お部屋探しのコツや知識まとめブログ|イエプラコラム
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

公団住宅とは?公社住宅や公営住宅との違いをわかりやすく解説!

公団住宅とは?のアイキャッチイラスト

公団住宅とは?
公社住宅や公営住宅との違いは?

お部屋探しをしていて「公団住宅」という文字を見たことはありませんか?これは、現在では「UR賃貸」と呼ばれる団地です。初期費用が安く、更新料も不要とメリットが多いんです。

しかし「そもそも公団住宅ってなに?」「公社住宅や公営住宅と何が違うの?」と疑問に思う人が多いです。

そこで当記事では、公団住宅とはどんなものかわかりやすく解説します。入居条件やメリット・デメリットについても紹介しているので参考にしてください。

公団住宅とは団地の1つ

UR賃貸住宅

出典:https://www.ur-net.go.jp/

日本住宅公団が供給した集合住宅

公団住宅とは、日本住宅公団が建設・供給した集合住宅のことです。公社住宅や公営住宅と並び、団地の1つに数えられます。

都市部での住宅不足を解消するため、高度経済成長期に建設が進みました。昭和40年代には、約60万戸のお部屋が提供されています。

郊外の公団住宅では、敷地内に学校や幼稚園、病院などの施設が整備されているケースもあります。小さな街のような作りをしているため、コンパクトに生活できて利便性が高いです。

現在はUR賃貸住宅と呼ばれている

現在では、公団住宅はUR賃貸住宅と呼ばれています。運営団体も、日本住宅公団から独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)に名称を変えています。

2023年時点で、約71万戸の住宅を管理しています。昔ながらの団地だけでなく、高所得者向けのタワーマンションや、おしゃれなリノベーション物件も取り扱っています。

公社住宅や公営住宅とは運営団体が違う

運営 収入基準 保証人
公団住宅 UR都市機構 下限あり 不要
公社住宅 地方住宅供給公社 下限あり 必要
公営住宅 地方公共団体 上限あり 自治体ごと

公団住宅は、公社住宅・公営住宅と共に団地と呼ばれることが多いです。ただし、運営団体や申し込み資格は大きく異なります。下記で詳しく解説します。

公社住宅は住宅供給公社が提供する集合住宅

公社住宅とは、地方自治体が出資して設立した「地方在住供給公社」が運営する団地です。東京都では「JKK東京」という名称です。

全国の管理物件は、2021年度の数字で14.4万戸以上です。ファミリー向けの住宅が中心で、入居には基準以上の収入と保証人が必要です。

関連記事
JKK賃貸のデメリットとは?メリットや住んでみた人の口コミのアイキャッチ
JKK賃貸のデメリットとは?メリットや住んでみた人の口コミ
記事を読む ▶

公営住宅は地方公共団体が提供する集合住宅

公営住宅とは、住宅に困っている低所得者向けに、地方公共団体が提供する集合住宅です。東京都が提供するものは都営住宅、市の場合は市営住宅と呼ばれます。

入居条件には、収入の上限が定められています。二人暮らしの場合は年収351万円以下、手取りで227万円以下が目安です。

関連記事
都営住宅の入居条件とは?家賃や年収の目安を解説のアイキャッチ
都営住宅の入居条件とは?家賃や年収の目安を解説
記事を読む ▶
市営住宅に住む方法とは?家賃はいくら?のアイキャッチ
市営住宅に住む方法とは?家賃はいくら?
記事を読む ▶

UR賃貸住宅と民間の賃貸を並行して探すなら不動産屋に探してもらう

UR賃貸住宅と民間の賃貸を並行して探すなら、不動産屋に探してもらうのが手っ取り早いです。希望条件に合うお部屋を一括で紹介してくれます。

当サイト運営の不動産屋「イエプラ」では、UR賃貸住宅から民間の賃貸物件まで幅広く提案しています。

LINEなどからやり取りできるので、忙しくて不動産屋に行けない人にもおすすめです。家事の合間や寝る前のスキマ時間で利用するにピッタリです。

さらにイエプラは、仲介手数料基本0円でお部屋を契約できます。初期費用が高いと悩んでいる人におすすめです。

公団住宅に住む7つのメリット

  1. 初期費用が一般的な賃貸より安い
  2. 保証人不要で契約できる
  3. お部屋の更新料がかからない
  4. 割引プランが豊富
  5. 退去費用が明確でトラブルになりづらい
  6. 耐震性や耐火性が高く安全
  7. 退去連絡の期限が2週間までとゆるい

