お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

内見とは?内覧との違いは?確認ポイントを不動産屋視点で解説

内見をする女の子のイメージイラスト

内見とは?内覧とは何が違う?
お部屋を見たいときはどうすれば良い?

お部屋を見学すると、新生活をイメージできてワクワクしますよね。自分好みのレイアウトを考えたり、より理想の物件を見つける楽しみもあります。

しかし、内見でどこを見るべきかわからない、パッと見で決めたら住みづらいお部屋だった…など、後悔してしまう人は多いです。

そこで当記事では、内見に関する重要な知識とチェックポイントをわかりやすく徹底解説しています。ぜひ参考にしてください!

監修 阿部 陽一郎
不動産屋「家AGENT」
池袋店 店長

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

内見とは?

お部屋を見学すること

内見とは、お部屋を見学することです。「内部見学」の略で、入居前のお部屋に問題がないか確かめるためにおこないます。

賃貸物件は、内見後に申し込むのが基本です。入居後に「イメージと違った」「設備が壊れている」などのトラブルを防ぐためです。

内見せず申し込める物件もありますが、後悔を防ぐためにも事前に内見するべきです。

内覧との違いは?

似た言葉の「内覧」は、内見と同じ意味です。明確な違いはありません。

不動産業界では、新築のマンションや戸建ての展示会は「内覧会」と呼び、状況によって使い分けています。

阿部さんのアイコン 阿部
賃貸では「内見」と言うケースが多いですが、言葉の使い分けは意識しなくても大丈夫です。「内見」と「内覧」どっちの言葉を使っても不動産屋には通じます。

内見で確認できること

  • ・実際の広さ
  • ・お部屋の防音性
  • ・日当たりの良さや風通し
  • ・傷や汚れ、ニオイ
  • ・生活動線
  • ・床の傾き
  • ・玄関やドアの大きさ
  • ・収納スペースの容量
  • ・洗濯機置き場の広さ
  • ・セキュリティ面や避難経路
  • ・電波状況やネット環境
  • ・共用部分のキレイさ
  • ・治安や買い物スポットなどの周辺環境

広さや日当たり、音や空気感など、写真や図面だけだと実感できない項目は多いです。

特に防音性は、写真やVRなどでは確認できません。お部屋の中で音がどのように聞こえるかを必ず確認しましょう。

後ほど、見るべきポイントをチェックリストとあわせて紹介します。

不動産屋が内見を勧める理由

  • イメージとの相違が防げる
  • 比較すると物件の良し悪しがわかる
  • ・資料には載せきれない情報を体感できる
  • ・物件資料の間違いに気付ける
  • ・お部屋や設備の傷み具合がわかる
  • ・不具合を入居前に直してもらえる
  • ・必要な家具家電がわかる

不動産屋が内見を勧めるのは、納得して決めてもらいたいからです。内見で気に入らなかった場合は、別のお部屋を紹介してくれます。

2~3件内見すると、予算内で借りれるお部屋のイメージや良し悪しがわかってきます。効率が良い内見方法や見るべき箇所を知っておくと、お部屋探しがスムーズです。

借りるお部屋を見極めつつ、入居後に困らないようにチェックするべきです。故障や不具合を見つけた場合、入居までに直してもらえます。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
スーモやホームズにない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶

おとり物件が少ないサイト3選のサムネイル
不動産屋の悪質な広告「おとり物件」が少ないサイト3選!
記事を読む ▶

内見までの手続き6ステップ

内見までの手続き6ステップ図解

①お部屋が空室か問い合わせる

電話をする女性のイラスト

内見したいときは、まず不動産屋に問い合わせましょう。物件の空室確認や鍵の手配に時間が必要だからです。

飛び込みでも対応してもらえますが、お店の混み具合や管理会社の定休日によっては、希望のお部屋が内見できません。

あらかじめ対応してもらう時間を確保しておくことで、無駄足を防げます。メールだと返信を待つ必要があるので、電話で問い合わせるのがおすすめです。

▶不動産屋への電話のかけ方や相談例はこちら

②内見予約する

内見には不動産屋のスタッフが同行するので、日時を決めて予約が必要です。物件によっては大家さんや管理会社も内見に立会います。

日程調整ができたら、当日の待ち合わせ場所や時間、持ち物などを確認してメモをとっておきましょう。

不動産屋の他、管理会社の定休日にも要注意です。内見したい日の2~3日前には予約しておかないと、鍵の用意ができない場合があります。

③不動産屋と待ち合わせ

不動産屋の店舗や、見に行きたい物件の最寄り駅で待ち合わせて合流します。物件の現地や、カフェで待ち合わせるケースもあります。

事前にどこまでヒアリングができているかや、担当者の進め方によって待ち合わせ場所は変わってきます。

希望条件に優先順位をつけておくと効率的

不動産屋からのヒアリングに答えられるように、理想の条件をメモして優先順位をつけておきましょう。

予算内で理想をすべて満たす物件はなかなか見つかりません。優先順位が低い条件からゆるめていくと、理想に近い候補を見つけられます。

希望条件のメモ例はこちら
  • 予算:総家賃9~10万円、初期費用50万円
  • 立地:①下北沢、②明大前、③永福町
  • 駅からの距離:徒歩15分以内
  • 間取りと広さ:1K以上、居住スペース6畳以上
  • 構造と築年数:コンクリート造、築20年以内
  • 設備:お風呂とトイレ別、オートロック
  • 周辺環境:コンビニやスーパーが近くにある
  • 譲れないポイント:マンション、2階以上
  • 妥協できるポイント:最寄り駅(渋谷にアクセス良好な駅なら可)

④希望条件をすり合わせる

スタッフと合流したら、希望条件を再度すり合わせます。同行するスタッフと認識がずれていないか確認するためです。

詳しいヒアリングが終わったら内見に向かいます。事前にヒアリングができていると、30分は時短できます。

阿部さんのアイコン 阿部
二人暮らし以上の引っ越しのときは、カップルや夫婦間での希望条件は事前にすり合わせておきましょう。意見にズレがあると、お部屋を決めきれなかったり、後から不満が出やすいです。

