ドコモ光でオンラインゲームは遊べる?PS4・PS5・Switch・PCゲームなどタイトル別に解説!

最終更新日:2022年09月27日
ドコモ光×ゲームのアイキャッチ

ドコモ光でオンラインゲームを快適に遊べるのかどうか、詳しく解説します!結論から述べるとドコモ光でもオンラインゲームは十分遊べます!

ただし、ドコモ光はフレッツ光やソフトバンク光と同じ回線網を使っているためv6プラスという高速通信を使えるプロバイダを選ばないと、通信状況が安定しない場合があります。

この記事では、ドコモ光でゲームを遊びたいと考えている人に、どんなことに注意して契約すべきか、わかりやすく解説しています。

PCのオンラインゲームだけでなく、PS5/PS4やSwitchなどの家庭用ゲーム機で遊びたい人も、ぜひ参考にしてください!

西久保

ゲーム攻略サイト「アルテマ」で5年間メディア運営に携わったゲーム好き。FF14とApexをこよなく愛すゲーム回線マニア。

おすすめ人気記事
「ドコモ光-キャンペーン」のアイキャッチ
】ドコモ光の最優良キャンペーン比較!全33社でお得な特典の窓口はどこ?
記事を読む
ドコモ光のおすすめプロバイダのアイキャッチ
ドコモ光のおすすめプロバイダは?全23社の料金・速度・特典などサービスを徹底比較!
記事を読む
ドコモ光の評判や口コミのアイキャッチ
ドコモ光の評判や口コミは悪い?料金や速度などのメリットデメリットを徹底解説!
記事を読む
おすすめ人気記事
「ドコモ光-キャンペーン」のアイキャッチ
】ドコモ光の最優良キャンペーン比較!全33社でお得な特典の窓口はどこ?
記事を読む
ドコモ光のおすすめプロバイダのアイキャッチ
ドコモ光のおすすめプロバイダは?全23社の料金・速度・特典などサービスを徹底比較!
記事を読む
ドコモ光の評判や口コミのアイキャッチ
ドコモ光の評判や口コミは悪い?料金や速度などのメリットデメリットを徹底解説!
記事を読む

ドコモ光でオンラインゲームを遊ぶならv6プラス対応のプロバイダにすべき

ドコモ光でオンラインゲームを遊ぶならv6プラス対応のプロバイダを選ぶべきです。

ドコモ光の平均速度は240Mbpsなので光回線の中でも平均的なレベルです。速いとは言えませんが、遅すぎるというわけでもありません。

ドコモ光はフレッツ光やソフトバンク光といった、他の光コラボの回線速度とほぼ変わりません。なぜなら、ドコモ光はフレッツ光と同じNTTの回線網を利用しているからです。

しかし、v6プラス対応のプロバイダを選べば、通信速度が速くなり、オンラインゲームも安定して遊べるようになります。

v6プラスを使えば利用者の多い時間帯でも安定した通信が可能

「IPv6・IPoE」と「IPv4とPPPoE」の説明

ドコモ光は高速通信ができる「v6プラス」というオプションを使うことで、利用者の多い時間帯でも安定した通信が可能です。

v6プラスとは最新の接続方式のことです。従来はIPv4接続(PPPoE)のみでしたが、IPv6接続というものが流通して、各社v6プラスやIPv4 over IPv6といった名称でIPv6接続(IPoE)を展開しています。

本来、ドコモ光はフレッツ光の回線網を利用しているので混雑にとても弱く、利用者が多い時間帯だと遅延が多発する光回線です。

v6プラスを利用すると、回線の通り道が増えるので混雑が緩和されます。v6プラスを利用した場合と、使わなかった場合の回線速度は以下のとおりです。

下り 上り Ping値
IPoE 298Mbps 201Mbps 21.67ms
PPPoE 165Mbps 162Mbps 33.28ms

v6プラス(IPoE)を利用したほうが、回線速度・Ping値共に良くなっているのが分かります。オンラインゲームをする際のPing値は、大きくても20ms前後までがおすすめです。

30msまで行ってしまうと、ゲーム中にラグやフリーズする場面が増えてしまい、ストレスになります。

関連記事

▶ドコモ光のIPv6利用方法と設定方法
▶初心者にも分かりやすいIPv4とIPv6の解説

v6プラスの利用には対応ルーターが必須

ドコモ光でv6プラスを使うためには、v6プラスに対応したルーターが必須です。

しかし、ドコモ光はv6プラスに対応したルーターのレンタルを実施していません。実費でドコモ光ルーター01という対応ルーターの購入を推奨しています。

ただ、選ぶプロバイダによっては無料でv6プラス対応のルーターをレンタルできます。

v6プラス対応ルーターをレンタルできるプロバイダ

  • ・GMOとくとくBB
  • ・ぷらら
  • ・BIGLOBE
  • ・OCN
  • ・andline
  • ・@nifty
  • ・DTI

ルーターは市販で買うより、無料レンタルの物を利用したほうが安く済みます。もし、レンタルするなら上記のプロバイダから選択するのがおすすめです。

PS5やSwitchはIPv6接続に対応しているがPS4は未対応

手でバッテンしている人のイラスト

家庭用ゲーム機であるPS5やNintendo SwitchはIPv6接続に対応していますが、PS4は未対応です。

ただし、v6プラスを利用することで、IPv4接続でもIPv6の経路を利用できるようになります。v6プラスに繋ぐだけで回線速度の遅さを改善できるので、必ず利用しましょう。

ドコモ光でオンラインゲームを遊ぶならGMOとくとくBBがおすすめ

選択肢がたくさんあるイラスト

ドコモ光を利用してオンラインゲームをしたいなら、プロバイダはGMOとくとくBBにするべきです!

