お部屋探しのコツや知識まとめブログ|イエプラコラム
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

手取り32万円の家賃目安は10.6万円!一人暮らしの生活レベルも解説

手取り32万円の家賃目安は10.6万円!のアイキャッチイラスト

手取り32万円の家賃目安はいくら?
生活レベルはどんな感じ?

手取り32万円なら、家賃10.6万円のお部屋が目安です。相場の高い東京都内でも、ハイグレードの1Kや1DKで一人暮らしできます。

しかし、具体的な生活をイメージした際に、手取り32万円で家賃を払っていけるのか気になる人も多いのではないでしょうか。

そこで当記事では、手取り32万円における家賃や生活レベルについて解説します。年収・月収の目安や、生活費の節約術も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

監修 岩井 勇太
ファイナンシャル・プランナー
宅地建物取引士

日本FP協会認定のFP。お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。

手取り32万円の家賃目安は10.6万円

家賃は手取りの3分の1が目安

家賃目安(手取りの3分の1)
手取り30万円 100,000円
手取り31万円 103,000円
手取り32万円 106,000円
手取り33万円 110,000円
手取り34万円 113,000円

手取り32万円なら、3分の1にあたる家賃10.6万円が目安です。家賃を目安以下に抑えれば、ほとんどの人が無理なく生活できます。

家賃を決める際は、管理費・共益費込みの総家賃で考えましょう。家賃と同じく、管理費・共益費も毎月引き落とされるからです。

そもそも手取りとは

手取りとは、実際に受け取れる金額のことです。会社員なら、月収から保険料や税金が差し引かれた後で口座に振り込まれます。

人によって差し引かれる金額は異なりますが、一般的に月収の75~85%が手取りの目安です。月収37.6~42.7万円の人が、手取り32万円になる計算です。

なお、手取り32万円をボーナスなしの年収に換算すると451.2~512.4万円です。ボーナスあり(2ヶ月分)なら年収は526.4~597.8万円です。

実際は手取りの3分1より家賃を抑える人が多い

手取りに対する家賃割合のアンケート結果

調査概要
  • 調査日:2022年8月
  • 媒体:ランサーズ
  • 対象:都内で一人暮らし中の男女100名
  • 内容:毎月の家賃は?
  •    毎月の生活費は?
  •    毎月の貯金額は?
  • ※手取り=生活費+貯金額で算出

2022年8月に、都内で一人暮らし中の男女100名に家賃に関する独自アンケートをおこないました。結果、約40%の人が家賃を手取り3分の1未満に抑えています。

抑えた家賃分のお金は趣味や貯金に回せます。「家賃は手取りの3分の1」は無理なく生活できる目安なので、自分のライフスタイルに応じて家賃を決めて良いです。

住宅手当が出るなら目安より上げても良い

厚生労働省の「令和2年就労条件総合調査」によると、住宅手当の平均は約1.8万円です。会社から平均額をもらえる場合、家賃12.4万円までなら問題ありません。

家賃の上限を上げれば、希望条件に合うお部屋が見つかりやすくなります。実際の住宅手当の支給額に応じて、予算を決めてください。

家賃を除いて毎月14万円の生活費が必要

食費 42,049円
水道光熱費 13,045円
家具・家事用品 5,760円
被服及び履物 4,447円
保健医療 7,367円
交通・通信 21,654円
教養娯楽費 18,794円
その他の支出 30,704円
消費支出合計 143,820円

※統計データのため合計数字に誤差あり

総務省統計局公表の「家計調査2023年(表番号1)」によると、一人暮らしの平均的な1ヶ月の生活費は家賃を除いて約14万円です。生活費は大きく固定費と変動費に分かれます。