道のりや周辺環境もチェックするべき

内見に向かうときは、周辺環境について質問しておくと良いです。

「スーパーやコンビニがあるルートが良い」「治安が気になる」などの質問をすれば、物件までのルートを変えながら案内してくれます。

⑤実際にお部屋を内見する

内見するカップルのイラスト

お部屋に到着したら、スタッフの指示に沿って内見します。簡単な注意事項の説明が終わったら、自由に室内を見て回れます。

ただし、勝手に壁を叩いたり、水を出したりするのはマナー違反です。同行するスタッフに、必ず許可をとってください。

大家さんや管理会社も立会うときは、身だしなみを整え、言動に気を付けて内見しましょう。悪い印象を持たれると、入居審査に落ちやすくなります。

▶入居審査を詳しく解説した記事はこちら

⑥物件が気に入ったら申し込み

お部屋が気に入ったら、申込書を記入して提出します。賃貸は早いもの勝ちが原則で、1番手で申し込みすれば物件を確保できます。

中には、リスクをとって内見せず申し込みする人もいます。効率良く進めないと、ライバルにお部屋をとられるので要注意です。

申込書に記入が必要な情報や必要書類は、不動産屋に確認して用意しておきましょう。

▼内見時の持ち物まで移動する

申込書に記入が必要な情報

・個人情報(氏名、生年月日、現住所など)
・勤め先の情報(会社名、職種、勤続年数など)
・毎月の手取り収入や年収
・緊急連絡先または連帯保証人の情報

お部屋を借りるときは、家賃の保証会社を利用して緊急連絡先を立てるか、連帯保証人を立てる必要があります。

両親か兄弟姉妹に、引き受けてもらえるように事前に相談しておきましょう。緊急連絡先は「氏名」「生年月日」「住所」「電話番号」が必要です。

連帯保証人を立てるときは、年収や勤め先の情報も必要です。不動産屋とのヒアリングの際に、連帯保証人が立てられるかなども質問されます。

内見当日は「現地集合」がおすすめ

店舗集合だと時間をロスしてしまう

ヒアリングに時間がかかる不動産屋

内見は1件につき30分~1時間ほどが目安です。当日は、店舗集合より物件の現地で待ち合わせして2~3件回れると理想的です。

良い物件ほど早く埋まるので、内見当日に時間をかけすぎるとお部屋を取られやすいです。

電話やメール、チャットやLINEなどで不動産屋と連絡をとって、あらかじめヒアリングや物件紹介を終わらせておけば時短できます。

現地集合は「おとり物件」を回避できる

現地集合で内見を依頼すれば「おとり物件」に騙されずに済みます。おとり物件とは、悪質な集客方法のことです。

すでに埋まった好条件の物件や、架空の情報でお客さんを集める手口です。法律や業界ルールで禁止されていますが、根絶できていません。

空室か問い合わせたときに「まず来店してください」と急かされたときは要注意です。お店に行くと「ちょうど埋まってしまった」と言われ、ヒアリングから手続きが始まります。

阿部さんのアイコン 阿部
気になる物件情報が「おとり物件」の場合、現地集合は断られます。実際は見れないためです。見れない理由があいまいだったり、来店を急かされたら疑ったほうが良いです。

本当にタッチの差で埋まることもある

良いお部屋が内見する前にタッチの差で埋まると、おとり物件と同じような状況になります。しかし、おとり物件に釣られるのとは質が違います。

おとり物件を使わない不動産屋は、実在する物件のみ扱い、空室の確認をとりながらお部屋を紹介してくれます。

お部屋が埋まるリスクも説明したうえで、希望条件を丁寧にヒアリングして、候補物件を提案してもらえます。内見当日もスムーズに複数のお部屋を回れます。

全物件「現地集合」で内見できる不動産屋

ネット上の不動産屋「イエプラ」を使えば、全物件「現地集合」で内見できます!気になる物件のURLを送れば、空室確認から内見の手配までできます。

不動産屋しか見れない物件サイト「ATBB」「レインズ」で常に最新情報を確認してくれるので、おとり物件は紹介されません。

内見前日にも空室かどうか確認してくれるので、無駄足を減らせます。できるだけ効率的にお部屋を探したい人にオススメです!

イエプラボタンバナー

玄関周辺の確認ポイント

玄関周辺のイメージ写真

内見チェックリスト(玄関周辺)
玄関や廊下の広さ ・広さは充分か
・搬入に不便はないか
ドアの建て付け ・開けにくくないか
・すきま風はひどくないか
鍵の種類 ・防犯性が高い鍵か
・必要な本数があるか
・複製に許可が必要か
・ドアチェーンの有無
シューズボックス ・問題なく収納できるか
インターフォン ・モニター付きかどうか
・録画機能付きか
・周辺に変なメモがないか
ブレーカー ・アンペア数は足りるか
・交換できるか
・電力会社の指定の有無

玄関周辺の確認ポイントは6つです。広さと防犯性を重点的にチェックしましょう。

玄関や廊下の広さ

玄関や廊下の広さは、主に家具家電を搬入できるか確認してください。幅を確かめずに家具を買うと、搬入できずに困る場合があります。

特に1Rや1Kでは、キッチン部分が廊下と一体化していて狭いです。

ドアの取っ手などに引っかかる可能性もあるので、メジャーで幅を確かめておきましょう。

ドアの建て付け

ドアを開閉して、建て付けが悪くないか確認しましょう。居室やお風呂場、トイレなどのドアも同様です。

開けにくかったり、すきま風がひどい場合は、早めに伝えておけば入居前に修理してもらえる可能性があります。

阿部さんのアイコン 阿部
開く位置や方向も確認しておくと良いです。玄関ドアとシューズボックスのドアがぶつかる、クローゼットの扉を開くと家具を置けないなどの不具合が見つかることもあります。

