お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

同棲前に準備することは?始めるまでの流れや決めておくべきルールを徹底解説!

同棲準備を進めているカップルのイラスト

同棲したいけど準備って何すればいいの?いつから準備を始めるべき?という疑問にお答えします!

初めて同棲する人向けにスケジュールの流れや、親への挨拶、同棲におすすめな間取り、必要な費用について解説します。

これから同棲を始めるカップルは是非参考にしてください!

この記事の内容は、ファイナンシャル・プランナーの岩井さんに監修していただきました。

監修 岩井 勇太
ファイナンシャル・プランナー
宅地建物取引士

日本FP協会認定のFP。お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。

同棲前しておくべき8つの準備

これから同棲を始めるカップルのために、準備しておくべきことを8つ紹介します。同棲生活を成功させるためにも是非参考にしてください。

  1. 同棲の目的を確認しておく
  2. お互いの親に挨拶しておく
  3. 同棲する期間を決める
  4. 大まかな引っ越し予定日を決める
  5. 初期費用を貯金しておく
  6. 家事や生活のルールを決める
  7. 必要な家具や家電を用意しておく
  8. お部屋の希望条件を決める

同棲の目的を確認しておく

同棲する目的を2人で話し合って共有してください。「好きだからなんとなく」など、目的もなく同棲を初めてしまうと些細な喧嘩などで同棲解消の原因になります。

目的がハッキリしていれば、ケンカやうまくいかないことがあっても解決しやすいです。

例えば「結婚式のために◯万円貯金する」「1年後結婚するためにお互いの生活スタイルを確認する」など、目的をハッキリさせておくと有意義な同棲生活ができます。

お互いの親に挨拶しておく

同棲を決めたら、まずはお互いの親に挨拶に行きましょう。

親からの同意を得ずに同棲を始めると、賃貸契約の連帯保証人や、困ったときの相談相手として頼れないからです。

挨拶する時の流れや伝えるべきことに関しては後ほど詳しく解説します。

同棲する期間を決める

同棲する期間は、あらかじめ決めておいたほうが良いです。具体的な期間を決めないと「結婚が面倒だから同棲のままでいい」という考えが生まれてしまいます。

お互いが結婚への興味を失わないようにするには、同棲の期限を設けるのが一番です。同棲を「結婚までの準備期間」と意識することで、結婚に前向きになります。

おすすめの同棲期間は2年間です。2年間も一緒に生活すれば、パートナーのことを十分理解できます。

大まかな引っ越し予定日を決める

大まかでも良いので、引っ越し予定日を決めておきましょう。

不動産屋は適切なお部屋を紹介するために、引っ越しの予定日や目的を聞いてくるからです。

引っ越し業者を手配する場合は、遅くても1ヶ月前までには済ませてください。1月~3月などの繁忙期は、予約が取りにくいので早めの行動をおすすめします。

初期費用を貯金しておく

同棲を始めるためには、賃貸契約や家具家電の購入などの初期費用として約100万円が必要だと言われています。

お金関係はトラブルになりやすいので、お互いの収入や仕事状況を考慮して負担が偏らないように決めてください。

必要な初期費用に関しては、後ほど詳しく解説します。

家事や生活のルールを決める

事前に、家事の分担や生活する上でのルールを決めておくべきです。

ルールを決めておけば無用なケンカが防げるだけでなく、お互いの生活スタイルの確認にも役立ちます。

以下で、最低限決めておくべきルールを紹介するので参考にしてください。

・生活費の管理方法
・高額なものを買うときは相談する
・家事の分担方法
・友人を家に招くときは事前に相談する
・帰りが遅くなるときは必ず連絡する
・およその就寝時間と起床時間
・異性との交流の妥協点

ルールを決めない方が合っている場合は、無理に決める必要はありません。もし、うまくいかなかったら話し合って変更しましょう。

必要な家具や家電を用意しておく

生活に必要な家具・家電、日用品を用意しておきましょう。お互いに一人暮らししている場合は、どちらの家具を持ち込むのかを話し合って決めておくとスムーズです。

電子レンジや掃除機などは一人暮らしのものでも十分ですが、冷蔵庫や洗濯機は一人暮らし用だと小さくて使いづらいケースが多いです。

大きいものに買い替えた方が良いものもあるので、サイズを確認して新居に持っていくかどうかを判断してください。

お部屋の希望条件を決める

同棲の準備がある程度できたら、同棲するお部屋の希望条件を相手と話し合って洗い出してください。

2人の生活スタイルにあった間取りや設備にしないと、同棲生活を始めてから生活しにくく、ストレスがたまりやすいです。

後ほど、同棲生活におすすめな間取りについて詳しく解説します。

アプリやLINEで気軽にお部屋探し!
イエプラのロゴ
イエプラ
▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶無料でお部屋探しを始める

