お部屋探しのコツや知識まとめブログ|イエプラコラム
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

同棲に必要なものチェックリスト!日用品や家具家電の揃え方のコツを解説

同棲に必要な物をリストアップするカップルのイメージイラスト

同棲に必要なものは?
家具家電や日用品で買うものはどれ?

同棲に必要なものを考えるだけでワクワクしますよね!彼氏・彼女と初めて同棲するカップルなら、夢の二人暮らしに胸が高まります。

しかし、初めての同棲だと何を揃えたら良いか分からない人も多いです。引っ越し前に必需品を買い忘れて、入居当日から喧嘩するカップルもいます…。

そこで当記事では、同棲に必要なものリストを一覧表で紹介します!同棲までに必要な初期費用や手続きなどもまとめています。

監修 藤本 千里
不動産屋「家AGENT」
池袋店 営業スタッフ

池袋にある仲介不動産屋「家AGENT」で勤務する営業スタッフ。女性視点できめ細やかな接客をしてくれます。同棲に関する悩みや地域の住みやすさについてのアドバイスに定評があります。

同棲に必要なものリスト一覧

同棲に必要な費用一覧

必要なもの
賃貸契約の初期費用 450,000~500,000円
2人分の引っ越し料金 60,000~100,000円
家具家電・日用品の購入費用 300,000~500,000円

※賃貸契約の初期費用は家賃10万円で計算

同棲に必要なものとして、引っ越しまでにかかる3つの費用を確認します。主に「賃貸契約の初期費用」「2人分の引っ越し料金」「家具家電や日用品の購入費用」が必要です。

一般的に、二人暮らしするには約100万円必要と言われています。特に家具家電の購入費用で大きく変動しやすいです。

藤本さんのアイコン 藤本
家具家電や日用品の具体的な金額はのちほど解説します。

同棲に必要なものリスト【キッチン】

必要なもの
冷蔵庫
電子レンジ
電気ケトル
炊飯器
調味料
調理器具
フライパンや鍋
食器類
食器棚
洗い物の水切りセット
食器用洗剤・スポンジ
キッチン用のゴミ箱
コンロ(ない場合)

同棲時、キッチンで必要なものをまとめました。揃える家電は少なめで、小物や日用品が多いです。

冷蔵庫の大きさは自炊する頻度で決めます。ほぼ毎日自炊するなら300~365Lのものを、機会が少ないなら265~300Lのものが良いです。

茶碗・箸・カトラリーなどの食器類は、2人分用意しておきます。来客が多くなるカップルの場合、4人分揃えると安心です。

同棲に必要なものリスト【リビング・ダイニング】

必要なもの
ダイニングテーブル
テレビ
テレビ台(テレビボード)
ソファー
カーペット(ラグ)
カーテン
壁掛け時計
ティッシュ
掃除機
エアコン(ない場合)

同棲するとき、リビングやダイニングで必要なものをまとめました。主に2人でくつろげる家具を揃えます。

ダイニングテーブルは、来客の頻度や生活スタイルで決めると良いです。来客が少ない、1人で食事するときが多いカップルは、幅75~120cmほどの小さいサイズで十分です。

ソファーやカーペットは、リビングの広さに合うものを選びます。大きいサイズより、コンパクトサイズのほうが失敗しにくいです。

同棲に必要なものリスト【寝室】

必要なもの
2人が寝られるベッド
(シングルサイズ2つかダブルベッド1つ)
寝具(布団・枕など)
カーテン
収納棚(カラーボックス)
ハンガーラック

寝室で必要なものは、2人分の寝具がメインです。シングルベッドを2つ置くのか、ダブルベッドを置くのかは事前に決めておきます。

カーテンは遮光性が高いものがおすすめです。朝日が入りにくいため、睡眠を邪魔されずに寝られます。

同棲に必要なものリスト【脱衣場・浴室】

必要なもの
洗濯機
洗濯用洗剤や柔軟剤
洗濯グッズ
(洗濯物カゴ・ネット・ハンガーなど)
バスマット
タオル類
ハンドソープ
ドライヤー
歯ブラシ・歯磨き粉
洗顔料・メイク落とし
シャンプー類
(コンディショナーやボディソープなど)
浴室用の掃除グッツ