鍵の種類

いろんな形の鍵の写真

鍵の種類は防犯性に直結します。一般的な鍵か、特殊な鍵か、チェーンなどの2重ロックはあるかを確認してください。

防犯性を重視する人は「ディンプルキー」や「指紋認証キー」がおすすめです。

ディンプルキーは、丸い凸凹がある鍵で、複製やピッキングがしづらいです。指紋認証キーは、登録した本人の指紋でしか開けれません。

泥棒は10分以内に侵入できないとほぼ諦める

都市防犯研究センターの資料によると、泥棒の約70%は5分以内に侵入を諦めると言われています。10分耐えれば90%が諦めます。

ディンプルキーは、プロの鍵屋さんでも開けるのに10分以上かかります。一般的な鍵は、ピッキングの技術があると2~3分で開けられてしまいます。

防犯性が高いほど値段も高いので、初期費用とあわせて確かめましょう。ディンプルキーだと15,000~23,000円+消費税が目安です。

阿部さんのアイコン 阿部
必要な本数が受け取れるかと、複製に許可が必要かも確かめてください。指定業者でしか増やせなかったり、特殊な鍵だと複製に時間がかかります。

▶鍵の種類や交換費用の相場はこちら

シューズボックス

シューズボックスの有無はもちろん、何足収納できるのかも確認しておくと良いです。

特に、ブーツや長靴などの丈の長い履物を収納できるかと、棚の位置は自分で調整できるかを見ておきましょう。

阿部さんのアイコン 阿部
シューズボックスがない物件の場合、自分で設置できるスペースはあるかを確認してください。靴にこだわらない人でも、置くスペースが少ないと生活しづらいです。

インターフォン

チャイムだけか、モニター付きインターフォンかどうか確認しましょう。

女性の一人暮らしは、モニター付きインターフォンがある物件がおすすめです。セールスなどの不要な訪問を避けられます。

玄関前のボタン周辺に、変な記号のメモがないかも確かめてください。メモがあるお部屋は、セールスや宗教の勧誘などに狙われる可能性があります。

ブレーカー

ブレーカーの種類の写真

出典:https://www.tepco.co.jp/pg/

大半のお部屋は、ブレーカーボックスが玄関に設置されています。蓋を開けて、アンペア数や安全ブレーカーがあるかを確認してください。

一人暮らしなら30Aあれば充分です。同棲やファミリーであれば、後で変更できるかを不動産屋に確認しておきましょう。

安全ブレーカーは、特定の箇所ごとのスイッチです。これがあれば、ブレーカーが落ちた際に電気を使いすぎた箇所が特定できます。

電力会社を指定されるケースがある

物件によっては、契約する電力会社を指定されます。管理会社が提携するサービスがあったり、マンション全体で電力会社と契約している場合などです。

指定の電力会社があるときは、物理的に変更できないケースが多いです。使いたい電力会社がある人は不動産屋に伝えておきましょう。

居室の確認ポイント

居室のイメージ写真

内見チェックリスト(居室)
広さや奥行き ・家具を置けるか
・想像していた広さと同じか
傷や汚れ ・目立つものがないか
・入居前に修繕できるか
・虫の死骸がないか
・お部屋のニオイ
防音性 ・壁に厚みはあるか
・隣人の生活音は聞こえるか
クローゼット ・サイズに問題はないか
・扉の開閉はできるか
・虫の死骸や痕跡がないか
スマホの電波状況 ・電波が入るかどうか
・場所によって差が大きいか
インターネット環境 ・回線を自由に選べるか
・利用料はかかるのか
コンセントの位置 ・高さや位置の確認
・数は足りるか
エアコンの仕様 ・型が古すぎないか
・冷暖房の効きは充分か
・ニオイやカビはないか
照明器具 ・備え付けかどうか
・残置物かどうか

居室の確認ポイントは9つです。入居後に長く過ごす空間なので、住みやすさに直結する内容が多いです。

特に、広さと防音性を重点的に確かめてください。圧迫感があったり騒音が気になると、ストレスが溜まりやすいです。

広さや奥行き

間取り図や写真の広さのイメージと、実際の広さに相違はないか確認しましょう。家具家電が問題なく置けるかも確認してください。

不動産屋に頼んでおけば、物件の図面をもらえます。内見時はメジャーで採寸して、サイズを書き込んでおくと良いです。

阿部さんのアイコン 阿部
家具家電がない状態だと、狭いお部屋でも広く感じます。最低でもベッドの位置をイメージして、自分に合う広さがあるか確かめてください。

傷や汚れ

床・壁・天井などに傷や汚れがないか念入りに確かめてください。目立つ場合は、入居前に補修や清掃をしてもらえます。

直してもらえないときは、入居前に必ず写真を撮って証拠を残しておいてください。退去時に修繕費を請求されて揉めやすいためです。

もちろん、最初からある傷などの修理費用を払う必要はありません。請求されないためには、入居時のチェックリストなどを提出する必要があります。

▶賃貸の退去費用の解説はこちら

タバコなどのニオイも確かめるべき

前の入居者が喫煙者だと、クリーニングしてもタバコのニオイが残りやすいです。

内見のときに気になったら、改善できないか相談してみてください。業者に頼んで消臭してもらえる可能性があります。

防音性

防音性の確認手順
  1. 隣のお部屋とのドアの距離をチェック
  2. お部屋の中で壁をノックしてみる
  3. 壁に耳を当ててみる
  4. お部屋の中央で手を叩いて反響を確認
  5. 同行スタッフに共用部分を歩いてもらう
  6. ベランダに出て外の音をチェック
  7. 窓を開閉して聞こえ方の違いを確認

隣のお部屋とのドアまでの距離で、壁の厚さがイメージできます。隣と距離が近くて、室内で壁をノックして軽い音がするときは、壁が薄い可能性が高いです。

お部屋によっては、不動産屋を通して設計が確認できます。吸音材で防音性を高めていたり、15cm以上の壁なら防音性は高めです。

同行する不動産屋にも協力してもらって、お部屋の中での音の聞こえ方に問題がないか確かめてみてください。

できれば時間を変えて2回内見すると良い

時間によって聞こえてくる音が違います。平日の夕方以降や休日の昼間は、他の住民が家にいる可能性が高く、生活音の聞こえ方がチェックできます。

周辺にどんな施設があるかでも、騒音が気になる時間帯は異なります。例えば、繁華街が近くだと昼は静かでも夜はガヤガヤします。

阿部さんのアイコン 阿部
何度も内見に行けない場合は「自分が1番お部屋にいる時間帯」に行きましょう。うるさいと困る時間帯の音が、耐えられるレベルか確かめておくべきです。

