ドコモ光をマンションで契約する際に知っておくべき全情報|料金や速度の決まり方

最終更新日:2021年04月30日
「ドコモ光×マンション 」のアイキャッチ

ドコモ光をマンションで契約する際に知っておくべきことを、分かりやすく解説します!

ドコモ光のマンションタイプは月額4,400円から利用可能です。ただし、選んだプロバイダによっては少し高くなる場合があります。

また、建物の設備次第で速度に影響が出るケースもあります。最大通信速度1Gbpsで契約したはずなのに、上限が100Mbpsになってしまい、ストレスを感じるかもしれません。

この記事では、ドコモ光のマンションタイプについて、月額料金・回線速度・工事内容といったさまざまな面で解説していきます!

申し込み前に確認すべき注意点を網羅しているので、ぜひ参考にしてください!

おすすめ人気記事

おすすめの光回線7選を徹底解説
▶ドコモ光の評判口コミなど全情報まとめ
▶マンションで光回線を契約する前に確認すべき情報まとめ

ドコモ光マンションタイプとは

マンションに注目しているイラスト

ドコモ光のマンションタイプの基本情報を下表にまとめました!

ドコモ光をマンションで契約する場合、プロバイダの選び方によって「タイプA」「タイプB」「タイプC」「単独タイプ」の4つのパターンのどれかが適用されます。

月額料金 タイプA:4,400円
タイプB:4,620円
タイプC:4,400円
単独タイプ:4,180円(+プロバイダ料)
契約期間 2年間
※契約期間無しは+1,100円
工事費 新規:最大16,500円
転用・事業者変更:0円
事務手数料 3,300円
最大通信速度 1Gbps または 100Mbps
※建物の設備による
提供エリア 全国

ドコモ光のマンションタイプの4タイプで違うのは、主に月額料金です。

おすすめは「タイプA」で、月額4,400円でネットを利用可能です。キャッシュバックの多い「GMOとくとくBB」や、知名度の高い「ぷらら」「ビッグローブ」などをプロバイダにすると、タイプAになります。

「タイプB」は、ややマイナーなプロバイダを選んだ場合に適用されるプランです。月額料金が「タイプA」よりも約200円上がります。

また、ケーブル会社の設備を用いる「タイプC」や、ドコモ光とプロバイダ会社を別々に契約する「単独タイプ」もあります。

どのタイプになったとしてもドコモ光の最大通信速度は1Gbpsです。ただし、マンションの設備次第では、ケーブルのスペックが足りておらず、最大100Mbpsまで下がる可能性があります。

ドコモ光マンションタイプの提供エリア

日本地図

ドコモ光マンションタイプの提供エリアはフレッツ光と同じです。日本全国、ほとんどすべての地域で使えます。

ドコモ光とフレッツ光の提供エリアが変わらないのは、どちらも同じNTTの設備を使っているからです。ちなみに、ドコモ光のようにNTTの回線網を借りている光回線のことを「光コラボ」といいます。

「光コラボ」とは
光コラボとは、NTT東日本とNTT西日本の光回線(フレッツ光)を、プロバイダや携帯キャリアなどの事業者が借り受け、独自のサービスを付けて販売しているサービスです。ドコモ光、ソフトバンク光、ぷらら光などが当てはまります。

NTTと同じ設備を使っているため、ドコモ光のマンションタイプの提供エリアを確認する際にも、フレッツ光(NTT東日本・西日本)の公式サイトを使います。

NTTのエリア検索ページ

▶東日本のエリア検索ページ(NTT東日本)
▶西日本のエリア検索ページ(NTT西日本)

また、契約したい住所によって、NTT東日本・西日本のどちらの検索ページを用いるべきか変わります。

NTT東日本で検索できるエリア

北海道/青森/秋田/岩手/山形/宮城/福島/新潟/長野/山梨/東京/神奈川/千葉/埼玉/群馬/茨城/栃木

NTT西日本で検索できるエリア

石川/富山/福井/静岡/愛知/三重/岐阜/滋賀/京都/大阪/兵庫/奈良/和歌山/広島/島根/鳥取/岡山/山口/香川/徳島/愛媛/高知/福岡/宮崎/熊本/大分/佐賀/長崎/鹿児島/沖縄

