お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

【悪質】おとり物件とは?騙されないための見分け方や対処方法【釣り物件】

おとり物件

「おとり物件とは?」「特徴や見分け方は?」

ネット上に掲載されている物件の一部には「おとり物件」が存在します。来店時にはすでに埋まっていて内見できないことがあるので、おとり物件を避けてお部屋探しするのが理想です。

しかし、どうやっておとり物件を見分ければ良いかわからないという人もいます。

そこで当記事では、おとり物件とはなにか、騙されないための見分け方や回避方法などを解説していきます。

おとり物件を見つけたときの対処方法や、避けるべき不動産屋の特徴についても紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

この記事は、不動産屋「家AGENT」池袋店の阿部さんにも内容を監修してもらいました。

監修 阿部 陽一郎
不動産屋「家AGENT」
池袋店 店長

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

おとり物件とは

契約できないのに掲載されている物件

おとり物件の例

おとり物件とは、実際は契約できないのに物件検索サイトや店頭に掲載されている物件のことです。既に入居者がいるお部屋だったり、架空の物件で実際に存在しないケースもあります。

設備が整っていて家賃が格安など、ほかの物件よりも条件が良いものがおとり物件である可能性が高いです。

集客を目的としている悪意のある広告なので「内見したい」と問い合わせても、執拗に来店を促されて別の物件を紹介されるパターンが多いです。

阿部さんのアイコン 阿部
おとり物件は「釣り物件」や「おとり広告」と呼ばることもあります。

おとり物件は法律によって禁止されている

【第21条】事業者は、次に掲げる広告表示をしてはならない。

(1)物件が存在しないため、実際には取引することができない物件に関する表示

(2)物件は存在するが、実際には取引の対象となり得ない物件に関する表示

(3)物件は存在するが、実際には取引する意思がない物件に関する表示

引用:不動産の表示に関する公正競争規則及び施行規則 第21条

上記のように、不動産の表示に関する公正競争規則及び施行規則 第21条で、不動産取引のルールを取り決められています。

不動産取り引きに関する法律「宅建業法 第32条:誇大広告等の禁止」においても、著しく事実に相違する誇大広告等を全面的に禁止しています。

阿部さんのアイコン 阿部
悪質な広告を掲載し続けている不動産屋は、営業停止や免許取消などの厳しい処分を受けます。

サイトに載っている約12%がおとり物件

不動産広告の調査や指導をおこなっている首都圏不動産公正取引協議会が、おとり物件の調査をおこないました。

2021年2月に発表した「インターネット賃貸広告の一斉調査報告(第8回)」によると、4つの大手物件検索サイトに掲載される335物件のうち41件が「おとり物件」でした。

割合にすると約12%がおとり物件です。また、不動産業者別で見ても、36社中13社(約36%)がおとり物件を掲載していました。

過去にも調査がおこなわれていますが、おとり物件は実態が掴みづらく摘発が難しいことから、現在も根絶できていません。

おとり物件は2つのパターンが存在する

①集客のために意図的に載せるおとり物件

おとり物件に引っかかって無駄足になってしまった人の体験談漫画

集客のために借りられない物件と知っていながら、あえてサイト上に掲載している悪徳な不動産屋もいます。

悪意のあるおとり物件は実在していない「架空の物件」もあれば、実在しているが「空室ではないお部屋」などがあります。

意図的におとり物件を載せている場合、好条件の物件を掲載して問い合わせを集め「直前に申し込みが入ってしまった」などの理由をつけて別の物件を紹介します。

②物件の消し忘れやサイトのタイムラグが原因

広告掲載の流れがわかるイラスト

物件検索サイトに掲載されているお部屋は、複数の不動産屋が同時に募集しているケースが多いです。

たとえば、自分が「A不動産」で空室状況を問い合わせたとしても、別の人が先に「B不動産」で入居申込した場合は、その時点で掲載終了になります。

「B不動産」で申し込みが入っても、ほかの不動産屋は空室状況を把握するのに時間がかかるので、おとり物件になってしまいます。

繁忙期は予期せぬおとり物件が増えやすい

1~3月の繁忙期は予期せぬおとり物件が増えやすいです。理由は、対応客が多く物件情報の更新作業まで手が回らないからです。

そのため、1つのお部屋を複数の不動産屋が取り扱う場合、ほかの不動産屋で決まったという情報の共有が遅くなりがちです。

阿部さんのアイコン 阿部
繁忙期は、気になる物件をタッチの差でほかの人に申し込まれてしまうこともザラです。早めに内見予約をするのがおすすめです。

おとり物件の7つの見分け方

おとり物件の可能性がある物件の特徴
  1. 相場に対して家賃が安すぎる
  2. 募集広告に「物件名」が表記されていない
  3. 住所の詳細表記がない
  4. 物件情報に「仲介先物」と表記されている
  5. 物件画像がなかったり使いまわされている
  6. 1つの物件検索サイトでしか掲載していない
  7. 定期借家契約になっている

