲しい」と素直な気持ちを伝えると良いでしょう。

ただ、この場合も相手の家や仕事のことを配慮し、同棲を始める時期は相手のペースを尊重しましょう。

結婚前提で付き合ってからすぐ

結婚前提だったのですぐに同棲開始
男性のアイコン結婚前提のお付き合いだったので、付き合って1ヶ月ほどで同棲を開始しました。最初はぎくしゃくしていたけど、慣れてくるとお互いに会話が増えて、家でゆっくりする機会が多くなりましたね。(男性/30代前半)

結婚を前提に付き合いを始めた人は「結婚をする前に、生活のリズムや価値観が合うのか確認したい」という気持ちをそのまま伝えると良いです。

相手も結婚前提の付き合いというのは理解しているので、納得して同棲を始められる可能性が高いです。

同棲を切り出すべきでないタイミング

バッテンが書いてあるマスクをした女性のイラスト
逆に、同棲を切り出すべきでないタイミングは以下の3つです。

  • ・どちらかに結婚する気がない
  • ・同棲しても生活リズムが合わない
  • ・両親への挨拶が済んでいない

上記の3つに当てはまるケースでは、同棲したとしても、結婚には繋がりにくいです。それどころか、トラブルになって、相手と別れてしまう可能性も高いです。

どちらかに結婚する気がない

どちらかに結婚する気がないと、同棲をしても結婚できません。むしろ、同棲生活に満足してしまい、ずるずると婚期を逃してしまいます。

2人とも結婚する気がない場合は、同棲することで結婚する意識が芽生える場合があります。

ただ、片方だけ結婚したいと考えている場合は、将来への価値観の違いから、破局に発展してしまうことが多いです。

同棲しても生活リズムが合わない

勤務時間の違いなどから同棲しても一緒にいられる時間が少ないと分かっている場合は、同棲しない方が良いです。

同棲しても一緒にいる時間が変わらないのなら「同棲しなくても良かったのでは?」と後悔して、同棲解消に繋がりやすいです。

時間が合わなくても同棲したいなら、仕事帰りで疲れていても話をする時間を設けるなど、時間を作る努力が必要です。

両親への挨拶が済んでいない

お互いの親に挨拶しないまま同棲するのは避けた方が良いです。とくに女性側の親は、知らない男性と娘が一緒に住むのを嫌がります。

親に内緒で同棲して、一緒に住んでいることが後からバレてしまうと、無理やり別れさせられたり、結婚を認めてもらえなくなったりしてしまう場合があります。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
来店不要でネット上にない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶
賃貸サイトランキング30社徹底比較!のアイコン
おすすめの物件検索サイト30社を徹底比較!
記事を読む ▶

同棲するメリット

同棲すると「この人と結婚してうまくやっていけるかどうか」が判断できます。

いきなり結婚して失敗したくない人にはメリットが多いです。以下でそれぞれ詳しく解説していきます。

  • ・生活費を節約して貯金しやすい
  • ・相手の生活習慣を確認できる
  • ・価値観が合うか確認できる
  • ・好きな人といつでもいられる
  • ・結婚生活の予行練習になる