フレッツ東日本の提供エリア確認判定結果の画面

NTTのページでマンションを検索した結果、上記の画像のように「ご指定の住所はフレッツ光の提供エリアです」と表示されればドコモ光を利用できます。

ただし「ご指定の住所は、詳しい状況確認が必要です」と出た場合は、ドコモ光を契約できない可能性が高いです。

関連記事

▶ドコモ光の提供エリアの詳しい確認手順

集合住宅でも戸建てプランが適用される場合がある

4戸以下の小さなアパート

ドコモ光では、マンションやアパートといった集合住宅であっても、まれに戸建て用のプランが適用されることがあります。

マンション内に「MDF」という共有設備がない場合です。特に、4戸以下の小さなアパートではMDFが取り付けられていません。

MDFとは「Main Distributing Frame」の略称で、マンション内の各戸のケーブルをまとめる「主配線盤」を意味します。

MDFがあるおかげで、マンションは戸建てよりも安い金額でネットを使えます。

しかし、MDFがないマンションでは、各戸まで直接光ファイバーを引き込まなくてはなりません。このため、集合住宅でも戸建てと同じプランが適用されます。

NTT東日本・西日本のエリア検索ページの結果、表示されるプラン名に「ファミリー」という文言が入っている場合は、戸建てプランしか契約できません。

藤本さん 藤本

ドコモ光のマンションタイプを検討している人は、まず、上記の方法で「自分のマンションで契約できるか?」を確認しましょう!

以下では、ドコモ光マンションタイプの月額料金や回線速度について、詳しく解説していきます!

ドコモ光マンションタイプの月額料金やプラン詳細

なにかを調べているイラスト

ドコモ光のマンションタイプは、月額4,400円から使えます。

ただし、契約時に選ぶプロバイダによって「タイプA」や「タイプB」と分類され、料金は変わります。下表にまとめたので、参考にしてください。

月額料金
タイプA 4,400円
タイプB 4,620円
タイプC 4,400円
単独タイプ 4,180円

プロバイダ利用料

ドコモ光を契約するときは「タイプA」に当てはまるプロバイダを選ぶのがおすすめです。タイプBよりも月額料金が約200円安く済みます。

わずかな金額ですが、例えば2年間使ったとすると、24ヶ月で約5,000円の差です。実際はもっと長期間にわたって利用することが多いので、差は開くばかりです。

プロバイダをタイプAとタイプBのどちらを選ぶかによって、回線の性能に差が出ることはほとんどありません。

デメリットがないため、多くの人は「タイプA」のプロバイダを選びます。

関連記事

▶ドコモ光の詳しい料金プランやお得に契約する方法

タイプAとタイプBのプロバイダ一覧

ドコモ光のプロバイダをタイプAとタイプBに分けてまとめました。タイプAが18社、タイプBは6社あります。

タイプAで選べるプロバイダ
GMOとくとくBB、ドコモnet、plala、DTI、@nifty、andline、BIGLOBE、スピーディア、hi-ho、ic-net、Tiger-net、エディオンネット、SYNAPSE、BB.excite、楽天ブロードバンド、TikiTiki、@ネスク、コアラ(COARA)
タイプBで選べるプロバイダ
OCN、@TCOM、TNC、@ちゃんぷるネット、AsahiNet、WAKWAK

ドコモ光のプロバイダのなかで最もおすすめなのは「GMOとくとくBB」です。料金の安いタイプAに属しているだけでなく、高額キャッシュバックや、Wi-Fiルーターの無料レンタルを実施しています。

関連記事

▶GMOとくとくBBの評判や契約時の注意点

タイプCはケーブルテレビの設備を使ったサービス

ドコモ光のプランのうちタイプCは、ケーブルテレビの設備を使った回線サービスです。

もともと地元のケーブルテレビサービスを使っていた人向けのプランで、ドコモ光のサイトからは申し込めません。

提供エリアがかなり限られている、最新の接続方式であるv6プラスに対応していないといったデメリットがあるため、おすすめできません。

単独タイプはプロバイダを別途契約するプラン

プロバイダの役割の解説

ドコモ光のプランの「単独タイプ」とは、光回線サービスとプロバイダサービスを別々に契約するプランです。

単独タイプのドコモ光だけではネットは使えず、別途、プロバイダを契約する必要があります。

一見するとタイプA~Cよりも安いように見えますが、実際はプロバイダ料が別にかかるため、単独タイプのほうが500~1,000円割高です。

ドコモ光は、もともとプロバイダがセットになった便利な光回線サービスです。わざわざ「単独タイプ」を選んで、プロバイダを別に契約するメリットはありません。

藤本さん 藤本
いろんな「タイプ〇〇」があるので混乱しそうになりますが、基本的には「タイプA」になるように選べば、損をすることはないです!