親への挨拶の準備

お互いの親に挨拶へ行く時に必要なことや、持ち物を流れに沿って紹介します。同棲を認めてもらうためにも、是非参考にしてください。

  • ・挨拶の日程を決める
  • ・話す内容をまとめる
  • ・服装や身なりを整えておく
  • ・手土産を用意する
  • ・実家以外で会う場合はお店を予約しておく

挨拶の日程を決める

まずは両親に「同棲を考えているから挨拶したい」と伝えて日程を決めましょう。

急な訪問は迷惑になるので、訪問する2週間くらい前にアポを入れると良いです。

挨拶の順番は先に彼女、その後に彼氏の両親にするのが一般的です。

同棲にかかるリスクは女性のほうが大きいと言われているからです。彼女の両親に許可をもらった後に彼氏の両親に挨拶することで、話がスムーズに進められます。

話す内容をまとめる

事前に話す内容をまとめておきましょう。ただ「同棲したい」と伝えるだけでは反対される可能性が高いです。

最低限伝えるべきことは以下の通りです。当日は緊張してうまく喋れないケースも多いので、前もって回答を考えておくとうまくいきやすいです。

  • ・自己紹介
  • ・結婚するための準備期間として同棲すること
  • ・具体的な生活プラン
  • ・費用はどうするのか
  • ・同棲するエリア

他にも家族のことや仕事など、本当に同棲しても大丈夫なのかを確認するために質問されることがあります。

仕事は必ずと言っていいほど聞かれます。名刺がある場合は、説明しやすいように持って行くと会話の手助けになるかもしれません。

服装や身なりを整えておく

同棲の挨拶は清潔感のある服装で行くべきです。初対面ならスーツか、シンプルなジャケットやワンピースなどのオフィスカジュアルがおすすめです。

Tシャツやジーンズなどのラフすぎるもの、露出の激しいものは避けてください。また、着ていく服は汚れや毛玉・シワがないようにお手入れしておきましょう。

男性の場合はヒゲを剃って清潔感を出すと良いです。女性の場合はナチュラルメイクで、シンプルなネイルがおすすめです。

手土産を用意する

挨拶に行くときは、必ず手土産を持参してください。手ぶらで行くと「非常識な人」と判断されます。

予算は3,000~5,000円前後で、日持ちするお菓子やお酒がよく選ばれます。会話のネタとして、地元の名産品を持っていくのも良いです。

ちなみに、熨斗(のし)は付けなくても問題ありません。付ける場合は無地熨斗が良いです。

実家以外で会う場合はお店を予約しておく

基本的には相手の実家に行きますが、両親の意向があればレストランなどで挨拶するケースもあります。

実家以外で会う場合は、あらかじめお店を探して予約を入れてください。静かで個室のあるお店がおすすめです。

挨拶当日は、待ち合わせ時間に遅れないように余裕を持って家を出ましょう。

同棲する前に100万円貯めておくべき

同棲カップルに人気の1LDKに東京都内で同棲する場合、初期費用として100万円は必要です。

引っ越し後はなにかと必要になるものが多いので、余裕を持って予算を見ておくと安心です。

以下で、東京都内の1LDKの平均である家賃10万円で計算した例を紹介します。

賃貸契約の初期費用は約55~60万円

都内で同棲向けの1LDK~2DKに住んだ場合、必要な初期費用は約55~60万円です。

初期費用の項目 目安 家賃10万円の場合
敷金 家賃1ヶ月分 100,000円
礼金 家賃1ヶ月分 100,000円
仲介手数料 家賃1ヶ月分+税 110,000円
前家賃 家賃1ヶ月分 100,000円
日割り家賃 入居日によって変動 15日入居:
50,000円
保証会社利用料 家賃0.5~1ヶ月分 50,000~100,000円
火災保険料 約15,000円 15,000円
鍵交換費用 約15,000円 15,000円
合計 - 520,000~
570,000円