GMOとくとくBBは、ドコモ光で選べるプロバイダ24社の中で1番回線速度が速いです。さらに、IPv6接続に対応したルーターを無料でレンタルできます。

以下でドコモ光の代表的なプロバイダの平均速度をまとめました。

平均速度 v6プラス対応状況
GMOとくとくBB 273Mbps
BIGLOBE 249Mbps
ぷらら 209Mbps
OCN 217Mbps
DTI 197Mbps
andline 192Mbps
@nifty 190Mbps

最も速いのがGMOとくとくBBだということが分かります。

また、当サイト限定で、GMOとくとくBBはオプション加入不要で誰でも43,000円のキャッシュバックを受け取れるキャンペーンも実施しています。

光回線 おすすめ理由
ドコモ光のロゴ 無条件で43,000円還元(当サイト限定)
利用者からの評価が極めて高い
プロバイダ24社の中で回線速度が最速
高性能Wi-Fiルーターが無料レンタル
GMOとくとくBBはこちら

ドコモ光でオンラインゲームを遊んでいる人の口コミ

二人でテレビゲームをしているイラスト

ドコモ光でオンラインゲームを遊んでいる人の口コミを紹介します。当サイトで実施したアンケートの回答の中から、ドコモ光でゲームを遊んでいる人の意見を集めました。

女性のアイコン
問題なくゲームができる光回線30代女性 / 千葉県
60点 / 100点
30代女性
千葉県
60点 / 100点
プロバイダOCN
高速通信利用中
建物の種類マンション
ハードPS4
料金
ドコモ光の料金は少し高い
回線速度
ドコモ光の回線速度は平均的
キャンペーン
ドコモ光のキャンペーンの質は平均的
オプション
ドコモ光のオプションサービスは良い
よく遊ぶゲーム
Apex/Cod/シージ
平均速度
30Mbps
契約して良かったと思う点
安心できる大手のプロバイダを選びました。ドコモ光はプロバイダにより、回線速度が変わる、IPv6接続のオプションを付けないとゲームができないと口コミで見て不安だったので、v6アルファを付けてます。回線速度は下り30Mbps、Ping値は28msです。主にApexをプレイしてますが、現状ラグもなくスムーズです。
契約して不満に思っている点
ゲームがちゃんとできている点は助かっています。ただ、すごく速い訳でもないのに、料金が少し高いと思います。もう少し月額料金を下げてくれるとお財布に優しいです。
2021年06月12日
不満そうな男性のアイコン
ゴールデンタイムになるとできない20代男性 / 長野県
40点 / 100点
20代男性
長野県
40点 / 100点
プロバイダぷらら
高速通信利用中
建物の種類マンション
ハードSwitch
料金
ドコモ光の料金は高い
回線速度
ドコモ光の回線速度は遅い
キャンペーン
ドコモ光のキャンペーンの質は平均的
オプション
ドコモ光のオプションサービスはとても悪い
よく遊ぶゲーム
Apex
平均速度
155Mbps
契約して良かったと思う点
プロバイダは24社の中から、口コミをみて良さそうなものを選びました。もちろんぷららv6エクスプレスを利用しています。そのおかげか、Switchでも回線速度は下り155Mbpsで、Ping値は30ms前後です。
契約して不満に思っている点
契約して不満なのは、思ったより速度がでないこと、ゴールデンタイムに回線落ちが頻繁にあることです。Apexをプレイしていますが、ラグも酷いです。ロールバックしたり、動きが重くなる頻度が高すぎます。Switchだからもしれませんが・・・。
2020年12月11日
男性のアイコン
配信とゲームが両立できる30代男性 / 東京都
70点 / 100点
30代男性
東京都
70点 / 100点
プロバイダGMO
高速通信利用中
建物の種類戸建て
ハードPC
料金
ドコモ光の料金は少し安い
回線速度
ドコモ光の回線速度は少し速い
キャンペーン
ドコモ光のキャンペーンの質は平均的
オプション
ドコモ光のオプションサービスは平均的
よく遊ぶゲーム
Apex/ヴァロラント
平均速度
380Mbps
契約して良かったと思う点
自分は配信もゲームも良くやります。ドコモ光でゲームに向いているプロバイダがGMOとくとくBBということで決めました。初めはv6プラスを利用していなかったので、回線の調子が悪かったり、配信で動画がカクついたりしてました。v6プラスを利用してからは、遅延などが解消されたので良かったです!参考までに、回線速度は下りが380Mbpsで、Ping値は19msです。
契約して不満に思っている点
特に契約して不満に思ってる点はありません。強いて言うなら、ドコモ光の回線自体が不安定になることがあります。頻繁に起こるようになってしまうと、配信もゲームもできなくなってしまうので大変困ります。
2020年06月17日
女性のアイコン
ゲームによってラグるけど問題ない20代女性 / 愛知県
60点 / 100点
20代女性
愛知県
60点 / 100点
プロバイダGMO
高速通信利用中
建物の種類戸建て
ハードPS4
料金
ドコモ光の料金は平均的
回線速度
ドコモ光の回線速度は速い
キャンペーン
ドコモ光のキャンペーンの質は平均的
オプション
ドコモ光のオプションサービスはやや悪い
よく遊ぶゲーム
Apex/フォトナ/CoD
平均速度
400Mbps
契約して良かったと思う点
自分はラグなく遊べてます。Apexだけでなく、フォートナイトなどもやりますが、問題ありません。無線での接続も快適です!
契約して不満に思っている点
最初はオプションを申し込むのがめんどくさかったので、付けずにやってました。ラグが酷くて色々調べた結果、IPv6オプションを付けたほうが良いという結論になりました。申し込んだら激的に変わったので、試してない人は試したほうが良いですよ。
2021年01月13日
西久保さん 西久保

それぞれバラバラのプロバイダで、回線速度もまばらです。

ただし、GMOとくとくを選んでいる人のほうが、他のプロバイダよりも回線速度が速いです!