マンションタイプの回線速度は配線方式によって変わる

マンションの3つの配線方式についてのイラスト

ドコモ光に限らず、マンションで使う光回線の回線速度は建物内の「配線方式」によって大きく変わります。

マンションの共有部分から各戸までの配線方式が「光配線」「G.fast」「VDSL」「LAN配線」のいずれになっているかで、最大通信速度が変わるからです。

建物の配線方式とは

光配線方式の図

配線方式とは「共同設備から各戸までの配線方法」を表したものです。「光配線方式」「G.fast方式」「VDSL方式」「LAN配線方式」の4種類があります。

最大通信速度 特徴
光配線方式 回線業者の性能通り
(ドコモ光は1Gbps)
最も速い方式。各戸まで光ファイバーケーブルで繋いでいる。
G.fast方式 上り下りの合計で1Gbps VDSL方式より速く、光配線方式より遅い。最新のモデムを使っている。
VDSL方式 100Mbps 建物の入り口から各戸までを電話回線で繋いでいる。マンションで最も多い方式。
LAN配線方式 100Mbps 建物の入り口から各戸までをLANケーブルで繋いでいる。利用者が増える時間帯は遅くなる。

上記の表は、通信速度が速い順番で紹介しています。

もっとも望ましいのは「光配線方式」です。光配線方式は、唯一、回線業者の最大通信速度がそのまま適用されるからです。

ドコモ光は、マンションタイプでも最大1Gbpsのプランを提供しています。しかし、VDSL方式やLAN配線方式では、共有部分から先が光ファイバーケーブルではなくなるため、最大速度が100Mbpsまで下がります。

通信速度の「bps」とは

通信速度を説明する際に用いられる「bps」とは、1秒間に送信できるデータ量を表した値です。数値が大きいほど通信速度が速いです。「1Gbps=1,000Mbps」と換算できます。VDSL方式やLAN配線方式では最大速度が100Mbpsまで下がるため、本来の10分の1の性能になります。

最も多いのはVDSL方式

VDSL方式の図

国内のマンションやアパートでもっとも多いのは「VDSL方式」です。

VDSL方式は、電柱から「MDF」(主配線盤)と呼ばれる共有設備まで光ファイバーケーブルを通し、各戸までは電話回線(メタルケーブル)で繋ぐ方式です。

電話回線は光ファイバーケーブルほど高性能ではないため、最大通信速度が100Mbpsまで下がります。

また、1つの回線を住民同士でシェアするため、利用者の多い時間帯は通信が混雑する危険性があります。

光配線方式以外は実測値も下がる

マンションの配線方式が「光配線方式」以外の場合は、当然実測値も低いです。

「実測値」とは、ネットを使っているときの実際の回線速度を表す値です。

ドコモ光に限らず、光回線業者が公表している「最大〇Gbps」は最大通信速度です。あくまで理論上で可能な速度でしかありません。

実際は、建物の設備や、使っているプロバイダ・端末・ケーブルなどの影響を受けてもっと遅いです。「G.fast方式」「VDSL方式」「LAN配線方式」は、そもそもの最大通信速度が下がるため、実測値も低いです。

例えば光配線方式の実測値は150~200Mbpsですが、VDSL方式では30Mbpsほどまで下がります。

マンションの配線方式を確認する方法

LANケーブル2つ持って比べているイラスト

マンションの配線方式を確認する方法は2つあります。「ドコモ光のインフォメーションセンターに電話する」「壁のコード差込口を確認する」です。

それぞれについて、解説します。

ドコモ光のインフォメーションセンターに電話する

マンションの配線方式を確認する最も簡単で、確実な方法は、ドコモ光のインフォメーションセンターに電話することです。

「どの配線方式になるのか知りたい」とオペレーターに伝えれば、住所をもとに調べてもらえます。下記に、問い合わせ用の電話番号を載せておきます。

電話番号
ドコモの携帯電話から (局番なし)151
一般電話から 0120-800-000

受付時間は、午前9時から午後8時までです。年中無休で対応してもらえます。

また、混雑で電話が繋がらない事態を避けるために、電話する日時を事前にネット予約することも可能です。

外部サイト

▶ドコモ光の電話事前予約ページはこちら

壁のコード差込口を確認する

光コンセントのイラスト

物件の壁にある差込口を確認することでも、ある程度は配線方式を調べられます。上記の画像のように「光」や「光コンセント」と文字が書かれた差込口があれば、光配線方式である可能性が高いです。

