お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

【賃貸物件】ペット禁止でも飼える動物はいる?無断で飼育した際のリスクを解説

ペット禁止のマンションで無断でペットを飼おうとしている女の子のアイキャッチ

「ペット禁止物件でも飼える動物はいる?」
「無断で飼ってバレたらどうなる?」

動物好きの人なら、賃貸物件でもペットを飼ってみたいですよね!かわいいペットがおうちで待っていると思うと、すぐにでも家に帰りたいものです。

しかし、ペット禁止の物件で無断で飼うと、隣人トラブルに発展したり、違約金を求められることがあります。

そこで、当記事ではペットが禁止物件でも飼えるか、飼育が禁止されている理由について解説しています。ペット可(相談可)物件を探すコツも紹介しているので参考にしてください。

ペット禁止物件でも動物は飼える?

基本的にどんな動物でも飼えない

ペット禁止物件では、基本的にどんな動物であっても飼えません。

ペットを飼うことで、臭い・傷による物件価値の下落や近隣住民とのトラブル、敷金(修繕費)が高くなるなど様々なリスクがあります。

そのため、ほとんどの賃貸物件ではペット飼育を一律で禁止しています。

ハムスターや観賞魚でも飼うことは難しい

ハムスターと回し車

ペット禁止物件では、ハムスターや観賞魚といった動物も基本的に飼えません。

ハムスターは夜行性なので、深夜になると回し車などで音を立てます。ケージの外に出すと、壁や柱をかじったり、おしっこをするリスクがあります。

鳴き声をあげない観賞魚であっても、水槽からの水漏れでトラブルになるケースがあるのでおすすめしません。

交渉次第で飼えることもある

個々のお部屋が禁止でも、マンションの管理規約が「ペット可」の場合は交渉次第で飼えることがあります。大家さんや管理会社がペットに寛容な可能性があるからです。

1つの物件で分譲と賃貸が混在する、間取りが極端に違うなどの理由から、一律でペット禁止にしないケースがあります。

ただし、入居後の交渉は基本的にできません。ペットを飼いたい場合は、申し込み前に確認しましょう。

許可が下りてもご近所トラブルになることがある

許可が下りてペットを飼えても、近隣住人とトラブルになることがあります。そもそもが禁止物件なので、ペットの飼育に無理解な住人も多いです。

ペットをどうしても飼う場合は、周囲への配慮を忘れずにマナーを厳守する必要があります。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める

ほとんどの賃貸でペット禁止な理由

  • ・ご近所トラブルを防止するため
  • ・敷金(修繕費)をおさえるため
  • ・物件の資産価値が下がるため

ご近所トラブルを防止するため

主な原因
  • ・鳴き声による騒音
  • ・ペットの独特な臭い
  • ・脱走して周りに危害を加える
  • ・共用スペースでの排泄物の放置
  • ・抜け毛が多い
  • ・多頭飼いでしつけが不十分

鳴き声による騒音

鳴き声や歩行音などの騒音問題が、ペットに関するトラブルの中でも最も多いです。とくに犬の無駄吠えはクレームからご近所トラブルに発展しやすいです。

猫が歩行時に出す爪の音や、ハムスターの回し車の音も就寝時にはうるさく感じます。

ペットの独特な臭い

ペットを飼わない人からすると、動物特有の臭いは不快に思うことが多いです。

一緒に暮らす飼い主は臭いが気にならないので、トラブルにつながりやすいです。

脱走して周りに危害を加える

人に危害を加える可能性のあるペットの脱走は近隣住民に大きなストレスを与えます。飼育方法が不適切という理由から罰金を支払わなければならないケースがあります。

過去にはドーベルマンや全長3.5mのヘビが脱走したことで大きな騒動になりました。

共用スペースでの排泄物の放置

マナーの悪い飼い主になかには、エレベーターや廊下、駐車場などの共用部に排泄物を放置する人がいます。居住者全員に迷惑をかける行為なので、後々大きな問題になりやすいです。