相場に対して家賃が安すぎる

スマホの画面を見て驚く人

家賃がエリアの相場と比べて安すぎるお部屋は、おとり物件を疑ったほうが良いです。

たとえば、家賃9万円程度の物件が多いなか、6万円ほどの条件が似たお部屋がある場合は、意図的に家賃を下げている可能性があります。

賃貸物件の家賃は、周辺物件の相場を参考にして決められます。自殺や事件があったなど、ワケあり物件でない限り相場から大きくかけ離れることはありません。

阿部さんのアイコン 阿部
SUUMOやHOME’Sなどが地域の家賃相場をネット上に公開しています。家賃相場と比較しながらお部屋を探しましょう。

好条件で長期間募集されている物件は要注意

好条件の物件が長期間募集されている場合は、おとり物件の可能性が高いです。誰が見ても好条件だと感じるお部屋は、掲載開始から2週間あれば埋まってしまいます。

仮に、おとり物件でなかったとしても、お部屋になにかしらの欠陥があるか、ワケあり物件の可能性があるので注意しましょう。

募集広告に「物件名」が表記されていない

物件名が表記されていない場合もおとり物件の可能性があります。ほかの不動産屋にバレないように、物件名を伏せています。

しかし、大家さんが住んでいる物件ではプライバシーを守るため、あえて物件名を表記していない場合があります。

気になる物件で物件名が記載されていない場合は、ほかのサイトやネット上でヒットするか調べると良いです。見つからないのであれば、おとり物件の疑いがあります。

阿部さんのアイコン 阿部
物件名が決まっていない新築では表記できないケースもあります。不審に思ったら不動産屋に物件名を確認してみると良いでしょう。

住所の詳細表記がない

物件情報に住所が記載されていない、または番地や号などの詳細な住所が書いていない物件は疑うべきです。

意図的におとり物件を載せている場合、住所を載せてしまうとほかの不動産会社や大家さんにバレてしまう可能性が高くなります。

そのため、市区町村や丁目までしか記載しないなど、物件を特定されないように掲載します。

阿部さんのアイコン 阿部
そもそも物件自体が存在していないケースもあります。住所の詳細表記がない場合は、物件名などで検索してみて本当に存在するのか確かめてみると良いです。

物件情報に「仲介先物」と表記されている

物件情報の取引態様の欄に「仲介先物」と記載されている物件は注意してください。

不動産取引は必ず大家さんとの関係を提示する決まりになっていて、仲介先物は大家さんと直接的な関わりがないことを表しています。

そのため、おとり物件として掲載しても、大家さんにバレにくいです。条件が良い物件で、取引態様が「仲介先物」であれば、おとり物件の可能性があります。

不動産屋と大家さんとの4つの関係性

貸主 大家さん本人
代理 大家さんと関わりが深い代理人
仲介元付 大家さんに直接物件情報の掲載を任されている人
仲介先物 仲介元付に物件情報の掲載を任されている人、大家と直接の関わりはなし

物件情報の公開元と大家さんとの関係性は、基本的に「貸主」「代理」「仲介元付」「仲介先物」の4種類です。

取引態様が「代理」や「貸主」になっているお部屋は、おとり物件の可能性が低いです。大家さんや不動産の管理会社が、仲介会社を通さずに直接入居者を募集しているからです。

阿部さんのアイコン 阿部
サイトによって「一般媒介」や「仲介」と書かれていますが、その場合は「仲介元付」か「仲介先物」のいずれかです。どちらに当てはまるのかは、不動産屋に直接確認してください。

物件画像がなかったり使いまわされている

画像の数が少ないおとり物件の例
「物件の画像がない」「極端に枚数が少ない」「同じ画像を使いまわしている」など、お部屋の様子や設備が確認できないものは、おとり物件である可能性があります。

