お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

同棲のタイミングはいつからがベスト?付き合ってどれくらい経てば良い?

同棲するタイミングを考えているカップルのイメージイラスト

同棲のタイミングはいつから?
付き合ってからどれくらい経てば良い?

彼氏や彼女との同棲を考えるとワクワクしますよね!一緒に料理を作れたり、同じベッドで寝れたりと想像しただけで楽しみが増えます。

しかし、同棲を始めるタイミングを間違えると、生活がうまくいかなくなったり、ケンカが増えて別れてしまう可能性も…。

そこで当記事では、同棲を始めるタイミングを解説します。同棲するまでの期間でやるべきことも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

監修 藤本 千里
不動産屋「家AGENT」
池袋店 営業スタッフ

池袋にある仲介不動産屋「家AGENT」で勤務する営業スタッフ。女性視点できめ細やかな接客をしてくれます。同棲に関する悩みや地域の住みやすさについてのアドバイスに定評があります。

同棲するタイミングは?

同棲を始めたタイミング 票数
1位 付き合って1年経ったあと 9票
2位 お部屋の更新が近づいてきたとき 7票
3位 就職や転職が決まったとき 5票
4位 彼氏(彼女)の親に挨拶したあと 4票
5位 プロポーズを受けたとき 3票
6位 遠距離恋愛で久しぶりに会ったとき 2票

2022年1月~4月の間で、弊社「家AGENT池袋店」を利用したカップル30組に聞いたランキング結果です。同棲を始めたタイミングについて、実際の体験談と併せて紹介します。

1位:付き合って1年経ったあと

付き合って1年の記念日に!
女性のアイコン彼氏ともっと一緒に過ごしたくて、付き合ってちょうど1年が経った日に、思い切って同棲したい!と言ってみました。彼氏も賛成してくれて嬉しかったです。せっかく同棲を始めたので、毎日ケンカしないように気をつけてます。(女性/20代前半)

同棲のタイミングは「付き合ってから1年経ったあと」がおすすめです。1年付き合っていれば、お互いの性格や価値観をある程度理解できているからです。

1年かけて一通りのイベントを経験すると、浮ついた気持ちも落ち着くので相手をきちんと見れるようになります。

お互いに本音を言える時期なので、同棲をスムーズに進めやすいです。

藤本さんのアイコン 藤本
同棲のタイミングは人生の「節目」が良いです。新生活を始めるのに丁度良いきっかけになるので、同棲したいと相手に伝えやすいです。

2位:お部屋の更新が近づいてきたとき

更新料がもったいないと感じた
女性のアイコン自分が住んでいたお部屋の更新が迫っていました。そんなとき彼氏が「どうせなら、もう一緒に住んじゃおう」と言ってくれて、たしかに更新料もったいないし同棲も良いかなあって。払うはずだった更新料を新居の初期費用に充てられたので、ちょっと得した気分です。(女性/20代後半)

賃貸の更新きっかけで同棲を考えるカップルも多いです。期限までに引っ越せば、更新料や家賃といった余計なお金を払わずに済みます。

更新がきっかけで同棲するなら、将来について一度踏み込んだ話をしておきましょう。

彼女は結婚前提のつもりで同居したのに、彼氏はただ一緒にいたいだけだった、といったすれ違いを防げます。

片方の家に引っ越すなら契約内容に注意する

すでに彼氏(彼女)が住んでいる家に引っ越すなら注意です。お部屋の契約内容に違反する可能性があるからです。

「単身限定」のお部屋に2人で暮らすのはルール違反です。1Rや1Kなら要注意です。規約は入居時の契約書に書いてあるので、同棲前に必ず確認してください。

藤本さんのアイコン 藤本
2人で暮らせるお部屋でも、黙って住み続けるのは契約違反です。必ず管理会社へ連絡し、入居人変更の手続きをしてください。

3位:就職や転職が決まったとき

彼が転職で社宅から出るタイミングで
女性のアイコン彼が転職するときに社宅から出なきゃいけなくなったんですよ。それで、新しい部屋探すってことになったので、どうせなら同棲しようよって言ってみました。丁度良いタイミングだったので、もちろんOK出ましたよ!(女性/30代前半)