一時的に排泄物をベランダに放置して、悪臭で隣人トラブルになることもあります。

抜け毛が多い

ペットの抜け毛はトラブルの元です。廊下などの共用スペースに毛が落ちていたり、他人のペットの抜け毛がベランダの洗濯物につくことで、不快に思う人が多いです。

抜け毛は動物アレルギーの人にとっては天敵なので、ペットを飼う人は注意が必要です。

多頭飼いでしつけが不十分

ペットの多頭飼いは、トラブルになるケースが非常に多いです。飼育に手が回らずに悪臭や騒音などの問題が起きやすいです。

多くの賃貸物件では、飼育できる頭数が決められています。トラブルを防ぐために、面倒を見れる頭数しか飼育を許されません。

敷金(修繕費)をおさえるため

ペットの残したキズや臭いを消すためには多額の修繕費がかかります。費用には一般的に敷金を充てます。

ペット可物件の敷金は、禁止物件に比べて1~2ヶ月分上乗せされる傾向があります。敷金が高いと借り主には敬遠されてしまうので、空室がなかなか埋まりません。

大家さんは入居率が下がるのを最も嫌がるので、基本的にペットの飼育を禁止しています。

物件の資産価値が下がるため

ペットを飼うとお部屋にキズや臭いが残りやすいので、資産価値が下がるリスクがあります。

退去時に修繕しても、元に戻らないことが多いです。動物アレルギーを持った借り主が入居を避ける、といったデメリットもあります。

物件の寿命が縮んだり、家賃を下げざるを得なくなるので、初めからペットを飼うのは禁止されています。

無断で飼ってバレたらどうなる?

  • ・ペットを手放すよう求められる
  • ・追加のお金がかかる
  • ・違約金を請求される
  • ・最悪の場合裁判に発展することがある

ペットを手放すよう求められる

すぐにペットを飼うことをやめるよう求められます。お部屋に継続して住むのであれば、知人に引き取ってもらったり、里親を見つける必要があります。

基本的には2週間~1ヶ月の期限が設けられます。期限内にペットを手放さなかった場合は退去になってしまいます。

追加のお金がかかる

敷金礼金が上乗せされる可能性があります。退去時の高額な修繕費を補填するためです。

退去を命じられたうえ、高額な修繕費を請求されるケースもあるので注意しましょう。

違約金を請求される

賃貸契約書に違約金について書かれていた場合は支払い義務があります。家賃の1ヶ月分が一般的ですが、物件によっては2~3ヶ月分請求されます。

原状回復の修繕費は別に請求されるので、支払い総額が非常に高いです。

最悪の場合裁判に発展することがある

大家さんや管理会社の求めに応じずに、入居者がペットを飼い続けていた場合は「信頼関係の破壊」から、裁判に発展することがあります。

借り主側が契約違反をしているので、負ける可能性が高いです。裁判に発展する前に対処しましょう。

ペットを飼いたいならペット可(相談可)物件に住むべき

ペット可物件とは

ペット可物件とは、大家さんがペットの飼育を許可している物件のことです。防音性が高い、ほかの住人もペットを飼っていて理解を得られるなどメリットが多いです。

小型犬や猫は基本的に飼えますが、サイズや頭数は物件によってルールが違います。

家賃や敷金礼金が高くなる傾向があるので、予算には余裕を持たせたほうが良いです。

ペット相談可の物件は事前に確認が必要

ペット相談可の物件は、大家さんや管理会社と相談して、許可が出ればペットを飼えます。

ハムスター等の小動物は許可が出る可能性が高いです。壁を傷つける恐れのある猫や、大きな音の出る大型犬は断られるケースが多いです。

また、ペット可物件に比べて防音性が低く、築年数も古い傾向があります。大家さんが、条件の良くないお部屋を空室対策でペット相談可に変更しているパターンがあるからです。

ペット可物件を探す5つのコツ

  1. 「ペット可」以外の条件を緩くする
  2. 探すエリアを広げる
  3. 不動産業界の閑散期に探してみる
  4. 予算を多めに用意する
  5. 飼育できる種類や頭数を事前に確認する