「物件の詳細写真が見たいんですがありますか?」とお客さんに問い合わせさせて、来店を促す手法です。

ネット上に公開されている物件は、複数のサイトに載せていることが多いです。他サイトで確認しても画像がない、使いまわしている場合は避けたほうが良いです。

阿部さんのアイコン 阿部
ただし、新築やリノベーション中のお部屋は写真撮影できないので画像がないことが多いです。

1つの物件検索サイトでしか掲載していない

複数の物件検索サイトに掲載されていない、または掲載している不動産屋が1社しかない場合は注意してください。

一般的に、大家さんはいくつかの不動産屋や物件検索サイトに広告の募集を出します。

他社で契約済みになってるのに情報が更新されずに掲載され続けていたり、サイトのタイムラグで残っているので「意図的でないおとり物件」の可能性が高いです。

直接問い合わせて確認するべき

意図せずおとり物件になっている場合は実際に募集をかけていた物件なので、不動産屋に空室状況を聞いてみましょう。

情報更新のタイムラグや、ほかの不動産屋のミスで取り下げられていることもあるので、申し込みできる可能性があります。

ただし、無理に来店を促された場合は、わざとおとり物件として掲載していた証拠です。

阿部さんのアイコン 阿部
複数のサイトに掲載されていて、ほかのサイトと設備や条件が異なる場合は注意しましょう。問い合わせするときは正しい情報を確認してください。

定期借家契約になっている

定期借家契約は決まった期間しか入居できない

定期借家契約とは、貸主が決めた期間しか入居できない契約のことです。

賃貸契約で一般的な「普通借家契約」は2年契約で更新すれば住み続けられますが、定期借家契約の場合は更新ができないので満了時に解約になります。

条件の良い物件を定期借家契約で募集する

おとり物件では、条件が良い物件を3ヶ月~半年の定期借家契約で募集し来店させます。その後、短い期間しか住めないことを説明して、別の物件を紹介するという手口です。

物件検索サイトで調べるときは「定期借家を除く」にチェックを入れて探すと効率的です。

ちなみに、定期借家は賃貸物件の約2.3%ほどと少ないです。定期借家契約でも貸主が許可を出せば再契約して住み続けられます。

おとり物件に引っかからない3つの方法

  • ・内見を現地待ち合わせにする
  • ・おとり物件が少ないサイトで探す
  • ・おとり物件を取り扱わない不動産屋で探す

内見を現地待ち合わせにする

おとり物件がバレるので来店を求める

現地待ち合わせが可能かどうかを電話で確認する女性のイラスト

物件を問い合わせた際に「現地集合」での内見ができるか確認してください。

直接現地に行かれると物件自体がない、お部屋が埋まっているなどでバレてしまうので、悪質な不動産屋は嫌がります。

「1度来店する必要がある」「管理会社が現地集合を嫌がる」など理由をつけて断られたり、来店を急かされるようなら、おとり物件の可能性が高いです。

来店を求める不動産屋が多い

物件を現地集合で内見したいと言っても、希望条件のヒアリングやアンケートの記入などで来店を求められるケースが多いです。

「ほかにもおすすめな物件を紹介する」などと言われた場合でも、希望物件の内見をしたいことをしっかり伝えましょう。

おとり物件を扱わない不動産屋なら柔軟に対応してくれます。応じてもらえない場合は別の不動産屋に相談すると良いです。

おとり物件が少ないサイトで探す

おとり物件が少ないサイトなら、煩わしいやりとりがなくスムーズにお部屋探しができます。

SUUMOやHOME’Sなど大手物件検索サイトのほかにも、不動産屋を通さずに大家さんが直接物件を登録するサイトが存在します。

架空の物件や、契約できないお部屋が公開されることはないので、安心して希望の物件に申し込めます。

▶おとり物件が少ないおすすめサイトはこちら

おとり物件を取り扱わない不動産屋で探す

おとり物件を一切取り扱っていない不動産屋でお部屋探しするのが、最適な解決方法です。

ネット上の不動産屋「イエプラ」は、全国の賃貸物件の約8割の情報が集結している業者専用のデータベース「ATBB」を使って、最新の空室情報を確認しています。

ATBBはリアルタイムで情報が反映されているうえ、大家さんや管理会社が直接登録しているのでおとり物件は一切ありません

内見前日にも空室状況を確認してくれるので、埋まった場合でも事前に教えてくれます。また、チャットやLINEからURLを送れば、他サイトの物件でもおとりかどうか調べてくれます

