お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

良い不動産屋の見分け方を徹底解説!スタッフの見極め方や選ぶ際の注意点も公開!

良い不動産屋の見分け方アイキャッチ

良い不動産屋と悪い不動産屋との違いは?スタッフの良し悪しはどうやって見分けるの?といった疑問を解決します。

良い営業マンの見分け方や、大手と地域密着の不動産屋の違い、悪い不動産屋に当たった時の対処方法も解説します。これからお部屋を探す人は参考にしてください。

この記事は、不動産屋「家AGENT」池袋店の阿部さんにも内容を監修してもらいました。

阿部さん

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

良い不動産屋の見分け方

良い不動産屋と悪い不動産屋の見分け方を紹介します。

不動産屋を探すときに最低限注意しておけば、悪い不動産屋に当たりにくくなります。

  • ・広告に使用禁止用語を使っていない
  • ・宅建免許の更新をしている
  • ・電話の問い合わせで来店を急かさない
  • ・店内がキレイに整理整頓されている
  • ・強引に契約に迫らない
  • ・常に社員を募集していない

広告に使用禁止用語を使っていない

広告やホームページなどに、使用禁止用語を使っていない不動産屋は、良い不動産屋です。

不動産業界は、不動産公正取引協議会「特定用語の使用基準」によって、以下のような大げさな言葉を使うことは禁止されています。

・完全、完ぺき、絶対、万全
・日本一、業界一、初、当社だけ、抜群
・特選、厳選
・最高、極、特急、超
・最安値、破格、特安、激安、バーゲン
・完売

紹介したのは一部の言葉ですが、自分たちだけ特別だと言い切っている不動産屋は要注意したほうが良いです。

「ルールを気にしない」「ルールを破ってでも大げさな言葉を使わないとお客が来ない」など、問題を抱えている場合が多いです。

宅建免許の更新をしている

良い不動産屋は長く営業を続けている傾向にあるので、宅地建物取引業者免許証の認可番号を確認しましょう。

宅地建物取引業者免許証の認可番号は、公式サイトや物件情報サイトなどで確認できます。以下のような形式で記載されています。

東京都の不動産屋の記載例
東京都知事(★)第○○○号

(★)に入っている数字が、宅建免許の更新回数になっています。宅地建物取引業者免許証は現在5年ごとの更新で、更新する度に数字が1から2、3と増えていきます。

つまり、()内が1なら営業5年未満、2なら営業10年以上、3なら営業15年以上です。

電話の問い合わせで来店を急かさない

初回問い合わせでどんなお部屋が良いのか、いつまでに引っ越したいのかの確認もなく来店を急かす不動産屋は避けたほうが良いです。

とくに、ネット上で良さそうなお部屋を見つけてと言わせしたのに、そのお部屋の空室確認情報がなく、ただ来店を急かす不動産屋は要注意です。

「空室確認の情報がない=その物件はすでに埋まっている」可能性が高く、お客を呼び込むためだけの、おとり物件の可能性があります。

ちなみに、自動返信やテンプレートではない不動産屋は、1人1人のお客に合った対応をしてくれるので、良い不動産屋の可能性が高いです。

店内がキレイに整理整頓されている

店内がキレイに整理整頓されていて清潔感がある不動産屋なら、周りに目を配れる人が多いので良い不動産屋の可能性があります。

もし、店内が汚い場合は、デスクの上にお客の個人情報が書かれた書類が散乱している場合があるので、ほかのお客に個人情報を見られる可能性があります。

強引に契約に迫らない

不動産屋側が契約させたいお部屋を強引に進めてきたり「人気があるのですぐ申し込まないと埋まります」など、申し込みを急かしてくる不動産屋は避けましょう。

この手の不動産屋は、契約事項の大事な部分も曖昧に説明してくる可能があり、そのせいで後々退去トラブルなどに発展しやすい傾向あります。

逆に「このお部屋はおすすめなので見てみてください」のみで、自分で選択できる場合は、良い不動産屋です。

常に社員を募集していない

不動産屋を選ぶときは、常に社員募集をしていないところが良いです。

常に社員を募集しているところは、ブラック体質の可能性があります。そのため社員の入れ替わりが多い可能性があります。

人が定着していない不動産屋は経験や知識が少ない可能性があるためです。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める

良い営業マンの見極め方

良い不動産屋を見極められても、相性の悪い営業に当たった場合、お部屋探しが思うように進みません。

そのため、下記で紹介する5つのことをクリアしている営業マンをなるべく探しましょう。

少しでも相性が合わないと感じたら、別の営業に「担当を変更してほしいんですが」と伝えれば、変更してもらえる場合がほとんどです。

  • ・口調が丁寧
  • ・身だしなみが整っている
  • ・話しを聞いてくれる
  • ・良い点と悪い点の両方を説明してくれる
  • ・申し込みや契約を急かさない