家賃が8万円なら、初期費用は約36~40万円程度で抑えられます。

都内でも、葛飾区や練馬区など家賃相場が低いエリアなら、家賃8万円台の2DKのお部屋が見つかります。

岩井さんのアイコン 岩井
敷金礼金なし、仲介手数料なしなど、いずれかの費用が削れる物件を探せばかなり安く抑えられます。

引っ越し費用は約10万円

距離や時期によって変動しますが、2人分の引っ越し費用は約10万円かかります。

以下、引越し侍の「2人分の引っ越し料金の相場」をもとに、通常期と繁忙期の費用をまとめました。

引っ越す距離 閑散期(3月、4月) 通常期(5月~2月)
~15km未満 平均60,000円 平均80,000円
~50km未満 平均66,000円 平均95,000円
~200km未満 平均97,000円 平均145,000円
~500km未満 平均139,660円 平均198,000円
500km~ 平均180,000円 平均300,000円

参考:https://hikkoshizamurai.jp/

通常期と繁忙期では、引っ越し料金が大幅に違います。閑散期を避けて引っ越しの予定日を設定すると安く抑えられます。

岩井さんのアイコン 岩井
同棲を機に家具家電を新調するなら、引っ越し先で購入することをおすすめします。荷物の量が減るので料金が安くなります。

家具家電購入費は約30万円

同棲用の家具家電を購入するために必要な費用は約30万円です。なるべく新しく購入すべき家具家電を、以下の表にまとめました。

ダブルベッド 約50,000円
寝具 約25,000円
冷蔵庫 約100,000円
洗濯機 約70,000円
ダイニングテーブル 約25,000円
カーテン 約20,000円
2人掛けソファ 約40,000円

その他の家具家電や雑貨類は、慌てて購入せず徐々に用意していきましょう。

テレビや収納は今まで使っていたものを持ち込むと費用が抑えられます。

さらに費用を抑えたいカップルは、新品ではなくリサイクルショップやアウトレットなどで買うのがおすすめです。

同棲の生活費は毎月約22~33万円かかる

総務省統計局が公表した「家計調査報告(2人以上の世帯) 2020年」によると、同棲カップルの生活費は約22万円~33万円です。

以下の内訳は、同棲にかかる生活費と一人あたりが負担する金額の目安です。

同棲 1人あたり
家賃 約100,000~150,000円 約50,000~75,000円
食費 約30,000~50,000円 約15,000~25,000円
水道光熱費 約20,000~25,000円 約15,000~30,000円
交際費/娯楽費 約30,000~60,000円 約15,000~30,000円
スマホ/ネット代 約20,000円 約10,000円
その他(衣類/日用品) 約20,000~30,000円 約10,000~15,000円
合計 約220,000~330,000円 約110,000~165,000円