▶内見の時間帯による違いの解説はこちら

クローゼット

空のクローゼットの写真

クローゼットが狭いと、冬用のコートなどの服が片付けにくいです。奥行と横幅、高さとハンガーパイプの位置を確認しましょう。

扉の開閉位置や棚の容量も大切です。虫の死骸や痕跡がないかも見ておくと良いです。

スマホの電波状況

スマホの電波を確認するイメージ画像
忘れがちですが、電波状況も確認しておくべきです。スマホの画面を見ながら、お部屋の隅々まで歩いてみましょう。

場所によって電波の差が大きいと、住んでからストレスが溜まりやすいです。

阿部さんのアイコン 阿部
立つと電波が入るのに座ると圏外になる、お部屋の隅だけ弱い、居室以外が圏外などの実例があります。電話が繋がりにくいと仕事などで困る人は特にチェックが必要です。

インターネット環境

インターネットが「無料」「完備」の物件は、回線の速度を確認しておきましょう。用途によっては使い物にならない場合があります。

また「有線」か「無線」かも確認するべきです。有線だとLANケーブルや、スマホに繋ぐためのルーターが必要になります。

インターネットが「対応可」の物件では、自分で契約が必要です。戸別の引き込み工事に許可が必要だったり、プロバイダが自由に選べないケースがあるので要注意です。

阿部さんのアイコン 阿部
動画視聴は5~25Mbpsなど、用途によって速度の目安があります。どんな使い方をするかを不動産屋に伝えておくと、ネット料金まで考えてお部屋を紹介してもらえます。

コンセントの位置

コンセントの位置や数も忘れずに確かめましょう。家具の配置をイメージして、生活動線の邪魔にならないかと、数が足りているかを見ると良いです。

一人暮らしでも、居室に4つは差込口がないと不便です。タコ足配線はやりすぎると危ないので、必要な数がある物件を選ぶべきです。

エアコンの仕様

エアコンの写真

まずエアコンの型を確かめましょう。古くても10年以内の型番が良いです。新しいほうが効きが良く、電気代が抑えられます。

位置と数も重要で、効きが悪いと置き型の冷暖房が必要になり、余計なコストがかかります。前面パネルを開けて、カビやニオイがないかも見ておくと良いです。

エアコンを増設したいときは、設置しても良いかと、退去時の扱いを確かめてください。

阿部さんのアイコン 阿部
エアコンの位置は冷房の効きやベッドの配置場所に関わってきます。家具で風を防いでしまわないかも確認してください。

照明器具

照明器具がない場合は、自分で用意する必要があります。あるときも、前の入居者の残置物かどうかは確認しましょう。

残置物だと、壊れたら自分の費用で直す必要があります。設備としてあるなら、壊れたときは大家さんの負担で直してもらえます。

電球は、設備でも自分のお金で交換する場合が多いです。契約内容によるので、心配なときは不動産屋に質問してみてください。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める

水回りの確認ポイント

3点ユニットバス

内見チェックリスト(水回り)
キッチン ・コンロの口数はいくつか
・シンクの広さは充分か
・収納スペースはあるか
・排水管を通す穴のすき間
トイレ ・ウォシュレットの有無
・換気ができるか
・異臭がするか
・タンク内にカビがないか
バスルーム(お風呂) ・シャワーの水圧
・浴槽や洗い場は狭くないか
・給湯器の種類の確認
・追い焚きなどの機能
洗面台 ・シャワーヘッドなどの機能
・収納スペースは充分か
・排水管を通す穴のすき間
洗濯機の設置場所 ・洗濯機を置けるか
・防水パンはあるか

水回りの確認ポイントは5つです。生活に欠かせない設備が多く、機能や傷み具合の確認が必須です。

冷蔵庫や洗濯機など、大きめの家具家電を置くスペースが充分かも確かめてください。

キッチン

キッチンの写真

キッチンの確認ポイント
  • ・コンロの口数
  • ・シンクの広さ
  • ・まな板を置くスペースはあるか
  • ・水切りラックを置けるか
  • ・収納スペースの多さ
  • ・換気扇の仕様
  • ・水圧
  • ・水を出してもニオイがあるか
  • ・作業台の高さ
  • ・下部の収納に虫の死骸や痕跡がないか
  • ・排水パイプを通す穴にすき間がないか

料理をする人は、まな板や水切りラックを置くスペースがあるか確認しましょう。狭いと自炊が面倒になってしまいます。

ニオイがある場合、封水が干上がっているだけのケースが多いです。水を出してもいいか不動産屋に確認して、流しても気になるときは改善できるか相談してください。

阿部さんのアイコン 阿部
水が出せないときは給湯器の「号数」で水圧が推測できます。号数とはお湯を出す能力のことで、1~3人暮らしで「16~20号」なら標準的です。

排水パイプを通す穴のすき間には要注意

排水パイプの穴埋めシールパテ

出典:https://www.rakuten.co.jp/

排水パイプを通す穴のすき間が大きいと、虫が入ってきたり異臭の原因になります。

すき間が大きい場合、入居までに埋めてもらえるかや、市販のパテで閉じても問題ないか確認してください。

トイレ

トイレは全体的に清潔感があるかと、掃除用具やトイレットペーパーを置くスペースがあるかを確認してください。

ニオイが染み付いていたり、便器の死角やタンク内にカビが生えているときは、引っ越す前に再クリーニングしてもらうべきです。

自分の費用でウォシュレットをつけたいときは、不動産屋に相談しましょう。コンセントがあれば、退去時に撤去する約束で設置できることが多いです。

阿部さんのアイコン 阿部
ハウスクリーニング前の物件を内見することもあります。トイレなど水回りの汚れが気になるときは、クリーニング後に再内見できないか相談してみてください。

