お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

お部屋探しはいつから始めるべき?何ヶ月前なら良い物件が見つかる?

部屋探しをいつから始めればいいかのイメージイラスト

引っ越し予定だけど何か月前からお部屋探しすればいいかわからない!いつから物件探しを始めればスムーズに契約できる?といった疑問を解決します。

お部屋探しの具体的な流れ、事前にまとめておくべき情報屋、来店時の注意点などを紹介しています。

初めてのお部屋探しの人向けに、不動産屋「家AGENT」池袋店の阿部さん監修のもと、わかりやすく解説しています!

阿部さん

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

お部屋探しは1ヶ月半~2ヶ月前から動き始めると良い

引っ越しにともなうお部屋探しは1ヶ月半~2ヶ月前から動き始めると良いです。

1ヶ月半~2ヶ月あれば、お部屋を吟味しても入居審査~契約に多めの日数を確保できますし、余裕を持って引っ越し作業をおこなえます。

例えば、4月の新生活に合わせて引っ越したいという場合、2月の前半~遅くても2月の後半までには動き始めるようにしましょう。

実際に不動産屋に行くのは1~2ヶ月前から

実際に不動産屋に行ってスタッフと相談するのは、1~2ヶ月前からです。

2ヶ月よりも早すぎると、気に入ったお部屋が見つかってもキープ(予約)はできません。キープ期間は家賃を払ってもらえず、大家さんの収入がなくなるからです。

キープは大家さんにメリットが一切ないので、すぐにお部屋借りて家賃を払ってくれる人が優先されます。

一方で遅すぎると「微妙な物件しか見つからない」「審査に時間がかかって間に合わない」などデメリットが多いです。

急いで探す場合でも2週間は最低かかる

なんらかの事情で急いでお部屋を探す人でも、最低2週間はかかると考えたほうが良いです。

入居審査や室内クリーニングなど、住み始めるための手続きと準備が必要になるからです。

「即入居可」の記載があるお部屋でも、契約した当日や翌日に住み始められるわけではないので注意してください。

阿部さんのアイコン 阿部
そもそも不動産屋が言う「即入居可」とは、契約が完了すればすぐに住めるお部屋のことを指します。

特に不動産屋の繁忙期である1~3月は、他の物件の審査も重なるので2週間ほどかかります。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める

お部屋探しの具体的な流れ

お部屋探しの具体的な流れを解説します。希望の入居日に間に合わせたい人は是非参考にしてください。

入居日の2ヶ月前までは情報収集

入居日の2ヶ月前までは、ネットや雑誌などで住みたいエリアやどんな物件があるのかなどの情報収集をしましょう。

予算や希望条件がある程度決まっていれば、不動産屋に行ってからスムーズにお部屋を紹介してもらえます。

阿部さんのアイコン 阿部
具体的な引っ越し予定日も決めておくと良いです。逆算してスケジュールが組みやすいですし、不動産屋も間に合わせてお部屋探しできるよう動いてくれます。

事前にまとめておくべき情報は後ほど詳しく解説します。

入居日の1~2ヶ月前に不動産屋でお部屋探し

入居日の1~2ヶ月前になったら、実際に不動産屋に行ってスタッフと相談しながらお部屋を探します。

気になるお部屋が見つかれば内見まで進んでください。すぐに内見出来ないお部屋もあるので、1週間ほど余裕を見ておくと良いです。

入居日の2週間前に入居申込をする

お部屋が決まったら、入居日の2週間前までに入居申込します。

阿部さんのアイコン 阿部
申し込むと、収入や職業などを元に「この人を入居させて問題ないかどうか」を判断する審査がおこなわれます。早いところだと、1~3日ほどで結果が来ます。