脱衣場や浴室で必要なものをまとめました。脱衣場には独立洗面台があるケースが多いので、朝の身支度に必要な日用品を用意します。

同棲で使う洗濯機なら、9~11kgタイプで少し大きめのものを選びましょう。一人暮らしで使っていたものだと、すぐに洗濯物で溢れてしまいます。

藤本さんのアイコン 藤本
二人暮らしを始めると入浴する頻度が増えます。水アカやカビができやすいので、お掃除グッツは必須です。

同棲に必要なものリスト【トイレ】

必要なもの
トイレットペーパー
収納ホルダー
トイレカバーやマット
スリッパ
生理用品
サニタリーボックス
トイレの掃除グッツ

トイレ内に収納スペースがないときは、トイレットペーパー用の収納ホルダーを買います。縦長で細い形状であればスペースを取りません。

同棲する際のトイレに関しては、彼女への配慮が必要です。生理用品やサニタリーボックスも、欠かさずに揃えておきます。

同棲に必要なものリスト【その他の小物アイテム】

必要なもの
傘立て
玄関マット
キースタンド
スリッパ
延長コード
防災グッズ

同棲に必要なその他のアイテムをまとめました。玄関先には、傘立てや玄関マットを置くと良いです。来客が多くなるなら、スリッパも用意しておきましょう。

二人暮らしでは、キッチン回りや寝室で多くのコンセントを使います。延長コードを数本買っておくと、住みやすいお部屋になります。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼メリットたくさん
・すべてチャットで完結(来店不要)
・スーモにない未公開物件も探せる
・0時まで営業で仕事終わりに使える
▶無料でお部屋を探してみる

同棲に必要な費用はトータルで約100万円

目安金額
賃貸契約の初期費用 450,000~500,000円
引っ越し業者の料金 60,000~100,000円
家具家電・日用品の購入費用 約500,000円

※賃貸契約の初期費用は家賃10万円で計算

同棲に必要な費用はおよそ100万円です。先ほど紹介した3つの費用を合わせた金額です。

家賃10万円の物件だと、賃貸契約でかかる初期費用は45~50万円かかります。家具家電を全て買い揃えるなら、100万円は用意しておいたほうが良いです。

賃貸契約の初期費用は家賃の4.5~5ヶ月分が目安

初期費用の目安
敷金 家賃1ヶ月分
礼金 家賃1ヶ月分
仲介手数料 家賃1ヶ月分+税
前家賃(翌月家賃) 1ヶ月分
日割り家賃 入居日によって変動
火災保険料 15,000~20,000円
初回保証料 総賃料の50~100%
鍵交換費用 20,000円+税
初期費用の項目ごとの解説はこちら
敷金 退去時にお部屋を入居前の状態に戻すための費用です。退去費用で使わなかった分は返金されます。
礼金 お部屋を貸してもらうお礼として大家さんに払うお金です。礼金がないお部屋もあります。
仲介手数料 仲介してもらった不動産屋に支払うお金です。「家賃1ヶ月分+消費税」が上限です。
前家賃 家賃発生月の翌月の家賃のことです。1日など月初に入居する場合は、従来通りの家賃引き落としのため前家賃はありません。
日割り家賃 月の途中にお部屋を借りた場合の、残り日数分の家賃です。入居日を月末にすればするほど日割り家賃を安くできます。
火災保険料 火事や落雷で燃えた建物や家具を補償してくれる保険の費用です。保険は大家さんや不動産屋が指定しているので選べません。
初回保証料 連帯保証人の代わりになる会社を利用する際の費用です。保証人のみで契約するときは不要です。
鍵交換費用 前の入居者が使用していた鍵から、自分が使用する鍵に交換する費用です。新築の場合は不要です。

賃貸の初期費用は家賃の4.5~5ヶ月分が相場です。家賃10万円なら45~50万円かかります。敷金・礼金・仲介手数料が全て1ヶ月分のとき、家賃の6ヶ月分まで上がる物件もあります。

費用を抑えるなら、敷金礼金なしを選んだり、仲介手数料の値下げ交渉をしてみましょう。

初期費用に関する記事
敷金礼金無し物件のイメージイラスト
敷金礼金なし物件の特徴は?メリット・デメリットも解説
記事を読む ▶
仲介手数料の交渉方法のイメージイラスト
仲介手数料を値切る7つのコツはこちら
記事を読む ▶

