お部屋探しのコツや知識まとめブログ|イエプラコラム
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

家賃が安い物件は危ない?家賃1万円は流石にやばい?安く募集される理由とは

家賃の安い物件は危ない?のアイキャッチイラスト

家賃が安いと危ない?やばい?
変な人が多くて後悔する?

家賃が安い物件は、寝に帰るだけの人や趣味にお金をかけたい人に向いています。「高い家賃はもったいない!」と感じて、できるだけ安いお部屋を探す人は多いです。

しかし、一部からは「変な人が住んでいる」「危ないからやめとけ」という声も挙がっています。注意点を知らないと、住んでからトラブルで後悔することも…。

そこで当記事では、家賃が安い賃貸物件は危ないのか解説します。安く募集される理由や、家賃が安いお部屋を探す際のポイントもまとめました。

監修 阿部 陽一郎
不動産屋「家AGENT」
池袋店 店長

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

家賃が安い物件は危ない?

安いのに空室が多い物件は危ない

長期間空室が続く安い物件は危ないのイラスト

家賃が安いのに空室が多い物件は、危ない可能性が高いです。入居者が集まらなかったり、すぐに退去してしまうなど、住みにくい理由を抱えているおそれがあるからです。

築年数が古すぎて設備が微妙だったり、共有部分が汚く住民の質が低いなど、デメリットが目立ちます。物件によっては、事故物件の可能性も考えられます。

阿部さんのアイコン 阿部
家賃が安くて危ない物件の特徴は、のちほど解説します。

安心して暮らしたい人だと後悔しやすい

安心して暮らしたい人だと、家賃が安い物件は後悔しやすいです。セキュリティ面に問題があるケースが多いからです。

治安や住み心地を重視する人は、家賃を極端に下げない方がいいです。周辺相場より、5千~1万円ほど低い家賃帯で探してください。

家賃が1万円以上安い物件はやばい

周辺相場に比べて、似た条件で家賃が1万円以上安い物件は「やばい」可能性が高いです。設備が壊れたままだったり、防音性が極端に低いケースがあるからです。

家賃の安さにつられて、変な人やマナーを守らない人が集まります。近所トラブルに発展するリスクが高まるので、住むかどうか慎重に判断してください。

家賃が安い理由は不動産屋に確かめるべき

家賃が極端に安い物件は、必ず理由を確かめるべきです。確認しないと、事故物件だったり、入居してからトラブルに巻き込まれる危険性があります。

当サイト運営の不動産屋「イエプラ」なら、チャットやLINEから気軽に確認できます。管理会社に直接問い合わせるので、正しい情報をすぐにお知らせ可能です。

来店不要なうえ深夜0時まで営業しているので、自分の好きなタイミングでお部屋探しできます。安い物件を探している人は、ぜひ一度使ってみてください。

家賃が安くても危ない物件の8つの特徴

  1. 人が亡くなっている事故物件
  2. 室内設備が古すぎる
  3. セキュリティが不十分
  4. 築年数が古くて地震に弱い
  5. 周辺に嫌悪施設が建っている
  6. 川が近く水害リスクが高い
  7. 変な人が多くて民度が低い
  8. 防音性が低く騒音に悩まされやすい

1.人が亡くなっている事故物件

告知事項ありの事故物件の例拡大する

家賃が安いなら、告知事項付きの事故物件の可能性があります。事故物件とは、一般的に入居者が亡くなった物件のことです。

心理的に抵抗感があったり、幽霊を気にする人だと精神的に疲れます。ストレスが原因で、体調不良や不眠症に繋がる危険があります。

不動産屋には告知義務があるので、事故物件かどうかは事前に分かります。ただし、国土交通省のガイドラインによると、教えてくれるのは事故物件になってから3年以内までです。

阿部さんのアイコン 阿部
病気や寿命による死亡で、死後すぐに警察に届け出た場合は告知義務がありません。
おすすめ記事
事故物件の8つの見分け方!知らずに契約したときの対処法のアイキャッチ
事故物件の8つの見分け方!知らずに契約したときの対処法
記事を読む ▶