また、全員IPv6オプションを利用している点にも着目しましょう。IPv6オプションを利用しない場合、ラグなどのストレスなくゲームをするのは難しいです。

Twitterでの評判口コミ

Twitter上では、以下のような口コミが多くありました。

ドコモ光は「ゲームするのに問題ない」と「全然できない」と賛否両論です。

ただし「遅い」という口コミ関してはv6プラスを利用していない可能性が高いです。

また、ルーターやLANケーブルを変えたら速くなったとの回答もあるように、周辺機器や住んでいるエリアなどの環境も影響するため、一概にドコモ光が悪いとは言えません。

ドコモ光を詳しく知りたいなら
ドコモ光のキャンペーンのサムネイル
ドコモ光のキャンペーン比較!キャッシュバックが大幅に増額!今どの窓口がお得?!
記事を読む
ドコモ光評判のサムネイル
ドコモ光がよくわかる!評判口コミから料金や速度まで全情報まとめ
記事を読む
ドコモ光を詳しく知りたいなら
ドコモ光のキャンペーンのサムネイル
ドコモ光のキャンペーン比較!キャッシュバックが大幅に増額!今どの窓口がお得?
記事を読む
ドコモ光評判のサムネイル
ドコモ光がよくわかる!評判口コミから料金や速度まで全情報まとめ
記事を読む

オンラインゲームをするために必要な回線速度は約70Mbps

bpsは「毎秒どれくらいのデータを送受信できるか」を表している

オンラインゲームをするために必要な回線速度は約70Mbpsほどあれば問題ありません。

ネットでは色々な憶測があり、100~200Mbps以上ないと無理と言われていることも多いです。しかし、実際は70Mbpsでも十分快適に遊べます。

とくに100~200Mbps以上ないと難しいと言われているゲームジャンルはFPSやTPSで、大規模な人数とリアルタイムで戦うゲームです。

FPSジャンルは回線速度が速ければ有利と言われていますが、300Mbpsや500Mbpsといった高速な回線は必要ありません。単純に遊ぶだけであれば、70Mbpsでも十分です。

FPSやTPSの快適な回線速度の目安は以下のとおりです。

回線速度 回線速度による影響
70Mbps以上 ストレスなくプレイできる
フリーズやラグがない
50~70Mbps 問題なくプレイできる
稀にフリーズやラグが起きる
30~50Mbps プレイできるがストレスを感じる
フリーズやラグが起きやすい
0~30Mbps まともにプレイできない可能性が高い
フリーズやラグが頻繁
切断される

FPSやTPSで回線速度が速いほうが良いと言われているのは、プレイ中の情報処理に影響するからです。

例えば、50Mbpsでプレイしている人は、70Mbps以上で遊んでいる人と比べて情報処理が遅く、ラグやフリーズが起きる頻度が高いです。

相手プレイヤーと対峙した瞬間にラグやフリーズが発生すると、撃ち負ける原因になるので、回線速度は速いに越したことはありません。

ただし、FPSやTPSで重要なのは回線速度よりも、後ほど詳しく説明する応答速度(Ping値)のほうが重要です。

▼応答速度について先に知りたい方はこちら▼

FPS以外のオンラインゲームの回線速度は30Mbpsあれば十分

FPSやTPS以外のオンラインゲームで遊ぶ場合の回線速度は約30Mbpsあれば十分です。

育成・RPG・シミュレーションといったジャンルは、シューティング系のゲームと比べて回線速度をあまり求めません。30Mbpsもあれば快適にプレイできます。

回線速度別のプレイ感覚を表にまとめると、以下のとおりになります。

速度 快適さ
(FPS以外のゲーム)
30Mbps以上 とても快適
10~30Mbps 快適
5~10Mbps まあまあ快適
1~5Mbps 画面がカクつく
1Mbps以下 画面がカクつく
高画質表示できない

30Mbpsほどの速度でも快適に遊べる理由は、ゲームプレイに繊細な動きが求められないからです。

反対に、FPSや格闘ゲームなどは、フレーム単位の変化が重要になるため、より速い通信速度が必要です。

ただし、30Mbps程度の速度だと、アップデートなどで膨大なデータのダウンロードが発生した場合、完了するまでに長時間かかります。

アップデートなどに時間をかけたくないのであれば、回線速度が100Mbps以上出る光回線を選びましょう。

ゲームは回線速度だけでなく応答速度(Ping値)も重要

pingの説明

オンラインゲームなどをするうえで重要な点は、回線速度だけでなく、応答速度を示す「Ping値」も重要です。

応答速度を表すPing値とは、自分の端末から送ったデータに対して、相手のサーバーから反応が返ってくる速さを表す値です。主に、応答速度・Ping値・レイテンシと呼ばれています。

Ping値の単位は「ms」と表記され、ミリセカンドと読みます。

msの単位

  • ミリセカンド(ミリ秒=1/1,000秒)
  • ・1ms=0.001秒
  • ・10ms=0.01秒
  • ・100ms=0.1秒

上記のとおり、応答速度は小さければ小さいほどサーバー間で返ってくる反応速度が速いです。とくにゲームにおいては、回線速度よりもPing値が重視されます。

例えば、ボタン入力した動作が、すぐに反映されないと負ける要因になります。

Ping値が低いほど、即座に行動が反映されるので、FPSやTPSなど繊細な動きをするゲームはPing値が重要です。

ゲームタイトル別の回線速度目安

ゲームをやっている人のイラスト

数あるオンラインゲームの中から、人気のあるゲームタイトル別の快適な回線速度と、応答速度の目安を以下でまとめました。

快適な回線速度目安 快適な応答速度目安
Apex Legends
(PC/PS5/PS4/Switch)
70Mbps以上 15ms以下
VAROLANT
(PC)
Fortnite
(PC/PS5/PS4/Switch)
バトルフィールド
(PC/PS5/PS4/Xbox)
Call of Duty
(PC/PS5/PS4)
レインボーシックス
シージ
(PC/PS5/PS4/Xbox)
Dead by Daylight
(PC/PS5/PS4/Switch)
50Mbps以上 30ms以下
Minecraft
(PC/PS5/PS4/Switch)
30Mbps以上
モンスターハンター
ライズ
(Switch)
スプラトゥーン2
(Switch)
大乱闘
スマッシュブラザーズ
(Switch)
スーパーマリオ
ブラザーズ
(Switch)