バスルーム

バスルームは使いやすさを確認するべきです。お湯はりや追い炊き、浴室乾燥などの、求める機能があるかをチェックしておきましょう。

浴槽のサイズが自分に合っているかと、アメニティを置く場所があるかも確かめてください。

シャワーの水圧はキッチンと同様、水を出させてもらうか給湯器でチェックできます。

阿部さんのアイコン 阿部
3点ユニットバスでは、カーテンレールの有無や、カーテンの必要な長さを確認しておくと良いです。

給湯器の動力源は必ず確かめる

給湯器の動力源が都市ガスか、プロパンガスか必ず確かめましょう。都市ガスのほうが光熱費を大幅に節約できます。

物件によっては「オール電化」で、給湯にガスを使いません。オール電化は引っ越し初日だけお湯が使えないことが多いので要注意です。

洗面台

独立洗面台

洗面台の広さや、収納スペースをチェックしてください。化粧品などの収納スペースが少ないと使い勝手が悪いです。

シャワーヘッドやコンセントなど、求める機能があるかもチェックしておきましょう。

排水口から嫌なニオイがするときは、キッチンと同じ方法で確かめてみてください。入居までに排水管を清掃してもらえる場合もあります。

阿部さんのアイコン 阿部
洗面台があるときは、収納スペースを開けて排水パイプを通すための穴をチェックしましょう。キッチンと同様、劣化しているとすき間が大きい場合があります。

洗濯機の設置場所

洗濯機の置き場は写真を撮って、縦横と高さ、蛇口の位置をメジャーで測っておくと良いです。洗濯機を購入するときに役立ちます。

サイズを間違えて購入すると、置けずに困ってしまいます。ドラム式ではなく縦型でも、幅が大きくて置けないものもあります。

排水溝にトラップ(エルボ)があるかも見ておきましょう。稀に、前入居者が持っていってしまっていて、設置時に困る場合があります。

阿部さんのアイコン 阿部
洗濯機置き場が外にある物件は、騒音で揉めやすいです。デメリットがあるときほど、本当に大丈夫かをしっかり見極めましょう。

窓とベランダの確認ポイント

窓とベランダのイメージ写真

内見チェックリスト(窓とベランダ)
日当たりと眺め ・窓の開閉はスムーズか
・日当たりは良好か
・眺望に不満はないか
風通し ・湿気は逃せるか
・24時間換気システムの有無
ベランダ ・洗濯物が干せるか
・侵入しにくいか
・鳥のフンはないか
・網戸で虫が防げるか
カーテンレール ・サイズの確認
・ランナーが壊れていないか
外からのニオイ ・ゴミ置き場は近くにないか
・異臭はしないか
・虫が出そうか

窓とベランダの確認ポイントは5つです。見落としやすい部分が多いので、窓を開けたり外にも出て確かめましょう。

日当たりと眺め

日当たりと眺望のイメージイラスト

日当たりと眺めは、図面の方角や写真だけでなく実際に確かめましょう。南向きでも隣の建物が近くて日当たりが悪い場合があります。

晴れた日に内見して、どのくらい日光が入るか確かめられると良いです。

日当たりが悪いと、湿気が溜まってカビが生えやすいです。寒い時期の光熱費もかさみます。

阿部さんのアイコン 阿部
眺望はもちろん、近くに大きな音が出る施設がないかもチェックするべきです。例えば、病院や交番が見える範囲にあると安心感はありますが、サイレンの音は気になります。

風通し

窓を開けて風通しを確かめておいてください。風通しが悪いと、日当たりが悪い物件と同様、湿気が溜まってカビが生えやすいです。

窓回りの壁紙が浮いていたり、カビの跡で変色している場合は、風通しが悪い物件の可能性が高いです。

また、築20年を超えると24時間換気システムがないお部屋が多く、入居後は窓を開けて空気の入れ替えが必要です。

ベランダ

ベランダは物干し竿の高さに注目しましょう。外から洗濯物が見えないように、物干し竿が低い位置に設置してある場合があります。

位置が低いと見えにくいメリットがあります。しかし、ワンピースなどの長い洋服が干しにくいデメリットもあります。

鳥のフンや虫の死骸がないかも見ておいたほうが良いです。入居してからも悩まされる可能性があります。

ベランダは防犯性も確かめるべき

外と繋がっている部分なので、防犯性も確かめるべきです。エアコンの室外機などを足場にして、不審者が外部から侵入しやすい場合があります。

隣のお部屋との仕切りのすき間から、隣人の様子もさりげなくチェックしましょう。ゴミ屋敷のようにベランダが汚いときは要注意です。

阿部さんのアイコン 阿部
2階以上に住む人は、避難はしごなど窓側からの脱出方法も確かめておきましょう。万が一の火事などにも備えが必要です。

カーテンレール

カーテンレールの縦横のサイズや、ランナーが壊れていないか確認しましょう。

ランナーが壊れていたり数が足りないときは、新しいものに交換してもらえないか交渉すると良いです。

既製品でサイズが合うかは、内見時に確認するべきです。鍵を交換した後は内見できないからです。お部屋によっては、ピッタリのサイズがなくオーダーが必要になります。

外からのニオイ

飲食店やゴミ置き場が近いと、外からのニオイに悩まされる場合があります。必ず窓やベランダを開けて、大丈夫か確認しましょう。

空気が悪くないと思えるかが大切です。空気感や肌感覚で合わないと思うお部屋は、入居後に後悔しやすいです。

阿部さんのアイコン 阿部
ニオイや騒音は、人によって許容範囲が異なります。二人以上で住むときは、みんなで確認したほうが良いです。大丈夫と思っても、同居人が嫌がる可能性があるためです。

共用部分の確認ポイント

外から見たマンションの写真

内見チェックリスト(共用部分)
共用部分全体 ・清掃されているか
・私物が放置されていないか
セキュリティ設備 ・防犯カメラがあるか
・オートロックの有無
・非常階段などの避難経路
郵便ポスト ・鍵がかけられるか
・サイズは充分か
・チラシで溢れていないか
便利な共有設備 ・物件資料と相違はないか
・エレベーターのサイズ確認
・宅配ボックスの有無
ゴミ置き場 ・お部屋との位置関係
・掃除されているか
駐輪場と駐車場 ・利用状況やマナー
・空きはあるか
・駐車スペースは充分か