イエプラボタンバナー

おとり物件を載せる不動産屋の特徴

避けるべき不動産屋の特徴
  • ・来店を急かしてくる
  • ・店頭の貼り紙が色あせていて古い
  • ・違法な路上看板を出している

来店を急かしてくる

来店を急かしてくるスタッフのイラスト

空室状況を問い合わせても「来店していただければ教えます」のように、来店を急かしてくるような不動産屋は避けましょう。

意図的におとり物件を載せている場合は、直接来店させて契約につなげようとするケースが多いです。

問い合わせした物件が、紹介できない可能性が高いので無駄足になります。

店頭の貼り紙が色あせていて古い

店頭に張り出されている募集広告が、色あせていて古い不動産屋は避けたほうが良いです。

好条件の物件を貼り出したままにしておいて、おとり物件で集客していることがあります。

もしくは、情報更新が面倒で放置している可能性があります。マメな対応はしてもらえないので、トラブルや情報漏洩などに巻き込まれるリスクがあります。

違法な路上看板を出している

路上看板の出し方のイラスト

歩道に大きな立て看板を出してる、電柱に貼り紙(捨て看板)をしているなど、違法な広告を出している不動産屋は避けるようにしましょう。

お店の敷地内に看板を出していて歩道にはみ出していなければ違法ではありません。不動産屋のモラルを入店前に確認できます。

ルールを守れない不動産屋は「契約を取れればなんでもあり」という考え方です。物件の申し込みや入居後のサポートでトラブルに繋がりやすいです。

▶良い不動産屋の見分け方についてはこちら

おとり物件に引っかかった人の体験談

アンケート回答による体験談

困り顔の女性のアイコンお金もなかったので家賃の安い物件に惹かれて問い合わせたところ、おとり物件にあたってしまいました。自分の希望条件よりもはるかに良い物件だったので、すぐに電話しましたが「とりあえず来店してください」の一点張りで内見予約が取れませんでした。仕方なく翌日に来店したところ「埋まってしまった」と言われて、まったく別の物件を紹介されました。問い合わせの段階でもっと疑うべきだったと後悔しています。(女性/20代後半)
困り顔の女性のアイコン内見予約をする際に「希望物件の内見だけしたい」と伝えたたのに、来店すると「申し込みが入った」「すでに埋まっていた」など理由を付けて候補に上げた物件を1つも内見できませんでした。後日、内見を希望していた物件を見てみると「掲載中」だったのでおとり物件だとわかりました。(女性/20代前半)
困り顔の男性のアイコンおとり物件は現地集合で回避できるというのを知ったので、内見予約の際は必ず現地集合をお願いしました。ある不動産屋で内見予約をしたところ「一度来店していただく必要がありまして」と現地集合をさせてくれなかったので断りました。その後、自宅から物件まで近かったので寄ってみたら、満室で空室がありませんでした。(男性/30代前半)

調査期間:2022年1~3月(1都3県在住の男女50人)

事故物件など特別な理由が無い限り、相場より極端に安い物件は滅多にありません。

家賃だけでなく総合的に判断して、おとり物件に引っかからないようにしましょう。

頑なに現地集合を断られる場合は、物件が存在していないか、満室の可能性があります。一般的な不動産屋は現地集合でも柔軟に対応してくれます。

Twitter上のリアルな声

おとり物件の認知度が高いこともあり、Twitter上では「問い合わせの段階で気づいた」という人が多かったです。

なかには、証拠を集めておとり物件を扱う不動産屋を通報したという意見もありました。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
スーモやホームズにない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶

おとり物件が少ないサイト3選のサムネイル
不動産屋の悪質な広告「おとり物件」が少ないサイト3選!
記事を読む ▶

おとり物件を見つけたときの対処法

サイト上でおとり物件を見つけた場合

サイトの問い合わせフォームから通報する

スーモやホームズなどの物件検索サイトでおとり物件を見つけた場合は、サイトに設置されている問い合わせフォームから通報できます。

スーモでおとり物件を見つけた場合は「成約済み情報の問い合わせフォーム」から、ホームズの場合は「掲載110番」から通報できます。

通報時に必要な情報

おとり物件通報時の必要情報
  • ・氏名
  • ・メールアドレス
  • ・不動産業者名
  • ・物件番号(サイトの詳細画面に記載)
  • ・問い合わせた日付
  • ・不動産業者とのやり取りの詳細内容

問い合わせた物件情報はスクリーンショットをとって保存しておくと良いです。

おとり物件を掲載し続けている不動産業者は、掲載が取り下げられます。場合によっては、1ヶ月以上物件検索サイトへの掲載が禁止されてしまいます。

店舗でおとり物件を見つけた場合

宅建指導課に連絡する

不動産屋の店舗で、契約できない物件が掲載され続けているのを見つけた場合は、各都道府県の「宅建指導課」に連絡してください。

通報された不動産屋が悪質だと認められた場合、業務停止や免許取り消しなどの重い処分が科されます。

消費者庁へ通報しても良い

消費者庁の「景品表示法違反被疑情報提供フォーム」から通報しても良いです。

おとり物件に騙されて無駄な時間を使ってしまったと感じたら、泣き寝入りせずに通報するようにしましょう。

▶おとり物件の通報の仕方はこちら

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶ 無料でお部屋探しを始める
物件購入も視野に入れるなら
購入専門のスタッフに無料で相談できます!
▶ イエプラ@購入サポートはこちら

おとり物件に関するその他の記事

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について