お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

新卒で同棲するメリット・デメリットとは?社会人1年目の同棲はあり?

新卒で同棲するメリット・デメリットのイメージイラスト

新卒で同棲するメリット・デメリットについて紹介します!

事前に決めておくべきルールや必要な初期費用、カップルにおすすめの間取りまで徹底網羅しています!同棲するか迷っている人参考にしてください。

この記事の内容は、ファイナンシャル・プランナーの岩井さんに監修していただきました。

監修 岩井 勇太
ファイナンシャル・プランナー
宅地建物取引士

日本FP協会認定のFP。お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。

新卒で同棲するメリット

新卒ですぐに同棲したいと考えているカップルに向けてメリットを6つ解説します。

  • ・1人あたりの生活費が安くなる
  • ・2人なら貯金しやすい
  • ・デートの費用が節約できる
  • ・2人の時間が増える
  • ・帰宅して相手がいると安心する
  • ・結婚の予行演習になる

1人あたりの生活費が安くなる

同棲の生活費は、一人暮らしの生活費に0.5人分プラスしたくらいで足りるので、1人辺りの負担額が減ります。

例えば家賃10万円のお部屋を借りて完全折半すると、1人あたり5万円です。都内で1Kを借りると7~8万円かかるので、一人暮らしのお部屋よりも家賃が安くなります。

2人なら貯金しやすい

生活費の負担が減った分、浮いたお金を丸々貯金に回せます。

ただし、社会人1年目は収入が少ないので、無理な貯金はせずに手軽に始まられる500円貯金から開始すると良いです。

デートの費用が節約できる

部屋で映画鑑賞をするカップル
同棲前は、デート代でかなりお金を使うというカップルが多いです。

しかし、同棲を始めると生活費を意識してなるべく節約しようと考え、お金をかけずに楽しむ傾向があります。

出かけなくても一緒にDVDを見たり、料理を作ったりしてお家デートを楽しめるので自然と節約できます。

2人の時間が増える

同棲を始めると、毎日顔を合わせることになるので自然と2人の時間が増えます。会話も増えてさらに仲が深まるカップルが多いです。

帰宅して相手がいると安心する

帰宅したときに「ただいま」「おかえり」と言い合えるので、安心感があります。

仕事で帰宅が遅くなっても家事をしてくれたり、温かいごはんが用意されているなど、お互いに助け合えます。

また、体調を崩した時に看病してくれる人がいるのも心強いです。

結婚の予行演習になる

結婚前の花嫁修業期間になるので、家事が苦手な女性は予行練習できます。

男性も、家事の分担を手伝ったり彼女のフォローをすることで、将来どんな生活になるのかのイメージが付きやすいです。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める

新卒で同棲するデメリット

同棲するデメリットを4つ紹介します。同棲生活に失敗しないためにも、しっかり把握しておきましょう。

  • ・1人の時間が取りにくい
  • ・相手の嫌な部分が見えてしまう
  • ・生活リズムが違うとつらい
  • ・お金の管理で揉めやすい

1人の時間が取りにくい

家に帰ると恋人がいるので、1人きりになりたいと思ってもなかなか一人の時間を作れません。

インドアの趣味があり1人で楽しみたいときは、お部屋の環境を整えない過ごしづらいです。

居室が2つある間取りを選んだり、休日に1人の時間を作るなどの工夫をしないとストレスが溜まります。

相手の嫌な部分が見えてしまう

困っている彼女のイラスト
同棲前だとわからなかった癖や、生活スタイル、価値観が見えてくるので、相手の嫌な部分も目につきます。

どうしても受け入れられない部分は、相手に伝えて直してもらうか、縁がなかったと思い別れるしかありません。

生活リズムが違うとつらい

どちらかが夜勤などで、生活リズムが違うと非常につらいです。

自分が寝ているときに相手が仕事から帰ってきて、睡眠を邪魔されることもあります。

2DKのように居室が2つある間取りを選び、なるべく生活リズムを崩さないようにしましょう。

お金の管理で揉めやすい

家賃や食費、光熱費など、きちんと配分を決めておかないとお金の管理で喧嘩になります。

お互いのお金の管理ができていないと最悪の場合、同棲解消や破局につながります。

将来設計を考えるのであれば貯金やお金の使い道など、しっかりルールを決めて事前に喧嘩になる原因を減らしておきましょう。

新卒で同棲に向いている人の特徴

新卒で同棲に向いている人の特徴をまとめました。いくつか当てはまる人であれば、同棲しても失敗しにくいです。

  • ・一人暮らしの経験がある
  • ・家事がある程度できる
  • ・生活リズムが違っても気にしない
  • ・収入が安定しているもしくは貯金が多少ある
  • ・ストレス解消方法がある