転職や就職などの仕事の節目で同棲を始めるカップルも多いです。社宅から出る必要があったり、家賃補助がなくなるからです。

同棲するお部屋は、2人の職場から離れすぎないエリアで探しましょう。お部屋探しのポイントは、のちほど解説します。

▼お部屋探しのポイントを読む

新生活のストレスに注意する

転職や就職した人は、新しい環境によるストレスを抱えやすいです。一方的に自分の考えを押し付けたりすると、ケンカが増えたり破局してしまう可能性があります。

パートナーの性格や考え方がまだ理解できてないなら、転職や就職のタイミングで同棲しないほうが良いです。

4位:パートナーの親に挨拶したあと

彼の親から同棲したら?って言われたから
女性のアイコン彼の両親に挨拶しに行ったとき「相性って大事だから、もう同棲してみたら?」って言われました(笑)その時はビックリしましたが、帰ったあとに2人でよく話し合って最終的に同棲することになりました。たぶん言われてなかったら、同棲せずにどちらかの家に泊まりに行くのを繰り返してたと思います。(女性/20代後半)

両親への挨拶がきっかけで同棲を始めるカップルもいます。恋人の両親との顔合わせは、大きな節目になるからです。

恋人の両親は、子どもの交際相手からきちんと挨拶をされると安心します。「自分の子どもがどういう人と付き合ってるのか」を確認できるからです。

藤本さんのアイコン 藤本
挨拶のときに相手の親と仲良くなれば「真剣に結婚を考えてるなら同棲して相性を見たほうが良い」と言われるケースがあります。

5位:プロポーズを受けたとき

同棲しているほうが結婚準備にいろいろ便利
女性のアイコン3年くらい付き合っていた彼氏が、私の誕生日にプロポーズしてくれました!もちろんOKしたんですが、結婚後のお金のこととか考えると、すぐに同棲したほうがメリットがあるなあと思って、一緒に住み始めました!2人で協力したらお金もどんどん貯まって、結婚式が楽しみです!(女性/20代後半)

プロポーズのあともおすすめのタイミングです。お互いが「結婚」という同じ目標を持つからです。はっきりした目標があると、同棲生活が長く続きやすいです。

結婚式や新婚旅行でかかるお金のために、貯金を協力して頑張れます。

6位:遠距離恋愛で久しぶりに会ったとき

久々のデート後に寂しくなって…
男性のアイコン2年ほど遠距離恋愛をしていました。会えない時は2ヶ月くらい会えない時もありました。久々のデート後に「またしばらく会えなくなるのが寂しい」って伝えたところ、同棲することになりました。お互いの交通費ももったいなかったですしね。(男性/20代後半)

結婚を前提に付き合っていた遠距離恋愛中のカップルが、久しぶりに再会すると気持ちも高ぶります。

遠距離からの同棲は、どちらかの転職が必要になるケースが多いです。相手の家や仕事の都合を配慮して、同棲を始める時期は相手のペースを尊重するようにしましょう。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める

同棲する6つのメリット

  1. 生活費を節約できる
  2. 考え方や価値観を確かめられる
  3. 一緒にいられる時間が長くなる
  4. 相手の生活習慣を見れる
  5. 結婚後の生活をイメージできる
  6. 広いお部屋に住める

①生活費を節約できる

節約しているカップルのイラスト
同棲すれば、お互いが一人暮らしするよりも生活費が抑えられます。家賃や水道光熱費を折半できるからです。

都内で一人暮らしすると、家賃だけで1人あたり7~8万円はかかります。家賃10万円のお部屋で同棲すれば、1人あたり5万円の出費で済むので非常に節約できます。

藤本さんのアイコン 藤本
食費もそれぞれが一人暮らしするより安くなるケースが多いです。食材はまとめ買いすればお得ですし、自炊する機会も増えるからです。

同棲カップルの生活費の内訳

同棲 1人あたり
家賃 約100,000円 約50,000円
食費 約80,000円 約40,000円
水道光熱費 約30,000円 約15,000円
交際費・娯楽費 約60,000円 約30,000円
スマホ・ネット代 約45,000円 約22,500円
医療費 約15,000円 約7,500円
その他(衣類/日用品) 約60,000円 約30,000円
合計 約315,000円 約157,500円