2.室内設備が古すぎる

古いエアコン

家賃が安いお部屋だと、室内設備が古すぎて危ないケースがあります。多いのは、エアコンや給湯器などです。

エアコンでいうと、古すぎると冷暖房の効きが悪いです。電気代が余計にかかるうえ、熱中症や低体温症のリスクが上がります。

製造から10年以上経っている給湯器は、経年劣化でガス漏れや水漏れが起きやすいです。最悪の場合火災に繋がるおそれがあるので、設備の年数は不動産屋に確認しましょう。

3.セキュリティが不十分

家賃が安いお部屋は、セキュリティが不十分な物件が目立ちます。TVモニター付きインターホン・オートロックなどが付いていないので、宗教勧誘やセールスが多いです。

ピッキングに強い「ディンプルキー」も、基本的に採用されていません。空き巣や忍び込みのターゲットされやすいので、防犯性を重視したい人は危ないと感じます。

おすすめ記事
ディンプルキーとは?普通の鍵との違いは?のアイキャッチ
ディンプルキーとは?普通の鍵との違いは?
記事を読む ▶
女性の一人暮らしの条件とは?のアイキャッチ
女性の一人暮らしの条件とは?
記事を読む ▶

4.築年数が古くて地震に弱い

建築確認申請の時期 地震への強さの目安
旧耐震基準 1981年5月以前 震度5強程度の地震で倒壊しない
新耐震基準 1981年6月以降 震度6強~7の地震で倒壊しない

家賃が安い物件は、築年数が経っていて地震に弱いです。1981年以前に建てられた物件が多く、新耐震基準を満たしていない可能性が高いからです。

震度6強以上の地震が発生したした際は命が危ないです。家賃を下げたい人であっても、最低でも新耐震基準の物件で探しましょう。

おすすめ記事
築年数の狙い目は何年?のアイキャッチ
築年数の狙い目は何年?
記事を読む ▶

5.周辺に嫌悪施設が建っている

嫌悪施設の例
  • ・墓地
  • ・火葬場
  • ・ゴミ処理場
  • ・繁華街や歓楽街
  • ・宗教団体の施設
  • ・暴力団関係の事務所 など

物件近くに嫌悪施設がある場合、安い家賃で募集されやすいです。主な嫌悪施設は、お墓・火葬場・ゴミ処理場などです。

歓楽街や暴力団関係の事務所が近いと治安が心配です。一人暮らしの女性や、ファミリー世帯には危険に感じます。

阿部さんのアイコン 阿部
嫌悪施設が近いと「環境的瑕疵」の物件として図面に記載されます。周辺環境に問題があるという意味です。騒音が大きい線路近くや、高速道路沿いも含まれます。
おすすめ記事
お墓の近くに住むのは縁起が悪いからやめたほうがいい?のアイキャッチ
お墓の近くに住むのは縁起が悪いからやめたほうがいい?
記事を読む ▶
線路沿いの家は止めた方が良い?のアイキャッチ
線路沿いの家は止めた方が良い?
記事を読む ▶

6.川が近く水害リスクが高い

大きな川の近くのマンションやアパートは、立地的に危ないです。洪水が起きやすく、水害リスクが高いためです。

「2階以上だから大丈夫」と思っていても、エントランスが浸水すると自宅から出られなくなります。また、洪水の程度によっては倒壊の危険もあります。

自治体の「ハザードマップ」で、事前に災害リスクを調べておくべきです。水害の他に、地盤などの強さに関する情報も見れます。

7.変な人が多くて民度が低い

周辺の家賃相場より安い物件は、変な人が集まりやすいです。ゴミ捨てマナーを守らなかったり、深夜まで騒ぐなど、民度が低いケースが目立ちます。

一般的に、家賃と住民の質は比例しやすいです。近所トラブルに巻き込まれたくないなら、家賃が安すぎる物件は危険です。

8.防音性が低く騒音に悩まされやすい

家賃が安い物件は、防音性が低く騒音で悩まされやすいです。建設コストを抑えた結果、壁や床が薄かったり、気密性が低くて音漏れしやすいからです。

隣人のテレビ音や話し声が聞こえてくるので、多くの人がストレスを感じます。物件によっては、ドライヤーの音ですら響きます。

家賃が安い理由は「危ない」以外の場合もある

危ない以外で物件の家賃が安い理由
  • ・閑散期で入居希望者が少ない
  • ・余計なリフォームをおこなっていない
  • ・駅から遠く利便性が低い
  • ・特殊な間取りで人気がない

安い家賃で募集される理由は他にもあります。代表的なものを4つまとめたので紹介します。

閑散期で入居希望者が少ない

閑散期で入居希望者が少なく空室を抱える大家さん

安い家賃で募集されるのは、閑散期で入居希望者が現れにくいという理由が挙げられます。主に4~6月・10~11月は、引っ越しシーズンが終わって物件が埋まりにくい時期です。

