お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

駅徒歩15分の距離はどれくらい?遠いお部屋に住むメリット・デメリットは?

駅徒歩15分の距離のイメージイラスト

駅徒歩15分の距離はどれくらい?自転車だとすぐ着く?といった疑問を解決します。

駅から離れた物件に住むメリット・デメリットや実際に住んでいる人の体験談を解説します。

駅徒歩15分の距離は約1.2㎞

駅徒歩15分の距離は約1.2㎞です。1kmを超えたあたりから、遠いと感じる人が多くなります。

普段から歩きなれていない人だと、毎日の通勤通学が苦に感じます。革靴やヒールだと、靴連れを起こすなどの弊害も生じます。

駅徒歩の距離は「不動産の表示に関する公正競争規約」により1分=80mと定められています。

計測基準は、駅の一番近い出口からの最短距離です。駅構内の移動時間や信号、坂道などは考慮されていません。

また、男性の平均的歩行スピードで計算されているため、女性はプラス3分ほどかかります。

自転車だと約6分

駅徒歩15分(約1.2㎞)の距離が遠いと感じる人は、自転車を使うことで約6分まで時間短縮できます。

自転車は「200m=1分」が平均的と言われています。ただ、ママチャリのような普通の自転車の場合なので、ロードバイクなどのスピードのでる自転車だと、4~5分ほどに短縮できます。

▶自転車通勤の最適な距離についてはこちら

マル秘イエプラバナー

駅徒歩15分はあくまで目安

駅徒歩の時間は、あくまで男性の平均的スピードで計算されています。

そのため、実際に駅から歩いてみると、5分ほど遠いと感じる人がほとんどです。

主な理由は以下の4つです。

  • ・駅の一番近い出口から計算されている
  • ・信号や坂道にかかる時間は含まれていない
  • ・人通りの多さによってかかる時間が変わる
  • ・天候や履物も考慮されていない

駅の一番近い出口から計測されている

物件に一番近い出口から物件までの距離しか計算されいていないため、駅構内の移動時間がプラス3~5分ほどかかります。

駅構内の広い、新宿や池袋はプラス5~7分、地下鉄の小さい駅だとプラス3分ほど見積もると良いです。

信号や坂道にかかる時間は含まれてない

坂道と信号機のイラスト

信号の数や坂道が含まれていない平坦な道を想定して計算されています。

交通量が多い道路があると、信号待ちでプラス3分ほど、急坂があると上りだけでプラス2分ほどかかってしまいます。

例えば、駅から徒歩15分の物件に行くまで信号が2つ、坂道が1つあるとすると、駅から物件までは徒歩で約20分ほどかかります。

人の多さによってかかる時間が変わる

通勤ラッシュ時や、商店街の人混みの多さは考慮されていません。

また、狭い道や人通りの少ない道は、人が多くて思うように動けないです。

天候や履物も考慮されていない

風邪の強い日や、雨や雪など足元が滑りやすくて歩きにくいなどの、事情も考慮されていないです。

また、ヒールの高いパンプスや普段履き慣れていない革靴など、履物によって時間が左右されます。

普段よりの歩行スピードが遅くなるので、プラス3~5分は見積もっておくと良いです。

駅徒歩15分のメリット

駅徒歩15分以上の物件に住むメリットは、以下の4つです。

  • ・駅徒歩15分は家賃設定が低め
  • ・人通りが少なく静かに生活できる
  • ・帰宅ついでに買い物できる
  • ・通勤や通学が軽い運動になる

駅徒歩15分は家賃設定が低め

駅近くの物件は人気があるので家賃が高く、駅から離れると家賃が安くなる傾向にあります。

場所にもよりますが、徒歩5分未満と徒歩15分以上では1万円近くも家賃に差が出ます。

以下は、不動産屋専用サイト「ATBB」で都内23区にある、ワンルームと1Kに築年数が安くなる傾向にあります。

ワンルーム 1K
徒歩5分未満 約4.9万円 約5.1万円
徒歩5~10分 約3.9万円 約4.5万円
徒歩11~15分 約3.5万円 約4.4万円
徒歩15~20分 約3.2万円 約4.2万円
徒歩20分以上 約3.2万円 約4万円

駅から15分離れると、駅近くと同じ家賃帯で、より広くて設備の綺麗なお部屋が見つかりやすいです。

家賃を抑えって広いお部屋に住みたい人は、駅徒歩15分ほどの距離で探すと良いです、

人通りが少なく静かに生活できる

駅周辺は買い物スポットや飲食店は駅周辺に集まっているため少し騒がしいです

駅から15分離れると、ほとんどのエリアが閑静な住宅街になっています。

家では静かに過ごしたい人は、駅から離れたほうが良いです。

帰宅ついでに買い物しやすい

駅から離れた物件なら、仕事などの帰り道のついでにスーパーや薬局に寄って帰れます。

わざわざ遠回りしたり、家についてからや休日に買いに行く手間が省けます。

通勤通学が軽い運動になる

通勤や通学で、毎日往復30分歩くだけでも軽い運動になります。

社会人になると運動する時間減っていくので、日々の運動に心掛けたい人や、健康的にダイエットしたい人におすすめです。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
来店不要でネット上にない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶
賃貸サイトランキング30社徹底比較!のアイコン
おすすめの物件検索サイト30社を徹底比較!
記事を読む ▶

