お部屋探しのコツや知識まとめブログ|イエプラコラム
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

内見とは?お部屋を見学する際の流れや確認できることを解説

内見をする女の子のイメージイラスト

内見とは?内覧との違いって何?
内見時の持ち物や確認箇所は?

お部屋探しをしていると、不動産屋に「内見」を勧められます。内見とは、お部屋の中を見学することです。住んでから後悔しないためにも、できるだけ内見しましょう!

しかし、初めてのお部屋探しだと内見の必要性や、どこを確認すべきかわからないですよね。なんとなくお部屋の中を見て終わりと言う人もいます。

そこで当記事では、内見とは何か、お金はかかるのかを解説します。一般的な流れや持ち物についても紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

内見とは?

実際のお部屋を見学すること

内見とは、実際のお部屋を見学することです。「内部見学」の省略で、読み方は「内見(ないけん)」です。

事前に、お部屋の状況や広さの確認などができます。入居後に「イメージと違った」と後悔するリスクを減らせるので、できれば内見したほうが良いです。

内見と内覧の違いはない

内見と内覧の違いはありません。どちらも、物件内を見学するという意味です。

阿部さんのアイコン 阿部
業界的には、賃貸物件が「内見」で、購入や展示場の見学の場合は「内覧」と使い分けることがあります。

内見は何回行っても無料

内見は何回行っても無料です。不動産屋がもらう仲介手数料は成功報酬型だからです。契約が成立するまで、一切の費用はかかりません。

同じお部屋を2回目以上内見しても同じです。何回内見しても良いので、納得がいくまで室内を確認できます。

関連記事
内見だけして帰るのはアリ?申し込まなくても平気?のアイキャッチ
内見だけして帰るのはアリ?申し込まなくても平気?
記事を読む ▶

内見に行くおすすめの時間帯

内見に行くおすすめの時間帯は「家にいることが長い時間」です。在宅勤務や専業主婦なら平日の昼間が、休日や夜にしか家にいない人は土日の夕方頃がおすすめです。

昼と夜、平日と休日では雰囲気が違います。時間をずらして1日に2回内見するのもアリです。

関連記事
内見でおすすめな時間帯は?夜もできる?のアイキャッチ
内見でおすすめな時間帯は?夜もできる?
記事を読む ▶
お部屋の内見は土日と平日どっちが良い?のアイキャッチ
お部屋の内見は土日と平日どっちが良い?
記事を読む ▶

内見は「現地集合」にしてもらうと良い

内見は「現地集合」にしてもらうと良いです。契約できない「おとり物件」を回避できるからです。

当サイトが運営するネット上の不動産屋「イエプラ」は、全物件の待ち合わせが現地集合です!内見前日にも空室状況を確認するので、無駄足になりにくいです。

業者専用のデータベースを使っているので、未公開物件が出てくる可能性もありますし、内見当日にそのまま別のお部屋の内見手配も可能です。ぜひ試してみてください。

一般的な内見の流れ

  • STEP1

    気になる物件の内見予約をする

    スマホで物件を見ている女性

    ネットや不動産屋で気になる物件があれば「内見予約」をしてください。

    当日そのまま内見できるケースもありますが、基本的には管理会社に鍵を借りに行く必要があるからです。

  • STEP2

    待ち合わせ詳細を確認

    内見予約ができたら、不動産屋から当日の待ち合わせなどの詳細が送られてきます。内容を確認しておきましょう。

  • STEP3

    内見当日にスタッフと待ち合わせ

    内見当日にスタッフと待ち合わせする女性

    物件の最寄り駅などで、不動産屋のスタッフと待ち合わせします。改めて、希望条件の確認が入るケースが多いです。

    最寄り駅から物件まで歩く場合は、人や車通りの多さ、街灯など周辺環境も確かめておくと良いです。

  • STEP4

    実際のお部屋の内見開始

    内見のイメージ画像

    物件についたら、玄関・窓・物置・洗濯機パンなどの採寸をしましょう。お部屋の雰囲気や防音性、スマホの電波状況なども忘れずに確認してください。

    事前に内見で確認する箇所をまとめておくと、30分ほどで内見が終了します。

  • STEP5

    内見後に気に入った物件なら申し込みする

    内見後に気に入った物件なら申し込みしましょう。申込書はスタッフが持っているので、必要事項を記入してください。

    気に入らなかった場合は「他の類似の物件を紹介してほしい」などと伝えて断ると良いです。

内見で確認できること

物件の室内状況を確認できる

最低限確認すべきポイント
  • ・玄関やドアの幅
  • ・洗濯機置き場のサイズ
  • ・収納スペースの広さ
  • ・トイレや浴室の広さ
  • ・窓の大きさ(カーテンサイズ)
  • ・コンセントの位置
  • ・スマホの電波が入るか
  • ・共用部がきれいに管理されているか