入居審査に通ったら、契約書を交わし初期費用を支払います。その後、鍵を受け取れれば入居できます。

入居日の2~3週間前までに引っ越し業者を手配する

お部屋が決まったら、引っ越し業者を手配してください。手配するときは、引っ越し先と現在の住所と荷物の量を伝えて複数の業者に見積もりを取りましょう。

引っ越し料金には定価がないので業者によって金額がバラバラです。見積もりを取って安いところを選ぶと損しません。

入居日の1週間前までに荷造りしておく

入居日の1週間前までに荷造りしておきましょう。引っ越し後すぐに使わないシーズンオフの洋服や、アルバムなど思い出の品から段ボールに詰めるのがコツです。

新居ですぐに使いたいものはまとめて段ボールに入れて、印を付けておくと引っ越し後にスムーズに生活が始められます。

また、粗大ゴミの処分を検討している人は余裕を持って準備してください。

処分方法は自治体によって違うためギリギリだと間に合わなくなり、引っ越し先に持っていくハメになることもあるからです。

不動産屋は複数社まわると良い

不動産屋はできる限り複数社まわって検討すると良いです。不動産屋によってはそこでしか紹介してもらえない「自社物件」を持っているかもしれません。

また、同じ条件を提示しても担当者によって紹介してくれるお部屋が違います。良いお部屋を見逃さないためにも、2~3件を目安にまわってみましょう。

ネット上の不動産屋なら手間なく探せる

「複数の不動産屋をまわるのが面倒くさい」という人は、ネット上の不動産屋「イエプラ」がおすすめです。

来店不要でチャットやLINEでやり取りするので、通勤途中や仕事の休憩などのスキマ時間を活用してお部屋が探せます。

不動産業者だけが有料で見ることができる物件情報サイトから紹介してくれるので、実際に不動産屋を行ったときと同じように提案してもらえます。

深夜0時まで相談可能なので、忙しくて不動産屋に行く暇がないという人も是非利用してみてください。

イエプラボタンバナー

不動産屋に行く前にまとめておくべき情報

不動産屋に行く前に、自分の住みたいお部屋のイメージや予算を決めておくとスムーズにお部屋を探せます。まとめておくべき情報は以下の通りです。

まとめるべき情報例
  • ・入居希望日
  • ・初期費用と家賃の予算
  • ・住みたいエリア
  • ・物件の希望条件
  • ・学校や勤務地の最寄り駅
  • ・ネットで見かけた気になる物件情報
阿部さんのアイコン 阿部
入居希望日は「4/8の入社日までには落ち着きたい」「3月下旬予定」などざっくりとしたもので良いです。間に合うよう、不動産屋側で上手く調整します。

住みたいエリアに関しても「〇駅に通勤しやすいところ」「家賃相場重視したいけど通勤時間40分以内」などの目安があれば良いです。

不動産屋に行ったときにスタッフが要望をヒアリングして最適なお部屋を提案してくれるからです。

家賃目安は世帯手取りの3分の1以内

どのくらいの予算にすべきかわからない人は、まず家賃を決めましょう。賃貸の初期費用は、家賃を基に計算するからです。

家賃目安は「世帯手取りの3分の1以内」がおすすめです。入居審査基準をクリアできるうえ、毎月の生活費を圧迫する可能性が少ないです。

阿部さんのアイコン 阿部
家賃を決めたら、初期費用の目安を計算しましょう。計算方法は一人暮らしなら家賃4.5~5ヶ月分、二人暮らし以上のファミリー世帯であれば家賃5~6ヶ月分です。

初期費用の目安が高いと感じた場合は、家賃を下げて理想に収まるように調整してください。

物件の希望条件は優先度をつけておくと良い

物件の希望条件は優先度をつけておくと良いです。理想のお部屋が見つからない際は、優先度が低いものから1つずつ緩和してください。

また、絶対に譲れない条件は2~3つほどまでに絞りましょう。拘り過ぎると家賃が高くなり、毎月の支払いがキツくなります。

不動産屋に来店する際の注意点

不動産屋に来店する際の注意点を4つまとめました。入居審査に関わることもあるので、事前にしっかり把握しておきましょう。

1月~3月の繁忙期は予約すべき

1月~3月の繁忙期はあらかじめ来店予約してから来店すべきです。新年度に向けて引っ越しする人が多いので、予約をしないとかなりの待ち時間が発生します。

飛び込みで行くと、予約客のスキマ時間にしか対応してもらえないので時間をかけてお部屋探しできません。

阿部さんのアイコン 阿部
不動産屋によっては「予約客でいっぱいなので本日は対応できません」と言われることもあります。面倒でも、確実にお部屋を探したいなら予約してください。