①「ペット可」以外の条件を緩くする

「ペット可」以外の条件はこだわらないほうが探しやすいです。ペット可の物件は全賃貸物件の13%ほどと少ないためです。

空室を埋めたい大家さんがペット可にするケースが多いので、築年数や駅徒歩の時間を緩めると見つかりやすいです。

②探すエリアを広げる

なかなかペット可物件が見つからない人は、エリアを広げて探すと良いです。ペット可物件の数や空室状況は、地域によってばらつきがあるためです。

通勤時間を緩めたり沿線を変えてみることで、ペットと一緒に暮らせる物件が見つかりやすいです。

③不動産業界の閑散期に探してみる

6~8月は引っ越しをする人が少ない閑散期です。不動産屋も手が空いているため、親身になってペット可物件を探してくれやすいです。

ただし、空室対策でペット相談可物件が増える時期でもあります。防音性が低いものが多いので、犬や猫などの鳴き声が大きなペットと暮らしたい人は注意しましょう。

④予算を多めに用意する

ペット可物件の家賃や敷金礼金は、周辺の同じ条件のものと比べて高く設定されています。家賃2~3ヶ月分余分に用意しておくと希望の物件が見つかりやすいです。

とくに敷金は、退去時の修繕費が高額になるので割高です。家賃1ヶ月分が相場ですが、ペット可物件の場合は倍以上に設定されています。

⑤飼育できる種類や頭数を事前に確認する

ペット可物件であっても飼える種類には差があります。「猫は飼えない」「中型犬は飼えない」など細かなルールがあります。

申し込みの前に不動産屋に頼んで、飼える種類を確認してもらいましょう。

多頭飼いしたい場合も確認が必要です。3頭以上だと許可が出ないことが多いです。

自治体によっては、規定の数を超えて多頭飼いする場合には届け出が義務付けられています。

不動産屋に探してもらうと手っ取り早い

ペット可物件は不動産屋に探してもらったほうが効率的です。物件によって条件が設けられているので、自分で探すには非常に手間です。

ネット上の不動産屋「イエプラ」は、LINEやチャットからペット可物件を探せます。ペットの種類を伝えれば、管理会社に飼育可能か直接確認してくれます

また、動物病院やペットショップなどの、周辺環境も考慮してお部屋を探してくれます。

全国の賃貸物件情報の8割が集結している、業者専用のデータベース「ATBB」を使用しています。未公開物件も紹介してくれるので、理想のペット可物件が見つかりやすいです。

イエプラボタンバナー

ペットが暮らしやすい物件の特徴

  • ・近くに動物病院がある
  • ・騒音が少なく静かな場所にある
  • ・1~2階の低層階
  • ・防音性が高い
  • ・日当たりと風通しが良い
  • ・共用スペースがきれい
  • ・築年数が古い

近くに動物病院があると何かあったときに安心です。とくに小動物向けは数が少ないので、事前に確認しましょう。

共用部がきれいなマンションだと、ほかの住人のマナーも良い傾向があります。

築年数が古い物件は、すでにキズや臭いが付いている物件が多いです。そのため大家さんや管理会社もペット飼育に寛容なことが多いです。

▶ペット可物件について詳しい記事はこちら

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

「わざわざ不動産屋に行くのが面倒…」
「スーモやホームズを眺めるのに疲れた」

そんな人はチャット不動産屋「イエプラ」がピッタリです。アプリやLINEでサクッとお部屋を探せます。

  • プロの不動産屋にチャットで相談できる
  • イエプラの3つの魅力
  • 不動産屋リサーチの3部門でNo.1を獲得

不動産屋しか見れない専門サイトからお部屋を探してくれるので、今まで見つけられなかったスーモやホームズに載っていない未公開物件にも出会えるかもしれません。

  • 忙しくて不動産屋に行く暇がない
  • 引っ越し先が遠くて現地に行けない
  • 入居審査に通るか不安
  • おとり物件に引っかかりたくない
\イエプラはこちらから/
▶ 無料でお部屋探しを始める
follow us in feedly
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について