固定費とは家賃や水道光熱費、通信費といった毎月必ず発生する費用のことです。他には、任意で入っている保険料やサブスク料金も当てはまります。

変動費には、食費や交際費、洋服代などが含まれます。月によって払う費用が上下しやすいので、赤字にならないように注意する必要があります。

生活費に余裕を持たせるには家賃を下げると良い

毎月の固定費である家賃を抑えておくと生活費に余裕ができます。5千円抑えるだけで、年間6万円の節約になります。

当サイトが運営するネット上の不動産屋「イエプラ」は、来店不要でLINEやチャットでやりとりをします。FPがいるので、ライフスタイルに合ったお部屋の提案が可能です。

「家賃をできる限り抑えたい!」「安くて住み心地の良いお部屋は?」「初期費用も安くしたい」など、なんでも気軽に相談してください。

さらに、仲介手数料は基本無料です。家賃によっては10万円以上も初期費用が安くなるので、ぜひ利用してみてください。

そもそも一人暮らしの平均家賃は?

ワンルーム~1LDKの
平均家賃
全国 50,568円
東京都 67,814円

出典:平成30年住宅・土地統計調査(第144表)

全国的に見れば家賃10.6万円は非常に高い

総務省統計局が公表した「平成30年住宅・土地統計調査(第144表)」よると、全国のワンルーム~1LDKの平均家賃は約5.1万円でした。

手取り32万円の家賃目安である10.6万円は、全国平均の2倍以上高いことがわかります。一人暮らしのお部屋探しなら、理想的なお部屋が見つかりやすいです。

東京都でも家賃10.6万円は高い

先ほどの調査によれば、東京都のワンルーム~1LDKの平均家賃は約6.8万円です。手取り32万円の家賃目安10.6万円は、都内で見ても高い水準です。

家賃10.6万円出せれば、都内のほとんどのエリアで希望条件にこだわって探せます。中央区や新宿区といった相場の非常に高いエリアでも、設備の整った1Kが見つかるレベルです。

【家賃別】手取り32万円の貯金額や生活レベル

生活レベル
▼家賃8万円 1年間で100万円以上は貯金できる
▼家賃10.5万円 節約しなくても充分生活できる
▼家賃13万円 問題なく暮らせるが贅沢は難しい

手取り32万円の具体的な生活レベルを、家賃ごとにまとめました。以下で、実際に一人暮らしする人の体験談や生活費内訳、どんなお部屋が借りられるのか紹介します。

家賃8万円なら毎月9万円は貯金できる

家賃 80,000円
食費 50,000円
水道光熱費 15,000円
交際費・娯楽費 50,000円
通信費・交通費 15,000円
日用消耗品代 20,000円
予備費・貯金 90,000円
合計 320,000円
女性のアイコン広いお部屋に住みたかったので、都内勤務ですが埼玉に住んでます。東京よりも物価と家賃が安いので、今の収入でお金がなくて困ることはないです。余ったお金は一時的に貯金して、ある程度貯まったら旅行に行っています。(女性/30代前半)

手取り32万円で家賃目安より2万円以上安いお部屋に住めば、余裕を持って一人暮らしできます。外食や趣味などで我慢する必要はありません。

自由にお金を使っても毎月5万円は貯金できますし、多少節約すれば1年間で100万円貯めるのも現実的です。貯金を頑張りたい人は、家賃8万円前後がおすすめです。

東京で借りられる家賃8万円のお部屋

都内で家賃8万円の賃貸物件の間取り図
引用:業者専用のデータベース「ATBB」より転載可の物件

東京の家賃8万円の物件に多い特徴
  • ・マンションタイプの物件が多い
  • ・間取りはワンルームか1Kが中心
  • ・専有面積は20㎡前後
  • ・築年数は20年以上
  • ・風呂トイレ別 など