生活費を節約して貯金しやすい

同棲すればお互いが一人暮らしするよりも生活費が抑えられます。例えば、東京都内で一人暮らしすると家賃だけで1人あたり7~8万円はかかります。

家賃10万円のお部屋で同棲すれば、1人あたり5万円の出費で済むので非常に節約できます。

消耗品や水道光熱費も一緒になるため、一人暮らしの1.5倍ほどしかかかりません。

相手の生活習慣を確認できる

普段のデートではわからない相手の生活習慣を確認できます。

相手が寝る時間やバスタオルを取り替える頻度などの生活習慣は、一つ一つは些細なことでも積み重なるとストレスになります。

お互いがどれだけ歩み寄れるかによって、結婚してからもうまくやっていけるかが変わります。しっかり確認して気になる部分は2人で話し合って解決しましょう。

価値観が合うか確認できる

彼氏・彼女それぞれ価値観が違います。育った環境や性格が違うからです。

金銭感覚や食事の好みや味付け、友人や家族との付き合い方などあまりにも価値観が違いすぎると一緒に居ても疲れてしまいます。

あらかじめ同棲しておけば価値観を確認できるので、結婚するかどうかを判断しやすいです。

好きな人といつでもいられる

同じお部屋で生活するので一緒にいられる時間が増えます。特に遠距離恋愛などで、なかなか会う時間が取れなかったカップルはメリットに感じるでしょう。

結婚生活の予行練習になる

強制的に家事をする環境を作れることから、花嫁修業をしたい女性もメリットに感じることが多いです。

男性も、家事の分担を手伝ったり彼女のフォローをすることで、将来どんな生活になるのかのイメージが付きやすいです。

同棲するデメリット

一方で同棲すると「会う新鮮みがなくなる」「喧嘩が起きやすくなる」などのデメリットがあります。

デメリットをしっかり理解した上で同棲するかどうかを決めましょう。

  • ・慣れてマンネリ化する
  • ・1人でいる時間が少ない
  • ・金銭感覚や生活習慣の違いで揉める
  • ・同棲に否定的な親の説得が大変

慣れてマンネリ化する

一緒にいることが当たり前になり、恋人らしさがなくなるカップルが多いです。

いつものデートをちょっと変えてみたり、記念日を祝ったりなどマンネリ化しないように工夫する必要があります。

1人でいる時間が少ない

同じお部屋で生活するので1人でいられる時間が少なくなります。特に1LDKなど、自分のお部屋が持てない間取りの場合はストレスに感じるかもしれません。

適度に1人の時間を設けて息抜きするように心がけましょう。

金銭感覚や生活習慣の違いで揉める

良いところも悪いところも知れるため、価値観の違いで揉めることが多くなります。

多少の喧嘩は必要ですが、長引いてしまうと別れに繋がることもあるので注意が必要です。

同棲に否定的な親の説得が大変

親世代は結婚してから一緒に住むという感覚の人が多いことや、結婚前に妊娠してしまうのではないかという不安から同棲に否定的な人が多いです。

親の許可を得ずに強行突破すると、後の関係を悪くするので必ず許可を取ってから同棲しましょう。

▶同棲に反対する親を説得する方法はこちら

結婚するなら同棲しておくべき

見つめ合うカップル

将来的に結婚する予定があるなら、お互いの生活スタイルを確認するために同棲すべきです。

同棲せずに結婚すると、結婚後に「相手の態度が変わった」「前はこんな人ではなかった」と感じてしまうことがあります。

些細なことで喧嘩や離婚をしてしまわないためにも、結婚前に同棲をして、相手のことをしっかり見ておきましょう。

以下で、同棲から結婚に繋がった人と同棲せずに結婚した人の体験談を紹介します。

同棲から結婚に繋がったカップルの体験談

同棲したあとに結婚した人は、事前に相手の価値観・生活スタイルが分かるため、スムーズに結婚生活を始めやすいです。

相手の生活スタイルを理解したうえで結婚なので、大きなトラブルになる可能性がとても低くなります。

自分と彼の価値観や相性がわかる
女性のアイコン結婚前に同棲しておくことで、彼との価値観とか生活スタイルとかの相性が確認できますよ。私の場合は、同棲して相性が良かったので、この人と絶対結婚したい!って思いましたもん。(女性/20代後半)
結婚前提だったら準備期間に丁度いい
男性のアイコン結婚を前提の同棲なら、しておいたほうが良いと思いますよ。結婚式のお金を貯めたり、お互いが結婚に向けて覚悟を決める準備期間として丁度いいです。彼女も花嫁修業とか言って、料理の練習をいっぱいしてくれました。(男性/20代後半)

同棲せずに結婚したカップルの体験談

同棲せずに結婚したカップルは、自宅での相手の生活スタイルがはっきりと分かっていないため、相手に幻滅するケースがあります。

同棲しなかったすべての結婚が失敗するわけではありませんが、うまく行かない可能性は高くなると考えるべきです。

旦那がだらしなくてうんざりしてる
困り顔の女性のアイコンこっちが家事してるときもスマホいじってるだけ、トイレの扉は閉めない、ご飯を食べても片づけないとかで、めちゃくちゃだらしない!ここまで生活能力ないと思ってなくってうんざりしています!(女性/20代前半)
妻が口うるさくて怖い
困り顔の男性のアイコン付き合ってた時はそうでもなかったんですけど、結婚したら口うるさくて姑かって思う。家事手伝ったら、自分のやり方があるのか凄い怒られるし、友達と遊ぶときとか会社の飲み会の時とかも逐一現状報告しないとLINEが溜まるので怖いです…(男性/20代後半)

同棲を決意したらやるべきこと

同棲を決意したらやるべきことを流れに沿って解説します。なにから始めたら良いのかわからない人は是非参考にしてください。

  1. 同棲の目的や期間を確認しておく
  2. お互いの親に挨拶しておく
  3. 初期費用や生活費の負担について決める
  4. お部屋を探す
  5. 必要な家具や家電を用意しておく
  6. 家事や生活のルールを決める