引っ越し業者の料金は6~10万円が相場

1人分の金額目安 2人分の合計
~15km未満
(同一市町村)
31,000~39,000円 62,000~78,000円
~50km未満
(同一県内)
36,000~44,000円 72,000~88,000円
~200km未満
(同一地方内)
45,000~54,000円 90,000~108,000円
~500km未満
(近隣地方)
51,000~68,000円 102,000~136,000円
500km~
(長距離)
56,000~77,000円 112,000~154,000円

参考:価格.com(閑散期の金額)

同棲に必要な引っ越し料金は、6~10万円が目安です。近場の15km未満なら2人分で6~7万円かかります。

お互いの家から引っ越すカップルがほとんどなので、表の金額を参考にお金の準備をしてください。

藤本さんのアイコン 藤本
安く済ませるコツは繁忙期を避けることです。1~3月の引っ越しシーズンは、引っ越し料金が1万円ほど上がります。
引っ越し料金に関する記事
引っ越し費用の相場はいくら?のイメージイラスト
引っ越し費用の相場は?同棲カップルだといくらかかる?
記事を読む ▶
引っ越し費用が安い時期のイメージイラスト
引っ越し費用が安い時期は?1年で最も安い月を紹介
記事を読む ▶

家具家電や日用品を全て買い揃えるなら50万円かかる

目安金額
家具家電の購入費用 約450,000円
日用品代 約50,000円
合計 約500,000円

同棲に必要な家具家電や日用品を全て揃えると、総額で約50万円かかります。特に家具家電は、メーカーにこだわるほど高額になります。

工夫次第では、費用を15万円ほど浮かせられます。使っている家具を新居に持っていったり、必要最低限のものだけを買うと良いです。

藤本さんのアイコン 藤本
家具はディスカウントショップで揃えるのもアリです。少し傷があるだけで、問題なく使えるものばかりだからです。
家具家電や同棲費用に関する記事
同棲におすすめの家具・家電のイメージイラスト
同棲におすすめの家具家電まとめ!最適なサイズも紹介
記事を読む ▶
同棲に必要な初期費用のイラスト
同棲の初期費用はいくらかかる?節約術を公開
記事を読む ▶

同棲の初期費用は家賃を下げると安くなる

同棲時にかかる初期費用は、家賃を下げると安くなります。賃貸契約の初期費用は、家賃をもとに計算される項目がほとんどだからです。

同棲向きの安いお部屋を探すなら、ネット上の不動産屋「イエプラ」がおすすめです!業者専用のデータベース「ATBB」を使って、スーモにはない物件も含めて探してくれます。

やり取りはチャットやLINEからできます。「できるだけ初期費用が安い物件で」「1LDKと2DKならどっちが良い?」など、来店不要でアレコレ相談可能です。

対応するのは、女性を中心とした専門スタッフです。毎日深夜0時まで返信が来るので、おうちデート中にお部屋探しするのもアリです!

同棲に必要な費用の内訳【家具・家電・日用品】

目安金額
家具の購入費用 約200,000円
家電の購入費用 約250,000円
日用品代 約50,000円

同棲に必要な家具と金額の内訳

金額 備考
ダブルベッド 約80,000円 マットレス・枕込み
掛け布団(ダブル) 約10,000円 シーツ込み
ダイニングテーブル 約20,000円 2人掛けタイプ
テレビ台 約20,000円 マットレス・枕込み
収納棚(ラック) 約15,000円 幅80cm×高さ202cm×奥行き25cm
ソファー 約25,000円 2人掛けタイプ
カーペット(ラグ) 約10,000円 幅140cm×奥行き200cm
カーテン 約20,000円 レースカーテン込み・3窓分
合計 約200,000円 -

同棲に必要な家具を全て買う際、約20万円は必要です。特にダブルベッドは、一式揃えるのに8万円もします。予算を重視する人は、使っていたシングルベッドを持ち込むと良いです。