家賃や食費、水道光熱費は恋人同士で折半するので、一人暮らしよりも負担額が減ります。

岩井さんのアイコン 岩井
毎月の固定費である家賃を抑えると、生活費に余裕が生まれて貯金しやすくなります。

▶同棲カップルの生活費の詳細はこちら

同棲の間取りは1LDKがおすすめ

1LDKの間取り図の例

初めての同棲には1LDKの間取りのお部屋がおすすめです。同性カップルに人気な間取りで、2人で生活するのに十分です。

1LDKのお部屋は居室を寝室にして、リビングでくつろぐ生活がスタンダードです。一緒のお部屋で寝られるので、お互いの親密度を高められます。

また、築浅できれいなお部屋が多いうえ、比較的新しい設備が整っているので、古いお部屋に抵抗があるカップルは1LDKを選ぶと良いです。

自分のお部屋が欲しいなら「2LDK」「3DK」にすべき

2LDK 3DK
2LDKの間取り図の例 3DKの間取り図の例

お互い1人の時間を大切にしたいのであれば「2LDK」「3DK」の間取りにするべきです。

1LDKのような居室が1つしかないお部屋は、自分のプライベート空間を作りにくいです。

在宅ワークが多いカップルや趣味の時間を取りたい人は、居室が2つ以上ある間取りを選ぶと快適に過ごせます。

3DKのお部屋は築年数が経っている物件が多く、2LDKと同じくらいの家賃で住めます。それぞれのお部屋をもちつつ、1つのお部屋を寝室として使えるのがメリットです。

▶同棲の間取りについて詳しい解説はこちら

同棲は「二人入居可」のお部屋を探すべき

同棲するなら「二人入居可」のお部屋を探しましょう。単身向けの物件では、騒音トラブルの恐れがあるので同棲できません。

ネット上の不動産屋「イエプラ」は、チャットやLINEから問い合わせするだけで、来店したときと同様のサービスを受けられます。

物件情報に「二人入居可」の記載がなくても、管理会社に直接同棲しても良いか確認してくれるので探せるお部屋の幅が広がります。

業者専用のデータベース「ATBB」から物件を探すので、ネット上にない非公開物件が出てくる可能性がありますし、ほかサイトのお部屋もまとめて確認してくれて便利です!

同棲バナー

引っ越しの2ヶ月前にやること

引っ越し時期をいつにするか考えているカップルのイラスト

同棲するためには、およそ2ヶ月前から行動を開始するのがおすすめです。

以下で、引っ越しの2ヶ月前から実際に同棲生活を始めるまでのスケジュールを順番に紹介していきます。

  • ・同棲を始める時期を決める
  • ・お互いの親に挨拶する
  • ・同棲する上でのルールを決める
  • ・ネットでお部屋に関する情報収集する
  • ・初期費用を用意しておく

同棲を始める時期を決める

いつから同棲を始めるか決めましょう。時期が決まっていれば、具体的なスケジュールが組みやすくなります。

お部屋探しは、引っ越しの予定日の1ヶ月半前から始めるのが一般的です。時期を決めるときの参考にしてください。

お互いの親に挨拶する

お部屋探しを始める前に、まずはお互いの親に挨拶に行きましょう。

賃貸契約の連帯保証人は、基本的に親に頼むことになるため、同棲を認めてもらう必要があるからです。

同棲する上でのルールを決める

同棲中にお互いが守るルールを決めましょう。家事の分担、生活費の支払い方など、ルールがないとトラブルに発展します。

とくに、お金関係はトラブルになりやすいので、家賃や光熱費などの支払いの割合をしっかり話し合ってください。

ネットでお部屋に関する情報収集する

ネットを使って、住みたいエリアや家賃相場、希望の設備などお部屋に関する情報を収集をしましょう。

色々な条件で物件を調べて、どんな物件が良いのか2人で見てみてください。

同棲カップルに人気のお部屋の条件は以下の通りです。探す際の参考にしてください。

  • ・間取りは1LDK
  • ・お互いの職場の最寄り駅から30分ほどのエリア
  • ・バストイレ別
  • ・広い収納スペース
  • ・2口コンロ
  • ・独立洗面台

家賃は2人の手取りの合計金額の3分の1以下に抑えましょう。

3分の1を超えると入居審査に通りにくくなります。また、貯金に回すお金がなくなる可能性があるので注意が必要です。

初期費用を用意しておく

必要な初期費用を用意しておきましょう。目安として約100万円必要と言われています。

足りない場合は、2人で協力して貯めておいてください。

引っ越しの1ヶ月半前にやること

内見するカップルのイラスト
引っ越し予定日の1ヶ月半前になったら、お部屋探しを始めます。やることは主に4つです。

  • ・不動産屋でお部屋探し
  • ・内見に行く
  • ・入居審査および賃貸契約
  • ・退去手続き

不動産屋でお部屋探し

実際に店舗へ行き、不動産屋のスタッフにお部屋を紹介してもらいます。

ネットで見つけた候補以外もいくつか紹介してくれるので、希望条件など細かく相談してみましょう。

お部屋探しはできる限り2人で行った方が良いです。どちらかに任せきりになると、後から不満が出て喧嘩の原因になります。

内見に行く

気に入った物件があったら内見に行き、申し込みするかどうかを判断します。

お部屋の中だけでなく、周辺にどんなお店があるのか、騒音が発生する施設はないかなどをしっかり見ておきましょう。

入居審査および賃貸契約

同棲カップルは、結婚している夫婦と比べて審査が厳しいです。夫婦と比べると些細なことから同居解消に繋がりやすく、家賃滞納のリスクが高いからです。

審査では契約者の収入や職業を見て、入居しても問題ないか判断します。そのため、カップルのうち収入額が多い方が契約者になった方が審査に通りやすいです。

岩井さんのアイコン 岩井
申し込む時は、もう1人の続柄を「婚約者」とするのがポイントです。結婚を前提とした同棲カップルであれば、大家さんがOKしてくれる可能性が上がります。