内見では、最低限上記のことは確認しておくべきです。住んでから、思ったより狭い・家具を搬入出来なかったなど後悔しないためです。

関連記事
内見ポイント完全マニュアル!箇所ごとのチェックリストのアイキャッチ
内見ポイント完全マニュアル!箇所ごとのチェックリスト
記事を読む ▶

音やニオイの確認も可能

壁や玄関ドアの防音性、うるさい音が出ているお部屋はないか、窓を開けたら異臭は市内かなど、写真では確認できないところまで確かめてください。

阿部さんのアイコン 阿部
壁を叩く時は同行スタッフに「叩いても良いですか?」と確認しておきましょう。万が一隣人からクレームがきた場合、対処してくれます。

近くを散歩すれば周辺状況もわかる

時間に余裕がある場合は、物件の近くも散歩してみてください。車通りの多さ、音が出る施設はないかなど、環境を確認できます。

不動産屋のスタッフと待ち合わせする前に、時間を作ってお散歩するのもアリです。

最低限の周辺環境はインターネットで調べる

調べられる内容
Googleマップ 街並みや周辺環境
東洋経済ONLINE 電車の混雑状況に関するニュース
ハザードマップ 災害リスクや避難場所
事件事故発生マップ 犯罪や交通事故の発生状況
大島てる 事故物件の情報
ガッコム 保育園~中学校の学区や口コミ

室内のチェック以外を終わらせておくと、お部屋探しがスムーズにできます。インターネットを駆使して情報収集しましょう。

調べた情報は、内見のときに必ず再確認してください。グーグルマップに掲載されているお店が、実際は閉店しているケースは多いです。

内見時のチェックリストを作っておくと漏れがない

内見チャックリストの一部のスクリーンショット拡大する

内見時のチェックリストを作っておくと、確認の漏れがありません。自分で作るのが面倒という人は、当サイトが運営する「イエプラ」をご利用ください。

LINEでお部屋探し初心者向けに、内見チェックリストを配布しています。家賃目安や初期費用について、審査必要な書類など、最初に知りたいことがすべてまとまっています。

気になる人は、LINEで友達追加をし「お部屋探しの極意のパンフレットが欲しい」と伝えるだけです。見落としてしまいがちなポイントを、内見時に思い出せます!

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼メリットたくさん
・すべてチャットで完結(来店不要)
・スーモにない未公開物件も探せる
・0時まで営業で仕事終わりに使える
▶無料でお部屋を探してみる

内見時の持ち物は8点

内見に持っていくもの
  • ・スマートフォン
  • ・メジャー
  • ・お部屋の募集図面
  • ・ビー玉などの転がるもの
  • ・スリッパと替えの靴下
  • ・身分証と収入証明書

スマートフォン

スマートフォンの便利な機能
  • ・写真や動画が撮れる
  • ・方角が分かる
  • ・ライトが照らせる

スマートフォンには、内見に必要な機能のほとんどが入っています。カメラの他にも、懐中電灯や方位磁石の代わりにもあります。

物件のなかには、電気が止まっていたり照明がないところもあります。ライトで照らせば、夕方~夜でも内見できます。

阿部さんのアイコン 阿部
写真や動画に収めておけば、家に帰ってからでも再確認できます。電源が切れると困るので、充電器も持参しておきましょう。

メジャー

内見時にメジャーで採寸する様子
メジャーはお部屋の寸法を測るために必要です。家具が搬入できるかと、大きめの家具を置く場所は最低限測っておきましょう。

ホームセンターで売っている、ロックがかかるタイプのメジャーがおすすめです。

阿部さんのアイコン 阿部
家具のレイアウトや搬入が心配なら、新聞紙を同サイズに切り取って持参すると良いです。採寸にかかる時間も短縮できます。

お部屋の募集図面

お部屋の図面があると、採寸した内容やコンセントの位置を書き込めます。四隅の出っ張りなど、図面と差がある部分がないかチェックしてください。

図面は自分で印刷するか、不動産屋に物件情報を送ってプリントしてもらいましょう。

阿部さんのアイコン 阿部
図面にメモを取るために、筆記用具も持って行ったほうが良いです。なければ不動産屋から借りてください。

ビー玉などの転がるもの

床で転がるものを1つ用意しておくと良いです。ビー玉やリップクリームを使えば、床が傾いていないか確かめられます。

築年数が古い物件だと、老朽化で床が傾いている可能性があります。傾斜になっているお部屋で暮らすと、体調を崩しやすいので注意です。

スリッパと替えの靴下

バックに余裕があれば、スリッパと替えの靴下があると良いです。クリーニング前の物件だと、床が汚れている場合があります。

スリッパであれば、不動産屋のスタッフが持参していることが多いです。内見予約するときに、スリッパやメジャーが借りられるか確認しておくと効率的です。

阿部さんのアイコン 阿部
原則、裸足では内見できません。夏場でサンダルを履きたいときでも、靴下は持参しておきましょう。

身分証や収入証明書

身分証・本人確認書類
  • ・運転免許証
  • ・健康保険証
  • ・マイナンバーカード
  • ・住基カード など
収入証明書
  • ・昨年度の源泉徴収票
  • ・直近3ヶ月分の給与明細
  • ・内定通知書(就職や転職の場合)
  • ・雇用契約書 など