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)・VALORANT(ヴァロラント)・Fortnite(フォートナイト)などは、多くの人とリアルタイムで対人戦をするゲームです。

一般的にFPS・TPSと呼ばれるゲームジャンルは、フレーム単位で求められる速度が高いです。そのため、快適に遊ぶために必要な回線速度は70Mbps以上になります。

また、応答速度(Ping値)も低ければ低いほど、ゲームプレイは有利になります。

逆にモンハンやスプラトゥーン、スマブラといったアクション系のオンラインゲームは、そこまで速度を重視しなくても問題ありません。

少人数規模でのオンラインプレイになるため、求められる回線速度や応答速度もFPSとは違い、多少遅くても問題なくプレイできます。

FPSやTPSゲームの回線速度目安は70Mbps以上で応答速度は15ms以下

上述した中にある、エーペックスレジェンズや、フォートナイトといったFPSやTPSジャンルを快適に遊ぶためには、回線速度が70Mbps以上あると良いです。

さらに、撃ち負けないプレイとなると、応答速度(Ping値)も低くないと難しいです。Ping値の目安は15ms以下が望ましいです。

もちろん20ms以上でも問題なく遊べますが、15msと比べると、ラグやフリーズ、サーバーの切断などが起こりやすくなります。

FPSジャンルにおける、応答速度(Ping値)の快適な目安は以下のとおりです。

応答速度(Ping値) 快適さ
0~10ms とても快適
ラグがほぼない
10~15ms 快適にプレイできる
ごく稀にラグが起きる
15~30ms 問題なくプレイできる
稀にラグが起きる
30~50ms ストレスを感じる
ラグが起きる
サーバーから切断される
50ms以上 まともにプレイできない
ラグが頻繁に起きる
サーバーから切断される

上表のとおり、Ping値が一桁台だと快適にプレイできるのが分かります。Ping値が低いほどラグが起きにくくなるので、撃ち負けることも少なくなります。

例えば、プロゲーマーや、ストリーマーのPing値は一桁の場合がほとんどです。それほど、FPSにおけるPing値は重要です。

もちろん回線速度もある程度ないと、そもそもゲームが起動できなかったり、画面がカクついてまともにプレイできない現象が起こります。

そのため、回線速度は最低でも70Mbps以上あると安心です。

アクションゲームなどの回線速度目安は30Mbps以上で応答速度は30ms以下

アクションゲーム・MMO系・RPGなどのゲームジャンルの快適な回線速度の目安は30Mbps以上です。

応答速度(Ping値)はゲームタイトルにもよりますが、30ms以下であれば、基本的なプレイに支障はありません。

実際の応答速度が50~100ms前後だったとしても遊べます。ただし、50ms以上だと、ラグ・フリーズ・サーバー切断が頻繁に起こりやすいため、30ms以下が望ましいです。

ゲームジャンル別に応答速度の目安を振り分けると、以下のようになります。

ゲームジャンル 応答速度(Ping値)目安
FPS・TPS系 15ms以下
格闘系 20ms以下
MOBA・MMO系 30ms以下
アクション系 50ms以下
RPG系 50~100ms前後
TCG系

50msほどのPing値でもオンラインゲームを遊べることが分かります。

ただ、Ping値は小さいに越したことはないです。「絶対にFPSを遊ばない!」という人であれば、あまり気にする必要はないですがさまざまなゲームを遊びたいなら20ms以下を目安にすると良いでしょう。

ゲームで遊びたい人がドコモ光のプロバイダ選びで注目すべきポイント

テレビゲーム(リングフィットアドベンチャー)で遊ぶ人のイラスト

ゲームを遊びたい人が、ドコモ光のプロバイダ選びで気をつけるべき点は3つあります。

プロバイダ選びで気をつけるべき点
  1. ①利用者の平均速度が200Mbps以上ある
  2. ②利用者の応答速度が30msを超えない
  3. ③夜間に通信品質が悪化しない

各項目について、以下で詳しく解説します。

①利用者の平均速度が200Mbps以上ある

FAST.COM速度計測結果

ドコモ光でプロバイダを選ぶ際には、利用者の実際の平均速度が200Mbps以上あるか確認しましょう。

光回線やプロバイダは、安易に口コミだけを見て良し悪しを判断するのはおすすめできません。実際に契約した際に速度がでなければ、ゲームを満足にプレイできないからです。

ドコモ光で最もおすすめできるプロバイダはGMOとくとくBBです!GMOとくとくBBは、利用者の回線速度が速く、評判がとても良いプロバイダです。

以下にドコモ光で主に選ばれるプロバイダ10社分の回線速度をランキングにしてみました。「みんなのネット回線速度」という、利用者の実測値をまとめたサイトを参考にしています。

(2021年7月5日付けで、直近3ヶ月間の平均速度を掲載しています)

プロバイダ 平均速度
1位 GMOとくとくBB 287Mbps
2位 ドコモnet 268Mbps
3位 Yahoo!BB 254Mbps
4位 OCN 246Mbps
5位 So-net 239Mbps
6位 plala(ぷらら) 235Mbps
7位 BIGLOBE 233Mbps
8位 BB.excite 230Mbps
9位 @nifty 218Mbps
10位 楽天ブロードバンド 139Mbps

上表のように、回線速度が1番速いプロバイダはGMOとくとくBBです。

例えば、最も速度が遅い楽天ブロードバンドで複数機器を同時につないだ場合、動画が途中で止まったり、画像表示がもたつく可能性が高いです。ゲームソフトのダウンロードにも時間がかかります。

快適な回線速度の目安

一般的に、快適な回線速度の目安は100Mbps以上とされています。

下表にて「Googleのヘルプページ」の内容を参考に、利用目的ごとに必要な回線速度をまとめてみました。

何をするか 必要な回線速度
LINEやSNS 1Mbps
Webサイトの閲覧 3Mbps
YouTubeなどの動画を1本再生 5~10Mbps
複数のYouTube動画を同時再生 10~30Mbps
同時に複数端末でHD動画を再生 30~50Mbps
オンラインゲームやビデオ会議 50Mbps以上
4K動画再生や対人オンラインゲーム(FPSなど) 100Mbps以上

