お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

賃貸の仮押さえは出来る?審査中はキープになるって本当?

賃貸の仮押さえはできない!のイメージイラスト

賃貸物件の仮押さえは出来るの?といった疑問を解決します。キープできる期間や費用、キャンセルについて徹底解説します。

この記事は、不動産屋「家AGENT」池袋店の阿部さんにも内容を監修してもらいました。

阿部さん

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

賃貸物件は仮押さえできない

賃貸物件の仮押さえはできません。ただ、入居申込をすれば、審査の終わるまでの3日~7日間のあいだは抑えることができます。

物件を紹介してもらう際に「仮押さえができる」という人もいますが、自分の気に入るお部屋が見つかるまでキープできるわけではありません。

不動産屋の「仮押さえ」は入居申込のこと

内見時に不動産屋の人に「仮押さえしますか?」と聞かれることがありますが「入居申込しますか?」という意味です。

不動産屋は仮押さえ=入居申込と考えています。提案する仮押さえに同意するのは、入居申込を出すことになります。リスクなしに物件のキープはできません。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める

入居の申し込みは申込金(預り金)を求められる場合がある

不動産屋によっては、入居申込をする際に申込の意思確認のために申込金を求められる場合があります。

申込金は、審査に落ちた場合や賃貸契約前にキャンセルした場合に戻ってくるお金です。そのまま賃貸契約した場合は、初期費用の一部に回されます。

ただ、申込書にキャンセル料や手付金、契約書発行費用などの項目で一部引かれて返金される場合があります。しっかりと申込書に記載されているかを、確認しておきましょう。

申込金を払う際は預かり証をもらうべき

申込金を支払うように求められたら、キャンセル後の返金トラブルを避けるためにも、支払ったタイミングで「預り証」を不動産屋に必ず発行してもらいましょう。

預かり証を受けとらずに、キャンセルを伝えた際に「申込金は受け取ってないから返金できない」と言われてしまう可能性があります。

預かり証があっても返金してくれない場合は、宅地建物取引業法に違反しているので、都道府県庁の担当部課に伝えると対応してくれます。

審査終了までの3~7日間は仮押さえ状態

入居申込によってキープできる期間は、入居審査が終わるまでの3~7日間です。

大家さんや管理会社によって期間がバラバラなので、入居申込時に聞いておくと良いです。

1~3月は早い者勝ち

1~3月は不動産業界の繁忙期でたくさんの入居希望者が集まります。すぐに審査結果が出る時期なので、時間をかけて他のお部屋と比べるのは難しいです。

繁忙期の不動産屋や大家さんは、少しでも迷っている素振りのある申込者は審査で即座に落とします。

複数の仮押さえは審査に落ちやすい

仮押さえは同時に複数の物件に申し込めますが、絶対にやめるべきです。申し込んだすべての審査に落ちてしまう可能性があります。

同じ地域の不動産屋は、互いに顧客情報などを共有していることがあります。

複数件申し込むと「このお客さんは何件も申し込んでいるから、住む気がないのでは?」と考えられてしまう場合があります。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
スーモやホームズにない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶

おとり物件が少ないサイト3選のサムネイル
不動産屋の悪質な広告「おとり物件」が少ないサイト3選!
記事を読む ▶

キャンセルは契約前ならできる

仮押さえや違約金に関するお部屋探しの流れ

お部屋の仮押さえ後のキャンセルは、賃貸契約書にサインをする前であれば可能です。

一般的には審査に通ったという連絡が来てからすぐに賃貸契約の段取りになるので審査期間中の3~7日間のあいだに、キャンセルするかを決めないといけません。

ただし、不動産屋は申し込みを受けた段階で入居者の募集を打ち切り、書類の準備などを進めます。

キャンセルは不動産屋の手配をすべて無駄になるので、印象をかなり悪くなります。今後のお部屋探しが難しくなるので、やむを得ない事情以外ではキャンセルすべきではありません。

賃貸契約書にサインしたら解約扱い

賃貸契約書にサインをした後に、キャンセルはできません。やむを得ない理由がある場合は、キャンセルではなく解約扱いになります。

敷金礼金、仲介手数料などのお金が戻ってこないだけでなく、賃貸契約の特約に「短期解約違約金」の項目が記載されていると、解約金も発生してしまいます。

▶賃貸契約後のキャンセルについて詳しくはこちら

審査に落ちてしまった場合

審査に落ちてしまうと契約ができないので、自動的にキャンセル扱いになります。

ただ、どうしてもこの物件に住みたい場合は、別の保証会社の審査を受けるなどの方法があるので、不動産屋に相談してみると良いです。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶ 無料でお部屋探しを始める
物件購入も視野に入れるなら
購入専門のスタッフに無料で相談できます!
▶ イエプラ@購入サポートはこちら
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について