これは「光コンセント」という装置です。光コンセントは、他の差込口と一体になっているほかに、エアコンの裏から引き込んでいることもあります。

ただし、光コンセントの有無は、あくまで目安でしかありません。光コンセントのない部屋であっても、契約時の工事で設置できる場合もあります。

マンションタイプの開通手順は新規か転用で変わる

ドコモ光のマンションタイプを契約する際の開通手順は「新規」か「転用・事業者変更」で変わります。

新規で契約する場合は立ち合い工事が必要です。しかし、フレッツ光や光コラボから乗り換える「転用・事業者変更」なら、NTTの設備をそのまま流用できるため、立ち合い工事は不要です。

関連記事

▶ドコモ光の詳しい工事内容や当日の流れ

新規開通の場合の開通手順(独自回線からの乗り換えを含む)

電柱から一軒家に光ケーブルを引いている工事の様子のイラスト

これまでネットを繋いでいなかった家に新しく回線を開通する場合は立ち合い工事が必要なことがほとんどです。

また「独自回線系」と呼ばれる、NTT回線とは別の光回線サービスを使っていて、ドコモ光に乗り換える場合も新しく開通工事が必要です。

主な「独自回線系」の光回線サービス
独自回線系の光回線サービスには、auひかり、NURO光、eo光、コミュファ光、ピカラ光などがあります。

ドコモ光の申し込み手続きが終わると、日程調整の電話がかかってきます。自分の予定と合う日を選びましょう。工事が終わるまではネットを使えません。

工事当日のおおまかな流れは、以下のとおりです。NTT作業員がやってきて、1時間ほど作業をします。(※VDSL方式やLAN配線方式の物件では、手順が少し変わる場合があります)

ドコモ光マンションタイプの工事の流れ

  1. ①光ケーブルを電柱から共有部まで引き込む
  2. ②光ケーブルを共有部から部屋まで引き込む
  3. ③部屋のなかに光コンセントを設置する
  4. ④光回線終端装置(ONU)に光ケーブルを接続
  5. ⑤開通が成功しているか確認する

光回線終端装置(ONU)とは、光回線の接続に必要な機器です。ドコモ光では、無料でレンタルできます。

また、プロバイダの「GMOとくとくBB」からドコモ光に申し込んだ場合は、無線LAN機能付きの機器が無料レンタル可能です。

外部サイト

▶ドコモ光×GMOとくとくBBの窓口はこちら

申し込みから開通までの日数は、2週間~1ヶ月間が目安です。ただし、引っ越しの繁忙期である3~4月は、申し込みが増えるため1ヶ月以上かかってしまうこともあります。

工事費用は16,500円で、土日祝日や年末年始を指定した場合は3,300円が加算されます。

ただ、まれに、以前の居住者の設備が残っていたり、物件全体が設備を整えていたりして、開通工事が不要なケースがあります。

この場合は、ドコモ光のオペレーターから「ご自宅での工事はありません」と案内されます。開通の手続きはNTTの局舎内だけでおこなわれ、工事費用は2,200円で済みます。

は工事費無料キャンペーンを実施中

ドコモ光は 現在、公式で「工事費無料キャンペーン」を実施中です!

このため、新規でドコモ光を契約する場合は工事費が全くかかりません。キャンペーンの終了時期は未定なので、終わる前に申し込みましょう。

関連記事

▶工事費無料キャンペーンの特徴と注意点

管理会社や物件オーナーに工事の許可を取る必要がある

マンションやアパートの部屋に光ファイバーケーブルを引き込む場合、物件の管理会社やオーナー(大家さん)に工事の許可を取る必要があります。

ケーブルを部屋に通すため壁に小さな穴を開けるかもしれないからです。

許可なく開通工事をした場合、お部屋の退去時に修繕費用を請求される可能性が高いです。トラブルを避けるためにも、工事の前に許可を取りましょう。

転用または事業者変更の場合の開通手順

「転用」の解説イラスト

フレッツ光からドコモ光に切り替える「転用」や、他の光コラボから乗り換える「事業者変更」の場合は、工事不要でドコモ光を開通できます。

ドコモ光はNTTの回線網を使用している「光コラボ」のうちの1つなので、フレッツ光や、他の光コラボで使っていた設備をそのまま流用できるからです。

当然、作業者との立ち合いは不要で工事費用もかかりません。

ただし、ドコモ光に申し込むタイミングで「転用承諾番号」または「事業者変更承諾番号」を伝える必要があります。もともと契約していた光回線サービスに連絡して、取得しましょう。