「LINEでメッセージを送る」「Webサイトを閲覧する」「YouTube動画を視聴する」といった、日常的なネットの使い方では100Mbpsもあれば十分な速度ということが分かります。

ただし、利用者が多い時間帯では速度が下がりやすいため、目安ギリギリの速度ではストレスを感じる可能性があります。

その点、GMOとくとくBBの平均速度は目安を大きく超える287Mbpsです。日常生活で「遅い」とストレスを感じることはまずないでしょう。

②利用者の応答速度が30msを超えない

ドコモ光でゲームをするなら、応答速度(Pingまたはレイテンシ)が30msを超えないことが望ましいです。

応答速度とは、自分の端末から送ったデータに対して、相手のサーバーから反応が返ってくる速さを表す値です。

ゲームにおいては、ボタン入力や操作反映に直結するため、応答速度が低いほどゲームプレイが有利になります。ドコモ光で主に選ばれるプロバイダ10社分の応答速度をまとめました。

(下表はみんなの回線速度を参考にして、IPv6接続時のPing値を記載しています)

プロバイダ 応答速度
(Ping値)
1位 BB.excite 16.3ms
2位 BIGLOBE 18.6ms
3位 @nifty 18.8ms
4位 ドコモnet 18.9ms
5位 Yahoo!BB 19.1ms
6位 So-net 19.7ms
7位 GMOとくとくBB 20.5ms
8位 OCN 21.0ms
9位 plala(ぷらら) 21.3ms
10位 楽天ブロードバンド 22.1ms

上表で応答速度が一番低いのはBB.exciteです。ただし、回線速度が230Mbpsと遅いため、おすすめできません。

特におすすめできるプロバイダは、回線速度が速いうえに応答速度を確保できている「GMOとくとくBB」です。

GMOとくとくBBは、回線速度が287Mbpsと速く、応答速度も20ms以内なので、安定した通信を実現できます。

③夜間に通信品質が悪化しない

回線速度が遅くてイライラしている人

ゲームをとことん遊びたい人は、プロバイダ選びの際に夜間に通信品質が悪化しないことにも気を遣いましょう。

プレイヤー人口が多くなる時間帯にまともにプレイできなければ、意味がないからです。

ポイント①で出した、プロバイダ回線速度ランキング1~3位の時間帯別回線速度もまとめました。

下表は「みんなの回線速度」を参考にしています。(2021年7月5日から直近3ヶ月間の平均速度を記載しています)

GMO ドコモnet Yahoo!
363Mbps 350Mbps 203Mbps
350Mbps 342Mbps 353Mbps
夕方 307Mbps 286Mbps 239Mbps
280Mbps 244Mbps 210Mbps
深夜 344Mbps 380Mbps 394Mbps

利用者が多い時間帯である、夕方~夜にかけて回線速度はどのプロバイダも多少落ちます。

ただし、GMOとくとくBBは一貫して平均300Mbps以上を保ててるので、どの時間帯にオンラインゲームをしても遅いと感じることは少ないです。

一方ドコモnetとYahoo!BBは、時間帯による回線速度の変動幅が大きいため、安定した通信環境を作るのは難しいでしょう。

ドコモ光のおすすめ窓口ランキング

ドコモ光おすすめ窓口ランキング
ドコモ光-GMOとくとくBB 当サイトなら無条件で43,000円還元
高性能ルーターが無料レンタル可能
開通までモバイルWi-Fiが無料9/30までの限定キャンペーン実施中キャンペーンページはこちら
ドコモオンラインコンシェルジュ オプション不要で30,000円が貰える
最短1ヶ月でキャッシュバック
自分でプロバイダを選べる キャンペーンページはこちら
OCNのロゴ 無条件で20,000円キャッシュバック
国内№1のシェア率を誇るプロバイダ
タイプBなので月額料金が220円高い キャンペーンページはこちら

ドコモ光のおすすめ窓口をランキング形式でご紹介しています!

キャッシュバック額やサービス内容に加えて、実際に利用したユーザーからの評価をもとに順位付けしています。損をしないためにも、ぜひ上記のランキングを参考にしてください!

現在の回線速度の確認方法

回線速度の確認方法

回線速度やPing値を確認したい場合は、回線速度の計測サイトを利用しましょう。基本的にサイトにアクセスするだけで、下り・上りの回線速度や、Ping値が分かります。

外部サイト

▶FAST.comで回線速度を測定する
▶Speedtestで回線速度を測定する

PCの回線速度を確認する方法

PCで調べものしている人のイラスト

PCの回線速度は、サイトアクセスで計測するのが主流です。サイトを利用する場合は、上述した「FAST.com」や「Speedtest」などを使うのがおすすめです。

ちなみに、PCはPing値のみを調べる方法もあります。ゲーム内で表示設定をすることで、簡単にゲーム内で正確なPing値(レイテンシ)を調べられます。

PS5やPS4で回線速度を確認する方法

PS5やPS4は回線速度のみ測定できます。本体の内蔵機能として「インターネット接続を診断」という項目を選択することで、下り・上りの回線速度を測定できます。

ただし、インターネットブラウザにアクセスしての計測ができないので、Ping値を調べるのは難しいです。

スマホやPCで調べた数値で考えるか、ゲーム内の表示機能を使って確認しましょう。

Switchで回線速度を確認する方法

Switchで回線速度を確認するには、PS5やPS4同様に本体の内蔵機能を利用します。

Switch本体のホームメニューから設定を開き、インターネットを選択し「接続テスト」を選びましょう。接続テストでは、下り・上りの回線速度を測定できます。

SwitchもPS5やPS4同様に、インターネットブラウザを開くことができないので、Ping値だけは測れません。

家庭用ゲーム機でPing値までを確認する場合は、PS5やPS4で上述したとおり、スマホやPCで調べた数値で考えるか、ゲーム内表示などで確認しましょう。

関連記事

▶FPSなどのオンラインゲームの回線速度目安とPing値の確認方法

回線速度が遅くなる4つの原因

ネガティブな表情の女の子のイラスト

回線速度を実際に計測した結果、速度が極端に遅い場合は以下のような原因が考えらます。

回線速度が遅くなる原因
  1. ①ルーターが古い
  2. ②LANケーブルの規格が合ってない
  3. ③プロバイダの相性が悪い
  4. ④光回線自体が遅い