新卒は仕事に慣れるまで大変です。仕事が終わって帰宅しても、家事をやる気力がでないことが多いです。

どちらかが家事をできないときに、フォローしなければなりません。一人暮らしの経験があったり、一通りの家事ができる人でないと同棲は厳しいです。

また、同棲までに初期費用・引っ越し費用・家具家電購入費などお金がかかるので、収入や貯金がある人でないと難しいです。

家賃や初期費用が安いお部屋を探して、なるべく出費を防ぐべきです。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
スーモやホームズにない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶

おとり物件が少ないサイト3選のサムネイル
不動産屋の悪質な広告「おとり物件」が少ないサイト3選!
記事を読む ▶

事前に同棲ルールを決めておくべき

ポイントのイメージイラスト
せっかくの同棲で失敗しないためにも、事前に生活ルールを決めておきべきです。

価値観や性格、癖などが異なる2人が同じ屋根の下で暮らすので、今までのように自分勝手に生活をすると上手くいきません。

同棲ルールの一例
  • ・生活費は共有の財布で管理する
  • ・帰りが遅くなる場合は連絡を必ずする
  • ・定期的に2人で出かける日を作る
  • ・1人の時間を作る

ルールは厳しすぎてはいけません。厳しすぎると束縛されているように感じるので、相手の心が離れやすいです。

例えば「絶対に19時までに帰宅する」ではなく「19時までに帰れないときは連絡する」など、緩和したほうが良いです。

同棲に必要な初期費用は約100万円

東京都内で同棲向けの1LDK~2DKの平均家賃約10万円で計算すると、同棲するまでの費用は約94万円かかります。

引っ越し直後はなにかと入用になることが多いので、余裕を持って100万円の予算を見ておくべきです。

以下で、東京都内の1LDKの平均である家賃10万円で計算した例を紹介します。

賃貸契約の初期費用 約450,000~500,000円
(家賃5~6ヶ月分)
引っ越し費用 約80,000円
家具家電・日用品購入費 約310,000円

上記の目安は2人暮らしに最低限必要な家具家電だけを新調し、引っ越し距離は2人共50km未満を想定した計算です。人によってはさらに費用がかかります。

また、初期費用に加えて初月の生活費も別途用意する必要があります。

初期費用100万円の内訳

初期費用100万円の内訳を費用の目安と一緒に解説します。

もっとも費用がかかるのは賃貸契約です。次いで費用がかかるのは家具家電ですが、一人暮らし時代のものや実家から持ち込むなど工夫次第で抑えられます。

賃貸契約 敷金 100,000円 549,410円
礼金 100,000円
仲介手数料 110,000円
前家賃 100,000円
日割り家賃 54,910円
保証会社
利用料
50,000円
火災保険料 18,000円
鍵交換費用 16,500円
引っ越し費用 引っ越し
業者代
80,000円 80,000円
家具家電 ダブル
ベッド
50,000円 310,000円
寝具 15,000円
二人掛け
ソファ
40,000円
ダイニング
テーブル
25,000円
冷蔵庫
(300L以上)
90,000円
7kg以上の
洗濯機
70,000円
カーテン
(3窓分)
20,000円
予備費 60,000円
合計 約999,410円

賃貸契約は借りるお部屋によって「室内クリーニング」などの追加費用がかかるケースがあります。その場合は予備費から捻出するようにしましょう。

同棲の家賃目安は合計手取りの3分の1以下が良い

同棲を始めるカップルの家賃目安は「合計手取りの3分の1以下」です。給料総額の合計で考えると、食費や光熱費、娯楽費などの生活費が足りなくなる可能性があるからです。

そもそも「手取り」とは、給料の総額から健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料、住民税、所得税などが差し引かれて、手元に入るお金のことです。

岩井さんのアイコン 岩井
差し引かれる金額は、給料の総額に対して約15~20%です。一般的に家賃と食費で収入の50%を占めるため、家賃目安は手取りの3分の1程度で考えるべきです。