駅徒歩15分以上の物件のデメリット

駅徒歩15分以上での物件のデメリットは、主に以下の3つです。

  • ・天候が悪いと歩きにくい
  • ・荷物が多いと大変
  • ・人通りが少なくて夜道が不安

天気が悪いと歩きにくい

台風や雨、雪などの天候の中、駅までの約1.2㎞が普段より大変に感じます。

春や秋は歩くのに問題ないですが、夏の暑さや冬に寒さが厳しいので体力消耗しやすいです。

荷物が多いと疲れる

最初は平気に感じますが、普段からパソコンや重たい荷物を持ち歩く人はだんだん腕や腰がつらくなります。

帰りに買い物をする際も気を付けましょう。買い物のし過ぎで彼りの荷物が多くなります。

人通りが少なく夜道が不安

駅徒歩15分だと、静かな住宅街に入ります。道によっては人通りや街灯が少ないです。

とくに女性は、駅から家までの道のりが長いとストーカーや公然わいせつなど、犯罪に巻き込まれるリスクが高くなります。

駅徒歩15に住んでいる人の体験談

実際に駅徒歩15分の距離に住んでいる人の体験談をまとめました。満足している人と後悔している人、それぞれに分けて体験談を紹介していきます。

駅徒歩15分で満足している人の声

駅徒歩15分で満足している人は、距離が気にならなかったり他のことでメリットを感じている人が多いようです。

駅前より家賃が安い
男性のアイコン最初は駅近で探してたけど、どれも高くて納得のいくお部屋じゃなかったので不動産屋に相談しました。そうしたら駅から少し離れているけど家賃が安いので、契約しました。実際毎日歩くけどそんなに苦にはなってないです。(20代前半)
自転車使ってるから気にしてない
男性のアイコン毎日自転車で駅に行ってるので気にしたことが無かったです。雨が酷いときは歩くけど遠いとかも思ったことないです。(20代後半)
軽い運動代わりになります
女性のアイコン駅徒歩15分の物件に住んだら、嫌でも往復30分は歩くことになるので軽い運動になります。最初は大変だったけどだんだん慣れてきました。(20代後半)
買い物してるからあまり気にならない
女性のアイコンいつも仕事終わりにスーパーに寄って帰っているので距離は気にしたことはないです。買い物しすぎると腕が結構きついくらいです。(20代前半)

駅徒歩15分で後悔している人の声

駅徒歩15分で後悔している人は、歩くのがつらい、体力的にきついなどの理由が多いです。

実際は20分近くかかる
困り顔の女性のアイコン実際に歩いてみると20分くらいかかります。そこまで歩くの遅くはないのですが、坂が多いし遊びに行くときもハイヒールは足が痛くなるので履けないです。(20代前半)
汗で化粧が落ちる
困り顔の女性のアイコン歩くのは苦じゃないし家賃も安かったので契約しました。実際に歩いてみると汗で化粧が台無しになってしまいます。暑さにはかなわないみたいなので次は駅近に住みたいです。(20代後半)
夜遅くなると不安
困り顔の女性のアイコン残業や飲み会で夜遅くなると、街灯が少なくて暗いし、人もいないので不安に感じます。治安は良いって聞いたので住んでいますが駅から近いほうが良かったのかなって後悔しています。(20代後半)
休日はほぼ引きこもりになった
困り顔の男性のアイコン仕事以外は出かけなくなりました。駅まで15分は遠すぎましたね。駅に行くのがめんどくさく練ったので仕事以外は引きこもりみたいな生活をしています。(20代前半)

普段歩きなれている人以外は、駅徒歩15分の距離はおすすめしません。

少しでも家賃の安さを重視するなら、駅徒歩以外の条件を緩和したほうが良いです。

物件選びのポイント

駅徒歩15分での物件選びのポイントを紹介します。これから物件探しをする人は参考にしてください。

  • ・実際に駅~物件までの道を歩いてみる
  • ・周辺環境の確認
  • ・街灯や人通りの確認

内見時は、駅から物件までどれくらいかかるか実際に歩くと良いです。信号や坂道など、通勤時に歩きやすいか、実際はどれくらいかかるかを確認しましょう。

また、周辺にスーパーや薬局はあるか、街灯が多いかの確認もしましょう。確認することで、買い物の行きやすさや夜道は明るいかが分かります。

併せて周辺に音が出る施設がないかも確認しましょう。住んだ後に騒音で後悔する可能性があります。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について