回線速度が遅いのは、上記で挙げた4つが主な原因です。とくに、①と②は消耗品です。最新でなければ、現在の環境について行けず、光回線本来の回線速度を出すことはできません。

以下で、対処方法などを詳しく解説します。

①ルーターが古い

スマホとルーターをWiFiで接続するイラスト

回線速度はルーターの性能によって変化します。型番が古い場合は回線速度の低下に繋がるので、買い替えを検討しましょう。

ただし、ルーターを買う前に、本当に速度が変わるのかを確認する必要があります。そもそも、光回線自体の回線速度が遅いなら、機器を買い揃えても速度は改善できないからです。

光回線自体の速度の測り方は比較的簡単です。

まずは、ルーターや中継機を利用せずに、モデム(ONU)から直接PCやゲーム機に繋いで、回線速度を計測します。計測した結果、速度が出ていれば機器の買い替えを検討しましょう。

計測して遅かった場合は、光回線自体がそもそも遅いので、買い替えたとしても速度は改善できません。

②LANケーブルの規格が合ってない

LANケーブルのカテゴリ

回線速度は有線接続に使う、LANケーブルでも変動します。

実は、LANケーブルにはカテゴリ(CAT)というスペックを表す基準が存在します。

ケーブルのカテゴリが光回線に合っていないと、最大速度に制限がかかったり、通信の効率が悪くなり、速度低下の原因になります。

必ず光回線の最大通信速度と同等のカテゴリのLANケーブルを用意しましょう。

LANケーブルのカテゴリはケーブルに直接印字されているので、自分が使っているケーブルのカテゴリを確認してみてください。現在主流のLANケーブルは、以下のとおりです。

最大速度
CAT8 40Gbps
CAT7A 10Gbps
CAT7 10Gbps
CAT6A 10Gbps
CAT6e 10Gbps
CAT6 1Gbps
CAT5e 1Gbps
CAT5 100Mbps

特にゲームに向いてるのは「CAT6e」「CAT6A」の2つです。基本的に光回線の最大通信速度である1Gbpsの規格か、それ以上の速度に対応していれば問題ありません。

もちろんCAT5eも使えますが、よりスペックの良い規格を選んだほうがコスパが良いです。都度買い換える手間を省けます。

ちなみに、CAT7以上は普段使いには不向きです。主に業務用で使われる規格であり、ケーブルの先端にあるコネクタの形状が、一般家庭に普及しているものと異なるからです。

③プロバイダの相性が悪い

回線速度はプロバイダによっても変化します。プロバイダの回線速度が遅いと、まともにゲームをプレイできません。

ドコモ光で主に選ばれるプロバイダの回線速度は、以下のとおりです。

プロバイダ 平均速度
1位 GMOとくとくBB 287Mbps
2位 ドコモnet 268Mbps
3位 Yahoo!BB 254Mbps
4位 OCN 246Mbps
5位 So-net 239Mbps
6位 plala(ぷらら) 235Mbps
7位 BIGLOBE 233Mbps
8位 BB.excite 230Mbps
9位 @nifty 218Mbps
10位 楽天ブロードバンド 139Mbps

1番回線速度が速いのは、GMOとくとくBBです。他のプロバイダよりも通信品質が良く、ユーザーからの評判や口コミも良いです。

さらに、時間帯別の回線速度も安定しているため、ゲーム以外にも最適なプロバイダです。

関連記事

▶ドコモ光のおすすめプロバイダは?全24社を徹底比較!

④光回線自体の回線速度が遅い

契約している光回線のスペックが低くて、回線速度が遅くなっている場合もあります。

主流な大手の光回線利用者の平均速度を「みんなの回線速度」を参考にしてまとめました。(2021年7月5日から直近3ヶ月間の平均速度を記載しています)

平均速度
NURO光 478Mbps
auひかり 375Mbps
ソフトバンク光 299Mbps
フレッツ光 249Mbps
ドコモ光 243Mbps

上表のような回線速度が出ているかを、実際に回線速度を計測して確認しましょう。

光回線自体の回線速度を調べる際は、ルーターや中継機を利用せず、モデム(ONU)から直接PCやゲーム機に繋いで計測します。

計測して平均速度前後の結果なら、周辺機器の不具合が原因になるので、光回線が遅い訳ではありません。

また、IPv6接続(v6プラス)などのオプションを使っていないなら利用を検討しましょう。

v6プラスといったオプションは、回線速度の遅延などを改善できるオプションサービスだからです。

関連記事

▶ドコモ光のIPv6利用方法と使う際の注意点
▶初心者にも分かりやすいIPv6とIPv4の解説

ドコモ光でプロバイダをGMOとくとくBBにして申し込む手順

スマホも持って申込みをしている女性のイラスト

ここからは、実際にGMOとくとくBBを経由してドコモ光に申し込んでから、回線が開通するまでの流れについて詳しく解説します。

申し込み方法は「はじめて光回線を利用する人(新規)」と「フレッツ光や光コラボから乗り換える人(転用・事業者変更)」で違います。

それぞれ個別に解説するので、自身に当てはまる内容だけ確認したい場合は、以下のリンクを押してください。該当箇所にジャンプします。

申し込み手順

▼新規の申し込み手順
▼転用・事業者変更の申し込み手順

新規の場合の申し込み手順

ドコモ光に新規で申し込む場合の手順は、以下の通りです。

申し込みから開通までの流れ
  1. ①WEBから申し込む
  2. ②電話による内容確認と工事日の調整
  3. ③郵送物の受け取り
  4. ④工事完了後に利用開始