東京都の相場に近い家賃8万円で探すと、平均的な一人暮らし向けのお部屋が出てきます。23区内なら築年数20年ほどのマンションで、専有面積は20㎡前後です。

23区外で探すなら、築浅で30㎡以上のお部屋も見つかります。通勤通学の負担にならない範囲で、エリアを広げてみると良いです。

東京以外で借りられる家賃8万円のお部屋

埼玉県内の家賃8万円の賃貸物件の間取り図
引用:業者専用のデータベース「ATBB」より転載可の物件

東京以外で見かける家賃8万円の物件の特徴
  • ・マンションタイプが中心
  • ・間取りは1K~1LDKが多い
  • ・専有面積は25~30㎡
  • ・アパートなら新築も見つかる
  • ・独立洗面台 など

東京近郊で家賃8万円は希望条件にこだわれます。全国平均より相場が高い埼玉県でも、独立洗面台付きの広いお部屋が見つかります。

家賃8万円以下はアパートタイプの新築物件も豊富です。家賃を抑えつつキレイなお部屋に住むにはちょうど良いです。

家賃10.5万円はゆとりを持って生活できる

家賃 105,000円
食費 50,000円
水道光熱費 12,000円
交際費・娯楽費 60,000円
通信費・交通費 15,000円
日用消耗品代 20,000円
予備費・貯金 58,000円
合計 320,000円
男性のアイコン職場に近いところに住んでいます。前の賃貸から少し家賃が上がりましたが、お財布には余裕があります。普段は気が向いたときに料理を作るくらいで、節約はそこまで意識していません。それでも、毎月5万円以上は残るので、4万円は貯金に回してます。(男性/30代前半)

適切な家賃のお部屋に住めば、生活が圧迫されることはありません。一人暮らしなら趣味や遊びにお金を使いつつ、毎月3~4万円以上は貯金できます。

家賃と食費は、生活費の大半を占めます。この2つで手取りの50%以内に抑えられれば、支出を調整しやすいです。

東京で借りられる家賃10.5万円のお部屋

都内で家賃10.5万円の賃貸物件の間取り図
引用:業者専用のデータベース「ATBB」より転載可の物件

東京の家賃10.5万円の物件に多い特徴
  • ・マンションタイプ
  • ・間取りは1K~1DK
  • ・専有面積は25~30㎡
  • ・独立洗面台
  • ・オートロック
  • ・宅配ボックス など

都内で家賃10.5万円の場合、設備の整った1Kや1DKに住めます。専有面積は25㎡以上あるお部屋がほとんどなので、ベッドとソファを置けるほどスペースに余裕があります。

23区内で家賃相場の低い葛飾区や江戸川区なら、1LDK以上のお部屋も見つかります。

東京以外で借りられる家賃10.5万円のお部屋

埼玉県内の家賃10.5万円の賃貸物件の間取り図
引用:業者専用のデータベース「ATBB」より転載可の物件

東京以外で見かける家賃10.5万円の物件の特徴
  • ・アパートとマンション両方ある
  • ・間取りは1LDK~2DKが多い
  • ・専有面積の平均は35~45㎡
  • ・収納スペースが広い
  • ・新築の物件が見つかる
  • ・2口コンロ など

東京以外で家賃10.5万円を払えるなら、一人暮らしとしては広いお部屋が見つかります。間取りは1LDKが中心で、寝食の空間を分けて暮らせます。

収納スペースが充実しているのも特徴です。サービスルームやウォークインクローゼットが付いている傾向があるので、荷物の多い人でも快適です。

おすすめ記事
サービスルームとは?納戸とどう違う?のアイキャッチ
サービスルームとは?納戸とどう違う?
記事を読む ▶
ウォークインクローゼットがどんなものなのか解説のアイキャッチ
ウォークインクローゼットがどんなものなのか解説
記事を読む ▶

家賃13万円は贅沢しなければ暮らせる

家賃 130,000円
食費 50,000円
水道光熱費 13,000円
交際費・娯楽費 60,000円
通信費・交通費 20,000円
日用消耗品代 15,000円
予備費・貯金 32,000円
合計 320,000円
女性のアイコン自宅ではストレスを溜めたくなかったので、立地や設備にこだわりました。家賃は審査通過ラインぎりぎりまで上げましたが、赤字になることはありません。ただし、貯金は毎月2~3万円しかできていません。(女性/30代前半)