午前中のほうが対応してもらいやすい

午前中に来店したほうが対応してもらいやすいです。できれば11時までに来店しましょう。

理由は「開店したばかりでほかのお客様が少ない」「午前に部屋探し、午後に内見とスケジュールを組みやすい」からです。

15時以降に来店予定の人は、内見が後日になると考えてください。管理会社の営業時間が17時~18時頃までになっていることが多いです。

清潔感のある服装で行く

不動産屋に来店するときは、清潔感のある服装にしましょう。

阿部さんのアイコン 阿部
入居審査は不動産屋来店時から始まっていると思ったほうが良いです。来店時の見た目や言動が、大家さんや管理会社に伝わります。

ただし、面接時のようにスーツで行く必要はないです。派手な服装やスウェットなどのラフな格好を避け、清潔感のある服装を選べば問題ありません。

念のため内見準備もしておくと良い

念のため内見準備もしておきましょう。当日内見できる物件であれば、その日のうちに見に行って決めることができるからです。

内見時の主な持ち物
  • ・スマートフォン
  • ・スマートフォンの充電器
  • ・メジャー
  • ・靴下

スマホは、カメラやメモ帳、懐中電灯代わりに使えます。日当たりを重視する人は、方位アプリも入れておくと良いです。

メジャーは、扉のサイズや家具家電を置く位置を測るのに使います。靴下はお部屋を保護するために必要です。スリッパがなくても靴下さえ履いていれば内見できます。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
来店不要でネット上にない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶
賃貸サイトランキング30社徹底比較!のアイコン
おすすめの物件検索サイト30社を徹底比較!
記事を読む ▶

急いでないなら閑散期に探すのがおすすめ

引っ越す時期に融通が利く人は、6~8月の不動産屋の閑散期にお部屋を探すと良いです。

閑散期にお部屋を探すメリット
  • ・時間をかけてお部屋を探せる
  • ・家賃や礼金が値下がっている場合がある
  • ・費用交渉に応じてもらいやすい
  • ・引っ越し業者も閑散期なので費用が安い

時間をかけてお部屋を探せる

閑散期は引っ越す人が少ないので、他の人に気になるお部屋をとられることなく時間をかけて探せます。

理想のお部屋が見つかるまで粘っても良いですし、複数の不動産屋をはしごして色んな物件を見て回っても良いです。

阿部さんのアイコン 阿部
不動産屋のスタッフも手が空いていることが多いので、対応してくれる時間を長めに確保してくれます。

家賃や礼金が値下がっている場合がある

閑散期に空室のお部屋は、次の繁忙期まで空室のままの可能性があります。家賃や礼金を下げてでも、入居してほしいと考える大家さんが増える時期です。

繁忙期よりも値下がっているお部屋が見つかりやすいので、少しでも費用を抑えたい人におすすめです。

費用交渉に応じてもらいやすい

値下げの理由と同じく、少しでも早く入居してほしいと考えるので、費用交渉に応じてくれる可能性が高いです。

交渉する際は「予算〇万円ほどオーバーなので値下げしてほしい」「交渉できたなら必ず契約する」と伝えると、成功しやすいです。

阿部さんのアイコン 阿部
値下げしてほしい理由は、明確に不動産屋に伝えておきましょう。上手く口添えをして交渉してくれたり、その他の費用でトータル的に値下げできないか調整してくれます。

引っ越し業者も閑散期なので費用が安い

6月~8月は、引っ越し業者も閑散期です。繁忙期の3分の1ほど費用が安いケースが多いです。

値下げ交渉にも応じてくれますし、希望の日程でトラックを抑えやすいというメリットがあります。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶ 無料でお部屋探しを始める
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について