申し込みから利用開始までの目安は2週間~1ヶ月です。申し込んだらすぐ使えるわけではないため、利用日が決まっている場合は、早めに申し込むようにしましょう。

①WEBサイトから申し込む

まずは、GMOとくとくBBの「WEBサイト」にアクセスしましょう。サイトを開いたら、ページ上段の「お申込み」という赤いボタンを押してください。

ボタンを押すと、簡単なアンケートへの回答が求められます。全て2択なので、該当する内容を選択して「次に進む」を選択してください。

ドコモ光のGMO申し込み手順

続いて、申し込みに必要な個人情報・連絡希望日を入力します。必須項目は「氏名」「電話番号」「連絡希望日時」の3点です。

ドコモ光のGMO申し込み手順②

全ての必須項目が入力出来たら、ページの一番下にある「確認画面へ進む」という赤いボタンを押してください。

ドコモ光のGMO申し込み手順③

入力内容を確認し、間違いがなければ「申し込む」という赤いボタンを押してください。他社違約金還元キャンペーン受けたい場合は、このタイミングで「希望する」にチェックを入れておきましょう。

ドコモ光のGMO申し込み手順④

以上で手続きは終了です。あとはGMOとくとくBBからの電話連絡を待ちましょう。

②電話による内容確認と工事日の調整

問い合わせの電話をかけているイラスト

申し込み時に希望した日時に、GMOとくとくBBから内容確認の電話がきます。

この電話では、入力した契約者情報の確認と、料金プランやキャンペーンの説明があります。疑問があれば質問しておきましょう。

ちなみに、違約金還元キャンペーンを希望した場合は、オペレーターから他社違約金の支払い証明書の提出方法が案内されます。

次に、ドコモ光から2回目の電話がかかってきます。

2回目の電話の内容は、工事日程の調整です。工事が終わらないとインターネットは利用できないので、都合の良い日程で調整しましょう。

③郵便物の受け取り

電話が終わってから工事日までの間に、GMOとくとくBBから以下の郵便物が届きます。

  • ・BBnavi(会員サービス)の登録証
  • ・インターネット接続用のID/PW
  • ・Wi-Fiルーターのレンタル方法
  • ・開通のご案内(IDや工事日の案内)

郵便物には、インターネット利用に必要なIDやPWが記載されたものが含まれています。

受け取っておかないと、工事が終わってもインターネットに接続できません。必ず工事日までに受け取っておくようにしてください。

④工事完了後に利用開始

ここまでくれば、あとは調整した工事日を迎えるだけです。開通工事が完了したら、PCやスマホとルーターを接続するだけでインターネットが使えます。

なお、光回線を自宅に初めて導入する場合、屋外・宅内の両方の工事になるため、全部で1~2時間ほどかかります。その間は立会いが必要なので、当日は時間を空けておきましょう。

工事が完了したら、事前に受け取ったインターネット接続用のIDとパスワードを設定してください。設定が終われば、晴れてインターネットが利用できます。

関連記事

▶ドコモ光の詳しい工事内容や当日の流れ

転用・事業者変更の場合の手順

「転用」の解説イラスト

ドコモ光に転用・事業者変更で申し込む場合の手順は、以下の通りです。乗り換えが終わるまでの日数は、5日~2週間が目安です。

申し込みから開通までの流れ
  1. ①承諾番号を取得する
  2. ②WEBから申し込む
  3. ③郵便物の受け取り
  4. ④切り換え完了後に利用開始
  5. ⑤以前のプロバイダを解約する(転用のみ)

フレッツ光から乗り換えるなら転用、光コラボから乗り換えるなら事業者変更になります。名称は異なりますが、手続き上の違いはほとんどありません。

また、フレッツ光や光コラボ以外の回線から乗り換える場合は新規契約扱いです。具体的には以下の回線が該当します。

光コラボに該当しないサービス

auひかり、NURO光、BBIQ光、コミュファ光、ピカラ光、eo光、メガエッグ光

上記回線に該当する場合は「新規の場合の申し込み手順」を参考にしてください。

①承諾番号を取得する

事業者変更承諾番号を発行している人のイラスト

転用・事業者変更の場合は、ドコモ光へ申し込む前に承諾番号を取得する必要があります。

フレッツ光から転用する場合は、NTTから「転用承諾番号」を取得しましょう。以下のWEBサイトまたは電話で承諾番号取得の手続きができます。

Web 電話
NTT東日本 0120-140-202
NTT西日本 0120-553-104

電話受付は9~17時です。土日・祝日も手続き可能です。

他の光コラボから事業者変更する場合は「事業者変更承諾番号」が必要です。番号の取得先は加入している光回線によって異なるため、契約中の回線事業者に問い合わせてください。