身分証や収入証明書は、申し込みをするときに必要です。引っ越しシーズンは物件がすぐ埋まりやすいため、内見後にそのまま申し込む人が多いです。

申し込みをしないと、基本的に仮押さえはできません。スムーズに申し込みたいなら、あらかじめ必要書類を持参して見学しましょう。

内見で不動産屋に聞くこと

内見時に不動産屋に確認しておくこと
  • ・内見で気になったこと
  • ・物件のデメリット
  • ・過去のクレーム状況
  • ・前入居者の退去理由

内見時に気になったことは、なんでも同行スタッフに聞いてください。デメリットも含めて教えてくれる場合は、良い不動産屋です。

また、騒音トラブルを回避するためにも「過去のクレーム状況」や「前入居者の退去理由」も聞いておきましょう。特にクレームはない・契約満期で退去の場合は、後悔しづらいです。

関連記事
一人暮らしで不動産屋に聞くことはなに失敗しないための注意点のアイキャッチ
一人暮らしで不動産屋に聞くことはなに失敗しないための注意点
記事を読む ▶

内見できない・行けないときの対処方法

内見できない物件の例

  • ・退去前(入居中)
  • ・クリーニング中
  • ・大規模なリフォーム中
  • ・建設中の新築物件
  • ・管理会社が定休日

募集されているお部屋の中には、すぐに内見できない物件も存在します。代表的なのが退去前の物件です。

前の入居者が退去届を出したタイミングで、新規の募集が始まります。内見できるようになるまで1ヶ月ほど必要です。

他には、工事中で入室できないパターンです。完了まで2週間ほどかかることが多いです。

阿部さんのアイコン 阿部
管理会社が定休日で鍵の手配ができないケースもあります。土日休みのところも少なくないので注意です。

内見できない・行けないときの対処方法

  • ・同タイプの物件を内見する
  • ・見れないお部屋は「先行申込」する
  • ・行けない場合は「オンライン内見」を利用する

内見できない時は「同タイプのお部屋を内見」もしくは「先行申込」で後から内見しましょう。先行申し込みは、契約ではないのでキャンセル可能です。

行けない場合は「オンライン内見」を利用してください。テレビ電話を通じた内見で、スタッフが現地に行きます。採寸や状況確認もしてくれます。

関連記事
【賃貸】内見しないで契約する3つのリスクのアイキャッチ
【賃貸】内見しないで契約する3つのリスク
記事を読む ▶
オンライン内見のメリット・デメリットを解説のアイキャッチ
オンライン内見のメリット・デメリットを解説
記事を読む ▶
おすすめのオンライン不動産屋10選のアイキャッチ
おすすめのオンライン不動産屋10選
記事を読む ▶

内見に関するよくある質問

内見と下見の違いって何?

内見も下見も、意味はほとんど同じです。物件を見に行くことを指します。

▲よくある質問に戻る

内見しても契約しないのはアリ?

内見後に契約しない人は多いです。迷っている、気にならなかったなど理由は様々です。

関連記事
内見したら契約しないといけない?断り方を解説のアイキャッチ
内見したら契約しないといけない?断り方を解説
記事を読む ▶

▲よくある質問に戻る

内見予約は何日前までにしたほうがいい?

内見予約は希望日の2~3日前までにしたほうが良いです。管理会社に鍵を鳥に行く予定を立てやすいからです。1~3月の繁忙期は1週間前を目安にしましょう。

関連記事
内見予約は何日前までにすべき?流れを解説のアイキャッチ
内見予約は何日前までにすべき?流れを解説
記事を読む ▶

▲よくある質問に戻る

来店当日にそのまま内見に行ける?

来店当日にそのまま内見に行ける物件もあります。不動産屋に、当日内見可能か確認して下さい。

関連記事
内見の予約は当日できる?注意点は?のアイキャッチ
内見の予約は当日できる?注意点は?
記事を読む ▶

▲よくある質問に戻る

内見は時期が早くても大丈夫?

内見だけなら時期が早くても良いですが、賃貸物件はキープができません。できれば、引っ越し予定日まで2ヶ月以内で内見しましょう。

関連記事
内見は時期が早すぎても対応してもらえる?のアイキャッチ
内見は時期が早すぎても対応してもらえる?
記事を読む ▶

▲よくある質問に戻る

女性一人で内見に行くのは危ない?

女性一人で内見に行く人もいます。不動産屋のスタッフの対応が微妙な場合は、異性に付き添いを頼んだ方が良いです。

関連記事
女性一人で内見に行くのは危ない?付き添いが必要?のアイキャッチ
女性一人で内見に行くのは危ない?付き添いが必要?
記事を読む ▶

▲よくある質問に戻る

内見後に不動産屋を変えてもいい?

内見後までなら自由に変えて良いです。申し込み後は、管理会社や大家さんに迷惑がかかるのでおすすめしません。

関連記事
同じ物件で不動産屋を変えても良い?怒られない?のアイキャッチ
同じ物件で不動産屋を変えても良い?怒られない?
記事を読む ▶

▲よくある質問に戻る

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

お店に行かなくても「イエプラ」なら、チャットやLINEで希望を伝えてお部屋を探せます!

SUUMOやHOME'Sに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです。

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶ 無料でお部屋探しを始める
follow us in feedly
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について