みんなで使う「共用部分」の確認ポイントは6つです。防犯性と住みやすさを確かめましょう。

共用部分をチェックすることで、他のお部屋に住む人のマナーも確かめられます。

共用部分全体

共用部分は全体的に見渡して、廊下や階段が綺麗かチェックしてみてください。散らかっている物件は、住民のマナーが良くない場合があります。

騒音やゴミ出しなどでトラブルが起きやすいので、避けたほうが無難です。

阿部さんのアイコン 阿部
共用部分が綺麗に片付いている物件は、住民のマナーが良い証拠です。定期的な清掃や見回りがあり、防犯面においてもメリットがあります。

セキュリティ設備

セキュリテイのイラスト

オートロックや防犯カメラ、ホームセキュリティ(ALSOKなど)があるかチェックしましょう。

設備があっても、死角が多く人の目が少ないと侵入されやすいです。人通りや、管理人の見回りなどがあるかも確認しておくと良いです。

阿部さんのアイコン 阿部
非常階段など避難経路に問題なさそうかもチェックしておきましょう。不審者は侵入しにくく、中からは避難しやすいのが理想です。

郵便ポスト

郵便ポストは「鍵の有無」「サイズ」「散らかっていないか」の3つを確認してください。

ポストに鍵がないと、個人情報を盗まれる可能性があります。また、サイズが小さいとチラシがあふれたり、入らない荷物が直接受け取りになる手間があります。

阿部さんのアイコン 阿部
散らかっていたり、他の住民のポストがDMであふれている物件は、住民のマナーが良くない可能性が高いです。モラルがある人は、共用部分にゴミを捨てません。

便利な共有設備

宅配ボックスの写真

宅配ボックスなどの共有設備を確認しておきましょう。図面に記載されていても、資料の作成ミスで実際はない場合があります。

3階以上に住む人は、エレベーターの大きさも測るべきです。搬入が難しい大きさの家具は買わないほうが良いです。

ゴミ置き場

ゴミ置き場の利用状況もチェックするべきです。ゴミが溜まっていたり、ニオイが漂ってくると入居してから大変です。

収集日以外にゴミを捨てたり、ルールを守らず粗大ごみを捨てる違反があると、回収されずにゴミが溜まりやすいです。

24時間ゴミ捨てOKの場合は、鍵がかけられるか確認しておきましょう。鍵がかけられない場合、収集の直前に出すようにすれば不審者にゴミを漁られるリスクは抑えられます。

駐輪場と駐車場

駐輪場と駐車場は、使わなくても確かめるべきです。利用状況でマナーがチェックできます。お部屋に近い場合、騒音が気になりやすいので要注意です。

使う人は、空きと利用料金を確認しておきましょう。空いていない場合は、駐輪場や駐車場を別で探す必要があります。

車は大きさによっては駐車できません。審査のときに車検証コピーなどでチェックされますが、自分の目でも必ず確かめましょう。

周辺環境も忘れずに確認すべき

商店街のイメージ写真

内見チェックリスト(周辺環境)
交通アクセス ・通勤通学に支障はないか
・駅までの徒歩が辛くないか
・乗り換えの数は何回か
周辺施設の利便性 ・病院や役所は近いか
・買い物環境が整っているか
騒音と振動 ・道路や線路の距離
・交通量の多さ
保育園や小学校の有無 ・騒音の原因にならないか
・子どもは通わせやすいか
治安などの心配 ・交番は近くにあるか
・街灯の数は多いか
・嫌悪施設はないか

周辺環境の確認ポイントは5つです。お部屋だけに注目せず、引っ越したあとの住みやすさまで確かめましょう。

交通アクセス

最寄り駅から会社・学校までのアクセス状況は、前もって調べておきましょう。乗車時間や乗り換えの回数、混雑率や主要駅への出やすさなどです。

内見では、前もって調べた時間と実際にかかる時間を比較するべきです。坂や信号などで思ったより時間がかかることもあります。

電車やバスは、データ上の所要時間だけではなく混み具合も考えたほうが良いです。通勤ラッシュで混む駅だと、乗れないレベルで混むので苦労します。

阿部さんのアイコン 阿部
内見が車の案内だけだと、徒歩距離のイメージがつきにくいです。申し込むより前に、主な移動手段で実際にかかる時間を確かめられると理想的です。

周辺施設の利便性

買い物環境のイメージイラスト

駅から物件までの間にスーパーやコンビニがあるか、近くに病院や郵便局があるかなどを確認してください。

特に買い物環境は重要です。帰宅途中にお店があれば、ついでに寄れるので便利です。

騒音と振動

道路や線路からの振動音は、人によっては耐えられません。音の響き方や、耐えられるレベルか必ず確認してください。

車やバスの交通量が多いと、排気ガスで洗濯物が汚れてストレスを感じるケースもあります。

ちなみに、周辺環境は内見当日でなくても確かめられます。曜日や時間帯を変えて、街の様子を見に行ったほうが良いです。

阿部さんのアイコン 阿部
日中の騒音が気になる人は、自動車整備の工場やバイク屋さんが近くにないかも見ておきましょう。夜は基本的に静かですが、日中はうるさく感じやすいです。