1.同棲の目的や期間を確認しておく

「好きだからなんとなく」のように目的もなく同棲を初めてしまうと、些細な喧嘩などで同棲解消する原因になってしまいます。

目的をはっきりさせておけば、喧嘩したとしても解決しやすいです。

また、具体的な期間を決めておかないと「結婚が面倒だから同棲のままで良い」という考えが生まれ婚期が遠のきます。

「○年以内に結婚する」など期限を決めておくとうまくいきます。

2.お互いの親に挨拶しておく

同棲を決めたら、まずはお互いの親に挨拶に行きましょう。親からの同意を得ずに同棲を始めると、賃貸契約の連帯保証人や、困ったときの相談相手として頼れないからです。

結婚後はお互いの家族とも親戚になります。良好な関係を築くためにも、きちんと挨拶しておいてください。

3.初期費用や生活費の負担について決める

賃貸契約の初期費用や、毎月の生活費を誰がどのように負担するのか決めておいてください。

ちなみに当サイトRoochで2021年1~6月に同棲したカップル100組に費用の負担方法を聞いてみたところ、50%以上のカップルが折半していました。

同棲準備

男性の方が収入が多い場合は、多めに支払ったり全額負担しているケースもあるようです。女性が多く支払うケースはかなり少ないです。

4.お部屋を探す

2人で暮らすためのお部屋を探しましょう。家賃は2人の手取り合計の3分の1以下で、間取りは1LDK以上の広さが一般的です。

どんなお部屋が良いのかわからないカップルは不動産屋に相談すると良いです。同棲のお部屋探しの経験が豊富で、的確なアドバイスをくれます。

気軽にプロに相談したいならネット上の不動産屋「イエプラ」がおすすめです。来店不要でチャットやLINEでいつでも相談できます。

深夜0時まで営業しているので、お互いの予定がなかなか合わないカップルや、遠距離恋愛中で引っ越し先の不動産屋に行けない人も利用しやすいです。

同棲バナー

5.必要な家具や家電を用意しておく

生活に必要な家具・家電を用意しておきましょう。一人暮らししている場合は、どちらの家具を持ち込むのか相談して決めてください。

ただし、冷蔵庫や洗濯機は一人暮らし向けだと小さくて使いづらいので、買い替えるのがおすすめです。

6.家事や生活のルールを決める

家事の分担や生活する上でのルールを決めておくと良いです。ルールを決めておけば無用なケンカが防げるだけでなく、お互いの生活スタイルの確認にも役立ちます。

同棲前に気を付けるべき4つのポイント

仲の良いカップル

同棲を始める前に、以下の4つのポイントに気を付けるべきです。

  • ・目標や同棲期間を決めておく
  • ・しつこく同棲を誘わない
  • ・事前に同棲ルールを決めておく
  • ・同棲のお部屋はお互いの通勤を考慮する

上記のように相手を気遣うことで、良い同棲生活が送りやすくなります。

「同棲したい!」という気持ちだけで話を進めてしまうと、恋人とのあいだにズレができて、上手くいかない可能性が高くなります。

目標や同棲期間を決めておく

同棲をする前に、目標や同棲期間を決めておきましょう。でないと、婚期を逃しやすいです。

目標は「○万円貯金したら結婚する」「○年同棲したら結婚する」など、必ず明確にしておくべきです。

結婚資金を目標にする場合は、結婚式と披露宴で最低300万円は貯金しておくと良いです。

しつこく同棲を誘わない

一度同棲を切り出してみて断られたら、一旦は同棲の話題を避けてしつこく誘わないようにしましょう。

繰り返し同棲を迫ると、相手が付き合いそのものを嫌がってしまうかもしれません。

しばらく経ってから、なぜ同棲が嫌なのか、どうすれば同棲したいと思えそうなのかを冷静に話し合ってください。

結婚を考えているカップルにとって同棲することは必ず良い経験になるので、話し合えば相手も理解してくれるはずです。

事前に同棲ルールを決めておく

同棲から結婚に繋げるためには、同棲前に生活ルールを決めておくと失敗しにくいです。

価値観や性格、癖などが異なる2人が同じ屋根の下で暮らすので、今までのように自分勝手に生活をすると上手くいきません。

同棲ルールの一例
  • ・生活費は共有の財布で管理する
  • ・帰りが遅くなる場合は連絡を必ずする
  • ・定期的に2人で出かける日を作る
  • ・一人の時間を作る

厳しすぎるルールは相手を束縛することになるので、ある程度はゆとりのあるルールにしましょう。

例えば、門限を決めるときは「絶対に19時までに帰宅する」ではなく「19時までに帰れないときは連絡する」など、緩和できるものはしたほうが良いです。

同棲のお部屋はお互いの通勤を考慮する

同棲するなら、お互いが通勤しやすい場所を選びましょう。おすすめは、お互いの職場から30分ほどの場所です。

2人とも通勤しやすい場所なら、帰宅にかかる時間が短くて済むので一緒に過ごす時間が作りやすいです。

また通勤にかかる時間だけでなく、乗り換えの少なさや混雑具合についても考慮したほうが、ツラい通勤をせずに済みます。

同棲を始めるまでに必要な費用まとめ

お金を持っているカップル

同棲するまでに必要な初期費用の項目とお金の目安は以下の通りです。

賃貸の初期費用 家賃5~6ヶ月分
引っ越し費用 約8万円
家具家電の購入費 約15万円

賃貸の初期費用は、敷金・礼金や仲介手数料など、お部屋を借りる際に必要なお金です。引っ越し費用は、引っ越し業者の利用料や自分で引っ越しした際のレンタカー代です。

家具家電の購入費は、新居に設置する家具や家電を新しく購入した場合に発生する費用です。

賃貸の初期費用は家賃によって変動しますが、東京の同棲用の間取り物件の家賃相場である11万円で計算すると78~89万円です。

▶同棲の費用についての詳しい解説はこちら

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について