なお、承諾番号には有効期限があり、発行した日を含めて15日間が期限です。そのため、取得したらすぐに申し込みましょう。

②WEBから申し込む

スマホで申し込みをする人のイラスト

承諾番号を発行したら、GMOとくとくBBの「WEBサイト」から申し込みましょう。必要事項を入力して確認画面に遷移すると、以下の項目が出てきます。

ドコモ光×GMOとくとくBBで転用や事業者変更をする方法

転用の場合は「フレッツ光」を、事業者変更なら「コラボ光」を必ず選択しましょう。

申し込み完了後、GMOとくとくBBから電話がかかってきます。念のため、オペレーターにも転用や事業者変更である旨を伝えましょう。

③郵便物の受け取り

申し込みから数日後に、切り替え日が記載された開通案内が届くので確認しましょう。

④切り換え完了後に利用開始

切り替え日当日になると、自動的に契約先がドコモ光に切り替わります。

あとは、ルーターやホームゲートウェイなどの通信機器の設定をすればインターネットが利用できます。詳しい設定方法については、開通のご案内と一緒に同封されています。

⑤以前のプロバイダを解約する

フレッツ光から転用する人は、契約しているプロバイダの解約手続きを必ず実施しましょう。転用しても、プロバイダは自動解約されないからです。

解約し忘れると、ドコモ光とは別に、プロバイダの料金を支払い続けることになります。

ただし、フレッツ光でGMOとくとくBBを利用していた場合、解約手続きは不要です。

Wi-Fiルーターのレンタル方法

GMOとくとくBBからWi-Fiルーターをレンタルするには、以下の3つの方法があります。

GMOとくとくBB Wi-Fiルーターの申し込み方法

ちなみに、申し込んでからルーターが手元に届くまで数日かかるので、開通と同時にWi-Fiルーターを利用したい場合は、早めに手続きを済ませておきましょう。

以下、3つの方法について詳しく解説します。

SMSの手続き方法

SMSから申し込む場合の手順は、以下の通りです。なお、SMSは工事日の決定から、2~3営業日後に送信されます。

  1. 1.届いたSMSに記載されているリンクを押す
  2. 2.必要情報を入力しログインする
  3. 3.Wi-Fiルーターレンタルのバナーを押す
  4. 4.支払い方法を登録する
  5. 5.レンタルしたいルーターを選択する

BBnaviの手続き方法

GMOとくとくBBの会員ページ「BBnavi」から申し込む場合の手順は、以下通りです。IDとPWが書かれた登録証は、申し込み後に郵送されます。

  1. 1.登録証に記載のID/PWでログインする
  2. 2.支払方法の確認・変更・登録 を選択
  3. 3.支払い方法を登録する
  4. 4.現在ご利用中のサービス確認 を選択
  5. 5.Wi-Fiルーターレンタルサービスのお申込み手続き を選択
  6. 6.申込み を選択
  7. 7.レンタルしたいルーターを選択する

申し込みフォームでの手続き方法

会員ページのほか、WEB上の「申し込みフォーム」から申し込むこともできます。

アクセス後、生年月日・電話番号・契約者氏名を入力のうえ、手続きを進めて下さい。

すでにドコモ光を利用しているならプロバイダ変更で回線速度を改善できる

ドコモ光をすでに利用していて回線速度が遅いと感じるなら、プロバイダ変更をすることで改善できる可能性が高いです。

そもそもドコモ光は、以下の24社の中から好きなプロバイダを選べます。

GMOとくとくBB、ドコモnet、plala、DTI、@nifty、andline、BIGLOBE、スピーディア、hi-ho、ic-net、Tiger-net、エディオンネット、SYNAPSE、BB.excite、楽天ブロードバンド、TikiTiki、@ネスク、コアラ(COARA)、OCN、@TCOM、TNC、@ちゃんぷるネット、AsahiNet、WAKWAK

前述してきたように、ドコモ光のプロバイダで1番性能が良いのはGMOとくとくBBです。もしも別のプロバイダを使っているなら、変更を検討しましょう。

私たちが厳選する優良光回線
光回線 おすすめ理由
ドコモ光 ドコモユーザーにとって最安の光回線
無条件で43,000円還元(当サイト限定)
ドコモのセット割に唯一対応している
開通までモバイルWi-Fiが無料で使える9月30日までの限定キャンペーン実施中 一番お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光 ソフトバンクなら最安クラスの光回線
無条件で37,000円のキャッシュバック
ワイモバイルの料金も安くなる 一番お得なキャンペーン窓口
auひかり auユーザーなら最安クラスの光回線
最大52,000円のキャッシュバック最大7.6万円がもらえる
独自回線なので通信品質がとても良い 一番お得なキャンペーン窓口
楽天ひかり 楽天モバイルユーザーなら最安の光回線
スマホと同時利用で1年間無料になる
楽天市場のポイント還元率が1%UPする
4月5日までの限定キャンペーン実施中 一番お得なキャンペーン窓口
GMOとくとくBB光 格安スマホなら最安クラスの光回線
月額基本料が相場より約1,000円安い
高性能WiFiルーターが無料レンタル可能
他社違約金を2万円分還元(9/30まで) 一番お得なキャンペーン窓口
使っているスマホキャリアに合わせて選ぶのがおすすめ

スマホセット割でお得になることを表現したイラスト

お使いのスマホキャリアにあった光回線を選ぶことでスマホ料金が1台あたり1,100円安くなります。例えば、家族3人で同じキャリアなら毎月3,300円、2年間で約8万円の割引です!

また、楽天ひかりは楽天モバイルと組み合わせれば光回線の料金が1年間無料になります。

もし、セット割がないキャリアを利用中なら、基本料金がとにかく安いGMOとくとくBB光がおすすめです。

速度を重視するならNURO光がおすすめ

光回線 NURO光

快適なネット環境が欲しいならNURO光が断トツでおすすめです!最大回線速度は2Gbpsで、平均速度も459Mbpsと速いです!

YouTubeや映画配信を頻繁に見る人、オンラインゲームを遊びたい人、リモートワークでデータのやり取りが多い人には、とくにおすすめの光回線です。

NURO光公式のキャンペーンページから申し込むと45,000円のキャッシュバックをもらえるのも大きな魅力です。

\オプション不要!45,000円キャッシュバック/
NURO光の公式サイトはこちら
「光回線が使えない」または「工事なし」でネットを使いたいならhome5G

ドコモhome 5Gのロゴ

対応エリア外で光回線を契約できない場合は、ホームルーターのhome5Gがおすすめです。ドコモのスマホと同じ回線を使っているので、日本全国どこでも利用できます。

また、工事なしで使えるお手軽さも魅力です。Webから申し込んで本体が届いたら、コンセントに挿すだけでWiFi環境を整えられます。

さらに、5G対応で最大通信速度は4.2Gbpsと速いです。実測値の平均も200Mbpsあり、光回線と同じくらい快適に使えます!

\当サイト限定!18,000円分の特典還元!/
home5Gの一番お得な窓口はこちら
ドコモ光の記事
  • 光回線の評判口コミ