口調が丁寧

丁寧な口調で話しかけてくれる営業マンは、仕事も丁寧です。

逆に、友達感覚のようにタメ口で話されたり、体育会系のような「~っス」と話す人は、仕事が雑な可能性が高いのでなるべく避けたほうが良いです。

身だしなみが整っている

身だしなみがきちんと整っている人は、身の回りの整理整頓もできている人が多いです。また、書類の紛失や連絡忘れなどの可能性がなくマメです。

逆に、自分の身だしなみに気を使えない人は、仕事にルーズな可能性があります。第一印象で合わないと感じたら、すぐに担当を変更してもらいましょう。

話しを聞いてくれる

お部屋の条件や希望をきちんと聞いてくれる担当は、より理想に近いお部屋を探しやすくおすすめです。

とくに、聞き上手な人は、似たような条件のお部屋を複数紹介してくれる可能性が高いです。

ひたすら話してくる営業は、やや強引に希望に合わないお部屋を進めてくる可能性があるので、注意しましょう。

良い点と悪い点の両方を説明してくれる

物件の良い面を話すのはもちろんのこと、悪い面も包み隠さず教えてくれる不動産屋は対応が良い不動産屋です。

悪い面を伝えてくれる不動産屋は、お店の利益だけでなく、入居者ができるだけ後悔しないように考えてくれていると言えます。

申し込みや契約を急かさない

物件の申し込みや契約を急かしてくる営業は、自分の売上しか考えてないので、理想と違うお部屋になったり、初期費用が思ったより高くなる可能性があります。

本来、申し込みや契約は本人がきちんと納得したうえでおこなうべきです。

「人気の物件だから今日逃すと埋まってしまう」などと焦らせて、申し込みや契約を催促してくるような不動産屋は避けましょう。

紹介されたお部屋の条件が良い場合は申し込んでも良いですが、契約書にハンコを押す前に、特約や退去項目など重要事項の説明はきちんと納得するまで聞きましょう。

大手と地域密着型の不動産屋の違い

大手不動産屋と地域密着の不動産屋は、どれぞれの良さがあるので自分に合う不動産屋を選びましょう。

大手不動産屋

大手不動産屋の特徴を3紹介します。

  • ・たくさんの物件から選べる
  • ・キャンペーンが多い
  • ・店舗数が多い

大手不動産屋はATBBやレインズなど、不動産業者のみが見れるサイトから物件を紹介するので、かなり物件数が多いです。

また、仲介手数料が安くなるなどのキャンペーンをやっていることがあるので、初期費用を抑えることもできます。

地域密着型の不動産屋

地域密着型の不動産屋の特徴を3つ紹介します。

  • ・大手にないような物件を探せる
  • ・初期費用などの値下げの相談をしたい
  • ・不動産屋歴の長い老舗が多い

地域密着型不動産屋は、大家さんとの距離が近いので、家賃や礼金交渉を行ってくれたり、物件の細かな情報を教えてくれたりします。ただし、物件と取り扱い数は少ないです。

また、不動産屋歴の長い老舗が多く、知識を持っているスタッフが多いので親身になってお部屋探しがしやすいです。

両方でお部屋を探しても良いですし、大手か地域密着型どちらかに絞っても良いので、自分が探しやすい不動産屋を選ぶと良いです。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
スーモやホームズにない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶

おとり物件が少ないサイト3選のサムネイル
不動産屋の悪質な広告「おとり物件」が少ないサイト3選!
記事を読む ▶

ほとんどの不動産屋が同じ物件を取り扱う

ほとんどの不動産屋は、同じ物件を取り扱っています。理由は、業者専用のデータベース「ATBB」「レインズ」を使っているからです。

ATBBもレインズも、全国の賃貸物件の約8割の情報が集結しています。大家さんや管理会社が直接登録したのちに、各不動産屋が取り扱う仕組みとなっています。

そのため、契約できない架空の「おとり物件」は一切存在しません。スーモやホームズで見る情報よりも、確実です。

また、リアルタイムで情報更新されるので、最新の情報を確認できます。行こうと思っている不動産屋が、データベースを使っているか聞いてみると良いです。

チャットで気軽に物件を探せる不動産屋

ネット上の不動産屋「イエプラ」は、来店不要でチャットやLINEから気軽に相談可能です!

業者専用のデータベース「ATBB」を使っているので、おとり物件はありません。深夜0時まで営業しているので、最新情報をいち早く確認できます。

仕事が忙しくてお店に行く暇がない、移動中や寝る前のスキマ時間を活用したい、遠方に住んでいて最寄りの不動産屋に行けないという人にもおすすめです。

イエプラボタンバナー

悪い不動産屋に当たったら別にいくべき

悪い不動産屋に当たった、担当スタッフとの相性が悪い、希望するお部屋がないなど不満を感じた場合は、別の不動産屋に行きましょう。

不動産屋は他社と比べられることを前提にしているので、複数の不動産屋を回っても良いです。むしろ、複数の不動産屋を回って、自分と相性が良いところを見つけることが大切です。

相手が高圧的でなかなか断れないという場合は、電話ではなくメールで簡潔に連絡しましょう。以下のような文章を送れば大丈夫です。

〇〇様
お世話になっております。△△です。
いつも物件のご紹介ありがとうございます。

これまでたくさんの物件をご紹介いただいた手前申し訳ないのですが、今回は他社でご紹介いただいた物件で契約することになりました。

大変短い期間でしたが、とても親身な対応ありがとうございました。また機会がございましたら、よろしくお願い致します。

ただし、入居審査まで進んだ場合は、キャンセルできないので注意してください。

▶不動産屋への上手な断り方の解説はこちら

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶ 無料でお部屋探しを始める
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について