手取り32万円あれば、家賃を目安より上げても問題なく生活できます。家賃13万円なら手元に19万円残るので、毎月2~3万円は貯金する余裕があります。

ただし、毎日外食したりブランド品を購入するほどの余裕はありません。家賃は1度決めると簡単に変更できません。毎月の出費をよく検討したうえで慎重に決めましょう。

東京で借りられる家賃13万円のお部屋

都内で家賃13万円の賃貸物件の間取り図
引用:業者専用のデータベース「ATBB」より転載可の物件

東京の家賃13万円の物件に多い特徴
  • ・マンションタイプ
  • ・間取りは1DK~1LDK
  • ・駅徒歩が5分以内
  • ・専有面積は25~35㎡
  • ・築年数は10年以内
  • ・独立洗面台 など

東京で家賃13万円以下のお部屋を探すと、1DKや1LDKといった広めの間取りがヒットします。好立地な物件が多く、ターミナル駅まで徒歩5分以内という条件でも探せます。

栄えている街に住みたい、勤務地の近くに住みたいなどの理由があるなら、家賃13万円出しても後悔しにくいです。

東京以外で借りられる家賃13万円のお部屋

埼玉県内で家賃13万円の賃貸物件の間取り図
引用:業者専用のデータベース「ATBB」より転載可の物件

東京以外で見かける家賃13万円の物件の特徴
  • ・マンションタイプ
  • ・間取りは1LDK~2LDK
  • ・専有面積の平均は35~50㎡
  • ・築5年以内
  • ・ウォークインクロゼット など

埼玉県内で家賃13万円の予算があれば、条件にこだわりぬいて探せます。相場の高い浦和駅の周辺でも、築浅の1LDKマンションに住めるレベルです。

エリアによっては2LDK以上の広い物件も豊富です。恋人と同棲する予定がある人や、趣味部屋がほしい人は、理想の物件が見つかる可能性が高いです。

仲介手数料基本0円のネット不動産屋
「イエプラ」は
仲介手数料基本0円
イエプラの特徴
  • 仲介手数料が基本0円
  • 上場企業運営で安心
  • 来店不要でお部屋を探せる

家賃や生活費を抑えるお部屋探しのコツ

  • ・家賃相場が低いエリアを選ぶ
  • ・各駅停車の駅を狙う
  • ・築年数は指定しない
  • ・駅徒歩は15分以内まで広げる
  • ・間取りはワンルームか1Kを選ぶ
  • ・室内設備は最低限のものに絞る
  • ・都市ガスのお部屋を選ぶ
  • ・未公開物件を紹介してもらう

家賃相場が低いエリアを選ぶ

ワンルーム 1K
葛飾区 60,000円 70,000円
江戸川区 64,000円 71,000円
足立区 66,000円 72,000円
練馬区 68,000円 77,000円
板橋区 71,000円 81,000円

参照:ホームズ 家賃相場(2024年3月時点)