退去手続き

現在賃貸に住んでいる人は、退去日が確定したら管理会社に退去の連絡をしましょう。

基本的に、退去日の1ヶ月前までに連絡する必要があります。

引っ越しの1ヶ月前~当日にやること

引っ越し準備をするカップルのイラスト

新居が決まってからは、主に引っ越し準備を進めます。やることは以下の5つです。

・引っ越し業者を決める
・不用品を処分する
・荷物の梱包
・新居に持っていくものを決める
・行政やライフラインの手続きを済ませる

引っ越し業者を決める

入居日が決まったら、引っ越し業者を決めましょう。

ネットの見積もりサービスを活用して複数業者を比較し、安い業者を選ぶと良いです。

新しく家具家電を購入する場合は、引っ越し先で購入することをおすすめします。

不用品を処分する

荷造りを進めやすくするために、不用品を処分してください。

ゴミとして捨てる場合は、自治体のルールがあるので注意が必要です。

荷物の梱包

新居に持っていく荷物を梱包しましょう。引っ越し後すぐに使わないシーズンオフの洋服や、本やCDなどから梱包していくのがコツです。

引っ越し後にすぐ使うような日用品は、出しやすいように1つにまとめておくと荷解きしやすいです。

新居に持っていくものを決める

新居に持ち込むものを決めましょう。お互い一人暮らししている場合、電子レンジや冷蔵庫など2つはいらないものも出てくるからです。

いらないものはリサイクルショップやフリマアプリなどで売って生活費用の足しにすると良いです。

行政やライフラインの手続きを済ませる

役所に行き、引っ越し手続きを済ませましょう。住民票を移す「転出届」は、引っ越し後に必要なのでなくさないようにしましょう。

また、元のお部屋で契約している、ガス・水道・電気・インターネット・NHKなどの契約停止手続きも忘れないでください。

おすすめ人気記事
お部屋探しの裏ワザのアイコン
スーモやホームズにない物件を探す裏ワザ!
記事を読む ▶

おとり物件が少ないサイト3選のサムネイル
不動産屋の悪質な広告「おとり物件」が少ないサイト3選!
記事を読む ▶

引っ越し当日~同棲開始してからやること

退去の立ち会いと新居へ移動するカップルのイラスト
同棲初日から数週間以内にやることをご紹介します。やることは以下の4つです。

・搬出立ち会いと新居へ移動
・荷解き
・行政やライフラインの手続き
・足りない生活必需品の買い出し

搬出立ち会いと新居へ移動

引っ越し当日は、業者に荷物を運んでもらいます。2人が同じ日に引っ越す場合、搬入・搬出で丸一日かかります。上手くスケジュールを調整しましょう。

賃貸に住んでいる人は、退去の立ち会いも必要なので忘れないようにしてください。

荷解き

荷物を搬入してもらったら荷解きしましょう。引越し当日から使う寝具や衣類などを優先的に開けるのがおすすめです。

使い終わった段ボールやクッション材は、引っ越し先のルールに従って処分します。

引っ越し業者によっては段ボールを回収してくれるので、引っ越しスタッフに確認しておきましょう。

行政やライフラインの手続き

役所に行き、転出届(住民票の移動)や印鑑登録など必要な手続きを済ませます。免許証や金融機関などの住所変更も必ずしましょう。

ライフラインの開通手続きも同時におこないます。ガスの開栓は立ち会いが必要です。

引っ越し当日から使えるように事前に予約しておくのがおすすめです。

足りない生活必需品の買い出し

足りない家具・家電、日用品など生活必需品の買い出しをしましょう。

急ぎでないものは、引っ越しが落ち着いてから買うと失敗しにくいです。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラのロゴイエプラ ▼こんな人におすすめ
・仕事が忙しくて不動産屋に行けない
・スーモに載っていない物件を見たい
・他サイトの物件が空室か確認したい
▶ 同棲向けのお部屋を探す
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について