2022年に総務省統計局が公表した「家計調査報告(二人以上の世帯)」をもとに、二人暮らしの生活費を計算してみました。

家賃10万円のお部屋に住んだとき、同棲カップルの生活費は約31.5万円です。食費や交際費を抑えれば、浮いたお金を貯金に回せます。

藤本さんのアイコン 藤本
家賃は、必ずかかる固定費から逆算してください。家賃を先に決めると、食費や水道光熱費を払えなくなる可能性があります。

②考え方や価値観を確かめられる

お互いを理解しようとするカップルのイラスト
お互い育った環境が違うので、考え方や価値観が異なる場合が多いです。お金の使い方や友人との付き合い方などです。

あまりにも価値観が違いすぎると、一緒に居ても疲れてしまいます。あらかじめ同棲しておけば価値観を確認できるので、結婚するかどうかを判断しやすいです。

③一緒にいられる時間が長くなる

同棲していれば、恋人と一緒にいられる時間が長くなります。仕事が終わって帰宅しても、誰かが待っているという安心感を得られます。

体調を崩したときは恋人がいるので寂しい思いをしません。代わりに食べ物や日用品を買いに行ってもらえます。

藤本さんのアイコン 藤本
同棲はちょうど良い距離感を保つのが大切です。1人の時間が少なすぎると、ストレスが溜まってしまいます。

④相手の生活習慣を見れる

洗濯物をたたむカップルのイラスト
同棲すると、普段のデートでは分からなかった相手の生活習慣を見れます。別々で暮らしていた人が一緒に住むと、少なからず生活習慣のズレが出てきます。

些細な生活習慣の違いは積み重なるとストレスになりやすいです。寝る時間などは、事前にルールを決めておくと良いです。

お互いがどれだけ歩み寄れるかによって、結婚後もうまくやっていけるかが変わります。気になる部分は2人で話し合って解決しましょう。

藤本さんのアイコン 藤本
特にチェックしておきたいのは、家事のやり方とゴミの分別です。毎日しなければいけないので、生活習慣が合わないとかなりキツいです。

⑤結婚後の生活をイメージできる

強制的に家事をする環境で暮らすので、花嫁修業したい女性はメリットに感じます。自炊を増やせば、食費の節約にも繋がります。

彼氏も協力して家事を分担すると、将来どんな生活になるのかのイメージが付きやすいです。

藤本さんのアイコン 藤本
一人暮らし経験がない人は、同棲中に練習しておくと良いです。どちらかが一人暮らし経験ありなら、教えてあげると2人の仲も深まります。

⑥広いお部屋に住める

1Rや1Kといった一人暮らし向けから、1~2LDKの広いお部屋で暮らせます。

専有面積でいうと1LDKなら35~38㎡です。一人暮らし用のお部屋が10~20㎡なので、2人で住んでも狭く感じません。

また、2人暮らし用のお部屋は水回りも広く作られています。2人並んで料理が作れたり、ゆっくりお風呂に入れます。

同棲する4つのデメリット

  1. 金銭感覚や生活習慣の違いで揉める
  2. 1人の時間が減る
  3. 生活に慣れてマンネリ化する
  4. 親に同棲を説得する手間がかかる

①金銭感覚や生活習慣の違いで揉める

同棲相手にイライラしている女の子のイラスト
別々に暮らしているときは気にならなかった行動やクセが、毎日一緒に過ごすと目についてイライラしてしまう場合があります。

お金の使い方や生活習慣など、自分とは異なる部分があれば早めに話し合いましょう。ストレスを感じたまま過ごすと、我慢できなくなり破局してしまいます。

②1人の時間が減る

同じお部屋で生活するので、1人でいられる時間が減ります。あまりにも自由時間がないと、相手の存在がストレスに感じやすいです。

お互いのプライベートを確保したいなら2DK以上のお部屋が良いです。それぞれ自分のお部屋が持てるので、ストレスも溜まりにくいです。

▶同棲カップルに最適な間取りはこちら

③生活に慣れてマンネリ化する

マンネリ化しているカップル
同棲生活に慣れて、恋人らしさを感じなくなる可能性があります。一緒に暮らしてから1年ほど経つと、相手へのドキドキ感が減ったと感じるカップルが多いです。

マンネリ化してしまったら、いつもとは違う時間を過ごしてみましょう。2人旅行に行ったり、あえて週末を別々に過ごしてみるのも手です。

④親に同棲を説得する手間がかかる

親世代は「結婚してから一緒に住む」という感覚の人が多いです。結婚前に妊娠してしまうのではないかという不安から、同棲に否定的な人もいます。

親の許可を得ずに強行突破すると、今後の関係に影響が出ます。できれば許可を取ってから同棲しましょう。

▶同棲反対の親を説得する方法はこちら

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
スーモやホームズにない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶

おとり物件が少ないサイト3選のサムネイル
不動産屋の悪質な広告「おとり物件」が少ないサイト3選!
記事を読む ▶

同棲前のタイミングでやるべきこと

  • ・一緒に住む目的をはっきりさせる
  • ・初期費用の分担を決める
  • ・貯金額や同棲期間の目標を作る
  • ・同棲するお部屋を探す
  • ・同棲中のルールを決めておく