家賃相場が低いエリアでお部屋探しすれば、安い物件を見つけやすいです。東京23区内で探すなら「葛飾区」「江戸川区」がおすすめです。

共通する特徴として、都心や副都心からは遠いです。通勤・通学時間が1時間を超えるとストレスになりやすいので、家賃とのバランスを取りながら判断しましょう。

おすすめ記事
東京23区で家賃相場の安い地域ランキングのアイキャッチ
東京23区で家賃相場の安い地域ランキング
記事を読む ▶

東京23区外のエリアで探してみるのもアリ

東京23区内にこだわりがないという人は、23区外のエリアはもちろん、埼玉県や千葉県でも探してみると良いです。

23区内よりも家賃相場が非常に低いエリアが多いです。例えば埼玉県の所沢駅周辺の家賃相場は、ワンルームで約5.5万円、1Kで5.7万円です。

エリアによっては、23区内に住むよりも勤務先への通勤時間が短い場合があります。

各駅停車の駅を狙う

各駅停車の駅周辺をおすすめしている女の子のイラスト

各駅停車の駅は、急行や快速が停まる駅に比べて家賃相場が低い傾向があります。

大きな駅と比べて交通網や買い物環境は劣ります。しかし、通勤時間や都心へのアクセスはそれほど変わりません。

おすすめは大きな駅の隣駅です。都内なら隣駅も徒歩圏内なので、買い物などの利便性が高いうえ家賃も抑えられます。

築年数は指定しない

築年数は指定しないほうが良いです。リフォームで内装がきれいなお部屋を見逃す可能性があるからです。築年数自体は変わらないので、家賃が安く狙い目です。

耐震性を気にする人は、1981年6月以降に建てられた物件で探してください。法改正を受けて、最大震度7の地震でも倒壊しない設計になっています。

おすすめ記事
築年数の狙い目は何年?古い物件でも良い部屋を見つける方法のアイキャッチ
築年数の狙い目は何年?古い物件でも良い部屋を見つける方法
記事を読む ▶

駅徒歩は15分以内まで広げる

駅徒歩15分ほどのエリアは安いお部屋が多いです。場所にもよりますが、徒歩5分未満と徒歩15分以上では家賃相場が1万円近く違います。

家賃をできるだけ抑えたい人や、お部屋のグレードを下げたくない人は、駅徒歩15分まで広げてみましょう。

おすすめ記事
駅徒歩15分の距離はどれくらい?体験談も公開のアイキャッチ
駅徒歩15分の距離はどれくらい?体験談も公開
記事を読む ▶

間取りはワンルームか1Kを選ぶ

ワンルーム 1K
ワンルームの間取り図 1Kの間取り図

ワンルームと1Kは一人暮らし向けの間取りで、家賃が安めの物件が多いです。賃貸物件は広い間取りほど家賃が高くなるからです。

ワンルームと1Kの違いは、キッチンと居室の間にドアなどの仕切りがあるかどうかだけです。お部屋全体の広さや設備はほとんど同じです。

おすすめ記事
一人暮らしにおすすめの間取りを徹底解説のアイキャッチ
一人暮らしにおすすめの間取りを徹底解説
記事を読む ▶

室内設備は最低限のものに絞る

最低限抑えておく設備例
  • ・室内洗濯機置き場
  • ・モニター付きインターホン
  • ・エアコン
  • ・バルコニー など

室内設備は、必要最低限のものに絞るのがおすすめです。条件が増えるほど、お部屋の家賃相場が高いからです。自分にとって絶対に譲れないものだけ選びましょう。

一人暮らしで友人や恋人を呼ばないなら、3点ユニットバスのお部屋にするのも手です。風呂トイレ別のお部屋に比べて、家賃相場が5千円以上低いです。

都市ガスのお部屋を選ぶ

都市ガス プロパンガス
1㎥あたりの料金 145円 619円
月間5㎥使用した場合 1,595円 3,095円
基本料金 759円 1,820円
月額合計 2,354円 4,915円
▶ガス料金の算出方法
  • ・プロパンガス:日本エネルギー経済研究所 LPガスの平均価格(2023年8月時点)
  • ・都市ガス:東京ガスの料金表(熱量の差をふまえて使用量をプロパンの約2.2倍で計算)