閑散期でも家賃収入を得るために、大家さんは家賃を下げて募集します。「すぐにでも入居してほしい」など大家さんの希望があれば、時期に関係なく安い家賃で募集されやすいです。

阿部さんのアイコン 阿部
物件自体は特に問題がない場合がほとんどなので、費用を抑えて引っ越したい人に向いています。
おすすめ記事
賃貸物件が安い時期を解説!閑散期に引っ越すメリットとはのアイキャッチ
賃貸物件が安い時期を解説!閑散期に引っ越すメリットとは
記事を読む ▶

余計なリフォームをおこなっていない

リフォームを最小限に抑えた室内写真

安い家賃で募集される理由として、リフォームを最小限に抑えている点も含まれます。工事にお金をかけない分、安い家賃帯で募集に出すといった仕組みです。

壁紙にシミが残っていたり、和室の畳が傷んだままです。ただし、日常生活に問題はないので、気にならない人ならお得に住めます。

駅から遠く利便性が低い

駅から遠い物件も、家賃が安く募集されやすいです。駅が遠いエリアほど、交通の便が悪かったり、商業施設が充実していないからです。

最寄りが同じ物件でも、駅徒歩5分と15分で家賃が5千円以上変わるケースはよくあります。リモートワーク中心の人や、歩くのが苦でない人は、駅から遠い物件が狙い目です。

おすすめ記事
駅徒歩15分のお部屋は後悔する?意外と遠い?のアイキャッチ
駅徒歩15分のお部屋は後悔する?意外と遠い?
記事を読む ▶

特殊な間取りで人気がない

いびつな間取り例

家賃が安い物件には、特殊な間取りも見つかります。いびつな間取りはデッドスペースが多く、入居希望者が現れにくい傾向にあります。

「シューズボックスがない」「キッチンに冷蔵庫が置けない」といった生活するうえで不便な物件も、安い家賃帯で募集されやすいです。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼メリットたくさん
・すべてチャットで完結(来店不要)
・スーモにない未公開物件も探せる
・0時まで営業で仕事終わりに使える
▶無料でお部屋を探してみる

家賃が安い物件に住んだ人の体験談

家賃が安くても危ない目に遭った人

口コミ投稿者の画像

20代後半

家賃:4万円

居住期間:1年

【アパートの手すりが壊れた】

私の物件はいわゆるボロアパートです。我慢して住んでいたのですが、ある日階段の手すりが壊れて派手に転びました。安い物件には、それなりのデメリットがあると学びましたね。

口コミ投稿者の画像

20代前半

家賃:3.5万円

居住期間:1年

【セールスや宗教勧誘を受けてしまう】

インターホンにモニターが付いていません。そのため、電気会社の人かと思って開けたら電気のセールスだったり、宅配便かと思ったら宗教勧誘だったことがあります。次の物件では、家賃を上げてでもセキュリティにこだわりたいと思います。

口コミ投稿者の画像

20代後半

お部屋の家賃:5万円

居住期間:半年

【隣人がトラブルメーカーだった】

1部屋だけ安く募集されていたので契約したところ、隣人のおばさんがトラブルメーカーでした。毎日のように生活ルールやゴミの出し方にクレームをつけてきてうんざりです。

家賃が安い物件に住んだ人の体験談を集めました。口コミでは、物件のメンテナンスやセキュリティの面で「危ない」と感じる人が多かったです。

住人の民度に問題があると答えた人も目立ちました。安い物件に住む場合でも、最低限安心して暮らせるお部屋に引っ越すべきです。

家賃が安くても後悔しなかった人

口コミ投稿者の画像

20代後半

家賃:3万円

居住期間:6年

【何もしなくてもお金が貯まった】

高い家賃は無駄だと思っていたので、新卒からずっと安い物件に住んでいます。節約を意識しなくても毎月お金が貯まるので、多少の不便さには目をつぶれます。

口コミ投稿者の画像

30代前半

家賃:6万円

居住期間:2年

【民度が悪いとは感じない】

家賃相場が8万円以上のエリアなので、かなり安い物件です。B・T別と築年数を妥協したおかげで、広さのわりにお得です。入居者に外国人は多いですが、マナーが特別悪いと感じたことはないですね。

口コミ投稿者の画像

20代前半

家賃:4万円

居住期間:1年

【駅から遠い物件は静か】

不動産屋さんに家賃を抑えたいって相談したら、学生街で駅から遠い物件を紹介してもらいました。駅から離れているからか、学生のたまり場になるようなことはなく、静かに暮らせています。