一緒に住む目的をはっきりさせる

単純に「一緒にいたいから」といった理由だけで先走ると、失敗しやすいです。万が一別れてしまったら、金銭面の負担が大きく簡単には引っ越しできないからです。

一緒に住む目的をはっきりさせておくと良いです。「結婚前提」という目的で同棲するのであれば、ケンカしても別れる可能性は低いです。

同棲するなら親にパートナーを紹介する

同棲を決めたらお互いの親にパートナーを紹介しましょう。挨拶をしておかないと、賃貸契約の連帯保証人や、困ったときの相談相手として頼れないからです。

結婚後はお互いの家族とも親戚になります。良好な関係を築くためにも、きちんと挨拶しておいてください。

▶同棲前の挨拶のポイントはこちら

初期費用の分担を決める

同棲準備

調査内容
  • 媒体:「家AGENT」池袋店での契約
  • 期間:2022年1月~2022年4月
  • 対象:20代~30代カップル
  • 調査数:100組

アンケート結果によると、50%以上のカップルが「完全折半」で初期費用を払っていました。

折半する場合、一旦どちらかが負担して引っ越し後に精算する流れが一般的です。スムーズに精算できるように、かかった費用に関しては領収書を手元に残しておくと良いです。

同棲にかかる費用の分担方法は、お部屋探し前に決めましょう。ちなみに、23区内で良い条件のお部屋に住むには、約100万円の初期費用が必要です。

▶同棲の初期費用の解説はこちら

同棲までにかかるその他の費用

金額
引越し費用 65,000~110,000円
家具・家電費用 100,000~300,000円

同棲には2人分の引っ越し費用がかかります。一人暮らしの引っ越しと比べると、2~5万円ほど高いです。

家具や家電を購入するときは、通販ではなく実店舗で買うのがおすすめです。まとめ買いすると値引きしてくれる場合があります。

貯金額や同棲期間の目標を作る

結婚資金を貯めるイメージイラスト
「海外旅行のために100万円貯金する」「2年同棲したら結婚する」など、目標を明確にしておくべきです。ある程度の目処がないと、ダラダラとした生活を送ってしまいます。

具体的な金額や期間を決めておかないと「結婚が面倒だから同棲のままで良い」という考えが生まれ、婚期が遠のきます。

同棲するお部屋を探す

スマホを使って部屋探しをしているカップルのイメージイラスト
お部屋は2人で意見を出し合って探しましょう。片方に任せきりにすると、住んだ後に不満が出てケンカに発展します。

どんなお部屋が良いのか悩んだら不動産屋に相談すると良いです。同棲のお部屋探しの経験が豊富で、的確なアドバイスをくれます。

気軽にプロに相談したいならネット上の不動産屋「イエプラ」がおすすめです。来店不要でチャットやLINEでいつでも相談できます。

深夜0時まで営業しているので、お互いの予定がなかなか合わないカップルや、遠距離恋愛中で引っ越し先の不動産屋に行けない人も利用しやすいです。

同棲バナー

同棲中のルールを決めておく

生活費の管理方法

  • ・毎月一定の金額をお互いに出し合う
  • ・お互いの収入を1つにまとめて管理する
  • ・平等になるように完全に折半する
  • ・固定費とそれ以外で分担する
  • ・クレジットカードで管理する

無駄遣いを減らしたいなら、毎月同じ金額を出し合うのがおすすめです。決まった金額の中でやりくりするため、予算オーバーな買い物を減らせます。

面倒な計算が嫌なカップルなら、お互いの給料を1つの口座で管理するのも手です。ただし、大きな買い物をするたびに、相手から許可をもらう手間がかかります。

藤本さんのアイコン 藤本
お金の管理方法はしっかり決めておくべきです。どちらかの負担が大きいと、ケンカやトラブルの原因になりやすいからです。

▶同棲がうまくいくお金の管理方法はこちら

家事の役割分担

やること
食事 ・調理
・お皿洗い
・片付け
掃除 ・リビング、寝室の掃除機がけ
・キッチン周りの掃除、排水口のごみ取り
・浴室の掃除、排水口のごみ取り
・脱衣場と洗面台の掃除
・トイレ掃除
洗濯 ・洗濯ネットに分ける
・外に干す
・取り込んで畳む
その他 ・ゴミ出し
・在庫チェック
・買い物
・家電のお手入れ など