プロパンガスではなく、都市ガスのお部屋を選ぶとガス代を安く抑えられます。公共料金の都市ガスは金額が一定なうえ、急な値上がりもありません。

一人暮らしの1ヶ月の料金は、都市ガスのほうが2~3千円も安いです。冬はガス代が高くなりがちなので、都市ガスのお部屋にして節約するのがおすすめです。

おすすめ記事
都市ガスとプロパンガスの料金の違いや特徴を解説のアイキャッチ
都市ガスとプロパンガスの料金の違いや特徴を解説
記事を読む ▶

未公開物件を紹介してもらう

SUUMOなどの賃貸サイト上に載ってない未公開物件を不動産屋に紹介してもらうのも手です。好条件で安い掘り出し物が見つかる可能性があります。

未公開物件は、不動産屋専用の有料データベース「ATBB」や「レインズ」に載っています。不動産屋の店舗まで行けば、基本的に紹介してくれます。

おすすめ記事
スーモに載ってない物件の探し方を公開のアイキャッチ
スーモに載ってない物件の探し方を公開
記事を読む ▶

手取り32万円の一人暮らしにおすすめの節約術

  • ・コスパの良い食材で自炊をする
  • ・電気代の安い会社を選ぶ
  • ・エアコンの温度を一定に保つ
  • ・シャワーを流しっぱなしにしない
  • ・格安SIMのスマホに変更する
  • ・タップ式のコンセントにして待機電力を抑える
  • ・キャッシュレス決済でポイ活する

コスパの良い食材で自炊をする

使い勝手の良い食材の例
  • もやし:1袋30~40円
  • 豆腐:1パック50~60円
  • パスタ麺:100g40~50円
  • 納豆:3パックセット80~120円
  • 鶏胸肉:100g80~100円
  • ひき肉:100g100~120円
  • キャベツ:1玉150円~200円
  • じゃがいも:1個40~50円
  • 人参:1本70~100円
  • たまご:1パック250~300円