1.初期費用が一般的な賃貸より安い

一般的な賃貸 公団住宅
敷金 50,000円 100,000円
礼金 50,000円 0円
仲介手数料 55,000円 0円
鍵交換費用 11,000円 0円
日割り家賃 25,000円 25,000円
前家賃
(翌月家賃)
50,000円 0円
合計 241,000円 125,000円

公団住宅の初期費用は安いです。一般的な賃貸契約で必要な、礼金・仲介手数料・前家賃などがいらないためです。

家賃5万円で考えると、一般的な賃貸に比べて初期費用が10万円以上安いです。敷金は2ヶ月分かかりますが、退去時に帰ってくる可能性があるお金です。

関連記事
賃貸の初期費用を抑える7つの裏ワザ!のアイキャッチ
賃貸の初期費用を抑える7つの裏ワザ!
記事を読む ▶

2.保証人不要で契約できる

公団住宅は、保証人がいなくても入居できます。連帯保証人の住民票などの書類を用意する手間がないため、契約手続きが簡単です。

親族に保証人を頼みづらい人はもちろん、身寄りのない人にとっても大きなメリットです。

関連記事
保証人なしのフリーターでも賃貸を借りられる?のアイキャッチ
保証人なしのフリーターでも賃貸を借りられる?
記事を読む ▶
連帯保証人の条件とは?なれる人となれない人の違いを解説のアイキャッチ
連帯保証人の条件とは?なれる人となれない人の違いを解説
記事を読む ▶

3.お部屋の更新料がかからない

公団住宅では更新料が不要です。一般的な賃貸では、2年ごとに家賃1ヶ月分が相場です。長期的に住む予定の人ほどお得に感じやすいです。

関連記事
賃貸物件の更新料の相場はいくら?期間は何年?のアイキャッチ
賃貸物件の更新料の相場はいくら?期間は何年?
記事を読む ▶
2年契約の賃貸から引っ越しするタイミング!のアイキャッチ
2年契約の賃貸から引っ越しするタイミング!
記事を読む ▶

4.割引プランが豊富

プラン名 割引内容
U35割 35歳以下なら、3年間限定の契約で家賃が最大20%割引き
URライト 契約更新できない代わりに家賃を20%割引き
近所割 親戚のお部屋の近くに住むと家賃が5%割引き
そのママ割 18歳未満の子どもがいれば、3年限定の契約で家賃が最大20%割引き
子育て割 子どもがいて世帯収入が少なければ家賃が20%割引き

公団住宅には、豊富な割引プランが揃っています。一人暮らしから、小さな子どものいるファミリーまでお得に住みやすいです。

割引額は、年収や家族構成によって変わるケースが多いです。利用したい人は、UR賃貸住宅の公式ホームページで確認しておきましょう。

5.退去費用が明確でトラブルになりづらい

原状回復についての書類を読む女性のイラスト

公団住宅は、退去費用の線引きが明確でトラブルになりづらいです。UR都市機構の住まいのしおりの中で、原状回復費が発生するケースを具体的に載せています。

畳を例に挙げると、タバコによる焦げ跡や家具のすり傷は自己負担です。一方で、日焼けによる変色は費用請求されません。

イラスト付きで解説されているので、入居前に確認してみてください。

関連記事
賃貸の退去費用を解説!費用の相場や安くする方法を公開のアイキャッチ
賃貸の退去費用を解説!費用の相場や安くする方法を公開
記事を読む ▶
賃貸フローリングのへこみはどこまで補修すべき?のアイキャッチ
賃貸フローリングのへこみはどこまで補修すべき?
記事を読む ▶