二人暮らしに慣れていないうちは「家事分担表」を作って実践してみましょう。1ヶ月ほど試して、負担の調整をしてみてください。

生活リズムがバラバラでうまく分担できないときは、曜日ごとか週ごとで役割分担をすると良いです。

藤本さんのアイコン 藤本
それぞれの得意分野を活かす役割分担だとうまくいきます。あえて一緒の家事をするのも仲が深まる良いチャンスです。

生活リズムに関すること

  • ・定期的に2人で出かける日を作る
  • ・帰りが遅くなる場合は必ず連絡する
  • ・およその就寝時間、起床時間を決める
  • ・友人を家に招く場合は事前に連絡する
  • ・週1回ほど1人に慣れる時間を作る

厳しすぎるルールは相手を束縛します。ある程度ゆとりのあるものにしましょう。

同棲は、お互いを尊重する気持ちや気配りが必要です。価値観は人それぞれ違うので、歩み寄る気持ちが大切です。

藤本さんのアイコン 藤本
門限を決めるときは「絶対に19時までに帰宅する」ではなく「19時までに帰れないときは連絡する」などに緩和してください。

同棲するお部屋探しのポイント

  • ・二人入居可のお部屋にする
  • ・生活リズムに合わせた間取りにする
  • ・お互いが通勤しやすいエリアにする

二人入居可のお部屋にする

二人入居可とは、結婚前提の同棲カップルや、すでに結婚している夫婦が住める物件です。

注意点として、同棲カップルは大家さんの審査が厳しい場合があります。「すぐに別れて家賃を滞納されるかもしれない」と心配になるからです。

まだ結婚していないカップルは、2人で契約する「連名契約」が多いです。それぞれ連帯保証人が必要になるので、事前に親や兄弟に相談しておきましょう。

▶連名契約の解説はこちら

生活リズムに合わせた間取りにする

大きなズレがないなら1LDK

一緒にごはんを食べるカップルのイラスト

1LDKは居室が1つしかないので「生活リズムが変わらない」「一緒の時間が長くてもストレスを感じない」というカップル向けです。

1990年以降から現在に流行っている間取りなので、新築や築浅物件が多く、内装がキレイなお部屋が見つかりやすいです。

働く時間に差があるなら2DK

2LDKで同棲をするカップルのイラスト

2DKは居室が2つあるので、生活スタイルが違うカップルでも快適に生活できます。

1980年代に流行った間取りのため、築年数がやや古めです。代わりに家賃が安く、1LDKと比べると約2万円家賃を抑えられます。

藤本さんのアイコン 藤本
同じく居室が2つある「2LDK」は家賃が高いです。23区内の家賃相場は約18.4万円です。自室を確保しつつ家賃を抑えたいなら2DKがおすすめです。

お互いが通勤しやすいエリアにする

住むエリアを考えているカップルのイラスト
同棲するなら、2人が通勤しやすい場所を選びましょう。お互いの職場から30分ほどのエリアがおすすめです。

乗り換えの少なさや混雑具合についてもチェックしておくと、予想外のラッシュに巻き込まれずに済みます。

社会人同士ではないカップルの注意点

学生×学生カップルの場合

お部屋の契約者が親になる

学生が賃貸契約するとき、両親に契約をお願いする「代理契約」を利用します。ただし、学業に専念しなければいけない学生の間は、親の同意を得るのは難しいです。

万が一、学生が契約できるお部屋でも、親を連帯保証人にする必要があります。どちらにしろ、学生が同棲できる確率は低いです。

学業に支障をきたしやすい

学生のうちに同棲すると、勉強する時間が削られます。生活費のためにアルバイトをする必要があるからです。

学業がおろそかになって単位を落としたり、中退のリスクがあります。無理に同棲を始めるのはおすすめしません。

▶大学生同士の二人暮らしの解説はこちら

社会人×学生カップルの場合

二人入居可の物件が選びづらい

片方だけが社会人のカップルは、世帯主の収入だけで払える家賃帯からお部屋を選ぶ必要があります。

社会人になったばっかりだと収入が足りず、二人暮らし向けの物件を借りられない可能性があります。

生活リズムにズレに気をつける

大学生と社会人では生活時間が異なり、同じ家にいてもすれ違いが増える可能性があります。社会人は残業や休日出勤などがあり、忙しい人も多いです。

せっかく同棲していても意味がなくなってしまうので、自分と相手の生活時間を把握した上で同棲するかどうか決めましょう。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶ 同棲向けのお部屋を探す
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について