保育園や小学校の有無

保育園や小学校が近くにあると、子どもの騒ぐ音に我慢が必要です。騒音が気になる人はチェックしてみてください。

子どもが保育園や小学校に通うファミリーは、道のりの交通量や安全性、人通りの多さを確認しておくべきです。

阿部さんのアイコン 阿部
人通りが多いと、子どもへの声かけや犯罪は防ぎやすいです。人が集まる場所ほどうるさいので、何を優先させたいかが大事です。

治安などの心配

不審者のイメージイラスト

女性の一人暮らしや子育て世帯は、街の治安を確認するべきです。昼間よりは夜の状況が大切です。

交番が近くにあるか、24時間営業のコンビニなど駆け込めるお店はあるかをチェックしておきましょう。

帰宅時間の人通りや街灯の明るさを、実際に確かめられると理想的です。犯罪状況は警視庁のホームページでも確認できます。

嫌悪施設には要注意

周辺にお墓や葬儀場がないか確かめておきましょう。事故物件かどうかも不動産屋に確認してみてください。

一般的に嫌がられる施設が近くにあると、相場より安く借りられる場合があります。ただし、住みやすいかは慎重に確かめるべきです。

▶事故物件を気にしない人はこちら

内見時に持っていくべき8つのアイテム

内見時に持っていくべきもの
  1. スマートフォンと充電器
  2. メジャー
  3. リップクリームなどの転がるもの
  4. 印刷したお部屋の図面
  5. 身分証と収入証明書
  6. 筆記用具とメモ用紙
  7. 家具と同サイズの新聞紙
  8. スリッパと替えの靴下

1.スマートフォンと充電器

スマートフォンには、内見に必要な機能のほとんどが入っています。カメラの他にも、メモ帳や方位磁石として使えます。

お部屋の中を写真や動画に収めておけば、家に帰ってからでも再確認できます。電源が切れると困るので、充電器も持参するべきです。

阿部さんのアイコン 阿部
日当たりの良さや風水が気になる場合は、方位磁石アプリをインストールしておきましょう。図面より詳しく採光面の方角を確認できます。

内見時に電気がつかないお部屋もある

夕方以降に見に行くときは、照明がないお部屋に要注意です。電気を止めていたり、照明が外してあるお部屋は珍しくありません。

スマートフォンにはライトの機能もあります。ただ、充電がすぐ減るので別で懐中電灯を持っていけると理想的です。

2.メジャー

メジャーはお部屋の寸法を測るために必要です。少なくとも、家具が搬入できるかと、大きめの家具を置く場所は測っておきましょう。

ホームセンターなどで売っている、ロックがかかるタイプのメジャーがおすすめです。

3.リップクリームなどの転がるもの

リップクリームやビー玉など、転がるものを1つ用意しておくと良いです。床が傾いていないか確かめられます。

築年数が古い物件や、手抜き工事があると床が傾いている可能性があります。傾斜になっていると体調を崩しやすいので確かめるべきです。

4.印刷したお部屋の図面

印刷したお部屋の図面があると、採寸した内容や、コンセントの位置を書き込めます。

不動産屋に頼んでおくか、データをもらって印刷しておきましょう。お部屋の四隅の出っ張りなど、図面と差がある部分がないかもチェックしてみてください。

5.身分証と収入証明書

お部屋が気に入ったら申し込めるように、身分証と収入証明書は持参するべきです。用意していないと、ライバルにお部屋をとられる確率が上がります。

身分証は、運転免許証か健康保険証を用意しましょう。収入証明書は、直近の源泉徴収票か3ヶ月分の給与明細で受付してもらえます。

阿部さんのアイコン 阿部
必要書類は職業などの属性によって変わります。例えば、自営業だと確定申告書が必要になります。持ち物や必要書類は、事前に不動産屋に確認しておきましょう。

6.筆記用具とメモ用紙

手書きのほうがメモしやすい人は、ボールペンとメモ用紙を持っていきましょう。

床で書くときは、クリアホルダーなどを敷いてメモをとってください。フローリングに傷がついたり、インクで汚すのを防ぐためです。

7.家具と同サイズの新聞紙

家具のレイアウトや搬入が心配なら、新聞紙を同サイズに切り取って持参すると良いです。

実際の幅などが確かめられますし、かさばりません。採寸にかかる時間も短縮できます。

8.スリッパと替えの靴下

スリッパと替えの靴下があると良いです。お部屋と自分の足どちらも汚さずに済みます。

原則、裸足では内見できません。夏場でサンダルを履きたいときでも、靴下は持参しておきましょう。

阿部さんのアイコン 阿部
スリッパは不動産屋が用意しているケースが多いです。内見予約するときに、スリッパやメジャーなどを借りれるか確認しておくと効率的です。

内見に関するよくあるQ&A

  1. 内見にかけられる時間の限度は?
  2. 申し込みにお金は必要?
  3. 「同時審査」って何?
  4. 内見に付き添いは必要?
  5. 内見当日は最大何人で行ける?

弊社「家AGENT池袋店」店長の阿部さんの体験をもとに、内見に関するよくあるQ&Aをまとめました。

実際に経験した内容を踏まえての回答なので、ぜひ参考にしてください。

1.内見にかけられる時間の限度は?

物件によるので、1時間以上かけたいときは事前に相談してください。

大家さんの立会いが必要なお部屋や、営業時間の関係でタイムリミットを決められることもあります。

内見に時間をかけたい目的によっては対処法があります。昼と夜を比べたいなら日を分けて見に行ったり、採寸したいだけなら不動産屋が測るなどです。

2.申し込みにお金は必要?

申し込みには原則、お金はかかりません。しかし、お部屋によっては「申込金」を払う必要があります。

申込金とは、申し込みの意思を示すために払う費用です。相場は家賃の1ヶ月分です。

キャンセルする場合は、振込手数料を差し引いて返金されます。契約すると初期費用に充てられます。

阿部さんのアイコン 阿部
申込金を払う際は「預り証」を発行してもらいましょう。払った証拠になる書類で、返金時のルールも記載されます。

3.「同時審査」って何?

同時審査とは、申し込みが早い者勝ちではない物件のことです。不動産屋からは「このお部屋は同時審査です」などと案内されます。

内見をすばやく終わらせて申し込んでも、一定期間は受付が同時です。ライバルが増えたら、大家さんが誰に貸すか選びます。

同時審査だと住めると確定するまで時間がかかります。引っ越しにタイムリミットがある場合は、避けたほうが良いです。

4.内見に付き添いは必要?