6.耐震性や耐火性が高く安全

公団住宅の多くは、RC造・SRC造と呼ばれる鉄筋コンクリートを使用した建築構造です。木造や鉄骨造に比べて、高い耐震性・耐火性を誇ります。

2011年3月の東日本大震災でも、大きな被害を受けた公団住宅はありませんでした。

関連記事
木造・鉄骨造・RC造・SRC造の違いを解説のアイキャッチ
木造・鉄骨造・RC造・SRC造の違いを解説
記事を読む ▶

7.退去連絡の期限が2週間までとゆるい

公団住宅は、退去連絡の期限が退去日の2週間前までとゆるいです。一般的な賃貸では、1ヶ月までに連絡が必要なケースが多いです。

月の途中で退去しても、家賃を日割りで払えます。急な引っ越しに対応しやすいので、転勤や転職の可能性が高い人に向いています。

関連記事
賃貸アパートの退去連絡の流れと伝え方のアイキャッチ
賃貸アパートの退去連絡の流れと伝え方
記事を読む ▶

公団住宅に住む5つのデメリット

  1. 普通の賃貸物件より家賃が高い
  2. 入居条件が厳しい
  3. 競争率が高くお部屋を借りにくい
  4. ペットの飼育は基本的に禁止
  5. 建物や設備が古い物件が多い

1.普通の賃貸物件より家賃が高い

公団住宅の家賃は、一般的な賃貸と比べると1~2割ほど高めに設定されています。同じ間取りでも、専有面積が広く作られているためです。

リノベーション済みの物件が多いのも原因です。工事費用が家賃に上乗せされているので、築年数が古いわりに、周辺の賃貸に比べて高い傾向にあります。

2.入居条件が厳しい

申込条件
  • ・基準月収額以上の収入がある
  • ・国内で居住するための住宅を必要としている
  • ・単身者または親族と同居する人
  • ・入居可能日から1ヶ月以内に入居できて円満な生活ができる人
  • ・暴力団員など反社会的勢力の関係者ではない

公団住宅は入居条件が厳しいです。トラブルを未然に防ぐのが主な目的で、上記のうち1つでもクリアできない場合は申し込めません。

とくに、収入のハードルが高めに設定されています。下記の記事で基準を詳しく解説しています。合わせて参考にしてください。

関連記事
UR賃貸の入居条件は?審査は厳しい?のアイキャッチ
UR賃貸の入居条件は?審査は厳しい?
記事を読む ▶

3.競争率が高くお部屋を借りにくい

区名 建物数 部屋数 空室数
中央区 10棟 2,297件 0件
新宿区 2棟 225件 0件
渋谷区 2棟 231件 0件
千代田区 1棟 23件 1件
港区 2棟 186件 0件
文京区 3棟 459件 0件

公団住宅の申し込みは基本的に先着順です。都心にある物件や、最寄り駅から近くて便利な物件は競争率が高く借りにくいです。

2023年9月時点における都心6区の空室数を調べた所、わずか1部屋しかありませんでした。空くのを待っている人が大勢いるので、こまめな情報チェックが必須です。

4.ペットの飼育は基本的に禁止

公団住宅では、ペットの飼育は基本的に禁止されています。こっそり飼ってバレると、退去になるので絶対にやめましょう。

一部の物件はペット共生住宅として貸し出されていますが、部屋数が非常に少ないです。

関連記事
ペット禁止でも飼える動物はある?猫やハムスターもダメ?のアイキャッチ
ペット禁止でも飼える動物はある?猫やハムスターもダメ?
記事を読む ▶

5.建物や設備が古い物件が多い

公団住宅は、建物の外観や設備が良くない物件が多いです。昭和40~50年代に建てられた古い物件が中心だからです。

エレベーターが付いていない物件や、畳敷きのお部屋も残っています。契約前に1度は内見しましょう。

関連記事
築年数の狙い目は何年?古い物件でも良い部屋を見つける方法のアイキャッチ
築年数の狙い目は何年?古い物件でも良い部屋を見つける方法
記事を読む ▶
仲介手数料基本0円のネット不動産屋
「イエプラ」は
仲介手数料基本0円
イエプラの特徴
  • 仲介手数料が基本0円
  • 上場企業運営で安心
  • 来店不要でお部屋を探せる

公団住宅には団地のイメージを覆す物件もある

  • ・タワーマンション
  • ・オシャレなリノベーション物件
  • ・UR-DIY

タワーマンション

UR賃貸 ベイシティ晴海スカイリンクタワー
出典:https://www.ur-net.go.jp/

公団住宅は昔ながらの団地というイメージがありますが、新しいタワーマンションタイプの物件もあります。上層階からは都心の夜景が見えて、タワマンならではの暮らしが可能です。