新卒のカップルは負担を減らすためにも、家賃の安さ重視でお部屋を探しましょう。新卒のうちは給料が安く、1年目はボーナスが出ない企業が多いからです。

できれば「合計手取りの4分の1」を目安に探すと良いです。家賃が安ければ審査にも通りやすくなります。

安くて質の良いお部屋を効率的に探す方法

家賃が安くて質の良いお部屋は、物件検索サイトで探すよりも不動産屋に探してもらったほうが良いです。

不動産屋だけが使える専用のデータベース「ATBB」を使って物件を紹介するので、希望にあった物件が見つかりやすいです。

全国の賃貸情報の8割が集約されており、ネット上にはない未公開物件も見られます

ネット上の不動産屋「イエプラ」なら、チャットやLINEでいつでもどこでも気軽にお部屋探しできるので是非使ってみてください。

同棲バナー

新卒の同棲カップルにおすすめの間取り

新卒の同棲カップルにおすすめの間取りは「2DK」と「1LDK」です。

以下で2DKと1LDKの間取りの特徴と、おすすめする理由を解説します。お部屋探しの際に是非参考にしてください。

お互いの空間を確保したいなら2DK

2DKは、ダイニングキッチン+お部屋が2つの間取りです。ダイニング・キッチンスペースは、6~10畳未満になります。

2DKの間取り図例

お部屋が2つあるので、それぞれのお部屋を確保したり、1部屋を寝室にしてもう1部屋を収納スペースや趣味のお部屋などに使えます。

DKの間取りは1980年代に流行ったため、やや築年数が古いですが家賃が低めに設定されているので新卒カップルにおすすめです。

岩井さんのアイコン 岩井
築年数が気になる人はリノベーションやリフォームされた、内装が綺麗なお部屋を探すと良いです。

常に一緒にいたいなら1LDK

1LDKは、1部屋+リビングダイニングキッチンが8畳以上の広さの間取りのことです。

1LDKの間取り図例

寝室(居室)と生活スペースしかないので、常に一緒にいたいカップルにおすすめです。

LDKの間取りは、2000年ころに流行り始めた間取りのため築年数が浅く、BT別やオートロックなどの設備が充実していることが多いです。

岩井さんのアイコン 岩井
LDKの間取りは家賃がやや高いので、住む場所によっては2DKより費用がかさみます。お部屋全体の専有面積は、2DKも1LDKも大差ありません。

事前に準備をしておけばスムーズにお部屋探しできる

同棲のお部屋を探すには事前準備が大切です。お部屋探しのコツを知っておくだけでも、理想の物件を見つけやすくなります。

以下の記事では、同棲のお部屋探しの流れや、住む場所の決め方などを解説しています。

また、同棲を始める前にいくら貯金しておくべきかについても紹介しています。ぜひ参考にしてください。

同棲のお部屋探しの関連記事
同棲前にいくら貯金すべきか徹底解説!
同棲前にいくら貯金すべきか徹底解説!
記事を読む ▶
同棲前に準備すべきことのアイコン
同棲前に準備すべきこと8選!
記事を読む ▶

カップルのパターン別の生活費

カップルの生活スタイルや、職業などで、生活費の内訳は変わってきます。

新卒で同棲を始めたカップルの金銭事情を把握するために、当サイトRoochで生活費に関するアンケートを取りました。

カップルのパターン別に生活費の例と実際の声を紹介するので、参考にしてみてください。

調査内容
媒体:当サイトRoochのユーザー
期間:2021年1月~2021年6月
対象:新卒で同棲を始めた20代カップル
調査数:60組

新卒×新卒カップル

家賃 100,000円
食費 40,000円
水道光熱費 15,000円
交際費・娯楽費 25,000円
ネット/スマホ代 15,000円
その他
(衣類・日用品など)
30,000円
合計 225,000円

新卒同士の同棲は、生活費を完全に折半しているというカップルがほとんどでした。

デート代は、男性側が負担しているという意見が多かったです。

家賃が高くても広い間取りが良い
女性のアイコンお互い1人の時間を大切にするので、広い間取りに住んでいます。家賃は少し高めですが、折半すれば5万円ほどなので生活はそんなに苦しくないです。(女性/20代前半)

多少家賃が高くても2人とも収入があって折半できるので、お互いの暮し方に合わせて間取りを決められます。

新卒×フリーターカップル

家賃 90,000円
食費 35,000円
水道光熱費 15,000円
交際費・娯楽費 25,000円
ネット/スマホ代 15,000円
その他
(衣類・日用品など)
30,000円
合計 210,000円

新卒とフリーターのカップルは、家賃や光熱費などを役割分担して支払っているという意見が多かったです。

デートのときは収入が多いほうが多く支払うなど、収入に合わせた支払いをしているカップルもいました。

お金のルールを決めている
女性のアイコン彼がフリーターなので、家賃や生活費は折半ではなく、支払うものによって金額を決めています。収入が安定してないので、時々私が多く払うときがありますけどね…。(女性/20代前半)

収入に差がある場合は、収入が多いほうが負担が大きいです。お金の管理方法を相談して、生活を圧迫しないようにしましょう。

新卒×大学生カップル

家賃 85,000円
食費 30,000円
水道光熱費 15,000円
交際費・娯楽費 25,000円
ネット/スマホ代 15,000円
その他
(衣類・日用品など)
30,000円
合計 200,000円

新卒と大学生のカップルはお金にあまり余裕がないので、常に節約をしているという意見が多かったです。

デート代は男性側が払って、お金のかかるデートはなるべくしないようにして使いすぎないように注意していました。

いまは節約生活だけど…
男性のアイコン彼女がアルバイト収入しかないので、家賃や光熱費の負担は僕のほうが大きいです。デートもあまりお金がかからないことをしています。彼女が就職したタイミングで引っ越す予定です。(男性/20代前半)

大学生とカップルの場合は、無理に広いお部屋に引っ越さないほうが良いです。お互いの収入が安定してからの引っ越しがおすすめです。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶ 同棲向けのお部屋を探す
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について