「転用承諾番号」と「事業者変更承諾番号」の有効期間は、発行日を含めて15日間です。期間中に申し込みを忘れてしまった場合は、再度、発行してもらう必要があります。

申し込み後は、ドコモ光から郵送物が届きます。説明書をもとに機器を設置しておけば、空白期間無しで切り替えられます。

関連記事

▶事業者変更についての詳しい解説と手続き方法

ドコモ光マンションタイプの初期費用・工事費用

電卓を持った女の子のイラスト

ドコモ光マンションタイプの契約の仕方ごとに初期費用をまとめると、以下のようになります。

工事費用は新規契約の場合のみ必要です。転用・事業者変更の場合は不要です。

新規契約のうち、立ち合い工事が必要な「派遣工事」の場合は高く、NTTの局舎内での作業で終わる「無派遣工事」のケースでは安くなります。

ただし、工事の内容は建物の状況によって変わるため、ユーザー側では自由に選べません。

新規契約 新規契約
(無派遣)
転用
事業者変更
工事費用 16,500円 2,200円
事務手数料 3,300円
合計 19,800円 5,500円 3,300円

表にあるように、どのような形でドコモ光を契約するにしても必ず事務手数料3,300円は発生します。

転用や事業者変更だからといって、完全に無料で乗り換えられるわけではないです。

また、土日祝日・年末年始に立ち合い工事を依頼したり、光テレビや光電話を設置する場合は、追加の工事費用が発生します。

ドコモ光マンションタイプの最もお得な窓口

代理店の窓口で申し込みしているイラスト

ドコモ光のマンションタイプを最もお得に申し込む方法は、プロバイダの「GMOとくとくBB」を窓口にすることです!

「GMOとくとくBB」は、月額料金の安い「タイプA」のプロバイダであるだけでなく、独自のキャッシュバックキャンペーンを実施しており、最大20,000円がもらえます!

また、高性能なWi-Fiルーターを無料レンタルできます。さらに、ドコモ光公式の「工事費無料キャンペーン」も適用可能です!

ドコモ光の公式サイトから申し込むよりもお得なので、必ず活用しましょう!

本当に選ぶべき光回線はたった7社

100社以上ある光回線ですが、 現在、本当におすすめできるのは7社だけです。

お使いのスマホキャリアによって変わるので、どこの光回線にすべきか迷っている方は参考にしてください!

おすすめ光回線の選び方

おすすめ光回線の選び方

三瓶さん 三瓶
基本的にはスマホに合わせた光回線を選んで、以下のようにセット割を適用させるとお得です!

3人家族でスマホセット割を適用した場合の2年間の割引額

光回線ごとで、 最もお得なキャンペーンを展開中の優れた窓口をご紹介します。

とくにドコモ光は新規契約でも乗り換えでも、通常よりかなりお得な還元キャンペーン中です。ぜひ期間中に検討してみてください!

光回線 おすすめ理由
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーにとって最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
最大2万円のキャッシュバック
解約費用の補助がある(最大2万円)
工事待ち期間はモバイルWi-Fiレンタル お得なキャンペーン窓口
auひかりのロゴ auユーザーなら最安クラスの光回線
最大52,000円のキャッシュバック
auのセット割が使えてお得 お得なキャンペーン窓口
eo光のロゴ auで関西地方なら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
1年目の月額料金が約3,000円 お得なキャンペーン窓口
コミュファ光のロゴ auで東海地方なら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
回線速度がトップクラスに速い お得なキャンペーン窓口
NURO光のロゴ ソフトバンクで戸建てなら最安
最大速度2Gbpsで他の光回線より速い
ソフトバンクのセット割が使えてお得 お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ ソフトバンクでマンションなら最安
ソフトバンクのセット割が使えてお得
ワイモバイルの料金も安くなる お得なキャンペーン窓口
ビッグローブ光のロゴ 格安スマホなら最安クラスの光回線
全国対応の光回線で料金が安い
auのセット割にも対応している お得なキャンペーン窓口

ドコモ光の記事

  •  

  • 一番お得なキャンペーン窓口

    ドコモスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!

    auスマホならスマホ料金も安くなる!NNコミュニケーションズからの申し込みが一番お得!

    ソフトバンクやワイモバイルのスマホ料金が安くなる!エヌズカンパニーからの申し込みが一番お得!

    回線速度の速さを求めるなら1番おすすめ!公式サイトから45,000円キャッシュバック!

    光回線ごとの記事一覧