カーテンを買うならセット商品がお得です。「3窓セット」などを選べば、別個で買うよりも約2万円安く揃えられます。

同棲に必要な家電と金額の内訳

金額 備考
テレビ 約35,000円 40V型
冷蔵庫 約80,000円 300Lタイプ
電子レンジ 約23,000円 -
炊飯器 約15,000円 IH5合炊き
電子ケトル 約3,000円 2Lタイプ
洗濯機 約65,000円 縦型・11kgタイプ
ドライヤー 約5,000円 マイナスイオン機能付き
ヘアアイロン 約4,000円 -
掃除機 約20,000円 コードレスタイプ
合計 約250,000円 -

家電の購入費用は約25万円と高額です。主に冷蔵庫と洗濯機が高く、どちらも6~8万円します。家電量販店なら値引き交渉ができる可能性が高いです。

テレビの大きさは、お部屋の広さに合わせて購入しましょう。スペースリビングが6畳なら32V型、8畳なら40~42型が目安です。

▶二人暮らしにおすすめの冷蔵庫はこちら

同棲に必要な日用品と金額の内訳

目安金額 備考
キッチン
リビングの日用品
約15,000円 キッチンアイテムや調味料など
脱衣場
浴室の日用品
約17,000円 洗濯用洗剤や洗面台回りの小物など
トイレの日用品 約7,000円 収納ホルダーやマットなど
玄関の日用品 約6,000円 マットや傘立てなど
その他の日用品 約5,000円 防災リュックなど
合計 約50,000円 -

同棲生活を迎えるのに必要な日用品は、全て揃えると約5万円かかります。基本的に、入居日から毎日使うものだけ買っておくと良いです。

自炊用の調味料や調理器具も、最低限に絞って購入します。あとで買い足すほうが無駄遣いしにくいです。

同棲に必要なものを準備するときのポイント

  1. 共通の口座を作って貯金をしておく
  2. 予算の上限を決める
  3. 持ち込む家具家電をお互いに把握する
  4. 最初から完璧に揃えようとしない
  5. 間取りから持っていく家具家電を決める

同棲前に準備することや、決めておくことを5つまとめました。以降で詳しく解説します。

①共通の口座を作って貯金をしておく

同棲に必要な費用を貯めるカップル
二人暮らしする前に共通の口座を作って、同棲資金を貯めておきます。同棲には100万円という大金が必要だからです。

「◯月までに貯める」「100万円貯まるまで同棲しない」などの目標があると、貯金がはかどりやすいです。

②予算の上限を決める

同棲に必要な予算の上限を決めるカップル

必要なものを買う予算は上限を設定しておきましょう。お部屋の初期費用や、引っ越し料金などでも大金が必要だからです。

上限を設定しておけば、入居後にお金が足りなくなるのを防げます。同棲生活を楽しくスタートできます。

③持ち込む家具家電をお互いに把握する

新居でも使える家具家電があれば、お互いに把握しておきます。新しく買わずに済むので、余計な出費が抑えられます。

一人暮らしで使っていた冷蔵庫や洗濯機は、二人暮らしだと不便に感じる場合が多いです。新調するものは最小限に絞りましょう。

藤本さんのアイコン 藤本
不要な家具家電は、フリマアプリやリサイクルショップで売るのもアリです。売上を初期費用や引っ越し料金に充てられます。

④最初から完璧に揃えようとしない

同棲に必要な家具は後から買うカップル
日用品や家具家電は、入居当初から完璧に揃える必要はありません。すぐに使わないものまで買うと、お金の無駄遣いに繋がります。

必要最低限のものから揃えて、入居後に段階的に揃えるのが賢いやり方です。購入する家具家電に関しては、優先度を決めておきましょう。

⑤間取りから持っていく家具家電を決める

間取りを見て、持っていく家具家電を決めていきます。引っ越し当日に、冷蔵庫や洗濯機が入らないと発覚するトラブルは多いです。

家具家電のサイズは、設置場所やお部屋の広さを確かめてから決めるべきです。

おすすめ記事
同棲カップルが間取りを決めるイラスト
同棲に最適な間取り4選!二人暮らしに必要な広さとは
記事を読む ▶

お部屋の採寸は事前に済ませておく

お部屋でサイズを測るべき部分
  • ・エントランスや玄関の開口部
  • ・カーテンレールの長さと窓の大きさ
  • ・洗濯機置き場の幅や蛇口までの高さ
  • ・冷蔵庫を置くスペースの幅や奥行き
  • ・ソファーやベッドを置く場所
  • ・ガスコンロを置くスペース