一人暮らしで効果的に節約するなら、自炊の回数を増やすべきです。コスパの良い食材で自炊メインの生活を送れば、1ヶ月の食費を3万円以下に抑えられます。

スーパーの見切り品やお徳用パックをまとめ買いして、冷凍保存しておけばさらにお得です。

おすすめ記事
一人暮らしの食費節約術17選を大公開のアイキャッチ
一人暮らしの食費節約術17選を大公開
記事を読む ▶

電気代の安い会社を選ぶ

2016年4月1日から始まった電力自由化により、消費者が自由に電気代の安い会社が選べるようになりました。

電力会社によって、料金プランや割引キャンペーンがことなります。自分のライフスタイルに合った新電力に乗り換えるべきです。

電力会社比較ナビでは、電話で相談するだけで自分の生活に合った一番お得な会社を紹介してくれます。

以下のサイトから申し込むと最大1万円のキャッシュバック特典を受け取れます。開通工事も必要ないので、簡単に切り替えられます。

電力会社比較ナビのバナー

エアコンの温度を一定に保つ

エアコンの温度設定のイラスト

エアコンの温度設定を夏は26度、冬は20度で固定するだけで、年間で約1.5万円も電気代を節約できます。

エアコンは設定温度を1度変えると、13%も電力の消費量が変わります。どうしても温度を変えたい場合は、できるだけ長時間、同じ温度に設定すると良いです。

シャワーを流しっぱなしにしない

シャワーは適宜止めて流しっぱなしにしないようにしましょう。

経済産業省 自然エネルギー庁」によると、45℃のお湯を流す時間を1分短縮するだけで年間約2千円もガス代が節約できるとあります。

節水シャワーヘッドを併用すればガス代だけでなく、水道代の節約にもつながります。シャワーヘッドは簡単に交換できるのでぜひ試してみてください。

格安SIMのスマホに変更する

格安SIMに乗り換え

大手の携帯会社だと利用料金は6千円以上かかりますが、格安SIMであれば3千円前後まで固定費を下げられます。

キャリアにこだわりがある人は、契約中のプランを見直しましょう。電話代や通信料を安いものにするだけで1~2千円は節約できます。

タップ式のコンセントにして待機電力を抑える

タップ式のコンセントのイラスト

タップ式の延長コンセントにして、使用していない家電製品の電源をオフにしてください。毎月150~300円ほど、電気代を節約できます。

とくに消費電力が多い、テレビ・パソコン・ドライヤーなどは、寝ている時間だけでもオフにすべきです。

キャッシュレス決済でポイ活する

現金ではなく、QRコード決済(バーコード決済)やクレジットカードで支払ってポイントを貯めましょう。貯めたポイントは値引きや景品交換に使えてお得です。

普段使っている店のポイントカードやクーポンがあれば、忘れずに使うようにするとさらに節約になります。

ただし、ポイントを貯めるために無駄遣いしていては本末転倒です。必要なものだけ買うようにしましょう。

一人暮らしするまでに必要な費用目安

賃貸の初期費用 480,000~530,000円
単身引っ越し費用 30,000~50,000円
家具家電の購入費 100,000~150,000円
トータル費用 610,000~730,000円

賃貸契約の初期費用で48~53万円

目安金額
敷金 家賃1ヶ月分
礼金 家賃1ヶ月分
仲介手数料 家賃1ヶ月分+税
前家賃 家賃1ヶ月分
日割り家賃 入居日によって変動
保証会社利用料 総賃料の50~100%
火災保険料 約15,000円
鍵交換費用 約16,500円
初期費用の項目ごとの解説はこちら
敷金 退去時にお部屋を入居前の状態に戻すための費用です。退去費用で使わなかった分は返金されます。
礼金 入居する物件の大家さんに渡すお礼金です。礼金がないお部屋もあります。
仲介手数料 不動産屋や仲介会社に、大家さんとの橋渡しの手間賃や謝礼として支払うお金です。「家賃1ヶ月分+消費税」が上限です。
前家賃 家賃発生月の翌月の家賃のことです。1日など月初に入居する場合は、従来通りの家賃引き落としのため前家賃はありません。
日割り家賃 月の途中にお部屋を借りた場合の、残り日数分の家賃です。入居日を月末にすればするほど日割り家賃を安くできます。
保証会社利用料 連帯保証人の代わりになる会社を利用する費用です。連帯保証人のみで契約できるお部屋の場合、不要です。
火災保険料 火事や落雷で燃えた建物や家具を補償してくれる保険の費用です。保険は大家さんや不動産屋が指定しているので選べません。
鍵交換費用 前の入居者が使用していた鍵から、自分が使用する鍵に交換する費用です。新築の場合は不要です。

一人暮らしする際の家賃が10.6万円の場合は、賃貸の初期費用で48~53万円かかります。

家賃だけでなく、敷金礼金・仲介手数料・保証会社利用料などの費用が必要だからです。不動産屋や物件によってはオプション費用も発生します。

おすすめ記事
賃貸の初期費用を抑える7つの裏ワザを徹底解説のアイキャッチ
賃貸の初期費用を抑える7つの裏ワザを徹底解説
記事を読む ▶

賃貸契約の初期費用を抑える方法

賃貸契約の初期費用を効率的に抑えるなら、仲介手数料の安い不動産屋を利用するのがおすすめです。面倒な交渉なしで、手っ取り早くお金を浮かせられます。

当サイト運営の不動産屋「イエプラ」は、仲介手数料が基本無料です。物件によってはキャッシュバックもおこなっています。

やりとりはLINEやチャットでおこなうので来店不要です。忙しくて不動産屋に行けない人でもぜひ利用してみてください。

引っ越し業者費用で3~5万円

引っ越す距離 荷物が少ない人 荷物が多い人
~15km未満 平均30,887円 平均39,697円
~50km未満 平均35,920円 平均43,484円
~200km未満 平均45,627円 平均53,923円
~500km未満 平均51,357円 平均68,626円
500km~ 平均56,030円 平均76,734円