付き添いがないほうが、マイペースにお部屋探しできます。1人で内見に行くのが心配なら、親兄弟に引率してもらいましょう。

親の許可が必要なら、一緒に見てもらうべきです。判断に時間がかかると、お部屋をとられるリスクがあるためです。

阿部さんのアイコン 阿部
担当者が男性だと心配なら、女性スタッフでの対応を相談しましょう。早めに伝えておけば、女性スタッフで予約をとってもらえます。

5.内見当日は最大何人で行ける?

移動や内見の効率を考えると、最大2~3人が目安です。

4人以上の場合は、あらかじめ不動産屋に伝えましょう。移動手段を考えたり、店舗の席を確保しておく必要があるためです。

内見できないときの対処法

対処法の4ステップ
  1. 同タイプの空室を内見する
  2. 見れないお部屋は「先行申込」する
  3. 周辺環境はインターネットで調べておく
  4. お部屋はオンラインで内見する

①同タイプの空室を内見する

クリーニング中などの事情でお部屋が見れないときは、同タイプの空室を内見できる可能性があります。

まったく同じ間取りなら、家具配置や広さのイメージは確かめられます。位置が大きく違うと、日当たりなどは確認できません。

②見れないお部屋は「先行申込」する

先行申込できるお部屋の例
  • ・退去予定の人がまだ住んでいる
  • ・ハウスクリーニング作業中
  • ・内装工事中
  • ・建築中の新築物件 など

内見できる空室に住みたい候補がないときは「先行申込」の募集からもお部屋を探してみてください。

先行申込とは、通常の流れとは異なり、内見の前に申し込む方法のことです。お部屋が見れる状態になったら、内見して契約するかどうかを判断できます。

引っ越しの時期が前後しやすく、スケジュール調整は大変です。引っ越し時期が2~3ヶ月以上先で、住む日程をある程度なら前後できる人におすすめです。

阿部さんのアイコン 阿部
同時審査になったり、内装工事が間に合わずに引っ越しが後ろ倒しになるリスクがあります。ただ、空室から探すより良い物件に出会える可能性は高いです。

先行契約が必要な場合は慎重に考えるべき

新築や人気物件は、先行申込ではなく「先行契約」の募集が多いです。先行契約とは、内見をせずに契約を結ぶ方法です。

先行契約するのは「絶対に住みたい物件」だけにしましょう。入居後にイメージと違っても、キャンセルはできません。

申し込みのときに、入居後に異議を言わない旨の念書を書かされるケースが多いです。

▶先行申込と先行契約の詳しい解説はこちら

③周辺環境はインターネットで調べておく

調べられる内容
Googleマップ 街並みや周辺環境
東洋経済ONLINE 電車の混雑状況に関するニュース
ハザードマップ 災害リスクや避難場所
事件事故発生マップ 犯罪や交通事故の発生状況
大島てる 事故物件の情報
ガッコム 保育園~中学校の学区や口コミ

室内のチェック以外を終わらせておくと、お部屋探しがスムーズにできます。ネットを駆使して、情報収集しておきましょう。

通勤や通学の時間はアプリなどでも調べられますが、ニュースも見ておきましょう。混雑状況は毎年変化するためです。

ネットで調べた情報は、内見の際は必ず再確認してください。例えば、Googleマップにお店があっても、実際は潰れていることがあります。

④お部屋はオンラインで内見する

オンライン内見のイメージイラスト

忙しくて時間がとれなかったり、上京など遠方からの引っ越しなら「オンライン内見」が便利です。

オンライン内見とは、スタッフがお部屋からテレビ電話で中継する方法のことです。気になる部分は、映像を見ながら伝えられます。

騒音やニオイは自分では確かめられないので、現地にいる不動産屋に、厳しめにチェックしてもらってください。

来店せずにオンライン内見できる不動産屋

「内見したいけど、忙しくて不動産屋に行けない」という人には、来店せずにオンラインで内見できる不動産屋がおすすめです。

チャット不動産屋の「イエプラ」なら、チャットで不動産屋と相談できる上に、物件によってはオンライン内見の相談が可能です!

不動産屋のスタッフが現地から中継してくれるので、気になる点をその場で質問したり、周辺環境や共用部分も確認できます。

スーモやホームズにはない未公開物件も紹介してくれます。契約まで、すべてオンラインできる物件もあるので、忙しい人に向いています。

イエプラボタンバナー

内見で最低限確認すべきポイントまとめ

最低限確認するポイント40項目
室内全体 1.広さと生活動線
2.収納の数と容量
3.採寸(搬入と家具配置のため)
4.防音性の確認
5.キズや汚れ・床の傾き・ニオイ
6.設備の故障はないか
7.すべてのドアの建て付け
8.事故物件でないか
9.朝・昼・夜の違い
玄関周辺 10.シューズボックスの有無
11.鍵の防犯性と本数
12.インターフォンの防犯性
13.電気の容量
居室 14.電波状況とネット環境
15.コンセントの位置と数
16.エアコンの型
17.照明の有無と取り扱い
水回り 18.給湯の確認(ガスの種類など)
19.キッチンの使いやすさ
20.トイレの状況
21.バスルームの使いやすさ
22.洗面台の使いやすさ
23.ニオイや虫の痕跡
窓とベランダ 24.日当たり・眺望・風通し
25.カーテンのサイズ
26.外からの騒音とニオイ
27.鳥のフンや虫の痕跡
28.隣人の様子
共有部分 29.全体的な防犯性とマナー
30.搬入と避難の経路
31.清掃などの管理状態
32.必要な共有設備の有無
33.ゴミ置き場との位置関係
34.駐輪場と駐車場
周辺環境 35.交通アクセス
36.買い物環境
37.必要な施設の有無
38.騒音の原因や嫌悪施設の有無
39.治安・交番の有無
40.朝・昼・夜の違い

表の40項目を確認しておけば、致命的な見落としは避けられます。内見に時間がかけられないときに活用してみてください。

大切なのは、納得したうえでお部屋に申し込むことです。疑問や心配ごとは経験豊富なプロに解決してもらいましょう。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

お店に行かなくても「イエプラ」なら、アプリやLINEで希望を伝えてお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです。

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶ 無料でお部屋探しを始める
follow us in feedly
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について