引っ越し時のトラブルを避けるため、事前にお部屋の採寸は済ませておきましょう。内見時に測っておきたい箇所をまとめました。

室内以外には搬入経路の幅も測っておきます。玄関の開口部を始め、エレベーターや階段など共有部分も忘れずに採寸してください。

藤本さんのアイコン 藤本
お部屋を契約したあとは鍵交換がおこわれます。再入室できなくなるので注意です。
同棲のお部屋探しの関連記事
同棲前にいくら貯金すべきか徹底解説!
同棲前にいくら貯金すべきか徹底解説!
記事を読む ▶
同棲前に準備すべきことのアイコン
同棲前に準備すべきこと8選!
記事を読む ▶

同棲に必要な費用の分担方法3選

  • ・彼氏、彼女で完全折半する
  • ・費用の項目ごとに分担する
  • ・収入に応じて負担割合を決める

同棲費用は大金なため、分担方法で喧嘩になるカップルは多いです。以下で、金銭トラブルを避けられる分担方法を3つ紹介します。

入居後の生活費のやりくりにも共通する内容です。初めて同棲するカップルは、ぜひ参考にしてください。

彼氏・彼女で完全折半する

同棲の初期費用を折半・割り勘するカップル

同棲費用を負担するとき、2人で完全折半する方法が一般的です。同棲経験のある男女100名に実施した弊社のアンケートでは、約半数のカップルが初期費用を折半していました。

折半の仕方は、一旦片方が負担して引っ越し後に精算します。スムーズに精算できるように、自分が負担した費用の領収書を手元に残しておきましょう。

費用の項目ごとに分担する

彼氏負担 彼女負担
・賃貸契約の初期費用
・家電の購入費用
・自分の引っ越し料金
・家具の購入費用
・日用品代
・自分の引っ越し料金

同棲費用の負担方法として、項目ごとに分担するやり方もあります。大体同じ金額ぐらいになるよう調整します。

注意点として、収入差が大きいカップルには向いていません。給料の低いほうから不満が出やすいからです。収入がほぼ同額のカップルなら失敗しにくいです。

収入に応じて負担割合を決める

2人の収入に応じて、負担割合を決めるのも1つの方法です。負担割合が同じくらいなら、お互い不満を持ちにくいです。

パートナーが多めに払ったときは、マナーとしてお礼を伝えましょう。負担金額だけで見ると、平等とは言えないからです。

同棲する際のお金に関する記事
同棲の生活費のイメージイラスト
同棲中の生活費はいくら?節約術も紹介!
記事を読む ▶
同棲のお金の管理方法のイメージイラスト
同棲が上手くいくお金の管理方法はこちら
記事を読む ▶

同棲までに必要な段取りや手続きは8ステップ

  1. 相手の親へ挨拶に行く
  2. 同棲するお部屋を探す
  3. 内見、申し込み、入居審査を済ませる
  4. 初期費用の入金、賃貸借契約の締結
  5. 引っ越し業者を決める
  6. ライフラインの手続きを済ませる
  7. 不要品の処分や荷造りを進める
  8. 鍵をもらって引っ越し開始

同棲までに必要な段取りを8ステップにまとめました。何から始めればいいのか分からないカップルは必見です。

  • STEP1

    相手の親へ挨拶に行く

    親に挨拶をするイラスト

    同棲するなら、お互いの親への挨拶は済ませておきます。親なら「自分の子どもと住む人に会っておきたい」と考えるからです。

    契約時、相手の親に連帯保証人をお願いする可能性もあります。困ったときの相談相手として頼るために、きちんと挨拶しておいてください。

  • STEP2

    同棲するお部屋を探す

    挨拶を終えたら、同棲するお部屋を探します。ポータルサイトなどで、希望条件に近い物件を絞ります。

    同棲するお部屋は「二人入居可」で募集されている物件に限ります。単身向けのワンルームや1Kでは、同棲できないので注意です。

    効率的にお部屋を探すなら、ネット上の不動産屋「イエプラ」がおすすめです。物件情報だけでは確かめられないことを、管理会社へ直接確認してくれます。

    チャットやLINEから「この物件は同棲できる?」「家賃8万円台で一緒に暮らせるお部屋を探してほしい」など、気軽に相談できて便利です!