家賃が安くても、問題なく暮らせている人もいます。B・T別や駅徒歩などを妥協すれば、危ないと感じることなく安い物件に住めます。

安いお部屋を探すときは、希望条件を緩めるのがコツです。安全性に関わらないこだわりは捨てて、できるだけ柔軟に探しましょう。

家賃が安い物件を探す際のポイント

  • ・事故物件か事前に調べる
  • ・周辺環境に問題がないか確かめる
  • ・不明点は積極的に不動産屋に聞く

事故物件かどうか調べる

家賃が安い物件を探すときは、事故物件ではないか調べます。不動産屋から告知されるのは、3年以内に発生した事故物件だけだからです。

ある程度の情報は、専門サイトの「大島てる」で確認できます。匿名性の高いサイトのため、内容がすべて正しい訳ではない点に注意です。

おすすめ記事
「アプリで事故物件を調べる方法」のアイキャッチイラスト
事故物件をアプリで調べる方法!大島てるのアプリはある?
記事を読む ▶

周辺環境に問題がないか確かめる

家賃が安いお部屋を探すなら周辺環境もチェックします。先ほど解説した通り、周辺施設の影響で安く募集される場合があるためです。

物件の周辺環境を知りたいなら、実際に現地を内見するのがおすすめです。街の様子を直接確認できますし、内見しないと分からない外からの音やニオイも確かめられます。

おすすめ記事
内見する際のポイントのイメージイラスト
内見時のポイントは?チェックリストで大公開!
記事を読む ▶

不明点は積極的に不動産屋に聞く

お部屋に関して不明点があれば、積極的に不動産屋へ問い合わせましょう。ネット上の情報だけで判断すると、入居してから後悔しやすいからです。

正確な情報がほしいときは、同じ物件を複数の会社へ問い合わせるのがコツです。どの業者も同じ専用サイトを見ているので、ネガティブな情報を隠す業者を避けられます。

おすすめ記事
一人暮らしで不動産屋に聞くことはなに?のアイキャッチ
一人暮らしで不動産屋に聞くことはなに?
記事を読む ▶

家賃が安い物件に関するよくある質問

家賃が安いと後悔する?

100%後悔する訳ではありませんが、安い理由は知っておくべきです。

告知事項がある物件だったり、周辺環境の影響で安くなっているケースがあります。申し込み前には、安い理由を必ず確かめてください。

▲よくある質問に戻る

家賃が安い理由でよくあるのは?

「築古物件だから」という理由が多いです。建物の老朽化が進むと、多くの大家さんが家賃を下げて募集します。

弊社「家AGENT」の営業マン10名に調査した結果、家賃が安い理由で「築年数の古さ」を挙げた人がほとんどでした。

おすすめ記事
賃貸物件の家賃が安い理由は?のイメージイラスト
賃貸物件の家賃が安い理由は?疑うべきポイント!
記事を読む ▶

▲よくある質問に戻る

家賃が安いと変な人が住んでいる?

物件によります。過去に住民同士のトラブルがなかったか、不動産屋に確認してもらうといいです。

▲よくある質問に戻る

家賃3万円のお部屋ってやばい?

物件やエリアで住み心地は変わります。物価の安い地方だと、条件の良いお部屋に住める可能性があります。

一概に「やばい」と決めづらいので、気になるお部屋があったら実際に内見して確かめるのが大切です。

おすすめ記事
「家賃3万円の物件はやばい?」のアイキャッチイラスト
家賃3万円はやばい?アパート暮らしの実態を公開!
記事を読む ▶

▲よくある質問に戻る

家賃が1万円や2万円は流石にやばい?

人の集まる都市部でなければ、住み心地に問題のない物件もあります。とくに大学が移転して、アパートが余っているエリアは狙い目です。

▲よくある質問に戻る

家賃が安いところに住むメリットは?

毎月の住居費を抑えられます。生活費のうち、家賃は最も大きいウエイトを占めています。毎月の固定費を下げれば、生活費に余裕が生まれやすくなります。

おすすめ記事
一人暮らしの生活費のイメージイラスト
一人暮らしの生活費はいくら?節約術も解説!
記事を読む ▶

▲よくある質問に戻る

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

お店に行かなくても「イエプラ」なら、チャットやLINEで希望を伝えてお部屋を探せます!

SUUMOやHOME'Sに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです。

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶ 無料でお部屋探しを始める
follow us in feedly
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について