一般的なタワーマンションと比べると、家賃がリーズナブルに設定されています。予算が合わなくてタワーマンションを諦めていた人にもおすすめです。

オシャレなリノベーション物件

UR賃貸✕無印 リノベーション物件
出典:https://www.ur-net.go.jp/

一部の公団住宅では、オシャレなインテリアブランドとして有名な「無印良品」や「IKEA」とコラボしたリノベーション物件を貸し出しています。

例えばIKEA物件の場合、IKEAオリジナルキッチンが備え付けられています。現代的なデザインで見た目がオシャレなだけでなく、掃除しやすいと評判です。

契約者特典として、IKEAスタッフがお部屋のインテリアをコーディネートしてくれるサービスも利用できます。

UR-DIY


UR-DIYとは、退去時の現状回復なしでお部屋を改修できる物件のことです。3種類のラインナップがあり、それぞれ改修できる規模や場所が違います。

もっとも大規模に改修できるプランの場合、畳のフローリング化や壁のタイル張りなど、一般的な賃貸では難しいDIYが可能です。

公団住宅は不動産屋で紹介してもらうのがベスト

街の不動産屋でも公団住宅の紹介が可能

UR賃貸の斡旋制度の加盟店ロゴ
出典:https://www.ur-net.go.jp/

公団住宅は、UR賃貸のあっせん制度に加入している街の不動産屋でも紹介可能です。上記のロゴがホームページに掲載されている不動産屋が目印です。

UR直営の営業センターでは公団住宅しか見れませんが、不動産屋であれば一般的な賃貸も合わせて紹介してくれます。比較しながら選べるので、理想のお部屋が見つかりやすいです。

ネット上の不動産屋なら来店不要で公団住宅が探せる

来店不要で効率的に公団住宅を探すなら、ネット上の不動産屋「イエプラ」がおすすめです。あっせん制度の加盟店なので、公団住宅の紹介が可能です!

普通の賃貸物件の取り扱いもあるので、公団住宅とどちらが良いか迷っている人にもピッタリです。事前に見積もりを出してくれるので、費用を比較しやすいです。

23時までチャットやLINEでプロのスタッフが相談に乗ってくれるので、ぜひスキマ時間に利用してみてください。

公団住宅に関するよくある質問

公団住宅は全国にあるの?

2023年9月時点で、全国21の都道府県にあります。関東圏・中京圏・近畿圏エリアに多いです。

▲よくある質問に戻る

公団住宅で一人暮らしはできる?

可能です。間取りは1DKや1LDK以上のものがメインで、ワンルームや1Kの物件数は少ないです。

▲よくある質問に戻る

公団住宅に分譲ってあるの?

中古の分譲住宅なら存在します。築年数が古いので、リノベーションを前提としたお部屋が中心です。

▲よくある質問に戻る

学生や高齢者でも申し込みできる?

入居条件を満たせば申し込み可能です。学生で支払い能力がなくても、親が基準を満たしていれば申し込み可能です。

高齢者には「高齢者向け優良賃貸住宅」や「高齢者等向け特別設備改善住宅」といった優遇制度が設けられています。

▲よくある質問に戻る

申し込みは先着順って本当?

ほとんどが先着順での申し込みです。ただし、新築など一部の物件は抽選がおこなわれます。

▲よくある質問に戻る

公団住宅でルームシェアはできる?

ハウスシェアリング制度を使えば可能です。2人の月収が、それぞれ基準の1/2以上必要です。

▲よくある質問に戻る

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

当サイト運営の「イエプラ」なら、わざわざお店に行かなくてもLINEで希望を伝えてお部屋を探せます!

さらに、イエプラは仲介手数料が基本0円です。およそ家賃1ヶ月分の初期費用をまるっと節約できます。

家賃によっては10万円以上も安くなるので、浮いたお金で新生活の家具家電を揃えられます。費用を抑えて引っ越したい人は、ぜひ利用してみてください。

仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトはこちら
follow us in feedly
仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトへ
仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトへ
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について