    同棲バナー

  • STEP3

    内見・申し込み・入居審査を済ませる

    内見する男女(カップル)

    気になった物件があれば、実際に内見へ向かいましょう。室内の雰囲気や募集条件に納得できたら、お部屋に申し込みを入れます。

    身分証などの必要書類が揃い次第、入居審査に移ります。結果が出るのは3~5日後です。

    本人確認の電話も入るので、審査が終わるまでは不動産屋とこまめに連絡を取り合いましょう。

  • STEP4

    初期費用の入金・賃貸借契約の締結

    契約書をよく読むカップル

    入居審査に通過したら、初期費用を支払います。キャンセル防止のため、契約前に入金してもらう物件がほとんどです。

    不動産屋と契約日を打ち合わせたら、来店して賃貸借契約を結びます。契約上重要な部分の説明を受けるので、分からないことはスタッフに質問してください。

  • STEP5

    引っ越し業者を決める

    引っ越し準備をするカップルのイラスト

    契約が済んだら、利用する引っ越し業者を決めていきます。2~3社で相見積もりして、安いところにお願いしましょう。

  • STEP6

    ライフラインの手続きを済ませる

    ライフラインの手続きをしている女の子のイラスト

    引っ越し業者の相見積もりと並行して、ライフラインの解約・開通を進めます。引っ越し先が同じ区(市)なら、電話1本で済むケースが多いです。

  • STEP7

    不用品の処分や荷造りを進める

    引っ越し日まで、不要な私物などを処分しておきます。荷物が少ないほど引っ越し料金が安くなるので、長年使わないものは捨てましょう。

    引っ越し業者からダンボールが届いたら荷造りを始めます。インテリアなど、使う頻度が少ないものから箱詰めしてください。

  • STEP8

    鍵をもらって引っ越し開始

    引っ越しをしている女の子のイラスト

    初期費用の入金や契約書類に不備がなければ、不動産屋から鍵がもらえます。搬入作業は、入居日(契約開始日)以降に進めてください。

同棲生活に必要なものやルールに関するよくある質問

同棲を始めるときの必需品は?

2人分の家具家電や日用品です。

特に冷蔵庫や洗濯機は買い替えが必要です。一人暮らし時代のものでは、生活が不便になるからです。

日用品などは新居でも使い回しできます。お互いで持ち寄れば、しばらくの間は購入せずに済みます。

▲よくある質問に戻る

女性ならではの同棲に必要なものは?

生理用品やサニタリーボックスです。

男性だと、生理用品やサニタリーボックスの必要性に気付きにくいです。一緒に暮らすなら、お互い意識したほうが同棲は上手くいきます。

▲よくある質問に戻る

同棲に必要なものはニトリで大体揃う?

揃います。

大手家具屋の「ニトリ」では、同棲向けの家具が多数販売されています。一気に買い揃えるなら、大型店舗に行くのがおすすめです。

最近だと家電にも力を入れています。二人暮らし用の冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・炊飯器がセットになった商品も購入可能です。

▲よくある質問に戻る

同棲に必要なもので100均で買えるのは?

小物や日用品などが買えます。

100円ショップでは、食器などの小物や日用品が買い揃えられます。同棲カップルにおすすめなのは「Seria(セリア)」です。おしゃれな小物が多くインテリア用品の品揃えも豊富です。

▲よくある質問に戻る

同棲を始める前に決めておくルールは?

生活費の負担方法や、同棲中の過ごし方に関するルールです。

特に過ごし方に関する約束は、同棲前にある程度決めておきます。「週に1日は自由な日を作る」など、プライベートを確保するためのルールも必要です。

また、同棲期間はあらかじめ設定しておくと良いです。ダラダラした生活が長引くと、婚期を逃す恐れがあります。

▲よくある質問に戻る

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

お店に行かなくても「イエプラ」なら、チャットやLINEで希望を伝えてお部屋を探せます!

SUUMOやHOME'Sに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです。

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶ 同棲向けのお部屋を探す
follow us in feedly
お役立ちまとめページ
  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑
  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識
  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方
  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて
  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について
  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決
  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵
  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について