お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

内見におすすめの時間帯は?何時がいい?朝・昼・夜で確認できるポイントを公開

内見の時間帯を考えている女の子のイメージイラスト

賃貸の内見をする時間帯はいつがおすすめ?時間を変えると何がわかる?という疑問を解決します!

朝・昼・夜でお部屋の確認できるポイントや、時間帯の選び方を解説します。

別の時間帯も内見すべき理由、夜の内見はできるのかなども合わせて紹介しているので、是非参考にしてください!

この記事は、不動産屋「家AGENT」池袋店の阿部さんにも内容を監修してもらいました。

阿部さん

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

内見におすすめの時間帯は人によって違う

内見するカップルのイラスト
内見に行くのにおすすめの時間帯は人によって違います。防音性や治安など、重視するポイントが人によって変わるからです。

天気や平日・休日で印象が変わるお部屋も多いので、可能であれば時間と曜日を変えて2回以上内見すると良いです。

一般的に内見は1件あたり30分程度かかります。移動する時間も考慮すると1日で4~6件くらいまでを目安にしましょう。

以下で朝昼晩の3つの時間帯に分けて、おすすめの人の特徴を解説していきます。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める

一人暮らしの学生や夜勤の人は「朝の内見」がおすすめ

朝(~12時)の内見で分かることは以下の通りです。一人暮らしの学生や夜勤が多い人、子どもがいる家族は朝に内見すると住心地が判断しやすいです。

  • ・東向きや南向きのお部屋の日当たり
  • ・通勤時の電車やバスの混み具合
  • ・日中に睡眠をとれるかどうか
  • ・朝から営業している飲食店

東向きや南向きのお部屋の日当たり

東向きと南向きのお部屋は午前中から日が差します。

東向きは朝はまぶしいほど太陽の光が入りますが、正午前後には日差しが弱まります。早めに行って十分な日当たりがあるか見ておくと良いです。

阿部さんのアイコン 阿部
南向きでも、お部屋の前に背の高い建物があると日当たりが良くないというケースもあります。内見時に周辺の建物も確認しておきましょう。

通勤時の電車やバスの混み具合

電車やバスの乗り換えや、駅や道路の混雑具合を見ておきましょう。混雑していると早く家を出る必要があり、非常に苦労します。

高層マンションは朝の通勤時間帯にエレベーターが来なくてイライラするというケースも多いので、エレベーターの台数や利用者の人数もチェックしておくと良いです。

日中に睡眠をとれるかどうか

夜勤があり日中に寝ていることが多い人は、騒音に悩まされて眠れないことないかを確認してください。

近くに小学校や幼稚園があると、どうしても午前中は騒がしくなるため注意が必要です。

朝から営業している飲食店があるか

朝から営業しているカフェや飲食店などを利用する人は、周辺施設も見ておきましょう。

24時間営業しているファーストフード店やスーパーがあると重宝します。

専業主婦や在宅ワークの人は「昼の内見」がおすすめ

昼(13~17時)の内見で分かるポイントは以下の4つです。専業主婦や在宅ワークなど、日中に家にいることが多い人におすすめです。

平日の日中は、仕事や学校で家にいないという人は休日の日中に内見すると良いです。休日に家で快適に過ごせるかどうか判断できます。

  • ・住民のモラルや物件のキレイさ
  • ・お部屋の音の聞こえ方
  • ・西日の入り具合
  • ・普段の街の雰囲気

住民のモラルや物件のキレイさ

昼は住民が出払っていて人が少ない時間帯なので、物件の共有スペースをゆっくり確認しやすいです。

ゴミ捨て場に収集日ではないゴミが残っていないか、ポストにチラシが溜まっているお部屋はないかなど、住民のモラルを確認できます。

共用部が綺麗で管理が行き届いていれば、トラブルを起こしそうな住民はいないという基準になります。

お部屋の音の聞こえ方

平日の日中であれば、他の入居者が仕事や学校で出払っています。隣人がいないのであれば、壁を叩いて音を確認したり、音漏れのチェックがしやすいです。

土日祝日の日中であれば、隣人が室内にいることが多いです。友人を招いて騒いでいる人がいないか、生活音が大きくお部屋に響いてこないかを確認しましょう。

阿部さんのアイコン 阿部
もし隣のお部屋が空室なら、不動産屋のスタッフに音を出してもらって、聞こえ方を確認すると良いです。周りのお部屋に響きやすい足音や話し声を出してもらいましょう。

西日の入り具合

西向きや西向きなど、西日が入りやすいお部屋は昼の時間帯の内見がおすすめです。

午後から夕方が最も日当たりが良くなるので、お部屋の明るさや暑さがわかります。

普段の街の雰囲気

お部屋だけではなく、普段の街の様子を知りたい人も昼の内見がおすすめです。

休日の場合は、駅周辺や近場の商業施設などを見ると入居後の生活をイメージしやすいです。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
スーモやホームズにない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶

おとり物件が少ないサイト3選のサムネイル
不動産屋の悪質な広告「おとり物件」が少ないサイト3選!
記事を読む ▶

夜の治安や生活音が気になる人は「夜の内見」がおすすめ

夕方から夜にかけて内見することで確認できるポイントを4つ紹介します。

1日の中で、ほかの入居者がお部屋にいる可能性が最も高いので、物件のリアルな様子がわかります。

  • ・隣人の生活音の聞こえ方
  • ・車や電車など外部からの騒音
  • ・周辺の治安の良さ
  • ・帰宅途中に買い物できるかどうか

隣人の生活音の聞こえ方

夕方以降は帰宅している住民が多いので、隣や上下階の生活音が確認しやすいです。壁に耳を当てるなどして、どれくらいの音がするのか聞いておきましょう。

友達をお部屋に招き入れる住民がいれば、深夜に騒がしくなる可能性もあります。

どんな年齢層や属性の人が多いのかを把握しておくと、入居後に騒音に悩まされるリスクを減らせます。

車や電車など外部からの騒音

車や電車の音が気になるなら、夜の内見がおすすめです。交通量が多い道路の近くは、騒音や揺れで眠れないということもあります。

とくに、幹線道路や高速道路沿いの物件は避けたほうが良いです。時間帯に関わらず交通量が多いので、帰宅してもリラックスできません。

阿部さんのアイコン 阿部
窓が2重サッシだったり、大通りに面した方角に窓がないお部屋など、防音性が期待できる物件があるので探してみてください。

周辺の治安の良さ

夜道の明るさや人の通行量も気にしたほうが良いです。

日中と夜で街の雰囲気が全然違うというエリアもあるので、駅から家まで安全に帰れそうか確認しておきましょう。

特に、飲み屋街があると酔っぱらいやキャッチが多いので注意が必要です。下見に行く際は1人だと危ないこともあるので、友人や親にお願いして同行してもらうと安心です。

帰宅途中に買い物できるかどうか

帰り道に買い物をしたい人は、どんなお店があって何時までやっているのかなども確認できると良いです。

スーパーの他にも、ドラッグストアや100円ショップがあると普段の買い物に便利です。

営業時間が長い不動産屋を利用すると便利

一般的な不動産屋は18時には閉店してしまうところが多いです。閉店時間が早いと相談が難しく、夜に内見に行けないケースもあります。

夜の内見を希望するなら、営業時間が長い不動産屋を選ぶと良いです。時間の融通が利きやすいので、希望の時間帯に内見できます。

不動産屋によっては事前に連絡しておけば、営業時間外も対応してくれるので相談してみましょう。

深夜0時まで相談に乗ってくれる不動産屋

ネット上の不動産屋「イエプラ」なら、深夜0時までプロのスタッフとお部屋探しできます。

来店不要でLINEやチャットでやりとりするので、なかなか日中に来店する暇がない人や、遠方からの引っ越しでも利用しやすいです。

内見の時間帯についても相談に載ってくれるので、夕方以降に内見に行きたい人や忙しくて不動産屋に行く時間がない人は是非利用してみてください。

イエプラボタンバナー

じっくり内見するなら平日にするべき

内見はできるだけ平日に行くのをおすすめします。土日祝日は内見の予約が多く、スタッフが案内できる件数が少ないからです。

平日は1日に複数のお部屋を内見できるうえ、1件の内見に時間をかけられるので多くの物件を効率良く回れます。

また、土日に向けて公開される新着物件をいち早く内見できることもあります。

阿部さんのアイコン 阿部
水曜日は昔からの風潮で、不動産屋や管理会社の定休日であることが多いです。効率良く内見できない可能性が高いので避けましょう。

都合上、土日にしか内見できない場合は、内見のポイントを抑えて短い時間でも確認できるように準備しましょう。

▶内見のチェックポイントの解説はこちら

内見は必ず行くべき

内見は特別な事情がない限り行くべきです。内見しないメリットは時間が節約できる程度で、デメリットのほうが圧倒的に多いです。

不動産屋からもらった物件情報だけでは、本当に情報が正しいか判断できません。

写真や動画に映っていない部分や周辺の雰囲気がわからないので、入居後に後悔しないように必ず内見しましょう。

阿部さんのアイコン 阿部
不動産屋が営業していても必ず内見できるとは限りません。管理会社から鍵を手配できなかったり、退去予定の物件でまだ住人が住んでいて内見できないことがあります。

内見を希望する人はあらかじめ不動産屋に確認して予約しておきましょう。

可能なら日時を変えて2回内見する

気に入ったお部屋は、できれば時間帯を変えて2回内見したほうが良いです。時間帯によってお部屋の印象が大きく変わることがあります。

例えば、午前中は日当たりが良くお部屋が明るい印象でも、午後から日が入らなくなれば1回目の内見とはまったく違う印象を受けます。

ビジネス街などで平日は賑やかでも、休日は閑散としていて過ごしやすいケースもあります。

阿部さんのアイコン 阿部
何度も内見できない人は「自分が1番室内にいる」時間帯にしましょう。夜の場合は、夕方ギリギリにするか、営業時間外に内見できるかを相談すると良いです。

外出不要のオンライン内見もおすすめ

オンライン内見をする人のイラスト

オンライン内見とは、PCやスマホのビデオ通話を使って物件を内見できる仕組みのことです。

内見のために現地に行かなくて良いので「遠方への引っ越しだから物件を見に行くのが難しい」「忙しくて内見の時間を取れない」という人におすすめの方法です。

スタッフとリアルタイムで内見できるので、お部屋の気になるところをすぐに確認してもらえます。

阿部さんのアイコン 阿部
オンライン内見は、電波状況が良い場所でやりましょう。画質が悪くて見づらくなったり、お部屋の状態を確認しにくいことがあります。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶ 無料でお部屋探しを始める
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について