出典:価格.com

初めての一人暮らしなら、引っ越し業者費用は3~5万円で収まります。家具家電や雑貨などは新規購入する人が多いからです。

引っ越し業者を選ぶ際は、相見積もりを出してもらってから決めましょう。業者によって、人件費やオプションなどで合計費用が異なるからです。

おすすめ記事
引っ越し費用の相場を一人暮らし・同棲・家族ごとに解説のアイキャッチ
引っ越し費用の相場を一人暮らし・同棲・家族ごとに解説
記事を読む ▶

家具家電の購入費は最低10万円

ベッド・布団などの寝具 約30,000円
冷蔵庫 約25,000円
電子レンジ 約10,000円
洗濯機 約25,000円
掃除機 約5,000円
カーテン 約5,000円
合計 約100,000円

初めて一人暮らしする人が家具家電を買い揃えるなら、約10万円は必要です。引っ越し直後は最低限必要なものに絞り、お金に余裕が出てから買い足したほうが良いです。

「カーテン」「冷蔵庫」「洗濯機」「電子レンジ」「ベッド」さえあれば、一人暮らしは開始できます。

おすすめ記事
一人暮らしの初期費用は50万円で足りる?のアイキャッチ
一人暮らしの初期費用は50万円で足りる?
記事を読む ▶

手取り32万円の家賃や生活に関するQ&A

手取り32万円の生活レベルは高い?

高いです。家賃目安の10.6万円を払っても手元に21万円以上残ります。

一人暮らしの毎月の生活費は約14万円なので、手取り32万円の人は平均より7万円も使えるお金が多いです。

手取り32万円で女性が一人暮らしするならどんな物件を選ぶべき?

家賃目安を超えない範囲で、防犯設備が整った物件を選ぶと良いです。

家賃10.6万円払えるなら、都内でもオートロックや防犯カメラ付きといったセキュリティの高い物件を探せます。

おすすめ記事
女性の一人暮らしにおすすめの条件を徹底解説のアイキャッチ
女性の一人暮らしにおすすめの条件を徹底解説
記事を読む ▶

手取り32万円でいくら貯金できる?

一人暮らしなら5万円は貯金できます。家賃が安く生活費の支出が少ないなら、10万円以上の貯金も可能です。

3人家族で手取り32万円は生活できる?

生活できますが、貯金は難しいです。統計局が公表した「2022年度 家計調査 世帯人数別(表番号3-1)」によると、3人家族の家賃を除く生活費平均は毎月28.4万円です。

家賃目安の10.7万円を加算すると赤字です。生活費をできるだけ抑える必要があるので、貯金する余裕はありません。

おすすめ記事
3人家族の生活費平均や節約方法をFPがくわしく解説のアイキャッチ
3人家族の生活費平均や節約方法をFPがくわしく解説
記事を読む ▶

4人家族で手取り32万円は生活できる?

4人家族だと難しいです。3人家族でもギリギリな生活費です。1人増えればさらに支出が増えるので、賃貸では生活できないと考えたほうが良いです。

おすすめ記事
4人家族の生活費平均や生活シミュレーションを公開のアイキャッチ
4人家族の生活費平均や生活シミュレーションを公開
記事を読む ▶

ボーナスありでも家賃目安のお部屋を選ぶべき?

選ぶべきです。家賃を考える際は、ボーナスを含めないで考えたほうが良いです。

ボーナスは会社の業績に左右されやすく、必ず支給されるとは限らないからです。毎月の手取りだけで支払える範囲で決めましょう。

▲よくある質問に戻る

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

当サイト運営の「イエプラ」なら、わざわざお店に行かなくてもLINEで希望を伝えてお部屋を探せます!

さらに、イエプラは仲介手数料が基本0円です。およそ家賃1ヶ月分の初期費用をまるっと節約できます。

家賃によっては10万円以上も安くなるので、浮いたお金で新生活の家具家電を揃えられます。費用を抑えて引っ越したい人は、ぜひ利用してみてください。

仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトはこちら
follow us in feedly
仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトへ
仲手無料バナー
仲介手数料基本0円 イエプラの公式サイトへ
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について